カテゴリー

税理士ドットコム

スタートアップで働く方法とメリット、ベンチャーとの違いを解説

スタートアップで働く方法とメリット、ベンチャーとの違いを解説

「自己成長できそう」「やりがいがありそう」などの理由から、スタートアップで働いてみたいと考えている人は多いでしょう。少人数体制であることの多いスタートアップには、一人ひとりの裁量が大きく、より幅広い業務を経験できるという特長があります。いずれは自分で事業を起こすために、スタートアップで経験を積みたいという人もいるのではないでしょうか。本記事では、スタートアップで働く方法とメリット、混同しがちなベンチャー企業との違いについて解説します。

スタートアップとは?

スタートアップとは、今までにないビジネスを立ち上げること、比較的短期間での事業成長を目指す起業や事業を指す言葉・概念です。

今まで誰も気付かなかったニーズを探し、全く新しい市場を開拓するのが、スタートアップです。

スタートアップという概念は、元々、アメリカのシリコンバレーで生まれました。シリコンバレーで生まれた概念のためか、「スタートアップ=IT業界」というイメージを持つ人も多いでしょう。しかし、新しいアイデアや革新的なサービスでの市場開拓を目指す企業や事業は、業界にかかわらずスタートアップと言えます。

スタートアップ・ベンチャー・スモールビジネス、それぞれの違い

実は、スタートアップに明確な定義はありません。ベンチャー企業やスモールビジネスとの使い分けに、頭を悩ませたことのある人も多いでしょう。

スモールビジネスは、少人数の企業を指します。ベンチャー企業やスタートアップよりも小規模な企業を指し、社長1人の企業も多いです。例えば、個人事業主が法人化した場合は、スモールビジネスが当てはまります。

ベンチャー企業は、設立したばかりの企業を指します。スタートアップと同じく、今までにないビジネスを立ち上げようとしている企業を、ベンチャー企業と呼ぶことが多いです。

スタートアップとベンチャー企業の境目は、特に曖昧です。それではスタートアップとベンチャー企業の使い分けについて、みていきましょう。

新規立ち上げの「企業」か「事業」でわける

ベンチャー企業とは、名前の通り「企業」そのものを指す言葉です。一方、スタートアップは企業だけでなく、事業に対して使われることもよくあります。

例えば、大企業が新しいビジネスを立ち上げようと、新たな事業部を発足したとしましょう。新しい事業部が、革新的なサービスの開発や新たな市場開拓を目指していた場合、スタートアップと呼べます。

事業成長のスピード感でわける

スタートアップの特徴の1つに、「比較的短期間での事業成長を目指す」というものがあります。スタートアップは、ベンチャー企業よりも早いスピードでの、事業成長を目指していると言えます。

ベンチャー企業と比べて、スピード感を重視するのがスタートアップです。より早い事業成長を目指すスタートアップには、即戦力を積極的に採用したり、決裁スピードを早めたりといった特徴もあります。

スタートアップにはイノベーションがある

スタートアップ最大の特徴は、イノベーションがある、という点です。

イノベーション(innovation)は直訳すると、革新という意味です。ビジネスの世界では、「今までにない技術やサービスを生み出し、社会に新しい価値を提供する」という意味で使われます。

例えば、今では誰もが持っているスマートフォンも、イノベーションの1つと言えます。

スマートフォンが登場するまで、音楽は音楽プレイヤーで、ニュースは新聞で読むというのは当たり前のことでした。しかし、今やスマートフォンが1台あれば、音楽を聴くこともニュースを読むこともできます。

スマートフォンのような、人々の生活を180度変える技術やサービス・製品の開発(=イノベーション)を目指すのが、スタートアップです。

スタートアップで働くメリット

スタートアップで働くメリットは、自己成長の機会が多い点にあります。下記のような理由から、スタートアップには成長の機会が多いと言われています。

【スタートアップで成長できる理由】
・業務や意思決定が早い
・自分の意見が採用されやすい
・通気一貫で業務に取り組める

それぞれの項目について、説明します。

スタートアップは業務や意思決定が早い

短期間での事業成長を目指すスタートアップでは、業務や意思決定のスピードも早いです。大企業では、稟議や決裁に時間がかかるような決定事項も、スタートアップなら比較的早く決まります。

意思決定のスピードが早いということは、同じ期間でもより多くのことを経験できるということです。さまざまな業務を経験し、成長したいという人に、スタートアップほど適した環境はないでしょう。

自分の意見が採用されやすい

短期間での事業成長を目指すスタートアップは、少人数体制であることがほとんどです。また、一人ひとりの裁量が大きいのも、スタートアップの特徴です。

例えば、100人のチームと10人のチームでアイデアを出した場合、アイデアが採用されやすいのはどちらのチームでしょうか。

当然、人数が少ない分、一人ひとりの裁量も大きくなります。

スタートアップは、判断力と責任感が身に付きやすい環境と言えます。

通気一貫で業務に取り組める

少人数体制のスタートアップでは、一人ひとりが担当する業務範囲は、幅広いものになります。

既に体制ができあがっている企業では、ほとんどの業務が分業されています。ほとんどの大企業では、営業担当が獲得した新規顧客に対して、アフターフォローを行うのはサポート担当です。1人の顧客を、最初から最後まで担当できるようなことは、ほとんどありません。

少人数体制のスタートアップなら、新規契約からアフターフォローまで、全て1人で行うことがほとんどでしょう。

一人ひとりの業務範囲が広いので、業務全体の流れを把握・経験できます。

スタートアップで働くには?

スタートアップで働きたい場合、イベントやインターン、SNSを活用した積極的なアプローチが効果的です。

少人数体制のスタートアップでは、イベントやインターンに参加したとき、チームの中心人物に接触できる可能性が高いです。大企業のイベントやインターンよりも、自分の存在感をアピールしやすいと言えます。

また、SNSを活用したアプローチも有効です。

少人数でイノベーションを目指すスタートアップでは、スキルや経歴はもちろん、ビジョンへの共感も重視されます。また、チームの代表者がビジネス用のSNSアカウントを持ち、ビジョンの発信や人材募集に活用している場合も多いです。SNS経由でスタートアップ企業の代表にアプローチし、採用に至ったというケースは、決して珍しくありません。

スタートアップで働きたいときは、働きたい企業やチームのビジョンをよく理解し、積極的かつ戦略的にアプローチしましょう。

スタートアップで働く魅力は、やりがいと自己成長にあり!

スタートアップで働く魅力は、やりがいと自己成長にあります。

少人数体制で、一人ひとりの業務範囲の広いスタートアップで働いていると、大変だと感じることも多いでしょう。裁量が大きい分、課せられる責任も大きくなります。

しかし、スタートアップでは、大企業や歴史の長い企業ではできない経験ができるでしょう。大変な分だけ、得られるものも多いのです。

スピーディに成長したい人や、いずれ自分で事業を起こしたい人は、スタートアップで働くことに挑戦してみてはいかがでしょうか。

起業を見据えてスタートアップで働きたいという人には、下記の記事もぜひお読みください。

起業までにやっておきたい2つのこと

https://entrenet.jp/magazine/7491/

PROFILE

赤塚 元基

新潟県新潟市在住のフリーライター。
SaaSなどのIT系、投資やベンチャー企業の動向、オウンドメディアなどビジネス系を主に執筆。

PICKUP!

この記事に興味のある人が見ている独立開業プラン

この記事が気に入ったらいいね!しよう。

最新記事をお届けします

あわせて読みたい関連記事

おすすめの最新記事

アントレプレナーという言葉は、独立を目指している方であれば、一度は聞いたことがあるでしょう。アントレプレナーは起業家という意味ですが、それだけでは言い表せない要素を含んでいます。

0から1を作り出す起業家には、どのような能力が必要なのか?アントレプレナーという言葉に含まれる意味合いを説明し、どんな人がアントレプレナーに向いているのかを解説していきます。

これから事業を起こそうとしている方、自分の進路に迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください。アントレプレナーについて理解を深めることは、これからの指針になるでしょう。 (さらに…)

2020年10月23日

静岡市のビルの一角に店を構える『3(san)洋装店(さんようそうてん)』。やわらかい日差しが差し込む店内に足を踏み入れると、そこには大量のコートやシャツが陳列されています。ひとつひとつの服はどことなく温かみがあり、一着ワードローブに迎えてみたくなる佇まいです。

店主の三枝学さんに話を聞くと、これらの服は約100年前につくられたビンテージの服だといいます。主にヨーロッパから仕入れたもので、自ら修繕して販売しているそうです。
(さらに…)

2020年10月22日

税理士ドットコム
税理士ドットコム
Line

月間アクセスランキング

注目先輩レポート一覧

カテゴリー

注目のキーワード

アントレ

独立、開業、起業をご検討のみなさまへ
アントレは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。

会員登録はコチラ

アントレ公式ページ