カテゴリー

Line

ビリギャル第2章、始動―。「ビリギャル」小林さやかさんが起業する理由

2017年11月29日

2013年に書籍化、2015年には映画化も果たし一世を風靡した「ビリギャル」。

学年ビリのギャルが偏差値を40上げて慶應義塾大学に合格したサクセスストーリーは、多くの人に希望を与えてくれる作品となりました。

そんな「ビリギャル」のモデルとなったのは、小林さやかさん。

慶應義塾大学を卒業した後は、ウェディングプランナーとして就職。「ビリギャル」の本・映画と人気を博したことで、講演の依頼を受けるようになりました。

そして2017年「今しかできないことに挑戦」するために「ビリギャル」を卒業し、起業を果たします。

今回は小林さやかさんに、「ビリギャル」ヒットのその後のお話や講演活動・それに伴う学校教育の課題について、そして起業に至るまでの経緯をお聞きしました。

<プロフィール>
小林さやか

坪田信貴著『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』の主人公「ビリギャル」本人。現在29歳。

自身の経験を活かして、現在は全国の中高生や親御さまを中心に講演活動を行うなど、幅広く活動中。2017年10月には、クラウドファンディングにも挑戦、見事達成し、結婚式場を貸し切ったイベントの開催なども行った。

また、独自の熱い子育て論を持つ母(通称ああちゃん)と『ダメ親と呼ばれても学年ビリの3人の子を信じてどん底家族を再生させた母の話』を共著で出版。

「失敗作」だと言われた母の教育は、決して間違っていなかった

―さやかさんと言えば、やはり「ビリギャル」の実話モデルになった人というイメージが強いですが、「ビリギャル」が人気を博して以降、何か変わったことはありましたか?

小林さやかさん(以下、さやかさん)
いきなり生活がガラリと変わるようなことはありませんでしたね。

書籍化されたのが2013年末のことだったのですが、当時私は26歳でウェディングプランナーの仕事をしている普通の会社員でした。

しかし「ビリギャル」が映画化される頃には、全国から私に「講演をしてほしい」という依頼が舞い込むほど、反響も大きくなっていきました。

ちょうど自身の結婚も重なったことを機に、会社を辞めてフリーランスとして仕事をするようになったんです。以前と比べて変わったことというとそれくらいですかね(笑)。

―ご本人的にはフリーランスとしての仕事がウェディングプランナーの他に、講演活動が増えたくらい、という実感なんですね。さやかさんの周りの人はどうでしょう?

さやかさん
「ビリギャル」が有名になって、私の母の教育について知りたい、という声をいただくことが多くなりました。

「ビリギャル」劇中でも描かれていますが、私の家は3人兄妹で、3人ともいろいろあったので、周りの人から母があまやかした結果の「失敗作」だ、と言われることもありましたから。

―「失敗作」とは、強烈な批判ですね…。

さやかさん
私は学年ビリのギャルでしたし、野球一筋だった弟は父のスパルタ教育に耐えられなくなって非行に走ったこともありますし、6歳下の妹は不登校だった時期がありました。

それでも私の母は、周りの人からどんな批判を受けようとも、私たち3人を信じ続けてくれました。

その結果、私は慶應義塾大学に無事受かることができましたし、弟はちゃんと更生して就職をし、とてもいい奥さんと2人のこどもに恵まれて幸せに暮らしています。

そして妹はニュージランドに留学後上智大学に入学して、今では一社会人として立派に働いています。

それに加え「ビリギャル」が有名になったことで、私たちと一緒に困難を乗り越えてくれた母の教育に、耳を傾けてくれる人が増えました。

「失敗作」だと言われた母の教育は、決して間違っていなかった、と周りの人から認められた気がして、素直に嬉しかったですね。

―ずっとさやかさんたち3人を信じ続けた、お母さまの教育とは、どんなものなのでしょうか?

さやかさん
私の中でお父さんやお母さんって、「勉強しなさい!」とこどもに言っているイメージがあるんですが、私の母はその対極だったと思います。「勉強しなさい」なんて一度も言われたことありません。

母はよく、私たちに「自分が”ワクワクできること”を見つける力を持ってほしい」と言っていました。

私は、坪田先生に出会ったときに「こういう面白い大人になりたい!」と思って、そこから「東京に行ってみたいな」「慶應義塾大学に行ってみたいな」と、”ワクワク”したんです。

その時に初めて、母がずっと言っていた「”ワクワクできること”を見つける」という教えを理解できました。

そしてその教えは、今の人生にも大きく影響しています。

こどもたちはもちろん、大人も”ワクワク”するかどうか、すなわち「動機づけ」が全てだなって思うようになったんです。

こどもの”ワクワク”を見つけて、サポートする。今の教育現場に必要な”動機づけ”

―何のためにやるのか。動機づけは、自分の行動の理由であり軸ですからね。強力な動機づけがあると、それだけ強い行動力に直結します。

さやかさん
坪田先生は、その動機づけを促すのがとても上手なんです。

よく私は講演会で、学生たちから「あと1年で偏差値を20上げるにはどうしたらいいですか?」というような質問を受けるのですが、私は「偏差値を上げるための」勉強をしていたわけではありません。

あくまでも慶應に受かる為の勉強をしていた。

そしたら結果的に後で数えたら40上がっていた、というだけです。

偏差値を気にしながら勉強するなんてナンセンスです。その前に意識すべきことは、「ワクワクする目標を設定すること」です。

―坪田先生はどのように、さやかさんのやる気を引き出したのでしょうか?

さやかさん
坪田先生に出会ったのは高校2年生の夏のことだったんですが、当時私は勉強なんて中学1年生のときからやっていなかったので、学校の授業は全く理解できませんでした。

そんな私に坪田先生は、小学校4年生のドリルを手渡しました。

6割正解できるレベルのところからやることが、勉強を持続させるためのコツなんだそうです。小さな「できる」を大きな「やる気」に変えていくんです。

いくらビリでギャルと言っても、当時高校2年生ですから、すらすら解ける問題も多く、そのドリルを2週間でやりきりました。

すると坪田先生は私に「君すごくない? これ小学校4年生が1年かけてやるものを、たった2週間でできちゃったんだよ? 天才なんじゃない?」と、褒めてくれるんです。

きっと普通に勉強ができる方なら「それくらいできて当然」と思われるかもしれません。

ですが、学校や周りの大人から、ずっと勉強ができない落ちこぼれの烙印を押され続けていた当時の私にとって、たとえ小学校4年生のドリルの内容でも「勉強で褒めてもらえた」という経験はとても大きなものでした。

―坪田先生は、そんなさやかさんの状態を理解した上で、そういったポジティブな言葉をかけ続けていたんでしょうか?

さやかさん
そうだと思います。

坪田先生の考え通り、もっと褒めてほしいと思った私は「早く新しいドリルをちょうだい」と自分から勉強を進んでやるようになりました。

そんな感じで1つ1つできることを増やしていった結果、慶應義塾大学合格にまでたどり着くことができたんです。

だから「偏差値を20上げる勉強法を教えてほしい」と私に聞かれても、「基礎からやることです」としか言えません。

時に、自分のできるところに立ち戻る行為は、いろんな意味で大変かもしれませんが、ちゃんと今の現状を受け止めて諦めずに根気よく続けることが大切です。

それを達成するにはやはり、周りにいる人が本人のモチベーションが維持できるよう、刺激し続け、サポートをすることがとても重要だと思います。

―さやかさんの講演会では、ご自身の経験談からそんなお話をされるんですか?

さやかさん
そうですね。私がどのように勉強に取り組んだのか、という具体的な経験談から、こどもたちへ、そして周りでサポートする親や学校の先生たちへ自身の経験から得たことをお話します。

講演会では、こどもたちからはもちろん、親や学校の先生からも多く質問を受けることがあります。

私は今29歳ですが、まだこどもがいないので、「こどもの立場」から大人の皆さんにお話できることも多くあるように感じています。

こどもが言われて嬉しいこと、傷つくこと。それは私自身が言われて嬉しかったこと、傷ついたことにそのまま繋がります。

そして、坪田先生や母が私にしてくれた、「子どもの能力を引き出す言葉のかけ方」を私流にお話しています。

「ビリギャル」として得たワクワクで、みんなのワクワクを引き出したい。それが、今の私にしかできないこと

―そうすると、ウェディングプランナーとの両立が難しいように思えます。

さやかさん
私はウェディングプランナーの仕事が大好きなのですが、「ビリギャル」というコンテンツを通して、こうした教育の諸問題に対して取り組めるのは、きっと今しかないだろうな、とも思っています。

学生の皆さんと接することが増えて、気づいたこと、解決しなければいけないことも見えてきました。

そして、私の話を聞いて、「人生が変わった!」とたくさんの子が言ってくれるんです。

人の未来を明るくできる仕事なんて、そうないと思う。

だから、ウエディングのお仕事だけでなく、私にしかできないことも積極的に取り組んでいきたいと思うようになりました。

ありがたいことに今では月の半分は講演会をしていますが、今後は講演会だけでなくその他の活動もしていきたい。

それらの活動を通して、私がした経験を生かし一人でも多くの方を勇気付けてあげられるようなことができたらいいなと思っています。

―今回の起業はあくまで、さやかさんの挑戦を具現化するためのものなんですね。

さやかさん
そうですね。

「起業」というと新しいビジネスモデルがしっかりあって、利益を出して後々は会社を大きくしていく、というイメージがあるかもしれませんが、私の目的はそこではなく、自分がやりたいことを続けていくために、環境を整備するためのものだと思っています。

―具体的に動き出しているプロジェクトはありますか?

さやかさん
2017年10月に行われた『渋谷でママ大学』は、企業協賛を取らず、クラウドファンディングで資金を募り開催した親子イベントだったのですが、私自身大きな挑戦となりました。
https://readyfor.jp/projects/birigal

「自分の頭で考えて、自分の意思で、自分の言葉を持って、0から1を生み出す、という経験をしてほしい。

偏差値よりも経験値を積んでほしい」と普段、学生に偉そうに言っている私ですが、“そういえば、受験以来何かに挑戦したかな?”と思い返してみたんです。

すると、そんなに胸を張って、これに挑戦した!と言えることはないような気がしました。

これじゃいけない、と思い、学生に見える形で、リスクを背負って何かにチャレンジしたいと考えました。それで思いついたのが、クラウドファンディングです。

そして、集まった資金をどうするか。やっぱり、こどもたちのために使いたいと思いました。

“こどもたちにとって、何が1番嬉しいんだろう?”と考えた結果、1つしかなかった。「ママやパパが笑っていること」だと思いました。

普段、学生と話していても、やはり親御さんの存在は大きいと感じます。親御さんの在り方ひとつで、こどもたちの人生は大きく変わっていくことを実感しました。

だから、こども達のために、まずはパパやママを元気に、笑顔にしてあげられることがしたかった。

そこで、ウエディングプランナーの経験も生かし、結婚式場をまるまる貸し切って、ママたちが思いっきりワクワクできるイベントを作ってみよう!と仲間に呼びかけました。

当日は、ウエディングの仲間や、クラウドファンディングで支援してくれたボランティアスタッフの皆さん、そして協力企業の皆さんのおかげで、愛が溢れた温かいイベントが実現しました。

300組を超える参加者の方からは、「ぜひ2回目もやってほしい!」「こんなに楽しい親子イベントは初めてだった!」とたくさんの声を頂戴しています。

このイベントをきっかけに、いろんな企業や団体様から、親子や学生向けに何か一緒にやらないかとお話を頂戴するようになりました。

やっぱり、新しいことに挑戦することで、道は開けていくんだと実感しています。

―他に何か取り組んでいることはありますか?

さやかさん
以前、ふと思いつき、私の周りの生き生き楽しく働いている社会人の話を、学生50人に聞いてもらうセミナーを開きました。

それもまた好評で、社会人側からも学生側からも、またやってほしいと言われているので、続けていきたいなと思っています。

どうしてこのセミナーを開いたかというと、学生たちに「大人になるって、社会に出るって、面白そうだなあ」と思わせることが、何よりも英才教育になるって気づいたからです。

働き方が多様化する時代で、どうしたら学生たちが生き生きと社会で輝けるようになるか、そのヒントは「出会い」にあるのではないかと思いました。

特に「夢がなくて、将来が不安だ…」と自信をなくしている学生の目に光を宿すには、「ワクワクする出会い」が1番だと思ったんです。

思い返してみれば、私もそうでした。坪田先生に出会って、「こんなおもしろい大人に私もなりたい!」と思った瞬間に、世界が広がった。

だからそんな出会いを、今の学生たちにもさせてあげたい。そんな思いからでした。

―今まで講演会だけだったのが、リアルのイベントを通して時に大人側(世の親御さんや先生)時にこども側へと、立場に沿って異なるアプローチをしつづけていくんですね。

さやかさん
はい。講演会ももちろんやっていきますが、今後はこうしたイベント活動などにも力を入れていきたいですね。

「ビリギャル」として私が学んだワクワクから、今度は大人もこどももみんなのワクワクを引き出したい。この起業は、いわば「ビリギャル第2章」のスタートだと思っています。

ワクワクすることの楽しさを教えてもらった私だからこそ、伝えられることがある。大人もこどもも、1人でも多くの人にワクワクを感じてもらい、そのワクワクに向かって突き進められる環境を作っていけたら夢のようです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう。

最新記事をお届けします

おすすめの最新記事

社会人になってまず勉強する名刺交換のマナー。名刺を渡す順番からタイミング、緊張していたあの頃。入社して数年、ただの田中から、主任の田中になり、課長、部長…と順調にいけば、肩書きは変わっていきます。

そこで出てくるのが肩書きの疑問。代表取締役、CEO、代表社員、執行役員…と一体誰が偉いのか、何が違うのか。肩書きが付いている方が偉いということしかわからないという方にご説明していきます。 (さらに…)

2018年9月25日

先代の後を継ぐ。

実家が自営業の方は、いずれ継ぐか否かの大きな決断をすることになるでしょう。

一方で実家の家業ではなく、自分が本当にやりたいと思っている仕事に就きたい場合は、その板挟みになることも。

今回は、大阪は港区弁天町「寿司茶屋すし活」で、2代目を務める川口元気さんのインタビュー後編です。

前編では、寿司屋の2代目として働く傍ら、高校で英語教員としての顔を持つ川口さんの、教育への思いを伺いました。

後編では、そもそもなぜ寿司職人の道1本ではなく、教員とのパラレルキャリアを選んだのか、そして自らが「家業を継ぐ」ことについてお聞きします。

偉大な先代である父の後を継ぐ、2代目の覚悟と役割とは、一体何でしょうか?

<プロフィール>
川口元気(かわぐち・げんき)38歳

寿司茶屋すし活 2代目/高校英語教員

実家は国内外問わず人気を博す「寿司茶屋すし活(以下、すし活)」。

初代である父と共に、「すし活」の人気を支えている。

大学卒業後から家業を継ぎながらも、ツアーコンダクターや家庭教師派遣業務にも携わり、常にパラレルキャリアを実践する。

現在は寿司職人と同時に、大阪の私立高校で英語教員としても働いている。(現在は育児休暇中)

世界1周旅行やツアーコンダクターの経験から得た幅広い知見で、独自の英語教育を展開する。

※以前アントレnet Magazineでは「寿司茶屋すし活」の大将で、世界的に有名な寿司職人である、川口正弘さんにお話を伺いました。

「寿司茶屋すし活」大将、川口正弘さんの記事はコチラから!
世界一なんて、他人が決めた物差しでしかない。世界一の寿司職人が目指す、更なる“高み”

自分の「やりたい」を尊重する。寿司職人が、パラレルキャリアを選び続ける理由

ー前編では、まず元気さんの寿司職人と教員の二足のわらじについて伺いました。そもそもなぜ、寿司職人と教員のパラレルキャリアを歩もうと考えたのでしょうか?

元気さん
自分の興味の幅が広いからですかね(笑)。

幼い頃から父の背中を見ていて、寿司には興味はありましたし、一方で前編でお話したように、外国語にも興味がありました。

だから寿司職人だけでなく、自分が好きな外国語の勉強を生かせる英語教員や、バーの経営者、ツアーコンダクター、塾の講師など、その時に自分が興味を持った仕事に就きました。

せっかくやりたいことがあるのに、1つの仕事だけに囚われて、他のやりたいこと(仕事)を諦めてしまうのはもったいないなと思ったんです。

ー複数の仕事をこなそうとすると、時間の制約や業務量など、大変なことが多いと思います。元気さんはどのようにして複数の仕事をこなしているのでしょうか?

元気さん
今は育児休暇中なので少し異なりますが、僕の場合はシンプルに、仕事を曜日で分けていました。

月火水は英語教員、木金土は寿司屋で働く、といった具合に。

ちなみに二足のわらじ生活そのものは、今に始まったことではありません。

大学卒業後から、バーの経営をやっていた時もツアーコンダクターをやっていた時も、曜日で分けて複数の仕事をしてきました。

ー常にご自身がやりたいことを実践し続けるために、様々な工夫をされているのですね。

元気さん
そうですね。

僕は自分の仕事を、

①やらなければならないこと
②やりたいこと
③できること

の3種類に分けています。

僕の場合は、①が家業である寿司屋、②は教員(その都度変わる)、③がツアーコンダクター、寿司屋といったところでしょうか。

ポイントは、②の「やりたいこと」を大切にするということです。

<元気さんが教室長を務める、知窓学舎大阪サテライト教室>

ーそれはどういうことでしょうか?

元気さん
③の「できること」というのは、すなわちその仕事で、しっかりお金を稼ぐことができる、という意味です。

生計を立てられる仕事の種類が増えれば、どれかの仕事を急にできなくなってしまったり、あるいは仕事がなくなってしまっても、致命的なダメージを受ける可能性は低くなります。

他の仕事である程度収入のカバーができますからね。

先程もお話した通りポイントは、②の「やりたいこと」を尊重すること。

なぜなら②の「やりたいこと」をやった結果、いずれ③の「できること」、すなわちお金を稼ぐ仕事へ変わっていくからです。

「好きこそものの上手なれ」ということわざにあるように、自分が「やりたい」と思っていることになら熱心に打ち込むことができますし、好きではない仕事をするより、上達が早くなります。

自分が「できること」(お金を稼げる仕事)を増やすためにも、自分にとってやりたいことを常に尊重するのは大切なことだと思っています。

先代と自分を比べる必要はない。「資本主義より“幸せ主義”」を支える、2代目の役割

ー①の「やらなければならないこと」についてですが、やはり寿司屋は「家業だからやらなければならない」ということでしょうか?

元気さん
一応便宜上、①を家業である寿司屋の仕事について書きましたが、正直「やらなければならない」というほど、肩肘を張っているわけではないですけどね(笑)。

あくまで自分のやりたいことの1つでもあるので、そういった意味では②と③にも当てはまるんですが、やはり寿司屋に関しては、自分の生い立ちや境遇も関係してくるものですから。

ーこどもの頃から寿司屋を継ぐことを考えていたのですか?

元気さん
そうですね。こどもの頃は「自分もいずれ寿司職人になるのかなあ」くらいに、漠然としていましたけど(笑)。

一方で「絶対に店を継がなければいけない」という意識はなかったです。先代である父からも、継ぐことを強制されたわけではありませんし。

ーしかし、大学を卒業してすぐ寿司職人の道を進むことになるんですよね。

元気さん
はい。ターニングポイントになったのは、自分が外国に行った時でした。

就職を考える時期になって、いよいよ寿司職人になることが現実味を帯びてきた時、急に逃げ出したくなったことがあるんです。

ーやはり、先代の背中の大きさでしょうか?

元気さん
そうですね(笑)。

「寿司職人になること」が現実味を帯び始めた途端、寿司に関して世界一と言われる程、圧倒的なスキルを持つ父の後を継ぐことに、かなりのプレッシャーを感じるようになったんです。

「2代目になって味が落ちた」と言われるのは、やっぱり怖いなあと。

そこで一度家を出て、外国へ逃亡してみました(笑)。

逆説的ですが、実はそこで寿司職人になる決心が固まったんです。

ーなぜでしょう?

元気さん
外国に行くと、日本の文化についてめちゃめちゃ聞かれるんですよ。ましてや日本が好きな方と会話する時はなおさらです。

周知の通り、日本の「寿司」という食文化は外国でも圧倒的な人気を誇ります。それこそ「すし活」にも、日本だけでなく海外からも多くのお客さまがいらっしゃいますし、海外メディアからの取材も多く受けてきました。

外国の人は僕の実家が寿司屋だと知ると、目をキラキラさせていろんなことを聞いてきてくれました。

そこで思ったんです。

そんな世界が注目する寿司文化というステージで仕事ができるなんて、冷静に考えたらなかなか経験できることじゃないですし、寿司を通して日本の文化をもっと世界へ発信していきたいなと。

ー日本を離れてみて改めて、自分のルーツを知ったんですね。

元気さん
はい。

こうして寿司屋で働くことを決めたのですが、ただ漠然と寿司屋で仕事をするのではなく、もっと僕にしかできない役割を考えながら仕事をしようと思ったんです。

ー元気さんにしかできない役割とは、具体的にはどのようなことですか?

元気さん
例えば、食材の仕入れやその仕込みといった下準備、父と一緒にお客さまの接客、海外からのお客さまへの対応、お金周りを始めとする、店に関するその他の業務などですね。

もちろん僕自身も寿司を握ることはありますが、やはり「父の握る寿司のレベル」には及びません。

しかし父が握るその寿司は、僕が仕入れたもので、父が握れるように仕込んだものなんです。

父のような寿司が握れずとも、その父を支えることはできます。

父が店作りで大切にしている「資本主義より“幸せ主義”」という理想を叶えるには、きちんと現実をしっかりと見た上でサポートする人間が必要ですから。

※資本主義より“幸せ主義”とは、利益重視ではなく、少数のお客さまの満足度を最大限に高める経営スタイルのこと。
https://entrenet.jp/magazine/10895/

ー寿司屋にとって「寿司を握る」という役割と同じかそれ以上に、寿司を「握る前」と「握った後」は大切ですからね。

元気さん
そうなんです。

無理に先代と自分を比べる必要なんてないんですよ。僕は僕のやり方で「すし活」を盛り上げていければいい。

「すし活」に来てくださるお客さまは、そのお客さまにとって特別な日に来てくださることが多いです。

そんな特別な時間を、最高のおもてなしでお出迎えしたい。僕も父も、そこにかける想いは同じです。

見ている方向が同じなら、後は役割分担をするだけ。父は父の、僕は僕の得意なことをやっていければと思います。

「自分の代で、家業を畳む覚悟があるか?」― “家業を継ぐ者”としての責任

ー現在は先代と共にお店を営まれていますが、いずれは先代も引退される日が訪れると思います。その時、元気さんは「すし活」をどうしていこうとお考えですか?

元気さん
具体的には考えていませんが、その時の自分の中の「最善のやり方」でお店を継ごうと思っています。

例えばスポーツのチームでも、同じですよね。ある選手が引退したら、その時に在籍している選手で最善の布陣を組んで試合に臨む。

うちの店にも限らず、どんな会社でもそうですが、先代と同じことをやる必要はないんですよ。

経営者なら、その「最善」考えていくことが大切だと思います。

ーでは最後に、家業を継ぐかどうか迷っている人へアドバイスをいただけますか?

元気さん
人によって様々な事情があるとは思いますが、僕はやっぱり、自分がその家業を楽しめないのなら、無理に継ぐ必要はないと思います。

家業を継ぐことは、正直そんな簡単なことではないからです。

ー家業を続けるにはそれ相応の覚悟が必要、ということでしょうか?

元気さん
そうですね。

どんな家業にも歴史があるわけですが、僕は自分の店を、自分で終わらせてもいいくらいの気持ちで日々働いています。

自分が楽しいと思えない、つまり本気になれない仕事をダラダラと続けるくらいなら、いっそ店を畳んでしまった方がいい。

それはここまで家業として続けてきてくれた、先代たちへの敬意だと思いますし、仕事をする上での最低限の礼儀だと思っています。

逆に、自分が継がせる立場になった時、こどもが僕と同じかそれ以上にこの仕事を楽しめないなら、無理に継がせようとは思っていません。

そうなった時に自らの手で店を畳む覚悟を持っているからこそ、毎日の仕事に悔いが残らないように楽しんで続けていきたいですね。

2018年9月21日

Line
Line
Line

月間アクセスランキング

カテゴリー

注目のキーワード

アントレnet

独立、開業、起業をご検討のみなさまへ
アントレnetは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。

会員登録はコチラ

アントレnet公式ページ