カテゴリー

Line

嫌いな仕事も好きになる! お坊さん兼IT企業社長が教える、自分の人生の選び方

葬儀や法事など、おそらく誰もが何らかの形でお世話になったことがあるであろう、お坊さん。

お坊さん(=僧侶)というと、法事・法要などでお経を上げ、普段は仏教の修行に励む…というイメージをお持ちの方が多いのではないでしょうか。

今回お話を伺った大洞龍徳(おおほら・たつのり)さんは、東京都荒川区町屋に位置する「町屋光明寺」の住職であるとともに、IT企業の社長も務めています。

なぜ僧侶である大洞さんは、起業を決意したのでしょうか。

起業の経緯、お寺の生き残りをかけた厳しい仏教界の現状―。

そして大洞さんの長い僧侶生活の中で培ってきた「嫌いな仕事を好きになる方法」について、取材しました。

<プロフィール>
大洞龍徳/おおほら・たつのり

町屋光明寺住職・エンジニア・有限会社ベアーシステム代表取締役

1969年生まれ。
岐阜県に本坊を持つ無量寿山光明寺では責任役員を、町屋光明寺では住職として執務に当たっている。
室町時代に建立された浄土真宗寺院である光明寺は、現在、東京(新宿・町屋)をはじめ、京都、千葉、埼玉にも展開。
世界遺産保護や講演会の開催など、文化活動にも力を入れている。

有限会社ベアーシステムでは主に、寺院を顧客としたコンピューターに関するソフトウェアの企画開発、製造販売を行っている。

また、高齢化社会を見据えた「苦労なき供養」を提唱。
「東京御廟」をはじめとした数々の自動搬送式納骨堂をプロデュースする。

伝統と変化を受け入れて革新を生み出すお寺を目指し、寺院職員の終活カウンセラー資格取得を推奨。
現在、全ての正社員が資格を有している。

お寺の住職が、IT企業の社長に? 大洞さんが起業した理由

ー「町屋光明寺」の住職でありながら、「ベアーシステム」の代表を務められている大洞さん。なぜ、僧侶になる道を選んだのですか?

大洞さん
私の実家が僧侶の家系で先祖代々、お寺を継ぐことが当たり前になっていました。

したがって私も、半ば強引に僧侶の道に進むことになってしまったのです。

ー反発しなかったのですか?

大洞さん
学生の時は反発しましたね(笑)。

やはり、自分の人生を勝手に決められるのは嫌でした。

とはいえ育ててもらった恩もありますし、ひとまず仏教系の大学に進学し、卒業後は実家のお寺を継ぐことにしました。

ー大学を卒業するまでの間に、何か心境の変化はありましたか?

大洞さん
仏教って2500年もの間、人間の在り方について研究されているので、あらゆる悩みに対するヒントになるような教えが多いんですよ。

その中で「人生の歩み方」について、言及された教えがありました。

結局、自分の人生は自分のもの。たとえ親に決められた「寺を継ぐ」という決められた道だとしても、それをどう歩むのかは自分次第だということに気がついたんです。

そこに気づいてからは心が軽くなって、「実家を継ぐのも悪くないかな」と思えるようになりました。

ーご実家をお継ぎになった後、システム開発会社「ベアーシステム」を立ち上げられました。僧侶という仕事の傍ら、なぜ起業されたのでしょう?

大洞さん
事の発端は、今から20年ほど前、当時の寺の事務員が手作業で伝票を作っていたことです。

伝票を作る、という機械的で単純な作業にも関わらず、終えるまでに相当な時間を要していました。

それを見た時「もっと効率よくスピーディーに終わらせることはできないか」と思い、独学でシステムの勉強をし始めました。

ーお坊さんがシステムの勉強ですか、とても意外です(笑)。

大洞さん
私はもともと理系が得意分野だったので、システム作りの勉強を始めるのは苦ではありませんでした。

さらに僧侶の仕事は、繁忙期と閑散期がはっきり分かれるので、閑散期は結構時間が空くんです。

その時間を上手に使って、電話帳並みに分厚いマニュアルを読みながら、システムを構築していきました。

当時はインターネットがあまり普及していなかったこともあり、ネットを使って調べることができなかったので、今思うと大変でしたね(笑)。

ーそして徐々にシステムを使って、作業的な仕事を減らしていったのですね。

大洞さん
はい。

集計システムから供養の予約システム、お金や顧客の管理システムなど、様々なデータベースを作っていきました。

結果、伝票作成を含めたほぼ全ての事務作業をPC内で完結させることができました。

ーその成功から、ビジネスにも発展させたのですね。

大洞さん
はい。

あらゆる仕事を電子化するようになり、各地のお寺から「うちにもシステムを作ってほしい」と、依頼がくるようになりました。

そこで光明寺の作業効率化のためだけでなく、1つのビジネスとしてデータベースを構築して販売をしようと考え、「ベアーシステム」を立ち上げたんです。

お寺も生き残りをかける時代へ! 起業して身につけた、マーケティング思考

ーそういったシステム開発は、システム専門の会社へ依頼するのが一般的かと思うのですが、なぜ「ベアーシステム」が支持されているのでしょう?

大洞さん
それは私たちがお寺であり、お寺のためのシステムを作っていることが、大きな理由ですね。

私は「どの作業を効率化したらお寺が助かるのか」という部分を模索しながらシステムを作っているので、同業種の方からは「お寺のことをよく理解している、光明寺に頼みたい」とお声をかけていただいております。

それに加え、光明寺自体がシステムの導入事例にもなっているので、他業者に1からシステムを作ってもらうより効率的で取り入れやすいと思います。

ー同業種による成功例があると、それをそのまま導入したいと思うのは自然なことだと思います。ちなみに大洞さんのように、僧侶として活動しながら、会社を経営されている方はいらっしゃるのでしょうか?

大洞さん
檀家の少ないお寺の住職は、何かしらの職業に就かれている方が増えていますね。

檀家制度というのは、葬祭供養一切をその寺院に任せる代わりに、主に寄付として経済支援を行うことです。

檀家制度があるお寺は、お布施をいただいている関係で、他の事業を展開することは難しいんです。

ーということは、光明寺では檀家制度を敷いていないということでしょうか?

大洞さん
そうですね。

そして檀家制度を敷いていないということは、檀家からお金を寄付してもらうことができません。

なので光明寺のように、檀家制度を敷いていないお寺を維持していくためには、住職の仕事以外で事業を創出していかないと厳しくなりつつあります。

言い換えると、他の事業でお金を稼いでいかなければ、お寺が潰れてしまう可能性があるということです。お寺も生き残り戦略が必要になる時代になってきているんです。

ーお寺を維持していくために、大洞さんは何が必要だと思いますか?

大洞さん
常に「先を読む力」が必要だと思います。

時代は絶対に逆行しません。だからこそ、今後の流れを見据えて先手を打つことが非常に大切です。

その中でも特に重要なのは「マーケティング」の考え方だと思っています。

今までのお寺というのは、仏教を世に広めることで、生き残ることができました。

しかしこれからの時代、それだけじゃ立ち行かなくなってしまいます。お客さまや業界動向についてもっと市場調査を行う必要もありますし、お客さまに合わせた最適なご提案をしていかなければなりません。

例えば私の場合、システム制作だけでなく、お寺としてもお客さまのニーズに合わせたサービスを展開しています。

都市においては納骨堂が増え続けるという需要を見越して、東京都内、または関東近郊に多数の納骨堂を設置しています。

また、ビジネスパーソン向けに仏教の教えをレクチャーする勉強会の開催など、様々なアプローチで仏教というものに親しんでいただきたいと考えています。

常に「お寺がどういった価値を提供できるのか」を考え、時代の先を読むことを心がけています。

理解を深めて、好きなものと掛け合わせる。仏教が教えてくれた、嫌いな仕事を好きになる方法

ー大洞さんのお話を聞いていると、一般的な「お坊さん」のイメージから、ますますかけ離れていきます(笑)。自ら進んで入ったわけではないにせよ「僧侶と起業家」の2足のわらじを履かれている大洞さんを見ていると、しっかりと「自分の人生」を歩んでいらっしゃるなと思います。

大洞さん
そうかもしれませんね(笑)。

私は仕事に対する「好き」「嫌い」という感情は、自分の捉え方次第で変わってくると思います。

もう少し噛み砕いて説明しましょう。

私は自ら進んで入ったわけではない仏教の世界で、仏教の様々な教えに触れ、仏教の良さや奥深さを感じることができました。

そして私自身が興味のあったITを寺院の事務に取り入れたら、業務が圧倒的に効率的になり、結果それがビジネスにも繋がった。

そこで培った経験を踏まえて、お寺の経営に関しても考えるようになり、お客さまのニーズに合わせたサービスを展開するようになりました。

今思えば全部が繋がっているように思えます。

ー「嫌い」な仕事を「好き」になる。僧侶に限らず、あらゆるビジネスパーソンが必要とするスキルですね。

大洞さん
仕事への理解を深めて、自分の興味あるものと掛け合わせると、今までと違った世界が見えてきます。

これも仏教的な考え方なのですが「過去に味わってきた喜びや苦しみ、悲しみなどの経験は全て、今の自分にとって必要なこと」なんです。

人生に不要なことは何1つありません。

この文章を読まれている、独立や起業を考えている方の中には、今の自分の仕事に対して様々な不満をお持ちの方がいらっしゃるかもしれません。

でもそれは長い目で見ると、実は自分に与えられた試練だった、ということが多いのです。

今の仕事を続けるにせよ、辞めて独立や起業、転職をするにせよ、まずは今できることを精一杯やってみてください。

1つ1つの仕事、一期一会の出会いを大切にして、自分なりに仕事の良いところが見つけていければ、良い人や良い仕事との出会いが生まれると思います。

この記事が気に入ったらいいね!しよう。

最新記事をお届けします

おすすめの最新記事

9月14日(金)・15日(土)の2日間にわたり、東京ドームシティ内のプリズムホールにて「アントレフェア2018」が開催されました。

「アントレフェア」とは多くのフランチャイズ本部や代理店本部がブースを出展し、加盟についての詳細を直接会話することができる年に1度のイベント。さまざまな業界のブースがあるので、1度に多くの情報を集めることができます。

さらに、資金調達や会社設立、起業の税務相談など、各分野に特化した専門家ブースもあるので、その場で相談することも可能。自分で探してあちこち足を運ぶことなく、業界市場や最新トレンド、経営に必要な知識についても効率よく収集できるイベントなのです。

今回は、そんな2日間の「アントレフェア」を体験取材! 本気で独立・起業を考える人で大盛況だったイベントの様子をお届けします。

「知らなかった」「残念ながら参加することができなかった」という方は、次回の予習も兼ねてご一読ください。

アントレ編集長が会場のまわり方を教えてくれる!? 企業ブースを訪問する「比較ツアー」に密着

受付では、講演のタイムスケジュールや会場マップが入ったバックを受け取ります。

講演は何時から? どんな企業がブースを出しているの? と迷っていると、会場の回り方やコツを説明してくれる入口スタッフが来場者を誘導してくれました。

どのようにフェアを回るかは個人の自由ですが、このような説明があるだけで、会場内で行われている各種イベントをある程度把握することができます。

会場に入って最初に目に留まったのは、「比較ツアータイムスケジュール」の看板。

「比較ツアー」とは、「副業」や「自宅で開業」など、参加者の希望のテーマに沿った企業をツアー形式で周り、比較しながら検討できるというもの。
複数人のグループを作って出展ブース(3〜5社)を回る、予約制のイベントです。

1時間ほどで効率的に情報収集することができるので「どの企業に話を聞けばいいのか分からない」「広い会場内を探し回るのは大変」という方にはおすすめのツアーです。

今回は、ツアーテーマの1つにある「編集長と行く!アントレフェア」に参加してみることにしました!

こちらがアントレ編集長・菊池保人さん。

菊地編集長が各企業ブースに直接案内してくれるので、初めての参加で右も左も分からない方にとっては心強いですよね。また、3人程度のグループでまわるので、「1人で話を聞くのは不安」という方にとっても安心です。

それでは菊地編集長、よろしくお願いします!

ブースに着くと、各フランチャイズ本部の担当者から開業資金や業界、市場について、分かりやすく丁寧に教えていただけます。

説明を聞いている途中で少しでも疑問に思ったことがあれば、「これ、どういうことですか?」と気軽に質問・相談することも可能。何か不明な点があればその場で確かめ、疑問を解消することができました。

もちろん、「自分のペースでゆっくりと話を聞きたい」「お目当ての企業の話のみを聞きたい」という方は個別で企業ブースを訪問できるので、積極的に会場内を回ることをオススメします。

素敵な笑顔で丁寧に案内してくださった菊地編集長、ありがとうございました!

魅力たっぷりの企業ブースを紹介!

ここではツアーで回った企業ブースをご紹介します!

まずは、今年で80周年を迎える工具の高級ブランド「マックツールズ」の日本国内事業を展開するマックメカニクスツールズ株式会社。

企業ブースに着いた時は、大きな車が乗り入れてあってビックリしました(笑)。

株式会社サンライズのフランチャイズ加盟店である、完全テイクアウト型メロンパン専門店「Melon de melon(メロン・デ・メロン)」のブースでは、メロンパンの陳列もありました。

車からメロンパンまで、様々な企業がブース出展しているのも「アントレフェア」の魅力のひとつです。

また企業ブースの中には、こうして商品を購入して試食・試飲できたり、その企業ならではのさまざまサービスを体験することができるので、全てのブースを回ってみたくなりますね!

開業資金の融資ノウハウを、専門家に無料で相談できる!【独立開業無料相談コーナー】

会場の奥には、「独立開業無料相談コーナー」があります。

ここでは日本政策金融公庫など、融資や会社設立の専門家から直接アドバイスを受けることができます。
名前の通り、いくら話を聞いても無料なので、資金調達、会社設立、税務相談について少しでも疑問に思っていること、悩みがあれば気軽にどんどん聞いてみましょう!

【企業・ゲスト講演】日替わりで杉村太蔵氏や、藤原和博氏ら豪華ゲストが登壇! 開業時に取り組むべき重要課題を学ぶ

講演スペースでは、2日間で合計10社の企業公演と、8名の方々による豪華なゲスト講演のコーナーも設けられています。

その中でも特に大盛況だったのが、9月14日(金)に行われた、元衆議院議員で、現在はタレントとしてもご活躍されている杉村太蔵氏によるスペシャル講演です。

「バカは活きる」をテーマに、プライドを捨てた男の人生から学ぶ自分らしさが活きるキャリア論を熱弁。杉村氏の実体験を元にした貴重なお話を語ってくださいました。

企業講演では、会場にブースを出展している各企業担当者が、各々掲げる経営理念やビジネス戦略、開業資金などを、画像や映像を使ってわかりやすく説明してくれました。

また、9月15日(土)には、藤原和博氏のスペシャル講演が大盛況!『戦略的「モードチェンジ」のすすめ』をテーマに、ホワイトボードを使って「100万人に1人の人材」になるためのキャリアアップ論を解説。ご自身の経験もふまえ、迷える世代に向けてアドバイスを送ってくれました。

こうした講演は、普段ならなかなか聞く機会のない著名人の実体験に基づく話を聞ける貴重なチャンスでもあります。

加えて、独立開業の専門家からお金の借り方、副業のはじめ方、フランチャイズの開業資金といった起業ノウハウを一気に聞くことができるので、独立・開業を考える方にはぜひ参加していただきたいイベントですね!

シールを集めて豪華プレゼントをゲット!

この「アントレフェア」は、講演を聞いたり、企業ブースを回るだけではありません。参加者なら誰でもチャレンジできる「シールラリー」というものが常時開催されているのです。

こちらは、来場時にもらえる上記画像のカードに、企業を1社訪問する、もしくは企業講演に参加するごとにシールが1つもらえます。

最終的にこのカードに3つ以上のシールを集めることができれば、会場出口にある特典ブースで豪華なプレゼントをもらうことができます。

シール3〜4枚で「独立関連書籍」、シール5枚で「クオカード500円+独立関連書籍」がゲットできちゃいます!

こちらがシールを3枚以上集めると貰える独立関連書籍一覧です。

講演した方の書籍も用意しているので、ぜひいろいろな企業を訪問したり講演を視聴してシール集めにもチャレンジしてみてください。このような本を読むだけでも、これからの独立準備に向けて大いに前進することができそうですね。

独立・開業を考える人は必見! 起業家マインドとノウハウを得て、新たな1歩を踏み出そう!

各企業ブースや相談コーナーでは「開業に必要なノウハウ」、起業家や著名な方々の講演では「起業家マインド」を学んだ2日間。これから独立・開業といった新たなビジネスの世界に挑戦するにあたって、欠かせない要素が全て集まったイベントでした。

「独立・開業について考え始めたばかり」「起業するにはどんな知識が必要で、どんなスキルを磨くべきなのか分からない」という方でも基礎からしっかりと教えてくれるので、今回参加できなかった人は、次回の「アントレフェア」へぜひお越しください!

アントレ公式キャラクターの「アントラ」くんも待ってますよ!

また、メルマガ会員になれば常に有益な情報がもらえるので、登録しておくと便利です。LINE公式アカウントもあるので、そちらもチェックしてみてくださいね!

※また「アントレフェア」の小規模バージョンの「アントレアカデミー」も随時開催しています。

10/23(土)@大阪
10/27(土)@東京
11/10(土)@愛知

お電話での受付はコチラから
0120-854-080

2018年10月19日

Line
Line
Line

月間アクセスランキング

カテゴリー

注目のキーワード

アントレ

独立、開業、起業をご検討のみなさまへ
アントレは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。

会員登録はコチラ

アントレ公式ページ