カテゴリー

Line

仕事と育児との両立のため 家族のそばで働くという選択:VOL.229

PLOFILE

小杉盟子さん(40歳)

美麗Kimono&Culture/東京都墨田区
幼少時から着物に親しむ。米国留学後、航空会社に勤務。地上職として接客の経験を積む。結婚後は派遣で秘書の仕事を続けていたがこども3人の育児との両立に悩む。2014年、夫の提案を機に浅草で着物レンタルのお店を始める。夫が浅草で営業している人力車とのコラボも。

VOL.229
仕事と育児との両立のため 家族のそばで働くという選択

浅草のレンタル着物店

航空会社の地上職を6年続けました。最高に楽しい仕事でしたけど、早番遅番休み!みたいな極端な生活サイクルは辛くて、結婚後は派遣で9時17時の仕事をしてました。それでも、こども3人の育児をしているとバタバタです。何より「ママ、ママ」と泣いてる小さい子を置いていくのは、親として罪悪感がありました。

家族との時間を大切にした働き方をしたいと、漠然と焦っていた頃です。浅草で人力車を引いている夫に「浅草で着物レンタルのお店をやったら?」と提案されました。「はあ?」と思いましたけど、よくよく考えると、自宅も浅草。家族と離れているから罪悪感を抱くわけであって、仕事も浅草ならちょうどいい。時間の融通も利きます。それから大学で学んだ国際関係学。外国からのお客さまが多い浅草で、文化の壁を感じさせない接客ができるんじゃないかと。


場所柄、外国人観光客も多い。「着付けて終わりではなく、着物という文化を知っていただくよう心がけています」。

国籍や文化の違いを理解しながらお客さまの好みをキャッチするのはチャレンジですが、面白いです。昔から接客が好きなんです。一番好きなのは、着付けて送り出したお客さまが、喜んで帰ってくるのをお迎えする時。自分のほうが喜んでるんじゃないかと思います(笑)。時間の融通も、会社員時代に比べればすこぶるうまくいっています。なんと言っても、こどもの学校の個人面談に行ける。これ大事です。
 

構成・文/東 雄介
撮影/刑部友康、片桐 圭、阪巻正志、宮田昌彦
アントレ2019.冬号 安定、肩書、仲間…雇われるよさもあったけど 私、会社を卒業しました!より

PICKUP!

この記事に興味のある人が見ている独立開業プラン

この記事が気に入ったらいいね!しよう。

最新記事をお届けします

あわせて読みたい関連記事

おすすめの最新記事

「システム開発で、世の中をもっと便利にしていきたい」

そんな熱い想いを持って就職したが、
いつの頃からか、開発の仕事はメンバーにお願いし、
自分はメンバーの仕事を進捗管理することになり、
「オレはこの先、このままでいいのか」と、ひとり悶々と悩む。
そんなエンジニアも多いのではないでしょうか。

今回お話を伺ったのは、花輪恒平さん。

(さらに…)

2019年9月13日

日々の取り引きを記録していく上で、領収書やレシートの保管に頭を悩ませている方も多いのではないでしょうか。

領収書やレシートは紛失してしまいやすいですし、書類の保管場所や方法って何かと面倒ですよね。

そんな方々におすすめしたいのが、領収書をスキャナーで保存する「電子帳簿保存法」。

(さらに…)

2019年9月12日

Line
Line
Line

月間アクセスランキング

カテゴリー

注目のキーワード

アントレ

独立、開業、起業をご検討のみなさまへ
アントレは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。

会員登録はコチラ

アントレ公式ページ