カテゴリー

Line

働く人の「つまらない」をなくしたい。美崎栄一郎が、ユニークなご当地お土産を手がける理由

「会社の名前ではなく、自分の名前で勝負したい」

おそらく独立・起業を考える人にとっての、大きな目標だと思います。

今回お話を伺った美崎栄一郎さんはまさに、大企業の看板を捨て、自分の名前で勝負をし続けています。

日用品メーカーの最大手「花王」で商品開発に携わった後、独立。

現在はビジネス書作家・セミナー講師、起業家など、幅広い分野で成功を収めています。

今回は「花王」から独立をして作家・起業家の道を選んだ理由を、美崎さんの半生を振り返る形で伺いました。

自分の名前で勝負をし続ける。その姿勢を体現する美崎さんの頭の中を、紐解いていきましょう。

<プロフィール>
美崎栄一郎

ビジネス書作家/講演家/起業家

株式会社「花王」で衣料用洗剤「アタック」や化粧品ブランド「ソフィーナ」など、幅広い商品の開発を担当。

2009年頃から作家業も始め、デビュー作『「結果を出す人」はノートに何を書いているのか』がビジネス書大賞1位に。その後も著書『iPadバカ』がiPad関連の書籍で最も売れた書籍として記録されるなど、ヒット作を連発。

「花王」から独立後、作家業と並行しながらセミナー講師、起業家としても活躍し、自身が立ち上げた「株式会社戦国」では代表取締役・総大将として、メイドインジャパンにこだわったユニークな「ご当地お土産」で、地方再生に貢献している。

現在は「働く人と仕事の不和の解消」をテーマに、全国各地に会社を作るため、奔走中。

著書は「作品」ではなく「商品」。マーケティングを活かし実現した、職業作家への道

ー作家やセミナー講師をはじめ、起業家としてもご活躍されている美崎さん。現在のようなお仕事をされるようになった経緯を教えてください。

美崎さん
私は新卒で入社した「花王」という会社で、商品開発を担当していました。

それから15年間、商品開発に携わっていましたが、15年で10の製品を世にリリースしました。

1つの製品が開発され世に出るまで、普通1年以上の時間がかかるので、この数字は比較的ハイペースな方です。

1つの商品を開発し終わったら、すぐにまた別の開発を任される。そういった生活が続いていたので、休みもなかなかとれない状態でした。

そして10年以上商品開発の仕事を続けていく内に、だんだんと「花王」ではできないような仕事に挑戦してみたいと思うようになったんです。

ーそれが、作家業だったのですね。

美崎さん
はい。

もともと文章を書いてみたいという気持ちがあったのと「花王」の美崎栄一郎、という名前ではなく、何の後ろ盾もない自分の名前で勝負できる仕事をやってみたかったんです。

そして2009年に本を書くことを始めました。最初は副業として、仕事の合間に本を書き始めたんです。

ー「本を作って世に出す」という作業は、1人だとなかなか難しいと思うのですが、どうやって作家デビューを果たしたのでしょう?

美崎さん
まず、本を出すための方法をいろいろ調べてみました。

そして1番良さそうな方法が、出版社の編集者に自分が書いた本をプレゼンすることだったんです。

ー出版社に売り込むという方法ですね。

美崎さん
はい。

しかし普段から、出版社にはたくさんの売り込みが来ているでしょうし、普通に本を売り込んでも意味がないなと。

そこで私は、もっと効果的に売り込む方法を考えてみました。

「花王」時代私は定期的に、社会人向けに“ビジネスで役立つスキル”をお教えする勉強会を主催していました。その勉強会に編集者の方も呼んで、3時間近く熱弁してプレゼンしてみせました(笑)。

その後「ここで話した内容について、本を書かせてほしい」と、編集者に伝えたんです。そして快諾を得ることができました。

ー美崎さんの強みを活かした売り込み方ですね。その後は、どのように作家生活を歩んでいかれたのでしょうか?

美崎さん
とにかくたくさんの本を出版しました。(iPhone、iPadなどの)ガジェット系、仕事術、ノート術、エクセルの効果的な使い方など、ジャンルもバラバラに出しましたね。

ーここにも何かしらの意図があるのでしょうか?

美崎さん
本屋での著書売り場を、できるだけ広く確保したかったからです。

当時はまだ駆け出しの作家だったので、作家として名を売らなければなりません。そのためにまず私の本の存在を知ってもらうことが大切でした。

しかし、もし私が「ノート術」の本しか書かなかったら、出版した順で古い本から置かれなくなってしまいますよね。

そこで私はノート術だけでなく、ガジェット系、仕事術、エクセルなど様々なジャンルで本を書いていきました。ジャンルが違えば内容も重複しないので、本を出せば出すほど本屋での「美崎栄一郎」のコーナーは充実していくのです。

ー当時まだ駆け出しの作家だったとは思えないほど、入念で緻密な策が練られていますね。

美崎さん
たしかに私は作家としては初心者でしたが、マーケティングの基本的な考え方は、「花王」の商品開発と変わらないんです。

例えば、「花王」の洗剤に「アタック」という商品がありますが、これをいくら改良しても「アタック」という商品に変わりないんですよね。

新しいバージョンの「アタック」が出たら、古い「アタック」はお店に置かれなくなってしまう。つまり、店頭に置かれる商品の絶対数は増えていきません。

「アタック」をちゃんと売りつつも、柔軟剤の「ハミング」やトイレ掃除の「マジックリン」といった用途の異なる洗剤を開発して、店で売られる商品の幅を広げる。

この考え方は、作家という職業においてもなんら変わりはありません。

私は自分の著書を「作品」ではなく、あくまで「商品」だと思っています。

そして「商品」は、売れなかったら意味がありません。「本を売る」という目的を設定して、その目的に合わせて策を考えていったのです。

観光名所と工場、お客を繋げる。“メイドインジャパン”にこだわったお土産を作る「株式会社戦国」

ー会社員として働きながら、作家としてもご活躍されてきた美崎さん。「花王」を退職しようと思ったきっかけは何でしょうか?

美崎さん
作家として、自分の名前で勝負できることが分かり、どんどん作家以外の仕事への興味も広がっていました。

そして2011年の震災の後、「自分の好きなことをしたい」という想いが強くなり、退職をしました。

ー退職後、どのような仕事を始めたのでしょうか?

美崎さん
「今までできなかったこと」をするために、ANAの『プレミアムパス300』(300万円で1年間、日本各地のANA国内線「プレミアムクラス」を300回まで利用できる専用パスポート)を使って、47都道府県、全てを巡りました。

その際「日本100名城」に選ばれた城に全て足を運んでみたんです。

すると行く先々で、「日本の中央集権化」を感じました。

ー具体的にどのようなところで「日本の中央集権化」を感じたのでしょうか?

美崎さん
どの街でもファミレス、スーパー、コンビニといった同じような建物が並んでいて、その土地ならではの魅力を感じられなかったんです。

その土地ならでは、を感じられないのは街並みだけでなく、城でもそうでした。

城そのものは素晴らしくても、お土産として置いてあるのは『ワンピース』や『キティちゃん』といったキャラクターものばかり。しかも国産ではなく、中国製です。

結局、他からやってきたものを、場所に合わせて外面を付け替えてるだけなんです。

この現状に、私はとても危機感を覚えました。

「このままじゃ、日本の地方都市の魅力はどんどん無くなっていってしまう」

その土地ならではの個性や魅力をより引き出すために立ち上げたのが、「株式会社戦国」でした。

ー「株式会社戦国」では、どのような事業を展開されているのでしょう?

美崎さん
主に日本の戦国時代にまつわる商品の企画・開発・販売を行っています。

最初は茨城県立歴史館からの依頼でした。

私の講演を聴いた歴史館に勤務されている方から、「歴史館にあるクリアファイルが全然売れないので、もっと売れるものを作って欲しい」というご相談を受けたのです。

そこで水戸の歴史にまつわるロゴやマークを取り入れた、スタイリッシュなクリアファイルを作ってみたんです。

その他、関ヶ原の合戦で活躍した武将のアイコンがプリントされている「関ヶ原Tシャツ」や、刀が大きくプリントされた「刀剣タイツ」など、個性のある商品を作っていきました。

ー他にはない、ユニークな発想のお土産ですね。

美崎さん
「株式会社戦国」は“面白くないお土産を、面白く"をコンセプトに、商品を製作しています。

そして商品の質にもこだわっています。

例えば「関ヶ原Tシャツ」の製作を依頼したのは、久米繊維工業株式会社。半世紀以上に渡ってTシャツを作り続けてきた、老舗メーカーです。
http://kume.jp/

企画やデザインはこちらで考えて、製品は国内の工場にお願いしています。

Tシャツだけでなく、タイツや織物など、商品の企画に合わせて最もマッチしそうな工場に製作を依頼して、全国のお土産店をはじめ自社サイトでも販売しています。

ー「株式会社戦国」の事業は、これまでのお土産市場に一石を投じる取り組みなんですね。

美崎さん
やはり、ご当地にはご当地ならではお土産があってほしいですし、それを日本国内の工場に依頼するところに意味があると思っています。

日本国内の工場には、腕の立つ職人さんが大勢いらっしゃいます。年々増え続ける外国人観光客の方に対しても、せっかくならメイドインジャパンの製品をお土産として国に持ち帰って欲しい。

日本の観光名所と工場、そして観光客を「株式会社戦国」の事業で、もっと繋いでいきたい思っています。

働く人の「つまらない」をなくしたい。いくつものプロジェクトを立ち上げ続ける理由

ー作家・セミナー講師に加え「株式会社戦国」、そして他にも会社を運営されているとお聞きしました。美崎さんは今、何を目標にたくさんのプロジェクトを進めているのですか?

美崎さん
私は、全国各地に自分の会社を作りたいんです。

作家業から始まり「もっと自分の名前で勝負したい」と思うようになって「花王」を退職してから、いろいろな事業を立ち上げてきました。

震災後に全国各地を旅してみて、私は地方の中だけで「埋もれている人」や、まだメディアなどには取り上げられてはいないけれど「面白いことをやっている人」を支援したいなと思うようになったんです。

例えば、大分県別府市に「ことばハウス」というカフェを作りました。

私はファウンダーではありますが、経営・運営にはそれほど関与していません。別府に通うAPU(立命館アジア太平洋大学)の学生達に経営も運営も任せています。

APUって、海外から来た優秀な留学生がたくさんいるんですよ。彼らの力を借りて、それぞれの国の郷土料理をメニューに加えたり、英会話の交流会を開いたり。

彼らはまさに、面白いのにまだまだ日本で活躍しきれていない人たちでした。

せっかく優秀な頭脳を持った学生が揃っているのに、自分自身を生かせている場所がないなんて、もったいないですよね。「ことばハウス」はそんな彼らが活躍できる場所です。

ー全国に会社を作るという目標は、「まだ活躍しきれていない人」に対してもっと活躍できる「場」を提供していく、ということなんですね。

美崎さん
はい。

最低でも1日の3分の1を占めている仕事という時間を、どう楽しく過ごすかってとても大切だと思うんです。

仕事が「つまらなく、つらいもの」だと思ってやっていたら、生産性が落ちることは当たり前です。

私は働く人と仕事の不和を、自分のプロジェクトによって解消したいんです。

そのために全国に自分の会社を立ち上げて、その人たちがより活躍できる世の中を作っていきたいなと思っています。

相談だけで終わらない。成功したいなら、結果の報告まで忘れずに!

ー最後に、これから起業や独立を目指している方へ、アドバイスをいただけますか?

美崎さん
独立や起業をするなら、既に自分がやっていきたい分野で成功した人に相談することから始めましょう。

私も作家を志した時、全国を旅して起業をしようと思った時など、自分で何かをしようと思った時に必ず、その分野で成功している人に話を聞きに行きました。

自分がどんなビジョンを持っていて、どんなアプローチで勝負しようとしているのか。

誰かに話をすることで自分の中の考えが整理されると共に、成功者ならではのアドバイスを貰えることが多かったのです。

そしてもう1つ。

相談をして学んだことを実行したら、必ず教えてもらった人に報告するようにしましょう。

ーなぜ「相談」をしたら「報告」が必要なのでしょうか?

美崎さん
報告することで、コミュニケーションが続いていくからです。

挑戦が成功しようが失敗しようが、報告することで次のアドバイスもできますし、その後も信頼関係が築けて、良き協力者になるケースが多いのです。

私自身、まだ駆け出しの時は先輩達に報告を欠かしませんでした。

最近は逆に、私が相談を受ける側になるケースが多いのですが、結果の報告までできる人はほとんどいません。

独立・起業は基本的に、孤独になりやすいものです。

相談をしたら結果の報告までセットにすることで、先輩との貴重なコミュニケーションを増やしてみてください。

自分の名前で勝負をしていくためには、必ず頼りになる仲間が必要です。

そのコミュニケーションが、間違いなくあなたの独立・起業の成功率を上げてくれると思います。

この記事が気に入ったらいいね!しよう。

最新記事をお届けします

おすすめの最新記事

開業時には、様々な手続きやパソコンをはじめ備品購入など、多くの費用がかかります。これは、資金に乏しいスタートアップ企業にとって、決して軽くない負担です。

開業にかかった費用は、経理上“開業費”として処理しますが、 “開業費”は、どこまで認められるのでしょうか。また、“開業費”を算出するための開業日はいつになるのでしょうか。 (さらに…)

2018年4月27日

自分の身体を大事にしていますか?

「ブラック企業」という言葉がニュースでよく取り上げられ、膨大な残業時間や出勤日数などが問題視されることが多い、現代社会。
自分の身を削ってまで仕事をして、過労死してしまうというケースを耳にすることも。

今回お話を伺ったのは、沖知子(おき・さとこ)さん。

沖さんは、働いている人たちの身体と心を健康にしたいと考え、企業などにヨガの体験を提供する、株式会社ブレストランを立ち上げました。

沖さん自らが足を運び、提供するヨガの体験は、大手有名企業からも支持されています。

身体だけの健康では意味がない、と語る沖さん。

様々な健康法がある中でヨガを用いる理由は、身体だけでなく「心」をケアすることにあるそうです。

その真意を、伺いました。

<プロフィール>
沖知子(おき・さとこ)28歳

株式会社ブレストラン 代表取締役/初代「ミス・ヨガ」(2016)

日本人で所有しているのは35人しかいない、ヨガ発祥の地・インドの政府が公認する、プロフェッショナルヨガ検定の所有者。

その他にも多くの資格を所有し、自らが積み上げた知識と経験を元に、様々な企業にヨガのサービスを提供する。

健康でいることは当たり前じゃない。父の死を乗り越えて、選んだ道

ー現在はヨガのインストラクターとして活動されている沖さん。これまでの経歴を教えてください。

沖さん
大学卒業後に、大阪でオーダーメイドの枕を取り扱う企業の営業職に就きました。もともと大学で人間福祉に関することを学んでいたので、人の健康に携わりたいと思っていました。

また社会人になってから、仕事終わりに運動の一環としてヨガ教室に通っていました。

人の健康に携わる仕事をする者として、まずは自分自身が健康になるべきだと考えていたので。

ー沖さんがヨガと出合ったのは、社会人になってからだったんですね。健康を保つために、様々な手段があったと思うのですが、なぜヨガだったのですか?

沖さん
最初は社会人でも手っ取り早く始められる健康法として、ヨガスクールが近くにあったので通い始めたんです。

ヨガについて深く勉強していく中で、健康とは、身体だけでなく「心」にも深く関係していることを学びました。

そして就職してから1年半ほど経った頃、父が病気で亡くなりました。

ー突然だったのですか?

沖さん
はい。最初は本当に驚きましたし、全く実感が湧きませんでした。

しかし、徐々にその現実を受け入れ始めた時に、大きな悲しみに襲われたんです。

ーそれはおつらかったですよね…。沖さんは、お父さまの死とどう向き合い、そしてどう乗り越えたのでしょう?

沖さん
自分も家族も悲しみに暮れる中で、光を灯してくれたのが、ヨガの存在だったんです。

父が亡くなってからも、ヨガは日課として続けていましたし、瞑想をしている時はどこか心が落ち着いたんです。

そしてより深くヨガについて学ぶようになりました。

ーどのようなことを学んだのでしょう?

沖さん
ヨガは身体はもちろん「心」の健康を保っていくために、様々な教えが存在します。

その中に「健康や愛する人など、今その人の身の回りにある物事は、かけがえのないものである。それらに感謝をして満足することが真の幸福への近道だ」という教えがありました。

自分にとっての身近な人、父の死によって、よりヨガの教えを実感しましたし、救われたんです。

そこから少しずつ父の死を受け入れて、前を向いて生きていこうと思ったんです。

そして、勤めていた会社を退職して、ヨガのインストラクターの道を志しました。

ーなぜ、ヨガのインストラクターになろうと思ったのでしょう?

沖さん
私と家族がとてもつらい思いをした時に、ヨガが近くにあったから立ち直ることができました。

健康で生活できることは当たり前ではない。当たり前のようにそこにある健康の大切さを伝えていくために、今度は私が、ヨガを教える側になりたいと思ったんです。

働く人の健康レベルを底上げする。株式会社ブレストランを発足させたワケ


ーヨガのインストラクターになるにあたり、周囲からはどのような反応があったのでしょうか?

沖さん
私は両親とは離れて暮らしていたのですが、残された母からすると、私には実家に戻ってきてほしかったんじゃないかなと思います。

そんな母の気持ちを察しながらも、私自身、自分の限りある人生をどう生きるかを考えたんです。

そして「自分がやりたいことをやる」という道を選びました。

母には申し訳ないことをしましたが、その分「絶対に結果を出さなきゃ」という思いが強くなりました。

ー相当な覚悟で独立を決めたんですね。最初はどのようにインストラクターとして活動されたのでしょうか。

沖さん
ヨガの指導をするには資格が必要なので、すぐに資格を取得しました。

その後はヨガのスクールやスタジオなどでアルバイトを始め、クラスを受け持って指導実績を積んでいきました。

個人で活動を始めてしばらくしたある時、ヨガインストラクターの知人から「ミス・ワールド」の出場を勧められました。

ー「ミス・ワールド」とは、なんでしょう?

沖さん
「ミス・ワールド」というのは、「ミス・ユニバース」や「ミス・インターナショナル」と並んで世界3大ミスコンと呼ばれています。

その中でも「ミス・ワールド」の評価基準には、美貌とは別の、「Beauty of The Purpose(=目的のある美)」という尺度があります。

すなわち美しさだけでなく、その人ならではの活動や個性も評価され、総合的にもっとも優れている女性を選ぶんです。

そこで私は、ヨガインストラクターとしての活動を評価してもらう良い機会だと思い、出場してみることにしました。

ー結果は、いかがだったのでしょう?

沖さん
残念ながらグランプリに輝くことはできませんでしたが、特別賞を受賞しました。そしてその特別賞の名は、私の活動にちなんで「ミス・ヨガ」というタイトルでした。

私のヨガインストラクターとしての活動が評価され、特別賞をいただけたことは、本当に嬉しかったです。

ー「ミス・ヨガ」に選ばれて、何か変わったことはありましたか?

沖さん
「ヨガを広めたい」という私の想いを、いろいろな方に肯定されたような気がして、大きな自信につながりました。

また、改めて自分の活動をより効果的に広めていくためにどうしたらいいのかを考えるきっかけにもなったのです。

ーその問いの答えが、株式会社ブレストランを立ち上げることに繋がるのですね?

沖さん
そうですね。

スクールやスタジオでヨガを教えていて、ある事実に気づきました。

それは「自らヨガを習いにくる人」は、概ね健康に対する意識が高い人である、ということです。

私が真に健康の大切さを伝えていきたいのは、既に健康に対しての意識が高い人ではなく、どちらかというと自分の健康にあまり興味がないという人です。

ーたしかに、自分の健康に興味のない人にこそ、ヨガを広めていく価値はありそうですね。

沖さん
そうなんです。

そこで、私が新たにお客さま像として選んだのは、企業に務める会社員の方たちでした。

働いていると忙しくて、自分の健康に気を遣いたくても時間がなくてできない、という人が多いですから。

「働く人へヨガの体験を提供し、日本の健康レベルの底上げをする」。

それが、株式会社ブレストランの事業理念です。

身体だけの健康では意味がない。こどもも大人も身につけるべき「心のケア」

ー具体的には、どのようなサービスを提供しているのですか?

沖さん
依頼があった企業さまへ直接出向き、そこで働く社員の方を対象にヨガを教えます。

先程お話したヨガの心構えや坐法(ポーズ)、呼吸法など、ビジネスパーソンがすぐに実践できるものを中心にお教えしています。

しかし、ヨガは1回やっただけですぐに大きな変化が現れるものではないので、定期的にオフィスへ伺い、社員みんなでヨガをやる習慣を作っています。

ーどのように営業活動をしたのでしょうか?

沖さん
広報を担当してくれている知人からの紹介や、私のヨガレッスンを受けてくださった、企業さま同士の口コミなどですね。

ありがたいことに、徐々にではありますがいろいろな企業さまにお声をかけていただいております。

また最近では、食に関する事業も始めています。

ヨガで体を動かしたら、次に大切なのは食です。ヨガを体験していただいた後に、オーガニックで身体に優しいご飯を一緒に摂るといったイベントの開催も行っています。

ー他にも考えていますか?

沖さん
ヨガや食といったキーワードを元に、会社だけでなく学校など教育の現場にも広めていきたいなと考えています。

実は海外で、ヨガを教育の現場で既に実践しているところもあるんですよ。

ヨガの優れているところは、健康な身体を作ることだけでなく、健康な心を作るところにあると思っています。

ケガをしたら傷口を洗って消毒して絆創膏を貼る、ということは学校でも教えてくれますが、とても悲しいことが起こった時、心がケガをした時の傷の治し方は学校では教えてくれません。

だからこそ、小さい頃からヨガに触れて、心のケアの仕方を身に着けてほしいんです。

ーそれは学校教育の現場だけでなく、心のケアの仕方を知らない大人たちにも言えることですよね?

沖さん
その通りです。身体だけの健康では意味がありません。

だからこそ私は、企業へ足を運んでヨガを広めています。

こどもも大人も関係なく、日本における身体と心の健康レベルの底上げに、これからも尽力していきたいですね。

2018年4月25日

Line
Line
Line

月間アクセスランキング

カテゴリー

注目のキーワード

アントレnet

独立、開業、起業をご検討のみなさまへ
アントレnetは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。

会員登録はコチラ

アントレnet公式ページ