TOP

人の歴史と向き合ってこそ事業は動き出す ― 『ギャル革命』の仕掛人 藤田志穂の今までとこれから

11,238 View

何が得意で、どんなところが長所なのか。自分の取り柄を知ることは、独立して事業を起こす際に必ずチェックしなければならないポイント。

では実際に独立や起業して成功している人は、どのように長所や取り柄を見つけたのでしょう?かつてギャル社長として19歳で独立。今年で5回目を迎えた「うまいもん甲子園」の発起人ともなった、藤田志穂さんにお話を伺ってきました。

藤田志穂さんプロフィール

一般社団法人 全国食の甲子園協会会長、OFFICE G-REVO株式会社相談役。高校卒業後ギャルのイメージを一新させる「ギャル革命」を掲げ、19歳で起業、ギャルの特性を活かしたマーケティング会社を設立した。2008年12月末に社長業を退任、現在は高校生の夢を応援する食の甲子園「ご当地!絶品うまいもん甲子園」を企画し、全国の高校生との交流を通じて、人材育成や地域活性化を行っている。
http://umaimonkoshien.com/index.html

他人から逃げないこと。そしてとにかく知ろうとすること

DSC_0012_Fotor

ー早速…というか唐突ですが、藤田さんが事業を行う上で大事にしている自身の強みや長所って、なんでしょう?

―藤田志穂さん(以下、藤田)
いきなり取り柄を教えてくれって言われても、なかなか難しいですよね。だから、この取材のお話をいただいた時に旦那や会社のみんなに聞きました。「私の取り柄って何?」って(笑)。

そこで挙がったのが「私は人を見かけで判断しない・第一印象で人を決めつけたりしない」というところでした。最初の印象があまり良くない人でも、ちゃんと話してみると意外といい人だったりすることって結構あるじゃないですか。

最初に嫌だなって思った時に、今後付き合っていくのをやめようとするのは簡単ですけど、それ以上の発展はなくなってしまいますよね。なので、相手を否定したい時ほど一息置いて、とにかく相手を知ろうとします。

ーたしかに人を見かけで判断してはいけないと言いますが、なかなか実践するのは難しいかもしれません。藤田さんがそのように心がけようと思ったきっかけはなんでしょうか?

―藤田
ある時、ほぼ初対面の人にめちゃめちゃ怒られたことがありました。「出会ったばかりで私のこと何も知らないくせに、頭ごなしに怒るなんて!」と腹が立ったんですよ。で、その人と付き合うのはやめようと思いました。

でも、せっかく出会ったのだからと、グッと堪えて。その人との付き合いを続けたんです。そしてしばらくしたら他でもないその人が『いろんな人が、人生の先輩としてあなたにいろいろと言うけれど、あなたはその中から好きなものだけ選べばいいのよ』って言ってくれたんです。

その時にやっと気づいたんです。「この人はただ私のことが嫌いで批判したいんじゃなかったんだ」って。もしあの時、その人から逃げていたらこの長所が生まれなかったかもしれません。

DSC_0094_Fotor

ーその人のことを知ろうとしても、初対面の人とはどうしても壁ができてしまうと思います。藤田さんはどうやって人との間の壁を乗り越えているんでしょうか?

―藤田
私、こうみえて人見知りなんですよ。特に初対面の人との沈黙が耐えられないんです。だからひたすら話しかけてしまうんです、沈黙が怖くて(笑)。もしかしたらここで壁がなくなっているのかもしれません。

それにたくさん話しかけて相手のことを知ろうとするのは、ギャルだった時にバカにされてすごい悔しかったからかもしれません。昔はギャルって見かけだけで変な勘違いをされたり、いろいろとイヤな思いもしてきたので。

だから私は人を見かけで判断しないで、相手の中身をきちんと知ろうとしています。その知ろうとする過程で、自然と壁を乗り越えているんだと思います。

人を支えて人をつなげる。7年の歳月で変化した自分の立ち位置とやるべきこと

DSC_0093_Fotor

ー藤田さんには7年前にアントレの本誌で一度取材させていただきました。その時から変わったことを教えてください。

―藤田
前回の取材の時は、自分が行っていることをアピールしていました。当時は何ができるのかわからなかったので……。 とりあえず私ががんばっている姿を周りの人に見てもらうことで、がんばろうとしている人たちに『自分でもできるかも!』って思ってもらいたかった。

でも今は、自分ががむしゃらにがんばって前に出るよりも、周りの人をどうフォローできるのかを考えています。若い人達の背中を押し、陽の光を浴びせられるようにするためには、協力してくれるクライアントを探さなくてはなりません。

そこで私は、知り合いや今までお世話になった企業さんに想いを伝えて、人と人をつなげる事で若い人達を応援する。これが今の私の立ち位置であり、やるべきことなんです。

そして私が多くの人と知り合うことができたのは、私の”人を見かけで判断しない”という取り柄があったからだと思います。

過去は変わらない。だから『今までの自分』をどう思うかは今の自分次第

DSC_0026_Fotor

ー藤田さんはこの7年間で自分の立ち位置ややるべきことを確立していますが、そう簡単ではないはずです。どうすれば自分の役割を見極めることができるのでしょうか?

―藤田
とにかくたくさん経験を積むことだと思います。起業をしてから、あるいは起業をする前から、私は数多くの挑戦をしてきました。その中で成功した経験、そして失敗した経験が今の自分の立ち位置と役割を与えてくれているのだと思います。

ー失敗した経験によって、後悔したりすることもあるかと思うのですが……?

―藤田
過去の経験をどう捉えるかが重要だと思っています。特に失敗した経験に対しては、過去の自分に後悔が生まれると思うんです。私自身、昔はなんで起業したんだろって後悔したこともありました。

でも、過去は変わらないんです。それなら、過去の経験があってよかったなって思えるように、毎日を生きればいい。今までの自分をどう思うのかは、今の自分次第だと思います。

悩んで悩んで独立できなかったら、きっと後悔しか残らない

DSC_0110_Fotor

ー最後に、独立をしたくてもなかなか踏み出せない人に対して、メッセージをお願いします。

―藤田
やりたいことがあるなら、まずはやってみたほうがいいと思います。早すぎて失敗するのは経験になりますが、遅すぎてできなくなってしまうことは1番やってはいけないこと。できなかったら、きっと後悔しか残らなくなってしまいます。

それに、独立は一人ですることに思えますが、実は、数え切れないほどの人とのつながりの中で成し遂げられています。そのつながりが陰で支えてくれると思うだけで、力が湧いてくるのではないでしょうか?

つながりを大切にするために、苦手な人でもまずは話を聞いてみる。そして周りに起業することを伝えることも重要です。誰かがつながりを持っている人を、紹介してくれるかもしれません。

周りの人を上手に頼りながら、自分の得意なことや取り柄を武器に、まずは勇気を持って動き出すところから始めてみてください。

この記事が気に入ったらいいね!しよう。

最新記事をお届けします

補助金と交付金の共通点

補助金も交付金も国や地方自治体から支給される返済義務のないお金という点に共通点があります。いずれも新たな事業を構築したり、既存の事業であっても新たな設備投資を行ったりする場合に利用されることが多いです。
事業上で何か新たなことをする場合には、それ合った補助金や交付金があるかどうかを調べて、返済しなくて良い資金を獲得することは資金計画上かなり有利になります。 (さらに…)

2017年9月20日

独立・開業へ向け、まずは事業への思いを書いてみる、頭の中のプランを整理してみる、そんなきっかけにも活用いただける「ビジネスプランコンテスト」をご紹介致します。
気軽にエントリーができる簡単書式で、審査委員長は、アントレ『独立開業スーパーガイド』監修や、アントレフェアでもおなじみの増田紀彦氏です。

NICeとは・・・?

http://www.nice.or.jp/

「つながり力で、日本経済と地域社会の未来を拓く!」を合言葉に、自立して生きる人や雇われずに生きる人、またそれらを目指す人が、業種や地域、世代を超え、情報と知恵と志の共有・循環をはかることで「相互支援体制」を築き、それを推進力として起業や新規事業・新市場の創出、地域社会の活性化を実現し、人間本来の共同性に根ざした「お互い様経済」の創造を目指す非営利活動です。

平成19年度から21年度までの3年間、経済産業省委託事業として営まれてきました。しかし、「つながり力強化のための取り組みに終わりはない。NICeの本番はむしろここから!」の決意のもと、平成22年に参加者有志が一般社団法人起業支援ネットワークNICeを設立し、純粋な民間非営利活動として再スタートを切りました。

その一般社団法人起業支援ネットワークNICeより、「NICeなビジネスプランコンテスト」のご案内です。

すでに準備段階のプランも歓迎です

「つながり力を発揮して、新たなビジネスを起こす!」をスローガンに、全国から新たなビジネスプランを募集し、その中から秀逸なプランを選抜して、事業化および事業発展のための様々な応援を行っていきます。

応募資格は、起業プラン、新規事業プランをお持ちの方。法人・個人も問いません。
すでに事業化の準備に入っているプランも受け付けています。
応募費、審査費など、一切かかりません。

応募期限は、2017年10月27日(金)18時。
おひとりで複数のプランへの応募も歓迎です。
(その場合は、1プランごとに記入し、ご応募ください)

気軽にエントリーできる簡単書式です

応募方法は、専用エントリー用紙に記入し、期日までに下記へ送付ください。

エントリー用紙はこちらからダウンロードしてご利用ください。
・Word入力用のドキュメント
http://nice.or.jp/bizcon2017_word.html

・Fax・手書き用のpdf
http://nice.or.jp/bizcon2017_pdf.html

<送付先>
一般社団法人起業支援ネットワークNICe
第5回NICeなビジネスプランコンテスト事務局
E-mail jimukyoku@nice.or.jp
Fax 03-6316-9029

上位5名がファイナルステージへ進出。
来場者の投票でグランプリを決定します

選考方法は、一次選考(書類選考)、二次選考(審査員審査)を経て、上位5名が
2017年12月9日、日本政策金融公庫 東京中央支店にて開催されるファイナルステージに出場。
それぞれプレゼンテーションをしていただき、会場にお越しの方々全員による投票でグランプリを決定します。
なおグランプリ受賞者にはNICe認定連携事業候補として、継続的な応援を実施し、副賞として賞金10万円が授与されます。

独立・開業へ向けて、思いを書いてみる、頭の中の事業プランを整理してみる、
そんなきっかけに、「NICeなビジネスプランコンテスト」をどうぞご活用ください!

第5回 NICeなビジネスプランコンテスト
主催:一般社団法人起業支援ネットワークNICe
共催:株式会社日本政策金融公庫
協賛:株式会社リクルートキャリア アントレ
いわき信用組合概要・歴代入賞者紹介など 詳細はこちら
http://www.nice.or.jp/archives/39755

2017年9月20日

税理士から公認会計士、司法書士、社会保険労務士、弁護士など、国家試験を突破した先生方を使い分けるなんていうのは、言語道断かもしれません。しかし、一方で、利用すれば高くつくのがこの専門サービス。利用するタイミングとポイントについて考え、士業の叡智を上手く使って、経営の困難を乗り越えましょう。 (さらに…)

2017年9月19日

ACCESS RANKING

2017年09月のアクセスランキング

ATTENTION TAGS

今、注目のタグ

CATEGORY

カテゴリー

アントレnet

独立、開業、起業をご検討のみなさまへ
アントレnetは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。

会員登録はコチラ

アントレnet公式ページ