カテゴリー

Line

道に迷ったら、こどもの頃の自分に聞く。脱サラ絵本作家が生き物を描く理由

今の仕事を続けるか、それとも新しいことにチャレンジするか。

キャリアの分岐点に立ったときに取り組む自己分析。つい今の自分に「やれること」「やれないこと」という軸で考えてしまいがちです。

しかし、こどものときに無邪気に夢中になっていたことを思い出してみると、そこに自分の適性や、やりたいことのヒントが隠れているかもしれません。

生き物の描写を通じて自然の摂理を描いた絵本『うみがめぐり』の著者、かわさきしゅんいちさんは、法学部卒業後に商社での勤務を経て、絵本作家に転身したという珍しいキャリアの持ち主。

かわさきさんはなぜ会社員を辞めて、生き物を描く絵本作家になる道を選んだのでしょうか? その理由を伺いました。

<プロフィール>
かわさきしゅんいちさん
絵本作家・動物画家

1990年大阪府吹田市生まれ。甲南大学法学部を卒業後、上京し商社の青果営業を経て脱サラ。生物多様性のおもしろさを伝えるために、いきものの目線や、自然の摂理を描く。

Twitter  :https://twitter.com/nupotsu104
Instagram :https://www.instagram.com/nupotsu104/

カブトムシを描き続けた幼少期。大人になる過程で手放した「好き」を取り戻す

ー2017年4月に海の生態系を描いた絵本『うみがめぐり』で作家デビューし、絵本作家・動物画家として活躍するかわさきしゅんいちさん。現在に至るまでの経緯を教えてください。

かわさきさん
絵は幼い頃からずっと描いていました。物心ついたときには、下の写真のようなカブトムシの絵をひたすら描いていましたね(笑)。

地元はそれほど自然の多いところではありませんでしたが、草むらでバッタやトンボを追いかけ回したり、親に山に連れて行ってもらったりするのが何よりの楽しみで、小学生になった頃には「将来は虫博士になろう!」と決めていたくらい、生き物が好きでした。

ー大学では文系の学部に進学していますが、生き物や絵とは関係のない道を志したのでしょうか?

かわさきさん
そうなんです。中学生のとき、教室に虫が出るたびに「おい!かわさき!」と呼ばれたりして(笑)。僕が虫の話ばっかりしていたからだと思うんですけど、当時はそれをからかわれるのが嫌で、自分から生き物の話をあまりしないようにしはじめたこと。僕と同レベルかそれ以上に生き物が好きな人も周りにおらず、具体的にどうすれば虫博士とやらになれるのか、その情報がなかったのもあり自然とフェードアウトしてしまいました。

高校では漫才、大学では演劇や海外支援など、その時々で夢中になれるものがあったので、生き物からはますます離れてしまい、大学卒業後は、当時付き合っていた彼女との結婚を考えていたこともあり、一般企業に就職する道を選びました。

ー生き物が好きな気持ちを抑え込んでしまったのですね。そこからどのように絵本作家・動物画家になったのですか?

かわさきさん
就職してから半年間、全く絵を描いていないことに気づいたんです。

常に何かしら絵を描いていたんですが、社会人になってからは忙しすぎて、ペンを握ってなかったんですね。それに気づいた瞬間無性に絵が描きたくなると同時に、「こっちで食っていくことはできないのか」と考え始めました。

そんな僕の様子を見兼ねた彼女に「ホンマは何がしたいんや?」と迫られたとき、とっさに「絵本作家になりたい!」と応えていました。後から気づいたのですが、絵本作家って僕が大人になるまでの間に好きだったものが全部入った職業なんですね。生き物に、絵に、物語に…。この出来事がきっかけで将来の方向性が定まったんです。

他にもいくらか理由はあるんですが、でも彼女とは結婚を前提に付き合っていたこともあり、この先食っていけるかも分からん僕は、その場でフラれてしまいました(笑)。

帰りの電車で考えたのが「これで絵本作家になれなかったら、フラれただけで人生の収支がただのマイナスで終わってしまう」と背水の陣を決意。

むしろ失うものがなくなったのも後押しになり、適度に貯金を貯めた後、勤めていた会社を1年4カ月で退職しました。

ー退職後はどのように生活を成り立たせていたのでしょうか?

かわさきさん
貯金と単発のバイトでやりくりしながら、公募展に出展したり、オリジナルの絵葉書や缶バッジを作成し、自分の作品を販売できるイベントに出展しました。

最初に出した名古屋のイベントは「全部売れたら3~40万円くらいの売り上げになる!」と皮算用をしてみたものの、蓋を開けてみると、売り上げはその10分の1にも満たない額。

おまけに東京から名古屋まで郵送よりもレンタカーの方が安いやん!と思ってドライブしたら、ガソリン代と高速代を計算に入れておらず経費が膨らみ大赤字。

そのあたりを整理してやり方を変えてようやく黒字になり始めたのがその半年後。でもぼくの人件費を含めればまだまだ赤字でした。

それでも退職から1年で貯金が尽きかけ、ええいままよ、とペットの似顔絵のお仕事をはじめました。

募集に使ったメインはTwitter。普通は犬猫などの愛玩動物向けに描かれている方が多い中で、「犬猫からカブトムシまで」というキャッチコピーのもと、魚でも爬虫類でもなんでも描きますよ! と格安で似顔絵を描く仕事を始めてみたところ、予想以上に引き合いがあり、家賃分くらいの収入をいただくことができました。

そして、退職して1年が経とうとしていた頃、出展していたイベントで絵本『うみがめぐり』の同人誌版を手に取ってくれた出版社の方が「うちで出版しませんか?」と後日連絡をくれたんです。

これは最高に嬉しかったですよ。ついにチャンスが来たと。

でも、だからこそ中途半端なものは出せないと思って、出版社の方に「少しだけ描き直させてください」とお願いしました。それが最初はほんの1~2ページだけのつもりだったのですが、どんどん気になるところが出てきてしまって、結局全部書き直してから出版しました(笑)。

出版以降、絵本を通したクチコミやTwitterのおかげで挿絵や講演の仕事などの依頼もいただくようになりましたね。


絵本『うみがめぐり』今夏重版決定。中国語版も出版予定。
Amazonページはこちら

漫才や演劇への回り道が強みに。フリーランスを強くするのは「スキルの掛け算」

ーかわさきさんはなぜ生き物の絵を描くことにこだわるのでしょうか?

かわさきさん
絵本作家になると決めてから、自然と描き始めたのが生き物の絵だったんです。「そういえば自分は生き物が好きだった」と、自分なりに遠ざけていた気持ちを思い出したんです。

…ただあとで友人に聞くと「アレで封じ込めてたつもり!?」という程度の封印でしかなかったそうですが(笑)。

久しぶりに図鑑などの書籍を買いあさって夢中で読むうちに、生物多様性を守ることの大切さや、人間の生活とのつながりをこどもの頃よりもより体系立てて学びました。

同時にますます進む環境破壊のヤバさも、より詳細な根拠をもって知るわけで…、これはなんとかしないと人間だって困るじゃないかと気づくわけです。

さらに困るのがなんとかしようと活動しているのに、知識がまるでなくてやってることが逆効果。

有名どころの大きなNPOでさえそんな状況であったりするので、より正しい知識を広めることの重要性を感じています。

生き物の現状を伝えたくても、生物多様性の話は複雑で、言葉で正確に話すと最短20分はかかってしまいます。いまさらこんな話を知ろう、聞こうって大人も少ないですしね。

だからそのへんの難しい情報を噛み砕いた絵本でこどもに伝えることで、未来の大人たる今のこどもや、親世代の若者に正しい環境教養を身に着けてもらえればと思っています。絵は伝えるための手段でしかないんですよ。大切なのは知識なんです。

2年くらい前からイベントで販売するグッズにも、絵だけでなく文章で情報をかきこむことで、何かしらの自然のおもしろさを学べるようにしています。それを始めてからようやく、イベントでも食っていけるという感じになりました。


今夏イベントで配布したフリーペーパー「よろいのごくい」独自の切り口で生き物の防御の多様性をまとめた。

ー絵本を通じて環境問題を伝えたいと考えたのですね。作品を作る際はどのようなことを心がけていますか?

かわさきさん
こどもに生き物を好きになってもらうことです。

そのために僕は、生き物の魅力を受信しようと必死に観察します。すべての生き物には必ず面白いところがありますから。そして描くときには「この生き物の魅力を伝えるにはどう翻訳したら良いだろう?」と試行錯誤します。そうすると筆先に気持ちが現れるのか、いい顔になったりするんですね。

生き物を好きになると、自然とその生き物について学びたくなると思います。「楽しんで終わり」の絵本ではなく、こどもの自発的なアクションにつながる絵本にしたい。『うみがめぐり』の巻末に、生き物の詳しい情報や参考文献が記載されているのはそういう理由です。絵本で終わるのもいいけど、読んだ何人かは他の本を手にとったり実際に水族館や海にいって生き物を探したくなるような、そんな願いを込めて描いています。


絵本『うみがめぐり』より

ーお話を聞いていると、かわさきさんは絵本作家になるべくしてなったように感じますが、熱い想いをずっと胸の奥にしまいこんでいたのですね。

かわさきさん
そうですね…。でも、確かに回り道はしましたが、1つとして無駄なものはありませんでした。その時々に学んだ考え方や視点が、今の僕の糧になっているからです。

独立してから気づいたのですが、フリーランスとしてやっていく上で大事なことの1つは、複数のスキルを掛け合わせることなのかもしれません。絵の上手い人は世の中にたくさんいますが、絵が描けて動物に詳しくて、さらに物語も作れる人となると、同じ土俵に立つ人の数はグッと少なくなります。さらに市場も絞れて戦略が立てやすくなります。

僕の場合は、漫才や演劇で物語を作る経験をしていたことが、絵本作家の仕事に役に立っているように思います。回り道をしたおかげで、自分だけのスキルの組み合わせというのが生まれたのかもしれません。


真鍋真著『恐竜博士のめまぐるしくも愉快な日常』より

「将来はどんな大人になりたかった?」今の自分を、こどもの頃の目線で見つめてみる

ー今後の目標について教えてください。

かわさきさん
今は哺乳類や魚類、恐竜などのいかにも動物らしい生き物を中心に描いていますが、これからは植物や細菌などの微生物ももっと描いていきたい。僕らは植物の生み出した酸素をもらい、食べた植物を分解するにも腸内細菌に助けてもらってますよね。さらにぼくらがはいた二酸化炭素は酸素を作る光合成の材料だったり、こういうのが複雑な網目を描いてみんなつながって生きているんです。

そんな過去から現在へ続くあまねく生態系すべてのつながりを知った上で絵を描き、物語を考えれば、今の僕では想像すらできないさらなる生物多様性の面白さを伝えることができるんじゃないかと夢想しています。知れば知るほど知らないことも増えていく。その知らないことの面白さも伝えたい。やりたい事がおおすぎて常に頭の中で渋滞しています。

そのためには、生き物や環境に関する膨大な、かつ正しい知識を身につけなくてはなりません。それらを発見した学者さんたちに敬意を表しつつ、一般社会に翻訳・浸透させる助けができればとも思っています。


まれにTwitterに投稿される幼少期の実録マンガ。虫博士の前はインパラに憧れた。

ー最後に、読者にメッセージをお願いします!

かわさきさん
何か迷った時、僕が教えを請う師はこどもの頃の自分です。

僕は「将来どんな大人になりたいか」それと「どんな大人にはなりたくないか」を強く意識するこどもでした。今もそのときの自分が心の中にいるので「こんな自分、こどもの頃の自分がみたら泣くかな」と思うことはしないようにしています。彼と僕なりの「カッコいいおれ!」になりたい。そのためのいまの仕事でもあるんです。

僕はさまざまな偶然が重なって今の職業にたどり着きましたが、道に迷ったときは「昔はどんな大人になりたかっただろう?」と、思い出してみるのもひとつの手です。迷子になった本当の自分を見つけてくれるのは、かつての自分なのかもしれません。

<お知らせ>


■かわさきしゅんいちさん初の個展「やせいのおしごと」
期間:2019/8/10~8/18まで
場所:カフェギャラリーきのね(大阪府大阪市北区中崎3丁目2-14)
URL:https://twitter.com//status/1150722301953843200
nupotsu104


■企画展「おもにサメ展」
期間:2019/10/12~10/14まで
場所:STUDIOSOIL(東京都中央区日本橋横山町10-5)
URL:https://twitter.com/mainly_sharks


■かわさきしゅんいちさんがイラストの表紙、挿絵、マンガを手がけた真鍋 真先生の著書『恐竜博士のめまぐるしくも愉快な日常』がブックマン社より発売中です。
URL:https://www.amazon.co.jp/%E6%81%90%E7%AB%9C%E5%8D%9A%E5%A3%AB%E3%81%AE%E3%82%81%E3%81%BE%E3%81%90%E3%82%8B%E3%81%97%E3%81%8F%E3%82%82%E6%84%89%E5%BF%AB%E3%81%AA%E6%97%A5%E5%B8%B8-%E7%9C%9F%E9%8D%8B-%E7%9C%9F/dp/4893089188

PICKUP!

この記事に興味のある人が見ている独立開業プラン

この記事が気に入ったらいいね!しよう。

最新記事をお届けします

あわせて読みたい関連記事

おすすめの最新記事

NPO法人 ジービーパートナーズ/東京都港区
代表理事

松井 昭さん(69歳)

1948年、東京都生まれ。新卒入社した出版社では主にシステム開発に携わり、38年間勤務。定年退職後は、もともと関心の強かった社会貢献や地域活動に参加。その過程で出会った仲間とともに、2012年、任意団体・ジービーパートナーズ(13年にNPO法人化)を立ち上げる。「NPOや市民活動団体などの運営サポート」と「シニアが活躍する場の創出」を両輪に活動する。法人設立後の5年間でサポート先は20団体を超え、抱える人員は約60名となった。 (さらに…)

2019年8月16日

今の仕事を続けるか、それとも新しいことにチャレンジするか。

キャリアの分岐点に立ったときに取り組む自己分析。つい今の自分に「やれること」「やれないこと」という軸で考えてしまいがちです。

しかし、こどものときに無邪気に夢中になっていたことを思い出してみると、そこに自分の適性や、やりたいことのヒントが隠れているかもしれません。

生き物の描写を通じて自然の摂理を描いた絵本『うみがめぐり』の著者、かわさきしゅんいちさんは、法学部卒業後に商社での勤務を経て、絵本作家に転身したという珍しいキャリアの持ち主。
(さらに…)

2019年8月15日

Line
Line
Line

月間アクセスランキング

カテゴリー

注目のキーワード

アントレ

独立、開業、起業をご検討のみなさまへ
アントレは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。

会員登録はコチラ

アントレ公式ページ