カテゴリー

人の歴史と向き合ってこそ事業は動き出す ― 『ギャル革命』の仕掛人 藤田志穂の今までとこれから

何が得意で、どんなところが長所なのか。自分の取り柄を知ることは、独立して事業を起こす際に必ずチェックしなければならないポイント。

では実際に独立や起業して成功している人は、どのように長所や取り柄を見つけたのでしょう?かつてギャル社長として19歳で独立。今年で5回目を迎えた「うまいもん甲子園」の発起人ともなった、藤田志穂さんにお話を伺ってきました。

藤田志穂さんプロフィール

一般社団法人 全国食の甲子園協会会長、OFFICE G-REVO株式会社相談役。高校卒業後ギャルのイメージを一新させる「ギャル革命」を掲げ、19歳で起業、ギャルの特性を活かしたマーケティング会社を設立した。2008年12月末に社長業を退任、現在は高校生の夢を応援する食の甲子園「ご当地!絶品うまいもん甲子園」を企画し、全国の高校生との交流を通じて、人材育成や地域活性化を行っている。
http://umaimonkoshien.com/index.html

他人から逃げないこと。そしてとにかく知ろうとすること

DSC_0012_Fotor

ー早速…というか唐突ですが、藤田さんが事業を行う上で大事にしている自身の強みや長所って、なんでしょう?

―藤田志穂さん(以下、藤田)
いきなり取り柄を教えてくれって言われても、なかなか難しいですよね。だから、この取材のお話をいただいた時に旦那や会社のみんなに聞きました。「私の取り柄って何?」って(笑)。

そこで挙がったのが「私は人を見かけで判断しない・第一印象で人を決めつけたりしない」というところでした。最初の印象があまり良くない人でも、ちゃんと話してみると意外といい人だったりすることって結構あるじゃないですか。

最初に嫌だなって思った時に、今後付き合っていくのをやめようとするのは簡単ですけど、それ以上の発展はなくなってしまいますよね。なので、相手を否定したい時ほど一息置いて、とにかく相手を知ろうとします。

ーたしかに人を見かけで判断してはいけないと言いますが、なかなか実践するのは難しいかもしれません。藤田さんがそのように心がけようと思ったきっかけはなんでしょうか?

―藤田
ある時、ほぼ初対面の人にめちゃめちゃ怒られたことがありました。「出会ったばかりで私のこと何も知らないくせに、頭ごなしに怒るなんて!」と腹が立ったんですよ。で、その人と付き合うのはやめようと思いました。

でも、せっかく出会ったのだからと、グッと堪えて。その人との付き合いを続けたんです。そしてしばらくしたら他でもないその人が『いろんな人が、人生の先輩としてあなたにいろいろと言うけれど、あなたはその中から好きなものだけ選べばいいのよ』って言ってくれたんです。

その時にやっと気づいたんです。「この人はただ私のことが嫌いで批判したいんじゃなかったんだ」って。もしあの時、その人から逃げていたらこの長所が生まれなかったかもしれません。

DSC_0094_Fotor

ーその人のことを知ろうとしても、初対面の人とはどうしても壁ができてしまうと思います。藤田さんはどうやって人との間の壁を乗り越えているんでしょうか?

―藤田
私、こうみえて人見知りなんですよ。特に初対面の人との沈黙が耐えられないんです。だからひたすら話しかけてしまうんです、沈黙が怖くて(笑)。もしかしたらここで壁がなくなっているのかもしれません。

それにたくさん話しかけて相手のことを知ろうとするのは、ギャルだった時にバカにされてすごい悔しかったからかもしれません。昔はギャルって見かけだけで変な勘違いをされたり、いろいろとイヤな思いもしてきたので。

だから私は人を見かけで判断しないで、相手の中身をきちんと知ろうとしています。その知ろうとする過程で、自然と壁を乗り越えているんだと思います。

人を支えて人をつなげる。7年の歳月で変化した自分の立ち位置とやるべきこと

DSC_0093_Fotor

ー藤田さんには7年前にアントレの本誌で一度取材させていただきました。その時から変わったことを教えてください。

―藤田
前回の取材の時は、自分が行っていることをアピールしていました。当時は何ができるのかわからなかったので……。 とりあえず私ががんばっている姿を周りの人に見てもらうことで、がんばろうとしている人たちに『自分でもできるかも!』って思ってもらいたかった。

でも今は、自分ががむしゃらにがんばって前に出るよりも、周りの人をどうフォローできるのかを考えています。若い人達の背中を押し、陽の光を浴びせられるようにするためには、協力してくれるクライアントを探さなくてはなりません。

そこで私は、知り合いや今までお世話になった企業さんに想いを伝えて、人と人をつなげる事で若い人達を応援する。これが今の私の立ち位置であり、やるべきことなんです。

そして私が多くの人と知り合うことができたのは、私の”人を見かけで判断しない”という取り柄があったからだと思います。

過去は変わらない。だから『今までの自分』をどう思うかは今の自分次第

DSC_0026_Fotor

ー藤田さんはこの7年間で自分の立ち位置ややるべきことを確立していますが、そう簡単ではないはずです。どうすれば自分の役割を見極めることができるのでしょうか?

―藤田
とにかくたくさん経験を積むことだと思います。起業をしてから、あるいは起業をする前から、私は数多くの挑戦をしてきました。その中で成功した経験、そして失敗した経験が今の自分の立ち位置と役割を与えてくれているのだと思います。

ー失敗した経験によって、後悔したりすることもあるかと思うのですが……?

―藤田
過去の経験をどう捉えるかが重要だと思っています。特に失敗した経験に対しては、過去の自分に後悔が生まれると思うんです。私自身、昔はなんで起業したんだろって後悔したこともありました。

でも、過去は変わらないんです。それなら、過去の経験があってよかったなって思えるように、毎日を生きればいい。今までの自分をどう思うのかは、今の自分次第だと思います。

悩んで悩んで独立できなかったら、きっと後悔しか残らない

DSC_0110_Fotor

ー最後に、独立をしたくてもなかなか踏み出せない人に対して、メッセージをお願いします。

―藤田
やりたいことがあるなら、まずはやってみたほうがいいと思います。早すぎて失敗するのは経験になりますが、遅すぎてできなくなってしまうことは1番やってはいけないこと。できなかったら、きっと後悔しか残らなくなってしまいます。

それに、独立は一人ですることに思えますが、実は、数え切れないほどの人とのつながりの中で成し遂げられています。そのつながりが陰で支えてくれると思うだけで、力が湧いてくるのではないでしょうか?

つながりを大切にするために、苦手な人でもまずは話を聞いてみる。そして周りに起業することを伝えることも重要です。誰かがつながりを持っている人を、紹介してくれるかもしれません。

周りの人を上手に頼りながら、自分の得意なことや取り柄を武器に、まずは勇気を持って動き出すところから始めてみてください。

この記事が気に入ったらいいね!しよう。

最新記事をお届けします

おすすめの最新記事

これから自分で商売を始めよう!!と意気込んでいらっしゃる皆様。まず確認しておくべきことがいくつかあります。
開業の形態について確認すると共に、最近の流行についても学んでいきましょう。

脱サラとは何?個人事業主のこと?法人設立のこと?

開業する=法人を設立する、と思い込まれている方も多いようです。 (さらに…)

2017年11月20日

PLOFILE

岡安大輔さん(35歳)
吉井広宣さん(38歳)
吉井竜一さん(41歳)

(株)TMO/千葉県船橋市
左から竜一さん(長男)、大輔さん(三男)、広宣さん(次男)。
父は厩務員(厩舎で働く従業員)、竜一さんは現役騎手、広宣さんは元厩務員という競馬一家。
大輔さんが創業した(株)TMOを広宣さんも手伝う。
事業内容はSIMフリー携帯電話、飲食事業、競馬事業など。

VOL.184
競馬一家に育った3兄弟。ダービー優勝の夢を追う

バラバラになった家族の絆。
会社と馬で取り戻す

が高校の頃、上の兄が騎手としてデビューしました。強かった。
重賞レースに勝ち続けて、地方競馬の夢舞台、東京ダービーも確実視されてたんですよ。でも直前で馬が故障して欠場。それが悔しくて。僕は憧れの騎手にはなれず、見習で入った厩務員も合わず、すぐに脱走。でもずっと思ってました。
今度は馬主になって競馬の世界に戻ってくるんだ、自分の馬で東京ダービーに挑戦するんだって。

 20歳の時、厩務員だった父親が失踪しました。もともと自由人、ふっといなくなるのは日常茶飯事でしたが、この時は本気の失踪。後に残ったのは金利を含めて6000万円の借金。兄が建ててくれた家は借金のかたに取られ、吉井家の暗黒時代です。皆バラバラ。花形騎手の兄の迷惑になってはいけないと、借金は僕が背負い込むしかなかった。全額返済まで7年かかりました。
 
どうやって返したか?
1日20時間働きました。

その頃「日銭の仕事には限界がある」と気づいたことが起業のきっかけです。

 2番目の兄と久しぶりに温泉に行った時のこと。「やっぱり競馬はいいね」という話になって、馬主になるという20年越しの夢に向かってスイッチが入りました。それから2年、本業で稼いだお金で、先月ついに馬を買ったんです。
当然、上の兄に乗ってもらいたい。2番目の兄も誰より競馬に詳しいですから、会社の一員として競馬関連の事業を任せています。会社を作る時から「いつか家族で」という青写真がありました。競馬は僕が育った場所であり、家族が人生を共にする場所。それを取り戻すために、です。

 照準はもちろん、東京ダービー。たとえ兄が取れなくても、騎手の養成学校に通っている兄の息子に目指してもらうつもり(笑)。

しつこいんですよ、僕の夢は。



構成・文/東 雄介 撮影/刑部友康、阪巻正志
アントレ2017.夏号 「1人では決断できなかった 私と家族の独立物語」より

2017年11月20日

月間アクセスランキング

注目のキーワード

カテゴリー

アントレnet

独立、開業、起業をご検討のみなさまへ
アントレnetは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。

会員登録はコチラ

アントレnet公式ページ