カテゴリー

税理士ドットコム

「安定」を軸に、夢の実現に挑戦する。プロゲーマー・sako夫妻の地に足のついた家族戦略

「安定」を軸に、夢の実現に挑戦する。プロゲーマー・sako夫妻の地に足のついた家族戦略

夫婦で開業。

旦那さん、あるいは奥さんがこれまでの仕事による経験を生かし、夫婦で独立・開業を目指すケースは少なくありません。

とはいえ、家族という守るべき人が存在する分、「安定した収入を得られるのかな…」という不安を、より強く感じてしまいますよね。

今回お話を伺ったのは、プロゲーマーのsakoさんと、奥さん兼マネージャーであるakikiさん。

sakoさんは無類のゲーム好きとして知られ、プロゲーマーでは最年長の40歳という年齢ながら、現在もなお世界各国を飛び回り第一線で活躍中。akikiさんはそんな旦那さんの活動をサポートしながら、母親として家事と育児に励み、家族も支えています。

プロゲーマーと聞くと、今では大会の賞金やスポンサー料、その他の配信やタレント活動によってかなりの収入があるイメージを持つ方が多いかもしれません。ですが、お2人はまだeスポーツが日本に根付いていない黎明期を歩みながらも、トッププレイヤーにまで駆け上がってきました。

そこにたどり着くまでに、夫婦としてどのような戦略を練り、良好な家庭を築いてきたのでしょうか。今回は、その真意に迫ります。

<プロフィール>
sakoさん
FAV gaming所属のプロ格闘ゲーマー

幼少期から駄菓子屋にあるゲーム機で遊び、中学時代にはゲームセンターに通い詰め「対戦ゲーム」に熱中する。
2003年、東京開催の格闘ゲーム大会で準優勝して以降は、格闘ゲーマーとして活動。
24歳で香川県の合宿免許先でakikiさんと出会い、ゲーム好きという共通の趣味があったことをきっかけに、交際に発展。6年間の交際期間を経て、2009年に結婚。
翌年にはウメハラ、ときどに次いで日本で3人目となるプロゲーマー(兼業)となり、「ストリートファイターシリーズ」を中心に活躍。2013年には『スーパーストリートファイターIV 公式世界大会 Capcom Cup』で王者に輝く。
2017年には大阪から関東に活動の拠点を移し、専業プロゲーマーとして活躍している。

人生をゲームと一心同体で歩む男が、1人の女性と家庭を築くまで

ー現在はプロゲーマーとして活躍し、奥さんでありマネージャーでもあるakikiさんと共にご夫妻で活動されているsakoさん。そもそもゲームにハマるきっかけは何だったのでしょうか?

sakoさん
話は30年前にさかのぼりますが、当時は駄菓子屋にゲーム機が置いてあるのが当たり前の時代でした。小学1年生の時には自然とゲームをして遊んでいましたね。

中学入学後からはゲームセンター(以下ゲーセン)に通うようになって、徐々に1人でプレーするよりも、対戦ゲームのコミュニティが好きになっていったんです。それからはもう、どっぷりとハマっていきました。

ーでは、その頃からゲームを仕事にしようという考えはあったのですか?

sakoさん
いえ、当時はまだプロゲーマーという職業はなかったので、想像したこともなかったです。勉強するのも好きではなかったし、ゲーセンに通う資金を稼ぐために早く働きたくて、大学には行かずにすぐ就職しました。

仕事は17時終わりでしたので、仕事を終えて夜から近所のゲーセンで遊ぶという日々を送っていたんです。

そんなある日、突如としてゲーセンにめっちゃ強い“Kajiくん”というプレイヤーが現れまして。いくら挑んでも全然勝てないんですよ(笑)。

約1年かけてようやく勝てるようになったんですけど、気づいたら格闘ゲームに目覚めていたという。

ー格闘ゲームにハマったのは、そのKajiくんがきっかけだったんですね(笑)。

sakoさん
そうなんです。それから一緒に東京の大会に出場して2位になったりと、一気に「対戦格闘ゲーム」というジャンルにのめり込んでいきました。それは2003年頃で、21〜22歳の時ですね。

ー本格的に格闘ゲームにのめり込んだのが20歳を超えてからというのは意外でした。ところで、akikiさんとの出会いはいつ頃ですか?

sakoさん
僕が24歳の時です。場所は香川県の合宿免許先でした。当初は地元の関西で免許を取ろうと思っていたのですが、交通費や宿泊費含めて1番安かったのが香川だったので。
akikiさん
私は当時、神戸で働いていたのですが、地元が香川でしたので、ついでに実家に帰ろうと思って、その合宿先を選んだんです。

そしてある時、合宿所にいる他のメンバーに実家でゲームをしていたことを話していたら、sakoが「え、どんなゲーム!?」ってすごい勢いで食いついてきて(笑)。それを機に仲良くなった感じですね。

ーそこからすぐにお付き合いを?

akikiさん
いえ、実際に付き合うことになったのは、合宿を終えてからです。お互い関西に帰ってからもゲームで一緒に遊ぶようになっていたので、そのあたりから付き合うようになりました。

その後、私自身もゲームは好きだったので、プレイステーションは持っていましたし、ゲーセンにあるようなアーケードコントローラーもあったので、sakoが家に遊びに来たんです。

ゲームをしてすぐに帰ると思ったら、その日からずっと住み着かれて(笑)。本当に突然、同棲生活が始まりました。

ーちなみに、結婚はどのタイミングでされたのですか?

akikiさん
2009年、sakoが30歳を迎えた時ですね。

実は同棲中、母が難病にかかってしまいまして。家族で介護をするために香川に戻らないといけなくなったんです。それでsakoに相談していたのですが、1つ心配事がありまして。

ーというと?

akikiさん
香川にはほとんどゲーセンがないんですよ。だから「ゲーセンないけど、本当に大丈夫…?」と真剣に聞きました。そんな状況で話すことではないかもしれませんが、彼にとっては死活問題ですので(笑)。

ー確かに(笑)。それで、sakoさんのお答えは?

sakoさん
もちろん「ついていく」と伝えました。もう僕の中では「ずっと一緒にいたい」という気持ちが強かったので。

それから大阪での仕事は辞めて、香川でアルバイトをしながらakikiの実家の手伝いをさせてもらいました。

ただ、家からゲーセンまで車で片道1時間はかかりますし、ほとんどの確率で対戦相手がいなかったので、正直つらい時はありました。でもたまの週末に、関西に帰ってゲーム仲間と対戦できる時間を作ってもらえたので、彼女には感謝しています。

akikiさん
そうしないと、限界を超えそうだったので(笑)。でも手伝ってくれて本当に助かりました。

しばらくして、母は亡くなってしまいましたが、ずっと同棲していたこともあり、sakoさんのご両親から「で、結婚はどうですか?」と聞かれまして(笑)。それでちゃんと結婚について考え始めた私たちは、香川で1年半生活した後、30歳で籍を入れる決断をしたわけです。

安定した収入があることを前提に、夢を実現できる方法を探る。お互いが納得して前に進むために

ーその頃はまだゲーマーを専業にされていないと思いますが、ゲームだけで生活されるまでには、どういった経緯があったのでしょう?

sakoさん
まず、結婚して大阪に住み始めた2009年に『ストリートファイターⅣ』の家庭用版が発売されて、一気にオンライン対戦が流行り出したんです。

それによって全国的にプレイヤーのレベルが上がり、東京だけじゃなく、地方にも強豪が現れ始めました。

そこに目をつけたプロゲーマーの先駆者であるウメハラさんが、自身が人選した全国のトッププレイヤー8名による、10ゲーム先取という異例の対戦形式を採用したトーナメント「GODSGARDEN Online」を開催したんです。

すでにウメハラさんは世界的にも知名度が高い方だったので、大会自体、海外からすごく注目されていたのですが、その中で僕が優勝することができまして。海外から大会出演のオファーがくるようになりました。

そして2011年4月、海外のプロチームからスカウトされて、プロゲーマーの道を歩み始めました。

ーその時、akikiさんは奥さまという立場から、sakoさんのプロへの気持ちに対してどのように思ったのですか?

akikiさん
やはりsakoにとってゲームはライフワークだなと感じていましたし、好きなことで誰かに必要とされるなんて素晴らしいことですから、もちろん応援はしたいなと思いました。

しかし、当時の日本にはまだeスポーツはそこまで発展していなかったので、あまりスポンサーもおらず、大会の賞金も少ない。たとえゲーマーを専業にしたとしても、お小遣い程度の収入しか見込みはなかったんです。

なので、お互いが納得した形でプロ活動をスタートするべく、家族会議を開きました。

ーどんな話し合いをされたのでしょう?

akikiさん
まずsakoは、大会に勝つことを目標にしているゲーマーも多い中、ゲームが上手くなること、強くなることがモチベーションというちょっと珍しいタイプのゲーマーなんですね。だからそれ以外のことは面倒くさがって何もやりたがらないんです。

それまであまり大会に出ていなかったのも、出場するまでの手配を面倒くさがっていたところが大きいんですよ。

例えば、プロゲーマーになったら大会に出る回数も増えますし、イベント出演の機会もあります。そうなると遠征手配どころか、契約交渉や打ち合わせ、メールのやり取りだったりと、いろいろやることが増えるじゃないですか。その部分がsakoにとって、プロに踏み切れない理由の1つだったんです。

だったら「ゲームはあなた、それ以外は私がやるよ」って。マネージャーとしての役割を担うことにしたんです。

ーそこで「マネージャーakiki」が誕生したのですね。収入面についてはどんな解決策に着地したのですか?

sakoさん
やはり夫婦として安定性は確保したかったので、「今の仕事を辞めずに、副業としてプロ活動をするのはどう?」という話になりました。

それでもし、ゲーマーとしての仕事が無くなっても、本業があるので問題ありませんから。

akikiさん
sakoが言うように、本業さえしっかりしていれば、例えば収入面の割合でゲームが「20%」だとしても、本業が「80%」なら収入の不足を補うことができます。

なので、つねに両方合わせて「100%」になるよう収入額を調整していこう、という話はしていました。

とにかく、大前提は「安定した収入があること」。そこをキープした上で、どうすればやりたいことを実現できるのか。そこを話し合いながら探っていく、というやり方で。

ー生活面での不安要素を潰して、お互いが納得した形で兼業プロゲーマーとしての活動に踏み切る。とても地に足がついていますね。ではその後、兼業から専業にシフトするまでには何があったのでしょう?

sakoさん
2016年に発売された、現在も使用しているゲームタイトル『ストリートファイターV』が、ゲームスピードが今までとは大きく違うタイトルだったんですね。

ほとんどがオフラインの大会ですから、同じ環境でトレーニングする必要がありました。当時の大阪にはまだオフラインの対戦環境が整っておらず、「このままでは置いていかれる・・・」と感じた僕は、多くのプロが集まっている関東に拠点を移すしかないと思ったんです。

akikiさん
当時、sakoはすでに収入の割合が、本業「20%」、ゲーム「80%」と、完全に後者が前者の収入額を上回っていました。

せっかくプロ活動だけでしっかりとした収入を得てきているのに、そのまま競技力向上が見込めない大阪にいるのはもったいない。だから大阪の会社を退職し、専業プロゲーマーとして東京に進出することを決めたんです。

とはいえ、すぐに関東に行ったって、その時以上に収入が得られるとは限らない。もしかすると減ってしまうかもしれません。

当時はまだスポンサー収入が今より少なく、大会やイベント出演などの単発収入の占める割合が大きかったので、じゃあまずは「コンスタントに毎月お金が入る仕事を作ろう」という話が出たんです。

ー再び家族会議が開かれたわけですね!

akikiさん
はい。まず、ずっとお世話になっていた『ファミ通』さんにお願いして、動画サイトのチャンネルに、sakoが月1回必ず出演させてもらえるレギュラー番組を作っていただいたんです。

それによって少し収入が得られると同時に、収録場所が東京で、その交通費もいただけたので、月1回は必ず現地でオフライン対戦ができるようになるわけですよ。

加えて、その間に東京のゲーム関係者の方々の元に営業をして回って、少しずつお仕事を確保していきました。

この作業を繰り返し行い、大阪を出てもコンスタントな収入が得られると判断できたのが1年後でした。なので2017年に関東に引っ越し、晴れて専業プロゲーマーになったわけです。

ー専業になるために、1年間の準備期間を設けたわけですね。すごく勉強になりました。

sakoさん
それに2016年にはこどもも生まれていたので、「絶対に失敗できない」という親としての責任感みたいなものもあったんです。

なのでもし僕たち2人だけだったら、そこまで慎重にならずに東京に飛び込んでいったかもしれませんね(笑)。

ーそうでしたか。それにしても、何故お2人は衝突せずにそこまで綺麗に役割分担ができるのか、とても気になります。

sakoさん
それは性格が真逆だから、だと思います。

僕はゲームというやりたいことがあるけど、それ以外は何もやりたくないし、プランも立てられない。一方でakikiは、やりたいことはないけど僕のことを応援してくれて、なおかつしっかりとしたプランを立てられる。

その性格の不一致が逆に功を奏したというか(笑)。お互いのない部分を補い合い、ガチッと歯車がかみ合うことで、いい夫婦のバランスが取れているのではないでしょうか。

挑戦したい夢があるなら、奥さんに納得のいくプランの提案を。夫婦経営を成功に導く秘訣

ー今後の展望をお聞かせください。

sakoさん
もちろん今後もずっとゲームには関わっていきたいと思っています。

ただ正直、プロとしてはいつまで年間数十回もある世界大会を回れるのか不安ではあります。

というのも、僕は今年で41歳を迎えるのですが、プロゲーマーとしては世界で過去最高齢なんですよ。だから僕の年齢を上回る人が活動したという事例がないので、つねに「前例のないことへの挑戦」なわけです。

でも逆に、僕の頑張り次第では、次世代のゲーマーたちに「この年齢までできるんだ」という安心感であったり、「息の長い選手になろう」という目標を持ってもらえることにつながります。

それは僕にとってもモチベーションになるので、体が動く限り、1年1年積み重ねていきたいですね。

ー最後に、夫婦で独立・起業を考えている読者の方へメッセージをお願いします。

sakoさん
夫婦でやっていくなら、どちらかが突っ走るのではなく、しっかり相談し合う場を定期的に設けるといいかもしれません。

次のキャリアのことを1人で悩んで、抱え込んで、全部自分で決めるというより、二人三脚で地道にコツコツ歩んでいく。僕らの経験上、それが1番大切で、リスクを負わずに確実に前へ進んでいける方法だと思います。

akikiさん
そうですね。嫁の立場から言うと、やりたいことがあるなら、奥さんが納得するように具体的な戦略を提案してほしいですね。

例えば、普通の会社員である夫にいきなり「プロの◯◯になりたい!」とだけ言われても、嫁としては、そんな一か八かの博打のようなことを応援しにくいわけですよ。こどもがいれば尚更です。

なので、夢があって本当に挑戦したいなら、まずはプランを立てましょう。出来るだけ現実的なプランがいいですね。もし計画が練れないのであれば、せめて奥さんに「どうすればいいと思う?」って相談してください。

そうやって話し合うだけでも何かしら解決の糸口は見つかりますし、何より良好な夫婦関係を保つことができますよ、きっと。

取材・文=佐藤主祥
編集・撮影=内藤 祐介

PICKUP!

この記事に興味のある人が見ている独立開業プラン

この記事が気に入ったらいいね!しよう。

最新記事をお届けします

あわせて読みたい関連記事

おすすめの最新記事

会社に勤め続けるか、それとも独立するべきか……。とても重要な選択ですが、やれることをやり切ったなら、自らの力で新しい世界に挑戦しても良いはず。

三重県でフリーランスのWebディレクターとして働くあいばたいきさんも、新しい環境で挑戦を繰り返してきました。
(さらに…)

2020年7月6日

株式譲渡とは、売り手会社のオーナーがその保有株式を買い手(会社または個人)に売却して会社の経営権を譲り渡す、数あるM&A(企業の合併や買収を行うこと)手法の一つです。

その手続き方法はほかの手法に比べて簡易(ただし上場企業は除く)です。

1.双方が合意した内容の株式譲渡契約書を締結する
2.株式の対価の支払いを行う
3.支払い終了後、株主名簿の書き換えを行う

ことで終了となります。そのため中小企業が行うM&Aでは最も多く行われています。

(さらに…)

2020年7月3日

PROFILE

近藤 卓さん(45歳)

(同)ターンムファーム/大阪市都島区
都内でバー経営などを経験。2004年から丹波篠山でハバネロ栽培とホットソース「メローハバネロ」の生産を開始、国内外で評判に。18年の関西豪雨により記録的な不作に見舞われたのを機に、拠点を大阪に移転。「メローハバネロ」の生産は8月から再開予定。 (さらに…)

2020年7月2日

税理士ドットコム
税理士ドットコム
Line

月間アクセスランキング

カテゴリー

注目のキーワード

アントレ

独立、開業、起業をご検討のみなさまへ
アントレは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。

会員登録はコチラ

アントレ公式ページ