カテゴリー

税理士ドットコム

社外で得られた意外な学び。「起業」が身近な選択に:VOL.231

社外で得られた意外な学び。「起業」が身近な選択に:VOL.231

PLOFILE

原 正幸さん(40歳)

(株)プロキッズ/東京都台東区
NECに入社後、システムエンジニアとして勤務。ビッグローブへの異動を経て、2015年に独立。当初は大手企業向けの新人研修を行う。こどもが生まれたことを機に、小中学生向けのプログラミング教室を開校。港区、つくば市、オンラインにて開校中。

VOL.231
社外で得られた意外な学び。「起業」が身近な選択に

小中学生向けのプログラミング教室

定年までNECにいるものと思っていました。転機はベンチャー起業家が集まるイベントへ出席し、同年代の経営者と話す機会に恵まれたことです。社長賞をもらったこともありますし、それまで私なりに頑張っていたつもりでしたが、自分の力のなさを感じたことをよく覚えています。

でも、それから社外のイベントに参加するようになって、わかったことがあります。起業家はスーパーマンのような、自分とは全く違う世界に住む人だと思っていたけど、自分と似たような人も多いことです(笑)。起業が選択肢に入ったのはその時でしたね。

独立1年目は企業研修の講師がメインの事業でした。小中学生向けのプログラミング教室を始めたのは、独立のタイミングでこどもが生まれたことがきっかけです。教育に関心を持つようになり、こどもの将来を考えるとITは切り離せません。だったら自分で始めようと思い立ちました。生徒3人からのスタートでしたが、今では電車でわざわざ通ってきてくれる生徒さんも多く、ニーズの強さを感じています。


「自分がつくりたいものをつくれるのが、プログラミングの楽しさ」と原さん。生徒と教師がともに考える授業がモットー。

現在は、企業研修とプログラミング教室、それにシステムの受託開発の3事業を柱に仕事をしています。事業は「選択と集中」が大切ともいわれますが、それぞれ楽しさが異なるし、どれも捨てたくない。だから全力で全てやるというのが、今の本音ですね。

 

構成・文/東 雄介
撮影/刑部友康、片桐 圭、阪巻正志、宮田昌彦
アントレ2019.冬号 安定、肩書、仲間…雇われるよさもあったけど 私、会社を卒業しました!より

PICKUP!

この記事に興味のある人が見ている独立開業プラン

この記事が気に入ったらいいね!しよう。

最新記事をお届けします

あわせて読みたい関連記事

おすすめの最新記事

PLOFILE

安田祐輔さん(35歳)

キズキグループ/東京都渋谷区
DVや一家離散、発達障害によるいじめを経験。偏差値30からICUに合格、大手商社への就職を果たすも4カ月で退職、引きこもり生活。2011年、不登校や中退などでブランクのある人のための「キズキ共育塾」を開塾。生活困窮者の支援や、うつや発達障害で悩む人の就労支援も行う。
(さらに…)

2020年4月6日

組織再編を行う場合や広義の意味でのM&Aを行う場合にとられる手法として存在する事業譲渡。

これは事業の一部や全部を売買することにより、自社の強みをさらに伸ばしたり、逆に弱みをカバーしたりと、効率よく経営を行うための戦略の1つとなります。

今回は、事業譲渡にスポットを当てて説明を行います。

(さらに…)

2020年4月3日

税理士ドットコム
税理士ドットコム
Line

月間アクセスランキング

カテゴリー

注目のキーワード

アントレ

独立、開業、起業をご検討のみなさまへ
アントレは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。

会員登録はコチラ

アントレ公式ページ