カテゴリー

Line

お金よりも大切なものがある。20年間続けて見つけた、パラレルキャリアの価値【矢萩邦彦・前編】

パラレルキャリア。

古くは、かのドラッカーが提唱した考え方ですが、平均寿命も延びさらに加速する現代社会の生き方として近年話題となっているキーワードです。

今回お話を伺った矢萩邦彦さんは、そんなパラレルキャリアを20年以上も前から実践していました。矢萩さんは、塾での講師業、ジャーナリズム活動、音楽活動、まちづくりや企業研修などさまざまな領域で20年以上活躍されています。

矢萩さんは、さまざまな仕事を経験することよりも、一度関わった仕事を続けることがパラレルキャリアの価値を生むと考えています。そこには、20年という時間がもたらす説得力がありました。

プロフィール:矢萩邦彦さん
教育ジャーナリスト/知窓学舎塾長/株式会社スタディオアフタモード代表取締役CEO

教育・アート・ジャーナリズムの現場で活動し、1つの専門分野では得にくい視点と技術の越境統合を目指す日本初のアルスコンビネーター(松岡正剛より拝命)。

横浜に「受験指導×探究型学習」をコンセプトにした統合型学習塾『知窓学舎』を開校、プロデュース、講義の他、教育コンサルタントとして受験指南・講師研修・企業研修等も手がけている。

代表取締役を務める株式会社スタディオアフタモードでは、ジャーナリスト育成や大学との共同研究に従事、ロンドン・ソチパラリンピックには公式記者として派遣。

ネット媒体では、Yahoo!ニュースを中心にオーサーとして取材・撮影、記事・コメント等を執筆。主宰する教養の未来研究所では戦略PRコンサルタント・クリエイティブディレクターとして企業の未来戦略やブランディングを手がけている。

知窓学舎
http://chisou-gakusha.jp/

Yahoo!ニュース
https://news.yahoo.co.jp/byline/yahagikunihiko/

さまざまな分野・立場を行き来する「越境者」として歩んだ20年

IMG_6078_Fotor
―矢萩さんはずいぶん前からパラレルキャリアの道を歩んできたとお聞きしました。具体的にどんな仕事をされているのでしょうか?

IMG_6078_Fotor_Fotor
矢萩邦彦さん(以下、矢萩さん)
10代の頃から塾の講師業、ジャーナリズム活動、音楽活動をしているので、パラレルキャリアという道を選んでから、かれこれ20年ほどになります。

―そのうちのどれかが本業、というわけではないのでしょうか?

IMG_6078_Fotor_Fotor
矢萩さん
そうですね、どれかが本業になってしまわないようにバランスを取っていますね。活動の共通点を挙げるなら、人に何かを「伝える」ということが1つの根幹になっています。

会話であれ文章であれ、はたまた音楽であれ。人に伝えるためならあらゆる手段を使います。

―矢萩さんの活動をカテゴライズしようとするとなかなか難しいのですが、ひとことで言うと矢萩さんはどんな人なのでしょうか?

IMG_6078_Fotor_Fotor
矢萩さん
ひとことで言うと「職人的ジェネラリスト」ですね。

いろいろな立場でさまざまな現場に関わっています。多様な分野を「越境する」こと自体が価値になるように、知見やスキルを結合したり再編集したりしています。

また、越境するのは分野など横の関係だけではありません。

僕はプレイングマネージャーであることが大切だと思っているので、自分が現場で仕事をするプレーヤーでありながらマネージャーもやっている、すなわち縦の関係も越境するようにしています。そこが職業プロデューサーや編集者と大きく違うところです。

そうすることでさまざまな分野はもちろん、それぞれの立場を知っていることで、ヒト・モノ・コトを繋げやすくなるんです。

―お話を聞いていると、ますます矢萩さんが何者なのかよくわからなくなってきました(笑)。矢萩さんのように、多方面でプロとして活躍されている方って、あまり多くありませんよね。

IMG_6078_Fotor_Fotor
矢萩さん
そうですね。本業は1人1つといった、スペシャリストとしてのプロが一般的ですからね。

近代化の流れの中で分業による合理化が当たり前になり、そうした「プロフェッショナル=スペシャリスト」的な価値観が一般的になってしまいましたが、中には僕みたいにさまざまな現場や立場を知るジェネラリストもいたほうがいい。

ジェネラリストもプロフェッショナルに成り得るし、そういうスキルを持つ人もスペシャリストだという認識が広まって欲しいですね。

もちろん、どちらがいいとか悪いとかではなくて、偏りすぎるのはよくないと考えています。専門家には専門家の役割が、越境者には越境者の役割がありますので。

そうした多様性が認められる社会になればいいなと思っています。

お金のためだけに働くなら、パラレルキャリアなんていらない

IMG_6112_Fotor
―20年パラレルキャリアを実践する、越境者・矢萩さんから見て、パラレルキャリアのメリットとはなんでしょう。

IMG_6078_Fotor_Fotor
矢萩さん
パラレルキャリアのメリットはやっぱり自分がやりたいと思うことにチャレンジしやすいことですね。

自分が興味のあることがいくつかあったとして、そのどれかを選ぶのではなく、全部を選んでしまおうという考え方。それを自然にできるようになるのが、パラレルキャリアのいいところだと思うんです。

―自分の好きな生き方を選択できるから、好きなことを1つに絞る必要がないんですね。

IMG_6078_Fotor_Fotor
矢萩さん
はい。ですが今の社会の雰囲気というか圧力みたいなものがあって、なかなか複数のことを選択するという判断ができない人が多いように感じます。

例えば、僕はずっとロックバンドをやってきたのですが、メンバーが就職を理由にバンドをやめると言い出した時にまさにこの圧力を感じましたね。

「自分は音楽しかない、音楽が命だ」と言っていた割に、「就職するから音楽をやめます!」という感覚に強く違和感を覚えました。

命なんだったら就職しても音楽を続ければいいじゃないか、どうして両方取るという選択をしないのかなと疑問に思ったんです。

両方やっていくことの時間的・精神的・労力的なコストがかかるのはわかりますが、なんとかならないものではないはずです。音楽は、お金をかけずにやろうと思えばいくらでもやれるものですし。

1日5分、10分の練習時間でもいいし、ライブなんて1年に1回でもいい。とにかく音楽に関わり続けることならできるはずですよね。

―たしかにどちらか1つを選びなさい、みたいな雰囲気はありますね。

IMG_6078_Fotor_Fotor
矢萩さん
そうなんです。で、その理由は、みんな仕事や職業を「お金」ベースで考え過ぎているんじゃないか、と思ったんです。

音楽という仕事で食えないなら、他で食わなければいけない。だから音楽はやめる。つまり仕事や職業は、最初からお金を稼ぐためだけのものとして考えているんです。

今は稼げないけれど、未知のヒトやモノやコトに繋がっているかも知れないという感覚を持てていないんですね。財産はお金だけじゃないですから。

パラレルキャリアにも同じような問題点があります。お金のためだけにパラレルキャリアを選択するようじゃダメなんですよ。お金を稼ぐための仕事がしたいなら、パラレルキャリアではなく、仕事を1つに選んでその道でスペシャリストになったほうがいい。

だけど、やりたいことへのモチベーションがお金よりも上回るのであれば、パラレルキャリアを選択するべきだと思うんです。

たくさんの仕事を経験することよりも、たくさんの仕事を続けること。それがパラレルキャリアの価値につながる

IMG_6087_Fotor
―自分の好きなことへチャレンジしやすいというメリット以外では、どんなところにパラレルキャリアの利点があると思いますか?

IMG_6078_Fotor_Fotor
矢萩さん
さまざまな現場に行くことで得られる経験や知見を元に、越境してものごとを考えることができるので、他の仕事と他の仕事を結びつけたり、方法を転用し合ったりといった相互作用がありますね。

また、仕事や職業への参入障壁が低くなるので、出入りしやすくなります。おもしろそうだなと思ったら、とりあえず関わってみて、楽しくて続けられそうなら続ければいいし、ダメそうならやめるなり、他の関わり方を考えればいいんです。

1つの職業しかやっていないと、そういう判断は難しいかもしれませんね。仕事をやめるというのは、収入がなくなってしまうことはもちろん、社会的な居場所もなくなってしまいますから。

その点パラレルキャリアは、いろんなところに自分の居場所を作っておくことができるので、やってみて合わなかったらやめる、という判断がしやすくなります。

もっとも、パラレルキャリアは複数の仕事を「続ける」ことが一番大事なので、むやみやたらにやめるのはおすすめしません(笑)。

だからこそ「この仕事を続けよう!」と覚悟が決まるまでは、いろいろな仕事をしてみるのも大切です。現場に出なければ分からないことばかりですからね。

近年、新卒のサラリーマンを中心に「会社をやめたくてもやめられない」といった声をよく聞きますが、パラレルキャリア的な価値観を持てば、そういう悩みからも解放されるかもしれません。

―逆に、パラレルキャリアのデメリットみたいなものはありますか?

IMG_6078_Fotor_Fotor
矢萩さん
まだまだ日本においてパラレルキャリアは一般的ではないので、周りに認めてもらえるまでには時間がかかりますね。

普通の会社(スペシャリスト的職業)なら5年、10年でだんだん上司的な立場や管理職になっていって社会的信用を得るのが一般的ですが、パラレルキャリアだとそもそも特定の組織に属していないケースも多いですし、「結局、何をしている人なの?」と、疑問を持たれることも少なくないです。

でも逆にいえば、そうした周りからの目も気にせずに自分の信じた道を突き進めば、必ずその人なりの形で成功すると思いますし、何より時間をかけて築き上げてきたキャリアや人間関係はそう簡単には壊れないんです。

そういう意味では、パラレルキャリアこそ時間をかけて地道に作り上げていかなければいけないと思います。

もしパラレルキャリアとして駆け出しの人が、ぽっと出で有名になったとしたら多分辛い。なぜならその人はただ器用なだけで、キャリアと呼べるような時間を伴う経験がないから。

大切なのは、仕事をたくさん経験するのではなく、たくさんの仕事をやめないで続けること。それが、パラレルキャリアが本当の意味で評価される価値、ポイントだと思っています。

―ありがとうございました。後編では、「これからパラレルキャリアを具体的にどう動かしていくのか」、「パラレルキャリアに向く人・向かない人」、「パラレルキャリア初心者は何から始めるべきか」をお伺いします!

この記事が気に入ったらいいね!しよう。

最新記事をお届けします

おすすめの最新記事

準備をしてきたお店や事務所などを開業することは大きな喜びです。

開業により個人事業主になるときには、事業内容や開業場所を記載した「個人事業の開業届」(以下、開業届)を税務署に提出します。

開業届の提出の前に、提出期限や税金、事業税に関わる開業届との違いなどを確認しておきましょう。

開業届とは

新たに個人事業主として事業を開始したとき、納税地を所轄する税務署長に開業届を提出します。

提出する開業届の様式は、最寄りの税務署に行くともらえますし、国税庁のホームページからもダウンロード可能です。

開業届には、屋号や職業、事業の概要や所得の種類、開業日や従業員数、住所や氏名などを記入しましょう。

屋号とは個人事業の名称であり、会社でいえば社名です。開業届の詳しい書き方については国税庁のホームページなどが参考になります。

開業届を記入したら、税務署へ開業届を提出してください。

提出先の税務署の所在地は国税庁ホームページで確認できます。

開業届は直接持参でも郵送でも受け付けてもらえるので、自分の都合に合わせて提出しましょう。

開業した証明となるのが開業届なので、開業届を提出することで金融機関に融資を申請したり、国や地方公共団体に補助金や助成金などを申請できるようになります。

なお、開業届を提出したら、毎年の確定申告が必要となります。

開業届は新たに事業を開始したとき以外に、店舗を移転・増設したとき、事業を廃止したときにも提出することになります。

開業届の提出期限について

開業届は、事業の開始などの事実があった日から1カ月以内に税務署へ提出することになっています。

例えば4月1日に個人事業主となった方は4月末までが提出期限です。

開業時は忙しいので提出を忘れることもあるかもしれません。

その場合は、気づいたときに速やかに提出しましょう。

確定申告で青色申告を利用するときは、開業届を提出する際に、「青色申告承認申請書」の提出もあわせて行います。

「青色申告承認申請書」は、1月1日~15日までに事業を開始した場合はその年の3月15日までに、1月16日以降に事業を開始した場合は事業を開始した日から2カ月以内に提出しなければなりません。

「青色申告承認申請書」の提出により、新たに事業を開始した年から青色申告をすることができます。

開業届も「青色申告承認申請書」のいずれも期限までの提出が必要です。詳しくは最寄りの税務署で確認しましょう。

都道府県に提出する個人事業税に関わる開業届もある

個人事業を始める際には、開業届と「青色申告承認申請書」を税務署に提出することに加え、都道府県にも開業届を提出する必要があります。

例えば東京都で開業した場合には都税事務所に提出となります。

個人事業での所得税と消費税は国に納め、個人事業税は都道府県に納めるからです。

なお、個人事業税を納める必要があるのは、法律で定められた3種の事業、70の業種に該当する場合です。

ほとんどの事業がこの70業種のいずれかに当てはまり、個人事業税の課税対象となります。

個人事業税に関わる開業届の提出を忘れてしまうと、ある日突然、納税するよう督促が来て驚くとともに、納税資金の準備ができておらず慌てることになるかもしれないので忘れないようにしましょう。

業種によって税率が異なる個人事業税

個人事業税は、個人が行う事業のうち、法律で定められた3種の事業、70種類の業種に対して課せられる税金であり、事業や業種により税率が異なるのが特徴です。

第1種事業は、飲食店業・保険業・物品運搬業などの37業種があり、税率は5%です。

第2種事業は 薪炭製造業・水産業・畜産業の3業種で税率は4%です。

第3種事業は士業・美容業・コンサルタント業など30業種で税率は5%です。

なお、第3種事業のうち、あんま・マッサージ・指圧・はり・きゅう・柔道整復とその他の医業に類する事業は税率が3%となっています。

開業した事業が70業種のどれにあたるかは、開業届の記載内容ではなく実際の事業内容で判断されます。

音楽家など芸術系の職種や動画制作による広告業などの比較的新しい職種は、分類が追いつかないなどの理由で個人事業税の対象外であることもあるので、開業した事業が課税対象かどうかは都道府県へ確認しておきましょう。

なお、個人事業税には、一律年間290万円の事業主控除があるため、1年間の事業所得の金額が290万円以下の場合には個人事業税を納める必要はありません。

まとめ

開業届を提出することで事業者として認めてもらえることになります。

また、青色申告ができるなど税制面での優遇も受けられますので、開業したときは開業届を提出しておきましょう。

なお、開業届提出者の現在の職業は問われないため、会社員でも専業主婦でも提出することができます。

副業として開業届を提出する際には、会社の就業規則などで副業が許可されているかも確認しておきましょう。

PROFILE

ファイナンシャルプランナー 杉浦 詔子

働く人たちの夢をかたちにする」会社員とそのご家族などへのキャリアプラン(生活)とライフプラン(家計)の相談と講義、執筆を行っている。また、女性のキャリアと家族や恋愛などコミュニケーションに関する相談、FPなど資格取得支援にも力を入れている。

2018年5月25日

フランチャイズ事業での独立を成功させるには、正しい方法で道筋を描き、その計画からずれないように進行をすることが大切です。

今回の記事では、フランチャイズ事業の始め方と流れについて説明します。

フランチャイズ事業の始め方 その1:参入する業界を決める

フランチャイズ事業を成功させるためには、まず自分に一番合った業界・業種を選ぶことが重要です。

自分に一番合った業界を決める上で大切なことは、できるだけ多くの側面から決めることです。

「好き! 」「興味がある! 」ということもとても大切ですが、長期継続するための十分な理由ではありません。

では、どのような選択基準で考えれば良いのでしょうか。1つの例として下記のような基準を参考にしましょう。

基準1:熱意と共感

ビジネスオーナーになることは、特に初期段階においては、そのビジネスに対して高い熱意と共感を持っていることが大切です。

「儲かるらしいから」といった理由でフランチャイズ事業を始めることも悪いことではありませんが、自分のやっているビジネスが好きになれない場合、毎日苦痛を味わうことになります。

自分の価値観に適した熱意と共感ができる分野でフランチャイズ事業を始めることができれば、より力を入れてビジネスを進めることができるでしょう。

基準2:働き方とライフスタイル

いくら情熱があるとしても、自分にとって望ましいライフスタイルから離れすぎているビジネスでは長期継続は困難です。

毎日朝から夕方までの仕事をしていた人が、いきなりBARなど夜に運営をするビジネスを初めても、自分のライフスタイルに合わない場合があります。

そのフランチャイズ事業で働いている自分をイメージし、毎日幸せでいられるか、苦痛ではないかについて考えましょう。

基準3:必要資金

事業を始めるからには長期間続けたいと思うでしょうが、調達できる資金によってフランチャイズ事業を始められる分野が限られてしまうことがあります。

よりビジネスを大きく、そして儲かるものにしたいのは人間の性ですが、まずはスモールビジネスから始めるなど、手の届くものだけに集中した方がより賢明な判断ができます。

基準4:市場規模と成長のポテンシャル

長期でビジネスを行う上で、ある程度の市場規模や成長の可能性を求めるべきです。

自分が好きなものをビジネスにすることも、モチベーション維持の観点から大切ですが、将来的に必要とされないビジネスを始めたとしても、結果につながりにくいケースが存在します。

フランチャイズ事業の始め方 その2:加入するフランチャイズチェーンを決める

参入する業界の次に決めなければいけないことは、どのフランチャイズチェーンに加盟するかということです。

成長のポテンシャルがある魅力的な市場であれば、複数の会社が競争しているはずです。

一方で、目新しい分野で、まだ誰もポテンシャルに気づいていないものを除き、激しい競争がなければ、むしろその業界は衰退する可能性があることも覚えておいた方が良いかもしれません。

競争の存在は、市場を魅力的に見せるだけのものではなく、業界の健全な成長や発展のためにも良い機会を与えてくれます。

ただし、すべての競争が良いとは限りません。

サービスレベルの向上や商品開発を重視しない単なる価格競争だと、すべてのプレイヤーが次々と潰れていきます。

そのような競争環境で一番損をするのが加盟店となるので、単なる価格競争はできるだけ避けるべきです。

では、自分が参入を検討している業界において、健全な競争環境の中で複数のフランチャイズチェーンが存在しているということを前提に、加盟するフランチャイズチェーンをどのような選択基準で考えれば良いのでしょうか。

1つの例として下記のような基準を参考にしていただければと思います。

基準1:業界のトップレベルであり、健全な財力があること

特に消費者をターゲットとしているビジネスにおいては、リーディングカンパニーであることはとても大事です。

自動車会社や消費財メーカーの例を見ますと、1~2%の市場シェア獲得のために大きな競争があり、それが会社の生き残りにつながっていることが分かります。

なぜなら、商品開発やほかの投資のための必要資源がそこから生まれるからです。

また、健全な財力がなければ会社が長生きできず、買収され消えてしまう可能性もあります。

投資家関連情報も読みながら会社の立ち位置について考えましょう。

基準2:高いブランド力を持つこと

フランチャイズ事業に加盟することで最も期待されていることの1つは高い知名度による顧客獲得です。

そのため、加盟を考えているフランチャイズチェーンに関して高いブランド力を求める必要があります。

基準3:加盟条件やプロセスが透明であり、加盟後の運営サポートが優れていること
大切な資金と時間を投資するのですから、加盟プロセスに関してできるだけ透明な開示を求めないといけません。

どのような手順を踏むのかが分かった上で最大限の準備をしておく必要があります。

フランチャイズチェーンの参加を検討する際に、事前説明会はちゃんと行われているのか?

資料に過不足はないのか?

質問に対して真摯に回答をしてくれているのか?

こういった部分で、加入後にどれくらいの運営サポートが期待できるのかを予測することができます。

基準4:フランチャイズオーナーの数が多いこと

フランチャイズ事業へ加盟後、どのような将来を描けるのかが分からない場合も多いと思います。

そのようなときには、フランチャイズオーナーの意見がとても参考になります。

できるだけ多くのオーナーに会い「自分もそうなりたいかどうか」を確認することが加盟のための参考となります。

また、ライバルともなるフランチャイズオーナーですが、そのライバルがどれくらい存在するのかも参考の1つになります。

フランチャイズオーナーが多いということは、それほど多くの人たちがそのフランチャイズ事業に加盟することに対してメリットを感じているということになります。

フランチャイズ事業の始め方 その3:契約を結ぶ

加盟するフランチャイズ事業を決めたら、いよいよ契約を結びます。

契約内容に関しては各フランチャイズ本部にて細かく異なります。

自分にどのような責任と義務が生じるかよく理解した上で契約を結びましょう。

また、分からないものはそのまま放置せずに、必ずフランチャイズ本部や第三者の専門家に確認しましょう。

フランチャイズ事業の始め方 その4:開業準備を行う

フランチャイズ事業を成功させるためには、まず自分の理想を追い過ぎるのではなく、完全にフランチャイズ本部の開業プロセスを遵守した開業準備が必要となります。

フランチャイズチェーンの指導どおりの準備を行い、あとで何か問題が起きたときに対処できるように、行った準備をすべて記録しておきましょう。

フランチャイズ事業の始め方 その5:オープン

新しいビジネスの開始は、未来の成功にも多大な影響を与えるものです。

オープニングイベント、SNSでの呼び込みなど、告知やプロモーション活動を惜しまずに行うことが事業を軌道に乗せていくためにも必要でしょう。

まとめ

フランチャイズ事業を始めるには、上記のような流れが存在します。

各フェーズおいて注意する点は多くあるため、それぞれにおいて自分が確認すべき事項・自分が行うべき事項を確認しつつ、フランチャイズ事業での独立の準備を進めましょう。

今回の記事で紹介した流れに沿って行動を起こせば、より健全で収益性のあるフランチャイズ事業を構築できる確率が上がるでしょう。

PROFILE

経営コンサルタント バシャラ セルダル

トルコ・イスタンブールのボアジチ大学にてエンジニアリングを専攻し、トルコホンダ工場の立ち上げに携わる。
その後、来日し国際大学にて MBA を取得。ゴールドマン・サックス、ほかの企業での勤務後、外資系転職コンサルタント・経営コンサルタントとして独立。
幅広いジャンルにてビジネス拡大のコンサルティングを行っている。

2018年5月24日

Line
Line
Line

月間アクセスランキング

カテゴリー

注目のキーワード

アントレnet

独立、開業、起業をご検討のみなさまへ
アントレnetは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。

会員登録はコチラ

アントレnet公式ページ