カテゴリー

Line

エリート営業マンから大工、そして農家へ。ある男が歩んできた、”みんなと違う道”

神奈川県藤沢市で、農薬や化学肥料を一切使わずに自然栽培野菜をつくる中越節生さん。

もともとは優秀なビジネスパーソンでしたが、一念発起して大工を志し、さらに農家へと転職を果たしました。

安定して稼ぐ選択肢を捨てて、なぜ農家になったのか。「農業は宝の山」と言う中越さんに、大胆な決断の背景や自然栽培野菜の可能性、そして死ぬ時に後悔しない生き方についてうかがいます。

【中越節生さん・プロフィール】
無農薬・有機野菜農家。1970年東京都生まれ。日本大学農獣医学部水産学科を卒業後、不動産会社、そして外資系保険会社に勤務。2005年、大工になるために工務店で修業を開始。

その後、農業の道に進み、無農薬・無化学肥料の有機野菜の栽培に力を入れる。2012年8月、神奈川県藤沢市に直売所兼八百屋カフェをオープン。タレントつるの剛士さんへの農業指導、地元野菜のPR活動も行っている。

苦学生からエリート営業マン、そして家族に家を残そうと大工に

_DSC5160s

── 大学を卒業して、不動産の企業に就職したのはなぜですか?

_DSC5160s_Fotor
中越節生(以下、中越)
大学2年になる前に、父が会社を潰して莫大な借金を背負うことになってしまったんです。

学費も生活費も自分で稼がなければならなくなり、1日4〜5件のバイトをこなしました。

長男だったので、就職してからも家族のために借金を返していかなければいけない。

そこで、固定給プラス歩合で稼ぐことのできる不動産の営業を選びました。

── 営業の仕事はいかがでしたか?

_DSC5160s_Fotor
中越
厳しい職場でしたが、それでも辞めるわけにはいきませんから、必死に働き続けました。

やがて成績トップになり、営業部長にもなって、ようやく借金を全額返すことができたんです。

── そして転職をされるわけですよね。

_DSC5160s_Fotor
中越
使命感がなくなってしまったのでしょうね。生活には余裕ができたけれど、幸せとは感じられなかったんです。

そんな時に顧客だった方からスカウトされて、生命保険会社に移りました。

そこで働くうちに、人の死について考えるようになって、自分が死んでも家族に家を残してやりたい、それなら大工だ、と。

ちょうど知り合った工務店の社長がいたので、修業をさせてくれと頼んで働き始めました。そして3年後に中古住宅を買い、それを壊して、自分の家を造りました。

── 成績優秀な営業マンから大工になることに、奥さま反対しなかったのですか?

_DSC5160s_Fotor
中越
まだ結婚前でしたが、相談はせずに決めました。

「大工になったよ」って。借金はしないし、給料もきちんともらえるから、生活に困ることはないと説明しました。

── まったくの未経験から始めて、3年で家を建てるというのは、相当に大変なことだと思うのですが。

_DSC5160s_Fotor
中越
修業しながら、大工の仕事以外まで含めて、家を建てることの全て見させてもらったんです。それで全体の仕組みを理解できたことが大きかったですね。

あとは、大学時代にとにかくいろいろなバイトをしたこと。あの時の経験は、何でもできるんだ、という自信につながったと思います。

農家は「いつまで経っても1年生」。だったら自分にもできるのではないか

_DSC5200s_Fotor

── そして、次に農業へ。どのようなきっかけがあったのですか?

_DSC5160s_Fotor
中越
家の近くの土手を走っていて、休耕地や休耕田が多いことに気がついたんです。それでいろいろと調べるうちに、農家の高齢化や食料自給率など、さまざまな問題があることを知りました。

これは何とかしなければ、誰かがやらなければと思っているうちに、それなら自分がやろう、という気持ちになっていったんですね。

そして市役所に相談しに行ったのですが、門前払いされてしまって。それで農業への熱がますます燃え上がってしまいました(笑)。

そこからは農作業をしている人に直接たずねたり、直売所で農家を紹介してもらったりしているうちに、有機農業をしている方と出会って、その農園で働くことになったんです。そこで1年働いて、独立しました。

── 勝算があったということでしょうか?

_DSC5160s_Fotor
中越
野菜って、実はそれほど手をかけなくても意外にできるということを学んだんですね。それに、農家の方に話を聞くと、皆さん「自分はいつまで経っても1年生だ」とおっしゃるんです。

つまり、正解がないということ。だったら自分にもできるのではないかと思ったんです。また、売る仕組みについても、営業をずっとやってきた経験から、もっと良いものにできるという考えはありました。

── 具体的には、どのような販売方法を?

_DSC5160s_Fotor
中越
宅配専門です。無農薬の自然栽培野菜を作り、お客さんを見つけて、直接届けるというスタイル。たとえば新しくできた大規模マンションを調べて、チラシをポスティングするんですね。

そんな営業を続けていくことで、お客さんを獲得していきました。また、それとは別に会員制の畑も作り、年間契約で野菜を定期配送する仕組みも作りました。

── 順調な一歩を踏み出せたようですね。

_DSC5160s_Fotor
中越
そうですね。しかし、唯一の誤算が原発事故による放射能汚染です。震災当時、僕たちが農家を始める際に選んだ畑が、除染調査重点地域になってしまって、安全安心の野菜をうたうことができなくなりました。

ちょうどこども生まれる時期でもあったので、一時避難をし、新しい土地でまた畑をやるために動き始めました。それで2012年4月に、藤沢市に越してきたんです。

── 藤沢に決めた理由は?

_DSC5160s_Fotor
中越
放射能値が低いこと、産休明けの妻の都内への通勤が可能なこと、そして市役所の方が非常に協力的だったことですね。また、有機野菜を作っている有名な方がいて、その人にも相談することができました。

こちらで野菜を作り始めると、ちょうど藤沢市の観光大使になったばかりのつるの剛士さんが畑をやりたがっているという話があって、その指導をしながら一緒に藤沢野菜のPR活動をするようにもなりました。

── 畑だけでなく、お店も始められましたね。

_DSC5160s_Fotor
中越
畑一本でやるリスクを感じてしまったんですよね。それで、野菜を売りながら農業相談もできるお店をやろうと思い、物件を見つけて、自分で内装まで全てやってオープンしたのが「駅前直売所八〇八」です。

とことん考え、「みんなと違うことをやる」ことが大切

_DSC5171s

── 中越さんは、それまで続けてきたことをスパッと辞めて、新しいことに何度も挑戦してきました。その決断力の源になっているものは何ですか?

_DSC5160s_Fotor
中越
僕の信念は、明日死んでも後悔しないように今を生きること。「あの時にああしておけばよかった…」と思いたくないんです。

── それでは今、後悔しないために一番力を入れていることは何ですか?

_DSC5160s_Fotor
中越
自然な循環、ですね。誰か1人が勝つのではなく、あらゆるものがうまくまわる仕組みを作れたなら、みんなが幸せになれるのではないか、と。

僕の畑では、農薬も化学肥料も使わず、畑だけでまわしていきます。循環こそが一番調和がとれる方法であって、それは畑も社会も一緒だと思うんですよ。

そういった仕組みを作るために、売り先を見つけることが難しい新規就農者の野菜も買い取って販売しています。

── 仕事を変えたいという人に対して、農業という選択肢を自信を持って提示できますか?

_DSC5160s_Fotor
中越
農業は宝の山です。やりたい人はぜひ藤沢に来てほしいですね。

実際、新規就農者は増えています。無償で借りられる畑もありますし、無農薬野菜を扱う飲食店やスーパーもたくさんあります。大きなチャンスだと思いますよ。

── 農業に限らず、独立して何か事業を始めるにあたって、一番重要なことは何でしょうか?

_DSC5160s_Fotor
中越
とことん考えることです。あらゆることを想定して、失敗の芽をつぶし、うまくいく方法を自分の頭で徹底的に考える。そこまで考えてやったことなら、どうにかなるものです。

成功したかどうかなんて受け止め方で違ってきますし、そもそも自分で認めさえしなければ失敗にはなりません(笑)。

それともう1つ、相談に来た人に僕がかならず言っているのが、「みんなと違うことをやれ」ということ。成功例があるからといって、同じことをしてはダメです。

たとえば僕の場合は、車でしか行けないところによくある直売所を駅前に作りました。人が何を求めているのか、あったら良いけれど今はまだないものは何か、それをとことん考えた結果なんです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう。

最新記事をお届けします

おすすめの最新記事

9月14日(金)・15日(土)の2日間にわたり、東京ドームシティ内のプリズムホールにて「アントレフェア2018」が開催されました。

「アントレフェア」とは多くのフランチャイズ本部や代理店本部がブースを出展し、加盟についての詳細を直接会話することができる年に1度のイベント。さまざまな業界のブースがあるので、1度に多くの情報を集めることができます。

さらに、資金調達や会社設立、起業の税務相談など、各分野に特化した専門家ブースもあるので、その場で相談することも可能。自分で探してあちこち足を運ぶことなく、業界市場や最新トレンド、経営に必要な知識についても効率よく収集できるイベントなのです。

今回は、そんな2日間の「アントレフェア」を体験取材! 本気で独立・起業を考える人で大盛況だったイベントの様子をお届けします。

「知らなかった」「残念ながら参加することができなかった」という方は、次回の予習も兼ねてご一読ください。

アントレ編集長が会場のまわり方を教えてくれる!? 企業ブースを訪問する「比較ツアー」に密着

受付では、講演のタイムスケジュールや会場マップが入ったバックを受け取ります。

講演は何時から? どんな企業がブースを出しているの? と迷っていると、会場の回り方やコツを説明してくれる入口スタッフが来場者を誘導してくれました。

どのようにフェアを回るかは個人の自由ですが、このような説明があるだけで、会場内で行われている各種イベントをある程度把握することができます。

会場に入って最初に目に留まったのは、「比較ツアータイムスケジュール」の看板。

「比較ツアー」とは、「副業」や「自宅で開業」など、参加者の希望のテーマに沿った企業をツアー形式で周り、比較しながら検討できるというもの。
複数人のグループを作って出展ブース(3〜5社)を回る、予約制のイベントです。

1時間ほどで効率的に情報収集することができるので「どの企業に話を聞けばいいのか分からない」「広い会場内を探し回るのは大変」という方にはおすすめのツアーです。

今回は、ツアーテーマの1つにある「編集長と行く!アントレフェア」に参加してみることにしました!

こちらがアントレ編集長・菊池保人さん。

菊地編集長が各企業ブースに直接案内してくれるので、初めての参加で右も左も分からない方にとっては心強いですよね。また、3人程度のグループでまわるので、「1人で話を聞くのは不安」という方にとっても安心です。

それでは菊地編集長、よろしくお願いします!

ブースに着くと、各フランチャイズ本部の担当者から開業資金や業界、市場について、分かりやすく丁寧に教えていただけます。

説明を聞いている途中で少しでも疑問に思ったことがあれば、「これ、どういうことですか?」と気軽に質問・相談することも可能。何か不明な点があればその場で確かめ、疑問を解消することができました。

もちろん、「自分のペースでゆっくりと話を聞きたい」「お目当ての企業の話のみを聞きたい」という方は個別で企業ブースを訪問できるので、積極的に会場内を回ることをオススメします。

素敵な笑顔で丁寧に案内してくださった菊地編集長、ありがとうございました!

魅力たっぷりの企業ブースを紹介!

ここではツアーで回った企業ブースをご紹介します!

まずは、今年で80周年を迎える工具の高級ブランド「マックツールズ」の日本国内事業を展開するマックメカニクスツールズ株式会社。

企業ブースに着いた時は、大きな車が乗り入れてあってビックリしました(笑)。

株式会社サンライズのフランチャイズ加盟店である、完全テイクアウト型メロンパン専門店「Melon de melon(メロン・デ・メロン)」のブースでは、メロンパンの陳列もありました。

車からメロンパンまで、様々な企業がブース出展しているのも「アントレフェア」の魅力のひとつです。

また企業ブースの中には、こうして商品を購入して試食・試飲できたり、その企業ならではのさまざまサービスを体験することができるので、全てのブースを回ってみたくなりますね!

開業資金の融資ノウハウを、専門家に無料で相談できる!【独立開業無料相談コーナー】

会場の奥には、「独立開業無料相談コーナー」があります。

ここでは日本政策金融公庫など、融資や会社設立の専門家から直接アドバイスを受けることができます。
名前の通り、いくら話を聞いても無料なので、資金調達、会社設立、税務相談について少しでも疑問に思っていること、悩みがあれば気軽にどんどん聞いてみましょう!

【企業・ゲスト講演】日替わりで杉村太蔵氏や、藤原和博氏ら豪華ゲストが登壇! 開業時に取り組むべき重要課題を学ぶ

講演スペースでは、2日間で合計10社の企業公演と、8名の方々による豪華なゲスト講演のコーナーも設けられています。

その中でも特に大盛況だったのが、9月14日(金)に行われた、元衆議院議員で、現在はタレントとしてもご活躍されている杉村太蔵氏によるスペシャル講演です。

「バカは活きる」をテーマに、プライドを捨てた男の人生から学ぶ自分らしさが活きるキャリア論を熱弁。杉村氏の実体験を元にした貴重なお話を語ってくださいました。

企業講演では、会場にブースを出展している各企業担当者が、各々掲げる経営理念やビジネス戦略、開業資金などを、画像や映像を使ってわかりやすく説明してくれました。

また、9月15日(土)には、藤原和博氏のスペシャル講演が大盛況!『戦略的「モードチェンジ」のすすめ』をテーマに、ホワイトボードを使って「100万人に1人の人材」になるためのキャリアアップ論を解説。ご自身の経験もふまえ、迷える世代に向けてアドバイスを送ってくれました。

こうした講演は、普段ならなかなか聞く機会のない著名人の実体験に基づく話を聞ける貴重なチャンスでもあります。

加えて、独立開業の専門家からお金の借り方、副業のはじめ方、フランチャイズの開業資金といった起業ノウハウを一気に聞くことができるので、独立・開業を考える方にはぜひ参加していただきたいイベントですね!

シールを集めて豪華プレゼントをゲット!

この「アントレフェア」は、講演を聞いたり、企業ブースを回るだけではありません。参加者なら誰でもチャレンジできる「シールラリー」というものが常時開催されているのです。

こちらは、来場時にもらえる上記画像のカードに、企業を1社訪問する、もしくは企業講演に参加するごとにシールが1つもらえます。

最終的にこのカードに3つ以上のシールを集めることができれば、会場出口にある特典ブースで豪華なプレゼントをもらうことができます。

シール3〜4枚で「独立関連書籍」、シール5枚で「クオカード500円+独立関連書籍」がゲットできちゃいます!

こちらがシールを3枚以上集めると貰える独立関連書籍一覧です。

講演した方の書籍も用意しているので、ぜひいろいろな企業を訪問したり講演を視聴してシール集めにもチャレンジしてみてください。このような本を読むだけでも、これからの独立準備に向けて大いに前進することができそうですね。

独立・開業を考える人は必見! 起業家マインドとノウハウを得て、新たな1歩を踏み出そう!

各企業ブースや相談コーナーでは「開業に必要なノウハウ」、起業家や著名な方々の講演では「起業家マインド」を学んだ2日間。これから独立・開業といった新たなビジネスの世界に挑戦するにあたって、欠かせない要素が全て集まったイベントでした。

「独立・開業について考え始めたばかり」「起業するにはどんな知識が必要で、どんなスキルを磨くべきなのか分からない」という方でも基礎からしっかりと教えてくれるので、今回参加できなかった人は、次回の「アントレフェア」へぜひお越しください!

アントレ公式キャラクターの「アントラ」くんも待ってますよ!

また、メルマガ会員になれば常に有益な情報がもらえるので、登録しておくと便利です。LINE公式アカウントもあるので、そちらもチェックしてみてくださいね!

※また「アントレフェア」の小規模バージョンの「アントレアカデミー」も随時開催しています。

10/23(土)@大阪
10/27(土)@東京
11/10(土)@愛知

お電話での受付はコチラから
0120-854-080

2018年10月19日

Line
Line
Line

月間アクセスランキング

カテゴリー

注目のキーワード

アントレ

独立、開業、起業をご検討のみなさまへ
アントレは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。

会員登録はコチラ

アントレ公式ページ