スタイルのある生き方へシフトしたいビジネスパーソンのためのニュース・コラムサイト。
検索
起業家・先輩から学ぶ

作編曲家・遠藤ナオキさんに聞く、テレワーク環境で仕事に集中するために必要な3つのこと

作編曲家・遠藤ナオキさんに聞く、テレワーク環境で仕事に集中するために必要な3つのこと

この2年ほどで、多くの会社で導入されることになり、一般化したテレワーク。

コロナ禍を機に、自宅など会社以外の場所で仕事をするようになった、という方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

今回お話を伺ったのは、作編曲家の遠藤ナオキさん。

遠藤さんは、人気アーティストの楽曲を始め、近年ではアニメや舞台の伴奏音楽(劇伴)も担当されています。

そのほぼ全ての仕事を、自宅のスタジオで完結させているそうで、長い時は数カ月間も自宅スタジオにこもっていることもあると言います。

フリーランスの作編曲家として、10年以上自宅で仕事をされてきた、まさに“テレワークのプロフェッショナル”である遠藤さん。

今回はそんな遠藤さんのキャリア、そして自宅でどのように集中力を維持して仕事に臨んでいるのか、その方法を伺いました。

<プロフィール>
遠藤ナオキさん
作編曲家

福島県富岡町出身。幼少期よりピアノ、サックス、ギター、バイオリン、ドラムなど様々な楽器に同時に触れながら育つ。
中学生の頃に音楽理論を独学で習得し、本格的に音楽に目覚める。

様々なバンドでの活動を経て、2015年にHOVERBOARDに加入。
作編曲、多種楽器演奏、録音、ミックスなど、音楽制作に関わるほぼ全ての工程を1人で手がけるオールラウンダー。

Hey!Say!JUMP、AKB48、乃木坂46、郷ひろみなど日本を代表するアーティストへの楽曲提供やアレンジを行い、近年では舞台音楽、アニメ劇伴制作まで幅広く手がけている。

音楽制作のほぼ全ての工程を行う、オールラウンダー。作編曲家・遠藤ナオキさんのキャリア

――まずは、現在のお仕事について聞かせてください。

遠藤さん
音楽の作曲、編曲(楽曲のアレンジなど)をしています。

音楽というのは、さまざまな工程で人の手が加えられ、聞き手へ届きます(楽曲を作る人、演奏する人、CDや音源を聞きやすいようにアレンジしたり調整する人etc...)。

僕の場合は、職業・作編曲家になる前に、バンド活動やレコーディングスタジオで働いていた経験がありました。

だから作編曲以外にも、楽器の演奏や録音、ミックスなど、その工程を一通り自分でも行うこともできます。音楽制作に関わることなら、比較的守備範囲を広くお仕事させていただいています。

――いわば音楽制作のプロフェッショナルなんですね。音楽にはいつ頃から興味があったのでしょう?

遠藤さん
3歳くらいからですね。姉の影響で、ピアノ教室に通い始めたんです。

ピアノから始まり、その後サックスを触ってみたり。中学時代以降は、新しくギターやドラムを勉強しました。学業はあんまり得意じゃなかったんですが、その分音楽に熱中した少年時代でした。

そして高校卒業後をする頃に、組んでいたバンドでCDデビューとツアーを回ることになって。以来10年くらいはバンド中心の生活を送っていたんです。

――そこからなぜ作編曲家業に?

遠藤さん
福島から東京に出てきて、バンド活動をしながらリハーサルスタジオやレコーディングスタジオで働かせてもらっていたんです。

そこで働いている中で「編曲とかアレンジってできる?」と、誘っていただいて。そこから編曲の仕事をいただけるようになったんです。

後にバンドは解散してしまうのですが、僕はそのまま作編曲家業を続けていって。作編曲家業もスタートして今年で10年くらいですね。それで今に至ります。

――仕事のきっかけが編曲だったとのことですが、今でも編曲をされることの方が多いのでしょうか?

遠藤さん
そうですね。というのも僕は「世の中に対して、言葉で何かを伝えたい!」みたいなパッションがないんですよ(笑)。

歌詞を書いて、歌にしてまで言いたいことがないというか……。「今こうして生きてるだけでラッキー」くらいに思っているので、歌詞が書けないんです。音楽を作るのはもちろん大好きなんですけどね。

ただここ最近は、インスト(ボーカルの入っていない楽曲)作曲の仕事が増えてきたんです。主にアニメや舞台の劇伴を担当しているのですが、そのシーンに起こる心情に合わせた楽曲を作るのが楽しくて。

なので今は、作曲も編曲も満遍なく行っていますね。

集中力は長く続かない。自宅で最高のパフォーマンスを発揮するために必要な3つのこと

――さて、フリーランスの作編曲家として10年以上のキャリアを持つ遠藤さんですが、毎日どのようなスタイルでお仕事をされていますか?

遠藤さん
基本的には、ずっと家のスタジオにこもって仕事をしていますね。

こどもが2人いるので、こどもと遊んだりすることもあるのですが……あまり一緒にいると遊びすぎて仕事にならないので(笑)。

仕事の忙しさにもよりますが、納期が迫っている時は、なるべくこどもの面倒は妻にお願いして、僕はなるべく仕事をするようにしています。

ちょうどここしばらくは締め切りラッシュ(この取材は2021年9月末に実施)だったので、なんだかんだ8月から、2カ月くらい家から出ていません(笑)。

――昨今のコロナ禍で、家にいながら仕事をする人が増えています。家でも集中力を維持して良質なパフォーマンスを発揮するために、遠藤さんが心がけていることがあれば教えてください。

遠藤さん
大きく3つ、心がけていることがあります。

まず1つ目は、そもそも大前提として「人間の集中力というのは、長くは続かないもの」と理解すること。

集中している時はもちろん仕事をする。でも裏を返せば、集中力が切れてしまった時は、無理せずちゃんと休むようにしています。

集中できていないのに、気持ちばかりが焦ってしまっても、いいものは生まれませんから。

――人によって個人差はあれど、集中というのはいつか必ず切れてしまうものですよね。2つ目はなんでしょう?

遠藤さん
2つ目は、集中しやすい環境を作ること。

特に僕のような音楽を作る人間は、良くも悪くもスタジオという場所から離れて仕事をすることがほとんどありません。

仕事をするためのオフィスがあるわけないですし、カフェに仕事を持ち出すこともありませんから。

だからこそ、何時間、何十時間と作業をしていたとしても疲れないように、自宅スタジオの環境をカスタマイズしているんです。

自分に合った机や椅子はもちろん、モニターや機材などは惜しみなく投資するように心がけています。

ただ1つ、注意点があって。

――注意点?

遠藤さん
はい。投資というと「いいものに大金をかける」イメージがあると思いますが、そうではなくて。

金額やレビューの高さで判断するのではなく、あくまで「自分に合ったものを選ぶ」ことが大切だと思っています。

特に机や椅子は、その人の業務内容、ライフスタイル、年齢性別体型など、レビューを見るだけでは分からない、さまざまな変数が発生するはずなんです。

だからこそ自分の目で見て、体験してみて、自分に合ったものを選ぶことが大切だと思うんですよね。

――たしかに、仮にレビューが高くても自分に合うとは限りませんよね。最後の1つはなんでしょう?

遠藤さん
3つ目は仕事をする時、特に集中して何かを作る仕事の時は、外部からの情報(主にインターネット)を完全に遮断すること。

作編曲家を志す若い人に向けて、話をする機会がちょこちょこあるのですが、その時も1番声を大にしてこの話をするくらい、非常に重要です。

素晴らしい楽曲を作るために必要なのは、どれだけいいプラグイン(※)を導入するよりもまず、自分が集中できる時間を増やすことです。本当に“いい曲”というのは、仮に音そのものがちゃっちくても、“いい曲”ですから。

これは音楽を仕事にする人ではなくても、同じだと思います。もちろん情報を取り入れることは重要ですが、必要なものを仕入れたらあとは集中してアウトプットをする。

集中したい時はスマホの通知を切るなり、メールやSNSを開かないよう心がける。

より質の高い仕事をするためには、その線引きを自分の中で上手く引いておくことが、大切なんじゃないかと思います。

※PC上で音楽を作る際に、より良い音にすることができるソフト。楽曲のクオリティーアップには必須で、プロ作編曲家の多くが高級なプラグインを導入している。

「持久力」は、独立・起業問わず、全ての働く人にとって重要なこと

――これからの展望を教えてください。

遠藤さん
音楽に関しては、ほぼ独学でここまで来てしまったので、改めて勉強がしたいですね。

本当は高校を卒業する時に、音楽の専門学校へ進学する予定だったんです。ですが、バンドでのデビューが決まっていたこともあり、見送ってしまいました。

そこで分岐した「もう1つのルート」を見てみたいなと。だから仕事を続けながら、音楽を学べる大学に通いたいなと思っています。

あとこれは半分プライベートの話になってしまいますが、こどものためにたくさん貯金を作りたいですね。

こどもが何かを学びたい、挑戦したいと言った時のために、不自由しないくらいの金額は担保しておきたいなと。そのためにもこれからも、もっと仕事をがんばりたいです。

――最後に、読者の方へメッセージをお願いします。

遠藤さん
仕事において、とても重要なのは「持久力」だと、僕は常々考えています。

特に作編曲家業のような仕事は、良くも悪くも、仕事のアウトプットがそのまま自分の評価につながります。

そして高品質な仕事ができる状態を、なるべく長くサスティナブルに続けていかなければなりません。

デスクワークが続いて「肩や腰が痛くて、仕事ができない」という状況になっては、食べていけませんから。

だから自分が最良のパフォーマンスを発揮できるように環境を作ったり、準備したり、整えておく必要があるんです。

それに、その準備がちゃんとできていれば、仕事上どうしても起こってしまう“ムリ”にも対応できるようになります。

仕事をしていれば、イレギュラーなことが起こるのもつきものです。

例えば僕の仕事なら、締め切りが迫っていて「明日の朝までにリテイクが欲しい」と言われたりすることもしばしばあります。自分の環境を整えておけば、そういった“ムリ”にもある程度対応できるようになるんですよね。

「持久力」は、独立・起業をされる方はもちろん、全ての働く人にとって重要じゃないかと。この話が何かの参考になれたら嬉しいです。

取材・文・撮影=内藤 祐介

VIDEOS 動画で学ぶ!独立・開業

アントレ 独立、開業、起業をご検討のみなさまへ

アントレは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。