カテゴリー

Line

大学2年生で起業。起業家・木村友輔が語る、答えのない世界に飛び込む覚悟

大学2年生の頃、あなたはどんな日々を過ごしていましたか?

勉強・恋愛・サークル活動。あるいはすでに就職活動に向けて動き出していた人もいるかもしれません。

ですがあるサッカー青年は、“年齢”や“経験”という概念を飛び越えて「起業」にチャレンジしました。

その青年の名は木村友輔さん。

昨年にサッカーの練習メニュー共有サイト「シェアトレ」(http://www.sharetr-soccer.com)を運営する「株式会社シェアトレ」を同じ大学の仲間3人と設立し、代表取締役に就任。

立ち上げから約1年で知名度を上げ、サッカー界を始め、各メディアから高い注目を浴びています。

学生でありながら起業に踏み切った背景には、どのようなきっかけや思いがあったのでしょう?

木村さんの起業に至るきっかけと、将来に向けた今の思いを聞きました。

<プロフィール>
木村友輔さん
筑波大学体育専門学群3年(休学中)。1996年生まれ、東京都出身。

小石川中等教育学校卒。12年間続けたサッカーで中学時代には東京都フットサルリーグで最優秀選手賞、得点王、ベスト5を受賞。

その後、筑波大学体育会サッカー部に所属しながら、全国の指導者が自分の練習メニューや指導法を投稿して共有できるサイト「シェアトレ」を開発。

スタート5ヶ月で、月に2万人の指導者が訪れるサイトに成長し、現在は筑波大生5人でサイトを運営中。

また経済産業省が主催している次世代のイノベーターを育成する「始動Next Innovator 」に最年少で参加。
http://www.sharetr-soccer.com

本当の意味で「安定」するために、就職ではなく起業の道を目指した

ー木村さんは現役大学生で起業されていますが、会社を立ち上げるまでの経緯を教えてください。

木村さん
もともとは起業家ではなく、プロサッカー選手を目指そうと思っていました。

小学生から始めて、高校入学と同時に都内の有名なクラブチームに入団したりと、比較的順調にキャリアを積んでいきました。

しかし高校1年生の時、次第に実力に限界を感じ始め、その矢先に選手生命に影響するような大ケガをしてしまい「プロに行くのは厳しいな」と挫折してしまいました。

ーその挫折の後、どうされたのですか?

木村さん
将来の夢を見失ってからは、何を目指したらいいのか、自分でも分からなくなってしまったんです。

その後、サッカーができなくなってからは、ひたすら本を読んでいました。以前から自己啓発本を読むことが好きだったので。

ケガから復帰するまでの間はとにかくたくさんの本を読んでいたのですが、たまたま読んだ本の中に、新たな夢を見出すきっかけになった1冊がありました。

それが、稲盛和夫さんの『生き方』でした。

京セラとKDDIを創業し、JALを再生に導いた、言わずと知れた「経営のカリスマ」稲盛和夫さんの生き様を見て「経営者ってカッコいいな」と思ったんです。

しかしどうせなら、ここまでお世話になったスポーツを絡めた事業をやりたいなと。その構想が、大学生になってから立ち上げた「シェアトレ」の原型でした。

ー「シェアトレ」というサービスについて教えてください。

木村さん
大学入学後から少年サッカーのコーチを始めました。コーチになってから気づいたのですが、毎回練習メニューを考えるのって、とても大変なんです。

さらにメニューを考えても、そのメニューがこどものレベルにあっていないことも多く、サッカーを10年間やってきた僕でさえ、ちゃんと教えることができませんでした。

自分を決して上に見ているわけではありませんが、ある程度サッカーの経験を積んできた僕が、教える上で迷うということは、他のボランティアコーチはもっと迷っているんじゃないかと思ったんです。

そして実際に他のコーチに聞いてみると、やはり「1人ひとりのこどものレベルに合わせて均一に教えるのは、とても難しい」と言っていました。

アマチュアコーチの指導に役立つ、いい方法はないかと考えました。

そこで、練習メニュー考案に役立つサイト「シェアトレ」を作ってみようと思い付いたんです。

ーなるほど。それからすぐに起業されたのですか?

木村さん
いえ。その時はまだ起業は考えていませんでした。

正直「シェアトレ」は自分の実績として就職に役立てられればいいな、くらいの気持ちで起業せずにサービスだけ立ち上げようと思っていました。

ですがある時、その考え方が180度変わったんです。

僕はよく「自分に足りないな」と思うことについて、その道のエキスパートにアドバイスを聞きに伺います。そして今回のテーマである起業については、知り合いの社長に手当たり次第自分の考えをお話して、意見を聞きに行きました。

すると、ある経営者の方に「既にやりたいことがあるなら、今のうちから起業した方がいいよ」と、アドバイスしていただきました。

僕は今まで、就職することが1番の「安定」だと思っていましたし、起業するにしても、一度就職をして会社員生活を経てから起業した方が良いのではないかと思っていました。

しかし早い内から「自分で何か価値のあるものを作り出す力」を養うべきだ、という言葉をいただき考えが変わりました。

会社に依存するのではなく、自分が世の中に価値を提供することができれば、まず食いっぱぐれることはありません。

就職とはあくまでも手段です。本当の意味で「安定」するには、自分で世の中に素晴らしい価値を提供できる人間にならなければいけない、ということに気付いたんです。

ーそれで起業しようと決意されたわけですね。

木村さん
はい。

ただ、会社を立ち上げようにもお金が足りなかったので、クラウドファウンディングを活用して資金調達を始めました。

すると「練習メニュー考案に役立つサイトを作りたい」という僕の考えに、たくさんの方から賛同してもらえたんです。

多くの方から出資していただくことで、起業に必要な資金を集めることができました。

そういった支援もあり、大学2年生の時に「株式会社シェアトレ」を立ち上げることができたんです。

たった1年で検索順位トップを獲得! 「サッカーの初心者コーチ」にフォーカスしたニッチ戦略


画像出典:https://www.sharetr-soccer.com/

ー「シェアトレ」のサービスについて、より具体的に教えてください。

木村さん
「シェアトレ」は、全国のサッカー指導者に練習メニュー動画を投稿してもらい、みんなでそれをシェアできる、トレーニング共有サイトです。

ですが指導者の方に動画を投稿してもらうだけではなく、自分が指導しているチームの宣伝もできるようにもなっています。

サイトの特徴としては、年代別・技術別・ポジション別・テーマ別と言った具合に、タグ検索で見たい動画がピンポイントで見られるようにしてあります。

例えば、シュート練習メニューが見たい時は「シュート」、試合の戦術を練りたい時は「戦術」で検索するとそれに関する動画が出てきます。

もし、見た動画を気に入って「また見たい」と思ってもらえたなら、「マイトレ」というボタンをクリックすると、自分のお気に入り動画としてサイト内に保存することができます。

しかし、練習メニューの動画を見るだけでは指導レベルは上がりません。そこでサッカーの知識を深められるコラムも掲載しています。

記事の執筆は、実際に現場で指導しているコーチに依頼して書いてもらっています。

実際に練習を教えるに当たって、具体的にどのように指導すればいいのか。練習を指導する上で、必要な基礎の部分が書かれているんです。

このように、初心者コーチにフォーカスしたサイトになっています。

ー日本全国の指導者の練習メニューが見られるなんて、初心者の方からすると本当に心強いサイトですね。このような動画共有サイトにしようと思ったのはなぜでしょう?

木村さん
大学時代から1人暮らしをしているのですが、自炊をするときに「クックパッド」を使ったことがきっかけです。

様々なユーザーの作ったメニューをシェアできる「クックパッド」を見た時に、これのサッカー練習メニューバーションがあったら面白いんじゃないか」と閃いたんです。

ー「シェアトレ」ではどこから収益を得ているのですか?

木村さん
広告収入がメインとなっていますね。

例えば飲料メーカーや用具品など、「シェアトレ」との相性の良い、スポーツに特化したアプリやサービスのページへ飛んでいくようになっています。

また「シェアトレ」はサッカー指導者が3万人以上訪れるサイトにまで成長しているのですが、指導者がここまで集まるサイトは他にないんです。

サイトを見ている人がかなりニッチな層なので、一見するとマネタイズが難しそうに見えますが、逆にサッカー指導者というニッチな層を独占することによって、その層と相性の良い広告を出すことができます。

おかげさまで全国のサッカー指導者からの支持をいただけるようになり、サイトを見ていただいているユーザーが、継続的に流れるようになりました。

そしてローンチからわずか1年経たずに、検索順位のトップを取るコンテンツもいくつか出てくるようになりました。

例えば「サッカー 練習メニュー」などで検索すると、トップに出てくると思いますよ(笑)。

ニッチな層ではありますが、そこでNo.1でいられることはかなり強いなと思いますね。

「0から1」を生み出し続けたい。自分の人生に責任を持つ覚悟

ー木村さんの今後の展望を教えてください。

木村さん
「シェアトレ」を始めてみて気づいたんですが、僕は「0から1」を生み出すことが得意ですし、好きなんですよ。

だから新規事業を立ち上げてある程度にまで育てるのが、僕の仕事だと思っています。

僕が得意なことが「0から1」だとすれば、「1を10」にすることが得意なメンバーがいるので、事業を発展させる部分はメンバーに任せてしまおうと思っています。

「シェアトレ」は現段階でのサービスを成長させつつ、今後は新しい事業も模索していきたいですね。

また、僕個人としては“シリアルアントレプレナー”(何度も新しい事業を立ち上げる起業家)を目指しています。

もちろん「シェアトレ」のサービスも含めてですが、スポーツビジネスをもっと極めた上で、スポーツ以外の分野でも起業してみたい、という思いも強いんです。

とにかく、常にアイデアを生み出せる立場にいたい。一生「0から1」を生み出し続けたいんです。自分の好きなことをずっと続けていけるような、そんな人生を送っていきたいですね。

ー最後に、起業・独立を考えている方へ何かメッセージをいただけますか?

木村さん
自分の気持ちに正直に「意志」を持って生きることを、大切にしてほしいですね。

全ての人の人生に言えることでもありますが、その中でも特に、独立・起業という選択は「答えがない世界に飛び込むこと」です。

その世界で生きていくためには、常に自分の頭で考えて、自分なりの「答え」を模索し続けなければいけません。

その荒波の中を、生半可な覚悟では生き抜くことはできません。現に僕も何度も挫けそうになりました。

でもその度に、自分のやりたいことや実現したい世界観といった、今の自分を突き動かしている「意志」の力で乗り越えてきました。

自分がなぜ独立・起業をするのか。自分の「意志」を明確にすることで辛い時もがんばれますし、自分の人生に責任を持つ覚悟が生まれます。

なんだかとても独立・起業に対してのハードルを上げてしまいましたが(笑)、自分の人生に責任を持つことは、厳しさ以上の楽しさがあります。

独立・起業を考えている方はぜひ一度、ご自身の「意志」を再確認してみてください。

この記事が気に入ったらいいね!しよう。

最新記事をお届けします

おすすめの最新記事

事業を始める上で必ず必要になる、お金。

特に融資を受けた「借金」ともなると、上手に付き合っていけるかどうか、不安ですよね。

今回お話を伺ったのは、税理士・公認会計士である、齋藤雄史さん。

齋藤さんは20代〜30代をはじめとする、多くの若手起業家をお金の管理・使い方という側面からサポートされています。

今回は、齋藤さんが税理士事務所を開業するに至るまでの経歴から、お金、中でも「借金」との付き合い方についてお聞きしました。

<プロフィール>
齋藤雄史さん
税理士/公認会計士

宮城県仙台市出身。

高校卒業後、進学資金を貯めるため、新聞販売店に勤務。その後、地元の簿記専門学校に進学、東日本大震災同年の2011年公認会計士試験合格。

合格後、新日本有限責任監査法人福島事務所勤務。
法律の世界に魅せられロースクールに進学し、同時期に板橋区にて会計事務所を開業。

ITやクラウド対応を武器に顧客開拓に成功し、20代〜30代をはじめとする多くの起業家から厚い信頼を得ている。

お金が足枷になって、挑戦できない人を減らしたい。税理士事務所を開業したワケ

―これまでの経緯を教えてください。

齋藤さん
高校時代はコンビニでアルバイトをしていました。
当時はコンビニの店長になりたいと思っていたので、簿記の勉強を始めたのがきっかけです。

ところが高校を卒業する時、家庭の事情で大学への進学が厳しくなってしまいました。

そこで一旦就職をしてお金を貯めてから大学へ行こうと思いました。

―どんなお仕事をされていたのですか?

齋藤さん
地元の仙台から上京して、新聞配達の仕事を始めました。

1年で100万円ほど貯金してそのお金を元手に、地元仙台の税理士・公認会計士の専門学校に入学しました。

―なぜ税理士・公認会計士の専門学校だったのですか?

齋藤さん
私はこれまで、お金によってキャリアの選択肢が狭められてきたからです。

お金をもっと自由に扱うことができたら、と思い勉強を始めました。

そして専門学校に入学して数年が経ち、公認会計士の試験に合格した年に東日本大震災が起こりました。

―仙台で震災に遭われたんですか、それはとても大変でしたね…。

齋藤さん
はい。地元仙台をはじめ、東北地方全体でとても大変な状況でした。その経験から「復興関係の仕事がしたい」と思うようになり、監査法人に就職し、3年ほど働きました。

―具体的にはどのようなお仕事をされていたんですか?

齋藤さん
主に国や地方公共団体、上場企業の監査を担当していました。

しかし、国や上場企業など、大きな組織を相手にするのではなく、お金に困っている人、特に若い起業家や、中小企業やベンチャー企業のサポートがしたいと思うようになりました。

―なぜでしょうか?

齋藤さん
自分自身が、お金に困った経験がありましたし、自分の親も小さな飲食店を経営し、お金に苦しんでいた様子を近くで見ていたからです。

だから、お金が原因で選択肢が狭められている人の助けになる仕事をしたかったのです。

よりお客さまに近い距離で仕事をするために監査法人を退職し、税理士・公認会計士の事務所を開くことにしました。

自分に自信をつける。税理士が語る、「借金」との上手な付き合い方

―税理士事務所を開業された齋藤さん。現在のお仕事について教えてください。

齋藤さん
仕事の内容は、税理士事務所と変わりません。

ですが私の事務所では、主に中小企業やベンチャー企業、個人事業主を中心にお取り引きさせて頂いております。

特に20代から30代の若い経営者の方と、一緒にお仕事をさせていただくことが多いですね。

最近は年に一度の確定申告や、話題の副業に関する税金のご相談も増えてきました。

―20代30代の方を中心に、お仕事をされている税理士の方は珍しいのではないですか?

齋藤さん
そうですね。業界的にも非常に珍しい立ち位置だと思います。

一般的に税金、税理士と聞くと「なんか相談しづらい」「ちょっと怖い」というイメージがあると思っています。

まだ僕自身が若いからこそ、若い人や起業に挑戦したい人が、気軽に相談できる環境を作ることができる。

そう信じて、お金が不安で1歩を踏み出せない人をサポートしています。

―そんな齋藤さんに伺いたいのですが、初めて起業をされる方は特に、お金との付き合い方について困ることが多いと思います。上手にお金と付き合っていくためにはどうすれば良いのでしょうか?

齋藤さん
お金、特に「借金は怖い」という認識は、多くの起業を志す方にとって共通する認識だと思います。

僕がこれまで見てきた、自分で会社を立ち上げて会社を大きくしていった人たちに共通するのは「借金を上手に使っている」ということです。

「どれくらい借金をして、どのタイミングでどう返済するか」をきちんと計画立てて、実行できている人は、事業を成功させているケースがとても多いです。

―事業を大きくするためには、借金や借金をすることのプレッシャーを、上手く飼いならす必要があるということですね。

齋藤さん
はい。

そしてそのスキルを身につけるためには、小さな成功体験を積み重ねることが極めて重要です。

例えば僕の場合、現在税理士と公認会計士の資格を持っていますが、それも簿記検定3級の受験から始まっています。

いきなり税理士や公認会計士の試験を受けたわけではありません。

簿記検定3級から始まり、2級、1級と段階を踏んで勉強してきました。

つまり全ては、小さなことの積み重ねなのです。

―それは事業やそれに伴う借金に関しても同じことが言える、ということでしょうか?

齋藤さん
全くその通りです。

いきなり何の経験もなく事業を立ち上げて、成功する人はごく一部でしょう。

例えば今会社員であるのならば、副業など経験を積み、事業がどのように動いていくのかを勉強しても良いのではないでしょうか。

できる限り小さいことから始めて、ある程度うまく回せるようになれば、自然と自分に自信がついていきます。

お金との付き合い方もまさに同じことで、これまでの事業の経験を活かして「何をするためにどれくらいお金が必要なのか」、そして「借りたお金をどうやって返済するのか」まできちんと見えていれば、自ずと自信が湧いてくると思います。

今の延長線上に、将来がある。お金で可能性を狭めない世界を創るために

―齋藤さんの今後の展望を教えてください。

齋藤さん
挑戦したい人が挑戦しやすい世の中、お金が挑戦の足枷にならない世界を創っていきたいです。

そのために、いま目の前にある仕事に一生懸命になることはもちろん、税理士・公認会計士の枠にとらわれず様々なことに挑戦していきたいと思っています。

具体的には現在ロースクールに通っており、弁護士免許を取得するための勉強をしています。

お金や法律といった様々な切り口から、はじめの1歩を踏み出す人のお手伝いができたらと思っています。

―最後に独立・起業を考えている方に対して何かメッセージをいただけますか?

齋藤さん
小さなことでもいいので、自分に自信をつけていくことが大切だと思っています。

先程お金との付き合い方でもお話しましたが、良い経営者は自分に自信があるケースが多いです。そしてその自信を裏付ける、数多くの経験をしています。

いきなり別世界に行くことは難しいかもしれませんが、小さなことからコツコツと経験を積み重ねることで、いつか必ず大きくジャンプすることができます。

結局、今の延長線上にしか将来はないのです。

自らの独立・起業に必要な経験を増やしていくことから、始めて見ると良いのではないでしょうか。

2018年8月14日

起業家、経営者にとって大事なのは、世の中を見抜く力です。1つの事象をどう捉えるかで、ものの見え方も、そこから得られる情報も大きく変わります。そうした「着眼点」、実はトレーニングによって鍛えることができるのです。累計20万部を超えるベストセラーとなった『戦略思考トレーニング』シリーズでおなじみの経営コンサルタント・鈴木貴博氏に解説してもらいましょう。 (さらに…)

2018年8月13日

Line
Line
Line

月間アクセスランキング

カテゴリー

注目のキーワード

アントレnet

独立、開業、起業をご検討のみなさまへ
アントレnetは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。

会員登録はコチラ

アントレnet公式ページ