カテゴリー

Line

夢中こそ、無敵。“戦力外通告”も経験した元Jリーガー・阿部祐大朗に学ぶ、成功者の条件

あなたが夢中になれることは何ですか?

毎日仕事場と自宅の往復ばかりで「夢中になれるものがない」「夢中になるやり方を忘れてしまった…」という人も、多いのではないでしょうか。

もし、これから新たな道に進むなら「夢中になれることを探してほしい」と、今回お話を伺った元プロサッカー選手の阿部祐大朗さんは語ります。

阿部さんは、高校卒業後に鳴り物入りでサッカーのJ1リーグ横浜F・マリノスに入団するも、その後、戦力外通告を受けるなど、大きな挫折を味わいました。

しかし引退後、セカンドキャリアとしてサッカーとは全く関係のないウエディング
プランナーの道を選択。その後は大手外資系金融会社に転職するなど、ビジネスパーソンとして活躍しています。

今回は、阿部さんの経歴を振り返るとともに、自身の経験から考える成功者の条件とは何かを、語っていただきました。

<プロフィール>
阿部祐大朗さん

1984年、東京都町田市生まれの元プロサッカー選手。

2000年AFC U-17選手権、2001年FIFA U-17世界選手権、2003年U-20W杯日本代表。

桐蔭学園高校3年時に、特別指定選手として横浜F・マリノスでJリーグ公式戦デビュー。

05年にモンテディオ山形に移籍。その後、北信越地区1部リーグのフェルヴォローザ石川・白山FCに入団。徳島ヴォルティスを経て、ガイナーレ鳥取を最後に現役を引退。

2012年に株式会社ノバレーゼに就職し、ウェディングプランナーを経て、現在は大手外資系金融会社の法人営業として活躍中。

元Jリーガー・阿部祐大朗が、第2の人生に「ウエディングプランナー」を選んだ理由

ー元Jリーガーであり、今はビジネスパーソンである阿部さん。現在に至るまでの経緯を教えてください。

阿部さん
サッカーを始めたのは幼稚園の頃です。この頃から漠然と、プロのサッカー選手になりたいと思っていました。

中学に入ってから1年生でチームのレギュラーを獲得し、全国大会で準優勝を2度経験。高校入学後にはU-17日本代表に選ばれ、2001年の世界選手権に出場しました。

そして高校3年時には、横浜F・マリノスの特別指定選手としてJリーグ公式戦デビューを果たし、念願のプロのステージに立つことができたんです。

自分で言うのも変かもしれませんが、小学生からサッカーを始めてプロになるまでは、1度も大きな壁に当たることなく、順風満帆なサッカー人生を歩んでいましたね。

ーサッカー界のエリート街道を突き進んできたんですね。念願のプロの世界に入ってからはどうだったのでしょうか?

阿部さん
プロの世界では、自分の力が通用しませんでした。

横浜F・マリノス入団直後は、活躍を期待されていたのですが、その期待に応えることができず、プロ3年目の2005年にはレンタル移籍でJ2リーグのモンテディオ山形に加入することになったんです。

移籍期間が終了した2006年のオフにはチームから次シーズンの契約を更新しない方針を伝えられ、横浜F・マリノスにも復帰することは叶いませんでした。

事実上の戦力外通告をされてしまったわけです。

ーそうだったんですね。その後はどうされたのでしょう?

阿部さん
現役のサッカー選手を続けたい、という気持ちはあったので、全国各地のあらゆるチームのトライアウトを受けたのですが、どこからも声がかかることはありませんでした。

なのでJリーグは諦めて、社会人チームである北信越地区1部リーグのフェルヴォローザ石川・白山FCに入団したんです。

ただ、入団後3カ月程でクラブが経営破綻になってしまい、突如として契約が打ち切りになってしまいました。

それから各チームに練習参加のお願いをして、2007年のシーズン途中からJ2リーグの徳島ヴォルティスになんとか入団することができました。加えてJリーグにも復帰することができたんです。

2009年からは当時JFL(日本フットボールリーグ)のガイナーレ鳥取に移籍したのですが、年齢も年齢だったので、この頃から少しずつ体の限界を感じはじめていました。

そして、2011年オフに現役引退を決意し、27歳で約9年間のプロ生活に幕を閉じました。

ー挫折を経験しても、選手としては最後までやり切ったのですね。引退後はやはりサッカー関連の仕事に就こうと?

阿部さん
いえ、サッカー関係の仕事には就きませんでした。

プロとして9年間ピッチを駆け回って、「サッカーをやり切った」という気持ちが大きかった。だからこそ、これからはサッカー以外の世界にチャレンジしてみたいと思ったんです。

しかし、社会人経験のない僕にとって、その選択はまさに前途多難でした。

当時は今ほどサッカー選手のセカンドキャリアを支援してくれる体制が整っていなかったので、自分で就職活動をするしか方法がなかったんです。

それに僕には家庭がありますし、給与の振り込み時期に穴を空けるわけにはいかなかったので、引退後翌月には、新たな就職先から給料が入るように早めに内定を取らないといけませんでした。

知り合いを通じて人材紹介会社の社長に会ってみたり、転職サイトに登録してひたすら求人をチェックしたりと、いろんな方法を駆使して手当たり次第就職先を探したんです。

その中で、昔から個人的に好きだった「SENSE(センス)」というファッション雑誌の求人を見つけました。

早い段階で内定をいただきたかったので、社長に直接「ここで働かせてください」とお願いしに行ったんです。

アポも取らずに会いに行ったので、当然断られてしまいましたが(笑)。なので普通に中途採用からの入社を狙うことにしたんです。

ただ、2次面接までは進んでいたのですが、同時進行で面接を受けていた株式会社ノバレーゼというブライダル企業から先に内定をいただいたので、出版社社員ではなくウエディングプランナーとして、第2の人生を歩み始めることを決断しました。

本当にすごい人は、努力を努力と思っていない。元Jリーガーが学んだ、成功者の条件

ーウエディングプランナー…本当にサッカーとは無関係な職業ですね(笑)。実際に働いてみていかがでしたか?

阿部さん
正直、3週間ある研修期間の初日で逃げ出そうと思いましたね(笑)。あまりにキツくて…。

ー何がそんなにキツかったのでしょう?

阿部さん
まず、拘束時間の長さです。

サッカー選手の場合は、試合以外の日はだいたいお昼には練習が終わり、その後はフリーだったので、現役時代との拘束時間の違いについていけなかったんです。

ーサッカーしか経験していない分、働く環境や労働時間に慣れるまでは大変ですよね。

阿部さん
そうですね。

でも家庭があるので、しがみついてでもこの仕事で頑張ろうと気合いを入れて、何とか研修期間を終えることができました。

ー研修終了後からはウエディングプランナーとしてのお仕事を?

阿部さん
はい。新郎新婦と4カ月前くらいから何度も打ち合わせを重ねながら、結婚式をプランニングしていました。

でもやはり、ブライダルという仕事の性質上、結婚式の重なる繁忙期は大変忙しく、自分の諸条件的に見合わなかったので、3年という節目の時期に退職することを決めました。

今は、自分の希望に見合う条件かつ営業力といったビジネススキルを磨くことができると判断し、転職活動の際にノバレーゼの先輩が繋げてくれた大手外資系金融会社で働いています。

今思えば、何もできない僕をここまで育てくれましたし、そもそもサッカーしか経験のない27歳の新人を快く受け入れてくれた。

その経験が今の仕事にもつながっているので、とても感謝しています。

ー仕事としては大変でも、人に恵まれていて、本当に良い環境でビジネスの世界を学ぶことができたんですね。さて、そんな今の阿部さんが過去を振り返ってみて、順風満帆なアマチュア時代と比べてプロでは何が足りなかったのか、教えていただくことは可能ですか?

阿部さん
プロで失敗した1番の原因は、プロになってから「サッカーに夢中になれなかった」ことだと、思います。

今思えば、高校時代までは本当にサッカーが大好きだったんですよ。

好きだからこそ、誰よりも練習に時間を費やしていました。同級生たちが遊んでいる間も、勉強している間も、僕はずっとサッカーだけに夢中になっていた。

サッカーをしている時間が、1番楽しかったんです。

ーその気持ちが、プロになってぐらついてしまった、と?

阿部さん
はい。

自分のサッカーが「お金になるかどうか」。高校時代までとプロとの違いはとても明白です。

プロのサッカー選手としてお金が入ると、高価な洋服を買ったり友達と遊びに行ったりと、いつの間にか練習よりも遊ぶ方が楽しくなってしまったんです。

高校時代までは誰よりも遅くまで練習していたのに、横浜F・マリノス時代では仲間よりも早く練習を切り上げていましたから。

収入を得られるかどうかに関係なく、あくまで「サッカーに夢中になれるかどうか」。それこそが、トップアスリートになれるか否かの境目なんだなと思いますね。

ーそれを踏まえて、現役時代にもっとこうしておけば良かったと思うことはありますか?

阿部さん
もっとサッカーを極めればよかったなって思いますね。

やっぱり人って、自分が好きでもない仕事にモチベーションを保ち続けるのは難しいじゃないですか。

だったら、せっかく大好きなサッカーを仕事にできたのに「なんでもっと頑張らなかったんだよ」と、当時の自分に言いたいですね。

ープロサッカー選手こそ、高校までのどの時代よりもサッカーに打ち込むべきだった、ということですよね。

阿部さん
その通りです。

例えば、横浜F・マリノス時代の僕が、シュートの決定力に悩んでいたとします。

普通ならもっとたくさんシュート練習をして、地道にシュート力を上げていくべきですが、当時の僕はその問題を、友達と飲みに行くことで解決しようとしていました。

リフレッシュすることそのものが、ダメだと言っている訳ではありませんが、結局、シュートで悩んでいたら、シュートを練習することでしか解決することはできないんです。

振り返ると、プロになる前の僕は、シュートの練習なんて「努力をしている」とも思わずに、ただ楽しく取り組んでいました。

これはビジネスの世界でも共通して言えることですが、「努力を努力と思わないくらい夢中になれる」マインドが、その仕事を成功に導くために欠かせない要素だと思うんです。

だから1流のアスリートやビジネスパーソンは、そんなに「努力しなきゃ…」と肩肘を張りながら努力しているわけではなく、「もっと上手くなるためにはどうすればいいんだろう?」と、あくまで前向きに、そして楽しみながら取り組んでいる人が多い。

上手くいっていた時期と、上手くいっていなかった時期を振り返ると、それほど自分のサッカーに対するマインドが異なっていました。

僕自身、高校時代までのサッカーと同じくらい、夢中になってアツくなれるものを今でも探し続けています。

つらい時にこそ、“原点”に立ち返る。自分が選んだ道で生き続けるために

ーありがとうございます。では、今後の展望をお聞かせください。

阿部さん
今の会社で、営業トップになることが当面の目標です。

後々はさらに夢中になれることを見つけて起業しようとは思っているのですが、まだどんな事業にするかは、迷っている段階なんです。

まずは今の仕事を極めて、頂点を目指す。

その先に、どんな事業で起業すべきか、その答えが見えてくるんじゃないかと。

また、いずれは横浜F・マリノスのスポンサーになれるような会社にしたいと思っています。

ビジネスの世界で成功して、スポンサーになることが、僕を育ててくれた横浜F・マリノスへの、そして9年間お世話になったJリーグへの恩返しになると思うので。

ーそれは夢がありますね。それに「その仕事を極める」という意味では、サッカーで失敗した経験が今に活かされているように思えます。最後に、阿部さんのように新たな道に進もうとしている人にメッセージをお願いします。

阿部さん
僕が言うのもあれですが、人生なんとでもなると思います。

27歳にしてビジネス経験がなかった僕でも、今こうやって働くことができているんです。

どんな職業でも、はじめは誰でも初心者。

なのでやるんだったら、自分が楽しいと思えること、夢中になれることを探して、そこに挑戦してほしいなと思いますね。

ーその好きなことを仕事にした後、失敗や挫折を経験することもあると思うのですが、そういう時はどうすればいいでしょう?

阿部さん
そんな時は「なぜその仕事が好きなのか」という気持ち、“原点”を1度見返してほしいですね。

その仕事を始めた理由は人それぞれではありますが、多少なりとも好きな気持ちや魅力的に感じる部分があったからこそ選んだのだと思うんです。

例えば、ワールドカップに出場しているようなトッププレイヤーは、サッカーの話をしている時は非常に無邪気で、ボールを蹴ることが大好きな生粋の“サッカー小僧”なんですよね。

どんな職業でも、続けていれば苦しいことは多々あります。

でもサッカー選手の、サッカーへの愛と同じような気持ちが、“原点”がきっと誰にでもあるはず。

つらくてしんどい時にこそ、その“原点”に立ち返ると良いと思います。

(取材・文=佐藤主祥 https://twitter.com/kazu_vks

PICKUP!

この記事に興味のある人が見ている独立開業プラン

この記事が気に入ったらいいね!しよう。

最新記事をお届けします

あわせて読みたい関連記事

おすすめの最新記事

100万人に1人の人材になる方法を、皆さんは知っていますか?

2013年に発売され、ロングセラーとなっている『藤原和博の必ず食える1%の人になる方法』という本で紹介されている、この「100万人に1人の人材になる方法」。

100万人に1人とは、スポーツで言うとオリンピックのメダリスト級。この著書で勧められているのはまず「100人に1人の人材」になること。
(さらに…)

2019年6月25日

ベンチャー企業にとって事業資金調達は大きな課題です。

10年ほど前は、事業資金調達といえば金融機関の融資でしたが、最近では、ベンチャー企業が資金を得るためにベンチャーキャピタルを利用したとの情報をよく目にします。

ベンチャーキャピタルとはどのような仕組みでしょうか? また、同じようにファンドやインキュベーターという言葉もよく聞きますが、ベンチャーキャピタルとどのような関係があるのでしょうか?

本記事では、ベンチャー企業に関連するベンチャーキャピタルの役割と仕組み、ファンドとの違い、インキュベーターとの違いとは何かを解説します。

ベンチャーキャピタルとは

ベンチャーキャピタルとは、将来的に大きく成長しそうなベンチャー企業などの未上場企業に対して資金提供(株式投資)を行う、投資組合や個人投資家を指します。

彼らは、ベンチャー企業の上場後に株式や会社を売却することで、出資額の回収と同時に、利益を得ることを目的としています。

ベンチャーキャピタルの仕組み

ベンチャーキャピタルはベンチャー企業に投資する資金が必要です。

資金調達と運営の仕方により、2種類のタイプに分かれます。

1.自己資金で運営
個人投資家が自身の財産や銀行から借りた資金を元に、「成長しそうだな」という判断や、「事業に社会的な意義があるから応援したいな」という意思によりベンチャー企業投資を行うことで運営されています。

投資によるリターン(利益)は追及していますので、自らベンチャー企業に経営支援を行うこともあります。

エンジェル投資家と似ていますが、エンジェル投資家は個人の判断のみで出資します。

ベンチャーキャピタルは、自己資金ですが法人なので審査があり、出資した会社の経営にも携わります。

出資する資金額にも違いがあります。

エンジェル投資家が千~数千万円であるのに対し、ベンチャーキャピタルは1億~数億円あるのが一般的です。

2.ファンドを組織して運営
多くの投資家(金融機関・機関投資家など)に出資を募って事業運営する、投資事業組合(ファンド)を設立してベンチャー企業への投資を行う仕組みです。

ベンチャー企業に対する投資は、成功企業(上場企業)が1社でも出れば大きなリターンを得られますが、その成功率は高くありません。

投資家に出資を募っている以上、確実に投資回収を行い、還元しなければならないため、投資するべき企業をしっかりと見極めることが必要です。

投資後は、企業価値向上のためにさまざまな経営支援を行う場合もあります。

ベンチャーキャピタルとインキュベーターの違い

インキュベーターとは、本来は「生まれたばかりの乳児を育てる保育器」を意味しますが、そこから転じて「起業家の卵を育てる」人たちのことを指します。

一般的にインキュベーターは、経営アドバイスや資金調達のためのアクセスの提供、企業を運営するために必要なビジネス・技術サービスへの橋渡しなどをおこなう団体、組織に所属しています。

独自の創造性に富んだ技術・経営ノウハウと高い起業家意欲を持つベンチャー企業に着目し、起業家に対し、オフィスの貸出や経営アドバイス、事務・経理・リクルーティングなど、多岐にわたって支援します。

インキュベーターは、単なるレンタルスペースの賃貸ではありません。

ハードよりもソフトの部分の仕組みが特徴的で、一般的には、入居企業をアドバイスするインキュベーション・マネジャーが配置され、専門的アドバイスだけでなく、ビジネスプラン達成に必要な各種専門家のコーディネートを行うなど、支援体制を揃えています。

ベンチャーキャピタルは資金を投資してベンチャー企業を支援しますが、起業して間もない卵のような企業にはベンチャーキャピタルによる投資は難しいため、インキュベーターにより育て、ある程度成長したあとにベンチャーキャピタルが出資するようになります。

このように、ベンチャー企業の成長過程に沿って出資者に違いがあります。

ベンチャーキャピタルとファンドの違い

ファンドは、投資家(個人・機関)からお金を集めて、集めたお金を価値がある物(不動産・新事業・株式・証券など)に投資して、得た収益を出資者に分配する仕組みです。

ベンチャーキャピタルは、株式上場前のベンチャー企業やスタートアップを対象に出資する組織ですので、ファンドの一部にベンチャーキャピタルが含まれることにはなりますが、投資対象をより狭めているのがベンチャーキャピタルともいえます。

しかし、出資する資金は自己資金によって用意するケースもありますので、広く投資家から集める形式のファンドとはその点で異なります。

まとめ

ベンチャー企業にとって、ベンチャーキャピタルは資金調達の手段としてはありがたい存在のように思えます。

しかし、投資という形態である以上、審査が厳しく、審査が通ったあとも、リターンに対する圧力はベンチャー経営者にとって試練になるかもしれませんので、もろ刃のつるぎともいえる存在です。

PROFILE

善木 誠

岡山県岡山市在住でビジネスコンサルタント(株式会社スコーレメディア代表)として小規模事業者向けの経営コンサルタントをしています。
[資格]働き方改革マスター、個人情報保護審査員、経営士

2019年6月24日

Line
Line
Line

月間アクセスランキング

カテゴリー

注目のキーワード

アントレ

独立、開業、起業をご検討のみなさまへ
アントレは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。

会員登録はコチラ

アントレ公式ページ