スタイルのある生き方へシフトしたいビジネスパーソンのためのニュース・コラムサイト。
検索
起業家・先輩から学ぶ

「俺ら40のおっさんっすよ? 時間ないっすよ!」ニブンノゴ!宮地ケンスケを変えた言葉

「俺ら40のおっさんっすよ? 時間ないっすよ!」ニブンノゴ!宮地ケンスケを変えた言葉

「俺らもう40のおっさんっすよ? 時間ないっすよ!」。

これは今回お話を伺った、お笑いトリオ・ニブンノゴ!の宮地ケンスケさんを変えた、ある演出家の言葉です。

芸人として、20年以上キャリアを積み上げてきた宮地さん。そんな宮地さんは現在、構成作家としても活躍されています。

なぜ宮地さんは、構成作家の道に進もうと思ったのでしょうか?

今回は宮地さんのキャリアについて振り返るとともに、構成作家として活動するようになった理由について伺いました。

<プロフィール>
宮地ケンスケさん
芸人/構成作家

高知県出身。
同じ高校の後輩であった大川知英さんと、高校の文化祭をきっかけにお笑いコンビを組む。そこに森本英樹さんが加わり、1997年にお笑いトリオ・ニブンノゴ!を結成する。
以降は、所属事務所である吉本興業の所有する劇場を中心に、お笑い芸人として活躍。

近年では、構成作家としても活躍しており『全力!脱力タイムズ』『千鳥のクセがすごいネタGP』(いずれもフジテレビ)などを担当している。

チャンスがあるならチャレンジしたい! 宮地さんの情熱の火が灯った、ニブンノゴ!結成秘話

――芸人として20年以上のキャリアを積み、現在は構成作家としても活躍されている宮地さん。芸人から構成作家の活動をされるようになった経緯から、聞かせてください。

宮地さん
芸人としては1997年に大川、森本(※)と一緒にニブンノゴ!を結成しました。

初めてお笑いというものに触れたのは、高校3年生の頃。

高校の文化祭でお笑いライブをすることになったのですが、当初相方になるはずだった同級生の最終面接が文化祭当日と被ってしまって。

急遽代わりの相方を探した時に見つけたのが、当時1年生だった大川だったんです。大川は学校中で有名な面白いやつだったので(笑)。

その後、専門学校に入学したのですが、今度は専門学校の学園祭で同じようにお笑いライブをすることになったんです。

そこで大川と再び組むことになったのですが、大川から「もう1人面白い同級生がいて」と紹介されたのが、森本でした。

※ニブンノゴ!のメンバー・大川知英さん、森本英樹さん

――そうして、現在のニブンノゴ!の形になったと。結成したタイミングでプロになろうと思っていたのでしょうか?

宮地さん
いえ。僕の実家が土産屋をやっているので、専門学校を卒業したら家業を継ごうと思っていたんですよ。

でも専門学校の学園祭の時に、たまたま見に来ていた高知県の職員の方の目に留まって。その方にいろいろ後押しをしてもらい、定員400人ほどの場所でライブをさせていただいたりと、一時期はご当地タレント的な活動もさせていただきました。

そうした活動をしていく中で、大川と森本から「真剣にお笑いをやりませんか?」と誘われたんです。

当時はまだアマチュアながら、芸人として活動をさせていただいていてとても楽しかったですし、何より一度しかない人生、チャンスがあるならチャレンジしてみようと。

なんというか、自分の中で情熱が燃え始めたんです。

親も最初は反対していましたが、最終的には理解を示してくれて。そして3人で、東京へと向かいました。

上京、デビュー。そして「キングオブコント」での挫折を経て、構成作家へ転身した理由

――ニブンノゴ!を結成し高知から上京。所属されている吉本興業へは、養成所を経て入所されるパターンが多いそうですが……?

宮地さん
実は、僕らは養成所出身ではないんです。

上京後、とりあえず吉本興業(以下、吉本)のお笑いライブを見に行ってみよう、という話になって。当時渋谷にあった劇場へライブを見に行きました。

するとそこに「新人芸人募集」の張り紙があったので、葉書を送ってみたら連絡が返ってきて。

僕らはアマチュアでありながら、芸人として高知で活動していたこともあったので、養成所を出ることなくそのまま劇場でライブをさせていただくようになったんです。

――そしてプロの芸人としてのキャリアをスタートさせたと。

宮地さん
はい。

以降は劇場でライブをさせていただきながら、たまにお笑い番組にも出させていただくようになりました。

あれから20年超。デビュー当時は渋谷と銀座にあった劇場はなくなってしまい、一時期は結構大変な思いもしたのですが(笑)。やはり劇場は吉本芸人にとって、ホームグラウンドのような場所なので。

その後新宿に完成した「ルミネtheよしもと」での活動やテレビ番組など、着実に経験値を積んでいきました。

――そして近年では芸人として活躍されている傍ら、構成作家として活躍されていると伺いました。なぜ作家業を始められたのでしょう?

宮地さん
「キングオブコント」(※)での挫折がきっかけですね。

僕らはコントというネタのスタイルが好きなんです。

だから2008年の第1回大会以来、毎年開催される「キングオブコント」にはほぼ毎年エントリーしていましたし、ここ最近は「キングオブコント」を“1年の目標”として活動してきたところもあります。

ですが結果は、良くて準決勝進出止まり。2017年、2018年大会では、2回戦で落選してしまって……。

近年は若手芸人のネタのクオリティが本当に高く、加えてお客さんの目もとてもシビアです。そんな環境の中で、20年以上キャリアを積みもう決して若いとは言えない僕らが、勝ち残って結果を出すためにはどうするべきか、議論に議論を重ねてきました。

「僕らのコントの“定番”で攻めるべきか」「もっと今の時代に合ったコントにシフトをするべきか」――。

いろいろなことを考え、悩み、挑んだ2019年大会でも、結果は準々決勝進出止まりでした。

活動できる場所がある以上、芸人をやめる必要はないにせよ、ここまで知恵を絞ってやり切っても結果が出ないのであれば、別の切り口で道を探さなければいけないなと。

20年以上芸人として活動してきた経験を活かしつつ、他に何かできることがないかと考え始めたんです。

※吉本興業主催のお笑い王者決定戦。漫才の「M-1グランプリ」、ピン芸人の「R-1ぐらんぷり」同様、コントのナンバーワンを決める大会で、決勝戦は全国放送される。

――それが作家業であったと。

宮地さん
ええ。

もともと構成作家には興味がありました。

芸人として劇場でネタをやっている時から、企画ライブやゲームコーナーなどを自分で立ち上げるのが好きだったこともあって、番組や舞台を作る側に回ってみても面白いんじゃないかと。

そう思っていた最中、マンガ家の東村アキコ先生の運営する芸能事務所「東村プロダクション」のYouTubeに企画を出させていただく機会がありました。

そしてありがたいことに、結構な頻度で僕の企画を使っていただいたんです。

「これはもしかすると向いているのでは……?」と思い、芸人の活動を通して出会ったスタッフやプロデューサーに、構成作家として携わらせてもらえないかと、ひたすら聞いて回りました。

それから少しずつ、作家の仕事をさせていただくようになったんです。

「俺らもうおっさんっすよ? もっと得意なことに向き合いましょうよ!」――宮地さんを変えた、名城ラリータさんの言葉

――2019年の「キングオブコント」以降ということは、構成作家として活動されるようになっておよそ2年ほどなんですね。

宮地さん
ええ。だからまだまだ構成作家としては新米ですが、現在ではありがたいことに仕事の比率の8割が作家業です。

フジテレビ系列で放送されている『全力!脱力タイムズ』や『千鳥のクセがすごいネタGP』といったテレビ番組や、舞台などの構成を担当させていただいています。

――芸人と作家業。近いものがあるとはいえ、40歳を過ぎてからのキャリアの転向に、不安はなかったのでしょうか?

宮地さん
たしかに芸人に加えて、何か新しくできることを探そうと思った時「全く不安がなかったか?」と言われると、そんなことはありません。

ですが今は、不安以上に、仕事に対して情熱を持って楽しく取り組めています。

その理由は、名城ラリータさん(※)の影響がかなり大きいですね。

※テレビプロデューサー・ディレクター。『全力!脱力タイムズ』の制作総指揮や『千鳥のクセがすごいネタGP』の演出を担当している。

――ラリータさんの、どのようなところに影響を?

宮地さん
ラリータさんとは『全力!脱力タイムズ』などいくつかの番組でご一緒させていただいてるんですが、ラリータさんは本当に楽しそうに、それでいて誰よりも情熱を持って、こだわって番組作りをされる方なんです。

そんなラリータさんと一緒に仕事をしているからか、その影響で僕も最近はより仕事に対して情熱的に、ストイックになっていきました。

そんなふうに仕事をしていたら、いつの間にか不安を感じる暇なんてなくなってきた、というのが正しい表現かもしれません。

――ラリータさんとお仕事をされる中で、印象に残っていることはありますか?

宮地さん
構成作家になりたてだった頃は、それこそ不安というか、年齢的な焦りからか、自分の得意なこと以外もアレコレ挑戦してみたいとラリータさんに相談したことがありました。

そしたら、ラリータさんは一言。

「宮地さん。俺らもうおっさんっすよ? 時間ないっすよ? いろいろやりたい気持ちもわかりますけど、自分の作家として勝負できる部分で汗かいてください!」と。

――愛の喝をいただいたと。

宮地さん
はい。「そうか、そうだよな」と思いました。

僕のいいところは、芸人生活で培ってきた「お笑いのネタや企画をゼロイチで考えたり、作ったりできるところ」。

若い頃から構成作家としてバリバリ活躍されてきた方と新米の僕。
比べるのも変な話ですけど、もし僕にアドバンテージがあるとしたら、僕のいいところを徹底的に伸ばすしかないってことを、ラリータさんが気づかせてくれました。

あの時はハッとしましたね。

僕とラリータさんは同い年なのですが、この仕事ではラリータさんは大先輩です。

これは共感してくださる読者の方もいらっしゃると思うんですけど、40歳を過ぎると、もう誰も自分に注意してくれないじゃないですか。

だからこうした愛の喝は本当に貴重ですし、本当に嬉しかったですね。でもラリータさん、この時は結構飲んでいたので、言ったことを覚えてない可能性がありますけど(笑)。

あの一言で、僕の仕事に対する意識は変わっていきました。

――どのように変わっていったのでしょう?

宮地さん
作家には次の打ち合わせまでに、企画やアイデアを出す「宿題」が、毎回課されます。

キャリアを積んで売れっ子の作家さんと比べて、僕が有利に立てるとすれば、売れていない分、時間があるということ。だからとにかくその「宿題」を人よりも多くこなすよう心がけるようになりました。

とにかくゼロイチで、何か面白いことを考え続ける。

すると提案する企画やアイデアが多い分、採用される確率も少しずつ上がってきて。要するに「粘り勝ち」ですね(笑)。

ゼロから企画を考えるのは大変ですし苦しいですけど、いいものが生み出せた時の快感がクセになっていきました。

どんな失敗も“おかげさまで”をつければ、プラスに変えられる。自分の中の情熱を、もう一度

――宮地さんの、これからの展望について聞かせてください。

宮地さん
自分にしかできないことを活かして、これからも芸人・作家として活動していきたいですね。

企画をゼロイチで考える、というのもそうだと思うんですが、僕が芸人出身の作家だからこそできることもあるなと思っていて。

番組を制作するスタッフ側と、出演する側。両方の気持ちが分かるわけですから。

現場に出る芸人の気持ちや考えを上手に汲み取って、より良い番組作りができたらと思います。自分だけのやり方やポジションで、オンリーワンを目指していきたいですね。

――最後に読者のみなさんへ、メッセージをお願いします。

宮地さん
独立・起業に必要なことがあるとするなら、失敗を活かせる力、そしてやはり情熱なんじゃないかなと思います。

IPS細胞で有名な山中伸弥教授もおっしゃっていましたが、どんな失敗も“おかげさまで”をつけると、プラスに転換できます。

「キングオブコント」で結果が出なかったことも、作家として焦っていたことも“おかげさまで”今にちゃんとつながっている。

それに40歳を過ぎてもこうして熱中できることに出合えて、本当に幸せだなって思うんです。もちろん大変な時の方が多いですけど、それ以上に楽しさだったり情熱を燃やせるのが嬉しくて。

まるで運動会のリレーの選手になろうとがんばってる中学生みたいな。僕でいうなら、芸人になりたての頃のギラギラした感じというか(笑)。

いつしか自分の中で隠れてしまった「やってやる!」っていう情熱の火が、もう一度ついているんですよね。

その火がつく瞬間って、大なり小なり誰にでもあると思うんですよ。

だからも自分のキャリアで悩んでいるなら、自分の人生で火がついた瞬間を思い出すことが始めてみるといいんじゃないかと思います。

そこに何かしらのヒントが隠されているのではないでしょうか。

取材・文・撮影=内藤 祐介

この記事を読んだ方におすすめの授業

【教えて!先輩社長①】お笑い芸人の人材紹介 株式会社俺 中北朋宏さん

【教えて!先輩社長②】結婚相談所 グラッツェブレーゴ 加藤具総さん

【教えて!先輩社長③】ゲームのコンテンツ開発 Digital monkey株式会社 天野祐樹さん

PICK UP この記事に興味のある人が見ている独立開業プラン

アントレ 独立、開業、起業をご検討のみなさまへ

アントレは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。