カテゴリー

税理士ドットコム

「ピカピカ」で明るい清掃を届けたい。入江慎也さんが全国展開に挑戦する理由

「ピカピカ」で明るい清掃を届けたい。入江慎也さんが全国展開に挑戦する理由

事業への想い。

「なぜ起業したいのか」「なぜ会社を大きくしたいのか」。

事業の目的や想いを明確化することは、今後事業を大きくしていけるかどうかの分かれ目になると言っても大袈裟ではありません。

今回お話を伺ったのは、カラテカの入江慎也さん。

2019年にお笑いの世界を離れ、清掃業を志した入江さんは、2020年8月に株式会社ピカピカを起業しました。

現在は、日々清掃業に勤しむ傍ら、これから同社で全国展開に挑戦される予定だそう。

今回は入江さんが起業した経緯から、全国展開へ挑戦する理由、そしてその先に今後達成したいビジョンについて伺いました。

<プロフィール>
入江慎也さん
株式会社ピカピカ代表取締役

1997年に高校の同級生だった矢部太郎とお笑いコンビ・カラテカを結成。23年にわたり、お笑い芸人として活躍。
2020年8月に株式会社ピカピカを起業し、同社の代表取締役を務める。

自身を含めた5名のスタッフとともに関東近郊を中心に清掃業を営むが、今回新しく全国展開することを決意。

清掃業は人を笑顔にする仕事。株式会社ピカピカ、起業のバックステージ

――2020年8月に株式会社ピカピカ(以下「ピカピカ」)を起業された入江さん。いつ頃から起業を視野に入れ始めていたのでしょうか?

入江さん
明確に起業しようと思い始めたのは、清掃の仕事を始めてから、5カ月くらい経った頃ですね。

でも最初は起業するなんて、実は全然考えていなかったんです。

僕は20年以上、芸人の仕事しかしてきませんでした。最初は本当に社会勉強のつもりで清掃のアルバイトを始めてみたんですが、いざ仕事をしてみると、意外にも清掃業が自分に向いていることが分かってきて。そこで初めて“独立・起業”という言葉が自分の中で生まれてきたんです。

その旨を当時働いていた会社の先輩や社長に相談させていただいたところ「いいんじゃない?」「入江さんならできるよ」と後押しをいただいて。それで2020年の7月に登記して、8月から事業をスタートさせました。

――なぜご自身が清掃業に向いていると思われたのでしょう?

入江さん
清掃の仕事を苦に感じなかったんですよね。

清掃は1年間続けたのですが、朝起きて「今日、仕事に行きたくないな」と思ったことが一度もなかったんです。

それと僕はやっぱり人とコミュニケーションを取るのが好きなんですよね。仕事を通じて「綺麗になった!」とお客さまに喜んでいただけるのが嬉しいですし、楽しい。

人を笑顔にする仕事、という意味では芸人の仕事に似ているのかもしれません。

人が成長する姿を見守りたい。ピカピカがセカンドキャリアを応援する理由

――起業をされて4カ月が経ちますが、いかがですか?

入江さん
起業当初は1人で始めたのですが、現在は新たに一緒に仕事をする、4名の仲間ができました。

ありがたいことにお問い合わせも数多くいただいており、毎日楽しく仕事をさせていただいております。

僕自身も清掃の仕事は修行時代に初めて経験して学んでいったのですが、今のスタッフのみんなも、清掃業界の出身者ではありません。

元々イベント会社にいた人、出版社にいた人、ホストだった人。かつて芸人だった僕と同じように、みんなセカンドキャリアとして今の仕事を選んでいる。

セカンドキャリアはとにかく実践あるのみです。考えていても始まらないし、未経験の分野に挑戦するなら、なおのこと頑張らないといけない。

ピカピカではハウスクリーニング未経験の方も積極的に採用・研修を行おうと思っています。
とにかく前を向いて目の前のことに一生懸命になること。この気持ちこそが一番大事なことだと思っていて。

僕もそうでした。未経験でハウスクリーニング会社の門を叩きましたが、社長はまったく嫌な顔することもなく向き合ってくれて、ハウスクリーニングのことを一から手取り足取り丁寧に教えてくださいました。

セカンドキャリアに進むのには色々な理由があると思いますが、目標を持って頑張ることは人を強くすると思います。ピカピカに来てくれた未経験のスタッフが1つずつできることが増える度に僕自身も感動を覚えてました。

そうすると、日に日に、目付きも違ってくるんですよ。見違えるようにイキイキしてきますし、自信を持って仕事ができるようになるんです。

もちろん初心者でうまくできないこともありますが、経験を積んでいくとだんだんと上手になっていく。スタッフの成長過程を1番近くで見守らせていただきつつ、僕自身も一緒に成長させていただいているという実感を、日々、噛みしめています。それが今の僕にとって一番の喜びであり、この仕事での最大のやりがいです。

ピカピカ“イズム”を大切にする「ピカピカ」を全国展開したい。清掃業界を少しでも盛り上げるために

――そして今回、「ピカピカ」では新たに全国展開を視野に入れられていると伺いました。なぜ全国展開しようと思ったのでしょう?

入江さん
理由は2つあります。

1つは、セカンドキャリアを歩もうとする人を支援したいからです。先ほどもお話しましたが、僕自身もスタッフもみんな、第2のキャリアとして清掃業と出合えました。

もし今のキャリアに悩んでいる人がいたら、新しい道を選んでも「この先にまだ夢がある」と思わせてあげたいんです。

もう1つは、清掃の見え方を変えたいから。

掃除って、世の中から絶対なくならない仕事だと思っています。

その割に、日々の暮らしの中で掃除が楽しいと思っている人は少ない印象を受けます。だからこそ、株式会社ピカピカで明るく楽しい清掃を多くの方にお届けしたいと思っています。身の回りがピカピカになっていったら絶対に気持ち良くなれますよ。心も明るくなって、良い1日のスタートが切れるとも思います。

とはいえ僕1人ではやれることに限界があります。

だから僕の大切にしているものをしっかりと伝えた上で「のれん分け」のような形で「ピカピカ」を全国各地に広げていきたいんです。

――明るい清掃ですか。素敵なことですね。

入江さん
清掃ももちろんですが、清掃会社としても明るい会社でありたいと思っています。

ここで言う“明るさ”というのは、常にハイテンションでいる、という意味ではありません。

なんと言いますか、例えば嫌なことや辛いことがあった時に切り替えられるポジティブさだったり、一緒に働く仲間や何よりお客さまを笑顔にするために、気遣いができることだったり。

これは、あくまで僕の場合の“明るさ”ですけど、例えば僕は後輩が誕生日を迎えたとして、誕生日プレゼントはもちろん、お祝いのLINEを長文で送ったり、手紙を渡したりするんです。

先日も、現在名古屋へ修行に行っているスタッフの1人へ、彼が東京を出発する前に手紙を書いて渡しました。そうしたらとても喜んでくれて。

――スタッフにもお客さまにも、明るくいてほしい。とても入江さんらしい発想ですね。

入江さん
あとは4人で移動する時に使う車の中でも、スタッフが明るくなれるよう努めています。

僕が芸能界にいた頃の話をしてみたり、高速道路に乗るほどの長い運転になるなら、クイズを出してみたり。

僕の“明るさ”がちょっとでも伝われば、その後の仕事や、また次の日の仕事も頑張れそうな気がするじゃないですか。

僕は、人に助けられてきたと思っているので、お返ししたいというか。自分でもできることをしたいと思っているんです。それが雰囲気を明るくすることであったり、笑顔を生むことだったり。

もちろんこれから「ピカピカ」のオーナーになっていただく方に「手紙を書いた方がいい」とか「誕生日プレゼントを渡した方がいい」と言いたいわけではありません。

ただ一緒に働いてくれるスタッフや、お客さまのことを大切に、気遣いを持って明るく接してほしいし、真摯に向き合ってあげてほしいなと。

その“明るさ”の連鎖が、ひいては会社全体の雰囲気につながります。僕は日本で1番“明るい”清掃会社を創りたいと、本気でそう思っているんです。

株式会社ピカピカの想いに賛同してくださる方と一緒に、日本中を「ピカピカ」にしていきたい

――入江さんの展開する「ピカピカ」の全国展開はどのような形になるのでしょうか?

入江さん
全国展開の構想もまだまだこれからなのできちんと詰めきれてはいませんが、誰彼構わずオーナーを募集する、ということはしないと思います。

お金儲けのためにというよりは「掃除っていいな」とか「清掃業を盛り上げたいな」といった志がある方がピカピカの求める人材像に合っているかと思います。

志や自分なりの夢があるか等、お会いしてお話をしっかり聞かせていただいて「この人なら」と思える方に、清掃に関するスキルやノウハウを伝えることはもちろん、一緒に“ピカピカ”を創っていければいいなと。

――最後に、今後の展望をお聞かせください。

入江さん
僕の夢は明るい清掃を少しでも多くの方にお届けすること。その夢を達成するには、僕1人の力では到底叶えられません。

そのスタート地点として今年、大阪と名古屋に支店を創る予定です。その大阪支店と名古屋支店を皮切りに、ピカピカを全国展開できたらと考えています。

清掃業は人から感謝される、とてもやりがいのある仕事です。志があり、その想いに賛同していただける方と、ぜひ一緒に仕事をしていきたいですね。

<会社HPと入江さんのSNSはこちらから!>
株式会社ピカピカ HP:https://pikapika.co.jp
入江慎也 Twitter:https://twitter.com/karatekairie
入江慎也 Instagram:https://www.instagram.com/oreirie0408/

取材・文・撮影=内藤 祐介

PICKUP!

この記事に興味のある人が見ている独立開業プラン

この記事が気に入ったらいいね!しよう。

最新記事をお届けします

あわせて読みたい関連記事

おすすめの最新記事

株式会社CCR/代表取締役社長

上江田 幸晴

事業内容

ネットショップビジネスを始めたのは2001年。店舗型小売業からの業態転換がきっかけでした。一般家庭にようやく個人向けパソコンが普及しはじめた時代です。
ECサイトは年々拡大しつづけ、ネットショップビジネスも注目を集めていました。時代の波に乗ろうと、店舗型小売業から舵をきり、ネットショップビジネスの世界へ。
そして開業から約20年。従業員約33名で、自社ショップのグループ年商10億円を突破しました。

 

家業を支えるために退職。地道な努力が功を奏し、小さな小売店は月売上5000万円を達成するまでに大きく成長。

(さらに…)

2021年3月5日

「独立」の意味を、正しく理解できているでしょうか。

独立に似た言葉に「開業」「起業」などがあります。それぞれの言葉が示す意味を理解することで、自分が目指す将来のビジョンがより明確になります。

今回は、独立の意味や似た言葉との違いについて理解を深めたうえで、独立前に考えたいことについて解説していきます。 (さらに…)

2021年3月4日

税理士ドットコム
税理士ドットコム
Line

【今年度】人気ランキング

総合ランキング

注目先輩レポート一覧

カテゴリー

注目のキーワード

アントレ

独立、開業、起業をご検討のみなさまへ
アントレは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。

会員登録はコチラ

アントレ公式ページ