カテゴリー

Line

「もう一度、この塾でがんばりたい」 生徒のその言葉で決意を新たに(河村直人・後編)

<前編より>
銀行、商工会議所勤務を経て独立を果たした河村さん。商工会議所時代には地元企業の支援を担う立場として、さまざまなビジネスの仕組みを知ったそう。その知識と経験をもって選んだのが塾経営の分野でした。開校して5年目を迎え、塾経営も軌道に乗り、多店舗展開も視野に。たくさんの生徒とのふれあいの中で感じる塾経営の楽しさと将来について引き続きお話を伺いました。

<プロフィール>
河村直人(かわむら なおと)さん

1972年生まれ。47歳。大阪府堺市出身。大学を卒業後、地元の銀行に入行。その後、地元の商工会議所に活躍の場を移す。商工会議所では、地元企業の支援にまつわる業務に従事する。およそ15年の経験を経て、2015年2月に個別指導塾の“個別指導Axis深井校”を開校させる。

●モットー
こどもと接するのが大好きだという河村さん。生徒とかわすのはあいさつや事務的なことでだけでなく、学校の出来事など多岐にわたるそうです。学校や家では言えないことも塾でなら気軽に話せる。そんなアットホームな雰囲気づくりにこだわっているとのこと。

受験特化のブランドの強み
蓋をあければ予期せぬ結果に

―個別指導Axisでの独立を決めてから、どのような活動を経て開校に至ったのでしょうか?

河村さん
開校は2015年の2月ですが、実は契約をしてから一年は準備期間として費やしました。塾は、システムや授業内容はもとより、どこで開校するかも重要な要素。そこについてはこだわりましたし、その思いは本部の方も汲み取ってくれました。また、新しい人生を歩むなら、生まれ育った堺市やこの地域に貢献できるほうがいい。そんな願いもありエリアを絞って物件を検討、ようやく見つかったのがこの場所だったのです。場所さえ決まればあとはスムーズでした。机などの設備の準備、講師の確保、集客などは、本部のアドバイスとフォローを受けながら、特につまずくことなく開校の日を迎えることができました。

―こちらのエリアの特色はありますか?

河村さん
住宅地ですから、こどもたちの数は多い。しかし、それもあってか、競合の塾も多く、ある意味で激戦区ともいえそうです。そんな場所ではあるものの、個別指導Axisは、中学・高校受験に特化した「能開センター」をルーツとするブランドでしたから、それ相応のこどもたちがくるだろうと予測していました。私自身もかつて「能開センター」に通っていたこともあり、その指導力には一目置いていましたから。

―なるほど、その目論見通りになりましたか?

河村さん
それが、結構予想外な結果で…あせりました。やはり現実はシビアでしたね。気持ちを切り替え、チラシをまいたり勧誘をしたりして、地道な集客活動にシフト。同時に口コミの力も使いつつ、少しずつ生徒数を伸ばしていきました。

地域の「学び」を知り尽くした
本部の存在が心強かった

―まさに成功に近道なしですね。

河村さん
本当にその通りでした。集客活動をしながら、地域をくまなく見てみると、教育熱の高い世帯もあれば、とりあえず基礎学力を上げたいという世帯、夏期講習だけ力を入れたいなど、学びに対する意欲とニーズが多様に存在するエリアであることが見えてきました。その状況を踏まえ、本部と作戦を立て直し、生徒それぞれにあったカリキュラムの提供や勉強の進め方を実践して、「個別指導Axis 深井校だから通いたい」という動機付けができるようにしていきました。こういった、エリア特性や学びの習熟度にあわせて動き方を変えられるのは、個別指導塾のいいところですし、いざというときの対処や解決のノウハウを蓄積している本部がすぐそばにいることは、新米塾経営者の私にとって非常に頼りになりました。

―本部の存在は大きいですか?

河村さん
各地に拠点があるワオ・コーポレーションは、困った時などに、担当のSVがすぐにフォローしてくれるだけでなく、各地の学びの状況を把握している部分も優位なところだと実感しています。一例をあげると、新入生が来た時などに本部に声をかけると「その学校はこういった学習傾向にあるので、カリキュラムはこうしてみませんか?」と、その学校や教育のスタンスに応じた教育方針を共に考えてくれます。こどもたちが日々置かれている環境を踏まえての授業ですから、成績アップの効果も期待できる。そして、その子の学力が上がればさらに評判が広がり、新たな生徒さんの獲得にもつながっていきます。塾を開くことがゴールではなく、開いた後も安定して続けていく。私たち独立希望者が本当に望んでいる部分をしっかり支えられる本部の経験と蓄積は、やはり信頼に足る部分だと、改めて思っています。

純粋な「ありがとう」の気持ちが
かけがえのない報酬となる

―塾経営者としての喜びは何でしょうか?

河村さん
月並みですが、感謝の気持ちがダイレクトに届くこと、そして、その感動を生徒さんと私たち塾のスタッフとで共有できることです。全てがそうとは言いませんが、一般的なビジネスの現場では、純粋な「ありがとう」という気持ちに触れる機会はそう多くないですよね。でも教育は違う。受験を勝ち抜いたこどもたちは全身全霊で喜びます。その笑顔の瞬間に立ち会えることだけでも、この仕事に取り組む価値はあると思っています。

―こどもたちの結果が、ご自身のやりがいとなるのですね。

河村さん
私たちスタッフは、本当にお手伝いするだけ。主役はこどもたちですね。また、こどもたちがどれだけ私たちを信頼してくれるかが塾としてのバロメーターになるとも思っています。開校の年に高校受験を目標に入塾した生徒がいたのですが、受験自体は残念な結果に。私たちスタッフは申し訳ない気持ちでいっぱいでしたが、その生徒は「高校受験は残念だったけど、大学受験は必ず勝つ」と、引き続き、個別指導Axis 深井校を学びの場として選んでくれました。結果ではなく、学びのプロセスを評価してくれたのだと思います。その生徒の受験までは一年を切り、その生徒も私たちスタッフも身を引き締めつつ、日々を過ごしているところです。同じゴールに向かって、人と人がつながっていく。こんな素晴らしい時間はそう体験できるものではないと思っています。時期が来たら2校目、3校目も視野に入れています。いずれにしても開校するのは、生まれ育った堺市で。地域のためにますます頑張っていきたいですね。

現在、株式会社ワオ・コーポレーション/「個別指導Axis」では、
参画企業・希望者を募集中!
詳細はこちら

https://entrenet.jp/dplan/0000557/

PICKUP!

この記事に興味のある人が見ている独立開業プラン

この記事が気に入ったらいいね!しよう。

最新記事をお届けします

あわせて読みたい関連記事

おすすめの最新記事

PLOFILE

小杉盟子さん(40歳)

美麗Kimono&Culture/東京都墨田区
幼少時から着物に親しむ。米国留学後、航空会社に勤務。地上職として接客の経験を積む。結婚後は派遣で秘書の仕事を続けていたがこども3人の育児との両立に悩む。2014年、夫の提案を機に浅草で着物レンタルのお店を始める。夫が浅草で営業している人力車とのコラボも。 (さらに…)

2019年8月22日

PLOFILE

角 勝さん(46歳)

(株)フィラメント/大阪市中央区
大阪市役所出身。2012年からは「大阪イノベーションハブ」の設立・運営に携る。15年に退職。オープンイノベーションによる新規事業開発や人材開発などを行う。取材場所は、自身も立ち上げに参画したコワーキングスペース「THE DECK」。 (さらに…)

2019年8月21日

Line
Line
Line

月間アクセスランキング

カテゴリー

注目のキーワード

アントレ

独立、開業、起業をご検討のみなさまへ
アントレは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。

会員登録はコチラ

アントレ公式ページ