TOP

大人だからこそ自分に正直でいてほしい。好きなことを仕事にするたった2つの方法【矢萩邦彦・後編】

1,618 View

「あなたの好きなことはなんですか? 好きなことを仕事にしていますか?」

今回インタビューしたのは、矢萩邦彦さん。矢萩さんは20年間、教育・アート・ジャーナリズムの3領域を中心にパラレルキャリアを歩んできました。

前編では、20年の時間をかけて培われたパラレルキャリアの価値について伺いました。

後編では、具体的にどのようにパラレルキャリアを動かしていくのか、パラレルキャリアに向く職業、そして何から始めるべきなのかをお聞きします。

「大人だからこそ、自分の気持ちに正直でいてほしい。」毎日の仕事に追われ、本当にやりたいことを見失っている人へ。矢萩邦彦さんインタビュー後編、スタートです。

プロフィール:矢萩邦彦さん
教育ジャーナリスト/知窓学舎塾長/株式会社スタディオアフタモード代表取締役CEO

教育・アート・ジャーナリズムの現場で活動し、1つの専門分野では得にくい視点と技術の越境統合を目指す日本初のアルスコンビネーター(松岡正剛より拝命)。

横浜に「受験指導×探究型学習」をコンセプトにした統合型学習塾『知窓学舎』を開校、プロデュース、講義の他、教育コンサルタントとして受験指南・講師研修・企業研修等も手がけている。

代表取締役を務める株式会社スタディオアフタモードでは、ジャーナリスト育成や大学との共同研究に従事、ロンドン・ソチパラリンピックには公式記者として派遣。

ネット媒体では、Yahoo!ニュースを中心にオーサーとして取材・撮影、記事・コメント等を執筆。主宰する教養の未来研究所では戦略PRコンサルタント・クリエイティブディレクターとして企業の未来戦略やブランディングを手がけている。

知窓学舎
http://chisou-gakusha.jp/

Yahoo!ニュース
https://news.yahoo.co.jp/byline/yahagikunihiko/

パラレルではなく”スパイラル化”させることで、もっとキャリアはおもしろくなる。

IMG_6082_Fotor
―矢萩さんは現在、教育・アート・ジャーナリズムの主に3つの領域を中心にさまざまなお仕事をされていますが、多数の仕事を同時にこなすコツなどはありますか?

IMG_6078_Fotor_Fotor
矢萩邦彦さん(以下、矢萩さん)
仕事の切り口を揃えることだと思います。そうすることでキャリアがパラレルではなく、スパイラル化するんです。

どういうことか簡単に説明しましょう。

僕の場合、教育にせよアートにせよジャーナリズムにせよ、全て「伝える」という切り口で統合しています。

たとえば、僕は2012ロンドン・2014ソチパラリンピックをジャーナリストとして取材しました。

現地で選手たちの活躍を追うことはもちろん、国際大会で起こるさまざまな問題や開催国の現状を目の当たりにしたのですが、それをネットメディアや紙媒体で記事として執筆・配信することはもちろん、テレビ番組や講演などでもお話しさせて戴きました。

また塾や予備校では社会科の授業の一環として、イギリスやロシアを題材に歴史や時事と結びつけた講義やワークショップをしたり、さらに撮影した写真を作品として発表したり、現地で得たインスピレーションを元に作詞作曲をしたり、俳句の素材として使用したり。

はたまた町づくりのアイディアに活かしたりしたりと他領域でも活かしています。

またメディアの技法を授業に持ち込んだり、逆に教育の手法をメディアに持ち込んだり相互に乗り入れる事でスパイラル化が加速していきます。

さまざまな領域で仕事をしているというと、一見普通の人の何倍もの仕事量をやっているように見えるかもしれませんが、実は活用法やアウトプットあるいは見え方が違うだけで、仕事自体は共通している部分も多いんです。

―なるほど、パラレルキャリアをする上で仕事を結合することはとても重要になるんですね。

IMG_6078_Fotor_Fotor
矢萩さん
その通りです。結合が上手に出来て回せるようになれば、パラレルキャリアはどんどんおもしろくなるし可能性も広がります。

また、例えば同じ現場でも教育者として取材するのとジャーナリストとして取材するのでは見え方がまるで違ってきます。

さまざまなフィルターを使い分けてインプットし、多様な切り口でアウトプットをする。

それを目的や場に合わせて使いこなすことこそ越境者ならではの価値ではないかなと思います。

ただ、反対に編集や結合が苦手な人、仕事を「切ったり貼ったり」することが苦手な人にはパラレルキャリアは向かないと思います。

―例えばどんな人ですか?

IMG_6078_Fotor_Fotor
矢萩さん
1つのことでないと集中できない人だったり「この仕事が終わるまでは次に進めない、他のことはできない」といったように、仕事が秩序立っていないと気がすまない人にはあまりおすすめできません。

仕事を結合するためには、編集的に頭を使う必要があります。

「これとこれをくっつけたらおもしろいんじゃないか? もっと価値を生み出せるんじゃないか?」といった問いが常に自分の中にある人、常識や先入観に縛られず、その場に応じて臨機応変に動ける人は向いていると思います。

ただし前編でもお話しましたが、どちらの人がいいとか悪いとかではありません。

この記事を読んでくださっている皆さんには、自分の向き不向き、そして何より自分がどうしたいのかという目的に合わせてキャリアを選んでもらえればと思います。

自分の経験と知見を、教育の場で活かす。講師業がパラレルキャリアに向く2つの理由

IMG_6084_Fotor

―20年以上もパラレルキャリアを実践されている矢萩さんから見て、パラレルキャリアにしやすい仕事ってなんだと思いますか?

IMG_6078_Fotor_Fotor
矢萩さん
パラレルキャリアにしやすい仕事という点では、まず講師業でしょうか。

というのも、パラレルキャリアにとって重要なポイントは、2つあると考えています。1つは、それら複数の仕事を遂行することが物理的に可能かということ。そしてもう1つは「それら複数の仕事を両立することにどんな意味があるのか」を自分で説明できることです。

その2点を満たしやすい職業として講師業が挙げられると思います。

―1点目から解説していただけますでしょうか?

IMG_6078_Fotor_Fotor
矢萩さん
まず物理的に仕事の両立が可能かという点は非常に重要です。

時間帯という観点で見れば、講師業のメインとなる時間帯は夕方から夜にかけて。塾は学校が終わってから行くものですし、一般的な社会人のアフター5と重なります。

学習塾に限らず、社会人向けのセミナーや教室なども17時以降に設定されているものが多いですね。なので、副業規定などの制約がなければ、サラリーマンでも可能です。

―仕事と仕事の時間がかぶってしまうと両立は難しいですもんね。

IMG_6078_Fotor_Fotor
矢萩さん
そしてもう1点は、なぜ複数の仕事を両立しているのか、そのメリットは何なのかを自分の口で話せるということ。

昔に比べてパラレルキャリアという言葉を聞くようになってきたものの、まだまだ一般に浸透している働き方とは言えません。

それどころか、ほかの働き方と比べて社会的な外圧が強いんです。スペシャリストがみなプロフェッショナルであるかどうかは甚だ疑問ですが、一般的には専業の方が信用を得やすいものです。

色々な事をやっているというと、それだけで厳しい目を向けられることもあります。その外圧を跳ね返すためには、まず自分の中でちゃんと理由付けができないといけない。

そして、パラレルキャリアの自分だからこそできる仕事だということをクライアントに納得して貰えなければ、専業にはかないません。

そのためには、それぞれの仕事を続けてキャリアを積む事が必要です。それができるようになるまでは、「周りが何と言っても、自分はこの働き方を実践していくんだ」という意志が必要なんです。

―たしかにまだまだ一般的ではありませんよね。

IMG_6078_Fotor_Fotor
矢萩さん
だから講師業はパラレルキャリアに向いていると僕は思うんです。

教えるのと同時に、自分がしている仕事や自分がやってきた経験も伝えることができる。

例えば現代において、家族と先生以外の社会人と学生が触れ合う機会ってあまりないんですよね。

特に日本は教育以外の仕事を経験している教員は5%にも満たない。多くの場合、社会経験が狭い大人が進路指導を担当してしまっているんです。

だからこそ、パラレルキャリアの講師には社会的な意義があると考えます。

自分も普段社会に揉まれながら、何かしらの勉強をしながら講師として教壇にも立つ。そうしたインプットとアウトプットのバランスが上手な先生は、やっぱり魅力的ですしいい仕事をします。

―つまり、そこに自分の働き方の意義を見い出せるんですね。

IMG_6078_Fotor_Fotor
矢萩さん
はい。自分の経験や知見を教育の現場で活かすことは、立派な社会貢献でもあると思います。

もしあなたがパラレルキャリアを実践するとして、何が社会に還元できるか。

つまり、あなたが2つ以上の仕事を持っていることが「それは社会的に意味があるよね」とみんなが納得した時に初めて、パラレルキャリアというものが受け入れられるようになると思うんです。

講師業以外の職をパラレルキャリアに選ぶ場合も、何かしらの意義付けができるとブレずにいられるのではないでしょうか。

大人だからこそ、自分の「想像と実感」にもっと正直に生きてほしい。

IMG_6104_Fotor
―では、これからパラレルキャリアを始めようとする方は、何から手を付ければいいのでしょうか?

IMG_6078_Fotor_Fotor
矢萩さん
まずは個人の趣味をたくさんやる、くらいでいいと思いますよ。パラレルキャリアというのは、自分の好きなことを始めるところからでいいんですから。

先程お話した2つのポイントはとても大事なことではありますが、最初から重く考え過ぎてしまうと一向に前に進みません。

自分の好きなことで現状できていないもの、それをまずは実行に移してみてください。

―自分の好きなことを仕事にするということが、ピンときていない会社員の方も多くいらっしゃるかと思います。そうした方が自分の好きなことを見つけるにはどうしたらよいのでしょうか?

IMG_6078_Fotor_Fotor
矢萩さん
自分の好きなことを見つけるためには、2つのパターンに大別できると考えています。

1つ目が知識や過去の経験などから「自分はこういうことが好きなんじゃないか」という想像をすること、そしてもう1つはたまたま実際に経験してみて「あ、これは好きだな」と実感すること。

つまり「必然的想像」と「偶然的実感」でしか、自分の好きなことを見つけることはできないんです。

例えば僕の塾にも「うちの子の好きなことが何なのか分からないから、見つけてほしい」という保護者さんが多数いらっしゃいます。

では教育の現場において、子どもたちに好きなことを見つけてもらうために何ができるかというと、とにかく好奇心のタネを蒔き続けることなんです。

とにかく「これは好き? これはどう?」といったように、子どもたちに対して常にさまざまなキーワードを投げかけていきます。その中で「この子はこういうことが好きそうだ」という手応えを感じたら、そのキーワードに付随する情報を持ってきて触れさせてみる。

そうした地道な作業を繰り返して、子どもの興味の幅を徐々に広げていきます。結局のところ、知らなければ興味の持ちようがないので。

―しかし、大人はなかなか塾に通う機会がありませんよね。

IMG_6078_Fotor_Fotor
矢萩さん
はい、この問題が厄介なところはまさにそこだと思います。子どものうちは学校であれ塾であれ、教育というフェーズで多くのことを学ぶチャンスがあるのですが、大人になるとそもそも教育の場に行くまでが大変なんですよね。

生活のパターンや日々の問題解決のアルゴリズムがある程度完成されていて、そのループの中で「自分の好きなことはなんだろう」と考えても堂々巡りになってしまうのは当然だと思います。

―どうすればいいのでしょうか?

IMG_6078_Fotor_Fotor
矢萩さん
自分で意識してインプットの量を増やすことですね。あとは偶然の確率を上げる。どちらにしても活動を増やすことです。

自力で自分の好きなことを探すには想像と実感しかありません。

とりあえず手探りでも今まで手にとったことのないテーマの本を読んでみるとか、イベントに足を運んでみるとか課外活動を増やしてみるとか、自分の好きなことを想像してみる機会を増やす。

そして自分自身でやってみて、実際に好きかどうか確認する。

子どもと違って社会人の難しいところは、自分の好きなことを見つけてくれる”大人”が、周りにいないこと。

であれば自分がその”大人”になって、自分の好きなことを見つけてあげればいいんです。

―最後に、これからパラレルキャリアを始めようとする人に何かアドバイスをください。

IMG_6078_Fotor_Fotor
矢萩さん
先程の話にも関係してくるのですが、パラレルキャリアという生き方を選ぶなら、自分の好きなことでないとなかなか続きません。なので自分の内側に対して常にアンテナを張っていてほしいと思います。

「あ、これおもしろいかも!」「興味あるな」みたいな、自分の些細な心の変化に気付けるようになると、見える世界が変わってくるかもしれません。

この記事が気に入ったらいいね!しよう。

最新記事をお届けします

千葉県で農業経営を展開する「株式会社アグリスリー」の代表・實川勝之さんは、かつてパティシエの夢を追いかける1人の青年でした。

しかしパティシエとして修行始めてからすぐに、家庭の事情で実家の農家を継ぐことになります。

そこで實川さんは、農業におけるさまざまな問題に直面します。その問題を解決するために、農業に新たな栽培品種を導入したり、会社の仲間を集めたりとあらゆる手段を用いてきました。

やがて實川さんの視野は、会社や地域、世界へと広がっていきます。地域の農業を担うようになって見つけた、彼の新しい目標とはいったいどんなものなのでしょうか。

プロフィール:實川勝之(じつかわ・かつゆき)
千葉県で農業を営む實川家に生まれる。高校在学時から料理人を志し、調理師学校へ進学。お菓子作りに出合い、卒業後は洋菓子店に就職しパティシエとして働く。

数年後、父親のケガをきっかけに就農。梨の栽培に着手するなど、積極的に農業経営を展開。2011年に「株式会社アグリスリー」を立ち上げ、農作物の生産から加工・流通まで事業を拡大中。

志半ばにして就農。夢と現実の間から生まれた、農業の「パティシエ」

——現在、實川さんはアグリスリーの経営者を務めていらっしゃいますが、以前から農業という分野に興味があったのでしょうか?

實川さん
いえ、もともと農業をやるつもりはありませんでした。

實川家では家族で農業を営んでいましたが、私は3人兄弟の次男です。後継ぎというわけでもないので、勝手ながら将来は自分の好きなことをやろう、と考えていました。

私は昔から料理が好きだったので、高校卒業後は料理人を目指して調理師学校に進学しました。

そこでお菓子作りを学んで、将来はパティシエになってカフェを開きたいと思うようになったんです。

——夢を追っていたはずが、どうして農家に戻ってきたのでしょうか?

實川さん
きっかけは、父のケガでした。今ではすっかり元気になりましたが、当時は足を切断するかもしれないという容態だったんです。

私はその頃、ケーキ屋に就職してパティシエとして働いていたのですが、慌てて実家へ戻って、父の代わりに農作業を手伝いました。

——ご兄弟の方と一緒に実家に戻って農業を始めたのでしょうか?

實川さん
いえ、当時兄は大学4年生で春からの就職先が決まっていており、弟はまだ高校生だったので、私だけが戻ることになりました。

——農業をはじめてみて、いかがでしたか?

實川さん
最初は事態が収束したらパティシエに戻ろうと思っていたのですが、父の代わりに仕事をしている中で「農業をやるのも悪くないな」と次第に思うようになりました。

お天道様の下で働き、日が暮れたら仕事を終え、食事をとって風呂に入って、よく眠る。ケーキ屋での仕事がかなりハードだったこともあり、そんな人間らしい生活ができる農業に魅力を感じました。

——農業を本格的にやっていくことを決心したのはいつごろでしょう?

實川さん
15年ほど前、農業を始めた年の冬にある出来事が起こりました。

うちの農園で作った大根を市場に出荷したところ、13本入りの10キロ箱がたったの300円にしかならなかったんです。

当時は外国産の安い商品が出回り、市場はあふれていました。自分たちの作った野菜のほうが間違いなく良い品質なのに、市場任せの流通では、売れば売るほど農家が赤字になります。

ただでさえ市場流通では作り手・買い手の顔が見えません。買ってももらえない、買ってもらえても買い手の方が喜んでいる姿が見えない状況では、自信や愛情を持って農作物を育てることなんてできませんよね。

私はそんな現状にひどい悔しさを覚え「こんな農業ならやりたくない」と思いました。

そして私は「自分が作ったものを自分の手で売っていくこと」を決意しました。

本当に良いものを作ってみんなに届ける。まるで今まで職業にしていた”パティシエ”のように、自分が徹底的にこだわった商品(農作物)を作って、自分で売る。

そんな“農業のパティシエ”になることが私の目標になったんです。

——農業の厳しい現実を受け止め、立ち向かっていく道を選んだのですね。

實川さん
はい。

作るものには徹底的にこだわり、販売方法も市場流通に頼らず、パティシエが自分の店で作品を作って売る。そんな形を目指しました。

そのシステムを作るために栽培品種として導入したのが、梨です。

梨なら千葉の気候的にも合いますし、ありきたりな野菜や米よりもブランディングしやすいと考えたんです。

何より、甘くて美味しい梨は「パティシエが作るスイーツ」というイメージにもぴったりでしたから。

今では梨はアグリスリーの看板商品となりましたし、最近ではこの町の観光マップに梨のマークが生まれました。

農業は地域ありきの産業ですから、地域の人たちに認めてもらえたのはとても嬉しいことですよ。

振り返ってみると、梨を作ったことが私にとっての農業、アグリスリーのスタートになりました。

スタッフの得意なことを伸ばす。みんなが楽しみながら活躍できる組織のつくり方


http://agrithree.com/feelings/staff/

——「株式会社アグリスリー」を立ち上げた経緯について教えてください。

實川さん
父が引退した数年前に、私が農園を本格的に継ぎました。家族経営だった農業を法人化して「株式会社アグリスリー」が生まれたのは、そのタイミングです。

なぜ会社にしたかというと、新しいことにチャレンジするためです。私は、アグリスリーという「チーム」だからこそできる農業を目指しました。

高い組織力を持つことで、農作物を育てるだけの農家ではなく、作ったものを自分たちの手で加工したり、売ったりできる。つまり、農業を6次化することができるんです。

個人経営では、どうしてもプレイングマネジャーになりがちです。労働力やアイデア、実現できることにも限界がありますし、1日中農作業をしていると、なかなか他のことまで手が回りません。

しかし、会社として経営者と従業員を役割で分けることで、それぞれの仕事に注力することができます。

農作業だけでなく食品加工や営業・事務などの部門を整備して、個々人が最大のパフォーマンスを発揮できるような環境を作りました。

——農業の会社を経営していくにあたり、どんなことに苦労しましたか?

實川さん
まずは最初の仲間作りが大変でした。農業はまだまだ人気の業種とは言えませんし、最初は求人を出してもそこまで手応えは掴めませんでした。

組織として戦っていくには、若い人のエネルギーや価値観が欠かせません。しかし若い人にとって、農業は仕事の選択肢にすら入っていない場合も多いんですよね。

農業を経験したことのない若い人にとっては、農業というとどうしても泥臭いイメージがありますし、ダサくて低賃金で力仕事ばかり、と思われるかもしれません。

労働者が高齢化しているということも、若い人が農業に踏み込みづらい原因になっているでしょう。

そういった農業のイメージや現実をいきなり変えることは当然難しいですが、農業が持つ可能性を信じて経営者としてできることをやってみました。

——どのような対策をとったのですか?

實川さん
とにかく会社としてやれることを増やして、部門として小分けにしていきました。

営業は営業、加工は加工、農作業は農作業と、明確に部門を分けてそれぞれの適性や特技を十分に活かせる環境づくりを徹底しました。

なので弊社では、自分にとって本業ではない仕事、価値を十分に発揮できない仕事は出来る限りやらないようにしています。

——まさに適材適所ということですね。

實川さん
そうですね。個々人がもっとも活躍できる場所を作ることは、会社にとっても、働く人にとっても大きなメリットがあります。

何より、得意なことをやったほうがみんな楽しく仕事ができますからね。なんでも、基本は”楽しく”をモットーにしていますから。

「農業の仕事がしたい」と、こどもに言ってもらえる世の中に。

——会社名である「アグリスリー」には、どのような意味があるのでしょうか?

實川さん
「アグリスリー」というのは、

・アグリカルチャー(=農業)
・パティスリー(=パティシエのいる菓子店)

を組み合わせた造語です。私が元パティシエだったことから名付けましたが、実はこの2つが私の農業の根底をなしています。

——まったく関係のないように思える2つのキーワードですが、どんな形でアグリカルチャーとパティスリーの要素が現れているのでしょう?

實川さん
先程もお話した通り、パティシエがお客さまの顔を見ながらケーキを作るようなイメージで、お客さまに直接商品を売るシステムを始めました。

ではどんな作物をお客さまに直接売るのか。その作物が、梨です。

梨を育てている畑は、いわばスイーツが並ぶパティスリーのショーケース。

實川さん
梨の木が規則正しく整備されているので、作業効率も良く、日照時間などの関係からも均一に美味しい梨が作れるんです。「日本一綺麗な梨園」と自称しています。

仕事や職場に関しても、パティスリーのような清潔感や整理整頓された環境を目指しています。経営者と従業員の役割をきちんと分けたり、仕事を部門によって整理したり。

アグリカルチャー(農業)というステージを、パティスリー(パティシエのいる菓子店)のようにアレンジする。それが、アグリスリーの事業です。

——“アグリカルチャー”と“パティスリー”という2つのキーワードから、たくさんのものが生まれているのですね。

實川さん
はい。意外に思われるかもしれませんが、農業はとてもクリエイティブな仕事です。妥協せずに、自分のこだわりを存分に詰め込むことができます。

農作物は、ゼロから美味しいものを作ります。

6次化された農業では、育成から加工・流通まで、いろいろな方法を組み合わせることで無限のパターンが生まれます。

商品もビジネスモデルも、果てしない可能性があるんです。

クリエイティブなもの(農作物)は、一定の相場観はあったとしても、何かしらの価値(品質や味、ブランドなど)があれば、第3者に勝手に値段を決められてしまうことはありません。

私たちが丹精こめて作ったものがお客さまに認められれば、相応の値段で買ってもらえる。それが作り手の喜びになるんですよ。

——最後になりますが、今後の展望についてお聞かせください。

實川さん
直近の目標としては、成田空港に近いという立地を活かし、海外に向けた農業経営をしていきたいと考えています。

日本国内では人口減少・高齢化にともなって、食料が余っています。手間暇かけて作っても、食べてもらえないのでは意味がありません。

私たちの商品を喜んでくれるお客さまがいるのなら、たとえそれが海外でも届けていきたいんです。

しかしその一方で、農業は地域あってこその産業なので、足元もしっかり見ながらやっていきたいという気持ちもあります。

地域の農業やそれに関連する産業を先導できるような存在になり、みんなでこの地域を盛り上げていきたいです。

さらに将来的には、地域の子どもたちが「農業をやりたい」と思えるような未来を作っていきたいです。これが何気ないようで、けっこう遠い目標です。

最近では「地方創生」という言葉が聞かれるようになりましたが、農業はまだまだ後継者不足です。

「親父の仕事なんて継ぎたくない」「都会に出て働きたい」と考える子どもたちも多いのが現状です。

ですが、これからの農業では単に生産だけでなく、エネルギッシュにいろいろなことにチャレンジできます。食品加工や飲食、海外営業もできます。クリエイティブにやっていく余地がたくさんあるんですよ。

農業は、十分に自慢できる職業になりえます。これからも、私はそういう農業を模索していきたいですね。

2017年8月22日

これまでの独立活動のなかで、カーリペアのフランチャイズでの起業というガイドラインは心のなかで決まっているようですが、なかなか具体的な行動を起こせない理由が、職を持ち収入も安定しているという現状にあるようです。定年退職まで1年半という時期に差しかった林原さん、はたして今月は進捗があったのでしょうか。 (さらに…)

2017年8月18日

ACCESS RANKING

2017年08月のアクセスランキング

ATTENTION TAGS

今、注目のタグ

CATEGORY

カテゴリー

アントレnet

独立、開業、起業をご検討のみなさまへ
アントレnetは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。

会員登録はコチラ

アントレnet公式ページ