カテゴリー

Line

「もしそば」の菊池良は、なぜヒットを打ち続けることができたのか?

会社員から独立する人は、心のどこかで「ひと山あてたい」と考えているはず。でなければ、安定した立場を捨てるリスクは取れないだろう。

野球で言えばヒットを出し続け、あわよくばホームランを打ってみたい、と独立する時には誰もが思うこと。しかし、ヒットはともかくホームランはどう打てば良いのだろう?

ならばクリーンヒットを打ち続けている人に聞けばいい。ということで、今回はライターとして活躍している菊池良さんにお話を伺った。

菊池さんはWebサイト「世界一即戦力な男」(書籍化・Webドラマ化)で注目を集め、文庫化もされた「もし文豪たちがカップ焼きそばの作り方を書いたら」シリーズを執筆したフリーライター。

Webメディア業界でちょっとした有名人の彼は、なぜヒットを飛ばし続けることができたのだろうか?

<プロフィール>
菊池良さん

1987年生まれ ライター
学生時代に公開したWebサイト「世界一即戦力な男」がヒットし、書籍化、Webドラマ化される。株式会社LIGからヤフー株式会社へ転職し、フリーランスのライター・編集者へ。著書に「もし文豪たちがカップ焼きそばの作り方を書いたら」シリーズ(計17万部)。
◎Twitter ⇨ https://twitter.com/kossetsu

高校中退から世界一即戦力な男へ

− 菊池さんは「世界一即戦力な男」で注目を集めてから、Web制作会社へ就職。そしてヤフー(株)へ転職し、著書はシリーズで17万部を突破するなど、着々とキャリアアップしています。今日はなぜヒットを打ち続けることができたのかをお聞きしたいです。

菊池さん
んー…、ヒットの理由と言うと恐縮ですが、自分なりに心がけていたことはありますね。たとえば「自分を信用しないこと」とか「その場しのぎであること」とか…。

− 今日はそのノウハウが生まれた理由も知りたいので、今までの経歴もお聞きしたいと思います。はじめてのヒット作はWebサイト「世界一即戦力な男」ですよね。どのような経緯で生まれたのですか?

※世界一即戦力な男とは:菊池さんが2013年に開設したWebサイトで、セルフパロディを行いながら「企業のみなさん、私を採用しませんか?」と売り込んだ。Facebookで2万3000「いいね!」を獲得するなど、ネットで人気を集めた。

菊池さん
今考えてみると「自分を信用しない」という意識から生まれたサイトだったと思います。

僕は高校を中退して6年間引きこもりを続け、大検をとってから大学の夜間過程に通っていたんです。2010年に入学して、昼は地方新聞を扱う業界専門誌でアルバイトをしていました。その頃から文章は得意な方で、在学中にライターとしても活動していました。

− なぜメディア業界に進みたいと考えていたのですか?

菊池さん
引きこもり時代にYouTubeとか個人のブログとか、インターネットのコンテンツをたくさん見ていたんですよ。

高校は1年生の1学期に、通学の満員電車が嫌で辞めちゃったんですけど、18歳までに大検の資格を取ればいいやと思っていて。辞めてからずっと、朝から晩までネットサーフィンを続けてました。

途中で自分も何か作りたいなと考えて、ブログを立ち上げました。記事に反応があるとすごく嬉しかったですね。

− その嬉しさからクリエイターになりたい、ひいてはメディア業界に進みたいと思うきっかけになったんですね。

菊池さん
そうですねぇ。それで「世界一即戦力な男」のサイトを立ち上げるに至るわけですけど、大学4年生になった時に「就職しなきゃ」と思ったんです。

でも僕は、満員電車を理由に高校を辞めたくらい面倒くさがりな性分ですから、就活も面倒に感じていたんです。そんな時「Webサイトを作ればなんとかなるかな」と思いついたんですよ。

サイトの制作は「この人と一緒につくればいいものができるはず」と信頼していた友人にお願いしました。

僕は1人でやると途中で投げ出しちゃうんです。けれど誰かとやると、約束が生まれるからもうやるしかないですよね。「自分を信用しない」というのはそういうことです。

− 面倒くさがりな性分を自覚したうえでの「自分を信用しない」だったんですね。サイトの反響はどうでしたか?

菊池さん
会ってみたいという企業の方から、問い合わせを50件いただきました。

− すごいですね!

菊池さん
自分でも予想外で…。「世界一即戦力な男」はセルフパロディなので、失敗した時のことも考えていたのですが(笑)。

だから正直、これだけ反響があるとは思っていなかったです。一番最初に問い合わせが来たのは某外資系企業で、僕は「イタズラかも」と思っていたくらいです。

その後、15社くらい面接を受けさせてもらって、感触のよかったWeb制作会社「株式会社LIG」に編集者として入社することになりました。それが2014年のことです。

激務ながらも自由にやらせてもらった1社目

− はじめての会社員生活はどうでしたか?

菊池さん
僕は引きこもっていた時期もあったので、社会人として自分を叩き直したいという思いもあったんですよ。でも、週5で仕事をはじめたら意外とすぐに適応しちゃったんです。

自分で見つけなくても会社に行けば仕事があるし、学生時代からライターはしていましたから、ある程度素養はあったんだろうと思います。

− とはいえ編集職なので激務だったのでは?

菊池さん
激務といえば激務でしたね。10時出社で23時退社の時もざらにありましたし。けど、納期を守ればリモートワークをしてもOKだったので、近所のカフェや銭湯に行って息抜きをしながら仕事してました。

− かなり自由な勤務形態ですね。入社した会社では2年間働いていたと聞いていますが、なぜ転職しようと思ったのですが?

菊池さん
仕事は飽きなかったですし、働きやすかったですけど「上野」という場所に飽きちゃったんです。〇〇で昼ごはんを食べて、■■のカフェでリモートワークしてというルーティーンに。だから新しい環境を求めて、2016年にヤフー(株)に転職しました。

2度目の転職と「もしそば」のヒット

菊池さん
ヤフーは大手企業ですし、もっと官僚的な社風で束縛されるかと思っていたんですけど、違いましたね。リモートワークもOKでしたし、仕事も10時出社、20時退社で前の会社より勤務時間も短くなりました。

− 当時のお仕事はどのようなものでしたか?

菊池さん
「ネタりか」というメディアの編集者です。2年目の後半は動画プラットフォームの立ち上げに参加していましたね。複業はOKだったので、終業後にライターとしても仕事を続けていました。

− その当時生まれたのが、「もし文豪たちがカップ焼きそばの作り方を書いたら(もしそば)」です。続編も出されたヒット作ですが、出版の経緯を聞かせてもらえませんか?

※もしそばとは:村上春樹や太宰治などの文豪百名の文体を模写し、「カップ焼きそばの作り方」を綴った書籍。ネットで評判となり、シリーズ累計で17万部売れた。

菊池さん
「もしそば」は、神田桂一さんというライターとの共著なんです。ある日メッセンジャーで神田さんと話していたら村上春樹さんの話になって、「『村上春樹になる方法』ってネタどうかな?」と言うんですよ。

僕も村上春樹さんの著書は全部読んでいる「ハルキスト」だったので「いいですね、やりましょう」と返してその日は解散。しばらくしたら、神田さんが出版社に企画を持ち込みしてくれていたみたいで、書籍化することになっていました(笑)。

− トントン拍子ですね。

菊池さん
僕も予想していなかったですよ。書籍化には出版プロデューサーの石黒さんという方がついてくださって、「村上春樹単体だと厳しいな」「文豪100人の文体模写はどう?」「もう出版時期は決まったから、締め切りはこの日ね」「ふたりで半分ずつやればいけるよね?」と矢継ぎ早に話が進んでいくんです。

約束した手前やるしかないので、仕事が終わったら最寄り駅に移動して、近所のマクドナルドにこもって深夜2時まで執筆してました。

− お話を聞いていると、菊池さんって約束を大切にしてますよね。「したからには、やるしかない」とか。

菊池さん
あ、それは学生時代に一度、締め切りを破ってしまったことがあって、それが原因で仲がよかった担当者さんと疎遠になってしまったことがあるんです。以来、交わした約束は守るようにしています。

− なるほど。律儀だと信用の貯金ができるじゃないですか。それもヒットを飛ばせる理由かもしれないですね。

菊池さん
律儀だなんてそんな。人と気まずくなるのが嫌なだけですよ(笑)。

独立後のタスクは芥川賞全冊読破、将来はやなせたかしさんのようになりたい

− 菊池さんは2018年に独立されてフリーライターになりました。独立に至った理由はあったのでしょうか?

菊池さん
実は、辞めるつもりはなかったんです。ヤフーは待遇もいいですし、僕も「アフター5で自己表現ができて認められたら満足」と考えていましたから。でも、複業の方で今度は新しく「芥川賞を全部読む企画」が通ってしまったんですよね……。

芥川賞受賞作って全部で約150冊あるんですよ。すでに読んだ本が30冊なので、あと120冊読まないといけない…。会社員を続けながらだと、時間がとれないので独立することにしました(笑)。

− これも約束を守ろうとして、なんでしょうか。独立された今、これからやっていきたいことはありますか? 将来の理想像とか。

菊池さん
直近は芥川賞を全部読まないといけないんですが、将来的にはやなせたかしさんみたいな人になりたいですね。自分の作ったキャラがたくさんの人に親しまれるような。バーチャルユーチューバーの運営にも興味がありますし、やりたいことは割とたくさんあります。

− 最後にまとめとして、ヒットを飛ばし続けることができた理由を聞かせてください。

菊池さん
そんなに偉そうに言える立場でもないんですが、まずは「自分を信用しないこと」でしょうか。1人でやると途中でやる気がなくなってしまいますが、誰かとやると約束になるのでやる理由ができます。

「その場しのぎであること」も。今はWebで何かを発信すると、デジタルタトゥーと言って黒歴史になってしまうこともありますよね。「世界一即戦力な男」は「失敗するかもしれないけれど、やってしまおう」という姿勢から生まれました。

最後に月並みですけど、「発想力」でしょうか。僕はついつい「こんなものがあったら面白いな」と妄想してしまうんです。コンテンツをいっぱい見て、アイデアを出し続けて形にしていると、誰かの目にとまる時が訪れると思います。

(インタビュー終わり)

高校を辞めた理由を聞くと「満員電車が面倒になっちゃって」。転職の理由を聞くと「上野に飽きちゃったんです」。と、菊池さんの返答は飄々としていてつかみどころがない。けれど約束や納期を守るなど、やるべきことはきちんとこなしている印象を受けた。

はたから見ると奇抜に見える発想も、引きこもり時代に見ていた膨大なネットコンテンツの蓄積から生まれたものだろう。

信用を貯金しながら、来るべき日に備えて練習を積み重ねる。やっていることは至って王道。だからこそ菊池さんはヒットを打ち続けられたのかもしれない。

■菊池さんのTwitter
https://twitter.com/kossetsu

取材・文 鈴木雅矩(すずきがく)

ライター・暮らしの編集者。1986年静岡県浜松市生まれ。日本大学芸術学部を卒業後、自転車日本一周やユーラシア大陸横断旅行に出かける。
帰国後はライター・編集者として活動中。著書に「京都の小商い〜就職しない生き方ガイド〜(三栄書房)」。おいしい料理とビールをこよなく愛しています。

PICKUP!

この記事に興味のある人が見ている独立開業プラン

この記事が気に入ったらいいね!しよう。

最新記事をお届けします

あわせて読みたい関連記事

おすすめの最新記事

独立・起業の「お金」に関する悩みを、税理士の齋藤雄史先生に解説していただく「税理士が教えるお金と起業」シリーズ。

今回のテーマは、税理士が教える「自分に合った税理士の選び方」。

独立・起業を経て、初めて税理士に仕事をお願いしようと考えている方は必見です。

ぶっちゃけ、税理士って必要なの? 税理士が持つ、3つの独占業務+専門領域

こんにちは、税理士の齋藤雄史です。

今回のテーマは「自分にあった税理士の選び方」。全国に7万人いる税理士の中から、アナタに合った税理士を探すために必要なことはなんでしょうか。

クライアントによく聞かれるのは「そもそも税理士って何してくれるの?」という質問です。

選び方を考える上で、まずは税理士の代表的な仕事の内容からご紹介しましょう。

①税務相談

おそらく全ての税理士が必ず行うのが、税務相談です。

具体的には、税金に関する悩みや会社の資金繰りの相談、時に経営的アドバイスなどですね。

②税務署類の作成代行

こちらもよく耳にする仕事ですね。これからピークを迎える確定申告書の作成などがこちらに該当します。

また、青色申告書の書類の確認やチェックなどもします。

確定申告(青色申告)を行うなら個人事業主でも開業届を出そう!

③税務調査の立ち会い

もし確定申告の内容に不備があった場合、税務署から税務調査が行われます。その際に税理士は、対象者とともにその調査の場に立ち会うことができます。

以上の3つが、税理士の独占業務となっています。

税理士はこの3つの独占業務をはじめ、それぞれの専門領域に応じて様々なサービスを提供しています。

ちなみに私の場合は、資金繰り・事業計画書の作成の補助や、会社の経理周りの指導、会計システムの導入の推奨など、コンサルティング業務に近いものやインフラ周りの整備など幅広く対応しています。

その他、節税が得意な人、会社設立における資金繰りや資金調達を考えるのが得意な人、相続税周りが得意な人など、税理士によって得意なことやできることは異なります。

アナタが税理士に相談したい目的が決まっている場合は、「税理士ドットコム」などの税理士紹介サイトを活用して、目的別に検索してみるのも良いでしょう。

信頼できる人からの紹介でも要注意? 税理士の選び方

税理士の仕事が分かったところで、いよいよ「自分に合った税理士の選び方」を考えていきましょう。

①費用

税理士にお願いするにあたって、まず頭によぎるのは「費用」ですよね。

お願いしたい仕事の内容にもよりますが、大体の相場というものがあります。相場と照らし合わせつつ、いくつかの事務所から見積もりを取っておくと良いでしょう。

値段は「高すぎず、安すぎないところ」をおすすめしています。こちらが無知過ぎると高く見積もられてしまいますし、逆に安すぎるところは何かしら「安い理由」が存在するからです。

安かろう悪かろうになってしまわないように「この料金で、どこまでやってくれるのか」を事前に握っておく必要があります。

②目的別で絞る

先程の項目でも挙げましたが、税理士にお願いしたい仕事の内容をはっきりさせる、というのは極めて重要です。

大きい税理士事務所では、比較的どんな案件でも相談に乗ってくれる、というスタイルのところもありますが、みんながみんな税務に関する全ての問題に答えられるわけではありません。

内科や外科、眼科に耳鼻科など、病院にも自分の専門があるように、税理士にも専門が多かれ少なかれ存在します。総合病院のようになんでも受けられる税理士事務所だけではない、ということですね。

③意外と危ない、紹介のワナ

「どこの事務所がいいのか分からないから、とりあえず先輩起業家から紹介してもらおう」といった考えから、税理士を選ぶ人が非常に多いです。

「信頼できる人からの紹介だから、大丈夫」と安心してしまいがちですが、正直私はこの選び方は勧めていません。

理由は2つあります。

まず②にもある通り、アナタが税理士に依頼したい目的とその税理士がマッチングしない可能性もあるからです。

先輩起業家の事業とアナタの事業が競合で、任せたい仕事もほぼ同じ、という場合は良いかもしれませんが、全く違う職種やお願いしたい仕事の領域が異なる場合は特に注意が必要です。

そして2つ目は、その税理士が先輩起業家の方から受けている金額と、アナタの仕事で発生する金額にギャップが生まれるかもしれないからです。

例えば「Aさんには10万円でお願いしているが、アナタには20万円を請求することになる」というケースは、往々にしてよくあることです。

金額の算出には、仕事にかかる工数や付き合いの長さ、関係値、優先順位など様々な事情を考慮します。

もちろんお知り合いの方である以上、可能な限りリーズナブルな価格にしたいのが本音ですが、どうしても難しい場合もあります。

ちなみに私は、紹介があった場合は基本的にお話は伺い、その人の目的に応じて判断します。

その際、例えば「相続関係の相談」などであれば専門外のためお断りするようにしています。

トラブルを避けるためにも、紹介はあくまで参考程度に考えておき、困ったことがあったらセカンドオピニオン的に相談する、くらいにしておいたほうが無難かもしれません。

④必ず会える距離の税理士にお願いする

税理士はアナタをお金という側面から支える重要なパートナーです。

何かあった時にすぐに会える、相談できるに越したことはありません。アナタが東京に住んでいるなら東京、あるいは関東圏に住んでいる税理士に仕事をお願いしたほうが良いでしょう。

せっかくステキな税理士と巡り会えても、新幹線や飛行機を使わなければいけないのなら、一度良く考え直したほうがいいかもしれません。

⑤必ず会ってから判断する

予算、目的、立地も問題ない場合、いよいよ最後のチェック項目です。

必ず会ってから判断しましょう。

税理士といっても人ですから条件面がいくら良くても、最終的には性格に合う合わないは必ず出てきます。

繰り返しになりますが、税理士はアナタの財務状況を、アナタ以上に知ることになる大切なパートナーです。

アナタの事業を応援してくれるかどうか、アナタ自身が「この人になら、ウチの会社のお金の流れを教えてもいいや」と思えるかどうかは極めて重要になってきます。

ですので、最後は必ず税理士と会ってから判断しましょう。

「信頼できそう」と思えるか。私なら、こんな税理士を選びます!

ここまで税理士の選び方を考えてきましたが、最後に私自身が税理士を選ぶならどうするのかをお話しましょう。

私は税理士事務所を開業して、4年になります。

自分の事務所の状況を客観的に見てもらいたい、という意味でも、この業界で20年以上キャリアを積んでいる税理士の方に経営的観点からアドバイスをいただきたいです。

後はとにかくなんでも相談できる雰囲気があって、電話やメールなどで連絡してもレスが早いことでしょうか。事務所の大小は特に気にしていません。

逆に、自分の目的とあまりにかけ離れている場合や、何か困ったときの連絡が遅かったりする税理士は注意が必要です。

最後は「この人なら信頼できそう」と思えるかどうか、でしょうか。

私自身も「この人なら信頼できそう」と思っていただける税理士を、今後も目指していきたいと思います。

皆さんの目的に沿ったステキな税理士が現れるよう、応援しています!

<プロフィール>
齋藤雄史さん
税理士/公認会計士
宮城県仙台市出身。

高校卒業後、進学資金を貯めるため、新聞販売店に勤務。その後、地元の簿記専門学校に進学、東日本大震災同年の2011年公認会計士試験合格。

合格後、新日本有限責任監査法人福島事務所勤務。
法律の世界に魅せられロースクールに進学し、同時期に板橋区にて会計事務所を開業。

ITやクラウド対応を武器に顧客開拓に成功し、20代〜30代をはじめとする多くの起業家から厚い信頼を得ている。

2019年2月19日

今や一般的になりつつある、副業。

中小・ベンチャー企業だけでなく大手企業も続々と副業を解禁させている昨今、あなたの周りにも副業をしている人はいるのではないだろうか?

今回お話を伺ったのは、ビジネスコミュニティ「ビジマッチ (B.A.C)」を主宰している、佐藤渉さん。
(さらに…)

2019年2月15日

Line
Line
Line

月間アクセスランキング

カテゴリー

注目のキーワード

アントレ

独立、開業、起業をご検討のみなさまへ
アントレは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。

会員登録はコチラ

アントレ公式ページ