カテゴリー

Line

少年誌の連載だけが漫画家じゃない。Twitterで勝ち得た、千田純生さんのキャリア

皆さんは、どのようなSNSを利用していますか?

FacebookやTwitter、LINEなどは情報発信やコミュニケーションツールとして私たちの生活に欠かせなくなっています。

今回お話を伺ったのは、漫画家やスポーツイラストレーターとして活躍されている千田純生さん。千田さんは漫画を描きながら、Twitterでサッカーのイラストを発信して人気を博しています。

千田さんは、「Twitterのおかげで現在の自分がある」と言います。

千田さんは、どうしてTwitterで転機を迎えることができたのでしょうか。

今回は、千田さんの経歴を振り返るとともに、これからの目標についても伺いました。

<プロフィール>
千田純生(ちだ・じゅんせい)さん

漫画家/スポーツイラストレーター

代表作に、蹴児(けりんじ)(『月刊少年マガジン』2010−2011年連載)、フィールドの花子さん(『月刊少年マガジン』2014−2015年連載)、FC6年1組シリーズ(著:河端朝日、『集英社みらい文庫』2018年−刊行、挿絵担当)など。

岩手県出身で、高校卒業後に東京の専門学校で絵の勉強をしながら、出版社に自身の作品を持ち込む。

「週刊少年マガジン新人漫画賞」で佳作を受賞後、『FAIRY TAIL』の作者である真島ヒロさんのアシスタントを2年間務める。

その後、2010年に『月刊少年マガジン』で『蹴児』の連載を開始。

2015年に『フィールドの花子さん』の連載終了後、各Jリーグクラブの選手やマスコットをコミカルに描いたイラストをTwitterで発信するようになると、それが大きな反響を呼ぶ。

現在もTwitterでイラストを発信し続け、漫画家であると同時にスポーツイラストレーターとしても活動する。

2019年、漫画家兼スポーツイラストレーターとして更なる飛躍を目指す。

暇つぶしが仕事に? スポーツイラストレーターの仕事を得るまで


Twitterより

ー現在は、漫画家兼スポーツイラストレーターとして活動されている千田さん。これまでの経歴を教えてください。

千田さん
私が学生のころ『週刊少年ジャンプ』が大流行していました。中でも『SLAM DUNK』を始めとするスポーツ漫画は大人気でした。

私は小学校から高校までサッカーをやっていたこともあり、漠然と「将来はサッカー漫画を描きたいな」と思うようになりました。

ーそうだったんですね。実際に漫画家の道を目指し始めたのはいつ頃ですか?

千田さん
私は岩手県出身なのですが、高校卒業後は東京の専門学校に通い、絵の勉強を始めました。

当時はネットもなかったので、情報や仕事はもちろん、絵に使う画材なんかも身の回りにはなくて。

自分の作品を出版社に持ち込みやすい、ということで東京に住むことにしました。

専門学校を卒業後「週刊少年マガジン新人漫画賞」で佳作を受賞し、『FAIRY TAIL』の作者で有名な真島ヒロ先生のアシスタントとして2年間働かせていただきました。

真島先生には、漫画家としてのノウハウをたくさん教わりましたね。

ーでは、デビューされたのはいつですか?

千田さん
2010年に『月刊少年マガジン』で『蹴児』の連載を始めました。誰もが知る少年誌でデビューできたので、とても嬉しかったですね。

その後も、2014年に同雑誌で『フィールドの花子さん』の連載を始めました。

しかし、2015年に『フィールドの花子さん』の連載が終わり、その後しばらくは次の作品の構想を練っていました。

そこでアイデアが浮かばない時に、暇つぶしにJリーグの選手やマスコットを自分なりにアレンジしたイラストを描いてTwitterで発信しはじめたんです。

ー現在、Twitterで人気を博しているイラストのことですね。

千田さん
そうです。もともとは、私の漫画のファンの方々に楽しんでもらうつもりで発信したのですが、思ったよりも反響が大きく、イラストを見てファンになってくれた方々もいました。

ー暇つぶしでやっていたことが大きな反響を呼ぶとは、何が起こるかわからないですね。

千田さん
そうですね。Twitterでは、漫画よりもファンの方々との距離が近いので、発信したらすぐに反応が来ますし、コミュニケーションもとることができます。「いいね」や「リツイート」の数が増えると嬉しいですしね(笑)。

SNSが普及している現代だからこそできる、コンテンツ発信の新たな形かもしれません。

ーその通りだと思います。Twitterで発信するようになった後は、具体的にどのような反響がありましたか?

千田さん
最初は暇つぶし感覚で発信して、いいねやリツイートをしてもらう程度のものだったのですが、徐々にTwitterを通して仕事をいただけるようになりました。

サッカー関連で言えば、Jリーグクラブのスポンサー企業からイラストの提供を依頼されたり。

なので今は、漫画家としての仕事というよりは、スポーツイラストレーターとしての仕事の方が多くなりました。

「サッカーの漫画を描いて仕事をしたい」という昔の夢が、こんな形で実現できるとは正直思っていなかったのでとても驚いています。

自分の「好き」に嘘をついてはいけない。大事なのは、継続できる力

ーJリーグの選手やマスコットのイラストということですが、具体的にどういった内容をイラストにするんですか?

千田さん
Jリーグの対戦カードの中から、注目の試合をピックアップして、私なりにイラストにします。

例えば、ダービーが分かりやすいですね。「横浜F・マリノス」vs「川崎フロンターレ」といった神奈川県内の注目ポイントをイラストにするんです。

なるべく全チームをピックアップしたり、日本代表も取り上げたりして、より多くのファンの方々に楽しんでもらうように心がけています。

ーどれくらいのペースでイラストを描くんですか?

千田さん
特に決めていませんが、個人的に「おもしろいな」と思ったニュースがあれば、すぐに取り掛かります。

SNSの情報は流れていきますから、すぐ描いて発信しないと、ファンの方々に興味を持ってもらえません。

多いときでは、1時間くらいで1枚を描きあげるようにしています。

ー1時間! かなり速いですね。

千田さん
仕事の速さは真島先生のアシスタント時代に鍛えられました(笑)。

真島先生は連載漫画を一度も休載したことがないんですよ。

週刊や月刊のような定期的な連載では、休載してしまうと、楽しみにしてくれていたファンの方々が悲しみますし、作品を読んでもらう機会がなければ、新規のファンを獲得できません。

定期的に連載していくためには、スピードを意識しつつ描くことが重要なんですが、真島先生はとにかく仕事が速いですし、その上クオリティもめちゃくちゃ高いんです。

ーだからこそ、真島先生は成功されたのでしょう。でも、それでは休む間もなさそうですね。

千田さん
それが、真島先生は睡眠時間もしっかりとるんです。しかもゲームをすることが大好きで、しょっちゅう新しいゲームで遊んでいます。

決められた時間内に仕事を片付けて、たっぷりと寝てしっかり遊ぶ。それを長年実行しているので、本当にすごいですね。

そんな「真島イズム」が、私のSNSでの発信にも少なからず生きていることは間違いありませんね(笑)。

ーそうだったんですね。ハイペースでイラストを出すことは大変ではないですか?

千田さん
そんなことはありません。もう慣れましたし、イラストを描くこと自体好きですから、描いていて大変、ということはないですね。

ー自分が好きと思えることを仕事にするのは、素敵なことですね。

千田さん
そうですね。今の私だからこそ言えますが、好きなことを仕事にするのは、本当に大事だと思います。

目に見える結果ばかりを急いで求める人がいますが、仮に成功しても、成功した状態を継続させるってとても難しいんですよ。

うまくいかなくなった時、やっぱり好きなことじゃなければ、なかなか「続けたい」と思えない。

私の場合は「絵を描くこと」がとにかく好きでした。そして絵を描き続けた結果、漫画とイラストの違いはあっても、仕事を勝ち取ることができた。

目先の成功に捉われず、あくまで自分の好きなことを続けて来た結果が、今の私なんです。

自分の「好き」に嘘がなく続けることができれば、何かしらの形で仕事になるんだなと実感しました。

楽しんでもらえるなら、手段はなんでもいい。絵を描くことにかける、千田純生さんの思い

ー素晴らしいお話です。千田さんは「漫画のアイデアが浮かばない時に暇つぶしにイラストを描きはじめた」とおっしゃっていましたが、暇つぶしでもイラストを描くくらい、"描く"ことがお好きなんですね(笑)

千田さん
そうですね。

最初はもちろんイラストを発信して仕事を貰おうなんて少しも考えていませんでした。フォロワーの方々に楽しんでもらうために、そして純粋に私が好きだから始めたことです。

それが今こうやって、仕事として成り立っているのは、本当に予想外です。他にもたくさん予想外のことが起きました。

ー例えばどのようなことでしょう?

千田さん
鹿島アントラーズのスポンサー企業である「LIXIL」さんから仕事を依頼された時に、サッカーの神様であり、鹿島アントラーズOBでもある憧れのジーコさんに会うことができました。

プロサッカー選手でもない私が、まさかジーコさんと会えるとは夢にも思いませんでした。

Twitterでイラストを発信しまくっていたらジーコさんと会えたんですから、人生本当に何が起きるかわからないですよね(笑)。

そして何より、仲間が増えました。私は横浜F・マリノスのサポーターですが、試合に応援に行くと、私のイラストを見てくださっているファンの方々から声をかけられることが多くなりました。

漫画家の仕事だけだと家の外に出ることが少なかったので、年齢や性別、職種が異なる方々と関わると、色々な話を聞けて、視野が広がっていきますね。

ー素敵な出会いが多いのですね。では最後に、今後の目標を教えてください。

千田さん
今年、何冊かサッカー関連の本を出す予定です。
こうやってどんどん仕事が増えてきて、嬉しい限りです。

今はサッカー関連の仕事がほとんどですが、サッカー以外のスポーツのイラストを描いたり、もう一度漫画の連載も始めたりしたいと考えています。

Twitterを通してイラストを発信した経験が、今度は漫画を描くときにも必ず生きると思います。

そして何より、イラストを発信することを、どれだけ忙しくなっても今まで通り続けたいと思います。

漫画にしろイラストにしろ、絵を描くことが本当に好きですし、ファンの方々に楽しんでもらえることが、何より嬉しいですから。

PICKUP!

この記事に興味のある人が見ている独立開業プラン

この記事が気に入ったらいいね!しよう。

最新記事をお届けします

あわせて読みたい関連記事

おすすめの最新記事

1971年。

今から48年前、日本を代表する人気コンテンツ『仮面ライダー』が産声を上げた年です。

『仮面ライダー』の制作に携わり、現在に至るまで様々な映像作品・舞台などで主にアクションの側面から人気コンテンツを支えてきた会社が、株式会社ジャパンアクションエンタープライズ。

今回は同社の代表取締役社長・金田治さんにお話を伺いました。

特撮界の巨匠として、数々の作品に携わってきた金田さん。

今回は金田さんがアクションの世界に入った理由から、作品作り・後続育成をする上で大切にしているものを伺いました。

<プロフィール>
金田治さん
株式会社ジャパンアクションエンタープライズ代表取締役社長

21歳の時に千葉真一さんが立ち上げたジャパンアクションクラブに入門し、その後アクション俳優、スタントマンとして活躍。

現在は株式会社ジャパンアクションエンタープライズ代表取締役社長を務める傍ら、テレビや映画で監督として活躍を続けている。

『特捜ロボジャンパーソン』で監督デビュー。『仮面ライダー電王』『仮面ライダー鎧武』などの仮面ライダーシリーズ、『特命戦隊ゴーバスターズ』などのスーパー戦隊シリーズほか、さまざまなアクション作品の監督を務める。

巨匠・金田治が、アクションの世界へ踏み出した意外な理由

―仮面ライダーシリーズやスーパー戦隊シリーズを始め、多くのアクション作品の監督を務めている金田さん。もともとはスタントマン、アクション俳優だったそうですが、なぜアクションを志したのですか?

金田さん
最初のきっかけは、ズバリお金が欲しかったからです(笑)。

高校を卒業して進路を考える頃、大学に行って勉強するのは嫌、会社員になって働くのも嫌だったので、専門学校に進学することを口実に東京へ出てきました。

専門学校に行きながらアルバイトで食いつないでいたある時、兄がエキストラの仕事をしていた関係で、千葉真一さんが主宰する「ジャパンアクションクラブ」(以下、JAC)の存在を知りました。

幼い頃からテレビも映画もあまり見てこなかったので、正直良くわからなかったのですが、なんでもアメリカのハリウッド映画でアクションをこなすスタントマンは、1回のアクションで何十万円ももらえるらしいと聞きまして。

「スタントマンていうのはお金になるのか!」と思い、兄に紹介してもらい21歳でJACの門下生となったのがきっかけです。

―なんというか、ものすごい生々しい理由でアクションの道に進まれたのですね…(笑)。

金田さん
当時の僕は、特に「将来何になりたい、こんなことがしたい」みたいな目標がなかったんですよ。

とりあえず大金を稼げる方法としてスタントマンの仕事があった。だからそれに挑戦してみた、という流れです(笑)。

―そしてその流れが現在にもつながるわけですが、JAC入所当時はどうでしたか?

金田さん
入所してから東映のテレビや映画のアクション、藤岡弘さん演じる「仮面ライダー1号」のトランポリンアクションなどに出演してました。

当時は実際に藤岡さんご本人が仮面ライダーのスーツを着ていたのですが、トランポリンを使うアクションの時はスタントマンがスーツアクターを演じていたんですよ。

真夏の撮影で、汗だくになりながらも必死でしたね。当時は僕も駆け出しでしたから、諸先輩方に怒られながら経験を積んでいったんです。

―やはりアクションの道は生易しいものではなかったんですね。それでも大変な分、当初の目的通りお金を稼ぐことはできたのではないですか?

金田さん
それが意外と稼げなかったんです。やはりアメリカと日本の制作予算の差なんですかね、想定外でした(笑)。

お金がちゃんと稼げていないことに疑問を感じつつも、とにかく多忙を極めていたので仕事に没頭していました。

―大変な現場を任されていたのにも関わらず、収入が伴わないのであれば、いっそ辞めてしまうという選択肢もありそうですが、なぜ続けられたのでしょう?

金田さん
んー…、なんとなく周りに流されてしまって(笑)。

たしかにおっしゃる通り、過酷な現場で当時はまだ薄給でしたから、僕より先に入った先輩たち、特に家庭を持っていた方の多くは辞めてしまったんです。

JACに入った仲間内では、僕が年長者だったこともあり、気がついたら同期や後輩の中で僕が1番年齢が上になっていました。

知らず知らずのうちに、みんなが「かねさん、かねさん」って慕ってくれるようになってからは、もう辞めるに辞められなくなってしまって。本当はお金がもっと稼げるところに行きたかったんですけど(笑)。

ちょうどその頃『ロボット刑事』という作品で主人公のスーツアクターを担当することになり、当初の期待とは程遠いものの、徐々に安定してお金も稼ぐことができるようになっていきました。

アクションはあくまで、表現の1手段。芝居を最優先に考える“金田イズム”

―アクション俳優・スタントマン・スーツアクターとして活躍し、JAC内でも頭角を現していった金田さんですが、監督業を始められたきっかけは?

金田さん
JACに入所してから4年ほどでしょうか。『正義のシンボル コンドールマン』という作品で初めてアクション監督(技斗、殺陣師)としてデビューしました。

最初は見よう見まねでしたね。これまでの撮影でアクション監督がどういった仕事をしてきたかを思い出しながら、自分なりに考えて。

その後アクション監督を務め経験を積み『特捜ロボ ジャンパーソン』で監督デビューしました。

『ジャンパーソン』の後は『重甲ビーファイター』や『仮面ライダークウガ』から始まる、平成仮面ライダーシリーズを中心に、監督として作品作りに携わってきました。

―監督業の傍ら、1996年にはJACの代表取締役に就任、2001年には「株式会社ジャパンアクションエンタープライズ」(以下、JAE)に社名を改称します。経営者としての仕事もされている金田さんですが、JAEとはどんな会社なのでしょう?

金田さん
主にアクション俳優、スタントマンのマネジメントをしており、会社全体では140名ほどが在籍しています。

ありがたいことに映画やドラマといった映像系の仕事から、舞台やライブといった各方面からお仕事をいただいております。

加えて、アクション俳優・スタントマンを育成する養成所(JAE養成部)も運営しています。現在第一線で活躍する俳優たちのマネジメントと、次世代に活躍する新しい才能を育てるのが会社の主な役割ですね。

―金田さんが作品を作る時、もしくは経営者として次世代の才能を育てていく時に心がけていらっしゃることがあれば教えてください。

金田さん
僕は、アクションとはあくまで「表現の1つの手段に過ぎない」と思っています。

作品作りにおいても「ただアクションがかっこよければいい」というわけではなく、より根幹の「芝居」の1表現としてアクションが成り立つと、考えているんです。

JAE養成部では主にアクションを中心に勉強するわけですが、そもそも前提として「芝居」ができなければ意味がありません。

作品作りも育成も、アクションの根底にある「芝居」は特に意識していますね。

―「芝居」を最優先に考える“金田イズム”が浸透しているからこそ、JAEには素晴らしい俳優さんが募るんですね。

金田さん
そうだといいですね(笑)。

映像作品や舞台、ライブなど様々なお仕事に、ウチの所属する俳優たちを呼んでいただける理由が、そのスタンスと技術を評価してくださってのことなら、とても嬉しいですね。

僕は顔を出す俳優も、スーツアクターやスタントマンとして顔を出さない俳優も、カメラの前に立ったら同じ「役者」だと思っています。

役者である以上、芝居をする。アクションの奥にある、感情や想いを伝えられる作品を1つでも多く作っていきたいですね。

何が自分に向いているかなんて、分かっている人の方が少ない

―金田さんがこれから挑戦したいものを教えてください。

金田さん
スタントマンによる「アクションライブパフォーマンス」を現在構想中です。

映像作品においてCGの技術が発達し、昔ほど生身の人間のアクションが重要視されなくなった現在だからこそ、俳優たちが全力で演じ、派手なアクションを魅せるという試みに挑戦したいんです。

映画の1シーンで見るような迫力のあるアクションを、生で見られる舞台をこれから作っていきたいですね。

―これから何かにチャレンジしたいと思っている読者へ、メッセージを頂けますか?

金田さん
その都度その都度で、やりたいことがあったらやってみるのが1番だと思います。

僕はJAEに所属する俳優たちやスタッフたちに対して、その人自身が最も活躍できる場所を作ってあげたいと思っています。

例えば今、俳優をやっている人はもしかしたら後続の指導に向いているかもしれないし、作品作りのアクション監督、演出家、監督に向いているかもしれない。

何が自分に向いているかなんて、意外と当人は分からなかったりするものなんです。だからこそ周りにいる人が、その人にいろんなチャンスを与えてみる。

僕自身、アクション俳優をやってみたり、監督をやってみたり経営者をやってみたり。周りにいた人たちにいろんな誘いをいただいたから、今こうしているんです(笑)。

自分が昔そうだったように、僕もまた誰かにいろんなチャンスを与えられる人でありたい。

だからこそ「何かをやってみたい」と思ったら、行動を起こしてみる。周りの人に勧められて気づくこともあれば、自分で行動を起こして気づくこともある。

少しずつでも活躍の場所が広がっていけば、自ずと自分の進むべき方向も分かってくるんじゃないでしょうか。

2019年6月13日

Line
Line
Line

月間アクセスランキング

カテゴリー

注目のキーワード

アントレ

独立、開業、起業をご検討のみなさまへ
アントレは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。

会員登録はコチラ

アントレ公式ページ