カテゴリー

Line

”面白い”が全ての原動力。海外からも注目される高品質イヤホンの秘密【final細尾満・後編】

唯一無二の存在として多くのコアファンを持つ、高級イヤホン・ヘッドホンのブランド「final」。

その企画・制作から販売までの全ての工程を担うS’NEXTの代表取締役社長・細尾満氏は、もともと工務店の現場監督、フリーランス、コンサルティングなど、今の業界とはまったく異なる畑で仕事をされていました。

アントレnet Magazine編集部では、細尾氏を2回にわたってインタビュー。

前編では、過去を振り返りながら今の細尾さんが形作られたルーツを探索。

後編となる今回は、同社の設立当初から世界に注目されるブランドに至るまでのストーリーとともに、finalの技術が結集された45万円もするイヤホンはどのようにして完成し、なぜ多くの人が求めるのか、その秘密に迫ります。

プロフィール:細尾満
S'NEXT株式会社 代表取締役社長
大学卒業後、建築系上場企業に入社し、現場監督の責任者として勤務。

退職後、フリーランスとしてデザイン設計やコンサルティングなどを行う。紆余曲折しながら、S'NEXT設立のメンバーとして参加。前社長の故高井金盛氏の後任として同社代表取締役に就任。

やりがいを求めて、優秀な人材がfinalに集まるワケ

IMG_6504_Fotor
--- final前社長の高井さんから、S'NEXT設立のお話がきたときは、どのような心境でしたか?

IMG_6500_Fotor_Fotor
細尾さん
正直ビックリしましたね。S'NEXTは、もともとiPhoneのコネクターなどを製造するアメリカのメーカーで、その分野では世界で2番目に大きい会社でした。その子会社として設立されたのです。

しかし、一方で自社の新事業がうまくいかず、社内では苦労をされていたようです。

高井は親会社とは関わりなかったのですが、その新事業の立て直しに専門家として経営陣に加わりました。「デザイン経験」があって、「プロダクツの製造」を熟知し、なおかつ「コスト管理」に理解がある、その条件に当てはまるということで私が高井に呼ばれました(笑)。

---高井さんにとって、まさに細尾さんが理想の人物だったというわけですね。S'NEXTを日本で設立してから、最初はどのような事業をされていたのですか?

IMG_6500_Fotor_Fotor
細尾さん
最初はテレビのスピーカーを製造するビジネスを行っていました。

もともとその技術があったので、大手の家電メーカーに納品していたのですが、テレビ業界の不振や納品から支払いまでの期間が長いということから、別のビジネスを模索していたんです。

---そこでイヤホン・ヘッドホンビジネスに行き着くんですね。

IMG_6500_Fotor_Fotor
細尾さん
はい。最初は大手メーカーのイヤホンやヘッドホンの製作を受託する事業として始めました。しかし、この業界はスピーカー(テレビ)業界と比べてビジネス規模が小さく、単価も安いので苦労の連続だったんです。

そのとき「じゃあ自社で高品質・高価格のブランドをつくって、地位を築いたほうがいいんじゃないか」という話になり、その案が通って内製するようになりました。

---自社製造となると、設備や人材で苦労をされるイメージがありますが、中でも人材はどのように獲得していったのですか?

IMG_6500_Fotor_Fotor
細尾さん
独立独歩のやり方で進めていったら、自然と人材が集まるようになりました。

というのも、イヤホンやヘッドホンを制作する会社の多くは、中国などの海外へ製造を丸投げしてしまうことが多いのですが、我々はコアな部分を自分たちでつくります。このコアの部分というのは、技術的な面で一番やりがいのあるところです。

その独自の方向性が「S'NEXTという会社は、なにやらおもしろいことをやってるみたいだぞ」という噂が業界内で徐々に知れ渡って、大手企業の技術者がやりがいを求めて次々に弊社へ来るようになりました。

さらにイヤホン、ヘッドホン業界とは違う畑で仕事をされていた能力が高くかつ個性的な人が集まるようになりました。もっともつくりがいのあるコアな部分を自社で製造しようと舵をきったことで、優秀な人材に恵まれていったのだと思っています。

自分なりの論理的思考が、クリエイティビティを開花させる

IMG_6500_Fotor
---能力が高くて個性的な人を束ねて製品づくりを進めるにあたって、会社ではどのような風土をつくりあげたのでしょうか?

IMG_6500_Fotor_Fotor
細尾さん
基本的には社員の主体性に任せています。

社長である私もそうですが、自分自身で試行錯誤して、能動的に仕事をするようにしています。

成功した前例をそのまま再利用するのではなく、「これは前のものと同じでよいのか?」と常に自問自答を繰り返しています。

なので弊社では「前の担当の人がやっていたからその慣習に従ってやる」といったことはありません。

「行動の一つひとつに対して、自分なりの論理を持って動く」という風土づくりをしています。

---finalの製品はほかの製品とは一線を画す、圧倒的なライブ感のある音が特徴だと思うのですが、それらを生み出すクリエイティビティは自分なりの論理に沿った思考からきているのでしょうか。

IMG_6500_Fotor_Fotor
細尾さん
その通りです。さらにいえば、弊社でクリエイティビティが求められるのは、製作サイドだけではありません。

クリエイティビティというのは、膨大な量の情報を管理し、それを基に分析をして論理立てていけば、どんな製品や仕事でも生み出すことができると私は思っています。

たとえば、スーパーのレジ打ちでも、効率的にさばく方法を考えたり、ミスをしないように仕組みをつくったりなど、作業的な仕事にもクリエイティビティを取り入れることができる。全てのクリエイティビティは、そうした情報の分析によって生まれるのです。

だから我々は制作におけるクリエイティビティの向上はもちろんのこと、製造過程や営業など直接製作に関係ないと思われる現場にも、クリエイティビティの思考を求めています。

「そろばんをはじく前に、”おもしろい”かどうかが重要」。斬新なアイテム発想の真髄はここにあり!

IMG_6537_Fotor
---45万円のイヤホンという今までにない高価格帯の製品は、何がきっかけで誕生したのですか?

IMG_6500_Fotor_Fotor
細尾さん
弊社の商品は、原理的に正しいことを徹底的に追求することをコンセプトにしています。

それを前提に、さらに”おもしろい”ということが社員や協力者をひきつけるのに重要であると思っています。

---なぜおもしろさを求めるのでしょうか?

IMG_6500_Fotor_Fotor
細尾さん
せっかく仕事をしているのですから、おもしろいことをやりたいじゃないですか(笑)。

おもしろいことは、何もないところからつくっていくもの。苦労もともないますが、だからこそやりがいがあるんです。

例えば45万円のイヤホン『LAB Ⅱ』は、じつは3Dレーザーでカットしたり、表面の凹凸を削るのに少々危険な薬剤を使用したりと、かなり手間がかかる製造工程を経てつくられます。

そうやってできあがった製品のクオリティの高さに「これは素晴らしい! おもしろい!」と思ったわけですが、その製造を快く受け入れてくれる工場がありませんでした。

そりゃ危険なことはやりたくないですからね(笑)。逆にいえば、だからこそ他社では真似がしづらく、『LAB Ⅱ』は唯一無二の商品になり得たのです。

---なるほど。45万円となると、やはり富裕層がメインターゲットなんですか?

IMG_6500_Fotor_Fotor
細尾さん
よくいわれますが、日本では富裕層というよりイヤホン・ヘッドホンのマニアに好評です。ニッチな分野には必ずその分野にとても詳しいマニアが存在すると思うので、そこにうまく刺さったのだと感じています。

また感度の高い外国人からもご購入いただいています。特にフランスで受け入れられたことには驚きました。

---最後になりますが、今後はどのようなビジネスを展開したいですか?

IMG_6500_Fotor_Fotor
細尾さん
直営店を持ちたいですね。やはりブランド作りの一貫として店を運営することは大切だと思うので。

また、おもしろいコンテンツはあるけれど、きちんとしたバックヤードが整っていない会社が多いので、彼らを支える仕組みをパッケージとして提供することにも興味があります。

会社としては、私がいなくてもうまく機能して維持できるような組織にしたいですね。社員全員が自ら考えて自分たちで行動する、いわゆる今のドーナッツ型組織をより強固なものにしていきたい。

そのうえでfinalを確固たる世界基準のオーディオブランドに昇華させたいと思っています。

---壮大なビジョンがあるんですね。今回はありがとうございました!

この記事が気に入ったらいいね!しよう。

最新記事をお届けします

おすすめの最新記事

起業家、経営者にとって大事なのは、世の中を見抜く力です。1つの事象をどう捉えるかで、ものの見え方も、そこから得られる情報も大きく変わります。そうした「着眼点」、実はトレーニングによって鍛えることができるのです。累計20万部を超えるベストセラーとなった『戦略思考トレーニング』シリーズでおなじみの経営コンサルタント・鈴木貴博氏に解説してもらいましょう。 (さらに…)

2018年5月21日

仕事内容にも環境にも慣れた30代。

そろそろ新しい世界へ飛び込み、新しいことにチャレンジしたいと思う半面、働き方を抜本的に変えることは、なかなか難しいものですよね。

今回お話を伺ったのは、今年の4月まで日本フットサルリーグ(Fリーグ)のバルドラール浦安に所属し、現在も日本代表選手として活躍している星翔太さん(2018年シーズンから名古屋オーシャンズに移籍)。

星さんは、30歳を迎えた時にプロデュースカンパニーでインターンを始め、現在では株式会社アスラボの代表としてもご活躍されています。

今回は、現役のプロアスリートでありながら会社を立ち上げるまでに至った経緯、そして新しい領域へ挑戦するにあたって必要な心構えを伺いました。

(さらに…)

2018年5月18日

自分の大切なモノを修理する。

何かを修理に出そうと思った時、できる限り信頼のおける人に依頼したいものです。中でも楽器のような、高価で愛着のあるものの手入れをするなら、なおさらですよね。

今回お話を伺ったのは、楽器リペアマン・石川哲也さん。

石川さんの工房は、個人開業のため、決して大規模なリペアショップではありません。けれども石川さんの工房には、多くのお客さまが集まり、着実にリピーターを増やし続けています。

なぜ石川さんのリペアショップは人気であり続けるのか。

「ギターの修理だけを提供するのではなく、お客さまに楽しんでもらえる環境を作ることが大切なんです」と話す石川さん。

リペアマンとしての強いこだわりをお聞きしました。

<プロフィール>
石川哲也(いしかわ・てつや)32歳

弦楽器工房「Path」代表

大学卒業後、地元の栃木県で管理業務を行う一般企業に就職するも、不規則な勤務時間に苦労し、再就職を決意。

専門学校に入学し、楽器のリペアを学習後、自身の工房を立ち上げる。
立ち上げ時はアパートの一室に工房を構え、地道にリペアの経験を重ねる。

自身もギタリストとして活動しながら、その経験を活かしてギターのリペアを1人で請け負っている。お客さま1人1人への手厚い接客は評判が高く、リピーターが多数。

「お客さまに寄り添う」ことを第1に、リペアだけではない豊富なサービスを提供する。

待っていても自分に「箔」は付かない。自分の価値を高めたいなら、行動あるのみ!

ー石川さんのこれまでの経歴を教えてください。

石川さん
小学生の頃から両親の影響で音楽を聞き始め、高校生の時に母の勧めで、ゴスペルを始めました。

その後大学に進学してからもゴスペルを続けようと思って、ジャズ研に入ったんです。

ー大学生になるまではギターではなく歌うことがメインだったのですね。

石川さん
そうですね。

ジャズ研に入ってコピーバンドを結成した時に、初めてギターと出合いました。

ギターを弾く楽しさに、すぐのめり込み、大学生の間はずっとギターを弾いてましたね(笑)。

ー大学卒業後はどのような道を進んだのですか?

石川さん
音楽とは離れて、一般企業に就職しました。

私は栃木県出身なんですが、その会社の事業所が栃木にあったので、地元に帰って働きました。

しかしその仕事がとても大変だったんです。

私はもともと喘息持ちで体が弱かったので、しばしば体調を崩していました。このままではまずいと思い、1年半ほどでその仕事を辞めて次の仕事を探し始めました。

前職の辛い経験の後ということもあって、次は自分が好きなことを仕事にしようと思いました。

ーそこで音楽を仕事にしようと思ったのですね。

石川さん
はい。自分の好きなギターを仕事にしようと思ったんです。

弾くのももちろん好きなんですが、ギターをいろいろいじることも好きだったので、リペアを仕事にしようと思い、渋谷にある「代官山音楽院」(現、島村楽器テクニカルアカデミー:http://academy.shimamura.co.jp/)という専門学校で2年間学びました。

そこで本格的に、楽器のリペアについて勉強したんです。

専門2年目の時、ギターのリペアの仕事を求めて就活を始めました。

普通であればリペアマンは、まず大手の店舗で販売職を経験してから、工房に入ってリペアの仕事を始めます。

もしくは、自分の師となる人を見つけて、その人に弟子入りしてから独立することが一般的です。

しかし当時の私は26歳で、年齢的に余裕がある訳ではなかったので、焦っていました。

「自分に箔が付いてないと、誰もリペアを依頼してくれない」と思っていたので、最初は有名な工房に弟子入りを考えました。

しかし、そもそも弟子入りできる工房が少ない上に、実務経験の少ない私は門前払いされることが多いので、途方に暮れていましたね。

ーリペアマンになる道は、簡単ではないということですね。その状況をどう乗り越えたのでしょうか?

石川さん
専門学校の先生方や、リペアマンとして実際に働いている方に「自分はどうするべきか?」を聞いて回りました。

すると共通して「自分に箔が付かないといけないって思って迷っている間は、箔は付かない。ゼロからでも、自分で始めてしまった方が良いのでは?」とアドバイスされました。

かなり悩みましたが、弟子入りできる目処が立っていませんでしたし、遅かれ早かれ独立して工房を立ち上げるなら、と、アドバイスを活かして自分のギターリペアショップを立ち上げました。

上手くいく勝算があったわけではないのですが、まずは工房を立ち上げてみて、そこから考えてみようと思ったんです。

とはいえ最初は、資金も場所もなかったので、自室として借りていた小さなアパートの一室を工房としてスタートさせました。

ー自分の価値は自分の行動力で高めるのが大事、ということですね。最初はどのように利益を得たのでしょうか。

石川さん
最初はとにかく知り合いに頼んで、安い値段でも楽器を直させてもらいました。地道に実績を重ねていくうちに、口コミで段々とリペアを頼んでくれる人が増えていきました。

そして、27才の頃転機が訪れました。

私は自分の工房を経営する傍ら、音楽のスタジオでアルバイトをしていたのですが、偶然にもロックバンドの「THE NOVEMBERS」(http://the-novembers.com/)のメンバーさんと知り会いました。

そこで「THE NOVEMBERS」の皆さんにリペアを頼まれたんです。

ー「THE NOVEMBERS」といえば、人気のロックバンドですよね?

石川さん
はい。私もびっくりしたのですが、誠心誠意仕事をさせてもらいました。

すると気に入っていただけたのか、その後も定期的に私にリペアを依頼してくれるようになったんです。

この出来事をきっかけに、さらに口コミも広まり、私にリペアを依頼してくれる人が急増しました。

このあたりから、リペアの仕事だけで安定した収入を得ることができるようになりました。

ー石川さんが根気強く行動した結果、チャンスを掴み取ることができたのですね。

石川さん
そうかもしれません(笑)。

あの時に思い切って独立して良かったと思っています。

自分から行動し続けたことで、自分の仕事に自信を持てるようになりましたし、「THE NOVEMBERS」さんと出会えたことで、今までよりさらに”出会い”を大事にするようにもなりました。

リペアだけでは終わらない。個人経営だからこそできる、リピーターを増やす方法

ー現在はどのようにお店を経営されているのでしょうか?

石川さん
お客さまからリペアの依頼を受けて、実際に楽器に手を加えるまで、私が1人で行っています。

ー従業員は雇わないのですか?

石川さん
はい。これからも私1人で経営も実務もやっていこうと思っています。

ーそれはどうしてでしょうか。

石川さん
お客さまのニーズに応えることができるからです。

私のような個人にリペアを依頼するお客さまの多くは「こちらの要望を正確に汲み取って、リペアしてほしい」という思いを抱えていらっしゃいます。

大手のリペアショップだと、お客さまが要望を伝えた相手と、実際にリペアする人が違う場合が多いです。

そうなると伝達が上手くいかずに、お客さまの要望通りにリペアされないこともあります。

その点、私はヒヤリングからリペアまで、全て1人で行うので、お客さまと十分に話し合ったうえで、要望を正確に把握することができます。

細かい要望にも柔軟に対応できるので、それこそが私の強みであり、私に依頼してくれる意味であると思っています。

ーそれはかかりつけのお医者さんと似ていますね。ギターの専門医みたいな。

石川さん
まさに、そんな感じですね。

実際にカルテのようなものを作っていますよ。

「どんな問題点があったか」「どのようにリペアしたか」などを記録しておけば、またリペアを依頼されてもすぐに対応できますし、お客さまにとっても安心ですから。

ーしかし、全てお1人でやられると、リペアできる数が限られるのではないでしょうか?

石川さん
そうですね。だから、どうしても1回のリペア代は高くなってしまいます。

価格が高くなってしまう分、お客さまに「この人なら要望通りにリペアしてくれる」と満足度を提供できるよう、1人1人のお客さまに全力で対応するようにしています。

ー石川さんは、あくまでお客さまに寄り添うことを大事にしているのですね。

石川さん
そうですね。

お客さまとは、仕事以外でも関係を継続しています。例えば、私はリペアを依頼していただいたお客さまのライブに積極的に足を運ぶようにしています。

ーなぜですか?

石川さん
仕事だけの関係になってしまうと、お客さまの本当の要望を掴みづらくなってしまうからです。

なにより自分が手掛けたギターが、ステージでちゃんといい音を出しているかを確認したいですから。

しっかり演奏されているのを確認して、ようやく私の仕事が完了したなと確認できるというか(笑)。

ーそこまでされると、お客さまもまた石川さんにリペアを頼みたくなるでしょうね。

石川さん
私のような個人のリペアマンにとって、お客さまには要望以上のことを提供するのが大切だと思っています。

だから、お客さまからリペアを依頼されていない箇所でも、手を加えた方が良い箇所があれば手を加えますし、若干不調でもあえて修理せずにそのままの音を維持することもあります。

そのギターを使って、どのような音や音楽を作るか、という点が私とお客さまとの間でしっかりと握れているかどうかがキーポイントになってくるのです。

修理だけがリペアマンの仕事ではない。お客さまに楽しんでもらう環境作りの大事さ

ー石川さんの工房に足を運ぶのは、どういった層のお客さまが多いのでしょうか。

石川さん
プロのミュージシャンの方から学生まで、幅広くリペアを依頼してくださいます。

中には、進路相談をしたいという大学生もいますよ(笑)

一般企業に就職した方が良いのか、音楽を諦めずに続けた方が良いのか、という相談が多いです。

私も経験したことなので、親身になって相談に乗るようにしています。

ー修理に関わること以外の相談にも乗っているのですね?

石川さん
そうですね。

お客さまに「また来たい」と思っていただくためには、修理をすることが全てではないと思っています。

先程のライブに足を運ぶこともそうですし、進路の相談に乗ること、ここにある大量のゲームソフトで一緒に遊ぶことなど、お客さまにとって居心地がいい環境を作ることが大切だと思っています。

ーお客さまとゲームで遊ぶのですか(笑)?

石川さん
はい(笑)。

リピーターの方だと、ゲームだけしに来ることもあるくらいです(笑)。

もはやギターの修理には何も関係ありませんが、そうやってお客さまが「また来たい」「楽しい」と思っていただける環境を作ることが、結果として仕事にもつながりますから。

ーその点も、個人経営ならではですね。最後に、これからの展望を教えてください。

石川さん
今後も、高い満足度をお客さまに提供できるよう、丁寧な仕事をしていきたいですね。

また今後はリペアだけじゃなく、ギターそのものを作り、それを販売してみたいです。

近年、ギターに使われる木材が減少し、価格が高騰しています。一方で、少子高齢化の影響で使われなくなった空き家が増えています。

そこで家の柱などで使われた良い木材を、ギターの材料として再利用するのです。

お客さまの思い出の家や家具がなくなっても、ギターとしてまた一緒に同じ時間を過ごすことができる。

そんな素敵なお手伝いができたら、嬉しいですね。

2018年5月17日

Line
Line
Line

月間アクセスランキング

カテゴリー

注目のキーワード

アントレnet

独立、開業、起業をご検討のみなさまへ
アントレnetは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。

会員登録はコチラ

アントレnet公式ページ