カテゴリー

人生は何度でもやり直せる。2度の脱サラを経て辿り着いた、バイオリン工作教室という道

新卒で通信会社に就職して安定した生活を手に入れながら、独立してバイオリン工作教室を立ち上げた「キットバイオリン教室」の中井里さん。

今回は、“安定”を断ち切ってまで好きなことを仕事に選んだその背景と、独立・起業をするうえで意識したポイントを伺いました。

会社員だった中井さんが、脱サラしてバイオリン製作に情熱を注いだワケ

IMG_5793_Fotor
―まず、バイオリン製作を仕事にするまでの経緯を教えてください。

IMG_5793_Fotor_Fotor
中井里さん(以下、中井さん)
大学生のときにたまたまバイオリンに触る機会があって、そこから少しずつバイオリンに興味を持ち始めたんです。クラシックのコンサートに行ったり、見よう見まねでバイオリンを弾いたりもしていました。

ただ、当時はまだ趣味の1つでしかなかったので、楽器業界ではなく、大手の通信会社に就職したんです。最初の3~4年間は仕事を覚えたりするのに必死でしたね。

ただ、何年か働いていく中でお客さまの顔が見えない上流工程の仕事に対して疑問を持ち始めて。「何のためにこの仕事をやっているのか?」「世の中のためになっているのか?」と、自分の仕事とやりがいにギャップを感じて葛藤するようになりました。

そのとき、好きだったバイオリンについてネットで検索していたら、楽器製作学校を偶然見つけました。

初めは遊び半分だったのですが見学に行ったら、同世代の人が一所懸命に勉強していて、アメリカ人の先生がいちから丁寧に教えていて、すごく雰囲気がよかったんですね。

その光景が忘れられず、自分の中でもバイオリン作りを仕事にしたいと思うようになりました。

―なるほど。実際に楽器製作を学んでいって、「楽器業界で食べていく!」と決意した決め手は何だったのでしょうか?

IMG_5793_Fotor_Fotor
中井
決め手は、自分自身の中でバイオリン製作に情熱を感じることができたからです。

今振り返れば、当時は死んだように生きていたなぁと思います(笑)。会社員という安定はありましたが、当時は仕事に対して燃えるものが何もなかったんですよね。

でも、バイオリン製作に対しては情熱が感じられた。

自分の作ったバイオリンを誰かに大切に弾いてもらう。こんなに誰かの役に立ってるなぁと感じることってそう多くないと思うんです。

そのとき実感したんですね。こっちのほうが自分の生き方に合ってるんじゃないか、と。

でも、だからといってすぐに決心できたわけではありません。

安定を捨てて独立することを決意するまでに2~3年ほど悩みました。最終的には自分の手でモノを作りたい。その思いが、安定した生活よりも上まわったということです。

バイオリン製作の厳しい現実と挫折―。それでも諦めきれなかったバイオリンへの想い

IMG_5802_Fotor
―次のステップに一歩踏み出すまでなかなか決心をつけられない人も中にはいると思いますが、実際に行動に移されたことは本当にすごいと思います。

とはいえ生活のことを考えるとかなり勇気がいりますよね。通信会社に勤めながら副業としてバイオリン作りをするという選択肢もあったかと思いますが、両立は考えなかったのでしょうか?

IMG_5793_Fotor_Fotor
中井
まったく考えてなかったですね。

バイオリン製作を始めたのが当時30歳を過ぎてからだったので、年齢的に遅かったというのもあります。さらに楽器製作というのは職人の仕事ですから、生半可な覚悟や時間の使い方では到底習得できません。

生活は厳しかったですが、楽器関係の仕事以外はアルバイトなども何もやりませんでした。

―失礼ですが、そうなると収入はどこから…?

IMG_5793_Fotor_Fotor
中井
実際、当時はマネタイズの方法だったり起業後の収入に関しては何も考えてなかったんですよ(笑)。だから始めたばかりのときはそれこそ収入がなかったですね。

学校の先生にも「楽器製作って儲かるんですか?」って習っていた頃に聞いてみたら、「バイオリンは高価なものだから、いい楽器を作って売れれば生活できるよ」と言われたので、ただただその言葉を信じてやっていたんです。

“なんとかなる”と、すごく安直な考えでしたね。

結局、楽器製作家として専業でやっていくのは非常に難しく、3年経ったときに「このままでは生活できない」と、ようやく気づいたんです(笑)。

そこで楽器製作の道は一旦諦めてまたサラリーマンに戻りました。

―え!?再就職したということですか?

IMG_5793_Fotor_Fotor
中井
はい。もうお金なくて死にそうだったので(笑)。その会社には4年間勤めました。

会社には申し訳なかったのですが、やっぱり私はバイオリン製作に携わりたくって。

ある程度区切りがついたときに辞めさせてもらって、現在に至ります。

―ワンクッション置いたということですね?

IMG_5793_Fotor_Fotor
中井
そういうことですね。こういうのは人によるとは思いますけれど、二度サラリーマンをさせてもらいましたが、どうしても自分には合わなかった。

バイオリン製作という生計がたてられるか未知数な中でも、やっぱり自分らしい生き方がしたいという思いが強かったんだと思います。

―そして今度はバイオリン製作の「職人」ではなく、バイオリンの工作を教える教室として独立されていますが、それはなぜでしょう?

IMG_5793_Fotor_Fotor
中井
プロの製作家として食べていくのは無理だと、最初に独立したときに痛感したんです。現在の日本で生計を立てるのは本当に難しい。

そこで2度目の独立では「自分ができることは何だろう?」と考えました。

自分ができること。それはバイオリン製作の技術や知識を活かして、誰でも気軽に楽しくバイオリンに触れられる場所なら作れる。

そう信じて工作教室を開きました。

何度でもやり直せる。自分の直感を信じて、起業してほしい。

IMG_5877_Fotor
―自分のできることで収益につなげるにはどうしたらいいか、という視点で考えたんですね。現在の生徒さんの集客はどれほどなのでしょうか?

IMG_5793_Fotor_Fotor
中井
そうですね。もちろん工作教室をメインにやっているのですが、収入が0になっては元も子もないので、IT開発の仕事も副業という形で継続してやっています。

そして本業のバイオリン工作教室では、集客の仕方をはじめ、全てがゼロからのスタートでした。

なので最初の頃は折り込み広告をポスティングしたり、駅前でチラシを配ったりと地道な活動を繰り返してきました。

その甲斐あって、起業して3年経ちますが、次回開催される教室で延べ300人ほど来てくださるくらいになりました。

今では、今回のように取材もしていただいたり、ラジオで紹介していただくこともあるので、そうした宣伝効果も大きいと感じています。

また教室に通ってくれた生徒さん方から「自分で作ったバイオリンで弾いてます!」という嬉しい声も届くので、やっていてよかったなと思いますね。

IMG_5851_Fotor

―着実に実績を積まれているんですね。今後の課題や挑戦したいことはありますか?

IMG_5793_Fotor_Fotor
中井
私の工作教室では、バイオリンを作ることがメインで、演奏はあまりタッチできていないんですね。

なので、「楽器製作+演奏」という一貫の流れで楽しんでいただくために、ほかの音楽教室や楽器屋さんと連携して、一貫したビジネス形態を作っていきたいですね。

また、楽器の工作教室はそう多くありません。たくさんのお子さんや大人の方に実際にバイオリンを触ってもらって、新しい気づきや興味を持ってもらいたい。

バイオリン工作教室がそんな1人ひとりの可能性を広げるような入り口になっていければと思っています。

―ありがとうございます。最後に、これから独立・起業を考えている方たちに向けてメッセージをお願いします。

IMG_5793_Fotor_Fotor
中井
私がそうだったように、「これが自分らしい道なんじゃないか」という直感があったら、それを信じてほしいなと思います。やはり、後悔だけはしてほしくないので。

それと、今とはまったく違う世界で起業するならば、その新しい業界の調査や事前準備はしっかりやっておいたほうがいいですね。

たとえば、その業界で働いている知り合いに「仕事の内容は?」「どうやって生計を立ててるの?」と聞いて、それを自分に置き換えたときに大丈夫かどうかシミュレーションしておけば、独立してからある程度余裕は持てると思います。

自分のやりたいことに正直に、人生は何度でもやり直せるので希望を持って独立を考えてみてください。

この記事が気に入ったらいいね!しよう。

最新記事をお届けします

おすすめの最新記事

消費税に関して勉強をしていると「課税売り上げ割合」という言葉が出てきます。どんな意味をもっている割合で、どこで使用をするのでしょうか?
消費税の計算に関する基本的な仕組みを確認しつつ、課税売り上げ割合の計算方法についても確認していきましょう。

消費税の基本的な仕組みと課税売り上げ割合

まず消費税について、全体像を理解する必要があります。 (さらに…)

2017年10月20日

ご自身の託児に対する理想像・考え方の合うフランチャイズに加盟し、2017年4月に託児所をオープンした菊地さん。とにかく、こどもと触れ合っていたいと思っていたものの、開業当初は集客に苦戦していました。運営を手伝ってくれる娘さんといっしょに、様々なSNSを利用した情報発信や近隣市役所などへの営業活動をするなど、色々な販促活動を行ってきましたが、今月はどんなチャレンジをしているのでしょうか。 (さらに…)

2017年10月20日

株式会社エス・ピー・アイ(あ・える倶楽部)/東京都渋谷区
代表取締役

篠塚恭一さん(55歳)

1961年、千葉県生まれ。大手旅行会社の添乗員を経て、旅行専門の人材派遣会社に勤務、“人づくり”を担ってきた。91年、「エス・ピー・アイ」設立。98年、高齢者とその旅を支える人々が集う場として「あ・える倶楽部」を立ち上げ、介護旅行サービスを本格化。2006年には、広くトラベルヘルパーを育成することを目的に「日本トラベルヘルパー協会」を設立し、多くのプロを輩出している。教育、医療研究機関との連携も進んでおり、その活動は大きな広がりを見せている。

全ての高齢者が持つ欲求や夢を、かなえられるようなインフラづくり。
それが、「真に豊かな社会」の幕開けとなる

━介護旅行を始めたのは?

高齢者が「温泉に行きたい」「思い出の地を訪れたい」と思っていても、その受け皿がなかったんですよ。事業を始めた20年ほど前は、70歳以上ともなれば、海外旅行をするのに健康診断書が必要な時代でしたし、杖はダメ、車椅子はダメと、どの旅行会社も高齢者や、いわんや要介護者向けの旅行サービスには消極的でした。

業界がシニア市場の拡大、生涯顧客の獲得を謳う一方で、そういった現実があり、ものすごく矛盾を感じたわけです。長く働いて、この国を守ってきた人たちが、たまたま介助が必要になったからといって、例えば、故郷の墓参りもできないなんて話はおかしいでしょう。「当たり前のことを当たり前にする」、私としては普通のことをやってきたつもりなんです。

━現在、利用者の平均年齢は80歳を超えているとか。

82歳で、要介護度の平均は3・5です。
この20年間、2年に1歳ずつ平均寿命が伸びてきたわけでしょう、顧客年齢層も上がってきました。長生きできる高齢者が増えたことは豊かな国になった証ではあるけれど、でも、その豊かさが幸せに結びついているのだろうか…ずっと考えてきました。

我々にできるのは、介護旅行を通じて、その方に生きる自信、幸福感のようなものを届けることだと。

実際、外出をあきらめていた方が、旅でも何でも、目標を見つけて出かけると、驚くほど変わります。表情の少ない寝たきりの人が笑ったり、意欲的に食事をするようになったり。外出や人との交流がQOL(人生の質)向上のきっかけになるのは確かで、そういう現場をたくさん見てきました。そして、それがトラベルヘルパーたちの大きなやりがいになっていることも、また確かです。

━ トラベルヘルパーの養成にも注力されています。

最初は、うちの職業訓練として始めたのですが、介護人材の教育事業として公開しようと、日本トラベルヘルパー協会を設立したんです。我々の活動に共感する介護士や医療従事者個人が、多く集まってくれたなか、最近では、行政、観光関係者などの参加も増えています。

あるいは、去年から出てきた介護保険外サービスの動きを受けて、新しいビジネスとして取り入れようと、法人単位で参加するケースとか。もとよりトラベルヘルパーの仕事は保険外サービスなので、制度の縛りがありません。従来の硬直的なサービス枠を超えて、介護人材が職能を高め、職域を広げていく機会につながれば、それはうれしい話です。

━ 今春、福祉の専門学校にもトラベルヘルパーの学科が新設され、動きが大きくなりそうですね。

これからは、保険外サービスという新しい医療や介護のかたちが当たり前になって、いい仕事をすれば、収入もちゃんと得られるような社会になるよと、ようやく若い人たちに言えるようになってきた。うちだけでなく、いろんなアクティビティが出てきて、業界は活性化されるでしょう。今、ターニングポイントを迎えていると思いますね。

でもまぁ、自由契約の世界で、いいサービスを提供すればお客さまが喜び、会社も社員も収益が上がるというのは、ごく当たり前の話で、「やっとここまで」というのが正直なところです。
本当の意味で動くのは、まだまだこれからですよ。全ての高齢者が持つ欲求や夢をかなえられるような、多様な生活感を持てるような、豊かな社会に向けてのインフラづくりを「できるまで」やっていこうと。「これぞ、究極の介護旅行」というのも企画したいし(笑)。

本来飽きっぽい私がここまで続いているのは、しんどくても、やっぱりこの仕事が面白いから。

2017年10月19日

月間アクセスランキング

注目のキーワード

カテゴリー

アントレnet

独立、開業、起業をご検討のみなさまへ
アントレnetは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。

会員登録はコチラ

アントレnet公式ページ