カテゴリー

Line

マスメディアが報道できない映像を、個人の力が集まって、伝えていく

テレビ局の仕事を辞め、フリーの映像ディレクターという仕事を選び、東日本大震災後の福島を描いたドキュメンタリー映画「Life 生きてゆく」を5年半の長い撮影を経て完成させた笠井千晶さん。その作品は口コミで広がり、全国で有志が主催する上映会も行われている。クラウドファンディングでもたくさんの支援者が集まった。

ドキュメンタリー映画「Life 生きてゆく」は、東日本大震災後の福島県で、家族を亡くした男性と、その妻、そして震災後に生まれた娘との生活を5年半密着取材して生まれた。
山本美香記念国際ジャーナリスト賞を2018年5月に受賞。

マスメディアが報道できない映像を、個人の力が集まって、伝えている。大手テレビ局の仕事を辞め、フリーの映像ディレクターの道を選んだ笠井千晶さんの活動について、話を伺った。

<プロフィール>

笠井千晶さん

15年以上のテレビ報道記者勤務を経て独立。フリーの映像ディレクターとして、撮影〜編集までを手がけ、テレビ・映画のドキュメンタリーを制作。震災後の福島に通い、原発周辺の街で映像記録を続ける。
また死刑囚の再審請求事件「袴田事件」を十数年に亘り取材。死刑囚・袴田巌さんが2014年に釈放された瞬間に同行し、47年ぶりに自由の身となった直後の様子を記録した。裁判所組織を描いたものなど司法に関するテーマが多い。

会社員時代に、日本民間放送連盟賞テレビ報道番組部門 最優秀賞 (2004年度)、「地方の時代」映像祭 優秀賞 (2006年度)、石橋湛山記念 早稲田ジャーナリズム大賞 奨励賞 (2010年度) などを受賞。独立後に、山本美香記念国際ジャーナリスト賞 (2018年度) を受賞。

フリーの映像ディレクターとして笠井千晶が伝えたいこととは

ー「山本美香記念国際ジャーナリスト賞」、受賞おめでとうございます。まずは、受賞の経緯と感想を聞かせてください。

笠井さん
ありがとうございます!
「山本美香記念国際ジャーナリスト賞」は、2012年に中東のシリアで取材中、銃弾に斃れた山本美香さんのジャーナリスト精神を引き継ぎ、果敢かつ誠実な国際報道につとめた個人に対して贈られる賞なのですが、今回私が福島の被災地で5年半かけて撮り続けた映像をまとめたドキュメンタリー映画「Life 生きてゆく」を選んでいただきました。時間をかけて撮り続けた東日本大震災後の福島を描いたドキュメンタリーですが、家族を奪った津波、そして原発事故。失意の底から立ち上がろうとする被災者とともに、「長い時間をかけて紡ぎ出した作品」と評価していただきました。関係者の皆さまのおかげです。大変嬉しい受賞となりました。

ー笠井千晶さんが被災後の状況を撮り始めたきっかけを教えてください。

笠井さん
中京テレビに勤めていたとき、取材として、震災直後の被災地に行くことがありました。
そのときに感じたことは、被災後の今だけではなく、継続してこの現状を誰かが記録しなければいけないんじゃないかと思ったのです。
ですが、報道の仕事は取材対象もたくさんありますから、被災後の状況だけを撮り続けることができません。そして、思い立って会社の仕事ではなく、私個人として被災地に行き、記録を撮り続けることにしました。
最初はテレビの仕事をしながら週末などの休みの日や仕事を終えたあと、プライベートの活動として夜行バスに乗って東北まで脚を運び、また、会社の始業に間に合うように、夜行バスで戻ってくる生活を続けました。仕事の合間に、名古屋から東北、東北から名古屋という往復です。

ー休みのない大変な生活ですね。では、笠井千晶さんが独立したきっかけを教えてください。

笠井さん
会社の仕事ではなく、個人として撮影することで、放送する、番組を作るという視点に囚われずに、状況を映像として残し伝えることができるかもしれないという気持ちで、会社の仕事と並行して撮影を続けていました。ドキュメンタリーの映像を撮ってもその報酬があるわけではありません。ですが、体力的にも時間的にも無理があると感じて、思い切って会社を辞め、フリー映像ディレクターとなりました。固定収入は無くなりますが、私しか撮れないものを撮るための時間を作ろうと。

マスメディアでの報道で伝えられない現実を映像に

ーマスメディアでの報道で伝えられないというお話がありましたが、もう少し詳しく教えていただけますか?

笠井さん
報道の仕事では、企画を決め、何分の番組で、どのくらいの予算で作るというのを決めて、撮影に入ることが多いのですが、被災地の状況を映像で撮るのは、ゴールが明確ではありません。
時間も予算も予測できないのです。今後いつ何が起こって、どういう結果になるのか分かりませんから。
そのため、番組の企画としては成立しづらいのです。

ただ、私個人として、この状況は映像として残して伝えていく必要があると思ったのです。もう1つ私が撮影している袴田巖さんについてもゴールが明確ではありません。ですが、記録として残して伝えていくべきだと感じたので、記録し続けているのです。

ードキュメンタリーの映像は撮るのが大変ではないですか?

笠井さん
はい。人を撮っていますから、信頼関係がなければできません。また、人生の転機となるような場面はどのタイミングで訪れるか分かりませんから、足繁く通うことになります。私が今取材しているのは、被災後の福島の状況と静岡で47年ぶりに釈放された死刑囚袴田巖さんです。ですから、静岡と福島を往復して映像を撮影する生活を送っています。

マスメディアが報道できない映像を、個人の力が集まって、伝えていく

ーフリー映像ディレクターとして、収入はどうやって得るのでしょうか?

笠井さん
Readyforでクラウドファンディングしたことで支援者の皆さまから資金が集まりました。また、経産省の創業・第二創業促進補助金に採択され、機材の購入費用も補助していただきました。撮影・編集機材はテレビ局の仕事で使えるレベルの機材です。本当に皆さまのおかげです。私自身は映像のこと以外は詳しくないので、応援してくださる皆さまのおかげで、ここまできました。上映会を開催することによる収入があります。

ドキュメンタリー映画「Life 生きてゆく」トレーラー

舞台は震災後の福島県沿岸部。
これは、2011年3月11日、津波に見舞われた南相馬市萱浜(かいはま)地区に生きる、ある家族と”命”の物語です。
震災から7年。
いまだ届かぬ声が、ここにー。

監督・撮影・編集/笠井千晶

ー笠井さんの映像作品はその上映会で見られるのですか?

笠井さん
はい。有志の方が上映をフェイスブックページから申し込んで主催してくださっています。その上映会で作品を見た方がまた他の場所で主催するという口コミが伝播する形で、全国に広がっています。ボランティア活動を東北で経験した方や、福島出身の大学生がご自身の通う関東の大学で開催してくださったり、自治体単位でも上映をしてくださっています。ありがたいことです。

ー笠井千晶さんがこのドキュメンタリーの映像で伝えたいことは何ですか?

笠井さん
ドキュメンタリーの映像を見てもらって現実を感じてもらえればと思っています。感動してもらうとか、泣いてもらおうという意図ではありません。演出的なことは全くしていませんが、置かれた過酷な現状、現実をそのまま、伝えたいのです。


ー最後に、起業を考えている読者にひとこと、お願いします。

笠井さん
私が起業家として成功しているわけではないので、起業家の皆さんにアドバイスできる立場ではありません。ただ私が心がけているのは、仕事に妥協しないことです。私は誰にでもできる仕事ではなく、自分だからできる仕事を見つけたら、その仕事に妥協しないということで、撮り続けてきました。
撮影や編集というスキルは色々なニーズもありますが、私しかできないドキュメンタリーを撮り続けてきました。
お金を得るために自分のスキルを安売りしないこと、自分しかできないことを続けることが大事だったんだなぁと今になれば思います。
もちろん、経済的には楽ではありませんが、どうしてもやりたいことのために使う時間を奪われないように。

自分しかやれないことを続けていれば、いつか誰かがその価値を見つけてくれると信じています。

PICKUP!

この記事に興味のある人が見ている独立開業プラン

この記事が気に入ったらいいね!しよう。

最新記事をお届けします

あわせて読みたい関連記事

おすすめの最新記事

「老後資金はいくら必要なのか? 」「住宅ローンの上手な組み方は? 」「自分に合った資産運用は? 」など、各種メディアでお金の話題が掲載されない日はありません。

また、金融機関のCMも少なくありません。

長い人生を送る上でお金は必要なものですが、お金に対する何らかの不安や悩みを抱えている方が多いのも事実です。

そこで、最近ではファイナンシャルプランナー(以下、FP)という職種が注目されています。

FPになり、さらには独立開業するにはどうすれば良いのか簡単に解説していきます。

FPは「お金の専門家」

FPとはどんな仕事をするのでしょうか?  FPは、顧客が望むライフプランを実現させるため、顧客から提供された各種情報(家族構成・年収・資産・負債状況など)を基にまずは現状分析を行い、その上でアドバイスや将来の資産設計を行います。

もっと端的に言うと、FPは”ライフプランの総合アドバイザー”であり、またお金に関する悩みを解決することから「お金の専門家」とも呼ばれています。

また、顧客に対する相談だけではなく、お金に関するセミナー講師や執筆に携わっているFPも多いです。

FPになるにはまず資格を取得する

FPとして仕事をするには、その業務の性格上、お金に関する幅広い知識が必要となります。

そして、FPとしての実力を担保するために、勉強して資格を取得するのが一般的です。

FP資格には2つの種類があります。1つは国家資格である"FP技能士"。

もう1つは日本FP協会が認定する民間資格である"AFP(アフェリエイテッド・ファイナンシャルプランナー)"と"CFP(サーティファイド・ファイナンシャルプランナー)"です。

FP技能士は難しい順に1級から3級まであります。

AFPは2級FP技能士と、CFPは1級FP技能士とほぼ同等のレベル。

FPとして仕事をするのであれば、最低でもFP技能士2級合格を目指したいところです。

FP技能士2級には受検するための資格があります。

FP業務未経験者の場合、FP技能士3級試験に合格するか、日本FP協会が認定するAFP認定講座を修了することなどが必要です。

試験は学科試験と実技試験があり、学科試験は4択式のマークシート方式、実技試験は記述式(択一、語群選択、空欄記入の各形式を含む)です。

いずれも正答率6割で合格です。

試験範囲はファイナンシャル・プランニングに関する幅広い分野から出題されます。

詳しい内容は公式サイトを参照してください。

合格率は35%から50%で推移しており、国家試験では合格率が高い部類となります。

初心者でもきちっと勉強すれば合格を手にすることが可能です。

独立・開業するにはキャリアを積むのが一般的

FPとして独立するには、まず企業に勤め、実務経験を積んでからその業務で得た知識をメインにして開業することが一般的です。

例えば、保険会社勤務の場合、生命保険や損害保険の見直し、証券会社勤務だと資産運用、不動産や住宅関連会社勤務は住宅購入に関する資金相談といったところです。

また、FP事務所に勤務したのち、独立するパターンもあります。

では主婦としてのキャリアでは独立・開業は無理なのでしょうか?

そんなことはありません。

日々の節約術、教育費の捻出、貯蓄や資産運用、住宅ローンや保険の見直しなど、家計を管理していくことすべてがFPとしてのキャリアに繋がっていきます。

"生活者目線"でアドバイスできることこそ主婦FPの大きな強みです。

実際、主婦の経験を生かして活躍しているFPは大勢います。

その経験を生かすには、単に家庭内で実践するだけではなく、その知識をさらに深堀りしていくことが重要となります。

例えば、住宅購入するためにローンを組む場合には、各金融機関のローンの特徴を徹底的に調べ、比較検討し、他人にアドバイスできる精度まで高めておくという具合です。

また、お金に関する法律の改正も多いので、常に最新の知識が求められます。

AFP資格を取得すると日本FP協会に入会しますが、機関誌の購読やSG(スタディグループ)への加入など知識をブラッシュアップする機会がたくさんありますのでおすすめです。

まとめ

FPの年収ですが、千差万別でメインとする業務や収入源によって変わってきます。中には数千万円以上稼ぐFPもいます。

また、独立当初は自宅を事務所にしてスタートすることも可能です。

FPは開業する際、大掛かりな設備投資や商品の在庫を抱える必要がないため初期費用が少なくて済むことは大きなメリットでしょう。

仕事の面では、インターネットの普及により、FPの専門知識を生かした電話やスカイプなどでのコンサルティングや、ウェブライターなどの需要が高くなっています。

まずは試験に挑戦してみてはいかがでしょうか。

PROFILE

FP・社会保険労務士 木村政美

2004年に、行政書士・社会保険労務士・FP事務所の「きむらオフィス」を開業。2017年より、ダイヤモンドオンラインにてコラム連載を持つ。年金や個人のマネープランの相談・講習、企業向けのメンタルヘルス研修など幅広い分野で活動している。

2019年2月22日

食品や日用品が揃う、スーパーマーケット。

アナタの家の近くにもある“スーパー”に、観光客が集まっていると聞いたら、不思議に思いませんか?

今回お話を伺ったのは、岐阜県多治見市にあるマルナカストアー有限会社の代表取締役社長、中島世志人さん。

中島さんが代表を務める「マルナカストアー」には、地元の人だけでなく、全国から多くの観光客が集まるといいます。

なぜマルナカストアーには、全国から観光客が集まるのでしょうか?

今回は中島さんの経歴とともに、「マルナカストアー」の驚きの取り組みについてお伝えします。

<プロフィール>
中島世志人さん
マルナカストアー有限会社・代表取締役社長
岐阜県多治見市笠原町にある、スーパーマーケット「マルナカストアー」の3代目社長。先代から店を継いで10年、様々な理由から一時は廃業を考えるも、一念発起して店の一角をイベントスペースに改装。イベントスペースの企画第1弾として、キングコング・西野亮廣さんの絵本『えんとつ町のプペル』の世界を、笠原町の名産品であるタイルを使って表現し、人気を博している。

倒産寸前だったスーパーに、『えんとつ町のプペル』が出現した理由

―「マルナカストアー」と中島さんの経歴から教えてください。

中島さん
私の祖父がこの笠原でスーパーマーケットを開業しました。こどもの頃からこの店があったので、なんとなく「自分も将来は継ぐのかな…」と思っていました。身近過ぎる故に、こどもの頃はあんまり乗り気じゃなかったのですが(笑)。ある程度大人になってから、父からも説得されて店を継ぐことを決めました。大学を卒業後は3年、名古屋市内のスーパーマーケットに就職して経験を積んでから、「マルナカストアー」に戻ってきました。

―そこからはずっとこの「マルナカストアー」にお勤めされているのでしょうか?

中島さん
はい。25歳の時に店に戻ってきたので、かれこれ20年近く勤めていますね。そして35歳の時、先代の社長だった父が急死してしまったんです。父の後を継いで社長となったのですが、いかんせん予期せぬタイミングでの社長就任だったのと、私自身に経営の経験がなかったため、とても苦労をしました。幸い借金などは抱えていなかったのですが、経営はそれほど芳しく無く、先代たちが築いてきた遺産を食い潰しながらなんとかやってきたんです。

景気も悪く私自身の力不足もあり、いよいよ店を閉めようかと思っていた矢先に出合ったのが、キングコング西野さんの著書『革命のファンファーレ』と『えんとつ町のプペル』でした。

―「マルナカストアー」に来て、まず飛び込んできたのがタイルで描かれた『プペル』の世界観でした。なぜ『プペル』だったのでしょう?

中島さん
理由は2つあります。1つ目の理由は、2016年に「多治見市モザイクタイルミュージアム」がこの店の目の前にできたことです。
http://www.mosaictile-museum.jp/この笠原は古くからタイルで有名な場所です。様々なモザイクタイルを使ったアート作品が「インスタ映え」すると、開館当初から大きな話題になり、人が集まるようになりました。

2つ目の理由は『プペル』が著作権フリーであること。西野さんは『プペル』に関して、基本的に著作権はフリーであるとしています。
https://ameblo.jp/nishino-akihiro/entry-12371970580.html

「このタイルと『プペル』を組み合わせて展示したら、多くの人が集まってくれるんじゃないか」と思い、作ったのがこのイベントスペースなんです。

中島さん
もちろん『革命のファンファーレ』にも大きな影響を受けましたし、お世話になっている会計士の方に「どうせ辞めるなら好きなことをやってから辞めなよ」と助言されたことも理由の1つですね。また、笠原町がタイルで栄えていた頃は、工場や窯のえんとつがたくさんありました。そういう意味でも、笠原町は本当に「えんとつ町だった」ので、プペルを題材にしたかったんです。

スーパーでタイルをPRする。3代目社長として、自分の代で地元に何を残せるか?

―スーパーマーケット×イベントスペースという組み合わせは非常に斬新ですね。

中島さん
最初はフリーマーケットを出す、みたいなことを考えたりもしたんですが、すでに誰かがやってそうだなと。店に入ってすぐタイルの『プペル』がいるスーパーマーケットは、多分ウチくらいでしょう(笑)。

―でもなぜ「タイルでプペルを」という発想に至ったのでしょう? 普通にプペルの絵を展示する、でも良かったのではないですか?

中島さん
「多治見市モザイクタイルミュージアム」が目の前にあるから、という理由もありますが、昔から「自分の代で何を残せるのか」ということをずっと考えてきたからです。というのも先代たちは、何かしら私たち(後世)に残してきてくれました。祖父はこの場所そのものを作ってくれましたし、父は全日食チェーン(全日本食品株式会社が運営する日本最大級のボランタリー・チェーン)の取締役をやっていたこともあり、多くの人脈を築いてくれました。

中島さん
彼らが残してくれた、お金だけではない遺産があったからこそ、なんとかここまでやってこられました。では自分が3代目社長として何が残せるのか、それをずっと考えてきたんです。そして「自分たちが店を構えるこの笠原という地の魅力を発信して、より盛り上げることなんじゃないか」という答えに、ようやく辿り着くことができました。

タイルと『プペル』の組み合わせは、その第1弾です。

―ご自身の想いとタイル、『プペル』が点と線でつながった結果が、このイベントスペースなんですね。周囲の反応はどうなのでしょう?

中島さん
最初は年配の方を中心に「何してるの?」と疑問の声が上がったりもしていたのですが、新聞記事などに取り上げられてからは「新聞見たよ!」と言っていただくことも増えてきました。「スーパーでタイルをPRする」という珍しさから、評判は悪くありません。道沿いに大きな看板があるので「多治見市モザイクタイルミュージアム」に行ったついでに立ち寄ってくれるお客さまも増えました。

中島さん
また西野さんのオンラインサロン「西野亮廣エンタメ研究所」の会員さんや『プペル』のファンの方も全国から来てくださるようになりました。従来どおり、良くも悪くも「地元密着型スーパーマーケット」を運営していた時代から考えると、かなり斬新な集客の形ですね。

地元の人も観光客も集まる場所へ。“全国区”の地方スーパーへの道

―スーパーマーケットと言えば「地元の人が食品や日用品を買いに来る場所」というイメージですが、「マルナカストアー」はその概念を覆していますね。

中島さん
全国からお客さまが来てくださることは嬉しいんですが、とはいえ地元の人から敬遠されてしまっては意味がないんですよね。そもそもこの一連の活動は「地元を盛り上げる」という大前提があってのものですから。タイルや『プペル』といった、全国から集客できるシステムは継続しつつ、地元の人が来てくださる仕組み作りを考えています。

―具体的にはどのようなことですか?

中島さん
店の2階を使って、地元の人が集まって談笑したり、仕事ができたりするコワーキングスペースを作りたいですね。またちょっとした軽食が食べられたりお酒が飲めるような、イートインスペースを作ろうとも思っています。あるいは音楽イベントなども定期的に開催できるようにしたいので、音を出せる環境にもしないといけませんね。

地元の人も観光客も楽しめるスーパーを目指しています。

―まさに「全国区の地方スーパー」ですね。最後に、読者の方へアドバイスをいただけますか?

中島さん
おそらく家業を継いだけど、あんまり状況は芳しくない、という方も多いと思います。私自身、つい2年前までは店を畳もうと思っていました。でも自分のやりたいことに気づいて行動した時、ようやく進むべき道が見えました。悩んでいる人は自分が何をしたいのか、どうなりたいのかを一旦整理して棚卸しすると良いかもしれません。その上で今の仕事と絡められそうなら続けるも良し、全く絡められないならやめるのも良いでしょう。

大切なことは、まずは打席に立つこと、そしてバットを振ることだと思います。見逃し三振では何も始まりません。まずは「どの打席に立つべきか」から考えてみてはいかがでしょうか。

2019年2月22日

PLOFILE

山田康夫さん(69歳)

尾鷲山田堂/大阪市生野区

大学卒業後、大手小売企業に入社。
59歳で退職すると、三重県尾鷲市の海洋深層水塩に出合い、「卵アレルギーの孫にドーナツを食べさせたい」と思い立つ。
2010年に起業。妻の時代さんと二人三脚の経営。移動販売やネット通販も行う。
(さらに…)

2019年2月21日

Line
Line
Line

月間アクセスランキング

カテゴリー

注目のキーワード

アントレ

独立、開業、起業をご検討のみなさまへ
アントレは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。

会員登録はコチラ

アントレ公式ページ