カテゴリー

Line

人の歴史と向き合ってこそ事業は動き出す ― 『ギャル革命』の仕掛人 藤田志穂の今までとこれから

何が得意で、どんなところが長所なのか。自分の取り柄を知ることは、独立して事業を起こす際に必ずチェックしなければならないポイント。

では実際に独立や起業して成功している人は、どのように長所や取り柄を見つけたのでしょう?かつてギャル社長として19歳で独立。今年で5回目を迎えた「うまいもん甲子園」の発起人ともなった、藤田志穂さんにお話を伺ってきました。

藤田志穂さんプロフィール

一般社団法人 全国食の甲子園協会会長、OFFICE G-REVO株式会社相談役。高校卒業後ギャルのイメージを一新させる「ギャル革命」を掲げ、19歳で起業、ギャルの特性を活かしたマーケティング会社を設立した。2008年12月末に社長業を退任、現在は高校生の夢を応援する食の甲子園「ご当地!絶品うまいもん甲子園」を企画し、全国の高校生との交流を通じて、人材育成や地域活性化を行っている。
http://umaimonkoshien.com/index.html

他人から逃げないこと。そしてとにかく知ろうとすること

DSC_0012_Fotor

ー早速…というか唐突ですが、藤田さんが事業を行う上で大事にしている自身の強みや長所って、なんでしょう?

―藤田志穂さん(以下、藤田)
いきなり取り柄を教えてくれって言われても、なかなか難しいですよね。だから、この取材のお話をいただいた時に旦那や会社のみんなに聞きました。「私の取り柄って何?」って(笑)。

そこで挙がったのが「私は人を見かけで判断しない・第一印象で人を決めつけたりしない」というところでした。最初の印象があまり良くない人でも、ちゃんと話してみると意外といい人だったりすることって結構あるじゃないですか。

最初に嫌だなって思った時に、今後付き合っていくのをやめようとするのは簡単ですけど、それ以上の発展はなくなってしまいますよね。なので、相手を否定したい時ほど一息置いて、とにかく相手を知ろうとします。

ーたしかに人を見かけで判断してはいけないと言いますが、なかなか実践するのは難しいかもしれません。藤田さんがそのように心がけようと思ったきっかけはなんでしょうか?

―藤田
ある時、ほぼ初対面の人にめちゃめちゃ怒られたことがありました。「出会ったばかりで私のこと何も知らないくせに、頭ごなしに怒るなんて!」と腹が立ったんですよ。で、その人と付き合うのはやめようと思いました。

でも、せっかく出会ったのだからと、グッと堪えて。その人との付き合いを続けたんです。そしてしばらくしたら他でもないその人が『いろんな人が、人生の先輩としてあなたにいろいろと言うけれど、あなたはその中から好きなものだけ選べばいいのよ』って言ってくれたんです。

その時にやっと気づいたんです。「この人はただ私のことが嫌いで批判したいんじゃなかったんだ」って。もしあの時、その人から逃げていたらこの長所が生まれなかったかもしれません。

DSC_0094_Fotor

ーその人のことを知ろうとしても、初対面の人とはどうしても壁ができてしまうと思います。藤田さんはどうやって人との間の壁を乗り越えているんでしょうか?

―藤田
私、こうみえて人見知りなんですよ。特に初対面の人との沈黙が耐えられないんです。だからひたすら話しかけてしまうんです、沈黙が怖くて(笑)。もしかしたらここで壁がなくなっているのかもしれません。

それにたくさん話しかけて相手のことを知ろうとするのは、ギャルだった時にバカにされてすごい悔しかったからかもしれません。昔はギャルって見かけだけで変な勘違いをされたり、いろいろとイヤな思いもしてきたので。

だから私は人を見かけで判断しないで、相手の中身をきちんと知ろうとしています。その知ろうとする過程で、自然と壁を乗り越えているんだと思います。

人を支えて人をつなげる。7年の歳月で変化した自分の立ち位置とやるべきこと

DSC_0093_Fotor

ー藤田さんには7年前にアントレの本誌で一度取材させていただきました。その時から変わったことを教えてください。

―藤田
前回の取材の時は、自分が行っていることをアピールしていました。当時は何ができるのかわからなかったので……。 とりあえず私ががんばっている姿を周りの人に見てもらうことで、がんばろうとしている人たちに『自分でもできるかも!』って思ってもらいたかった。

でも今は、自分ががむしゃらにがんばって前に出るよりも、周りの人をどうフォローできるのかを考えています。若い人達の背中を押し、陽の光を浴びせられるようにするためには、協力してくれるクライアントを探さなくてはなりません。

そこで私は、知り合いや今までお世話になった企業さんに想いを伝えて、人と人をつなげる事で若い人達を応援する。これが今の私の立ち位置であり、やるべきことなんです。

そして私が多くの人と知り合うことができたのは、私の”人を見かけで判断しない”という取り柄があったからだと思います。

過去は変わらない。だから『今までの自分』をどう思うかは今の自分次第

DSC_0026_Fotor

ー藤田さんはこの7年間で自分の立ち位置ややるべきことを確立していますが、そう簡単ではないはずです。どうすれば自分の役割を見極めることができるのでしょうか?

―藤田
とにかくたくさん経験を積むことだと思います。起業をしてから、あるいは起業をする前から、私は数多くの挑戦をしてきました。その中で成功した経験、そして失敗した経験が今の自分の立ち位置と役割を与えてくれているのだと思います。

ー失敗した経験によって、後悔したりすることもあるかと思うのですが……?

―藤田
過去の経験をどう捉えるかが重要だと思っています。特に失敗した経験に対しては、過去の自分に後悔が生まれると思うんです。私自身、昔はなんで起業したんだろって後悔したこともありました。

でも、過去は変わらないんです。それなら、過去の経験があってよかったなって思えるように、毎日を生きればいい。今までの自分をどう思うのかは、今の自分次第だと思います。

悩んで悩んで独立できなかったら、きっと後悔しか残らない

DSC_0110_Fotor

ー最後に、独立をしたくてもなかなか踏み出せない人に対して、メッセージをお願いします。

―藤田
やりたいことがあるなら、まずはやってみたほうがいいと思います。早すぎて失敗するのは経験になりますが、遅すぎてできなくなってしまうことは1番やってはいけないこと。できなかったら、きっと後悔しか残らなくなってしまいます。

それに、独立は一人ですることに思えますが、実は、数え切れないほどの人とのつながりの中で成し遂げられています。そのつながりが陰で支えてくれると思うだけで、力が湧いてくるのではないでしょうか?

つながりを大切にするために、苦手な人でもまずは話を聞いてみる。そして周りに起業することを伝えることも重要です。誰かがつながりを持っている人を、紹介してくれるかもしれません。

周りの人を上手に頼りながら、自分の得意なことや取り柄を武器に、まずは勇気を持って動き出すところから始めてみてください。

この記事が気に入ったらいいね!しよう。

最新記事をお届けします

おすすめの最新記事

起業家、経営者にとって大事なのは、世の中を見抜く力です。1つの事象をどう捉えるかで、ものの見え方も、そこから得られる情報も大きく変わります。そうした「着眼点」、実はトレーニングによって鍛えることができるのです。累計20万部を超えるベストセラーとなった『戦略思考トレーニング』シリーズでおなじみの経営コンサルタント・鈴木貴博氏に解説してもらいましょう。 (さらに…)

2018年5月21日

仕事内容にも環境にも慣れた30代。

そろそろ新しい世界へ飛び込み、新しいことにチャレンジしたいと思う半面、働き方を抜本的に変えることは、なかなか難しいものですよね。

今回お話を伺ったのは、今年の4月まで日本フットサルリーグ(Fリーグ)のバルドラール浦安に所属し、現在も日本代表選手として活躍している星翔太さん(2018年シーズンから名古屋オーシャンズに移籍)。

星さんは、30歳を迎えた時にプロデュースカンパニーでインターンを始め、現在では株式会社アスラボの代表としてもご活躍されています。

今回は、現役のプロアスリートでありながら会社を立ち上げるまでに至った経緯、そして新しい領域へ挑戦するにあたって必要な心構えを伺いました。

(さらに…)

2018年5月18日

自分の大切なモノを修理する。

何かを修理に出そうと思った時、できる限り信頼のおける人に依頼したいものです。中でも楽器のような、高価で愛着のあるものの手入れをするなら、なおさらですよね。

今回お話を伺ったのは、楽器リペアマン・石川哲也さん。

石川さんの工房は、個人開業のため、決して大規模なリペアショップではありません。けれども石川さんの工房には、多くのお客さまが集まり、着実にリピーターを増やし続けています。

なぜ石川さんのリペアショップは人気であり続けるのか。

「ギターの修理だけを提供するのではなく、お客さまに楽しんでもらえる環境を作ることが大切なんです」と話す石川さん。

リペアマンとしての強いこだわりをお聞きしました。

<プロフィール>
石川哲也(いしかわ・てつや)32歳

弦楽器工房「Path」代表

大学卒業後、地元の栃木県で管理業務を行う一般企業に就職するも、不規則な勤務時間に苦労し、再就職を決意。

専門学校に入学し、楽器のリペアを学習後、自身の工房を立ち上げる。
立ち上げ時はアパートの一室に工房を構え、地道にリペアの経験を重ねる。

自身もギタリストとして活動しながら、その経験を活かしてギターのリペアを1人で請け負っている。お客さま1人1人への手厚い接客は評判が高く、リピーターが多数。

「お客さまに寄り添う」ことを第1に、リペアだけではない豊富なサービスを提供する。

待っていても自分に「箔」は付かない。自分の価値を高めたいなら、行動あるのみ!

ー石川さんのこれまでの経歴を教えてください。

石川さん
小学生の頃から両親の影響で音楽を聞き始め、高校生の時に母の勧めで、ゴスペルを始めました。

その後大学に進学してからもゴスペルを続けようと思って、ジャズ研に入ったんです。

ー大学生になるまではギターではなく歌うことがメインだったのですね。

石川さん
そうですね。

ジャズ研に入ってコピーバンドを結成した時に、初めてギターと出合いました。

ギターを弾く楽しさに、すぐのめり込み、大学生の間はずっとギターを弾いてましたね(笑)。

ー大学卒業後はどのような道を進んだのですか?

石川さん
音楽とは離れて、一般企業に就職しました。

私は栃木県出身なんですが、その会社の事業所が栃木にあったので、地元に帰って働きました。

しかしその仕事がとても大変だったんです。

私はもともと喘息持ちで体が弱かったので、しばしば体調を崩していました。このままではまずいと思い、1年半ほどでその仕事を辞めて次の仕事を探し始めました。

前職の辛い経験の後ということもあって、次は自分が好きなことを仕事にしようと思いました。

ーそこで音楽を仕事にしようと思ったのですね。

石川さん
はい。自分の好きなギターを仕事にしようと思ったんです。

弾くのももちろん好きなんですが、ギターをいろいろいじることも好きだったので、リペアを仕事にしようと思い、渋谷にある「代官山音楽院」(現、島村楽器テクニカルアカデミー:http://academy.shimamura.co.jp/)という専門学校で2年間学びました。

そこで本格的に、楽器のリペアについて勉強したんです。

専門2年目の時、ギターのリペアの仕事を求めて就活を始めました。

普通であればリペアマンは、まず大手の店舗で販売職を経験してから、工房に入ってリペアの仕事を始めます。

もしくは、自分の師となる人を見つけて、その人に弟子入りしてから独立することが一般的です。

しかし当時の私は26歳で、年齢的に余裕がある訳ではなかったので、焦っていました。

「自分に箔が付いてないと、誰もリペアを依頼してくれない」と思っていたので、最初は有名な工房に弟子入りを考えました。

しかし、そもそも弟子入りできる工房が少ない上に、実務経験の少ない私は門前払いされることが多いので、途方に暮れていましたね。

ーリペアマンになる道は、簡単ではないということですね。その状況をどう乗り越えたのでしょうか?

石川さん
専門学校の先生方や、リペアマンとして実際に働いている方に「自分はどうするべきか?」を聞いて回りました。

すると共通して「自分に箔が付かないといけないって思って迷っている間は、箔は付かない。ゼロからでも、自分で始めてしまった方が良いのでは?」とアドバイスされました。

かなり悩みましたが、弟子入りできる目処が立っていませんでしたし、遅かれ早かれ独立して工房を立ち上げるなら、と、アドバイスを活かして自分のギターリペアショップを立ち上げました。

上手くいく勝算があったわけではないのですが、まずは工房を立ち上げてみて、そこから考えてみようと思ったんです。

とはいえ最初は、資金も場所もなかったので、自室として借りていた小さなアパートの一室を工房としてスタートさせました。

ー自分の価値は自分の行動力で高めるのが大事、ということですね。最初はどのように利益を得たのでしょうか。

石川さん
最初はとにかく知り合いに頼んで、安い値段でも楽器を直させてもらいました。地道に実績を重ねていくうちに、口コミで段々とリペアを頼んでくれる人が増えていきました。

そして、27才の頃転機が訪れました。

私は自分の工房を経営する傍ら、音楽のスタジオでアルバイトをしていたのですが、偶然にもロックバンドの「THE NOVEMBERS」(http://the-novembers.com/)のメンバーさんと知り会いました。

そこで「THE NOVEMBERS」の皆さんにリペアを頼まれたんです。

ー「THE NOVEMBERS」といえば、人気のロックバンドですよね?

石川さん
はい。私もびっくりしたのですが、誠心誠意仕事をさせてもらいました。

すると気に入っていただけたのか、その後も定期的に私にリペアを依頼してくれるようになったんです。

この出来事をきっかけに、さらに口コミも広まり、私にリペアを依頼してくれる人が急増しました。

このあたりから、リペアの仕事だけで安定した収入を得ることができるようになりました。

ー石川さんが根気強く行動した結果、チャンスを掴み取ることができたのですね。

石川さん
そうかもしれません(笑)。

あの時に思い切って独立して良かったと思っています。

自分から行動し続けたことで、自分の仕事に自信を持てるようになりましたし、「THE NOVEMBERS」さんと出会えたことで、今までよりさらに”出会い”を大事にするようにもなりました。

リペアだけでは終わらない。個人経営だからこそできる、リピーターを増やす方法

ー現在はどのようにお店を経営されているのでしょうか?

石川さん
お客さまからリペアの依頼を受けて、実際に楽器に手を加えるまで、私が1人で行っています。

ー従業員は雇わないのですか?

石川さん
はい。これからも私1人で経営も実務もやっていこうと思っています。

ーそれはどうしてでしょうか。

石川さん
お客さまのニーズに応えることができるからです。

私のような個人にリペアを依頼するお客さまの多くは「こちらの要望を正確に汲み取って、リペアしてほしい」という思いを抱えていらっしゃいます。

大手のリペアショップだと、お客さまが要望を伝えた相手と、実際にリペアする人が違う場合が多いです。

そうなると伝達が上手くいかずに、お客さまの要望通りにリペアされないこともあります。

その点、私はヒヤリングからリペアまで、全て1人で行うので、お客さまと十分に話し合ったうえで、要望を正確に把握することができます。

細かい要望にも柔軟に対応できるので、それこそが私の強みであり、私に依頼してくれる意味であると思っています。

ーそれはかかりつけのお医者さんと似ていますね。ギターの専門医みたいな。

石川さん
まさに、そんな感じですね。

実際にカルテのようなものを作っていますよ。

「どんな問題点があったか」「どのようにリペアしたか」などを記録しておけば、またリペアを依頼されてもすぐに対応できますし、お客さまにとっても安心ですから。

ーしかし、全てお1人でやられると、リペアできる数が限られるのではないでしょうか?

石川さん
そうですね。だから、どうしても1回のリペア代は高くなってしまいます。

価格が高くなってしまう分、お客さまに「この人なら要望通りにリペアしてくれる」と満足度を提供できるよう、1人1人のお客さまに全力で対応するようにしています。

ー石川さんは、あくまでお客さまに寄り添うことを大事にしているのですね。

石川さん
そうですね。

お客さまとは、仕事以外でも関係を継続しています。例えば、私はリペアを依頼していただいたお客さまのライブに積極的に足を運ぶようにしています。

ーなぜですか?

石川さん
仕事だけの関係になってしまうと、お客さまの本当の要望を掴みづらくなってしまうからです。

なにより自分が手掛けたギターが、ステージでちゃんといい音を出しているかを確認したいですから。

しっかり演奏されているのを確認して、ようやく私の仕事が完了したなと確認できるというか(笑)。

ーそこまでされると、お客さまもまた石川さんにリペアを頼みたくなるでしょうね。

石川さん
私のような個人のリペアマンにとって、お客さまには要望以上のことを提供するのが大切だと思っています。

だから、お客さまからリペアを依頼されていない箇所でも、手を加えた方が良い箇所があれば手を加えますし、若干不調でもあえて修理せずにそのままの音を維持することもあります。

そのギターを使って、どのような音や音楽を作るか、という点が私とお客さまとの間でしっかりと握れているかどうかがキーポイントになってくるのです。

修理だけがリペアマンの仕事ではない。お客さまに楽しんでもらう環境作りの大事さ

ー石川さんの工房に足を運ぶのは、どういった層のお客さまが多いのでしょうか。

石川さん
プロのミュージシャンの方から学生まで、幅広くリペアを依頼してくださいます。

中には、進路相談をしたいという大学生もいますよ(笑)

一般企業に就職した方が良いのか、音楽を諦めずに続けた方が良いのか、という相談が多いです。

私も経験したことなので、親身になって相談に乗るようにしています。

ー修理に関わること以外の相談にも乗っているのですね?

石川さん
そうですね。

お客さまに「また来たい」と思っていただくためには、修理をすることが全てではないと思っています。

先程のライブに足を運ぶこともそうですし、進路の相談に乗ること、ここにある大量のゲームソフトで一緒に遊ぶことなど、お客さまにとって居心地がいい環境を作ることが大切だと思っています。

ーお客さまとゲームで遊ぶのですか(笑)?

石川さん
はい(笑)。

リピーターの方だと、ゲームだけしに来ることもあるくらいです(笑)。

もはやギターの修理には何も関係ありませんが、そうやってお客さまが「また来たい」「楽しい」と思っていただける環境を作ることが、結果として仕事にもつながりますから。

ーその点も、個人経営ならではですね。最後に、これからの展望を教えてください。

石川さん
今後も、高い満足度をお客さまに提供できるよう、丁寧な仕事をしていきたいですね。

また今後はリペアだけじゃなく、ギターそのものを作り、それを販売してみたいです。

近年、ギターに使われる木材が減少し、価格が高騰しています。一方で、少子高齢化の影響で使われなくなった空き家が増えています。

そこで家の柱などで使われた良い木材を、ギターの材料として再利用するのです。

お客さまの思い出の家や家具がなくなっても、ギターとしてまた一緒に同じ時間を過ごすことができる。

そんな素敵なお手伝いができたら、嬉しいですね。

2018年5月17日

Line
Line
Line

月間アクセスランキング

カテゴリー

注目のキーワード

アントレnet

独立、開業、起業をご検討のみなさまへ
アントレnetは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。

会員登録はコチラ

アントレnet公式ページ