カテゴリー

税理士ドットコム

「犬や猫の殺処分ゼロ」を掲げ、救った尊い命をつなぐ 社会起業家からのメッセージ

「犬や猫の殺処分ゼロ」を掲げ、救った尊い命をつなぐ 社会起業家からのメッセージ

NPO法人Tier Heim KOKUA(ティアハイム・コクア)/東京都渋谷区
代表理事

山田直美さん

千葉県生まれ。リラクゼーション業界の大手サロンにて、ハワイに古くから伝わる伝統的なヒーリング療法・ロミロミのセラピストとして活躍。2007年、「Aloha703」を設立し、現在もロミロミサロン、スクールを経営する。同時期より並行して、動物愛護活動を本格化。11年にNPO法人を設立、命の危険にさらされている犬の保護、里親を探す活動とともに、動物の終生飼養、適正飼育を図る啓蒙活動に尽力する。17年5月現在、Tier Heim KOKUAの卒業犬は100頭を超えた。

東京・原宿で保護犬シェルターを運営する「Tier Heim KOKUA」には、連日、犬の保護に関する問い合わせが10件ほど入る。その多くは「しつけができないから、もういらない」などといった飼育放棄だ。代表の山田直美は「環境省の最新発表によれば、犬・猫の殺処分数は年間8万頭台にまで減ったものの、悪徳ペット業者や身勝手な人間による飼育放棄、虐待は日常で行われている」と嘆く。規制なき生体販売もいまだやまず、いたずらなペット増加を背景とした負のループはなかなか断ち切ることができない。
山田たちの活動は多岐にわたる。命の期限が切られる動物愛護センターから、また飼育放棄や被災地などの現場から、行き場を失った犬たちをレスキューした後、シェルターで必要に応じた治療や精神的ケアを施す。その上で、新たな里親との縁をつなぐところまで責任を持つ。個性や事情の違う一頭一頭と向き合いながらの24時間体制の世話は、想像を超える大変さだ。それでも山田は、この社会問題の解決を自らの使命とする。目指しているのは、本当の意味での「犬や猫の殺処分ゼロ」。そして、人間と動物が共生できる愛情豊かな未来をつくることだ。

傷つけられ、奪われる命を守るために、小さくても声を挙げ続けること。
それが、健全でやさしい社会づくりへの一助となる

━ 活動を始められて10年になりますが、きっかけとなったのは?

 幼い頃から常に動物と暮らしてきたので、動物愛護活動はずっと日常にありました。
 保護された犬や猫って、動物病院や一般家庭の預かりさん宅に預けられるケースが多いのですが、様子を見ていて、「これではいつか手詰りになる」と思ったのです。費用も負担も継続的にかかるし、いわんや譲渡に至るまでの活動となると本当に困難で、限界があります。
 
 こと虐待を受けた犬は心身ともに病んでいるので、治療やリハビリなどのケアを施しながら、社会性や人間への信頼を取り戻させなければなりません。そういった適正飼育のためにも、やはり保護犬シェルターが必要だと痛感し、活動を本格化させたのです。それが10年前で、ペットサロンの一角を借りるところからのスタートでした。

━ 現在は、原宿にシェルターを構えていらっしゃいます。

 都外に出れば、同じ家賃でもっと広い場所を確保できるのは分かっていますが、私たちの活動目的は犬の保護だけでなく、日本の動物福祉問題の啓発にもあるんですね。その意味で、若い人や外国人がたくさん訪れるここ原宿を情報発信の場としているのです。

 家賃はもちろん、フードや生活用品費、ワクチン接種や薬の費用、去勢手術費用…運営にはたくさんの資金が必要になります。寄付集めや街頭募金活動も必死ですよ。加えて、行政や信頼できる団体と連携しながら譲渡会や写真展などのイベントを開催したり、併設しているペットホテルとトリミングサロンの売り上げをシェルター運営に充てたりして、何とか費用を捻出しています。「かわいそう」「助けてあげたい」という感情だけでは、決して続きません。持続可能にするための仕組みをきちんと考えること、そして、何としてでもやり抜くという覚悟。それが重要だと思っています。

━ ボランティアさんも増えているそうですね。

 登録数としては50名ほどでしょうか。
 主婦、学生、外国人、なかには会社役員や有名人もと、本当にさまざまな方たちが集まっています。ボランティアで時間を割いてくださることに感謝しつつですが、私、けっこう厳しいんですよ。というのも、新しい里親につなげるかどうかは、私たちのしつけにかかっているから。ちょっとした不注意で、仮に噛み犬だというレッテルでも張られようものなら、もう次がない。今度こそ処分されてしまいます。

 世話も感情だけではダメで、目的に対する責任感がないと務まりません。最近では、ボランティアさんたちの意識がとても高くなり、安心して任せられる人が増えてきました。心強く、喜ばしいことです。

━ 「犬や猫の殺処分ゼロ」を目標に掲げていらっしゃいます。

 ファッションのためにペットを飼う人たちがいる、それを商売にする悪徳ブリーダーがいる、そんな現実を変えるのは容易ではありません。でも「やるっきゃない」です。命の尊さは、生き物全て同じでしょう。その尊さが人間の身勝手で奪われていること、あるいは、犬や猫の殺処分は国民の税金で行われているという事実などを、正しく伝える活動は重要だと思っています。たとえ微力でも。

 最近、保護犬シェルターをビジネス展開したいから「ノウハウを教えてくれ」という話もあるのですが、これは商売だと思っていないし、私一代で終わらせるのが理想なんです。保護先が増えていいという視点とは矛盾しているけれど、そもそも身寄りのない犬が増えることが問題なわけで、私の願いは、早くシェルターなど必要のない時代がくることなのです。

取材・文/内田丘子 撮影/押山智良

PICKUP!

この記事に興味のある人が見ている独立開業プラン

この記事が気に入ったらいいね!しよう。

最新記事をお届けします

あわせて読みたい関連記事

おすすめの最新記事

近年、事業譲渡という言葉を聞く機会が増えてきました。

この事業譲渡は、社会状況の変化により要望が高まり、国も後押しをする形で推進されています。

会社拡張の結果による不採算部門の切り離しや、後継者不足が主な理由です。

不採算部門の切り離しの例はニュースにもなっているように、大手電機メーカーが不採算部門を切り離して売却し、再建をはかっているケースが挙げられます。

(さらに…)

2020年4月8日

質と量。

商品・サービスにおいて、一定の質を担保できなければ顧客は離れていってしまいます。

しかしどれだけ素晴らしいクオリティでも一定の量もなければ、そもそも稼ぐことができなくなってしまう。

ビジネスの世界で質を取るのか量を取るのかは、永遠の課題なのかもしれません。
(さらに…)

2020年4月7日

PLOFILE

安田祐輔さん(35歳)

キズキグループ/東京都渋谷区
DVや一家離散、発達障害によるいじめを経験。偏差値30からICUに合格、大手商社への就職を果たすも4カ月で退職、引きこもり生活。2011年、不登校や中退などでブランクのある人のための「キズキ共育塾」を開塾。生活困窮者の支援や、うつや発達障害で悩む人の就労支援も行う。
(さらに…)

2020年4月6日

税理士ドットコム
税理士ドットコム
Line

月間アクセスランキング

カテゴリー

注目のキーワード

アントレ

独立、開業、起業をご検討のみなさまへ
アントレは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。

会員登録はコチラ

アントレ公式ページ