カテゴリー

Line

”グズでノロマ“を才能に転換? 市角壮玄さんが語る、コンプレックスの活かし方

2017年10月18日

あなたには、コンプレックスはありますか?

見た目、学力、地位、財産…。多かれ少なかれ、人は様々なコンプレックスを抱えています。

今回お話を伺ったのは、デザイナー、占い師、VJ(ヴィジュアルジョッキー)、大学講師、フードデザイナーの5つの職業をこなす、市角壮玄さん。

これだけ幅広い仕事をこなす超人に、コンプレックスなんてあるのか、と思ってしまいますが、市角さんは実は幼少期”グズでノロマ”と言われ続けてきたそうです。

自身をコンプレックスの塊だった、という市角さん。それでも”グズでノロマ”な側面が実は、自身のキャリアに大きな影響を与える”才能の原石”だったと語ります。

市角さんが5つもの仕事を股にかけるパラレルキャリアを歩むに至るまで、何があったのでしょうか。

プロフィール・市角壮玄(いちずみ・そうげん)さん
hoxaiの旅するアートディレクター/デザイナー。hoxakikitchenフードデザイナー。BBT大学ITソリューション学科専任講師。

内閣府地方創生カレッジ講師。デザイン思考やWEB製作、21世紀の観光デザインの教育を行いつつ、占い師ユニットnot for saleで著名人を占ったりも。著書のフードデザイン本、『VEGESUSHI』はAmazon和食本ランキング1位を記録。

本職のデザイナーとしては海外案件の他、映画館チェーン、航空会社、女性向けアパレルブランドのサイト、国際会議のポスターなど海外進出する日系企業や観光地、政府の事業のデザイン等、海外経験とフィールドワークを活かした外からの視点を取り入れたデザインを行う。

オフィシャルサイト:http://hoxai.com

「”グズでノロマ”は、デザイナーにとって大切な才能だった。」5つもの職をこなす男の意外な過去


上:大学での講義の様子 下:占い師としての活動

―5つもの職業を兼任している市角さんですが、現在に至るまでの流れを教えてください。

市角さん
今でこそ5つの仕事をやっていますが、昔は内気で”コミュニケーション能力”のないこどもだったんですよ。

大人が発言したことに対して、過剰にあれこれと「その真意は?」と考えてあたふたしてる内にレスポンスが遅れてしまう、いわゆる”グズでノロマな子”でしたね。

―今のご活躍を見るとなかなか市角さんから”グズでノロマ”なイメージが湧いてきませんが…。そこからどのような経緯があったのでしょうか?

市角さん
転機を迎えたのは、大学の時でした。大学に入学してから演劇を始めたのですが、その時にポスターやWebサイトの制作を担当しました。昔から、絵を描くことが好きだったので。

すると、周りの人がとても褒めてくれたんですよ。今振り返ると、「自分がやった仕事で人が価値を感じてくれる」初めての経験でしたね。

これまで”グズでノロマ”だった自分にとって、人から褒めてもらえる能力があったんだという気づきは、今後の人生に大きく影響を与えることになりました。

―そこから、デザイナーへの道がひらけたんですね。

市角さん
はい。デザインで人に褒められてからは、もう夢中でした。

ひたすらデザインの勉強をしましたし、デザインの仕事を演劇以外でもやらせてもらう内に、学生ながらいわゆる大企業さんからの仕事を受注するようにもなりました。

そして大学卒業後、フリーのデザイナーとして独立するのですが、これも「自分にはコミュ力がないから、会社員は向いていない」と思ってのことでした。

しかし、デザイナーとして仕事を重ねる内に、苦手だと思っていた”コミュニケーション”の素養が発掘されていきました。

相手の言ったことに対してあれこれ過剰に考えてしまうことは、実は、相手が伝えたいのに言語化できていないこと知ろうする気持ち、すなわち行間を読むというデザイナーに欠かせない能力の裏返しだったことに徐々に気づいていったのです。

―自分の欠点が実は、長所と密接に関わっている。その気づきは大きいですよね。

市角さん
「デザイナー」という仕事で使う枝葉の技術ではなく、デザインに必要なコミュニケーションや発想力といったスキルは、実はほかの仕事にも役に立つんじゃないか?

20代の終わりごろから、そんなことを考えるようになりました。

デザイナーはいろいろな人と協業できるので、これまで自分が足を踏み入れてこなかったコミュニティにも飛び込んでいきやすいんです。その環境を使って、パラレルキャリアをスタートさせました。

デザイナーに占い師、VJに大学講師まで! 華麗なる職業遍歴を支える、2つの「根っこスキル」


―デザイナーとして活躍された後、どのような仕事を始めたのでしょうか?

市角さん
最初は占い師でした。

ある時、何人かの占い師が集まってできた集団のアートディレクターになってほしい、という依頼が来たんです。

その依頼を受けた時に、私もタロットを使った占いを勉強してみたんですよ。

そして実際に占い師として活動してみると、占い師に必要な能力って実はデザイナーに必要な能力に似ているところがあったんです。

それが、共感能力。

人が伝えたがっていることを察して共感する。これは占い師にとってとても重要なスキルなのですが、私はもともとデザイナーとしてこの能力を養っていたので、比較的すぐに対応することができました。

―デザイナーと占い師。一見すると全く関係ないような2つの職業ですが、実は意外な共通点があったんですね。

市角さん
そうなんです。

全く異なる職業でも、実は求められるスキルは同じだったりするんです。私は同じ要領で、どんどん自分のできることを増やしていきました。

日本の文化「Cool Japan」を海外に広める活動として、VJにも挑戦しました。
※VJ(ヴィジュアルジョッキー):DJが複数の音楽を組み合わせて音楽を作るのに対し、VJは音楽に合わせて様々な映像を組み合わせる

これも「海外で喜んでもらえる日本の文化、Cool Japanとは何か?」と、デザイナーが使う”共感能力”を使って、映像を作っていきましたね。

そしてそんな経歴を買われてか、BBT(ビジネス・ブレークスルー大学)で講師もやらせてもらうことになりました。

通信制の大学なので、学生さんとは画面越しに授業を行います。

ほかにはない講義で学生さんにおもしろがってもらって、且つ学びのある授業を展開する、ということを考えた結果、連続ドラマを撮影することになりました。

―大学の授業で連続ドラマですか!?

市角さん
もともと自分が大学時代に演劇をやっていたので、知り合いの俳優さんを呼んで本格的に撮りました。もちろん、自腹です(笑)。

それでもほかにない授業展開が良かったのか、お陰様で多くの学生さんからポジティブな反応をいただきました。(学生の満足度が、5期連続で90%超え)
これも、「画面越しの学生さんは今どんな気持ちで勉強しているのだろう?」と共感することで生まれたアイデアでした。

―デザイナーから始まり、占い師、VJ、そして大学講師。全く異なるように見えて、実は使っている能力は似ているんですね。

市角さん
「文章が上手い」「画像加工が上手い」といったいわば末端のスキルは、仕事によって違うのですが、それよりもう少し抽象的な力、「空気を読める」「企画力がある」といった力が、パラレルキャリアを展開していく上で重要なのではないか、と私は考えています。

私はこの能力を「根っこスキル」と呼んでいます。

私の場合、この「根っこスキル」は大きく2つに大別されます。

1つ目は、「創造する能力」。
そしてもう1つは「共感する能力」。

デザイナーにせよ、占い師にせよVJにせよ大学講師にせよ、結局はこの2つの力のどちらか、ないしは両方を使って仕事をしています。

誰しも、自分はどんな「根っこスキル」を持っているのか、自分のやりたい仕事にはどんな「根っこスキル」が必要なのかを考えることが、パラレルキャリアを始めていく上で重要になると思います。

「根っこスキル」を見つけて、必ず小さく始める。市角壮玄が教える、パラレルキャリアの歩み方

―そして市角さんはここ最近、さらにフードデザイナーとしてのキャリアをお持ちですが、こちらはどういった経緯で始まったのでしょうか?

市角さん
デザインワークもその他のプロジェクトも、これまでの職は比較的誰かに依頼を受けて始めたものでした。

デザイナーの持つ能力を能動的に活かして新しいキャリアを作ることが出来ないかと思い、目をつけたのが食、とりわけ日本食の再デザインだったのです。

―なぜ寿司だったのでしょうか?

市角さん
私は仕事でよく海外、特にヨーロッパへ行くのですが、現地で「西洋全体の東洋化」、そして「日本食というブランドの高さ」を前々から感じていました。

今、ヨーロッパではヨガや日本食といった、アジアの文化が流行しています。

さらに目をつけたのは、ヨーロッパの裕福層にはベジタリアンが多い、ということでした。

この2つをどうにか融合して新しいものが作れないか。そう考えて生み出したのが「VEGESUSHI」(ベジずし)だったんです。

外国人に不動の人気を誇る寿司という食文化を、野菜を使って色とりどりに表現する。ヨーロッパのホームパーティーの文化に合わせて、握り寿司ではなく押し寿司でみんなでシェアできるようにしました。

ヨーロッパの今現在の流行と、もともとある文化のいいところをミックスさせ、ひとつの作品(寿司)を作り上げる。

フードデザイナーとしての仕事は、私が持ち合わせる2つの「根っこスキル」を主に使っているんです。

―自分の「根っこスキル」を見極め、使いこなす。フードデザイナーの仕事は、まさにそれを体現したような仕事なんですね。自分の「根っこスキル」を見つけて伸ばす以外に、何かパラレルキャリア初心者にアドバイスはありますか?

市角さん
必ず小さく始めること、そしてたくさんのトライアンドエラーを繰り返して、たくさん”転ぶ“ことが大切だと思います。

私自身、演劇のチラシづくりという小さな環境からキャリアをスタートしていますが、今に至るまでにたくさんの失敗を経験してきました。

しかし、パラレルキャリアという生き方の性質上、失敗したとしても誰も責任を取ってくれません。

そもそもパラレルキャリアが合うかどうかは人それぞれですし、いきなり初心者の人がトライアンドエラーもなしに大きく勝負すると、派手に失敗することにつながりかねません。

自分に合っているかどうか、そしてどんな仕事ならパラレルキャリアを実現できるかをよく考え、まずは小さく始めてたくさん失敗を積み重ねていく。

するとどうすれば勝てるのか、が自分の中である程度明確になってくると思います。

自分が始めたいビジネス、ないしは仕事を身近な人に見てもらってフィードバックをもらうなど、徐々に活動の幅を広げていけばいいと思います。

そして最後に1つだけ。

現在、パラレルキャリアという生き方がある種の「流行」になっているように感じています。

流行は必ず終わりを迎えます。流行が終わると、
軽い気持ちで挑戦したパラレルキャリアで失敗した人たちも出てくるでしょう。

そこでおそらく多くの人はこういう結論に至るはずです。

「パラレルキャリアは一過性のブームだった。こういった上辺だけの情報に振り回されず、ヘタな挑戦をしないのが1番だ」と。

これは非常に残念なことです。

大切なことは他人の意見に振り回されるのではなく、自分が本当はどんな生き方をしたいのか、という視点です。

自分らしく生きるために必要な「根っこスキル」は何なのか。それを磨いて活かしていくにはどうすればいいのか。

それをよく考えて、まずは小さく始めてたくさん失敗しましょう。

その中で自分にしかない「人生の根っこ」を見つけていく。そうすればどんな時代になっても自分にとって納得が行く道がひらけるのではないかと、私は思います。

―――じぶんの根っこスキルを見つけて生きる、それこそがパラレルキャリア形成に不可欠だと市角さんはいいます。

その根っこスキルは必ずその人の”人となり"と密接に関わっているのだそうです。市角さんの場合のように、もしかしたらヒントはあなたのコンプレックスの中にあるかもしれません。

この記事が気に入ったらいいね!しよう。

最新記事をお届けします

おすすめの最新記事

起業家、経営者にとって大事なのは、世の中を見抜く力です。1つの事象をどう捉えるかで、ものの見え方も、そこから得られる情報も大きく変わります。そうした「着眼点」、実はトレーニングによって鍛えることができるのです。累計20万部を超えるベストセラーとなった『戦略思考トレーニング』シリーズでおなじみの経営コンサルタント・鈴木貴博氏に解説してもらいましょう。 (さらに…)

2018年11月21日

日本が世界に誇る「Kawaii文化」。

その発信地として有名なのが、東京・原宿。古着やキャラ物、ロリータ、ゴシックなどに代表される「原宿系ファッション」は若者を中心に根強い人気を誇っています。

今回お話を伺ったのは、そんな原宿の「Kawaii文化」の最前線を走る、株式会社ACDCのデザイナー/店長の土居麟馬さん。

ACDCの運営する直営店「ACDC RAG」は、原宿の直営店4店舗構える他、取扱店が国内に約20店舗、海外に約30店舗を展開する人気アパレルショップです。

日本はもちろん、海外の人からも絶大な人気を誇るACDCの商品。

今回はACDCの商品デザインを担う土居さんのキャリアを振り返るとともに、なぜACDCが世界から注目されるのか、その理由をお聞きしました。

<プロフィール>
土居 麟馬(どい・りんま)さん
株式会社ACDC デザイナー/店長

1991年生まれ、横浜市出身。
2010年、法政大学国際文化学部に入学。株式会社ACDCの創設者である父の影響で、服飾関係の仕事に興味を持つ。

大学2年時に上海への語学留学を経験し、3年時に1年間大学を休学し、ロンドンでの語学留学を経験。ロンドンでは、株式会社ACDC商品の販売も手がける。

2015年に大学を卒業後、株式会社ACDCに入社。同社の直営店「ACDC RAG」のデザイナー/店長として、日本のみならず世界を舞台に活躍中。

学生時代にロンドンへ留学するも、挫折。「恵まれた環境」があったからこそ感じた、自分の無力感

―まずは土居さんの経歴から教えてください。現在は株式会社ACDCのデザイナーとして活躍されていますが、もともと服飾関係の仕事に興味があったのでしょうか?

土居さん
いえ、本格的にこの仕事に興味を持ち始めたのは大学生の時です。

それまでは中学でサッカー、高校でアメリカンフットボールに打ち込む普通の学生でした。

―なぜ大学生の時にこの仕事に興味を持ったのでしょう?

土居さん
現在勤めている株式会社ACDC(以下、ACDC)は、父が起業したアパレル会社です。

父が会社を立ち上げたのが、今から38年前。まだ表参道に歩行者天国があった時代に、渋谷で洋服屋を開きました。

そんな父の背中を幼い頃から見てきて、漠然とですが自分がどんな仕事をしていきたいのか、考え始めたのが大学生の頃だったんです。

大学のアメフト部からの誘いを断り、独学でアクセサリーを作り始め、原宿の路上で販売し始めました。大学1年生の夏のことです。

―18歳でそこまで覚悟を決めていたんですね。アメフト部と両立しながら仕事をする、という選択肢はなかったのでしょうか?

土居さん
高校時代もそうでしたが、アメフト部に在籍していると、生活の9割以上の時間をアメフトに捧げなければなりません。

大学の体育会系なら余計に、アメフト漬けの毎日になってしまいます。

ただ、父から起業の話を聞いて、僕自身「お店を立ち上げたい」「何かものづくりで成功したい」という思いが強くなっていました。

とはいえ、アメフトも、高校時代にキャプテンを務めるほど力を入れて取り組んでいたので、当時はアメフトを続けるべきか、相当悩みましたね。

それでも自分の夢を叶えるために、アメフトを辞めてものづくりへの道に進むことを決めました。

―その後はどうされたのでしょう?

土居さん
大学の傍ら、アクセサリー製作・販売、ACDCの仕事を手伝っていました。

その後、大学2年時に4カ月間上海へ、3年時に1年間大学を休学してロンドンへ、語学留学に行きました。

ロンドンでは語学留学をしながら、ACDCの商品を現地で販売しました。

「ロンドンの原宿」とも呼ばれるカムデンタウンにお店を出したり、イギリス最大の日本文化総合博覧会「HYPER JAPAN」への出展などを経験しました。

―当時はまだ学生であったのにもかかわらず、大活躍ですね。

土居さん
しかしそうでもなかったんです。

「日本から商品を送ってもらって、現地で売ること」が、当時の僕の仕事だったわけですが実際はそんな簡単なものじゃないんですよね。

言語も違えば文化も違いますし、現地に頼れる人がいるわけでもなければ、特別なコネがあるわけでもない。

カムデンタウンも「HYPER JAPAN」も、結局ACDCという会社の土台があっただけで、自分の力で何か結果を出せたわけではありませんでした。

留学から帰ってきて残ったのは、何もできなかった自分への不甲斐なさだったんです。

帰国後は、ACDCの仕事に打ち込みました。そして大学を卒業して、そのままACDCに入社し現在に至ります。

年齢も国籍も、性別も宗教も、関係ない。ACDCが世界から支持される理由

―大学を卒業後、入社して取り組んだことはなんでしょう?

土居さん
デザイナーとして商品を企画、デザインする傍ら、ACDCの直営店「ACDC RAG」の店長も兼任しました。

学業との二足のわらじを終え、実際に仕事をして思ったのは「自分が会社を変えていかなければならない」ということでした。

―なぜでしょう?

土居さん
これまでACDCは、海外への進出が十分にできていませんでした。

僕は留学での経験もありましたし、ACDCを海外で流行らせたいという気持ちがあったからです。

とはいえ課題は山積みでした。

まずは世界各国のファッションショーへの出展や、ACDCの商品を扱っていただける、取扱店の拡大など、露出や流通経路の確保をしなければなりません。

そして世界を相手に戦っていくためには、そもそもACDCの商品の企画、デザインがより良質でなければならない。

僕はデザイナーとして、ACDCというブランドを認識してもらうための商品作りを徹底して考えるようになり、また海外へのアプローチも地道に進めていきました。

―昨今、日本の「Kawaii文化」がSNSを中心に世界的に人気を博しています。原宿に直営店があり、数々の個性的なデザインの商品を扱うACDCはいわば「Kawaii文化」の一端を担っているのではないかと思うのですが、そもそもなぜこの「Kawaii文化」は海外に受け入れられているのでしょうか?

土居さん
2000年代に流行した「ファストファッション」のカウンターカルチャーなのではないか、など、様々な理由が考えられます。

これは個人的な意見ですが、僕が海外の方と接してて思うのは、世界的にジェンダーや年齢といったものがどんどん自由になっているから、でしょうか。

原宿に勤める「ジェンダーレス男子」のショップ店員などが話題になりましたが、原宿だけでなく世界的にそういった風潮が広まっているように感じます。

「Kawaii文化」と言われるファッションや音楽には、性別や年齢、国籍といった枠組みから自由になる、という考え方と近しいものがあるのかもしれません。

―なるほど。では、その中でACDCはどのような位置づけをしているのでしょう?

土居さん
ACDCは「No Borders」(無境界)をブランドコンセプトとして、掲げています。

このコンセプトには「年齢・国籍・性別・宗教といったものは関係なく、自分の好きなものを着よう」といった意味合いが込められており、着物から洋服、キャラクター服までありとあらゆるジャンルの服を扱っています。

―たしかに着物からセーラー服、チャイナ服、オーバーサイズのパーカー、キャラ物など多種多様な商品がありますね。商品を企画する上で、特に気をつけていることはなんでしょう?

土居さん
1つの国のものや、1つのコンセプトにこだわりすぎないよう、様々な国や文化のファッションと組み合わせを考えてデザインするように心がけています。

自分の着想に基づいて作りたい服をデザインすることが多いですが、その根底にはあくまでも「売れるもの(お客さまに求められるもの)を作る」という視点を忘れないようにしています。

僕の独りよがりにならないよう、スタッフの意見やお客さまの反応、反響には特に耳を傾け、より求めていただける商品を作れるよう試行錯誤しています。

「No Borders」というコンセプトへの共鳴、そして多種多様な商品展開を実践の甲斐があってか、とてもありがたいことにアメリカや中国、ヨーロッパを始めとする多くの海外のお客さまから支持を得ることができました。

いきなり「すごい人」になんてなれない。どんな人も必ずゼロから始まる

―土居さんの今後の展望について教えてください。

土居さん
まずは、もっと様々な国でACDCの服を着る機会を創出していきたいですね。

そのためにはもっとたくさんのイベントに参加して、現地のお店とコラボレーションをしていく必要がある。

地道さが求められますが、コツコツと自分の足で稼いで1人でも多くの人にACDCの服を着てもらいたいですね。

またここ数年で、お客さまの層がかなり広がってきたので、ブランドラインを増やしていきたいですね。

現在の「多ジャンル低価格」ラインは残しつつ、今後はこども向けのキッズラインや、高級路線のハイグレードラインも展開できるよう、視野を広げていきたいです。

―最後に読者の方へ、アドバイスをいただけますか?

土居さん
僕は、父の影響でこの道を選びました。

僕が物心つく前から、父は社長で自分のお店を持っていたのですが、そんな父も最初から自分のお店を持っていたわけではありません。

起業してゼロから始めて、今があるんです。

何か始めようと思うと、つい他の人の「完成形」とゼロの自分とを比べてしまって、気疲れしてしまうことがありますが、どんな人も必ずゼロから始まっています。

僕の場合も同じです。ロンドンに留学した時は、何もできない自分にとても悔しい思いをしました。

だからこそACDCが今までできなかった海外へ挑戦し、コツコツと実績を積み上げてきました。

そして、僕の挑戦はまだまだ続きます。

誰しも、いきなり「すごい人」になんてなれません。挫折してしんどい思いをすることもあると思いますが、1歩ずつがんばっていきましょう。

<「ACDC RAG」デザイナー・土居麟馬さんが、写真展を開催!>

期間:2018年11月28日(水)-12月2日(日)
開場時間:12:00 - 21:00 (2日は18:00まで)
場所:東京都渋谷区神南1-10-7テルス神南301
入場料:無料
特典:限定ステッカーと中国茶
Web:www.rimmadoi.com

2018年11月20日

企業では10月から12月にかけて、年末調整を行うことと思います。年末調整のやり方というのは企業によって若干変わるかもしれませんが、だいたいが従業員に年末調整のための書類を記載してもらって会社側でチェックするという方式ではないでしょうか。
(さらに…)

2018年11月19日

Line
Line
Line

月間アクセスランキング

カテゴリー

注目のキーワード

アントレ

独立、開業、起業をご検討のみなさまへ
アントレは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。

会員登録はコチラ

アントレ公式ページ