カテゴリー

Line

派遣社員からレンタルスタジオのオーナーとなった美人ベリーダンサー

派遣社員の仕事をしながら、自宅でネイルサロンを開いたり、ベリーダンスのインストラクターをして三足のわらじで忙しく働いていた、かなまるようこさん。

好きなベリーダンスを極めた結果、インストラクターの資格をとり、教室で生徒さんに教える仕事もされていました。ただ、それだけでは収入が安定しなかったため、ダンスの先生の仕事と並行して派遣社員の仕事をしていたのです。
忙しいですが、充実した毎日でもありました。起業などはその当時は全く考えていなかったそうです。

ところが2011年3月、そんな日常が一変する出来事が起こります。
東日本大震災。
かなまるさんは、この震災によってダンスの仕事などができなくなり、さらに原因不明のストレスで動けなくなってしまいます。
そんな日々を過ごす中、とあるきっかけで、一念発起のうえ起業。そのあとは、自分では想像もしていなかったレンタルスタジオのオーナーとなり、今現在は、周りの仲間の幸せをつくる毎日を過ごしています。その気持ちの変化と起業における苦労と楽しさを伺いました。

<プロフィール>
スタジオルーモコレクション オーナー かなまるようこさん
派遣社員をしながら、自宅でネイルサロン、教室で派遣インスタラクターとしてベリーダンスを教える3足のわらじのシングルマザーから、震災を機に、起業。
仙台市内でレンタルスタジオやレンタルサロンのスペースを持つスタジオルーモコレクションのオーナーとなる。

スタジオルーモコレクションStudio LUMO Collection
http://www.welcome-sendai.net/lumo/

派遣社員のシングルマザーから、一念発起して好きなことで起業

ーかなまるさんが、ベリーダンスを、始めたきっかけを教えてください。

かなまるさん
テレビで踊っているベリーダンサーの映像を見て、ベリーダンスに興味が湧いたのです。そこで、仙台で当時は1つだけあったレッスンに通い始めました。自分でも先生の資格を取るまで熱中して、今年で、ベリーダンス歴14年になりました。

―そのときは、ベリーダンスの先生として独立するつもりでいたんですか?

かなまるさん
いいえ、ベリーダンスの先生の仕事は楽しいですが、私の場合はそれだけで食べていくほどの収入はあげられませんでした。ですから、ほかの仕事、当時は派遣社員の仕事もしつつ、またネイルサロンの資格も取っていたので、自宅にお客さまを呼んでネイルを施術するようなこともやっていました。

ー忙しそうですね!

かなまるさん
はい。毎日とても忙しかったですが、好きなネイルやベリーダンスをやることが出来ていたので、充実した毎日でした。ちょうど震災の当日も、午前中にベリーダンスの教室で先生として仕事をし、午後から派遣先で派遣社員として働いていました。地震の際は派遣先でものすごい揺れを感じましたが、おかげさまで私も娘も無事でした。

ー大変でしたね。そこから生活は大きく変わったのですね?

かなまるさん
ベリーダンスの先生をしていた教室が津波の影響を受け、閉鎖されました。流れてしまったところや避難所に変わってしまったのです。当たり前ですが、人命や復興が優先です。ダンスをやっているような状況ではなくなってしまいました。実は震災のあと・・・私自身も何も手に付かなくなってしまったんです。めまいと耳鳴りなどがひどくなって、寝込んでしまいました。これからのことが、不安で一歩も動けなくなってしまったんです。ストレスが原因だったのかもしれません。

ー寝込んでいた状況から何をきっかけに抜け出せたんですか?

かなまるさん
友人の言葉です。
落ち込んでいたときに友人の言葉を機に一念発起したのです。「あなたは何が好きなの? 何がやりたいの?」と。
私にとっての答えは1つ、ダンスをすることだったのです。そこで、思い立って、ダンスを続けるスタジオがなくなったのならば、自分で作ってしまおうと。そう決心したら、不安で一歩も動けなくなっていたはずの体が、動けるようになったのです。

創業資金は娘さんの学資保険!

ー起業のきっかけは分かりましたが、3つの仕事のかけもちからの起業ですから、資金の準備が大変だったのではないですか?

かなまるさん
起業するつもりで働いていたわけではなかったので、娘に話をして、娘の学資保険を借りました。娘に私の想いを伝えたら、応援してくれたのです。本当に親孝行な娘です。地元の大学に行ってね、と勝手なお願いもしました(笑)。当時は中学生だったのですが、今は東北大の工学部に通っています。娘の教育資金用の貯蓄500万円と親から借りたお金を元手に、まずは場所探しを始めました。

ーすぐに場所は見つかったのですか?

かなまるさん
いえ、なかなか難しかったです。ダンスをする場所なので、音もしますから。震災のあと半年ほどお休みし、友人の言葉で9月に一念発起して、翌年の1月に物件がやっと見つかりました。ですが震災後ということで、内装などの工事の費用が高騰していました。スタジオは200万円の予算でお願いしたところ、見積もりが700万円。値引きしてもらったり、コストを抑えたり工夫して・・・それでも600万円かかりました。そして、スタジオルーモコレクションとしてレンタルスペースの事業を始めました。私以外にも場所がなくて困っている人、同じ思いの人がいるはずだと思ったからです。現在では場所を借りてくださる利用者さまが100名程いらっしゃいます。ですからスタジオルーモに来られるお客さまは、さらにたくさんの人数になりますね。

ー場所を借りたいという利用者さんはどうやって増えたのですか?

かなまるさん
最初はダンス教室の仲間の先生でした。おかげさまで、だんだんと口コミで広がって行きました。スタジオルーモコレクションの名前の由来は「光」です。ルーモは、エスペラント語で「光」という意味があり、いろんな人が持っている心の光を集めることができる場所になればいいと思って名付けました。被災後の生活では、本当に「光」がありがたかったので。

レンタルスペースの価格設定の考え方

ースタジオルーモコレクションではスタジオだけではなく、ネイルやマッサージ、ハンドメイドの教室ができるようなサロンスペースを場所貸しするスペースもありますよね?

かなまるさん
私自身、自宅でネイルサロンをやっていたときに、自宅に呼ばないで街中でできると良いなぁと思っていたのです。ですが、適当な場所はありませんでした。ですから、私のような人が借りやすいように作りました。

ー価格表を見ると3時間1050円ですが、安すぎませんか?

かなまるさん
はい。薄利多売です(笑)。3時間1050円という価格も安いですが、ネイルのお客さまから頂く施術料が7000円とすると、場所代を引いて6000円あればネイリストさんの時給も2000円くらいになるので、良いかなぁと。お客さま目線で、私自身の経験から値段をつけました。格安で薄利多売ですけど、借りるネイリストの皆さんやお客さまは喜んでくれています。12~14名のネイリストさんが予約してくださって、ほぼ毎日埋まっています。

ーマッサージのスペースも同じ考え方ですか?

かなまるさん
はい、そうです。私も施術できる資格を持っていたのですが、やはり適当な場所がなくて困っていたのです。ベット付きの場所がなく、ホテルなどを借りていた方などがレンタルしてくださっています。こちらは1時間840円か、3時間2100円で借りてくださる方が多いです。1人お客さまの予約が入ると1時間分だけ、2人のお客さまの予約が入ると3時間がちょうどよいからという理由で価格設定しています。

ー透明のレンタルボックスも置かれていますが、どういう利用が多いのですか?

かなまるさん
こちらは、ハンドメイドの教室をサロンスペースで行う方が借りてくださっています。出来上がった作品を販売するスペースにもなります。

ー売り上げはどうするのですか?

かなまるさん
スタジオルーモコレクションのスタッフが代行してお金をお預かりします。ハンドメイドの作品って、置くスペースだったり販売するのが大変だったりするので、それをお手伝いします。受付のついでで出来ちゃいますから。ここに置かれた作品を見て、ハンドメイドの教室に通うお客さまもいらっしゃいます。

ーボランティアに近いというか商売として成り立つのでしょうか?

かなまるさん
はい。お客さまに幸せを売るつもりでやっています。そして、横のつながりができて女性が来やすい雰囲気のスタジオルーモコレクションにしたいと思っています。実際に来てくださる人がたくさんいる場になっていることで、商売にもなっていますよ。

自分の好きで、ひとの役に立つことをする

ー最後に、起業を考えている読者にひとこと、お願いします。

かなまるさん
私がスタジオを始めると言ったときに、起業家の先輩から「甘い!!」と言われたりもしましたが、なんとかここまでやってこられました。うまくいくようになったのは、好きなことを見つめ直した結果です。事業としてやるときには、自分の好きなことが、どう人の役に立つのかなと考えてみるのがいいと思います。自分だけでは何もできないと思っている人がいたら、自分で限界を作らずチャレンジすることが大切です。何もないと思っていた私でも出来たくらいですから、誰でもまず1歩を踏み出せば、大きいことはできないかもしれませんが、何かは必ずできるはずです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう。

最新記事をお届けします

おすすめの最新記事

近年、競技の一種として発展しつつある「eスポーツ」。

eスポーツとは、世界中にいるゲームのプレイヤーが腕前を競うという、れっきとしたプロスポーツです。

4年に1度開催される世界的なスポーツの祭典オリンピック。そのアジア版「アジアオリンピック」にeスポーツがメダル種目として認定されるほど、大きな盛り上がりを見せています。

(さらに…)

2018年6月22日

PLOFILE

西尾周一郎さん(35歳)

(株)クレオフーガ/岡山市北区
大学在学中に、音楽投稿サイトを開設、2007年に法人化。
現在は音楽投稿コミュニティ「クレオフーガ」と音源販売サービス「オーディオストック」の運営を手がける。
オーディオストックでは8万5000点を超える音素材が販売されている。 (さらに…)

2018年6月21日

Line
Line
Line

月間アクセスランキング

カテゴリー

注目のキーワード

アントレnet

独立、開業、起業をご検討のみなさまへ
アントレnetは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。

会員登録はコチラ

アントレnet公式ページ