カテゴリー

Line

夢中こそ、無敵。“戦力外通告”も経験した元Jリーガー・阿部祐大朗に学ぶ、成功者の条件

あなたが夢中になれることは何ですか?

毎日仕事場と自宅の往復ばかりで「夢中になれるものがない」「夢中になるやり方を忘れてしまった…」という人も、多いのではないでしょうか。

もし、これから新たな道に進むなら「夢中になれることを探してほしい」と、今回お話を伺った元プロサッカー選手の阿部祐大朗さんは語ります。

阿部さんは、高校卒業後に鳴り物入りでサッカーのJ1リーグ横浜F・マリノスに入団するも、その後、戦力外通告を受けるなど、大きな挫折を味わいました。

しかし引退後、セカンドキャリアとしてサッカーとは全く関係のないウエディング
プランナーの道を選択。その後は大手外資系金融会社に転職するなど、ビジネスパーソンとして活躍しています。

今回は、阿部さんの経歴を振り返るとともに、自身の経験から考える成功者の条件とは何かを、語っていただきました。

<プロフィール>
阿部祐大朗さん

1984年、東京都町田市生まれの元プロサッカー選手。

2000年AFC U-17選手権、2001年FIFA U-17世界選手権、2003年U-20W杯日本代表。

桐蔭学園高校3年時に、特別指定選手として横浜F・マリノスでJリーグ公式戦デビュー。

05年にモンテディオ山形に移籍。その後、北信越地区1部リーグのフェルヴォローザ石川・白山FCに入団。徳島ヴォルティスを経て、ガイナーレ鳥取を最後に現役を引退。

2012年に株式会社ノバレーゼに就職し、ウェディングプランナーを経て、現在は大手外資系金融会社の法人営業として活躍中。

元Jリーガー・阿部祐大朗が、第2の人生に「ウエディングプランナー」を選んだ理由

ー元Jリーガーであり、今はビジネスパーソンである阿部さん。現在に至るまでの経緯を教えてください。

阿部さん
サッカーを始めたのは幼稚園の頃です。この頃から漠然と、プロのサッカー選手になりたいと思っていました。

中学に入ってから1年生でチームのレギュラーを獲得し、全国大会で準優勝を2度経験。高校入学後にはU-17日本代表に選ばれ、2001年の世界選手権に出場しました。

そして高校3年時には、横浜F・マリノスの特別指定選手としてJリーグ公式戦デビューを果たし、念願のプロのステージに立つことができたんです。

自分で言うのも変かもしれませんが、小学生からサッカーを始めてプロになるまでは、1度も大きな壁に当たることなく、順風満帆なサッカー人生を歩んでいましたね。

ーサッカー界のエリート街道を突き進んできたんですね。念願のプロの世界に入ってからはどうだったのでしょうか?

阿部さん
プロの世界では、自分の力が通用しませんでした。

横浜F・マリノス入団直後は、活躍を期待されていたのですが、その期待に応えることができず、プロ3年目の2005年にはレンタル移籍でJ2リーグのモンテディオ山形に加入することになったんです。

移籍期間が終了した2006年のオフにはチームから次シーズンの契約を更新しない方針を伝えられ、横浜F・マリノスにも復帰することは叶いませんでした。

事実上の戦力外通告をされてしまったわけです。

ーそうだったんですね。その後はどうされたのでしょう?

阿部さん
現役のサッカー選手を続けたい、という気持ちはあったので、全国各地のあらゆるチームのトライアウトを受けたのですが、どこからも声がかかることはありませんでした。

なのでJリーグは諦めて、社会人チームである北信越地区1部リーグのフェルヴォローザ石川・白山FCに入団したんです。

ただ、入団後3カ月程でクラブが経営破綻になってしまい、突如として契約が打ち切りになってしまいました。

それから各チームに練習参加のお願いをして、2007年のシーズン途中からJ2リーグの徳島ヴォルティスになんとか入団することができました。加えてJリーグにも復帰することができたんです。

2009年からは当時JFL(日本フットボールリーグ)のガイナーレ鳥取に移籍したのですが、年齢も年齢だったので、この頃から少しずつ体の限界を感じはじめていました。

そして、2011年オフに現役引退を決意し、27歳で約9年間のプロ生活に幕を閉じました。

ー挫折を経験しても、選手としては最後までやり切ったのですね。引退後はやはりサッカー関連の仕事に就こうと?

阿部さん
いえ、サッカー関係の仕事には就きませんでした。

プロとして9年間ピッチを駆け回って、「サッカーをやり切った」という気持ちが大きかった。だからこそ、これからはサッカー以外の世界にチャレンジしてみたいと思ったんです。

しかし、社会人経験のない僕にとって、その選択はまさに前途多難でした。

当時は今ほどサッカー選手のセカンドキャリアを支援してくれる体制が整っていなかったので、自分で就職活動をするしか方法がなかったんです。

それに僕には家庭がありますし、給与の振り込み時期に穴を空けるわけにはいかなかったので、引退後翌月には、新たな就職先から給料が入るように早めに内定を取らないといけませんでした。

知り合いを通じて人材紹介会社の社長に会ってみたり、転職サイトに登録してひたすら求人をチェックしたりと、いろんな方法を駆使して手当たり次第就職先を探したんです。

その中で、昔から個人的に好きだった「SENSE(センス)」というファッション雑誌の求人を見つけました。

早い段階で内定をいただきたかったので、社長に直接「ここで働かせてください」とお願いしに行ったんです。

アポも取らずに会いに行ったので、当然断られてしまいましたが(笑)。なので普通に中途採用からの入社を狙うことにしたんです。

ただ、2次面接までは進んでいたのですが、同時進行で面接を受けていた株式会社ノバレーゼというブライダル企業から先に内定をいただいたので、出版社社員ではなくウエディングプランナーとして、第2の人生を歩み始めることを決断しました。

本当にすごい人は、努力を努力と思っていない。元Jリーガーが学んだ、成功者の条件

ーウエディングプランナー…本当にサッカーとは無関係な職業ですね(笑)。実際に働いてみていかがでしたか?

阿部さん
正直、3週間ある研修期間の初日で逃げ出そうと思いましたね(笑)。あまりにキツくて…。

ー何がそんなにキツかったのでしょう?

阿部さん
まず、拘束時間の長さです。

サッカー選手の場合は、試合以外の日はだいたいお昼には練習が終わり、その後はフリーだったので、現役時代との拘束時間の違いについていけなかったんです。

ーサッカーしか経験していない分、働く環境や労働時間に慣れるまでは大変ですよね。

阿部さん
そうですね。

でも家庭があるので、しがみついてでもこの仕事で頑張ろうと気合いを入れて、何とか研修期間を終えることができました。

ー研修終了後からはウエディングプランナーとしてのお仕事を?

阿部さん
はい。新郎新婦と4カ月前くらいから何度も打ち合わせを重ねながら、結婚式をプランニングしていました。

でもやはり、ブライダルという仕事の性質上、結婚式の重なる繁忙期は大変忙しく、自分の諸条件的に見合わなかったので、3年という節目の時期に退職することを決めました。

今は、自分の希望に見合う条件かつ営業力といったビジネススキルを磨くことができると判断し、転職活動の際にノバレーゼの先輩が繋げてくれた大手外資系金融会社で働いています。

今思えば、何もできない僕をここまで育てくれましたし、そもそもサッカーしか経験のない27歳の新人を快く受け入れてくれた。

その経験が今の仕事にもつながっているので、とても感謝しています。

ー仕事としては大変でも、人に恵まれていて、本当に良い環境でビジネスの世界を学ぶことができたんですね。さて、そんな今の阿部さんが過去を振り返ってみて、順風満帆なアマチュア時代と比べてプロでは何が足りなかったのか、教えていただくことは可能ですか?

阿部さん
プロで失敗した1番の原因は、プロになってから「サッカーに夢中になれなかった」ことだと、思います。

今思えば、高校時代までは本当にサッカーが大好きだったんですよ。

好きだからこそ、誰よりも練習に時間を費やしていました。同級生たちが遊んでいる間も、勉強している間も、僕はずっとサッカーだけに夢中になっていた。

サッカーをしている時間が、1番楽しかったんです。

ーその気持ちが、プロになってぐらついてしまった、と?

阿部さん
はい。

自分のサッカーが「お金になるかどうか」。高校時代までとプロとの違いはとても明白です。

プロのサッカー選手としてお金が入ると、高価な洋服を買ったり友達と遊びに行ったりと、いつの間にか練習よりも遊ぶ方が楽しくなってしまったんです。

高校時代までは誰よりも遅くまで練習していたのに、横浜F・マリノス時代では仲間よりも早く練習を切り上げていましたから。

収入を得られるかどうかに関係なく、あくまで「サッカーに夢中になれるかどうか」。それこそが、トップアスリートになれるか否かの境目なんだなと思いますね。

ーそれを踏まえて、現役時代にもっとこうしておけば良かったと思うことはありますか?

阿部さん
もっとサッカーを極めればよかったなって思いますね。

やっぱり人って、自分が好きでもない仕事にモチベーションを保ち続けるのは難しいじゃないですか。

だったら、せっかく大好きなサッカーを仕事にできたのに「なんでもっと頑張らなかったんだよ」と、当時の自分に言いたいですね。

ープロサッカー選手こそ、高校までのどの時代よりもサッカーに打ち込むべきだった、ということですよね。

阿部さん
その通りです。

例えば、横浜F・マリノス時代の僕が、シュートの決定力に悩んでいたとします。

普通ならもっとたくさんシュート練習をして、地道にシュート力を上げていくべきですが、当時の僕はその問題を、友達と飲みに行くことで解決しようとしていました。

リフレッシュすることそのものが、ダメだと言っている訳ではありませんが、結局、シュートで悩んでいたら、シュートを練習することでしか解決することはできないんです。

振り返ると、プロになる前の僕は、シュートの練習なんて「努力をしている」とも思わずに、ただ楽しく取り組んでいました。

これはビジネスの世界でも共通して言えることですが、「努力を努力と思わないくらい夢中になれる」マインドが、その仕事を成功に導くために欠かせない要素だと思うんです。

だから1流のアスリートやビジネスパーソンは、そんなに「努力しなきゃ…」と肩肘を張りながら努力しているわけではなく、「もっと上手くなるためにはどうすればいいんだろう?」と、あくまで前向きに、そして楽しみながら取り組んでいる人が多い。

上手くいっていた時期と、上手くいっていなかった時期を振り返ると、それほど自分のサッカーに対するマインドが異なっていました。

僕自身、高校時代までのサッカーと同じくらい、夢中になってアツくなれるものを今でも探し続けています。

つらい時にこそ、“原点”に立ち返る。自分が選んだ道で生き続けるために

ーありがとうございます。では、今後の展望をお聞かせください。

阿部さん
今の会社で、営業トップになることが当面の目標です。

後々はさらに夢中になれることを見つけて起業しようとは思っているのですが、まだどんな事業にするかは、迷っている段階なんです。

まずは今の仕事を極めて、頂点を目指す。

その先に、どんな事業で起業すべきか、その答えが見えてくるんじゃないかと。

また、いずれは横浜F・マリノスのスポンサーになれるような会社にしたいと思っています。

ビジネスの世界で成功して、スポンサーになることが、僕を育ててくれた横浜F・マリノスへの、そして9年間お世話になったJリーグへの恩返しになると思うので。

ーそれは夢がありますね。それに「その仕事を極める」という意味では、サッカーで失敗した経験が今に活かされているように思えます。最後に、阿部さんのように新たな道に進もうとしている人にメッセージをお願いします。

阿部さん
僕が言うのもあれですが、人生なんとでもなると思います。

27歳にしてビジネス経験がなかった僕でも、今こうやって働くことができているんです。

どんな職業でも、はじめは誰でも初心者。

なのでやるんだったら、自分が楽しいと思えること、夢中になれることを探して、そこに挑戦してほしいなと思いますね。

ーその好きなことを仕事にした後、失敗や挫折を経験することもあると思うのですが、そういう時はどうすればいいでしょう?

阿部さん
そんな時は「なぜその仕事が好きなのか」という気持ち、“原点”を1度見返してほしいですね。

その仕事を始めた理由は人それぞれではありますが、多少なりとも好きな気持ちや魅力的に感じる部分があったからこそ選んだのだと思うんです。

例えば、ワールドカップに出場しているようなトッププレイヤーは、サッカーの話をしている時は非常に無邪気で、ボールを蹴ることが大好きな生粋の“サッカー小僧”なんですよね。

どんな職業でも、続けていれば苦しいことは多々あります。

でもサッカー選手の、サッカーへの愛と同じような気持ちが、“原点”がきっと誰にでもあるはず。

つらくてしんどい時にこそ、その“原点”に立ち返ると良いと思います。

この記事が気に入ったらいいね!しよう。

最新記事をお届けします

おすすめの最新記事

皆さんの、独立・起業へのモチベーションはなんですか?

会社員ではなく、雇われずに生きてみたい。ずっと前から興味のあった分野の仕事に挑戦してみたい。など、人それぞれ異なることでしょう。

今回お話を伺ったのは、長野県の白馬村でラーメン屋「高橋家」を営む、高橋恭平さん。

実は高橋さんは、数々の大会での優勝経験やナショナルチーム(日本代表)にも選ばれたことのある、凄腕の元プロスノーボーダー。

そんな高橋さんは現在、現役を引退し地元・白馬村でラーメン屋を営んでいます。

なぜプロスノーボーダーからラーメン屋へ転身したのでしょうか。今回は高橋さんの過去から、ラーメン屋にかける想いについて伺ってきました。

<プロフィール>
高橋恭平さん

ラーメン屋「高橋家」店主/元プロスノーボーダー

10歳の時に長野県白馬村に移り住み、スノーボードに出合う。

16歳でJSBA(Japan SnowBoarding Association) のJrカテゴリーで優勝、18歳の時にJSBAが主催する全日本スノーボード選手権大会で最年少優勝の後、ナショナルチームにも選ばれる。

30歳で現役を引退し、現在は長野県白馬村でラーメン屋の経営をスタートさせる。地元の人々だけでなく、県外からも多数のお客さまが足を運び、人気を博している。

プロスノーボーダーとしての栄光と挫折。挫折の先に見つけた、感謝の気持ち

ー元プロスノーボーダーでありながら、現在は長野県白馬村でラーメン屋を経営されている高橋さん。プロ生活を引退後、ラーメン屋への転身は珍しいのではないかと思います。まずは、プロスノーボーダーになるまでの経緯から教えてください。

高橋さん
僕は山形県で生まれました。その後は親の転勤に伴って、東京で5年間過ごした後、10歳の時、この白馬村に引っ越してきました。

スノーボードと出合ったのも、この白馬村でした。

ご存知の通り、白馬はスノーボードに打ち込むには最適な環境だったので、どんどんスノーボードの面白さにのめり込み、腕を上げていきました。

中学、高校と進学する頃には様々な大会で優勝し、ナショナルチーム(国を代表するチーム)のジュニア枠にも選ばれました。

そして18歳の時に、プロ資格を取得。ここまでは比較的、順風満帆なスノーボード人生を歩んでいましたね。

ー念願のプロの世界に入ってからはどうだったのでしょうか?

高橋さん
20歳の時、スイスで行われたジュニアワールドカップに参加した際に、両方のかかとにヒビが入ってしまい、その年はケガで戦線離脱してしまいました。

このケガを経験してから、大会に参加しても優勝できなくなってしまったんです。

ー選手として、苦しい時期に差し掛かったのですね。

高橋さん
かかとのケガから1年後、アメリカの大会に参加したのですが、その大会でも結果を残せないでいました。そして帰国した後の大会で今度は脳しんとうを起こしてしまい戦線離脱。

再び、ケガに悩まされる日々が始まりました。そしてこの時期ぐらいから、次第に自分のキャリアについて考えるようになりました。

ーその後はどのような活動をされていたのでしょう?

高橋さん
選手としての活動を全うできない時に、違う形でスノーボードと関わる方法もあるんだと認識し始めました。

例えば、プロスノーボーダーとして雑誌媒体に出たり、スノーボードのキャンプを開いてコーチを勤めたり、プレイヤーではない形でスノーボードと関わっていました。

ープレイヤーから一度離れてみて、いかがでしたか?

高橋さん
この頃は、まず自分が培ってきたスノーボードの経験を活かすところから始まりましたが、次第にスノーボードに代わる何かしらのスキルを身に着けていきたいなと思うようになりました。

でもまだプレイヤーとしてやり残したことがあったので、脳しんとうから3年ほど経ってから、再びプレイヤーとしてアメリカの大会に挑戦することにしました。

ーケガから復帰して、なぜアメリカなのでしょう?

高橋さん
まずアメリカは、スノーボードがとても盛んな国であるということ。そして自分が前回挑戦した時にケガをして断念してしまったことなどが、理由に挙げられます。

ケガの療養中にプレイヤー以外の経験を積んで、スタッフを始めとするいろいろな人に支えられて、スノーボードに打ち込むことができたんだと再確認しました。

だからこそ今回のアメリカは、人に頼らず自分の力だけ行こうと思いました。

飛行機のチケットを取って、ホテルを予約して、そして試合に臨む。とはいえ異国の地にたった1人で赴いた時、どうしても困ったことに遭遇することもあるんですよね。

そんな時はやっぱり助けてくれるんです。アメリカ人も、現地にいる日本人の方も。

やっぱり自分はいろんな人に助けられていることに、アメリカに来て改めて実感することができました。

ースノーボード以外で大きな発見があったんですね。

高橋さん
そうですね。そしていつしかその「感謝の気持ち」が、僕の行動原理になっていくようになり、起業をする時のモチベーションにもなりました。

そしてもう1つ、スノーボード以外で大きな収穫がありました。

アメリカで現地の人に美味しいハンバーガー屋を紹介してもらったのですが、そこのハンバーガーがあまりにも美味しくて、滞在中はずっと通っていたんです。

その美味しさのあまり「日本に帰ったらハンバーガー屋を開きたい」と思うようになりました。

脳しんとうを起こしたくらいから、スノーボードを引退した後のことを考えていたので、まさにちょうどいいタイミングで出合うことができました。

そしてアメリカの大会を終え、帰国してライスバーガー屋を立ち上げたんです。

スノーボードもラーメンも本質は同じ。目的から逆算する力

ー最初はラーメン屋として開業したわけではなかったんですね(笑)。でもなぜ、ハンバーガー屋ではなくライスバーガー屋としてお店を立ち上げたのですか?

高橋さん
白馬村には、すでにたくさんのハンバーガー屋があったので(笑)。それならライスバーガーにしようと思って。

ーなるほど。では、どのようにライスバーガー屋を始めたのでしょうか?

高橋さん
アメリカから帰ってきたばかりで、土地もお金もなかったので、最初はトラックを買って、自分で改造して移動式のライスバーガー屋を始めました。

夏場には、ラフティングやパラグライダーなどのアウトドアのインストラクターをしつつ、冬場はスノーボードとライスバーガー屋を営む生活をしていました。

ーでは、ライスバーガー屋からラーメン屋に切り替えたきっかけはなんだったのでしょうか?

高橋さん
スノーボードを引退したことと、こどもが生まれたことです。

アメリカから帰ってきて、ライスバーガー屋をやりながらスノーボードも続けていたのですが、2年前に正式にプロスノーボーダーを引退しました。そして同時期に、こどもが生まれたんです。

こどもができたのはもちろん嬉しかったのですが、その反面しっかり家族を養っていかなければいけない、という自覚が芽生えました。

妻と2人ならまだしも、こどもを育てていくためには、移動式のライスバーガー屋や、夏場に短期の仕事をしているだけでは、正直不安定だなと思ったんです。

そこで安定した収入を得るために、1年中経営できる店を開きたいと考えました。そんな時ちょうど妻の知り合いから「居酒屋の居抜きがあるから、何か店を出さないか」というお話がありました。

このチャンスを逃すわけにはいかないと思い、すぐに申し出を受け、経営の準備に取り掛かりました。

白馬村は日本人だけでなく外国人もたくさん訪れますが、日本人にも外国人にも、ラーメンは人気があるので、思い切ってライスバーガーからラーメンに切り替えました。その居抜きに、ラーメン屋を開く条件が揃っていましたし。

ーラーメン屋への転身は、どうでしたか?

高橋さん
最初は毎日が、試行錯誤の繰り返しでした。プレオープンを経て正式に開店してからも、スープの味が決まらずに、ずっと悩んでましたから。

ーライスバーガー屋を営んでいたとはいえ、ラーメンは畑違いですからね。未経験の世界に飛び込むのはとても勇気のいることだと思います。

高橋さん
たしかにやってることは違いますね。でも僕はスノーボードもラーメン屋も、本質は同じだと思っています。

ーどういうことでしょうか?

高橋さん
僕がやっていた「スノーボードクロス」という競技は、複数名と混走することが前提です。スピードは元より、技術や人との駆け引きなど総合的な滑走能力が試されます。

そして勝ち上がるためには、自分の欠点と長所を見極め、今どんな行動が必要かを考えます。

ラーメン屋も同じです。売り上げを増やすためには、何が足りていて、何が足りていないのかをしっかり把握する。そこから自分がすべきことを逆算して考えていくんです。

例えば、僕はライスバーガー屋を経営した経験があるので、店のマネジメントは強みです。逆に美味しいラーメンを作る技術は未熟だったので、店を出した後も、ラーメン作りに試行錯誤していました。

長所と短所を冷静に自分で分析できていたからこそ、美味しいラーメンを作ることに最大のリソースを割くことができた。

その結果、今ではお客さまに胸を張って出せるクオリティのラーメンが完成しました。そしてありがたいことに、多くのお客さまにご来店いただけるようになりました。

お客さまにとって居心地がいいお店にしたい。それが、故郷・白馬村への恩返し

ー経営に必要な目的から逆算して行動する力は、スノーボーダーとしての経験で培われていたんですね。ところで、ライスバーガー屋の時から「白馬村」で商売をする、ということにこだわっているように思いますが、なぜでしょう?

高橋さん
それは僕が白馬村が大好きで、この場所と人に感謝しているからですね。

白馬村は自分が育った場所であり、この環境があったからこそ、プロスノーボーダーになることができました。

先程も言いましたが、僕はいろいろな人に支えられて、スノーボードに打ち込めて、現役を引退した後もこうしてラーメン屋を営むことができています。

それは故郷である白馬村と、自分の周りにいる人たちのおかげです。

そんな白馬村に恩返しができるとするなら、それはきっと僕が営むラーメン屋がお客さまにとって居心地が良く、笑いが絶えない場所であり続けることだと思います。

そのために、単に美味しいラーメンを提供するだけではなく、気持ちの良い接客も心がけています。地元の方も観光で来られる方も、皆さんに「また行きたいな」と思っていただけるような店作りを目指しています。

ーでは最後に、独立を目指している人へアドバイスをお願いします。

高橋さん
独立は、誰にも縛られずに自分の意志であらゆることに挑戦できます。逆に言えば、自分から行動を起こさなければ何も始まりません。

それなら自分が「楽しそう」「面白そう」と思うことに積極的に挑戦してみた方がいいと思います。

僕自身、単身アメリカへ渡った時、そしてライスバーガー屋を経てラーメン屋を開いた時など、人生で幾度となくそういったターニングポイントを乗り越えてきました。

自分はそもそも何がしたいのか、そしてその何かを達成させるために何が必要で、何が足りないのか。それを分析し、行動することができれば自ずと結果はついてくるのではないかと思っています。

2018年12月12日

PLOFILE

金谷宏さん(63歳)

(株)KDP/大阪市港区
高校卒業後、大阪で電車との接触事故を起こす。運送会社で働きながら賠償金を完済。別の運送会社を経て、「家族を養うため」物流関係の仕事で1991年に起業。その後、物流人材の派遣サービスに進出、現在に至る。自身は2009年に会長職についた。
(さらに…)

2018年12月11日

Line
Line
Line

月間アクセスランキング

カテゴリー

注目のキーワード

アントレ

独立、開業、起業をご検討のみなさまへ
アントレは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。