スタイルのある生き方へシフトしたいビジネスパーソンのためのニュース・コラムサイト。
検索
起業家・先輩から学ぶ

マッチングアプリの赤ペン先生・おとうふさんに聞く、自分の適性に合った独立の見つけ方

マッチングアプリの赤ペン先生・おとうふさんに聞く、自分の適性に合った独立の見つけ方

彼を知り己を知れば百戦危うからず。

中国の兵法書「孫子」にある有名な一説です。

「自分がいるフィールド(市場)の特性」や「そもそも自分は何が得意で何が苦手なのか」を見極めることは、長く事業を続けるためにとても重要だと言えるでしょう。

今回お話を伺ったおとうふさんは「マッチングアプリのプロフィール添削」という一風変わった仕事で独立しました。「今の仕事はまさに自分の適性に合っている」と語る、おとうふさん。

今回はそんな彼女がマッチングアプリのプロフィール添削事業で独立するまで、そして自分の適性に合った独立を、どのように見つけていったのかを伺いました。

<プロフィール>
おとうふさん
マッチングアプリの赤ペン先生

大学時代にガールズバンドを結成し、プロを目指して活動する。バンドの解散後は、高校教員として勤務。その頃、マッチングアプリを活用し始める。

マッチングアプリでは、自身のプロフィールに研究を重ねた結果、大手マッチングアプリサービスで都道府県別1位(最高2000+いいね!)を獲得。

その後一般企業を経て、フリーランスとして独立。
自身のマッチングアプリでの経験を活かし、プロフィールの添削を始めSNSでの発信活動に注力し「マツコの知らない世界」(TBS系列)といったメディア出演なども多くこなしている。

ひょっとしたら需要があるのかも? ワンコインから始まった、“マッチングアプリのプロフィール添削事業”

――マッチングアプリの赤ペン先生という、一風変わったお仕事をされているおとうふさん。まずはおとうふさんとマッチングアプリとの出合いから聞かせてください。

おとうふさん
マッチングアプリ(※)を使い始めたのは、20代中頃ですね。当時付き合っていた人と別れてしまって、それがきっかけでアプリを始めました。

アプリを通じていろんな方とやりとりをさせていただく中で「どうすればより相手の方からいい反応がいただけるか」といった、データや成功・失敗の体験が自分の中で溜まっていって。

あれこれ研究した甲斐あってか、大手マッチングアプリサービスで、都道府県別1位(最高2000+いいね!)を獲得することができたんです。

※ユーザーが希望や条件の合う恋人を探すためのアプリ。自身の希望に合う人のプロフィールに「いいね!」をし、その相手も自分に「いいね!」を返した時に「マッチング」が発生しやりとりを行うことができる。

――そうした実績から、プロフィール添削の仕事を始めようと?

おとうふさん
いえ、最初から今のような仕事にしようと思っていたわけではありません。

というよりも最初は「マッチングアプリのプロフィール添削」が仕事になるなんて、思ってもみませんでしたから(笑)。

少し順を追ってご説明しましょう。

マッチングアプリを始めた当時、私は教員として働いていました。

教員としてそれなりに楽しく働いていたのですが、フリーランスだった伯父を幼い頃から見ていた影響もあり、心のどこかで「収入や働き方をもっと自由にしたいな」と思っていて。

その後しばらくして、IT系の一般企業に就職しました。

その会社はエンジニアが多く在籍する会社だったので「小学生にプログラミングを教える」といった、イベント設営の仕事から、営業、アプリの開発など幅広く経験させていただきました。

ただ前職が教員だったので未経験での転職となり、給与が教員時代よりも下がってしまって。減ってしまった分の給与の穴埋めをするべく、副業をしようと思ったんです。

そして始めてみたのが、このプロフィール添削の仕事だったんです。

――副業をするなら、他にも選択肢があったかと思いますが、なぜプロフィール添削の仕事を?

おとうふさん
私がこれまで1番時間をかけてきて、且つライバルが少ないジャンルが、マッチングアプリだったからです。

副業について考えた時、あることを考えました。

それは、得意かどうかは置いておいて「私が人よりも多く時間をかけて、磨いてきたものはなんだろう?」ということ。

その答えの選択肢に挙がったのが、ドラム、英語、そしてマッチングアプリの3つだったんです。

――ドラムと英語も?

おとうふさん
はい。実は私、教員になる前はバンドを組んでいて、プロを目指して活動していたんです。バンド時代に担当していた楽器がドラム、そして教員時代に教えていた教科が英語でした。

だから最初は、ドラムや英語を使って何か副業ができないかと考えたんですが……ドラムにせよ英語にせよ、ライバルが非常に多いなと気がついて。

――それでマッチングアプリを使った仕事を選んだんですね。どのように仕事を始められたのでしょう?

おとうふさん
最初は自分のスキルを売り買いできるサイトを使って、ワンコインからダメ元で、プロフィール添削の仕事を始めてみたんです。

すると意外なことに結構需要がありまして。ワンコインから値上げをしてみても、依頼は増え続けていきました。

「ひょっとしたらこれは需要があるのでは……?」と思い、独立を考え始めたんです。

サイトでの依頼の他に、Twitterでも顔出しで活動するようになり、今のように本格的に「マッチングアプリの赤ペン先生」として運用し始めました。

そして副業からスタートして1年が経った頃、2020年4月に会社を退職して独立したんです。

自分の知識や経験に合わせた、独立もある。適性に合った独立の見つけ方

――そして現在に至ると。それではあらためまして、現在の仕事について教えてください。

おとうふさん
マッチングアプリのプロフィール添削を始め、SNSの活用やメディアへの出演、書籍の執筆など、マッチングアプリをテーマにさまざまな活動を行っています。

また最近では個人の方からのご依頼だけでなく、法人からのお仕事もいただく機会が増えてきました。個人法人問わず、さまざまなお仕事をさせていただいております。

――副業から始まったプロフィール添削事業。他にあまり類を見ない仕事ですが、おとうふさんが現在の活動を続けられている理由はなんでしょう?

おとうふさん
やはり今の仕事が、自分の適性に合っているからだと思います。

独立してもうすぐ2年になりますが、ここまで続けてこれたのは、副業する時に「人よりも多く時間をかけてきたもの」を考え、あまりライバルのいないフィールドで自分の得意な形で仕事ができるよう選んだからだなと。

私にはいくつか得意なことがある一方でそのいずれも、それだけでご飯を食べていけるような、プロレベルではないと思っていて。

――どういうことでしょう?

おとうふさん
例えば英語やドラムはいくらでも上手い人はいますし、SNSやマッチングアプリも、私よりももっと上手に活用する人はたくさんいます。

どれも1番にはなれないけれど、それぞれに必要な知識や経験を上手く組み合わせてできたのが、今の仕事です。

「マッチングアプリのプロフィール添削」というと、なんというか今までにない「新しい仕事」感がしますけど、そんなことありません。

よく紐解いていくと、私のこれまでの得意なものの組み合わせだったりするんです。

――就活でいう「自己分析」然り、自分の経験や得意なことを棚卸しして、整理をする。そして出た答えの組み合わせが、独立を成功させたと。

おとうふさん
そうかもしれませんね。

例えば先に登りたい“山”を見つけて、その山を登るために逆算して「持ち物」を用意するというやり方で、独立をする人はたくさんいらっしゃると思います。

ですが、私の場合はどちらかというと、自分が今持っている「持ち物」をどう組み合わせるかで、登るべき山を見つけたというか……。

適切な例えかは分かりませんが、富士山のように高い山を登るのが得意な人もいれば、中には「富士山には登れないけれど、家の近くの小さい山になら誰よりも早く登れる」という人もいると思うんです。

結局どんな独立・起業が合うかは人それぞれですし、私のやり方が正解、というわけでは全くないのですが……。

高い山を登ることだけが山登りではないのと同じように、大小さまざまな形があるのがビジネスです。そういう意味では、自分の持っている「持ち物」から逆算する“山登り”もあってもいいんじゃないでしょうか。

自分の「持ち物」から登る“山”を見つける。裏を返せば、やりたくないことや苦手なことからは逃げてもいい。

――おとうふさんの今後の展望について教えてください。

おとうふさん
現在はマッチングアプリの「プロフィールの添削」に特化した仕事をメインでしています。

ですから今後は写真やメッセージ、実際に会った時のデートなど、マッチングアプリを通じて起こりうる全ての工程をサポートできるような仕組みを作ってみたいですね。

理想をいえば「恋愛版パーソナルトレーニング」といったところでしょうか。その人に合った質の高いアドバイスを個別で提供できるような、プロフィールからさらに一歩先に踏み込んだサービスを作っていけたらと思っています。

――最後に、読者の方へメッセージをお願いします。

おとうふさん
私の経験から言えることがあるとすれば、やりたくないことや苦手なことからは逃げてもいい、でしょうか。

先ほど、自分の経験や得意なこと(=自分の「持ち物」)から登る山を見つける、というお話をしましたが、裏を返せば、自分が全く持っていないものを取得したり、苦手なことを無理にする必要はないんです。

その代わり、自分の「持ち物」をよく見つめ直して、それを組み合わせる。一見して役に立たなそうな知識や経験でも、組み合わせ次第で意外な需要があったりするものです。

そしてそれを小さく売って始めてみる。調子が良ければ少しずつ拡大してみて、上手くいかなったらすぐに撤退すればいい。

あくまで私の場合はですけど、そのやり方でなんとか今日までやってくることができました。少しでも読者の方のヒントになれたら嬉しいです!

取材・文・撮影=内藤 祐介

VIDEOS 動画で学ぶ!独立・開業

アントレ 独立、開業、起業をご検討のみなさまへ

アントレは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。