カテゴリー

Line

普通のOLが年商1億超えに! 自分の力を最大限に発揮するための、たった1つの方法

30歳。
お金、夢、彼氏、全部なし。

「ないない」だらけの人生からたった4年で、今や年商1億円を超える女性経営者への道を駆け上がっていったのが、今回お話を伺った鈴木実歩さんです。

「普通のOLが年商1億超えの女性経営者になる」
一見、華々しいイメージがありますが、実は全くそんなことはありません。

その裏には、苦悩や葛藤と人知れず戦った日々がありました。

<プロフィール>
鈴木実歩さん

未来シフト株式会社・代表
静岡県出⾝。東京都在住。
⼤⼿企業で働く傍ら「会社だけの収⼊に依存せず、⾃分でもお⾦を稼げるようになる」ことを⽬指し、30歳から副業で物販やアフィリエイト、Airbnb、イベント企画などを実践。

31歳のとき会社員⽣活を卒業し、⼈脈ゼロ、クライアントゼロから⼥性に向けた「コーチング」を仕事に独⽴。

SNSを使ったマーケティングと発信戦略で、初⽉から予約が殺到するコーチになる。会社員卒業3カ月後、⽉商100万円を超える。

その後、多くのリクエストから、⼥性のひとり起業を教える起業塾を開講。好きな仕事で⽉商100万円を超える⼥性を続出させる。

2017年11⽉現在に⾄るまで、東京・⼤阪・名古屋・福岡で開講したアカデミーならびにオンラインプログラムを通し、3,000⼈以上の⼥性と関わる。

現在、起業コンサルタント/企画プロデューサーとして、国内外でセミナーや講座を開催中。

2018年1月19日に初の著書『未来を自由に選ぶ力』を出版予定。
http://qq4q.biz/HMrZ

「金なし・夢なし・彼氏なし」で迎えた、“絶望の誕生日”からの脱却

―現在、女性を対象とした起業コンサルタントや、企画プロデューサーとしてご活躍されている鈴木さん。最初は会社員だったそうですが、なぜ起業をしたのでしょうか?

鈴木さん
私はもともと、父が公務員で母は専業主婦という家庭で育ったので、独立・起業と縁のない人生を送っていました。

大学を卒業した後、就職し、いくつかの転職を重ねました。いわゆる、普通の会社員だったんです。

そんな私に転機が訪れたのは、今から4年前。30歳の誕生日を迎えた時でした。

誕生日を目前に、当時付き合っていた彼と別れたんです。

同棲をしていたので、1人暮らしをするための新しい部屋の資金を払い、引っ越しをしてみると貯金がほとんどなくなってしまいました。

結婚したかった彼氏とも別れた、お金もない、仕事もつまらない…。そんな日々を過ごしていたんです。

―まさに「金なし夢なし彼氏なし」の状態だったんですね…。

鈴木さん
はい(笑)。

そんな状態で迎えた30歳の誕生日、心底自分の現状に絶望しました。

「私、それなりに真面目にがんばって生きてきたはずなのに、なんでこの程度の人生なの?」と、やりきれない気持ちになったんです。

―絶望の後、鈴木さんはどうされたのですか?

鈴木さん
とりあえず今ない3つの中で、まずは「お金」だけでもなんとかしてみようと思うようになりました。

当時の私は会社勤めをしていたので、会社から毎月お給料をもらっていました。

しかし「お金」を稼ぐための方法を模索していく内に、今の働き方って実はとても不安定なんだなと、思うようになったんです。

―会社にいても不安定だと感じたんですか?

鈴木さん
そうですね。

企業の大小に関わらず、いつどうなるか分からない時代なのに

「収入の全てを会社に依存している」
「キャッシュポイントが1つしかない」

といった状況って、まずいんじゃないかと感じたんです。

特に女性は結婚や出産など、ライフステージごとに働き方と向き合わなければなりません。

子育てしながら時短で働いている、周りの友人や先輩たちを見ていると、とても大変そうで、余裕なんてなさそうでしたし。

自分もいつまで今の会社にいるか分かりませんし、逆にいつ会社がなくなるかも分かりません。

だからこそ会社員のお給料くらいのお金を、自分の力で作れるようになりたいと思ったのです。

―具体的には何をされたのですか?

鈴木さん
まず始めたのは、物販でした。

やり方は単純で「ヤフオク」や「メルカリ」などを使って、不要になった“もの”を他の人に売っていくんです。

―いわゆる副業で小銭を稼ぐ、とてもシンプルな方法からスタートしたんですね。

鈴木さん
はい。

でも起業をしてから、数多くの女性とお話する中で分かったんですが、「ヤフオク」や「メルカリ」で“もの”を売ればお金に変換できる、って誰もが知っているシンプルな方法ですよね?

にも関わらず、実際にやったことがある人って意外と少ないんですよ。

―そうなんですか?

鈴木さん
職業柄「独立をしたい」という方や「複業(副業)で稼ぎたい」という方によくお会いするのですが、物販でお金を作れることは知っていても、実際の行動にまで移す人は決して多くありません。

理由は単純で「やり方をよく知ろうともしないし、なんとなく面倒くさい」から。

人は自分がやったことのないことは、やりたくないんですよ。それがたとえ誰もが知ってる(もしくは聞いたことがある)やり方であっても。

―たしかにやり方を知ってはいても、行動を起こすのって面倒ですし、ハードル高いですよね。逆に鈴木さんは、よく行動を起こしましたね。

鈴木さん
当時は「会社に頼らずに、せめてお金だけでもなんとかしたい」という思いが強かったので(笑)。

そんな感じで物販から始まり、アフィリエイトやAirbnb(エアビーアンドビー。Webサイトを通じて、自分の家や部屋を貸し出すサービス)にもチャレンジしました。

いろいろな方法でお金を作る実践をし続けていたら、周りの人からも徐々に「稼ぎ方を教えてほしい」と頼まれるようになり、コンサルやミニセミナーをするようにもなりました。

そのうち、会社の収入以外で月20万円ほどは、自分でお金を生み出せるようになったんです。

好きなことを仕事にする。人脈・クライアントゼロから、年商1億円に至るまで

―副業で月20万円稼げるといくぶんか「金なし」状態からは、解放されたのではないでしょうか?

鈴木さん
そうですね。お金があることもそうですが、それ以上に「私は会社の仕事以外でも、自分でお金を作れるんだ!」という自信を得られたのは大きいですね。

すると不思議と見える景色が広くなっていったんです。

いろんなことに挑戦してみると、様々な価値観にも触れられます。おもしろい生き方をしている人、尊敬する人にも出会えて、徐々に人間関係も変わっていきます。

―新しく付き合っていく人との出会いの中で、コーチングと出会ったのでしょうか?

鈴木さん
はい。

コーチングとは、対話でクライアントの自己実現や目標達成をサポートするコミュニケーション技術です。

会社員生活と副業を両立しはじめてしばらくしてから、たまたまコーチングを仕事にしている男性とお話しする機会がありました。

当時の私はコーチングについてよく知らなかったので、「コ—チングってどういうことをするんですか?」と聞いてみました。

すると彼は「やってみる? じゃあ最近イライラしたことはある?」とそのままセッションが始まったんです。

私は当時会社で一緒だった、ある同僚のことがどうしても気にいらなくて、そのことを伝えると、

「具体的には今日その同僚のどういう発言や態度にイラっとした?」
「どうして彼女はそういう行動をしたんだと思う?」

といった質問を、たくさん投げかけてくれました。

何かアドバイスをするわけでもないのですが、投げかけられた質問に繰り返し答えていくうちに「なるほど! だから私はその同僚に対して、こういう感情が湧いてくるんだ!」と気づくことができたんです。

―相手から投げかけられる質問に答えていくうちに、自分の感情や思い込みに気づくことができたのですね。

鈴木さん
その通りです。

私は“コーチング”が何かも知らなかったのですが、これはすごいなと思いました。

もともと、友人や後輩から相談を受けることが多かったし、人にすごく興味があったので、会社を辞めて起業するなら物販やアフィリエイトではなく、人と関わり続けられる仕事がいいと思っていました。

クライアントの情熱の源泉を見つけるお手伝いができたり、目標達成を応援できるコーチングに感動して、そこから資格を取り、思い切って会社を辞め、無我夢中でコーチングセッションの実践経験を重ねて独立に至りました。

―コーチングの持つ可能性に惚れ込んで、独立を果たしたんですね。

鈴木さん
そうですね。

「やっと自分がやりたいことが見つかった!」という手応えがありました。

メインターゲットを「未来を変えたい女性」に絞って、あとは来る日も来る日もコーチングセッション漬けでしたし、極端な話、24時間ずっとコーチングについて考えていました。

人脈ゼロ、クライアントゼロから起業したのですが、おかげさまで初月からたくさんの女性にご予約をいただけるようになりました。

―今振り返って、勝算はどこにあったと思いますか?

鈴木さん
この仕事が私にとって「自分が夢中になれて、世の中からも必要とされていた仕事」だったからだと思います。

会社での仕事や物販、アフィリエイトやAirbnbも、それはそれで楽しくやっていましたが、ここまで夢中になってのめり込んではいなかったと思います。

そういう意味でこの仕事は、私にとってやっと見つけた「モチベーションがいらないくらい、自然と情熱がわき続ける仕事」だったんです。

私のクライアントの多くは「現状に対して不安や不満がいっぱい。本当はもっと自分らしく輝く人生を送りたい」と思っている女性です。

そしてその女性とは、そっくりそのまま私のことです。

だからこそ夢中になれたし、夢中でやっていたらいつの間にかクライアントが増え、そのうちにセミナーや起業塾なども開催できるようになり、そして本の出版のお話までいただけるようになりました。

結果として売り上げも右肩上がりで伸びていきました。

“人生の転機“は自分で決める。憧れの人の思考をインストールして、行動しよう!

―コーチングを駆使して、数々の女性起業家の誕生をサポートしてきた鈴木さん。最後に、独立・起業を目指している方へ、アドバイスをいただけますか?

鈴木さん
まずは自分の理想とする働き方を実現している人たちを調べて、その人たちに会いに行くことをオススメします。

私が副業を始めようとネットでいろいろ調べていた頃、「派遣社員から、好きな仕事で月100万円稼げるようになった」というブログを見つけました。

最初は結構疑ったりしていたんですが(笑)、そのブログを書いていた人のトークライブが台湾で行われることを知り、思い切って申し込んだんです。

すると台湾の空港には、平日にも関わらず私と同じようにブログやメルマガを見て来場した参加者が30人以上いらっしゃいました。

彼らの言葉を聞いて、考え方をインストールしていくうちに、自分の中の価値観が変化していくのを感じたんです。

価値観が変われば行動が変わります。行動が変わると人生が変わります。

毎日、会社と家の往復で、同じような人たちと遊んでいたらなかなか変化は起こりません。

そういう意味で、あの時勇気を出して1人で台湾に行ってみてよかったなって思います。

―鈴木さんにとって、まさに“転機”となる旅だったんですね。

鈴木さん
というより「この旅を、人生の転機にする」と自分で決めたんです。

“転機”は奇跡みたいに突発的に起きるものではなく、自分でデザインするものだと、私は思います。

実際にこの台湾ツアーには30人以上が参加していましたが、全員にとって転機になったわけではないですし。

転機は自分でデザインできる。私たちは未来を自由に選ぶ力を必ずみんな持っているんです。

―他にご自身の経験から、読者へのアドバイスはありますか?

鈴木さん
新しい価値観をインストールしたあとは、とにかく悩むより行動ですね。特に最初は1点突破の行動量が必要です。

「量質転換」という言葉があるように、一定の量を積み重ねることで、質的な変化は必ず起こります。

しかし多くの人は、質が変わるほどの量をこなさなかったり、変わる前に行動を止めたりしてしまうのです。

自転車と同じで、こぎ始める時は力がいりますが、流れに乗れるとスーッと進むようになるんです。まずはそこまでやってみる。

例えば今年『多動力』でベストセラーになっていた堀江貴文さんも、同書の中でとにかくすぐに動くことの重要性を言っていますよね。

もちろん独立・起業をするならいろいろ考えたりリサーチすることは大前提ですが、てっとり早いのは「この人みたいになりたい!」と思える人と実際に会って、その人の思考をインストールすること。

私たちは誰しも、未来を選ぶ力を持っています。自分の力が十分発揮できる方向へ、適切な力を加えて突き進む。

そうすれば、自分の力を最大限に発揮して、生きて行くことができるのではないかと思います。

この記事が気に入ったらいいね!しよう。

最新記事をお届けします

おすすめの最新記事

起業家、経営者にとって大事なのは、世の中を見抜く力です。1つの事象をどう捉えるかで、ものの見え方も、そこから得られる情報も大きく変わります。そうした「着眼点」、実はトレーニングによって鍛えることができるのです。累計20万部を超えるベストセラーとなった『戦略思考トレーニング』シリーズでおなじみの経営コンサルタント・鈴木貴博氏に解説してもらいましょう。 (さらに…)

2018年2月23日

あらゆる仕事に欠かせない、ノート。

ノートは、仕事のタスクや、アイデアを保存しておくのに欠かせないツールです。

今回お話を伺ったのは、ハンドメイド作家のまほめさん。

Twitterで話題となり、まほめさんの代表作でもある「絵の具ブローチ」も、ノートから生まれたと、まほめさんは語ります。

今回は「絵の具ブローチ」を生み出したノート術はもちろん、独立に至る経緯、そして「好きを仕事にすること」について、お聞きしました。

<プロフィール>
まほめ(MaHome)・ハンドメイド作家

小学生の頃から趣味でアクセサリーやミニチュアの制作活動を行う。

2015年に7年務めた一般企業を退職し、作家としての活動を本格的にスタート。

2016年「minneハンドメイド大賞」にて2万点の応募作品の中から話題賞を受賞。以後、TOYOTA自動車株式会社、株式会社エポック社などの企業コラボや作品の販売などを行う。

・MaHome(まほめ) WEB 絵の具ブローチ&ハンドメイド作品
http://yuzupanda.com/

・Twitterアカウント
https://twitter.com/yuzupanda_mura

絵の具から、宇宙を絞り出す。まほめさんがハンドメイド作家として独立するまで

―まほめさんは、ハンドメイド作家に至るまで、どのようなキャリアを歩まれたのでしょうか?

まほめさん
もともと専業だったわけではなく、学生時代は学業の傍ら、アクセサリーやミニチュアを作ったりといった創作活動をしてきました。

大学では理系の大学に通っていたので、卒業後は大学で得たスキルを活かして、貴金属関係の仕事に就きました。

社会人になってからも創作活動を続け、7年間会社に勤めた後、退社してハンドメイド作家として独立を果たしました。

―ハンドメイド作家として独立されたきっかけは何でしょう?

まほめさん
絵の具から“宇宙の色”が飛び出す「絵の具ブローチ・Cosmic色」が、Twitterで大きな反響を呼び、話題となったのがきっかけです。


出典:MaHouより
http://yuzupanda.com/product/enogu/utyu

まほめさん
学生時代からずっと、自分が作ったものをイベント会場や通販で売っていたのですが、このTwitterでの反響を受けて、イベントでもネットでも、注文が殺到するようになったんです。

そのうち仕事との両立に悩むようになりました。でも「どうせやるなら、どちらかを全力で!」という思いが強くなり、会社を退職しました。

そして2016年の初頭に「minne」というハンドメイドマーケットが主催するコンテストに自分の作品を出典して「話題賞」をいただきました。

コンテストで賞をいただけたことで、さらにたくさんの依頼がくるようになったんです。お陰さまで、仕事として続けていくための足場を整えることができました。

そして、現在に至ります。

―会社をお辞めになった時、不安は感じなかったですか?

まほめさん
不安はありましたよ。

これまで小中高大社会人と、ストレートでキャリアを積んできたので、そこから「辞める」という決断をしたのは今回が初めてでした。

会社を「辞める」という概念がなかったというか(笑)。

とにかく自分の中でハードルが高すぎて、最初はなかなか踏み出せずにいたんです。

―どうやって踏ん切りをつけたのですか?

まほめさん
単純に注文が増えすぎて、今まで制作時間として充てていた時間では足りなくなってしまったので、もうやめるしかないなと(笑)。

ただ、辞めるにあたって何か足場が欲しいと思い、コンテストに全力で挑むため思い切って、独立に踏み切ったんです。

今思うと、ハードルが高いと言いつつ、なかなかの見切り発車でしたね(笑)。

天才的な思いつきなんて、そう簡単に出てくるものじゃない。成功を支えた、日々の「ノート」

―まほめさんの作品の中で、特に人気なのはやはりTwitterでも話題となった「絵の具ブローチ」のシリーズなのでしょうか?

まほめさん
そうですね。

話題となったのは「絵の具ブローチ・Cosmic色」という、宇宙をテーマにしたものだったのですが、絵の具は他にもいろいろなテーマとくっつけることができるんですよ。

例えば、私はパンダが好きなので、絵の具からパンダが出てきたりとか。

最近だと、人気アニメ「けものフレンズ」の声優さんへ、けものフレンズをテーマにした「絵の具ブローチ」もお贈りしました。(こちらは非売品です)


出典:MaHouより
http://yuzupanda.com/product/enogu/kemonoenogu

―このシリーズは、本当にいろいろなテーマに応用ができますし、組み合わせの自由度が高いですよね。他にも人気の秘密はありますか?

まほめさん
コレクションとして集めたくなる要素があるのも、人気の秘密かもしれません。

しかも1つ1つが小さく部分的なので「新しい色をどんどん増やしていきたい」という声をよくお聞きします。

まほめさん
また、楽しみ方も人それぞれです。

ブローチをつけてくれる方もいらっしゃれば、飾ってくれる方もいらっしゃいます。

かわいすぎず、比較的中性的なデザインを心がけているので、男性のお客さまも少なくないんですよ。

―聞けば聞くほど、人が「絵の具ブローチ」に魅力を感じる理由が分かる気がします。この「絵の具ブローチ」の発想は、パッとひらめきがあったのでしょうか?

まほめさん
いえ、「絵の具ブローチ」に限らずですが、あまり直感的にアイデアが出ることはそこまで多くありません。

私の場合は、過去の自分の制作物の反省点や、日常の中にあるヒントを活かして作り上げることが多いですね。

クリエイターと聞くと、ポン!っといきなり素晴らしいアイデアが出る、みたいなイメージがあるかもしれませんが、私はいわゆるそういった「芸術家タイプ」のクリエイターではありません。

天才的な思いつきなんて、そう簡単に出てくるものじゃありません。だからこそ、日々の制作での反省や気付きの積み重ねを大切にしています。

―日々の反省や気付きを、どのように制作に活かすのでしょう?

まほめさん
私はとにかくノートを使っていますね。

過去に自分が作り上げた制作物のデータから、どんなに小さな思いつきやアイデアでもノートに残しておきます。

アイデアが欲しい時、そしてそのアイデアがなかなか出なくて困っている時は、決まってそのノートを見返すんです。

―「絵の具ブローチ」もそうして生まれたんですね。

まほめさん
はい。

私の本名に「絵」という漢字が入っていたので、小さい頃からずっと親しみがありました。

そこから「絵の具」というアイデアが生まれ、さらに過去に作った作品を分析すると、ブローチのような小さく集めやすいものが比較的人気だなと気がついたんです。

そこで「“絵の具”という誰もが知っているものから、全く想像ができないものがでてきたら、おもしろくない?」という発想に至りました。

さらに絵の具のチューブをベースにすると「絵の具と“何か”の掛け合わせ」がとてもやりやすそうだなとも、思いました。

こうした小さなアイデアや気付きが作品に繋がり、Twitterで話題になったことで「絵の具ブローチ」はいろいろな人に知ってもらえることになりました。

―このお話はハンドメイドの世界に限りませんよね。独立・起業を考えている方なら、様々なシーンでアイデアを求められることがありますからね。

まほめさん
そうかもしれません。

独立・起業で言えば、事業計画やマネタイズポイントなどをとにかく書いて保存できる。瞬間的な思いつきを「思いつきのまま終わらせない」のが、ノートのいいところだと思います。

そして過去の思いつきと、新たな思いつきを繋ぐこともできる。

私は「絵の具ブローチ」をはじめとする様々な作品を、このノートを活かして制作してきました。

どんな時でも腐らずに、作品を作り続けること。それが、長く愛される作品づくりの秘訣

―まほめさんが独立するまでの経緯をたどると、Twitterでのバズ(ネット上で話題を呼ぶこと)はあくまできっかけに過ぎず、その裏にはまほめさんのトライアンドエラーの蓄積があったんですね。

まほめさん
そうかもしれませんね(笑)。

でも、別に会社員時代がつらかったとか、そういうのはあまりないんです。

あるのは「今も昔も、ずっと創作活動が好き」ということだけですね。

私の場合、自分の作品がTwitterで話題になったのは、本当にたまたまな出来事です。

もし話題になっていなかったとしても、会社は辞めてないかもしれませんが、創作活動はずっと続けていたんじゃないかなと思います。

―「好きなことで独立する」ことを考えている方へ、何かメッセージはありますか?

まほめさん
とにかく自分のペースで続けていくことが大事だと思います。

芽が出ていようが出ていまいが、そもそも続けていなかったら、何も起こることはありません。

「好きなことで食べていこう」とすると、生活もかかってくるので、どうしても必死になってしまいがちですが、焦らずゆっくりと、腐らずに、自分の好きなことにとことん向き合ってほしいです。

―今後の目標はなんですか?

まほめさん
今は「絵の具ブローチ」をはじめ、アクセサリーやミニチュアを中心に制作していますが、ドールハウスやジオラマといった、少しスケールを大きくした1点ものも制作してみたいですね。

他にもいろいろチャレンジしていきたいことはたくさんありますが、それをやるためにも1番大切なことは、日々学び、より良いものを生み続けること。

お客さまに長く愛される作品を、これからも作り続けていきたいですね。

2018年2月22日

Line
Line
Line

月間アクセスランキング

カテゴリー

注目のキーワード

アントレnet

独立、開業、起業をご検討のみなさまへ
アントレnetは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。

会員登録はコチラ

アントレnet公式ページ