スタイルのある生き方へシフトしたいビジネスパーソンのためのニュース・コラムサイト。
検索
起業家・先輩から学ぶ

独立には必須? 占星術師・miraimikuさんに聞く「自分を知るため」の占い活用法

独立には必須? 占星術師・miraimikuさんに聞く「自分を知るため」の占い活用法

「占い」と聞いて、どんな印象がありますか?

「運勢を予測してくれるもの」あるいは「自分を導いてくれるもの」と思っている人も多いのではないでしょうか?

たしかに、そういう一面もあるでしょう。

例えば、「独立」か「会社員」どちらの道に進むべきか、占ってもらったとします。
「独立した方がいい」と、占星術師から言われて独立したのに、上手くいかなかったという場合、それは占いのせいになるのでしょうか?

「独立」を決断したのは自分で、選んだ道を最善なものにするのも当然、自分自身。

今回お話を伺ったのは、占星術師のmiraimikuさん。

人材育成業界最大手で10年の勤務経験があるという、占い業界では異色のキャリアを持つmiraimikuさんは、運勢判断などの「未来予測」ではなく、「自己理解」「自分を知ること」にこそ、占いの本質があると語ります。

miraimikuさんがそう語る理由。それは自身のキャリアと経験にありました。

<プロフィール>
miraimiku(みらいみく)さん
占星術師・星読みカウンセラー

雑誌編集・広告制作・人材育成業界最大手など16年の会社勤務を経て、2016年に占星術師として独立。

多彩なキャリアを活かした自己分析・キャリアデザイン・セルフブランディングなどを得意分野とする。
正しい・正しくないの議論、机上の理屈、難しく高尚な学問としての占星術ではなく、何より現場に寄りそう占星術【星を現実に活かす】【身の丈サイズの占星術】を追求。

自身のサイト『西洋占星術の入口』では【Welcome to Astrology】をスローガンに掲げ、初心者の方に占星術の 魅力をわかりやすく楽しく知ってもらうことを最大ミッションとする。

現場での鑑定を最重要視しながら、講座や講演、雑誌や WEB の連載、LINE アプリなど占いコンテンツの監修も多数。

「運勢を知るため」ではなく「自分を知るため」。占いに救われた、会社員時代

――まずは、独立までの経緯を教えていただけますでしょうか?

miraimikuさん
新卒で出版社に入って雑誌の編集職を2年、印刷会社で書籍の編集職を2年、広告代理店で新聞広告制作を2年、マイナビで10年。

マイナビでは、前半5年間は紙媒体やWEB媒体の制作の部署、後半5年間は研修企画の部署にいました。

16年間の会社員を経て、2016年に独立し、現在は占星術師・星読みカウンセラーとして活動しています。

――編集職や制作職や人材育成業界を経て、占星術師として独立……。経歴だけを聞くととても意外です。なぜ占星術師として活動されるようになったのか、詳しく教えていただけますか?

miraimikuさん
たしかに「占星術師」の経歴としては、珍しいかもしれませんね(笑)。
順を追って説明しますね。

まず占いについて。
私は元々、自己肯定感が著しく低かったんですね。外見や学歴にコンプレックスがありましたし、仕事の能力にも自信がなくて。

要するに、自分のことがあまり好きではなかったんです。

でもそんな時にホロスコープ(※)と出会って、救われたんです。

※ある瞬間の惑星の配置の状態を図にしたもの。自分が生まれた瞬間の星の配置図から、個人の性格や運勢を読み解くことができる。

――どのようなところを救われたのでしょう?

miraimikuさん
これまで、“なんとなく”でしか分かっていなかった「自分という人間」が、ありありと如実に映し出されたことに、最初は驚きが隠せませんでした。そして逆に、自分では知らなかった自分の性質や能力も次々に明らかになって。

この「ホロスコープとの衝撃的な出会い」を通して、私は自分の性格や考え方を、より客観的に見られるようになったんです。「無意識だった自分」が、明確に「自覚化・意識化」されたんですね。

そうすると、コンプレックスに感じていた部分も、少しずつ許せるようになって、なんというか、自分のことを愛せるようになっていたんですよね。

――占いには「これから先の運勢を見る」というイメージがありました。そうではなく「自分を知るためのツール」としての側面で、占いを活用されたんですね。

miraimikuさん
はい。もちろん、占いには「これからの運勢=未来を知る」という側面もあります。

ですが私は、自分自身の経験からも、どちらかというと「自分を知るため=自己理解のツール」としての側面に、重きを置いていて。

――その「自分を知る」という行為が、とても重要になってくる場面といえば……就職活動、ですよね?

miraimikuさん
おっしゃる通りです。前職のマイナビでは10年ほど働いていたのですが、就職活動・採用活動における「自己分析」「自社分析」の重要性を感じる場面が、特に多かったんです。

たとえば企業側は、学生の分析や動向にベクトルが向くし、学生に重心を寄せていく。
学生側も、企業の分析や動向にベクトルが向くし、企業に重心を寄せていく。

お互いに歩み寄ることはもちろん大事なんですが、お互いに相手ばかりを見ていたり、「良い部分」だけをアピールしていたり、無意識に媚びていたりするところもあって。

結局それがミスマッチに繋がって、最終的に早期離職になってしまうような…
たとえ一時的にご縁ができても、お互いにハッピーじゃない結末になるケースを、現場で目の当たりにしてきました。

そういう中で思い知ったのは、企業側も学生側も「自社分析」「自己分析」がいかに大事か、ということです。

自分を知ること…外側ではなく「内側を深堀りすること」って、本当に大切だなとつくづく痛感しましたし、あらゆる問題を解決へ導くヒントは、そこ(内側)にあるんだ、と思うようになりました。

そう思った時に、占い、私の場合は占星術(ホロスコープ)ですけれども、それがすごく活用できるよなと。

誰かの役に立ちたい。「できることから始める」でスタートした、占星術師のキャリア

――そして独立されたんですね。とはいえ全く関係ない業界から、独立して占星術師になるのは、それなりにハードルも高かったのではないですか?

miraimikuさん
実は「占星術師になろう」と思って、独立したわけではないんです。

正確に言うと、前職を退職して、しばらく経ってから占星術師になったので。「会社の退職=占星術師になるため」ではなかったんですよね。

――というと?詳しく聞かせていただけますか?

miraimikuさん
まず、退職した理由の1つに、妊活というのもありました。かなり多忙な職場だったので、働きながら妊活をするのは難しいという判断で、退職をして妊活をしてみようかと。
だから退職当初は、ただの専業主婦でした(笑)。

けれども、多忙を極めていた会社員時代とは真逆の生活に、だんだん虚無感や無力感を抱くようになって……。ふと「私、社会の役に立っていないな」と思ってしまったんです。

――妊活は立派な社会貢献ですけど、前職が前職だけに“社会に取り残されている感”を感じてしまうのも、否めないかもしれません……。

miraimikuさん
別にお金が稼ぎたいわけじゃないけど、何か少しでも、誰かの役に立てることはないかなと。

そこで思いついたのが、20代前半の頃から趣味だった「占星術」でした。そこからはもう「できることから始めてみよう」という気持ちで。

占星術師としての活動をスタートさせたのは、会社を退職して、半年ほどしてからのことです。

――具体的にはどのようなことを?

miraimikuさん
まず始めたのが、ブログでした。そもそもWEB制作系は、前職でやっていたので得意でしたからね。

最初は1日10人あるかどうかのアクセス数だったのですが、占星術についての知見や想いなど、私の好きなことを心を込めて書き続けているうちに、徐々に増えていって。

「ブログを見ました」と口コミで徐々に読者やお客さまが広がり、ブログを立ち上げて3年目くらいから、一気にアクセス数が増えたんですね。気づいたら、会社員時代みたいに、時間を忘れて没頭するようになっていました。

結局、私の場合は妊活より仕事だったんだなと(笑)。

私には私の使命があるんだな、と思うようになりました。

今ではTwitterやInstagramやnote、YouTubeやvoicyなど活動媒体は多岐に渡ります。

そしてありがたいことに、そういったネットやSNSなどの発信活動を通して、対面での鑑定はもちろん、雑誌の連載、アプリの企画監修、書籍の執筆、イベントの講演やホロスコープを教える講座など、現在は幅広くお仕事をさせていただいています。

独立・起業に必須!「自分を知ること」から、全てが始まる!

――占いによって「自分」の性格や適性を知り、発信活動を積極的に行った結果、未経験から占星術師として活躍するに至った――。miraimikuさんのキャリアには、独立・起業に必要な要素が、ギュッと詰まってるように思います。

miraimikuさん
「キャリア✕占星術」──自分の16年間の経歴(制作職+人材育成)と「占星術」を掛け合わせたことで、幅が広がったというのはあると思います。

「キャリアデザイン・能力開発・自己分析」と「占星術」って、ものすごく相性がいいんですね。

実際、私の前職の経歴上もあって、仕事のご相談がメインになっています。

「独立したい」「起業に挑戦してみたい」「インフルエンサーになりたい」などといったご相談も、本当に多いです。

ですが、もう一歩踏み込んで「では、具体的に何をされたいんですか?」と伺うと「それがわからなくて。何をしたらいいか、ホロスコープで見ていただけませんか?」とお答えになる方が、実は、少なくありません。

独立・起業に挑戦してみたいという気持ちそのものは、とても素敵なことだと思います。しかし、「独立・起業そのものが目的になってしまっている」のでは、本末転倒です。

miraimikuさん
独立・起業を経て、どんなことを成し得たいのか?
そもそも、独立・起業に向いているのか?
まずやりたいことがあって、それを成し遂げるためには、どういう方法や働き方が適しているのか? ですよね。

その答えは、やはり「自分自身を知ること」にしかないと、私は思うんです。

私の場合でいうと、「自分が好きなことで誰かの役に立ちたい」という想いがまずあって、ガムシャラに活動しているうちに、たまたま、独立の形になっていた、ということなんですよね。

――しかし実際に「自分を知る」を実践しようと思うと、案外難しくないですか?

miraimikuさん
もちろん占い以外にも、自分を知るための方法は、たくさんあると思います。

よく言われるのは「自分自身との対話」ですね。
「好きなもの/ことは?」「得意なもの/ことは?」「苦手なもの/ことは?」「悩みは?」……といった自分へのインタビューの答えを、ノートに書き出してみたり。

家族や友人など、親しい人間に自分について聞いてみたりするのも良いかもしれませんね。

私としてはやっぱり、占星術/ホロスコープによる自己分析をオススメしたいですが(笑)。

――最後に、独立・起業を考えている読者へ、アドバイスをいただけますでしょうか?

miraimikuさん
私自身の経験や、いろいろな方とお話をしていて思うのは……。
やはり、自分の得意なことや好きなことを活かして独立される方が、上手くいきやすい印象がありますね。あとは「何かの・誰かの役に立ちたい」という使命感や貢献意欲が強い方。

どういうことが好きで、どういうことが得意で、どういうことで役に立てそうか。

ここまで何度もお伝えしている通り、まずは「自分自身をきちんと知ること」がスタート地点になるんです。

「得意なことや好きなことがない!」なんて乱暴に諦めないで、しつこく「自分の中を探し続けること」しかない。答えは、外側ではなく「自分の中」にしかありません。それは確実です。

そして、自分の中に「種」が見つかったなら、どんなに小さなことからでいいので、行動を起こしてみることですね。いきなり「大きな成果」を求めてしまうと、絶対に続きませんから。

まずは小さな目標設定から始めて、徐々に広げていくというスタイルが間違いないと思います。私も最初は「1日10人のブログの読者を、1日100人にする」という小さな目標からスタートしました。

結局やっぱり、「ショートカット」はできない。

「諦めずに自分自身と向き合い続けること」と「小さな目標達成の積み重ね」しかないんだと、私は思います。

取材・撮影・編集=内藤 祐介

miraimikuさんに関する情報はこちらから!
運を取り込む幸せメニュー占い
miraimikuさん公式サイト
変えるのではなく本来の自分を取り戻す はじめての「ホロスコープ自己分析」ノート

RELATION あわせて読みたい関連記事

アントレ 独立、開業、起業をご検討のみなさまへ

アントレは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。