カテゴリー

税理士ドットコム

サイエンスプロデューサー 米村でんじろう氏【3/3】 リーダーの流儀

2016年12月22日

サイエンスプロデューサー 米村でんじろう氏【3/3】 リーダーの流儀

ビジネス誌や書籍をはじめ、アカデミックな場で語られるリーダー論。
理想やビジョンを掲げただけでは、人がついてくる保証はない。
リーダーは自ら行動し続けるからこそ、共鳴が生まれ、仲間が集まる。
今回は、公務員を経て40歳でサイエンスプロデューサーとして独立された
米村でんじろう氏を取材。勝算があったわけではない、手探りからのスタート。
経験を重ねながら見えてきた経営者としての視点を、語っていただいた。

前回のストーリーはこちらから

プロフィール
米村でんじろう(サイエンスプロデューサー)
1955年、千葉県生まれ。東京学芸大学大学院理科教育専攻科修了。学校法人自由学園講師、都立高校教諭を務めたのち、科学の楽しさを広く伝える仕事を目指し、96年、サイエンスプロデューサーとして独立。同年、NHK『おれは日本のガリレオだ!!』に出演し、話題となる。98年、米村でんじろうサイエンスプロダクションを設立。科学実験の企画・開発、サイエンスショー、実験教室、研修会の企画・監修・出演、テレビ番組、雑誌の企画・監修・出演など、幅広いフィールドで活躍を続けている。

捨てるものが大きければ、入ってくるものも大きい

――起業を目指す読者へのメッセージをお願いします。

米村:僕は60歳になりましたが、40歳で独立した当時を思い返すと、本当に若かった(笑)。40代なんてまだ人生の折り返し地点、まだまだ若い! 今のあなたはそのことに気づけないかもしれませんが、その年ならもう一勝負できるんです。ある程度の経験とノウハウを重ねたこの年代の方々の独立って、例えば20代で独立する人よりも断然有利だと思います。

 だから、周囲が反対したとしても、本気なら絶対にやるべき。捨てるものが大きければ、入ってくるものも大きいというのは本当です。あなたが誰かを応援したいと思っても、本気の覚悟を確認できないと信用できないでしょう。

 もちろん独立したら、思うように進まないことがたくさんあります。その時は、苦しくてもあきらめずにやり続けることです。そして、八方ふさがりになって迷った時は、必ず初心に立ち帰ること。

これからも世の中はものすごいスピードで変わっていきます。最初に打ち立てた志にうそをつかず、こだわりすぎに注意して、世の中のニーズに対して柔軟に変化していけばいい。そこにお客さまやお取引先への確かな誠実さがありさえすれば、あなたの独立人生は継続していけると思います。

【リーダーの流儀とは】

スタッフ、お取引先、お客さまのために、この事業を永続的に残したい。
きちんと後進にバトンタッチすることが、自分の役割だと思っている


PICKUP!

この記事に興味のある人が見ている独立開業プラン

この記事が気に入ったらいいね!しよう。

最新記事をお届けします

あわせて読みたい関連記事

おすすめの最新記事

アントレプレナーという言葉は、独立を目指している方であれば、一度は聞いたことがあるでしょう。アントレプレナーは起業家という意味ですが、それだけでは言い表せない要素を含んでいます。

0から1を作り出す起業家には、どのような能力が必要なのか?アントレプレナーという言葉に含まれる意味合いを説明し、どんな人がアントレプレナーに向いているのかを解説していきます。

これから事業を起こそうとしている方、自分の進路に迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください。アントレプレナーについて理解を深めることは、これからの指針になるでしょう。 (さらに…)

2020年10月23日

静岡市のビルの一角に店を構える『3(san)洋装店(さんようそうてん)』。やわらかい日差しが差し込む店内に足を踏み入れると、そこには大量のコートやシャツが陳列されています。ひとつひとつの服はどことなく温かみがあり、一着ワードローブに迎えてみたくなる佇まいです。

店主の三枝学さんに話を聞くと、これらの服は約100年前につくられたビンテージの服だといいます。主にヨーロッパから仕入れたもので、自ら修繕して販売しているそうです。
(さらに…)

2020年10月22日

税理士ドットコム
税理士ドットコム
Line

月間アクセスランキング

注目先輩レポート一覧

カテゴリー

注目のキーワード

アントレ

独立、開業、起業をご検討のみなさまへ
アントレは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。

会員登録はコチラ

アントレ公式ページ