CATEGORYカテゴリー

日本の文化をもっと身近に! 和洋折衷バンド「破天航路」が描く、娯楽の未来

生ボイス

日本の伝統的な文化である、日本舞踊。

古くからある「舞」や「踊り」を合わせたものであり、近年では国際化に伴い、諸外国で「Nihonbuyo」とも呼ばれています。

今回お話を伺ったのは、花ノ本以津輝(はなのもと・いづき)さん。

花ノ本さんは、日本舞踊を教える「花ノ本流」の師範でありながら、日本舞踊や殺陣(たて)といった表現者を擁する和洋折衷バンド「破天航路(はてんこうろ)」のメンバーとしても活躍されています。

そして、よりバンドに力を入れるために、2017年10月に起業。株式会社WISTERIENCEの取締役としてもキャリアをスタートさせました。

日本舞踊家であった花ノ本さんは、なぜ「破天航路」を結成し、起業に至ったのか。

そこには「日本の文化の素晴らしさをもっと身近にしたい」という熱い想いがありました。

<プロフィール>
花ノ本 以津輝(はなのもと・いづき)
(表紙写真・1番左)

日本舞踊 花ノ本流師範/公益社団法人 日本舞踊協会会員

株式会社WISTERIENCE取締役・「破天航路」日本舞踊担当

2歳より伯母である師匠の元で日本舞踊を始め、4歳で初舞台を踏む。
幼少よりピアノ・電子オルガン・太鼓・篠笛・三線などの楽器、 声楽、ジャズダンス等を学びながら育ち17歳で花ノ本流師範となる。

桐朋芸術短大芸術科演劇専攻ミュージカルクラスに入学し、様々なジャンルの音楽や演劇・ダンスの基礎を学び、市川亀治郎丈(現・猿之助丈)主催、2010年 第8回亀治郎の会「上州土産百両首」にて女優デビュー。

現在、日本舞踊家として国立劇場等で行われる舞台に出演、またTVやワークショップなどで指導にあたる他、日本の伝統文化を国内外に発信するため、様々なジャンルの音楽や表現とのコラボレーションを積極的に行っている。

2016年には、ギター×バイオリン×日本舞踊×殺陣×ダンスといったメンバーを擁するバンド「破天航路」を立ち上げ、国内外問わず活動を展開。
2017年7月にはフランス・パリで行われた「JAPAN EXPO in Paris 2017」に於いてスタンディングオベーションの大喝采を浴びる。

「やる人」も「見る人」も減っている日本舞踊をなんとかしたい。和洋折衷バンド「破天航路」が結成されるまで

―日本舞踊家である以津輝さん。以津輝さんのキャリアから教えてください。

以津輝さん
私は幼い頃より日本舞踊に触れて育ってきました。

「花ノ本流幹部師範」である伯母・寿以知のもとで2歳から稽古を始め、4歳の時には初めて舞台に立ちました。

その後、日本舞踊をやりながらも演劇や歌など、自分が興味を持ったことは一通り経験してきました。

そして高校生の時に、蜷川幸雄さん演出の、シェイクスピア作品を歌舞伎にアレンジした舞台に衝撃を覚えたんです。

―どういったところに衝撃を覚えたのですか?

以津輝さん
とにかく自由だったんです。

舞台全面を鏡張りにするなど、歌舞伎を初めて見る方も惹きつける演出と分かりやすさ、そしてきちんと歌舞伎の要素もある。

日本舞踊や歌舞伎など、なじみのない方からすると「分かりにくさ」というのはとても大きな壁なんです。

そこに漠然とした課題を感じていた時に、その舞台を見たのでとても驚きました。

そして、日本の伝統文化もやり方次第で、まだまだ新しいファンを獲得するチャンスがあるな、と思ったんです。

―やはり日本舞踊や歌舞伎の世界において、新規ファンの獲得は難しいのでしょうか?

以津輝さん
そうですね…。

伝統芸能を教える人も教わりたい人も徐々に減っているので「やる側」の人が少なくなっている上に、先程お話した「分かりにくさ」に加え、「敷居の高さ」も相まって「見る側」の人も少なくなっています。

私は日本舞踊だけでなく、いろいろなものを経験してきましたが、やはり日本舞踊にルーツがあるので、この現状をなんとかしたい、といつしか思うようになったのです。

―その問いの答えとして行きついたのが「破天航路」だったのですね?

以津輝さん
そうなります。

以前「レディー・ガガ」の曲のダンスを、日本舞踊でアレンジして踊ったことがあり、その時に周りの人から称賛されたことがありました。

そこで、今風の音楽に日本舞踊などといった要素を融合させれば、敷居の高さを感じさせず、もっと身近に年齢層の幅も広いお客さまたちに、受け入れてもらえるのでは? と思ったんです。

そんなことを自分の知り合いに話していたら、私と同じように「日本の文化をもっといろんな人に知ってほしい」と思っている方を何人か紹介され、志が同じ仲間が、9人揃いました。

そして、バンド×日本舞踊・殺陣・ダンスといった異色の和洋折衷バンド「破天航路」が自然に結成されたのです。

一過性ではなく継続して「和文化の良さ」を広めるために選んだ、起業という選択肢

―「破天航路」について教えてください。

以津輝さん
「破天航路」は、ギター・ベース・ドラム・バイオリンといった洋楽器を担当するメンバーと、日本舞踊や殺陣、ダンスといった動きを担当するメンバーとで成り立っているバンドです。

「和文化を正しく踏襲した上で新しいモノを創る」というコンセプトのもと、メタルといった斬新な切り口で、古典的な『和』を表現しています。

ダンス、日本舞踊、殺陣パフォーマンスを演奏中に繰り広げるので、聞いても楽しい、見ても楽しい舞台となっています。

―なぜ「バンド」という形式をとったのでしょう?

以津輝さん
バンドって、解散しない限りはずっと続いていきますよね。

私たちは、継続的に「日本の文化の良さを発信していきたい」と思っています。一過性のものではなく、常にメッセージを発信していきたい。

そのためにはコンスタントにステージに立っていなければなりません。

バンドという形であれば、自分たちのワンマンライブだけでなく、イベントへの出演がしやすいですし、なによりバンドとしての成長を見守っていただきやすい。

だから、バンドという形を取りました。

―そして、昨年10月に株式会社WISTERIENCEを発足し、以津輝さんは取締役に就任されました。会社を立ち上げた理由を教えてください。

以津輝さん
「破天航路」のライブを行う会場が大きくなったり、海外での活動が増えるにあたって、関わる人が増えていきます。

バンドのミッションを支える意味でも、しっかりとした地盤を作るために、会社を立ち上げた方が良いのではないかと考え、起業を決意しました。

―どのような事業をされているのですか?

以津輝さん
株式会社WISTERIENCEでは目下、「破天航路」のグッズやWeb・SNSの運営、ツアーの会場などを管理する制作会社として運営しています。

また、日本舞踊における所作、着付けの指導やワークショップの開催、舞台音楽の制作やアーティストのサポートも行っております。

―以津輝さんをはじめ「破天航路」で活躍する皆さんのスキルを活かした事業なんですね。

以津輝さん
はい。日本舞踊家の私だけでなく、メンバーはダンス、殺陣、楽器など、その道プロフェッショナル達です。

それぞれの仕事や活躍が「破天航路」の幅を広げることにも、つながればいいなと思っています。

JAPAN EXPOでは1,000人の観衆がスタンディングオベーション! 娯楽の未来をつくるために

―「破天航路」としての、最近の活動を教えてください。

以津輝さん
昨年フランスで行われた「JAPAN EXPO」(http://www.japan-expo-france.jp/jp/)では、ありがたいことに1,000人を超える観客の皆さまに、スタンディングオベーションをしていただきました。

―それはすごいですね…! ライブを見てくださった、フランスのお客さまはそれだけ「破天航路」のパフォーマンスに圧倒された、ということですね。

以津輝さん
そうだと嬉しいですね(笑)。

でも見に来てくれたお客さまとお話させていただいた時に、和文化が好きな海外の人はやはり「目が肥えていらっしゃるな」と思いました。

だからこそ、こちらもより上質なパフォーマンスをしないといけないなと、身が引き締まる思いでした。

―海外でも圧倒的な人気を誇る「破天航路」ですが、国内でのライブにも力を入れているとお聞きしました。

以津輝さん
はい。

国内外問わず、和文化の良さを伝えるというのが、私たちのミッションなので、もちろん国内でも積極的にライブを敢行していきます。

直近のライブはコチラから!

破天航路 単独公演 2018 牛若 -USHIWAKA-
2018.4.3.(THU.) OPEN 18:30 / START 19:30
浅草六区ゆめまち劇場

※公開は終了しました

―今後の展望をお聞かせください。

以津輝さん
伝統的な日本文化に特化した大型フェス、「和文化フェス」の開催を目指しています。

能狂言・歌舞伎・文楽・日本舞踊といった純古典から、「破天航路」のような和洋折衷で和文化を体現する新進気鋭のアーティストなどを一同に集結させ、和文化をエンターテインメントとして、お客さまと一緒に楽しむ。

そんなイベントを作りたいなと思っています。

そしてそうした活動を通して、もっと和文化への敷居を低くして、和文化を楽しんでくださいる人を増やしていきたいですね。

私たちがきっかけで、日本舞踊や歌舞伎といった和文化が、皆さんにとっての「娯楽」の1つになっていただければ幸いです。

会員数37万人突破!
無料会員登録で6つの特典

働き方30秒診断
✓動画コンテンツ見放題
✓融資制度の紹介サービス
役立つ起業ガイドブックプレゼント
相談員による1対1相談会
支援ツールを特別価格で提供

独立・起業を考えていなくても、働き方診断をしてみたいでも登録OK

\LINEアカウントでもOK/
メールアドレスで無料登録
PROFILE
アントレスタイルマガジン編集部

「アントレ」は、独立・開業を目指す個人向けに、成功者インタビューやノウハウ記事などを発信するWebメディアです。1997年 独立・開業情報誌「アントレ」創刊以降、独立・開業を夢見る人々に必要な情報を提供し続けています。

アントレスタイルマガジン編集部をフォローする
生ボイス
タイトルとURLをコピーしました