カテゴリー

Line

大切な人への手紙が曲になる! 「音色ポスト」の仕掛け人が語る、音楽の可能性

結婚式。

そんな晴れの舞台で、これから夫婦として共に歩んで行くパートナーへの誓いや、育ててくれたご両親への感謝の気持ちを手紙に託す人も多いですよね。

直筆の文字もステキですが、もしその手紙が、自分だけのオリジナル曲にもなったとしたら―。

今回お話を伺ったのは、手紙を歌詞にして曲を作るサービスを展開する「音色ポスト」の代表、近藤あきらさん。

メジャーアーティストのレコーディングやライブで演奏する、バックミュージシャンだった彼が、なぜ「音色ポスト」を立ち上げたのか。

「音楽で人を幸せにしたい」と語る、彼の半生についてお聞きしました。

<プロフィール>
近藤あきらさん
音色ポスト代表、ベーシスト。

中学時代からベースに触れ、バンド活動を経験した後、23歳でプロのバックミュージシャンとしてのキャリアを歩み出す。

レコーディング、ライブ、全国ツアーなど数々のメジャーアーティストのバックで演奏している。バックミュージシャンの他に、楽曲制作、舞台の劇中演奏、レッスントレーナーとしても活躍。

その後、アーティストの音楽を支えるだけでなく、自らの楽曲で人を幸せにしたいと思うようになり「音色ポスト」を立ち上げる。

仕事を得るために、六本木・麻布に入り浸る? 目標から“逆算”して行動する力

―近藤さんの経歴を教えてください。

近藤さん
ベーシストとしてのキャリアは中学時代から始まりました。

中学・高校とサッカー部だったので、サッカーと両立しながら、ライブハウスで友人とライブ経験を積んでいきました。

そして高校卒業のタイミングで、東京に出てきてアルバイトをしながらバンド活動を始めました。

―そこからバックミュージシャン(ソロ歌手など、自分以外のアーティストのレコーディングやライブで演奏する人)としてのキャリアを歩んでいったんですよね?

近藤さん
はい。

しかし、上京して4年ほど経ち、メンバーとの不和が原因で、自分のバンド活動を続けることが困難になっていました。

でも、音楽活動は続けて行きたかった。

そんな時に私に人生のアドバイスをしてくださったミュージシャンの先輩方が、バックミュージシャンとしても活動されていたのを知って、自分もその道でキャリアを積もうと思ったんです。

今振り返ると当時は、まだまだ自分の技術もプロのバックミュージシャンのレベルに達していなかったんですが、「とりあえず挑戦してみよう」と気楽に仕事を探し始めました。

若さ故に、大胆に行動していましたね(笑)。

―不足したスキルは勢いでカバーする、ということですね(笑)。でもそれは、フリーランスで仕事をしていく上で、とても大切なことだと思います。お仕事はどこからいただいていたのでしょうか?

近藤さん
先輩からいくつか紹介していただくこともありましたが、先輩だけに頼るのもいけないなと思っていました。

よく「ライブを見てくれたお客さんの中に大手レコード会社の方がいて、お声がかかる」なんて話を聞きますが、実際にそんなことは極稀です(笑)。

ですのでバックミュージシャンとして、自分をちゃんと売り込んでいく必要がある、と考えました。

―待っていても仕事は来ないから、常に売り込みに行く「攻めの姿勢」をとった、ということですね。

近藤さん
はい。そこで私が目をつけたのは、六本木・麻布界隈の「店内で演奏ができるバー」でした。

場所が場所だけに、来店するお客さんに音楽関係者が多いため、飛び入りで演奏させてもらい、いろいろな方に顔と腕を売り込んでいきました。

仕事を生み出すには、絶好の機会だったんですね。

いろいろなお店に積極的に顔を出して、どんどん人脈を作っていきました。そして人や仕事のオーディションなどを紹介してもらえるようになったんです。

―目の付け所が鋭いです…!その後仕事は安定していただけるようになったのですか?

近藤さん
そうですね。そこからしばらくはバックミュージシャンとして、メジャーアーティストのレコーディングやライブでの演奏をしていました。

ですがバックミュージシャンは、あくまで「人の曲」を演奏することが仕事です。仕事をしていくうちに、次第に「自分の楽曲で人を幸せにしたい」と思うようになりました。

そこから「音色ポスト」の構想が立ち上がりました。

人の記憶に一生残り続ける音楽を作りたい。結婚式を彩る、音楽の力


画像出典:http://www.neiropost.com/

―「音色ポスト」の事業について教えてください。

近藤さん
大切な人へ向けて書いた手紙を、曲に乗せて贈る、というサービスです。

お客さまが手紙にしたためた想いを、歌詞にしてメロディーに乗せることで最高の感動とサプライズをお届けできると思ったんです。

―これは…。結婚式で流されたら泣いてしまいそうですね。

近藤さん
まさに、結婚式で使っていただくことがほとんどです。

結婚式という晴れの舞台を使って、大切な人への感謝と愛情を、自分だけの言葉で曲に乗せて伝える。

このステキなシーンに、私が今まで培ってきた音楽の経験が活かせればいいなと思い、4年ほど前から構想を練り始め、3年前に立ち上げました。

―反響はいかがでしたか?

近藤さん
結婚式という特別な場所で流す曲なので、
「手紙とリンクする曲だから、とても感動する」
「聞くだけで涙が止まらなくなる」と、多くの反響をいただいております。

また、お客さまだけでなく一緒に仕事をするミュージシャンたちからも、嬉しい声をいただいてます。

自分が作った曲、もしくは演奏した曲が誰かの幸せの一端になれて、そしてお金も稼ぐことができる。自分の居場所(働く場所)ができた、と感謝されることが増えました。

私が「音色ポスト」を立ち上げたことで、かつての私と同じようにバックミュージシャンを務めている方に喜んでもらえるのも、とても嬉しいです。

―関わる人の全てが幸せになるビジネスなんですね。「音色ポスト」の中で、近藤さんが1番こだわっているポイントはなんでしょう?

近藤さん
「音色ポスト」では、ただ単に曲を作って売る、というだけではなく、あくまで「お客さまと一緒に曲を作る」ことを大切にしています。

ですので、こちらが一方的に結婚式用の曲を書き上げるのではなく、ベースになるのはお客さまの手紙であり想いです。

また「音色ポスト」では、手紙をもとに作詞をするだけでなく、お客さま自身がプロのボイストレーナーの指導のもと、ご自身の声で録音できるコースもご用意しております。

―なぜそこまでお客さまのコミットにこだわるのでしょうか?

近藤さん
「体験」こそが、お客さまにとっての価値になると思うからです。

音楽には、人の記憶を呼び起こす力があると言われています。

例えば学生時代によく聴いていた曲を聞き返すと、その時の記憶や感情を思い出したりすることって、きっと誰しもありますよね?

それと同じで「結婚式」という目標に向かって大切な人へ手紙を書き、それを曲にするという「体験」をすることで、お客さまと一緒に作り上げたこの曲の存在が、かけがえのない財産になると思っています。

―まるで学生時代の文化祭の準備のようですね。文化祭当日も楽しいですが、事前の準備の時間が意外と楽しくて思い出深かったりします。さらに音楽と紐付けることで、記憶から薄れにくくなりますね。

近藤さん
そうですね。

おそらく完成した曲を聴くと、必ず結婚式のこと、そして結婚式までに一生懸命準備した日々を思い出すはずです。

結婚式を、ずっと残り続けるものにしたいとお考えになる方は多いです。

だからこそモノ(CD)にはもちろんのこと、記憶にも残る音楽の力は強いなと、私は思います。

アーティストの共感だけに頼らず、自分だけの曲があってもいい。「音色ポスト」へ込める想い

―これから「音色ポスト」をどうしていきたいですか?

近藤さん
これまではHPなどを通して、お客さまから直接オーダーをいただき制作する、という手順で仕事をしていました。

しかしこれまで以上に、より多くのお客さまに依頼していただくために、「THE PLACE of TOKYO」(http://place-tokyo.com/)という結婚式場とタッグを組むことになりました。

結婚式場とのコラボレーションで、これまで「音色ポスト」の存在を知らなかったお客さまにもぜひ使っていただきたいなと考えています。

―近藤さんは本当に多くの方に「音色ポスト」を使っていただきたいんですね。

近藤さん
自分で言うのもなんだか恐縮ですが、私は「音色ポスト」のサービスが大好きなんですよ。

音楽の持つ力って、本当にすごいんです。

現在様々なツールやコンテンツが発達し、自分の思っていることを伝えること自体、難しくなくなりました。

ですが自分の気持ちであったり、想いを届けるツールとして、音楽が持ちうる力は、未だにとてつもなく大きなものだと思っています。

だからこそ、これまでの時代は著名なアーティストの描く曲に(想いに)「共感」することが一般的でした。

しかし現在これだけ技術が発達しているなら、人の曲へ共感するだけでなく、自分だけのオリジナル曲を持っていてもいいと思います。

音楽的な知識やスキルがなくても、自分の言葉で描いた楽曲で人に想いを伝えることができる。そのお手伝いを「音色ポスト」ができたら、こんなに嬉しいことはありません。

―今後の目標はなんですか?

近藤さん
とにかく「音色ポスト」を続けていくこと。そして、いろんな人にこのサービスを使ってもらいたいですね。

1人でも多くに「音色ポスト」を届けるために、あらゆる可能性を探っていきます。そして音楽の力で、もっと多くの人たちの晴れの日を彩っていきたいですね。

この記事が気に入ったらいいね!しよう。

最新記事をお届けします

おすすめの最新記事

ビジネス書著者で商品開発コンサルタントの美崎栄一郎です。仕事術に関する著作をたくさん書いていますが、アントレStyle Magazineでは、「経営者のための仕事術」について、実践できるノウハウや考え方をお伝えしたいと思っております。

今回は、新刊の『面倒くさがりやの超整理術』から年末年始にぴったりな経営者向けの内容、名刺、書類、PCのデスクトップ&ファイルの整理、の3つを詳しくお話ししたいと思います。

(さらに…)

2018年12月19日

引退やリストラ。

そんな人生において重大な選択に迫られた時、あなたはどのような決断をしますか?

転職や起業と積極的に新たな道に進む人もいれば、経験したことのない“未知の世界”に対して不安や恐怖を感じ、挑戦する前から「自分には無理だ」と決めつけてしまう人もいるのではないでしょうか。
(さらに…)

2018年12月18日

働く人の長時間労働が問題となっています。

2015年には、大手広告代理店の女性社員が長時間労働による過労が原因で自殺、労災認定された件が大きく取り上げられ社会問題となりました。

現在、労働基準監督署では企業に対し、長時間労働を是正するための監督指導を強化しており、指導に従わない場合は労働基準法違反となって罰則が科せられます。

では、労働基準法とはどんな法律なのでしょうか?

労働基準法とは

労働基準法は、労働者における労働条件の最低基準を定めた法律で、1947年に制定されました。

労働条件の内容は、労働時間・賃金・休日・安全と衛生など多岐にわたりますが、労働時間を例にとると原則は週40時間となります。

労働者保護の観点から労働基準法を下回る労働条件は無効となり、労働基準法の条件が適用となります。

ちなみに、労働基準法9条による"労働者"は、どのような人があてはまるかというと、"職業の種類を問わず、事業または事務所に使用される者で、賃金を支払われる者"を指します。

簡単に言い換えると"会社に雇われて給料をもらう者"となります。

個人事業主に労働基準法は適用される?

では、個人事業主は労働者にあたるのでしょうか?

個人事業主の場合は、従業員としてではなく業務委託契約を締結した上で仕事を受け、その対価は賃金ではなく報酬として支払われます。従って、労働者ではないので労働基準法の適用はありません。

しかし、実態が労働者派遣であるにも関わらず、形式として業務委託契約を締結している場合も見受けられます。

これを"偽装請負"と呼びます。

労働者派遣と業務委託の区別は、注文主と受託会社の労働者との間に指揮命令関係が生じているかどうかによって判断されます。

具体的な事例がないと分かりにくいと思いますので、判断の基準として1つの目安となる判例をご紹介します。

最高裁で適用されると判例が出た。INAXメンテナンス事件

住宅設備機器の修理補修会社(以下、A社)と、A社と業務委託契約を締結して修理業務に従事するカスタマーエンジニア(以下、CE)の労働組合(以下、B)との間の事件です。

BがA社に団体交渉を申し入れたところ、A社は「CEは個人事業主であり、労組法上の労働者ではない」との理由で拒否。

これに対し、Bは団体交渉を拒否することは不当労働行為にあたるとしました。

この件に関して最高裁判所は以下の理由により、CEは労働組合法上の労働者であるとの見解を出しました。
(なお、労働基準法でいう“労働者”と、労働組合法でいう“労働者”はほとんど同じ意味だと解釈して良いでしょう。)

(1) A社が行う住宅設備機器の修理補修等業務の大部分は,能力,実績,経験等を基準に級を毎年定める制度等の下で管理され,国の担当地域に配置されたCEの業務日及び休日はA社が指定していた。

(2) 業務委託契約の内容はA社が一方的に定めた「業務委託に関する覚書」により締結されており,その内容についてCE側で変更する余地はなかった。

(3) CEの報酬は,A社による個別の業務委託に応じて修理補修等を行った場合に,A社があらかじめ決定した顧客等に対する請求金額にA社がCEにつき決定した級ごとの一定率を乗じ,これに時間外手当等に相当する金額を加算する方法で支払われていた。

(4) CEは,A社から修理補修等の依頼を受けた場合,業務を直ちに遂行するものとされ,承諾拒否をする割合は僅かであった。また、業務委託契約の存続期間は1年間でA社に異議があれば更新されないものとされていた。

(5) CEは,A社が指定した担当地域内においてその依頼に係る顧客先で修理補修等の業務を行い,原則として業務日の午前8時半から午後7時までA社から発注連絡を受け,業務終了時に報告書をA社に送付する等,作業手順等が記載された各種マニュアルに基づく業務の遂行を求められていた。また業務の際には、A社の制服を着用し名刺を携行していた。

出典:裁判所「最高裁判所判例集」

上記の項目をまとめると、CEは、A社の指定する業務遂行方法に従い、その指揮監督の下で労務の提供を行っています。

それに加えて、その業務についての場所や就業時間等、一定の拘束を受けていたことになります。

この場合、CEはA社の従業員であるとされ、当然、労働基準法の適用を受けます。

個人事業主の場合、仕事を依頼した企業と業務委託契約を締結する際には、将来のトラブル防止のためにも、契約書の内容はよく確認しておきましょう。

まとめ

個人事業主は基本的に労働基準法の適用はありません。従って時間無制限で働くことは可能かもしれません。

しかし、働きすぎて身体と心の健康を損ねてしまう場合もあります。

長い期間ベストコンディションで働くためには、労働時間を自分自身でコントロールすることが必要です。

PROFILE

FP・社会保険労務士 木村政美

2004年に、行政書士・社会保険労務士・FP事務所の「きむらオフィス」を開業。2017年より、ダイヤモンドオンラインにてコラム連載を持つ。年金や個人のマネープランの相談・講習、企業向けのメンタルヘルス研修など幅広い分野で活動している。

2018年12月17日

Line
Line
Line

月間アクセスランキング

カテゴリー

注目のキーワード

アントレ

独立、開業、起業をご検討のみなさまへ
アントレは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。

会員登録はコチラ

アントレ公式ページ