カテゴリー

Line

ホストをステップの1つにしてほしい。元カリスマホストが「歌舞伎町ブックセンター」を立ち上げた理由

新宿・歌舞伎町。

「東洋一の歓楽街」として有名なこの街で、2017年10月、ホストが店員を務める本屋「歌舞伎町ブックセンター」がオープンしました。

今回お話を伺ったのは「歌舞伎町ブックセンター」のオーナーであり、歌舞伎町にホストクラブをはじめ、10以上の店舗を構える「Smappa! Group」の会長を務める、手塚マキさん。

ホストクラブを経営する手塚さんがなぜ、本屋を立ち上げようと思ったのでしょうか?

その理由は、手塚さんが「Smappa! Group」を経営する「目的」にありました。

<プロフィール>
手塚マキさん
「歌舞伎町ブックセンター」のオーナー兼、ホスト書店員。
大学中退後、歌舞伎町のホストクラブで働き始める。
2003年に「Smappa! Group」を立ち上げ、現在までにホストクラブやバー、飲食店、サロンなど、10以上の店舗を歌舞伎町に構える。

ホストの仕事を通じて、立派な大人になって欲しい

―現在に至るまでの経緯を教えてください。

手塚さん
今はホストクラブなどを運営する会社の経営者として仕事をしていますが、以前は私も現場で働く1人のホストでした。

大学を中退してホストクラブで働きはじめ、接客技術の経験をある程度積んで、水商売独特の常識にも徐々に慣れていきました。

周りの人が世間でイメージするような、夜の世界の感覚に流されていってしまう中、僕は普通のビジネスと変わらず戦略的に数字を作るということを考えていたんです。

すると、安定した数字を作れるようになりました。

その「勝利の法則」を実践した結果、今のようにホスト業界のマーケットが大きくなかったので、数字も仕事の内容も天井が見えてしまったんですよね。

さらに当時、「ホスト」という仕事である程度稼ぐことはできていても、それ以外の仕事のノウハウなんて何も持っていなかった。

そんな「世の中のことを全然知らない自分」に焦りを覚えはじめた時に、当時の周りの人に「今度はホストクラブの経営をやってみないか」と誘われました。

その誘いがきっかけで、深く考えずノリで経営者の道を歩み始めました。

―では「独立してやる!」といったご自身の強い野心があって独立したのではなく、どちらかというと、状況と周囲の誘いがあって、それに乗る形で独立をしたんですね。

手塚さん
はい。なのでもともと「経営者になりたい!」といった、強い意志みたいなものは全くなかったですね。

周りの勧めで独立してみたものの、最初は経営もあまりうまく行きませんでした。

そんな中、独立時からついてきてくれて、一緒に頑張ってきた、ナンバーワンホストが店を辞めることになったんです。

― 一緒に仕事をしてきた仲間が去ってしまうのは、とても悲しいですよね。手塚さんは、その局面をどう乗り切ったのでしょうか?

手塚さん
当時は「僕のことを理解して受け入れてくれているから、頑張ってくれているんだ」と、勝手に10歳近く年下の子に甘えていたんでしょうね。

正直、そんな自分の不甲斐なさに店を畳んでしまおうかとも考えていました。

店の経営は上手くいかないし、後輩は離れていく。結局「なんのためにお店の経営をやっているのか」が自分の中であまりしっくりきていなかったんです。

そんなことをモヤモヤ考えている時に、あるホストから「店を潰さないで欲しい」と懇願されました。

「ここは自分にとって、やっと見つけた居場所なんです。店がなくなってしまったら、居場所もなくなってしまうから」と。

その時にようやく、自分のお店を経営することの目的が見えてきました。

それは「居場所」。

僕にとっても、彼らにとっても、お店は自分の居場所になっていたんだと。

かっこいいビジョンやミッションなんかなくたって、僕らにとっての居場所であることが大事なんだ。

どうせだったら楽しい居場所にしよう。一緒に成長できる場所にしよう。そう思うようになりました。

―手塚さんはその時、自分のお店をどんな居場所にしようと思ったのですか?

手塚さん
さまざまな事情を抱えて歌舞伎町に来るホストたちを受け入れてあげられて、彼らが働き、成長していけるための居場所、ですね。

何らかの事情を抱えた彼らが、このホストという仕事を通して、立派な社会人になれるような、そんなお店づくりをしていこうと心に決めました。

その後徐々に売り上げが上がっていき、なんとかお店を持ち直すことができました。

ゴミ拾いに国会議事堂見学? 社員の主体性を育む、環境づくり

―ホストの居場所を作り、仕事を通じて成長できる環境を作る。経営の方向性が明確に固まってから変わったことはありますか?

手塚さん
とにかくホストたちの社会性や感受性が豊かになりそうなことには、たくさん挑戦してきました。

まず、本や映画を鑑賞できるような環境や制度を会社として作りました。

また映画会社に企画を持ち込んで、うちのホストたちがモデルになった「キトキト」という全国公開映画を作りました。

ホストたちには、モデルとして現場でアドバイザーをしてもらったり、エキストラとして出演もしてもらいましたね。

―映画を「見る」だけじゃなくて「作る」現場にも、携わったんですね。他にも何か実践していることはありますか?

手塚さん
ワインソムリエになるための勉強会を開いています。毎年ワインソムリエの資格取得試験を受験し、20名弱が現在有資格者になりました。

ワインの知識はお店でお酒を出す上でも必要ですし、何よりも感性を豊かにするツールです。ホストの次のキャリアを歩む上でも勉強しておいて損はないので。

他にもホストやバックオフィスのスタッフと全員で、「大人の社会科見学」として国会議事堂に足を運んだり、歌舞伎町のゴミを拾ったり、お寺に行って写経したり…。

とにかく、学びがあっておもしろそうなものは比較的何でも取り入れてみんなで一緒にやっていますね(笑)。

―普段はやらないようなことに挑戦するって、とても学びがありますよね。教育の成果はいかがでしたか?

手塚さん
どうでしょうか(笑)?

人によってまちまちですが、少なくとも「歌舞伎町のことだけ」「ホストのことだけ」しか知らない、ホストやスタッフは減ったんじゃないかなと思いますね。

もともとはホストクラブの経営から始まった「Smappa! Group」でしたが、今ではホストクラブの他にも、飲食店やバー、美容院も展開しています。

こうした教育も後押ししてか、主体性も育まれて、自分たちがやりたい事業に進出するスタッフが多くなりましたね。

―今回新たにオープンした「歌舞伎町ブックセンター」も、バーや美容院に続く試みなんでしょうか?

手塚さん
そうですね。

以前からうちで働くホストに、本を読んでもらうにはどうしたらいいかな? と考えていました。でもなかなか自分から主体的に本を読むことって、ハードルが高いようなんです。

ならいっそのこと「ホストが店員の本屋」を作ってしまおうと考えたんです。自分が書店員として接客することになったら、彼らが本を読むきっかけになるだろうと。

さらに今回は、選書を担当してくださった「かもめブックス」さんなど、外部のパートナーと組んで事業を始めるという、会社としても新しいチャレンジだったんです。

私個人の感覚ですが、歌舞伎町は東洋一の歓楽街として名を馳せる一方で、文化的な魅力に欠けているなとずっと感じていました。

原宿や渋谷、六本木などといった、カルチャーやファッションの発信地として、歌舞伎町の名前が挙がることはありません。

そういう意味でもこの歌舞伎町で、書店を出すことは有意義かなと思い、今回出店しました。

なんのために独立するのか。自分だけの「ブレない目的」を明確にする

―手塚さんの今後の展望をお聞かせください。

手塚さん
今までと変わらず、ホストやスタッフの教育はもちろん、自分もいろいろなことを勉強していきたいです。

もっとインプットの時間を増やすために全社で「週3休日」の導入や、ホストに本を読んでもらう「ホスト朗読会」なんかも今考えています。

また、スタッフから上がってくる新しい試みを実践するためにも、それを受け入れられる土壌づくりと知性、そしてお金をきちんと用意しておく必要があります。

そのためにも現在会社を支えている、ホストクラブやバー、美容院の経営も堅実にやっていきたいですね。

―これから独立・起業を考えている方へ、何かアドバイスはありますか?

手塚さん
自分が何のために独立・起業をするのか、という目的意識をしっかり持つことが大切だと思います。

でも、もっと大事なのは、始める理由よりも、続ける理由だと思います。

私が独立したばかりの時、何も固まっていなかったので、いろいろと苦労をしました。

でも苦労をする中で、自分たちの仲間(ホスト、スタッフ)を大切にすること、彼らのキャリアが良い方向へ進むように、最大限のサポートをすることという「目的」を見つけることができました。

自分が掲げた思いを一貫できるだけの、ブレない目的ができれば、どんな結果になろうが、納得する経営が出来るのではないかと思います。

この記事が気に入ったらいいね!しよう。

最新記事をお届けします

おすすめの最新記事

起業家、経営者にとって大事なのは、世の中を見抜く力です。1つの事象をどう捉えるかで、ものの見え方も、そこから得られる情報も大きく変わります。そうした「着眼点」、実はトレーニングによって鍛えることができるのです。累計20万部を超えるベストセラーとなった『戦略思考トレーニング』シリーズでおなじみの経営コンサルタント・鈴木貴博氏に解説してもらいましょう。 (さらに…)

2018年2月23日

あらゆる仕事に欠かせない、ノート。

ノートは、仕事のタスクや、アイデアを保存しておくのに欠かせないツールです。

今回お話を伺ったのは、ハンドメイド作家のまほめさん。

Twitterで話題となり、まほめさんの代表作でもある「絵の具ブローチ」も、ノートから生まれたと、まほめさんは語ります。

今回は「絵の具ブローチ」を生み出したノート術はもちろん、独立に至る経緯、そして「好きを仕事にすること」について、お聞きしました。

<プロフィール>
まほめ(MaHome)・ハンドメイド作家

小学生の頃から趣味でアクセサリーやミニチュアの制作活動を行う。

2015年に7年務めた一般企業を退職し、作家としての活動を本格的にスタート。

2016年「minneハンドメイド大賞」にて2万点の応募作品の中から話題賞を受賞。以後、TOYOTA自動車株式会社、株式会社エポック社などの企業コラボや作品の販売などを行う。

・MaHome(まほめ) WEB 絵の具ブローチ&ハンドメイド作品
http://yuzupanda.com/

・Twitterアカウント
https://twitter.com/yuzupanda_mura

絵の具から、宇宙を絞り出す。まほめさんがハンドメイド作家として独立するまで

―まほめさんは、ハンドメイド作家に至るまで、どのようなキャリアを歩まれたのでしょうか?

まほめさん
もともと専業だったわけではなく、学生時代は学業の傍ら、アクセサリーやミニチュアを作ったりといった創作活動をしてきました。

大学では理系の大学に通っていたので、卒業後は大学で得たスキルを活かして、貴金属関係の仕事に就きました。

社会人になってからも創作活動を続け、7年間会社に勤めた後、退社してハンドメイド作家として独立を果たしました。

―ハンドメイド作家として独立されたきっかけは何でしょう?

まほめさん
絵の具から“宇宙の色”が飛び出す「絵の具ブローチ・Cosmic色」が、Twitterで大きな反響を呼び、話題となったのがきっかけです。


出典:MaHouより
http://yuzupanda.com/product/enogu/utyu

まほめさん
学生時代からずっと、自分が作ったものをイベント会場や通販で売っていたのですが、このTwitterでの反響を受けて、イベントでもネットでも、注文が殺到するようになったんです。

そのうち仕事との両立に悩むようになりました。でも「どうせやるなら、どちらかを全力で!」という思いが強くなり、会社を退職しました。

そして2016年の初頭に「minne」というハンドメイドマーケットが主催するコンテストに自分の作品を出典して「話題賞」をいただきました。

コンテストで賞をいただけたことで、さらにたくさんの依頼がくるようになったんです。お陰さまで、仕事として続けていくための足場を整えることができました。

そして、現在に至ります。

―会社をお辞めになった時、不安は感じなかったですか?

まほめさん
不安はありましたよ。

これまで小中高大社会人と、ストレートでキャリアを積んできたので、そこから「辞める」という決断をしたのは今回が初めてでした。

会社を「辞める」という概念がなかったというか(笑)。

とにかく自分の中でハードルが高すぎて、最初はなかなか踏み出せずにいたんです。

―どうやって踏ん切りをつけたのですか?

まほめさん
単純に注文が増えすぎて、今まで制作時間として充てていた時間では足りなくなってしまったので、もうやめるしかないなと(笑)。

ただ、辞めるにあたって何か足場が欲しいと思い、コンテストに全力で挑むため思い切って、独立に踏み切ったんです。

今思うと、ハードルが高いと言いつつ、なかなかの見切り発車でしたね(笑)。

天才的な思いつきなんて、そう簡単に出てくるものじゃない。成功を支えた、日々の「ノート」

―まほめさんの作品の中で、特に人気なのはやはりTwitterでも話題となった「絵の具ブローチ」のシリーズなのでしょうか?

まほめさん
そうですね。

話題となったのは「絵の具ブローチ・Cosmic色」という、宇宙をテーマにしたものだったのですが、絵の具は他にもいろいろなテーマとくっつけることができるんですよ。

例えば、私はパンダが好きなので、絵の具からパンダが出てきたりとか。

最近だと、人気アニメ「けものフレンズ」の声優さんへ、けものフレンズをテーマにした「絵の具ブローチ」もお贈りしました。(こちらは非売品です)


出典:MaHouより
http://yuzupanda.com/product/enogu/kemonoenogu

―このシリーズは、本当にいろいろなテーマに応用ができますし、組み合わせの自由度が高いですよね。他にも人気の秘密はありますか?

まほめさん
コレクションとして集めたくなる要素があるのも、人気の秘密かもしれません。

しかも1つ1つが小さく部分的なので「新しい色をどんどん増やしていきたい」という声をよくお聞きします。

まほめさん
また、楽しみ方も人それぞれです。

ブローチをつけてくれる方もいらっしゃれば、飾ってくれる方もいらっしゃいます。

かわいすぎず、比較的中性的なデザインを心がけているので、男性のお客さまも少なくないんですよ。

―聞けば聞くほど、人が「絵の具ブローチ」に魅力を感じる理由が分かる気がします。この「絵の具ブローチ」の発想は、パッとひらめきがあったのでしょうか?

まほめさん
いえ、「絵の具ブローチ」に限らずですが、あまり直感的にアイデアが出ることはそこまで多くありません。

私の場合は、過去の自分の制作物の反省点や、日常の中にあるヒントを活かして作り上げることが多いですね。

クリエイターと聞くと、ポン!っといきなり素晴らしいアイデアが出る、みたいなイメージがあるかもしれませんが、私はいわゆるそういった「芸術家タイプ」のクリエイターではありません。

天才的な思いつきなんて、そう簡単に出てくるものじゃありません。だからこそ、日々の制作での反省や気付きの積み重ねを大切にしています。

―日々の反省や気付きを、どのように制作に活かすのでしょう?

まほめさん
私はとにかくノートを使っていますね。

過去に自分が作り上げた制作物のデータから、どんなに小さな思いつきやアイデアでもノートに残しておきます。

アイデアが欲しい時、そしてそのアイデアがなかなか出なくて困っている時は、決まってそのノートを見返すんです。

―「絵の具ブローチ」もそうして生まれたんですね。

まほめさん
はい。

私の本名に「絵」という漢字が入っていたので、小さい頃からずっと親しみがありました。

そこから「絵の具」というアイデアが生まれ、さらに過去に作った作品を分析すると、ブローチのような小さく集めやすいものが比較的人気だなと気がついたんです。

そこで「“絵の具”という誰もが知っているものから、全く想像ができないものがでてきたら、おもしろくない?」という発想に至りました。

さらに絵の具のチューブをベースにすると「絵の具と“何か”の掛け合わせ」がとてもやりやすそうだなとも、思いました。

こうした小さなアイデアや気付きが作品に繋がり、Twitterで話題になったことで「絵の具ブローチ」はいろいろな人に知ってもらえることになりました。

―このお話はハンドメイドの世界に限りませんよね。独立・起業を考えている方なら、様々なシーンでアイデアを求められることがありますからね。

まほめさん
そうかもしれません。

独立・起業で言えば、事業計画やマネタイズポイントなどをとにかく書いて保存できる。瞬間的な思いつきを「思いつきのまま終わらせない」のが、ノートのいいところだと思います。

そして過去の思いつきと、新たな思いつきを繋ぐこともできる。

私は「絵の具ブローチ」をはじめとする様々な作品を、このノートを活かして制作してきました。

どんな時でも腐らずに、作品を作り続けること。それが、長く愛される作品づくりの秘訣

―まほめさんが独立するまでの経緯をたどると、Twitterでのバズ(ネット上で話題を呼ぶこと)はあくまできっかけに過ぎず、その裏にはまほめさんのトライアンドエラーの蓄積があったんですね。

まほめさん
そうかもしれませんね(笑)。

でも、別に会社員時代がつらかったとか、そういうのはあまりないんです。

あるのは「今も昔も、ずっと創作活動が好き」ということだけですね。

私の場合、自分の作品がTwitterで話題になったのは、本当にたまたまな出来事です。

もし話題になっていなかったとしても、会社は辞めてないかもしれませんが、創作活動はずっと続けていたんじゃないかなと思います。

―「好きなことで独立する」ことを考えている方へ、何かメッセージはありますか?

まほめさん
とにかく自分のペースで続けていくことが大事だと思います。

芽が出ていようが出ていまいが、そもそも続けていなかったら、何も起こることはありません。

「好きなことで食べていこう」とすると、生活もかかってくるので、どうしても必死になってしまいがちですが、焦らずゆっくりと、腐らずに、自分の好きなことにとことん向き合ってほしいです。

―今後の目標はなんですか?

まほめさん
今は「絵の具ブローチ」をはじめ、アクセサリーやミニチュアを中心に制作していますが、ドールハウスやジオラマといった、少しスケールを大きくした1点ものも制作してみたいですね。

他にもいろいろチャレンジしていきたいことはたくさんありますが、それをやるためにも1番大切なことは、日々学び、より良いものを生み続けること。

お客さまに長く愛される作品を、これからも作り続けていきたいですね。

2018年2月22日

Line
Line
Line

月間アクセスランキング

カテゴリー

注目のキーワード

アントレnet

独立、開業、起業をご検討のみなさまへ
アントレnetは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。

会員登録はコチラ

アントレnet公式ページ