カテゴリー

Line

”グズでノロマ“を才能に転換? 市角壮玄さんが語る、コンプレックスの活かし方

2017年10月18日

あなたには、コンプレックスはありますか?

見た目、学力、地位、財産…。多かれ少なかれ、人は様々なコンプレックスを抱えています。

今回お話を伺ったのは、デザイナー、占い師、VJ(ヴィジュアルジョッキー)、大学講師、フードデザイナーの5つの職業をこなす、市角壮玄さん。

これだけ幅広い仕事をこなす超人に、コンプレックスなんてあるのか、と思ってしまいますが、市角さんは実は幼少期”グズでノロマ”と言われ続けてきたそうです。

自身をコンプレックスの塊だった、という市角さん。それでも”グズでノロマ”な側面が実は、自身のキャリアに大きな影響を与える”才能の原石”だったと語ります。

市角さんが5つもの仕事を股にかけるパラレルキャリアを歩むに至るまで、何があったのでしょうか。

プロフィール・市角壮玄(いちずみ・そうげん)さん
hoxaiの旅するアートディレクター/デザイナー。hoxakikitchenフードデザイナー。BBT大学ITソリューション学科専任講師。

内閣府地方創生カレッジ講師。デザイン思考やWEB製作、21世紀の観光デザインの教育を行いつつ、占い師ユニットnot for saleで著名人を占ったりも。著書のフードデザイン本、『VEGESUSHI』はAmazon和食本ランキング1位を記録。

本職のデザイナーとしては海外案件の他、映画館チェーン、航空会社、女性向けアパレルブランドのサイト、国際会議のポスターなど海外進出する日系企業や観光地、政府の事業のデザイン等、海外経験とフィールドワークを活かした外からの視点を取り入れたデザインを行う。

オフィシャルサイト:http://hoxai.com

「”グズでノロマ”は、デザイナーにとって大切な才能だった。」5つもの職をこなす男の意外な過去


上:大学での講義の様子 下:占い師としての活動

―5つもの職業を兼任している市角さんですが、現在に至るまでの流れを教えてください。

市角さん
今でこそ5つの仕事をやっていますが、昔は内気で”コミュニケーション能力”のないこどもだったんですよ。

大人が発言したことに対して、過剰にあれこれと「その真意は?」と考えてあたふたしてる内にレスポンスが遅れてしまう、いわゆる”グズでノロマな子”でしたね。

―今のご活躍を見るとなかなか市角さんから”グズでノロマ”なイメージが湧いてきませんが…。そこからどのような経緯があったのでしょうか?

市角さん
転機を迎えたのは、大学の時でした。大学に入学してから演劇を始めたのですが、その時にポスターやWebサイトの制作を担当しました。昔から、絵を描くことが好きだったので。

すると、周りの人がとても褒めてくれたんですよ。今振り返ると、「自分がやった仕事で人が価値を感じてくれる」初めての経験でしたね。

これまで”グズでノロマ”だった自分にとって、人から褒めてもらえる能力があったんだという気づきは、今後の人生に大きく影響を与えることになりました。

―そこから、デザイナーへの道がひらけたんですね。

市角さん
はい。デザインで人に褒められてからは、もう夢中でした。

ひたすらデザインの勉強をしましたし、デザインの仕事を演劇以外でもやらせてもらう内に、学生ながらいわゆる大企業さんからの仕事を受注するようにもなりました。

そして大学卒業後、フリーのデザイナーとして独立するのですが、これも「自分にはコミュ力がないから、会社員は向いていない」と思ってのことでした。

しかし、デザイナーとして仕事を重ねる内に、苦手だと思っていた”コミュニケーション”の素養が発掘されていきました。

相手の言ったことに対してあれこれ過剰に考えてしまうことは、実は、相手が伝えたいのに言語化できていないこと知ろうする気持ち、すなわち行間を読むというデザイナーに欠かせない能力の裏返しだったことに徐々に気づいていったのです。

―自分の欠点が実は、長所と密接に関わっている。その気づきは大きいですよね。

市角さん
「デザイナー」という仕事で使う枝葉の技術ではなく、デザインに必要なコミュニケーションや発想力といったスキルは、実はほかの仕事にも役に立つんじゃないか?

20代の終わりごろから、そんなことを考えるようになりました。

デザイナーはいろいろな人と協業できるので、これまで自分が足を踏み入れてこなかったコミュニティにも飛び込んでいきやすいんです。その環境を使って、パラレルキャリアをスタートさせました。

デザイナーに占い師、VJに大学講師まで! 華麗なる職業遍歴を支える、2つの「根っこスキル」


―デザイナーとして活躍された後、どのような仕事を始めたのでしょうか?

市角さん
最初は占い師でした。

ある時、何人かの占い師が集まってできた集団のアートディレクターになってほしい、という依頼が来たんです。

その依頼を受けた時に、私もタロットを使った占いを勉強してみたんですよ。

そして実際に占い師として活動してみると、占い師に必要な能力って実はデザイナーに必要な能力に似ているところがあったんです。

それが、共感能力。

人が伝えたがっていることを察して共感する。これは占い師にとってとても重要なスキルなのですが、私はもともとデザイナーとしてこの能力を養っていたので、比較的すぐに対応することができました。

―デザイナーと占い師。一見すると全く関係ないような2つの職業ですが、実は意外な共通点があったんですね。

市角さん
そうなんです。

全く異なる職業でも、実は求められるスキルは同じだったりするんです。私は同じ要領で、どんどん自分のできることを増やしていきました。

日本の文化「Cool Japan」を海外に広める活動として、VJにも挑戦しました。
※VJ(ヴィジュアルジョッキー):DJが複数の音楽を組み合わせて音楽を作るのに対し、VJは音楽に合わせて様々な映像を組み合わせる

これも「海外で喜んでもらえる日本の文化、Cool Japanとは何か?」と、デザイナーが使う”共感能力”を使って、映像を作っていきましたね。

そしてそんな経歴を買われてか、BBT(ビジネス・ブレークスルー大学)で講師もやらせてもらうことになりました。

通信制の大学なので、学生さんとは画面越しに授業を行います。

ほかにはない講義で学生さんにおもしろがってもらって、且つ学びのある授業を展開する、ということを考えた結果、連続ドラマを撮影することになりました。

―大学の授業で連続ドラマですか!?

市角さん
もともと自分が大学時代に演劇をやっていたので、知り合いの俳優さんを呼んで本格的に撮りました。もちろん、自腹です(笑)。

それでもほかにない授業展開が良かったのか、お陰様で多くの学生さんからポジティブな反応をいただきました。(学生の満足度が、5期連続で90%超え)
これも、「画面越しの学生さんは今どんな気持ちで勉強しているのだろう?」と共感することで生まれたアイデアでした。

―デザイナーから始まり、占い師、VJ、そして大学講師。全く異なるように見えて、実は使っている能力は似ているんですね。

市角さん
「文章が上手い」「画像加工が上手い」といったいわば末端のスキルは、仕事によって違うのですが、それよりもう少し抽象的な力、「空気を読める」「企画力がある」といった力が、パラレルキャリアを展開していく上で重要なのではないか、と私は考えています。

私はこの能力を「根っこスキル」と呼んでいます。

私の場合、この「根っこスキル」は大きく2つに大別されます。

1つ目は、「創造する能力」。
そしてもう1つは「共感する能力」。

デザイナーにせよ、占い師にせよVJにせよ大学講師にせよ、結局はこの2つの力のどちらか、ないしは両方を使って仕事をしています。

誰しも、自分はどんな「根っこスキル」を持っているのか、自分のやりたい仕事にはどんな「根っこスキル」が必要なのかを考えることが、パラレルキャリアを始めていく上で重要になると思います。

「根っこスキル」を見つけて、必ず小さく始める。市角壮玄が教える、パラレルキャリアの歩み方

―そして市角さんはここ最近、さらにフードデザイナーとしてのキャリアをお持ちですが、こちらはどういった経緯で始まったのでしょうか?

市角さん
デザインワークもその他のプロジェクトも、これまでの職は比較的誰かに依頼を受けて始めたものでした。

デザイナーの持つ能力を能動的に活かして新しいキャリアを作ることが出来ないかと思い、目をつけたのが食、とりわけ日本食の再デザインだったのです。

―なぜ寿司だったのでしょうか?

市角さん
私は仕事でよく海外、特にヨーロッパへ行くのですが、現地で「西洋全体の東洋化」、そして「日本食というブランドの高さ」を前々から感じていました。

今、ヨーロッパではヨガや日本食といった、アジアの文化が流行しています。

さらに目をつけたのは、ヨーロッパの裕福層にはベジタリアンが多い、ということでした。

この2つをどうにか融合して新しいものが作れないか。そう考えて生み出したのが「VEGESUSHI」(ベジずし)だったんです。

外国人に不動の人気を誇る寿司という食文化を、野菜を使って色とりどりに表現する。ヨーロッパのホームパーティーの文化に合わせて、握り寿司ではなく押し寿司でみんなでシェアできるようにしました。

ヨーロッパの今現在の流行と、もともとある文化のいいところをミックスさせ、ひとつの作品(寿司)を作り上げる。

フードデザイナーとしての仕事は、私が持ち合わせる2つの「根っこスキル」を主に使っているんです。

―自分の「根っこスキル」を見極め、使いこなす。フードデザイナーの仕事は、まさにそれを体現したような仕事なんですね。自分の「根っこスキル」を見つけて伸ばす以外に、何かパラレルキャリア初心者にアドバイスはありますか?

市角さん
必ず小さく始めること、そしてたくさんのトライアンドエラーを繰り返して、たくさん”転ぶ“ことが大切だと思います。

私自身、演劇のチラシづくりという小さな環境からキャリアをスタートしていますが、今に至るまでにたくさんの失敗を経験してきました。

しかし、パラレルキャリアという生き方の性質上、失敗したとしても誰も責任を取ってくれません。

そもそもパラレルキャリアが合うかどうかは人それぞれですし、いきなり初心者の人がトライアンドエラーもなしに大きく勝負すると、派手に失敗することにつながりかねません。

自分に合っているかどうか、そしてどんな仕事ならパラレルキャリアを実現できるかをよく考え、まずは小さく始めてたくさん失敗を積み重ねていく。

するとどうすれば勝てるのか、が自分の中である程度明確になってくると思います。

自分が始めたいビジネス、ないしは仕事を身近な人に見てもらってフィードバックをもらうなど、徐々に活動の幅を広げていけばいいと思います。

そして最後に1つだけ。

現在、パラレルキャリアという生き方がある種の「流行」になっているように感じています。

流行は必ず終わりを迎えます。流行が終わると、
軽い気持ちで挑戦したパラレルキャリアで失敗した人たちも出てくるでしょう。

そこでおそらく多くの人はこういう結論に至るはずです。

「パラレルキャリアは一過性のブームだった。こういった上辺だけの情報に振り回されず、ヘタな挑戦をしないのが1番だ」と。

これは非常に残念なことです。

大切なことは他人の意見に振り回されるのではなく、自分が本当はどんな生き方をしたいのか、という視点です。

自分らしく生きるために必要な「根っこスキル」は何なのか。それを磨いて活かしていくにはどうすればいいのか。

それをよく考えて、まずは小さく始めてたくさん失敗しましょう。

その中で自分にしかない「人生の根っこ」を見つけていく。そうすればどんな時代になっても自分にとって納得が行く道がひらけるのではないかと、私は思います。

―――じぶんの根っこスキルを見つけて生きる、それこそがパラレルキャリア形成に不可欠だと市角さんはいいます。

その根っこスキルは必ずその人の”人となり"と密接に関わっているのだそうです。市角さんの場合のように、もしかしたらヒントはあなたのコンプレックスの中にあるかもしれません。

この記事が気に入ったらいいね!しよう。

最新記事をお届けします

おすすめの最新記事

準備をしてきたお店や事務所などを開業することは大きな喜びです。

開業により個人事業主になるときには、事業内容や開業場所を記載した「個人事業の開業届」(以下、開業届)を税務署に提出します。

開業届の提出の前に、提出期限や税金、事業税に関わる開業届との違いなどを確認しておきましょう。

開業届とは

新たに個人事業主として事業を開始したとき、納税地を所轄する税務署長に開業届を提出します。

提出する開業届の様式は、最寄りの税務署に行くともらえますし、国税庁のホームページからもダウンロード可能です。

開業届には、屋号や職業、事業の概要や所得の種類、開業日や従業員数、住所や氏名などを記入しましょう。

屋号とは個人事業の名称であり、会社でいえば社名です。開業届の詳しい書き方については国税庁のホームページなどが参考になります。

開業届を記入したら、税務署へ開業届を提出してください。

提出先の税務署の所在地は国税庁ホームページで確認できます。

開業届は直接持参でも郵送でも受け付けてもらえるので、自分の都合に合わせて提出しましょう。

開業した証明となるのが開業届なので、開業届を提出することで金融機関に融資を申請したり、国や地方公共団体に補助金や助成金などを申請できるようになります。

なお、開業届を提出したら、毎年の確定申告が必要となります。

開業届は新たに事業を開始したとき以外に、店舗を移転・増設したとき、事業を廃止したときにも提出することになります。

開業届の提出期限について

開業届は、事業の開始などの事実があった日から1カ月以内に税務署へ提出することになっています。

例えば4月1日に個人事業主となった方は4月末までが提出期限です。

開業時は忙しいので提出を忘れることもあるかもしれません。

その場合は、気づいたときに速やかに提出しましょう。

確定申告で青色申告を利用するときは、開業届を提出する際に、「青色申告承認申請書」の提出もあわせて行います。

「青色申告承認申請書」は、1月1日~15日までに事業を開始した場合はその年の3月15日までに、1月16日以降に事業を開始した場合は事業を開始した日から2カ月以内に提出しなければなりません。

「青色申告承認申請書」の提出により、新たに事業を開始した年から青色申告をすることができます。

開業届も「青色申告承認申請書」のいずれも期限までの提出が必要です。詳しくは最寄りの税務署で確認しましょう。

都道府県に提出する個人事業税に関わる開業届もある

個人事業を始める際には、開業届と「青色申告承認申請書」を税務署に提出することに加え、都道府県にも開業届を提出する必要があります。

例えば東京都で開業した場合には都税事務所に提出となります。

個人事業での所得税と消費税は国に納め、個人事業税は都道府県に納めるからです。

なお、個人事業税を納める必要があるのは、法律で定められた3種の事業、70の業種に該当する場合です。

ほとんどの事業がこの70業種のいずれかに当てはまり、個人事業税の課税対象となります。

個人事業税に関わる開業届の提出を忘れてしまうと、ある日突然、納税するよう督促が来て驚くとともに、納税資金の準備ができておらず慌てることになるかもしれないので忘れないようにしましょう。

業種によって税率が異なる個人事業税

個人事業税は、個人が行う事業のうち、法律で定められた3種の事業、70種類の業種に対して課せられる税金であり、事業や業種により税率が異なるのが特徴です。

第1種事業は、飲食店業・保険業・物品運搬業などの37業種があり、税率は5%です。

第2種事業は 薪炭製造業・水産業・畜産業の3業種で税率は4%です。

第3種事業は士業・美容業・コンサルタント業など30業種で税率は5%です。

なお、第3種事業のうち、あんま・マッサージ・指圧・はり・きゅう・柔道整復とその他の医業に類する事業は税率が3%となっています。

開業した事業が70業種のどれにあたるかは、開業届の記載内容ではなく実際の事業内容で判断されます。

音楽家など芸術系の職種や動画制作による広告業などの比較的新しい職種は、分類が追いつかないなどの理由で個人事業税の対象外であることもあるので、開業した事業が課税対象かどうかは都道府県へ確認しておきましょう。

なお、個人事業税には、一律年間290万円の事業主控除があるため、1年間の事業所得の金額が290万円以下の場合には個人事業税を納める必要はありません。

まとめ

開業届を提出することで事業者として認めてもらえることになります。

また、青色申告ができるなど税制面での優遇も受けられますので、開業したときは開業届を提出しておきましょう。

なお、開業届提出者の現在の職業は問われないため、会社員でも専業主婦でも提出することができます。

副業として開業届を提出する際には、会社の就業規則などで副業が許可されているかも確認しておきましょう。

PROFILE

ファイナンシャルプランナー 杉浦 詔子

働く人たちの夢をかたちにする」会社員とそのご家族などへのキャリアプラン(生活)とライフプラン(家計)の相談と講義、執筆を行っている。また、女性のキャリアと家族や恋愛などコミュニケーションに関する相談、FPなど資格取得支援にも力を入れている。

2018年5月25日

フランチャイズ事業での独立を成功させるには、正しい方法で道筋を描き、その計画からずれないように進行をすることが大切です。

今回の記事では、フランチャイズ事業の始め方と流れについて説明します。

フランチャイズ事業の始め方 その1:参入する業界を決める

フランチャイズ事業を成功させるためには、まず自分に一番合った業界・業種を選ぶことが重要です。

自分に一番合った業界を決める上で大切なことは、できるだけ多くの側面から決めることです。

「好き! 」「興味がある! 」ということもとても大切ですが、長期継続するための十分な理由ではありません。

では、どのような選択基準で考えれば良いのでしょうか。1つの例として下記のような基準を参考にしましょう。

基準1:熱意と共感

ビジネスオーナーになることは、特に初期段階においては、そのビジネスに対して高い熱意と共感を持っていることが大切です。

「儲かるらしいから」といった理由でフランチャイズ事業を始めることも悪いことではありませんが、自分のやっているビジネスが好きになれない場合、毎日苦痛を味わうことになります。

自分の価値観に適した熱意と共感ができる分野でフランチャイズ事業を始めることができれば、より力を入れてビジネスを進めることができるでしょう。

基準2:働き方とライフスタイル

いくら情熱があるとしても、自分にとって望ましいライフスタイルから離れすぎているビジネスでは長期継続は困難です。

毎日朝から夕方までの仕事をしていた人が、いきなりBARなど夜に運営をするビジネスを初めても、自分のライフスタイルに合わない場合があります。

そのフランチャイズ事業で働いている自分をイメージし、毎日幸せでいられるか、苦痛ではないかについて考えましょう。

基準3:必要資金

事業を始めるからには長期間続けたいと思うでしょうが、調達できる資金によってフランチャイズ事業を始められる分野が限られてしまうことがあります。

よりビジネスを大きく、そして儲かるものにしたいのは人間の性ですが、まずはスモールビジネスから始めるなど、手の届くものだけに集中した方がより賢明な判断ができます。

基準4:市場規模と成長のポテンシャル

長期でビジネスを行う上で、ある程度の市場規模や成長の可能性を求めるべきです。

自分が好きなものをビジネスにすることも、モチベーション維持の観点から大切ですが、将来的に必要とされないビジネスを始めたとしても、結果につながりにくいケースが存在します。

フランチャイズ事業の始め方 その2:加入するフランチャイズチェーンを決める

参入する業界の次に決めなければいけないことは、どのフランチャイズチェーンに加盟するかということです。

成長のポテンシャルがある魅力的な市場であれば、複数の会社が競争しているはずです。

一方で、目新しい分野で、まだ誰もポテンシャルに気づいていないものを除き、激しい競争がなければ、むしろその業界は衰退する可能性があることも覚えておいた方が良いかもしれません。

競争の存在は、市場を魅力的に見せるだけのものではなく、業界の健全な成長や発展のためにも良い機会を与えてくれます。

ただし、すべての競争が良いとは限りません。

サービスレベルの向上や商品開発を重視しない単なる価格競争だと、すべてのプレイヤーが次々と潰れていきます。

そのような競争環境で一番損をするのが加盟店となるので、単なる価格競争はできるだけ避けるべきです。

では、自分が参入を検討している業界において、健全な競争環境の中で複数のフランチャイズチェーンが存在しているということを前提に、加盟するフランチャイズチェーンをどのような選択基準で考えれば良いのでしょうか。

1つの例として下記のような基準を参考にしていただければと思います。

基準1:業界のトップレベルであり、健全な財力があること

特に消費者をターゲットとしているビジネスにおいては、リーディングカンパニーであることはとても大事です。

自動車会社や消費財メーカーの例を見ますと、1~2%の市場シェア獲得のために大きな競争があり、それが会社の生き残りにつながっていることが分かります。

なぜなら、商品開発やほかの投資のための必要資源がそこから生まれるからです。

また、健全な財力がなければ会社が長生きできず、買収され消えてしまう可能性もあります。

投資家関連情報も読みながら会社の立ち位置について考えましょう。

基準2:高いブランド力を持つこと

フランチャイズ事業に加盟することで最も期待されていることの1つは高い知名度による顧客獲得です。

そのため、加盟を考えているフランチャイズチェーンに関して高いブランド力を求める必要があります。

基準3:加盟条件やプロセスが透明であり、加盟後の運営サポートが優れていること
大切な資金と時間を投資するのですから、加盟プロセスに関してできるだけ透明な開示を求めないといけません。

どのような手順を踏むのかが分かった上で最大限の準備をしておく必要があります。

フランチャイズチェーンの参加を検討する際に、事前説明会はちゃんと行われているのか?

資料に過不足はないのか?

質問に対して真摯に回答をしてくれているのか?

こういった部分で、加入後にどれくらいの運営サポートが期待できるのかを予測することができます。

基準4:フランチャイズオーナーの数が多いこと

フランチャイズ事業へ加盟後、どのような将来を描けるのかが分からない場合も多いと思います。

そのようなときには、フランチャイズオーナーの意見がとても参考になります。

できるだけ多くのオーナーに会い「自分もそうなりたいかどうか」を確認することが加盟のための参考となります。

また、ライバルともなるフランチャイズオーナーですが、そのライバルがどれくらい存在するのかも参考の1つになります。

フランチャイズオーナーが多いということは、それほど多くの人たちがそのフランチャイズ事業に加盟することに対してメリットを感じているということになります。

フランチャイズ事業の始め方 その3:契約を結ぶ

加盟するフランチャイズ事業を決めたら、いよいよ契約を結びます。

契約内容に関しては各フランチャイズ本部にて細かく異なります。

自分にどのような責任と義務が生じるかよく理解した上で契約を結びましょう。

また、分からないものはそのまま放置せずに、必ずフランチャイズ本部や第三者の専門家に確認しましょう。

フランチャイズ事業の始め方 その4:開業準備を行う

フランチャイズ事業を成功させるためには、まず自分の理想を追い過ぎるのではなく、完全にフランチャイズ本部の開業プロセスを遵守した開業準備が必要となります。

フランチャイズチェーンの指導どおりの準備を行い、あとで何か問題が起きたときに対処できるように、行った準備をすべて記録しておきましょう。

フランチャイズ事業の始め方 その5:オープン

新しいビジネスの開始は、未来の成功にも多大な影響を与えるものです。

オープニングイベント、SNSでの呼び込みなど、告知やプロモーション活動を惜しまずに行うことが事業を軌道に乗せていくためにも必要でしょう。

まとめ

フランチャイズ事業を始めるには、上記のような流れが存在します。

各フェーズおいて注意する点は多くあるため、それぞれにおいて自分が確認すべき事項・自分が行うべき事項を確認しつつ、フランチャイズ事業での独立の準備を進めましょう。

今回の記事で紹介した流れに沿って行動を起こせば、より健全で収益性のあるフランチャイズ事業を構築できる確率が上がるでしょう。

PROFILE

経営コンサルタント バシャラ セルダル

トルコ・イスタンブールのボアジチ大学にてエンジニアリングを専攻し、トルコホンダ工場の立ち上げに携わる。
その後、来日し国際大学にて MBA を取得。ゴールドマン・サックス、ほかの企業での勤務後、外資系転職コンサルタント・経営コンサルタントとして独立。
幅広いジャンルにてビジネス拡大のコンサルティングを行っている。

2018年5月24日

Line
Line
Line

月間アクセスランキング

カテゴリー

注目のキーワード

アントレnet

独立、開業、起業をご検討のみなさまへ
アントレnetは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。

会員登録はコチラ

アントレnet公式ページ