カテゴリー

Line

仕事が勝手に舞い込むことなんてない。35歳で今なおプロサッカーを目指し続ける男の仕事論

あなたは今、夢を持っていますか?

憧れる道に向かって歩き続けることは楽しい反面、辛い現実と向き合うことにもなります。

そんな自分の弱さ、未熟さを受け入れながらも夢に向かって挑戦し続けているのは、スポーツに関する4つの仕事をする菊池康平さん。

今回はそんな菊池さんが実践している、夢や仕事に対してチャレンジし続けられる理由と、本当にやりたいことを見つけ出すコツについて伺いました。

これから何がしたいのか分からない、あるいは夢はあるけど一歩が踏み出せない。そんな方へ向けて、菊池さんのチャレンジャーとしての生き方を紹介します。

プロフィール:菊池康平さん
株式会社パソナでスポーツ選手のダブルキャリア、セカンドキャリアを支援。また、自身の経験を活かした講演活動、スポーツに関するライター活動、専門学校での講師など、「サッカー」を中心とした4つの仕事に邁進。

そして35歳の今現在も、夢であるプロサッカー選手を目指して世界中にあるチームの門を叩いてまわっている。

プロサッカー選手になるために。大学時代から17年続けている、海外での“道場破り”

―菊池さんは4つの領域でお仕事をしていますが、全ての活動には“サッカー”が共通していますよね。まずはその“サッカー”が仕事につながるまでの経緯を教えてください。

菊池さん
僕は学生の頃からサッカーをずっとやってきて、プロサッカー選手を目指していました。その夢を達成するべく、大学1年生の2001年からシンガポールをはじめ、様々な国の海外チームに“道場破り”という形で挑戦しにいったんです。

ただ、僕は日本でも全く無名の選手ですし、代表選手のように代理人もいない。それにまだネットが普及していない時代なので、現地の人に「プロサッカーチームはどこにあるの」って、聞き込みで情報収集するところから始まりました。

チームの練習場所が分かったら、ユニホームに着替えて乗り込むという感じですね。

―まさに“道場破り”ですね(笑)。それで練習に入れてもらえたのですか?

菊池さん
それが断られたことって意外と少ないんですよね。

身長が高いという強みがあったこともありますが、それ以上にやる気満々なので(笑)。

「そんなにやる気があるなら今日だけ練習に入ってもいいけど、明日からは来ないでくれよ」と、すぐに追い返さずに通してくれます。

向こうのチームも「使えそうな選手ならラッキー」っていうスタンスで迎えてくれているので、練習で結果を出し続ければ「明日も練習に来いよ」と誘ってもらえるんですね。

そして次の日、またその次の日と繋がっていくんです。

それで、およそ10日くらいプレーして高い評価を得られれば、プロ契約を結べると。これが“道場破り”の一連の流れになりますね。

―いい選手が生き残れる。シビアですが、分かりやすい世界でもありますね。プロを目指すに当たって、なぜ国内ではなくより厳しい海外へ挑戦しようと思ったのですか?

菊池さん
僕の世代、多くのサッカープレーヤーは、三浦知良選手(現、横浜FC所属)に憧れていたんです。

若い頃からブラジルで活躍して、日本でスターになったっていう彼のストーリーを見ていたので、国内よりも海外でチャレンジしたいという気持ちが強かった、というのがありますね。

―キングカズに憧れ、海外へ挑戦。最終的にプロ契約を勝ち取ることはできたのでしょうか?

菊池さん
いえ、大学卒業間際まで粘りましたが、結局プロになることはできませんでした。なので就職という現実に目を向けたんです。

一応、親を納得させるために日本にいる時は就活していたので。ただ、正直何をやりたいのか分からなかったので、トータルで80社くらい受けるほど苦戦してしまいました。

―ずっとプロサッカー選手を目指していたわけですからね。

菊池さん
はい。そんな中、株式会社パソナに入社が決まりました。

会社説明会で事業に関する話を聞いた時、「社会の問題点を解決する」という企業理念のもと多様な分野にチャレンジしていたり、志高い社員が国内外問わず活躍していることを知り「面白そうだな」と。

それから3年間パソナで働いたのですが、3年経っても僕はまだ「プロサッカー選手になりたい」って思っていたんです。

その思いを会社に打ち明けたら、1年間休職させてもらえることになったんです。

―1年…なぜそこまでの長期間休まれたのですか?

菊池さん
実は入社してからもお盆休みや年末に海外へは行っていたんです。学生時代の“道場破り”の感覚を忘れたくなかったですし、アグレッシブさやチャレンジする気持ちを失いたくなかったので。

でも1週間ぐらいしか期間がなかったので、練習も1~2日しか参加できなかったんです。
練習場を探すのに3~4日くらいかかることが多いので(笑)。

これでは到底プロにはなれないと。なので、腰を据えてやるために休職を願い出たわけです。

未知の世界で自分を売り込めるのは、自分が「能力のない人間」だと知っているから

―会社員になってからもプロサッカー選手への夢が尽きることはなかったわけですね。では、休職中の1年で“道場破り”は成功しましたか?

菊池さん
はい。ボリビアという国でようやくプロ契約を結ぶことができました。

そして契約後、そのチームでプレーをしていたんですが、約束の1年があっという間に来てしまったんです。

せっかく念願のプロ契約ができたのでそのまま現地に残りたい気持ちは少しありましたが、会社には1年で戻るという約束をしていたので、まずは日本に帰って復職することにしました。

―せっかくのプロ契約も、会社員と両立はやはり難しかったのですね。プロになるという目標が叶いましたし、その後は道場破りはやめてしまったのでしょうか?

菊池さん
いえ、ボリビアから帰った後も、今までと同じようにまとまった休みを使って“道場破り”を継続していました。

たしかに「プロになる」という目標は叶いましたが、プロのボリビアリーガーとして公式戦に出られなかったんです。まだ叶っていない夢に、心残りがあったんです。

―プロとして試合に出るという夢があったんですね。とはいえ会社員を続けながら海外で道場破りをし続けるのは大変そうですね。

菊池さん
そうですね。

また長い時間をかけて海外のチームにチャレンジしたかったのですが、長期間の休職を2回も申請するわけにもいきませんでした。

それでもプロとして試合に出場する夢を諦められなかった。

そして32歳の時、退職を決意しました。

―サッカー選手としてはギリギリの年齢ですね。その後はどうなっていったのでしょうか?

菊池さん
その後は海外を転々として道場破りをし続けていたのですが、35歳になる今現在まで、再びプロとして契約を結ぶまでには至りませんでした。

―プロの世界はそれくらい厳しいんですね…。退職後、どのようにしてお金を稼いでいったのでしょうか?

菊池さん
長く海外にいるにしてもお金は必要でしたので、いろんな形でお金を稼ぐ方法を考えました。

30歳を過ぎてもずっとプロのサッカー選手の夢を追いかけ続けている僕の経歴は、傍から見たら、ある意味おもしろいのかもと思い、様々なメディアに自分を売り込みにいったんです。

それが意外と反響があったんですよ。海外への挑戦による失敗談や成功体験を話すと、「何だかよくわからないけど、こいつの人生面白いじゃん」って(笑)。そこからいろんな方に取り上げていただけるようになりました。

そうやってサッカーに関する講演やライター等いろいろやっていくうちに、フリーランスとして食べていけるくらい活動の幅が広がっていったんです。

現在はパソナにて、自身の経験を活かし、アスリートの競技生活と仕事の両立支援や引退後のセカンドキャリアを支援する「パソナスポーツメイト事業」にも携わっています。

ー菊池さんは非常に「自分を売り込む力」に長けているなぁと感じたのですが、やはり一歩踏み出す勇気だったり、飛び込む覚悟がなかなかできないという方も多いのではないかと思います。そういった方々に対して、菊池さんならではの“道場破り”の際のマインドを教えて頂きたいのですが。

菊池さん
僕は常に「自分は能力がない人間だ」と思っています。だから失うものがないんですよね。

だからこそ、逆に自らアピールしたり売り込んだりしていかないと、向こうから勝手に仕事が舞い込むなんていうことはまずないと思っています。

これまでフリーランスとしてやってきた仕事を全て振り返ってみても、自分から動かずに来た仕事って、そんなにないですから。

もちろん、口コミや評判を聞いて仕事をいただいたことはありますが、その元の仕事自体、自分が売り込んでいただいた仕事でしたし。

おそらくほとんどの方が「断られたらどうしよう」とか「恥ずかしい」という感情が先行してしまっているんだと思います。

失うものは何もないと腹を括って勇気を出してみたら、案外仕事をもらえることって多いと思うんですよね。

―自分自身をよく分かっているからこそ、どう行動するべきか明確な判断が下せるわけですね。独立を考えている人にとって重要な考え方だと思います。自分を売り込んで仕事を得るためのノウハウなどもあれば伺いたいです。

菊池さん
がむしゃらに飛び込んで熱意をアピールするのも大切ですが、ある程度自分を面白くアピールできると仕事をもらえる確率は上がると思います。

例えば名刺。

僕の場合は、サッカーで合計16ヵ国チャレンジしてきたのですが、結果ボリビアでしかプロ契約できませんでした。

なので自分の名刺に「海外サッカー道場破り 1勝15敗」って書いてあるんです。

―とても分かりやすいですね(笑)。

菊池さん
そうですよね(笑)。

本やネットの記事でも同じことが言えると思いますが、タイトルがつまらないものってページすら開かないじゃないですか。でもキャッチーな言葉だと惹かれるし、印象に残りやすいですよね。

いくら面白いことや人とは違うことをやってきていても、それが伝わらなかったら全く意味がありません。なので名刺や資料は相手に分かりやすく作ることをオススメします。

そういう自分の武器があると、仕事を取れる確率は格段に上がると思います。

「様々な価値観を得て、いろんな世界を見る」。やりたい仕事と出合えるかは自分の行動力次第

―菊池さんは何度失敗してもサッカーへの情熱を失わずにこだわり続けていますよね。サッカーに限らずスポーツを高校や大学で一区切りつけてしまう人は非常に多いと思いますが、菊池さんをそこまで突き動かす原動力は一体なんなのでしょうか?

菊池さん
単純にサッカーが好きということもありますが、それ以上に僕はまだサッカーで成功したことがないので、喜びや達成感を得るためにチャレンジを続けているんだと思います。

例えばもし僕が高校で全国大会にレギュラーとして出場していたとしたら、おそらくサッカーをやめていたのではないかと。

ただ、振り返ると夢を叶えるまであと1歩という場面は多々あったんです。

高校時代に通っていたクラブチームも全国大会にいけるような強豪でしたが、僕自身は控えでしたし、ボリビアでプロ契約していましたが、公式戦に出ることはできなかった。

もし僕がいずれかの場面で、大観衆を前にピッチに立っていたら、そこで満足してしまっていたかもしれません。

僕は夢を叶えられる手前まで来ておいて、あと1歩を踏み込めずに終わっているんです。

そういう悔しさを味わい続けてきたからこそ、サッカーを続けてこられたんだと思います。どこかで少しでもいい思いをしていたら、今の自分はいないかもしれませんね。

―長いサッカー人生のなかで、まだ一度も満足したことがないと?

菊池さん
そうですね。

毎回なにか宿題を残してもらっているというか、100点を取り切れていないから、満点を目指して何度でも挑戦できているんじゃないかと。

前に進んでいかなければ、残りの点数の答えは一生知ることはないですから。

―成功体験がないから挑み続けられる、というのはとても印象深いですね。“好き”と同様に物事の継続に大切なことだと感じます。では最後に、常に自分から動いている菊池さんだからこそ聞きたいのですが、仕事のミスが重なったり、人間関係で気が滅入ることで“負の連鎖”を起こしてしまうことって誰でもあると思うんです。そういうループから抜け出すためのきっかけを見つけ出すコツがあれば教えてください。

菊池さん
いろんな価値観を持った人と会って話すことが大事だと思います。

社内の同じループにハマっている同士で飲みにいっても何も起こりませんし、逆にますます深みにハマってしまうと思うので。

仕事終わりでも休日でもいいのでできるだけ違うジャンルの人だったり、様々な働き方で活躍している人と話す時間を設けてみてください。

どれが正解か間違いかなんて分からないですけど、いろんな価値観を知ることで「あぁ、こういう考え方があったのか」と、自分の可能性を広げるきっかけにもなりますし、極端な話「この仕事辞めても生きていけるな」って思えるくらいの心の余裕ができると思うんです。

僕も会社員時代、朝から晩まで仕事をしていた時に「もうプロサッカー選手になるのは無理かも」と、思考停止になることはよくありました。

そんな切羽詰まってる時に、負の連鎖に陥ったのか、フットサルで全治半年間の大怪我を負ったことがあるんです。

―選手生命に関わる大怪我ですよね…

菊池さん
本当に危なかったです。でも、逆にこの長期休養がいいきっかけになりました。

「2度とサッカーができなくなるかもしれない。」

そこまで追い込まれた時に「俺は本当は何がしたいんだろう」と、改めて自分を見つめ直すことができたんです。

長い間考えて出した答えが、やはり「プロサッカー選手になりたい」ということでした。

僕にとっては、この大怪我があったから今の自分がいると言っても過言ではないくらい大きな転機だったんです。

僕の場合はこういった怪我でしたが、人それぞれいろんな形で人生が変わるきっかけは必ず訪れると思います。

なので、やりたいことが見つかるまで自分から動いて、様々な価値観を得て、いろんな世界を見てください。そうすれば、自ずと何かが見えてくると思いますよ。

この記事が気に入ったらいいね!しよう。

最新記事をお届けします

おすすめの最新記事

9月14日(金)・15日(土)の2日間にわたり、東京ドームシティ内のプリズムホールにて「アントレフェア2018」が開催されました。

「アントレフェア」とは多くのフランチャイズ本部や代理店本部がブースを出展し、加盟についての詳細を直接会話することができる年に1度のイベント。さまざまな業界のブースがあるので、1度に多くの情報を集めることができます。

さらに、資金調達や会社設立、起業の税務相談など、各分野に特化した専門家ブースもあるので、その場で相談することも可能。自分で探してあちこち足を運ぶことなく、業界市場や最新トレンド、経営に必要な知識についても効率よく収集できるイベントなのです。

今回は、そんな2日間の「アントレフェア」を体験取材! 本気で独立・起業を考える人で大盛況だったイベントの様子をお届けします。

「知らなかった」「残念ながら参加することができなかった」という方は、次回の予習も兼ねてご一読ください。

アントレ編集長が会場のまわり方を教えてくれる!? 企業ブースを訪問する「比較ツアー」に密着

受付では、講演のタイムスケジュールや会場マップが入ったバックを受け取ります。

講演は何時から? どんな企業がブースを出しているの? と迷っていると、会場の回り方やコツを説明してくれる入口スタッフが来場者を誘導してくれました。

どのようにフェアを回るかは個人の自由ですが、このような説明があるだけで、会場内で行われている各種イベントをある程度把握することができます。

会場に入って最初に目に留まったのは、「比較ツアータイムスケジュール」の看板。

「比較ツアー」とは、「副業」や「自宅で開業」など、参加者の希望のテーマに沿った企業をツアー形式で周り、比較しながら検討できるというもの。
複数人のグループを作って出展ブース(3〜5社)を回る、予約制のイベントです。

1時間ほどで効率的に情報収集することができるので「どの企業に話を聞けばいいのか分からない」「広い会場内を探し回るのは大変」という方にはおすすめのツアーです。

今回は、ツアーテーマの1つにある「編集長と行く!アントレフェア」に参加してみることにしました!

こちらがアントレ編集長・菊池保人さん。

菊地編集長が各企業ブースに直接案内してくれるので、初めての参加で右も左も分からない方にとっては心強いですよね。また、3人程度のグループでまわるので、「1人で話を聞くのは不安」という方にとっても安心です。

それでは菊地編集長、よろしくお願いします!

ブースに着くと、各フランチャイズ本部の担当者から開業資金や業界、市場について、分かりやすく丁寧に教えていただけます。

説明を聞いている途中で少しでも疑問に思ったことがあれば、「これ、どういうことですか?」と気軽に質問・相談することも可能。何か不明な点があればその場で確かめ、疑問を解消することができました。

もちろん、「自分のペースでゆっくりと話を聞きたい」「お目当ての企業の話のみを聞きたい」という方は個別で企業ブースを訪問できるので、積極的に会場内を回ることをオススメします。

素敵な笑顔で丁寧に案内してくださった菊地編集長、ありがとうございました!

魅力たっぷりの企業ブースを紹介!

ここではツアーで回った企業ブースをご紹介します!

まずは、今年で80周年を迎える工具の高級ブランド「マックツールズ」の日本国内事業を展開するマックメカニクスツールズ株式会社。

企業ブースに着いた時は、大きな車が乗り入れてあってビックリしました(笑)。

株式会社サンライズのフランチャイズ加盟店である、完全テイクアウト型メロンパン専門店「Melon de melon(メロン・デ・メロン)」のブースでは、メロンパンの陳列もありました。

車からメロンパンまで、様々な企業がブース出展しているのも「アントレフェア」の魅力のひとつです。

また企業ブースの中には、こうして商品を購入して試食・試飲できたり、その企業ならではのさまざまサービスを体験することができるので、全てのブースを回ってみたくなりますね!

開業資金の融資ノウハウを、専門家に無料で相談できる!【独立開業無料相談コーナー】

会場の奥には、「独立開業無料相談コーナー」があります。

ここでは日本政策金融公庫など、融資や会社設立の専門家から直接アドバイスを受けることができます。
名前の通り、いくら話を聞いても無料なので、資金調達、会社設立、税務相談について少しでも疑問に思っていること、悩みがあれば気軽にどんどん聞いてみましょう!

【企業・ゲスト講演】日替わりで杉村太蔵氏や、藤原和博氏ら豪華ゲストが登壇! 開業時に取り組むべき重要課題を学ぶ

講演スペースでは、2日間で合計10社の企業公演と、8名の方々による豪華なゲスト講演のコーナーも設けられています。

その中でも特に大盛況だったのが、9月14日(金)に行われた、元衆議院議員で、現在はタレントとしてもご活躍されている杉村太蔵氏によるスペシャル講演です。

「バカは活きる」をテーマに、プライドを捨てた男の人生から学ぶ自分らしさが活きるキャリア論を熱弁。杉村氏の実体験を元にした貴重なお話を語ってくださいました。

企業講演では、会場にブースを出展している各企業担当者が、各々掲げる経営理念やビジネス戦略、開業資金などを、画像や映像を使ってわかりやすく説明してくれました。

また、9月15日(土)には、藤原和博氏のスペシャル講演が大盛況!『戦略的「モードチェンジ」のすすめ』をテーマに、ホワイトボードを使って「100万人に1人の人材」になるためのキャリアアップ論を解説。ご自身の経験もふまえ、迷える世代に向けてアドバイスを送ってくれました。

こうした講演は、普段ならなかなか聞く機会のない著名人の実体験に基づく話を聞ける貴重なチャンスでもあります。

加えて、独立開業の専門家からお金の借り方、副業のはじめ方、フランチャイズの開業資金といった起業ノウハウを一気に聞くことができるので、独立・開業を考える方にはぜひ参加していただきたいイベントですね!

シールを集めて豪華プレゼントをゲット!

この「アントレフェア」は、講演を聞いたり、企業ブースを回るだけではありません。参加者なら誰でもチャレンジできる「シールラリー」というものが常時開催されているのです。

こちらは、来場時にもらえる上記画像のカードに、企業を1社訪問する、もしくは企業講演に参加するごとにシールが1つもらえます。

最終的にこのカードに3つ以上のシールを集めることができれば、会場出口にある特典ブースで豪華なプレゼントをもらうことができます。

シール3〜4枚で「独立関連書籍」、シール5枚で「クオカード500円+独立関連書籍」がゲットできちゃいます!

こちらがシールを3枚以上集めると貰える独立関連書籍一覧です。

講演した方の書籍も用意しているので、ぜひいろいろな企業を訪問したり講演を視聴してシール集めにもチャレンジしてみてください。このような本を読むだけでも、これからの独立準備に向けて大いに前進することができそうですね。

独立・開業を考える人は必見! 起業家マインドとノウハウを得て、新たな1歩を踏み出そう!

各企業ブースや相談コーナーでは「開業に必要なノウハウ」、起業家や著名な方々の講演では「起業家マインド」を学んだ2日間。これから独立・開業といった新たなビジネスの世界に挑戦するにあたって、欠かせない要素が全て集まったイベントでした。

「独立・開業について考え始めたばかり」「起業するにはどんな知識が必要で、どんなスキルを磨くべきなのか分からない」という方でも基礎からしっかりと教えてくれるので、今回参加できなかった人は、次回の「アントレフェア」へぜひお越しください!

アントレ公式キャラクターの「アントラ」くんも待ってますよ!

また、メルマガ会員になれば常に有益な情報がもらえるので、登録しておくと便利です。LINE公式アカウントもあるので、そちらもチェックしてみてくださいね!

※また「アントレフェア」の小規模バージョンの「アントレアカデミー」も随時開催しています。

10/23(土)@大阪
10/27(土)@東京
11/10(土)@愛知

お電話での受付はコチラから
0120-854-080

2018年10月19日

Line
Line
Line

月間アクセスランキング

カテゴリー

注目のキーワード

アントレ

独立、開業、起業をご検討のみなさまへ
アントレは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。

会員登録はコチラ

アントレ公式ページ