スタイルのある生き方へシフトしたいビジネスパーソンのためのニュース・コラムサイト。
検索
起業家・先輩から学ぶ

10年間事業を支援し続けたマーケティングコンサル・須田大輔に聞く、独立・起業の魅力

10年間事業を支援し続けたマーケティングコンサル・須田大輔に聞く、独立・起業の魅力

独立・起業に至る動機。

「今よりももっとお金を稼ぎたい」「家族との時間を増やしたい」「会社や時間、場所に縛られない働き方がしたい」……。人によってその動機は多種多様にあるでしょう。

今回お話を伺ったのは、マーケティングコンサルタントの須田大輔さん。

須田さんは有名企業3社で広告営業、マーケティング企画などに従事した後、2012年に起業。10年間、マーケティングコンサルタントとして個人法人大小問わずさまざまな事業の支援を行ってきました。

今回はそんな須田さんのキャリアについて伺うとともに、現在取り組んでいるブロックチェーン事業について、そして10年間事業を支援し続けてきて思うことを伺いました。

<プロフィール>
須田大輔さん
株式会社ダースー代表取締役
マーケティングコンサルタント

大学卒業後、株式会社日本経済広告社に新卒で入社。その後日本マイクロソフト株式会社、株式会社ミクシィを経て独立。
会社員時代には、広告営業、広告企画などの仕事を経験する。

2012年に株式会社ダースーを創業。大手企業からベンチャーまで、さまざまな事業規模の会社のマーケティングコンサルティング、新規事業の立ち上げをサポートする。

現在はコンサルティング業務と並行して、ブロックチェーンを扱った事業を構想中。

自分のやりたいことに、もっと自由度高く取り組みたい。須田さんが独立するまで

――まずは起業に至るまでの経緯について、簡単にお聞かせください。

須田さん
大学を卒業して株式会社日本経済広告社(以下、日本経済広告社)に入社して、その後は日本マイクロソフト株式会社(以下、日本マイクロソフト)、株式会社ミクシィ(以下、ミクシィ)の3社を経験して、起業しました。

――広告業界に入った理由を教えてください。

須田さん
本当はテレビの業界に入りたかったんです。僕は幼い頃からテレビが大好きだったので、大きな影響を受けてきました。

社会人になったら「人に影響を与えられる仕事」、すなわちテレビの業界に行きたいなと。ですが残念ながら就活でテレビの会社に落ちてしまって……(笑)。

それなら広告はどうだろうと思い、営業担当として日本経済広告社に入ったんです。

――以来、ずっと広告の仕事を?

須田さん
広告営業はもちろん、広告を作るための企画を担当したりなど、その時によって業務内容はさまざまでしたね。転職した会社ごとに、役割も変わっていったので。

でも1社目の日本経済広告社の頃から、自分で仕事を作ることが多かったですね。

――自分で仕事を作る、ですか?

須田さん
ええ。一言で言うと難しいんですが、今ある業務を正解だと思わないことでしょうか。

結果が出なければやり方を変えたっていいと思うんです。

例えば日本経済広告社では、新聞の広告枠を出版社に売る仕事をしていました。ですがWebに勢いが出てきた中、新聞の広告を売ることは簡単ではありません。

そこで出版社に営業をかけるのではなく、別の企業にオファーをして、その企業に出版物を作ってもらい、それと抱き合わせる形で広告を売ってみたりしたんです。

2社目の日本マイクロソフト株式会社時代には、ユニリーバ・ジャパン株式会社さんの男性用フレグランス「アックス フレグランス ボディスプレー」が日本に上陸する際、「モテ現象」と題してWebとリアルの掛け合わせで広告を展開したり。

ミクシィ時代は、今のソシャゲ(ソーシャルゲーム。スマートフォン向けのゲームアプリ)が生まれるタイミングで、「mixi Xmas」というアプリを担当していました。

――自分で仕事を作ることが得意な須田さんが、起業に至るというのも、非常に自然な流れだと思います。

須田さん
元々いつかは起業したいなと思っていたんですよ。

会社員時代に感じていたのは「自分が本当にやりたいと思うサービスや事業を、純度100%の形で作るのは難しい」ということでした。

もちろん会社だからこそできる規模感の事業もありますが、上長の承認をはじめ、さまざまな関門を乗り越えないといけません。

今までのキャリアや経験を活かしつつ、もっと自由度高く事業に挑戦できる環境を作っていきたいと思ったんです。

お金じゃない手段で、価値交換をする方法があったらいいのに。ブロックチェーン事業に注力する理由

――起業してからのお仕事についてお聞かせください。

須田さん
会社員時代の経験を活かして、主にマーケティングコンサルタントという形で、事業のサポートをしてきました。

大企業からベンチャー企業、個人事業主まで、多種多様な業界の事業主の皆さんとお仕事をさせていただいて。

その他、結婚式の管理サービスの立ち上げやベンチャー企業の創業のお手伝いをするために、半ば社員のようにコミットすることもありました。

現在は、コンサルティングの仕事は変わらず継続しつつ、ブロックチェーン(※)関連のサービスに注力しています。

※分散型台帳技術。「いつ」「誰が」「どんな情報」を台帳(データを記録する帳簿)に書き込んだのかを明らかにし、不正や改ざんを行われにくくする技術。

――2022年はWeb3(分散型インターネット)の時代の幕開けと言われていますが、やはりそうした時流によるものなのでしょうか?

須田さん
いえ、そういうわけでもないんです。

私事ですが、5年前に神奈川県の茅ヶ崎市に引っ越しをしました。それまではずっと都心に住んでいたのですが、茅ヶ崎に引っ越してから身の回りのいろいろなことが変わりました。

特に変化したのが近所の人との、お付き合いの距離感。

都内にいた頃はマンションの隣に住んでいる人の顔も名前も分からなかったのですが、こっちに引っ越してきてからは、お隣やご近所と一緒にお酒を飲んだり、バーベキューをしたりと、関係性が深くなっていったんですよね。

都内で仕事中心の生活を送っていた僕にとって、それはとても新鮮だったと言いますか……。ビジネスではなく「信頼関係」をベースにしたお付き合いが、茅ヶ崎にはあったんですよ。

――ビジネスではなく「信頼関係」によるお付き合い、ですか。

須田さん
はい。資本主義経済の社会に生きている以上、価値を決めたり、価値を交換するための手段ってどうしても「お金」になりがちなんですよね。

もちろん資本主義経済を完全に否定するつもりはないんですけど、「お金じゃない手段で、価値交換をする方法がもっとたくさんあったらいいのに」って思うんです。

最近、サッカーのクラブチーム「湘南ベルマーレ」もブロックチェーンの仕組みを導入しました。

クラブチームの運営には、大きな資金とたくさんの人手が必要です。湘南ベルマーレでは、クラブトークン(※)を販売し資金を集め、その返礼としてサポーター投票企画への参加やスペシャルイベントの開催などが企画されているそうです。


湘南ベルマーレHPより

須田さん
これはあくまで一例ですが、ブロックチェーンの技術や考え方を使えば、お金だけに留まらない価値交換が実現できるのではないかと。これから僕がやる事業としては、ブロックチェーンやWeb3に全ベットしていきたいですね。

※新しいファンサービスの応援ツール。ブロックチェーンにより発行・管理されて、ポイントのように数量を持ち、サポーターの売買によって価格が上下する。今後トークン所有者が増えると、トークンの価値が相対的に向上することもある。

独立・起業の良さは「誰の許可も必要もなく、夢を追いかけられること」。

――2012年の創業から10年。さまざまな事業を応援されてきた須田さんにとって、独立・起業の良さとは、一体なんだと思いますか。

須田さん
誰の許可も承認も必要なく、夢を追いかけられることだと思います。

例えば僕はこの10年間、世の中にない新しいサービスを作るために仕事をしてきました。

それを会社に入ってやろうとすると、どうしても仕事の幅に限界が出てきてしまうというか、いろんな事情から時には諦めなければならないこともあるでしょう。

でも独立・起業をすれば、自由度はぐんと上がります。

だから自分が叶えたいことや事業を通してやりたいことがはっきりしている人にとって、独立・起業はとてもいい方法だと思うんですよ。

もちろん「独立・起業だけが夢を叶える方法」というわけではないですが、事業を通して何かを実現したい人にとっては、シンプルですけど最高のやり方なんじゃないでしょうか。

――最後に、読者の方へメッセージをお願いいたします。

須田さん
根性論のような言い方になってしまって申し訳ないのですが……。

いろんな方の事業を見てきて、そして自分自身も10年起業をして思うことは、結局は「諦めなければどうにかなる」ということですね。

どれだけ机上でリスクを想定しても、行動に起こした時に「想定外」は発生するんです。この場合の「想定外」というのは、良いことも悪いこともどちらも起こり得ます。

仮に悪い方の「想定外」が起こったとしましょう。その時に事業者が諦めてしまうかどうかの分岐点となるのが、先ほどもお話した「夢」の存在だと思います。

事業を通して叶えたいことへの思いの強さが、想定外のピンチの時に、自分を奮い立たせてくれます。

そしてその「夢」を持った人は、仮に今、どうしても事業を続けることができなくなってしまったとしても、また違う形で自分のやりたいことを叶えるべく行動すると思います。

「独立・起業に興味がある、やってみたい」と思うなら、とりあえず小さくても良いので、何かスタートさせてみましょう。もしダメなら会社員に戻って、自分のペースでまた事業を始めれば良いんです。

「やらない後悔よりやった後悔」。このスタンスでいられる人が、独立・起業も上手くいくのではないでしょうか。

取材・文・写真=内藤 祐介

RELATION あわせて読みたい関連記事

アントレ 独立、開業、起業をご検討のみなさまへ

アントレは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。