カテゴリー

税理士ドットコム

ゼロイチだけが独立じゃない。イベントバー・エデン 笹谷ゆうやに聞く「しょぼい事業承継」

ゼロイチだけが独立じゃない。イベントバー・エデン 笹谷ゆうやに聞く「しょぼい事業承継」

独立・起業の形は人それぞれ。

これまでのキャリアで培ってきたスキルを使って独立する人もいれば、全くの異業種に転向する人も。

また昨今では人が起こした事業を引き継ぐ、事業承継という選択をする人も増えてきています。

今回、お話を伺った笹谷ゆうやさんもその1人。

笹谷さんはイベントバー・エデンの店主を務める傍ら、論文YouTuber、レモネード通販事業を手掛け、会社にも勤めています。

そんな笹谷さんが勧めるのは「しょぼい事業承継」。初めて独立をするという人にとっては、特に強く勧めています。

「しょぼい事業承継」とは一体何でしょうか。なぜ「しょぼい事業承継」を勧めるのでしょうか?

その答えは笹谷さんのこれまでのキャリアにありました。

<プロフィール>
笹谷ゆうやさん
イベントバー・エデン店主/論文YouTuber

大学在学中、2018年6月より論文YouTuberとして活動を開始。
同年10月よりイベントバー・エデンを引き継ぐ。
卒業後はフリーランスとしてYouTuberとエデンの店主を兼任する。

2020年1月にITコンサルティング会社に就職。
同年3月よりレモネードの通信販売事業をスタートさせ、現在4つの仕事を兼任している。

研究を「伝える」活動と「支える」活動の両立。論文YouTuberがイベントバーの店主になるまで

―現在、全く異なる3つの事業に加え、会社にも勤められている笹谷さん。それぞれの事業、仕事に関わることになった経緯から伺いたいと思います。まずはYouTuberになった経緯から教えてください。

笹谷さん
2018年の6月頃からYouTuberとしての活動をスタートさせました。

動画の内容としては主に論文の解説や、研究者や学生にインタビューをするといったものが多いですね。

普段、論文を読まない人にも分かりやすく解説し、学術や学問研究の面白さを伝えることを目的としています。

―なぜ学術や学問研究の面白さを伝えようと思ったのですか?

笹谷さん
僕は昔から知的好奇心が旺盛で、まず自分がいろんな研究を知りたいからですね。そしてそれをいろんな人に伝えたいなと思い、YouTubeを始めました。

以前は僕自身が、新しい知見を生み出す存在(研究者)になれないかと思っていたんですが、性格的にも能力的にも向いていないなと思うことがありまして。

一旦それは保留にし、現在は研究を伝える側の活動をしています。

―その後、同年10月からイベントバー(※)・エデン(以下、エデン)の店長としてもお仕事をスタートされていますが、こちらは?

笹谷さん
研究を「伝える」ための活動がYouTubeなのですが、同時に研究を「支える」活動もやりたいと思っていたんです。

研究者の方々が研究に没頭できるように、彼らを支えられるパトロンになりたい。

だから僕自身が何か事業に取り組んで成功したいと思っていたのですが、具体的な事業内容が浮かばないままでいて…。

そんな時にエデンの前任の店長が、店を任せられる人を探していたんです。これはチャンスだと思い、真っ先に立候補し、お店を引き継ぐことになりました。

※日替わりのバーテンダーを立て、それぞれ趣向の異なったイベントが開催されるバー

―いきなりバーの店主を引き継ぐとなると、大変そうな感じがしますが……?

笹谷さん
もちろん通常の飲食業同様、自分でドリンクやフードを作って接客することもありますが、イベントバーの店長の主な仕事は、バーテンダーのセッティングです。

ただこれに関しては、先に始めていたYouTubeでインタビューをお願いするプロセスに似ているところがあり、なんとか自分でもやっていけるんじゃないかと思いました。

お店を引き継いでもうすぐ2年になりますが、おかげさまでほとんど1日も欠かすことなくイベントを開催することができました。(2020年3月頃から情勢的に難しくなってしまいましたが)

自分のやりたいこと(パトロンになるために事業をスタートさせる)と、できること(バーテンダーのブッキング)がいい感じで重なり、結果的に今まで順調に続けてこられているので、あの時、立候補して本当に良かったですね。

一見、関係のない4つの仕事が、それぞれシナジーを起こす

―その後はずっとその2つの事業を並行して行ってきたと。

笹谷さん
ええ。2019年に大学を卒業した後は、ある銀行に就職する予定だったのですが、様々なご縁から、区議会議員選挙に挑戦することになり、内定を辞退させていただきました。

残念ながら落選してしまったので、そのままYouTuberとエデンの店長をやりつつ、フリーランスで仕事をもらっていました。

そして今年の1月、フリーランスとして仕事をいただいていた会社の社長に誘われて、その会社に就職したんです。

―会社ではどのようなお仕事をされているのでしょうか?

笹谷さん
ITコンサルティング会社なので、BtoB向けのサービス導入支援や、企業向けYouTubeの制作、SEOコンサルティングなどを行っています。

もちろんYouTuberとエデンの仕事も個人事業として並行していますよ。

YouTubeの収録は時間の制約はありませんし、エデンでは自分が店頭に立つとしても夕方から夜だけなので、昼間の時間は空いているんです。

だから平日の昼間、週4日リモートで会社員として仕事をすることにしました。

―最近、レモネードの販売事業もスタートされたそうですが、こちらは?

笹谷さん
これは今年の3月に大学時代の知り合いから引き継ぎました。

レモネードの販売事業を運営していたその知り合いが就職することになったこと、そして飲食の実店舗を持っていることから、僕のところに話が来たんです。

個人的には「ちょっとずつでも収入が見込めればいいな」くらいの気持ちで、数万円で事業を買ったんですが、これが意外と売れ行きが好調で。

ある意味「しょぼい事業承継」(※)ですね(笑)。

※しょぼい事業承継(しょぼい起業)……えらいてんちょう(矢内東紀)さんが提唱する、事業計画・資金・経験もいらないという生存戦略のこと

―一見バラバラに見える4つの仕事を並行することのメリットは何ですか?

笹谷さん
たしかにバラバラに見えるかもしれませんが、僕の中ではあまりバラバラだと思っていなくて。

例えば先程話したとおり、YouTuberとしてインタビュイーをブッキングすることと、エデンのバーテンダーをブッキングすることは非常に似ています。

会社での仕事も、そもそもがYouTuberとしての知見やノウハウを社長に評価していただいて入社することになりましたし、ECサイトを使って販売するレモネードは会社での業務から得られた知識を応用したり。その逆も然りです。

現状、手掛けている4つの仕事がすべてゆるくどこかで絡んでいて、それぞれがシナジーを生んでいます。

もちろん経済的により安定感が出ることもメリットですが、このシナジーと経験の蓄積こそが大きなメリットだと僕は思っています。

ゼロイチだけが独立じゃない。「しょぼい事業承継」のススメ

―笹谷さんの今後の展望を教えてください。

笹谷さん
当面はレモネードをがんばっていきたいですね。

これから夏になればさらに需要は高まっていくと思うので、在庫の準備や新製品の開発も行っていきたいです。

また、これまで自分は、その時その時で現れる選択肢をフットワーク軽く選んできました。

今回のレモネードやエデンもそうだったように、目の前に現れた話に気軽に飛び乗ってみたから得られたチャンスもある。このフットワークの軽さはこれからも大切にしていきたいですね。

―最後に読者の方へメッセージをいただけますか?

笹谷さん
会社員でこれから独立・起業を考えている方がいらっしゃるなら、ぜひ「しょぼい事業承継」も選択肢の1つに置いてほしいなと思います。

独立・起業と聞くと「ゼロから何かを作る」というイメージが先行してしまいますが、そんなことはありません。

人によっては誰かが生み出したイチを大きくしていくことの方が得意な人もいるはず。

僕自身そうですし、エデンやレモネードの事業は人から引き継いだものですから。

もちろん何百万、何千万円かけて行う事業承継もいいんですが、額が大きい分、当然リスクも大きくなってしまう。

だからまずは会社員をやりながら片手間で始められるくらいの小さい事業があればいいですね。

引き継ぎ手がいない飲食店、古物商、通信販売、学習塾…。周りを探してみればいろいろあるんじゃないかなと思います。

とはいえどんな人にでも事業を譲る、というわけではありません。

自分も店を持ってみて思いますが、信頼できない人には大切なお店を任せることはできません(笑)。

もし事業を譲っていただけそうなお話があるのなら、前任の事業者ときちんと信頼関係を築いておくこと。

そこがちゃんとしていれば、いろいろ協力もしてもらえるでしょうし、事業を上手く進めるためのヒントが得られるかもしれません。

「しょぼい事業承継」で、まずは小さく。

事業主としての第一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。

取材・文・撮影=内藤 祐介

PICKUP!

この記事に興味のある人が見ている独立開業プラン

この記事が気に入ったらいいね!しよう。

最新記事をお届けします

あわせて読みたい関連記事

おすすめの最新記事

新型コロナウイルスの感染拡大やAIの急速な進化など、最近では事前に予測できない社会変化が多く発生しています。この状況を表すキーワードとして「VUCA」という言葉が最近よく使われています。

今後独立開業をしていく際には、この「VUCA」の特性を把握したうえで事業運営していくことが求められます。

では「VUCA」とは何なのか、今後どう対応していく必要があるのか、ご紹介していきましょう。

「VUCA」のルーツは軍事造語

「VUCA」とは、Volatility(変動性)、Uncertainty(不確実性)、Complexity(複雑性)、Ambiguity(曖昧性)の頭文字を取った造語です。

もともとは、冷戦終結によって従来の核兵器ありきの戦略から不透明な戦略へと変わった1990年代の状態を表す軍事造語でした。その後2010年代に入り、変化が激しく不確実な社会情勢を指して、「VUCA」という言葉が転用されるようになりました。現在では、これまでの常識が大きく変わる「ニューノーマル時代」の到来を象徴する言葉としても使われています。

「VUCA]に含まれる言葉の意味は、以下になります。

【V】Volatility(変動性)

VUCAの「V」はVolatilityで、「変動性」という意味です。

IT技術が急速に発展している今の時代は、顧客ニーズの変動が顕著です。たとえば、2013年頃に一世を風靡したソーシャルゲーム業界が、今ではピーク時と比べ売上高が半減しています。新しいビジネスモデルを作り出しても、環境の変動によってわずか数年で衰退してしまうのが現状で、市場は以前よりも短期間で大きく変動し、予測不能な状態になっています。

【U】Uncertainty(不確実性)

VUCAの「U」はUncertaintyで、「不確実性」という意味です。

今やビジネスにおいて、「確実なもの」「安定しているもの」はありません。時代の変化はもちろん、政治経済や市場の変化は目まぐるしく、日々グローバル化も進んでいます。また今年でいうと感染拡大した新型コロナウイルスが日本経済にどのような影響を与えるのか、渦中では予測不可能です。突発的な疫病や、激化していく台風や地震などの災害、少子高齢化・過疎化などの不確実な要因が、現代には複数存在します。そして不確実性が大きい状況では、売上計画などビジネス上の見通しを立てるのが難しくなります。

【C】Complexity(複雑性)

VUCAの「C」はComplexityで、「複雑性」という意味です。

急速なビジネスのグローバル化が進んだことで、今日さまざまな分野で国境を越えるイノベーションが起こっています。そのような状況でビジネスを成功させるためには、世界の「複雑性」を十分に理解しておくことが必要です。特に日本と海外ではビジネスの習慣やルール、基本的な価値観などが異なる場合が多く、また新しいビジネスやルールが次々に生まれるため、法律面を含めた環境整備が追いついていないというのが現状です。

たとえばタクシーの配車アプリであるUberのように、本国であるアメリカと日本で異なった仕組みで運営されていたり、全世界的に広がっているキャッシュレス化も、日本では店舗側がコスト負担の問題や現金信仰という独自の文化観によってなかなか広がらないという、世界各国とは異なる結果が生じていたりします。

現在では新しいサービスが登場するたびに、複雑性にどのように対処するか、という課題が生まれています。

【A】Ambiguity(曖昧性)

VUCAの「A」はAmbiguityで、「曖昧性」という意味です。

現在、ビジネスを取り巻く環境が目まぐるしく変化しているため、少し先のこともどうなるか予測が難しく、問題に対する絶対的な解決策が見つからない曖昧な状況になっています。

たとえばベンチャーキャピタル(投資会社)のように、投資先企業の精査をしても今後の環境変化が見立てきれず、曖昧な状況の中で投資するかどうかという経営の意思決定が求められるケースも増えています。

このような曖昧な案件に対しては、少しの変化も逃さず素早く最新情報を捉えて意思決定し、対応していくことが求められます。

「VUCA」の時代に求められる3つのポイント

「VUCA」の時代が進むと、変化(Volatility)が激しいため先が見通しづらく(Uncertainty)、複雑(Complexity)で曖昧(Ambiguity)な世の中になっていきます。そのため、従来のように準備に長い時間をかけていては、市場構造やユーザーの興味は移り変わってしまいます。

そのような「VUCA」の時代に対応したビジネスを展開していくためには、事業として以下の3つのポイントが必要になります。

① ビジョンを明確に持つ

「VUCA」の時代は将来の社会環境がどのように変化するか予測しづらく、かつその変化のスピードも速くなっています。企業がその変化に柔軟に対応するためには、今後何を目指していくか、自社のビジョン、経営方針を明確に持つことが求められます。

この自社のビジョン・経営方針が明確でないと、社会変化に対応するたびに自社の経営戦略のベクトルが変わることになりかねず、事業を継続的に運営していくことが困難になってしまいます。

自社のビジョン・経営方針を明確にしておけば、ビジョン実現のためにとるべき行動や経営判断が明確になり、環境変化に振り回されたりその場しのぎの判断をしたりすることを回避できます。

② 素早く情報収集し予測・検証する

「VUCA」の時代では、自社のビジネス環境が急速に変化していきますが、どのような変化が起こっているのかを把握しなければ、その後の対応もできません。

そのため、自社のビジョン・経営方針を明確にしたうえで、できる限りの情報を素早く集め、変化の状況を正確に把握することが必要です。

情報を集める際は、用途によって情報ソースを使い分け短期間で収集します。インターネットのニュースサイトやアプリは、時事ニュースなど広く浅い情報を集めるのに有効です。一方、自社ビジネスに直結する深く狭い専門的な情報は、専門的なサイトやSNS上の専門家のアカウントをフォローすることで入手します。執筆した書籍や実際に現場の人間に会って生きた情報を得るなど、情報ソースをバランスよく配分しましょう。

そして集めた情報から現状を打開するアイデアを生み出し、仮説を素早く立て、即実行して検証することが大切です。「VUCA」の時代では、石橋を叩くようにアイデアを検証している間にも、どんどん状況が変化していきます。小さいアイデアから試し、結果を検証しながらアイデアを大きくしていきましょう。失敗を恐れず、動きながら考えることが「VUCA」時代では求められます。

③ 結果が出るまでやりきる

情報を収集して分析検討し将来を予測したとしても、その予測が正しいかどうかは誰にも判断できません。情報収集をある程度実施してビジネスに関する予測をした後は、予測が当たるかどうか一喜一憂するのではなく「やりきる力」が必要です。選択の大枠となる部分を決めたら、結果が出るまでは強い意志を持って決めたことに集中し、やりきりましょう。

変化が激しい「VUCA」の時代には、ビジョンに基づいて選択した対応策を、まわりの変化に振り回されずに一貫してやりきることが求められます。「柔軟に対応しているつもりだったが、実は状況に流されているだけだった」という事態を避けるためにも、判断した後は一定期間その選択に集中してやりきりましょう。

意思決定のスピードを上げ、「VUCA」に素早く対応を

ここまで、今後の「VUCA」の時代にどう対応していく必要があるか、ご紹介してきました。

環境変化の先行きが見通しづらい中、事業を継続的に成長させていくためには、企業としての意思決定のスピードをどう上げていくかが重要になります。そのためには、先ほどもご説明したように、自社のビジョン・経営方針を明確にしたうえで情報収集と仮説検証を素早く行うことが求められます。そして意思決定したら、結果が出るまでやりきることです。

企業の意思決定スピードを高めることで、今後の「VUCA」の時代に対応していきましょう。

PROFILE

HIDE

元大手広告会社で人事部長を経験。新卒・中途の採用から人事制度設計、労務管理まで人事業務全般を手がける。現在はその前職での経験を活かし、各種就職・転職セミナーの企画運営から企業の採用広報の企画設計等、幅広く活動中。

2020年10月26日

アントレプレナーという言葉は、独立を目指している方であれば、一度は聞いたことがあるでしょう。アントレプレナーは起業家という意味ですが、それだけでは言い表せない要素を含んでいます。

0から1を作り出す起業家には、どのような能力が必要なのか?アントレプレナーという言葉に含まれる意味合いを説明し、どんな人がアントレプレナーに向いているのかを解説していきます。

これから事業を起こそうとしている方、自分の進路に迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください。アントレプレナーについて理解を深めることは、これからの指針になるでしょう。 (さらに…)

2020年10月23日

税理士ドットコム
税理士ドットコム
Line

月間アクセスランキング

注目先輩レポート一覧

カテゴリー

注目のキーワード

アントレ

独立、開業、起業をご検討のみなさまへ
アントレは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。

会員登録はコチラ

アントレ公式ページ