カテゴリー

Line

夢中こそ、無敵。“戦力外通告”も経験した元Jリーガー・阿部祐大朗に学ぶ、成功者の条件

あなたが夢中になれることは何ですか?

毎日仕事場と自宅の往復ばかりで「夢中になれるものがない」「夢中になるやり方を忘れてしまった…」という人も、多いのではないでしょうか。

もし、これから新たな道に進むなら「夢中になれることを探してほしい」と、今回お話を伺った元プロサッカー選手の阿部祐大朗さんは語ります。

阿部さんは、高校卒業後に鳴り物入りでサッカーのJ1リーグ横浜F・マリノスに入団するも、その後、戦力外通告を受けるなど、大きな挫折を味わいました。

しかし引退後、セカンドキャリアとしてサッカーとは全く関係のないウエディング
プランナーの道を選択。その後は大手外資系金融会社に転職するなど、ビジネスパーソンとして活躍しています。

今回は、阿部さんの経歴を振り返るとともに、自身の経験から考える成功者の条件とは何かを、語っていただきました。

<プロフィール>
阿部祐大朗さん

1984年、東京都町田市生まれの元プロサッカー選手。

2000年AFC U-17選手権、2001年FIFA U-17世界選手権、2003年U-20W杯日本代表。

桐蔭学園高校3年時に、特別指定選手として横浜F・マリノスでJリーグ公式戦デビュー。

05年にモンテディオ山形に移籍。その後、北信越地区1部リーグのフェルヴォローザ石川・白山FCに入団。徳島ヴォルティスを経て、ガイナーレ鳥取を最後に現役を引退。

2012年に株式会社ノバレーゼに就職し、ウェディングプランナーを経て、現在は大手外資系金融会社の法人営業として活躍中。

元Jリーガー・阿部祐大朗が、第2の人生に「ウエディングプランナー」を選んだ理由

ー元Jリーガーであり、今はビジネスパーソンである阿部さん。現在に至るまでの経緯を教えてください。

阿部さん
サッカーを始めたのは幼稚園の頃です。この頃から漠然と、プロのサッカー選手になりたいと思っていました。

中学に入ってから1年生でチームのレギュラーを獲得し、全国大会で準優勝を2度経験。高校入学後にはU-17日本代表に選ばれ、2001年の世界選手権に出場しました。

そして高校3年時には、横浜F・マリノスの特別指定選手としてJリーグ公式戦デビューを果たし、念願のプロのステージに立つことができたんです。

自分で言うのも変かもしれませんが、小学生からサッカーを始めてプロになるまでは、1度も大きな壁に当たることなく、順風満帆なサッカー人生を歩んでいましたね。

ーサッカー界のエリート街道を突き進んできたんですね。念願のプロの世界に入ってからはどうだったのでしょうか?

阿部さん
プロの世界では、自分の力が通用しませんでした。

横浜F・マリノス入団直後は、活躍を期待されていたのですが、その期待に応えることができず、プロ3年目の2005年にはレンタル移籍でJ2リーグのモンテディオ山形に加入することになったんです。

移籍期間が終了した2006年のオフにはチームから次シーズンの契約を更新しない方針を伝えられ、横浜F・マリノスにも復帰することは叶いませんでした。

事実上の戦力外通告をされてしまったわけです。

ーそうだったんですね。その後はどうされたのでしょう?

阿部さん
現役のサッカー選手を続けたい、という気持ちはあったので、全国各地のあらゆるチームのトライアウトを受けたのですが、どこからも声がかかることはありませんでした。

なのでJリーグは諦めて、社会人チームである北信越地区1部リーグのフェルヴォローザ石川・白山FCに入団したんです。

ただ、入団後3カ月程でクラブが経営破綻になってしまい、突如として契約が打ち切りになってしまいました。

それから各チームに練習参加のお願いをして、2007年のシーズン途中からJ2リーグの徳島ヴォルティスになんとか入団することができました。加えてJリーグにも復帰することができたんです。

2009年からは当時JFL(日本フットボールリーグ)のガイナーレ鳥取に移籍したのですが、年齢も年齢だったので、この頃から少しずつ体の限界を感じはじめていました。

そして、2011年オフに現役引退を決意し、27歳で約9年間のプロ生活に幕を閉じました。

ー挫折を経験しても、選手としては最後までやり切ったのですね。引退後はやはりサッカー関連の仕事に就こうと?

阿部さん
いえ、サッカー関係の仕事には就きませんでした。

プロとして9年間ピッチを駆け回って、「サッカーをやり切った」という気持ちが大きかった。だからこそ、これからはサッカー以外の世界にチャレンジしてみたいと思ったんです。

しかし、社会人経験のない僕にとって、その選択はまさに前途多難でした。

当時は今ほどサッカー選手のセカンドキャリアを支援してくれる体制が整っていなかったので、自分で就職活動をするしか方法がなかったんです。

それに僕には家庭がありますし、給与の振り込み時期に穴を空けるわけにはいかなかったので、引退後翌月には、新たな就職先から給料が入るように早めに内定を取らないといけませんでした。

知り合いを通じて人材紹介会社の社長に会ってみたり、転職サイトに登録してひたすら求人をチェックしたりと、いろんな方法を駆使して手当たり次第就職先を探したんです。

その中で、昔から個人的に好きだった「SENSE(センス)」というファッション雑誌の求人を見つけました。

早い段階で内定をいただきたかったので、社長に直接「ここで働かせてください」とお願いしに行ったんです。

アポも取らずに会いに行ったので、当然断られてしまいましたが(笑)。なので普通に中途採用からの入社を狙うことにしたんです。

ただ、2次面接までは進んでいたのですが、同時進行で面接を受けていた株式会社ノバレーゼというブライダル企業から先に内定をいただいたので、出版社社員ではなくウエディングプランナーとして、第2の人生を歩み始めることを決断しました。

本当にすごい人は、努力を努力と思っていない。元Jリーガーが学んだ、成功者の条件

ーウエディングプランナー…本当にサッカーとは無関係な職業ですね(笑)。実際に働いてみていかがでしたか?

阿部さん
正直、3週間ある研修期間の初日で逃げ出そうと思いましたね(笑)。あまりにキツくて…。

ー何がそんなにキツかったのでしょう?

阿部さん
まず、拘束時間の長さです。

サッカー選手の場合は、試合以外の日はだいたいお昼には練習が終わり、その後はフリーだったので、現役時代との拘束時間の違いについていけなかったんです。

ーサッカーしか経験していない分、働く環境や労働時間に慣れるまでは大変ですよね。

阿部さん
そうですね。

でも家庭があるので、しがみついてでもこの仕事で頑張ろうと気合いを入れて、何とか研修期間を終えることができました。

ー研修終了後からはウエディングプランナーとしてのお仕事を?

阿部さん
はい。新郎新婦と4カ月前くらいから何度も打ち合わせを重ねながら、結婚式をプランニングしていました。

でもやはり、ブライダルという仕事の性質上、結婚式の重なる繁忙期は大変忙しく、自分の諸条件的に見合わなかったので、3年という節目の時期に退職することを決めました。

今は、自分の希望に見合う条件かつ営業力といったビジネススキルを磨くことができると判断し、転職活動の際にノバレーゼの先輩が繋げてくれた大手外資系金融会社で働いています。

今思えば、何もできない僕をここまで育てくれましたし、そもそもサッカーしか経験のない27歳の新人を快く受け入れてくれた。

その経験が今の仕事にもつながっているので、とても感謝しています。

ー仕事としては大変でも、人に恵まれていて、本当に良い環境でビジネスの世界を学ぶことができたんですね。さて、そんな今の阿部さんが過去を振り返ってみて、順風満帆なアマチュア時代と比べてプロでは何が足りなかったのか、教えていただくことは可能ですか?

阿部さん
プロで失敗した1番の原因は、プロになってから「サッカーに夢中になれなかった」ことだと、思います。

今思えば、高校時代までは本当にサッカーが大好きだったんですよ。

好きだからこそ、誰よりも練習に時間を費やしていました。同級生たちが遊んでいる間も、勉強している間も、僕はずっとサッカーだけに夢中になっていた。

サッカーをしている時間が、1番楽しかったんです。

ーその気持ちが、プロになってぐらついてしまった、と?

阿部さん
はい。

自分のサッカーが「お金になるかどうか」。高校時代までとプロとの違いはとても明白です。

プロのサッカー選手としてお金が入ると、高価な洋服を買ったり友達と遊びに行ったりと、いつの間にか練習よりも遊ぶ方が楽しくなってしまったんです。

高校時代までは誰よりも遅くまで練習していたのに、横浜F・マリノス時代では仲間よりも早く練習を切り上げていましたから。

収入を得られるかどうかに関係なく、あくまで「サッカーに夢中になれるかどうか」。それこそが、トップアスリートになれるか否かの境目なんだなと思いますね。

ーそれを踏まえて、現役時代にもっとこうしておけば良かったと思うことはありますか?

阿部さん
もっとサッカーを極めればよかったなって思いますね。

やっぱり人って、自分が好きでもない仕事にモチベーションを保ち続けるのは難しいじゃないですか。

だったら、せっかく大好きなサッカーを仕事にできたのに「なんでもっと頑張らなかったんだよ」と、当時の自分に言いたいですね。

ープロサッカー選手こそ、高校までのどの時代よりもサッカーに打ち込むべきだった、ということですよね。

阿部さん
その通りです。

例えば、横浜F・マリノス時代の僕が、シュートの決定力に悩んでいたとします。

普通ならもっとたくさんシュート練習をして、地道にシュート力を上げていくべきですが、当時の僕はその問題を、友達と飲みに行くことで解決しようとしていました。

リフレッシュすることそのものが、ダメだと言っている訳ではありませんが、結局、シュートで悩んでいたら、シュートを練習することでしか解決することはできないんです。

振り返ると、プロになる前の僕は、シュートの練習なんて「努力をしている」とも思わずに、ただ楽しく取り組んでいました。

これはビジネスの世界でも共通して言えることですが、「努力を努力と思わないくらい夢中になれる」マインドが、その仕事を成功に導くために欠かせない要素だと思うんです。

だから1流のアスリートやビジネスパーソンは、そんなに「努力しなきゃ…」と肩肘を張りながら努力しているわけではなく、「もっと上手くなるためにはどうすればいいんだろう?」と、あくまで前向きに、そして楽しみながら取り組んでいる人が多い。

上手くいっていた時期と、上手くいっていなかった時期を振り返ると、それほど自分のサッカーに対するマインドが異なっていました。

僕自身、高校時代までのサッカーと同じくらい、夢中になってアツくなれるものを今でも探し続けています。

つらい時にこそ、“原点”に立ち返る。自分が選んだ道で生き続けるために

ーありがとうございます。では、今後の展望をお聞かせください。

阿部さん
今の会社で、営業トップになることが当面の目標です。

後々はさらに夢中になれることを見つけて起業しようとは思っているのですが、まだどんな事業にするかは、迷っている段階なんです。

まずは今の仕事を極めて、頂点を目指す。

その先に、どんな事業で起業すべきか、その答えが見えてくるんじゃないかと。

また、いずれは横浜F・マリノスのスポンサーになれるような会社にしたいと思っています。

ビジネスの世界で成功して、スポンサーになることが、僕を育ててくれた横浜F・マリノスへの、そして9年間お世話になったJリーグへの恩返しになると思うので。

ーそれは夢がありますね。それに「その仕事を極める」という意味では、サッカーで失敗した経験が今に活かされているように思えます。最後に、阿部さんのように新たな道に進もうとしている人にメッセージをお願いします。

阿部さん
僕が言うのもあれですが、人生なんとでもなると思います。

27歳にしてビジネス経験がなかった僕でも、今こうやって働くことができているんです。

どんな職業でも、はじめは誰でも初心者。

なのでやるんだったら、自分が楽しいと思えること、夢中になれることを探して、そこに挑戦してほしいなと思いますね。

ーその好きなことを仕事にした後、失敗や挫折を経験することもあると思うのですが、そういう時はどうすればいいでしょう?

阿部さん
そんな時は「なぜその仕事が好きなのか」という気持ち、“原点”を1度見返してほしいですね。

その仕事を始めた理由は人それぞれではありますが、多少なりとも好きな気持ちや魅力的に感じる部分があったからこそ選んだのだと思うんです。

例えば、ワールドカップに出場しているようなトッププレイヤーは、サッカーの話をしている時は非常に無邪気で、ボールを蹴ることが大好きな生粋の“サッカー小僧”なんですよね。

どんな職業でも、続けていれば苦しいことは多々あります。

でもサッカー選手の、サッカーへの愛と同じような気持ちが、“原点”がきっと誰にでもあるはず。

つらくてしんどい時にこそ、その“原点”に立ち返ると良いと思います。

この記事が気に入ったらいいね!しよう。

最新記事をお届けします

おすすめの最新記事

9月14日(金)・15日(土)の2日間にわたり、東京ドームシティ内のプリズムホールにて「アントレフェア2018」が開催されました。

「アントレフェア」とは多くのフランチャイズ本部や代理店本部がブースを出展し、加盟についての詳細を直接会話することができる年に1度のイベント。さまざまな業界のブースがあるので、1度に多くの情報を集めることができます。

さらに、資金調達や会社設立、起業の税務相談など、各分野に特化した専門家ブースもあるので、その場で相談することも可能。自分で探してあちこち足を運ぶことなく、業界市場や最新トレンド、経営に必要な知識についても効率よく収集できるイベントなのです。

今回は、そんな2日間の「アントレフェア」を体験取材! 本気で独立・起業を考える人で大盛況だったイベントの様子をお届けします。

「知らなかった」「残念ながら参加することができなかった」という方は、次回の予習も兼ねてご一読ください。

アントレ編集長が会場のまわり方を教えてくれる!? 企業ブースを訪問する「比較ツアー」に密着

受付では、講演のタイムスケジュールや会場マップが入ったバックを受け取ります。

講演は何時から? どんな企業がブースを出しているの? と迷っていると、会場の回り方やコツを説明してくれる入口スタッフが来場者を誘導してくれました。

どのようにフェアを回るかは個人の自由ですが、このような説明があるだけで、会場内で行われている各種イベントをある程度把握することができます。

会場に入って最初に目に留まったのは、「比較ツアータイムスケジュール」の看板。

「比較ツアー」とは、「副業」や「自宅で開業」など、参加者の希望のテーマに沿った企業をツアー形式で周り、比較しながら検討できるというもの。
複数人のグループを作って出展ブース(3〜5社)を回る、予約制のイベントです。

1時間ほどで効率的に情報収集することができるので「どの企業に話を聞けばいいのか分からない」「広い会場内を探し回るのは大変」という方にはおすすめのツアーです。

今回は、ツアーテーマの1つにある「編集長と行く!アントレフェア」に参加してみることにしました!

こちらがアントレ編集長・菊池保人さん。

菊地編集長が各企業ブースに直接案内してくれるので、初めての参加で右も左も分からない方にとっては心強いですよね。また、3人程度のグループでまわるので、「1人で話を聞くのは不安」という方にとっても安心です。

それでは菊地編集長、よろしくお願いします!

ブースに着くと、各フランチャイズ本部の担当者から開業資金や業界、市場について、分かりやすく丁寧に教えていただけます。

説明を聞いている途中で少しでも疑問に思ったことがあれば、「これ、どういうことですか?」と気軽に質問・相談することも可能。何か不明な点があればその場で確かめ、疑問を解消することができました。

もちろん、「自分のペースでゆっくりと話を聞きたい」「お目当ての企業の話のみを聞きたい」という方は個別で企業ブースを訪問できるので、積極的に会場内を回ることをオススメします。

素敵な笑顔で丁寧に案内してくださった菊地編集長、ありがとうございました!

魅力たっぷりの企業ブースを紹介!

ここではツアーで回った企業ブースをご紹介します!

まずは、今年で80周年を迎える工具の高級ブランド「マックツールズ」の日本国内事業を展開するマックメカニクスツールズ株式会社。

企業ブースに着いた時は、大きな車が乗り入れてあってビックリしました(笑)。

株式会社サンライズのフランチャイズ加盟店である、完全テイクアウト型メロンパン専門店「Melon de melon(メロン・デ・メロン)」のブースでは、メロンパンの陳列もありました。

車からメロンパンまで、様々な企業がブース出展しているのも「アントレフェア」の魅力のひとつです。

また企業ブースの中には、こうして商品を購入して試食・試飲できたり、その企業ならではのさまざまサービスを体験することができるので、全てのブースを回ってみたくなりますね!

開業資金の融資ノウハウを、専門家に無料で相談できる!【独立開業無料相談コーナー】

会場の奥には、「独立開業無料相談コーナー」があります。

ここでは日本政策金融公庫など、融資や会社設立の専門家から直接アドバイスを受けることができます。
名前の通り、いくら話を聞いても無料なので、資金調達、会社設立、税務相談について少しでも疑問に思っていること、悩みがあれば気軽にどんどん聞いてみましょう!

【企業・ゲスト講演】日替わりで杉村太蔵氏や、藤原和博氏ら豪華ゲストが登壇! 開業時に取り組むべき重要課題を学ぶ

講演スペースでは、2日間で合計10社の企業公演と、8名の方々による豪華なゲスト講演のコーナーも設けられています。

その中でも特に大盛況だったのが、9月14日(金)に行われた、元衆議院議員で、現在はタレントとしてもご活躍されている杉村太蔵氏によるスペシャル講演です。

「バカは活きる」をテーマに、プライドを捨てた男の人生から学ぶ自分らしさが活きるキャリア論を熱弁。杉村氏の実体験を元にした貴重なお話を語ってくださいました。

企業講演では、会場にブースを出展している各企業担当者が、各々掲げる経営理念やビジネス戦略、開業資金などを、画像や映像を使ってわかりやすく説明してくれました。

また、9月15日(土)には、藤原和博氏のスペシャル講演が大盛況!『戦略的「モードチェンジ」のすすめ』をテーマに、ホワイトボードを使って「100万人に1人の人材」になるためのキャリアアップ論を解説。ご自身の経験もふまえ、迷える世代に向けてアドバイスを送ってくれました。

こうした講演は、普段ならなかなか聞く機会のない著名人の実体験に基づく話を聞ける貴重なチャンスでもあります。

加えて、独立開業の専門家からお金の借り方、副業のはじめ方、フランチャイズの開業資金といった起業ノウハウを一気に聞くことができるので、独立・開業を考える方にはぜひ参加していただきたいイベントですね!

シールを集めて豪華プレゼントをゲット!

この「アントレフェア」は、講演を聞いたり、企業ブースを回るだけではありません。参加者なら誰でもチャレンジできる「シールラリー」というものが常時開催されているのです。

こちらは、来場時にもらえる上記画像のカードに、企業を1社訪問する、もしくは企業講演に参加するごとにシールが1つもらえます。

最終的にこのカードに3つ以上のシールを集めることができれば、会場出口にある特典ブースで豪華なプレゼントをもらうことができます。

シール3〜4枚で「独立関連書籍」、シール5枚で「クオカード500円+独立関連書籍」がゲットできちゃいます!

こちらがシールを3枚以上集めると貰える独立関連書籍一覧です。

講演した方の書籍も用意しているので、ぜひいろいろな企業を訪問したり講演を視聴してシール集めにもチャレンジしてみてください。このような本を読むだけでも、これからの独立準備に向けて大いに前進することができそうですね。

独立・開業を考える人は必見! 起業家マインドとノウハウを得て、新たな1歩を踏み出そう!

各企業ブースや相談コーナーでは「開業に必要なノウハウ」、起業家や著名な方々の講演では「起業家マインド」を学んだ2日間。これから独立・開業といった新たなビジネスの世界に挑戦するにあたって、欠かせない要素が全て集まったイベントでした。

「独立・開業について考え始めたばかり」「起業するにはどんな知識が必要で、どんなスキルを磨くべきなのか分からない」という方でも基礎からしっかりと教えてくれるので、今回参加できなかった人は、次回の「アントレフェア」へぜひお越しください!

アントレ公式キャラクターの「アントラ」くんも待ってますよ!

また、メルマガ会員になれば常に有益な情報がもらえるので、登録しておくと便利です。LINE公式アカウントもあるので、そちらもチェックしてみてくださいね!

※また「アントレフェア」の小規模バージョンの「アントレアカデミー」も随時開催しています。

10/23(土)@大阪
10/27(土)@東京
11/10(土)@愛知

お電話での受付はコチラから
0120-854-080

2018年10月19日

Line
Line
Line

月間アクセスランキング

カテゴリー

注目のキーワード

アントレ

独立、開業、起業をご検討のみなさまへ
アントレは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。

会員登録はコチラ

アントレ公式ページ