CATEGORYカテゴリー

懐かしさじゃない、「面白い」んです:VOL.242

生ボイス
PROFILE

関 純治さん(46歳)

ハッピーミール(株)/東京都世田谷区
ゲーム制作会社を経て起業。「ファミコン」時代の名作IPを活用したゲームを数多く手がける。2019年1月にはコマンド式アドベンチャー「伊勢志摩ミステリー案内 偽りの黒真珠」をNintendo Switch向けに配信開始。続編も予定されている。

VOL.242あえて「ファミコン風」のテレビゲームの企画・開発

こどもの頃は誕生日とクリスマスのたびに「ファミコン」ソフトを買ってもらいました。当時流行っていた「ミニ四駆」も「ビックリマンチョコ」も買わずに、ファミコンだけ。ハードもソフトも次々新しいものが登場するわけですが、だいたい全部押さえていたと思います。高校生になると、友達の部屋を麻雀部屋兼ゲーム部屋にして、毎日通い詰めていました。勝手に鍵を開けて(笑)。

いつか自分の考えたゲームを自分主導で作ることが目標でした。ゲーム制作会社で、最新ハードの大作ゲームを作っていたこともあります。でも正直「テトリス」みたいにアイデア1つでできているような、小さいゲームのほうが好きなんです。それに大勢の名前が流れるスタッフロールに自分の名前があっても全然うれしくない。「自分で作る」ことが目標でしたから。

「ファミコン風」ゲームを手がけるようになったきっかけは、iモードです。モバイルは、小さいゲームを数多くリリースするには最高の環境。ファミコン時代のゲームのように少人数で開発できて、自分の考えを直に投影することができます。

でも本当は、モバイルじゃなく家庭用ゲーム機が自分の居場所だと思っています。去年、Nintendo Switch向けに「伊勢志摩ミステリー案内 偽りの黒真珠」をリリースしました。反響、予想を超えてすごく良かったです。懐かしのファミコン風アドベンチャーゲームを思い出させるからと。でも僕は「懐かしさ」には興味がない。自分が面白い、新しいと思うものを表現できる形だからファミコン風にしているだけ。自分が好きなゲーム、自分が遊びたいゲームを作っているだけともいえますね(笑)。

ゲーム開発者になるために努力したことは?

遊んだソフトの良い点、悪い点を書きためてました。「好きなだけじゃない、作りたいんだ」という気持ちを伝えたくて。ゲーム制作会社に就職できたのはそのおかげ。

 

構成・文/東 雄介
撮影/刑部友康、片桐 圭、阪巻正志、宮田昌彦
アントレ2019.夏号
「猫、縄跳び、ハバネロ…それぞれの稼ぎ方 『好き』はカネなり」より

会員数37万人突破!
無料会員登録で6つの特典

働き方30秒診断
✓動画コンテンツ見放題
✓融資制度の紹介サービス
役立つ起業ガイドブックプレゼント
相談員による1対1相談会
支援ツールを特別価格で提供

独立・起業を考えていなくても、働き方診断をしてみたいでも登録OK

\LINEアカウントでもOK/
メールアドレスで無料登録
PROFILE
アントレスタイルマガジン編集部

「アントレ」は、独立・開業を目指す個人向けに、成功者インタビューやノウハウ記事などを発信するWebメディアです。1997年 独立・開業情報誌「アントレ」創刊以降、独立・開業を夢見る人々に必要な情報を提供し続けています。

アントレスタイルマガジン編集部をフォローする
生ボイス
タイトルとURLをコピーしました