カテゴリー

Line

大人だからこそ自分に正直でいてほしい。好きなことを仕事にするたった2つの方法【矢萩邦彦・後編】

「あなたの好きなことはなんですか? 好きなことを仕事にしていますか?」

今回インタビューしたのは、矢萩邦彦さん。矢萩さんは20年間、教育・アート・ジャーナリズムの3領域を中心にパラレルキャリアを歩んできました。

前編では、20年の時間をかけて培われたパラレルキャリアの価値について伺いました。

後編では、具体的にどのようにパラレルキャリアを動かしていくのか、パラレルキャリアに向く職業、そして何から始めるべきなのかをお聞きします。

「大人だからこそ、自分の気持ちに正直でいてほしい。」毎日の仕事に追われ、本当にやりたいことを見失っている人へ。矢萩邦彦さんインタビュー後編、スタートです。

プロフィール:矢萩邦彦さん
教育ジャーナリスト/知窓学舎塾長/株式会社スタディオアフタモード代表取締役CEO

教育・アート・ジャーナリズムの現場で活動し、1つの専門分野では得にくい視点と技術の越境統合を目指す日本初のアルスコンビネーター(松岡正剛より拝命)。

横浜に「受験指導×探究型学習」をコンセプトにした統合型学習塾『知窓学舎』を開校、プロデュース、講義の他、教育コンサルタントとして受験指南・講師研修・企業研修等も手がけている。

代表取締役を務める株式会社スタディオアフタモードでは、ジャーナリスト育成や大学との共同研究に従事、ロンドン・ソチパラリンピックには公式記者として派遣。

ネット媒体では、Yahoo!ニュースを中心にオーサーとして取材・撮影、記事・コメント等を執筆。主宰する教養の未来研究所では戦略PRコンサルタント・クリエイティブディレクターとして企業の未来戦略やブランディングを手がけている。

知窓学舎
http://chisou-gakusha.jp/

Yahoo!ニュース
https://news.yahoo.co.jp/byline/yahagikunihiko/

パラレルではなく”スパイラル化”させることで、もっとキャリアはおもしろくなる。

IMG_6082_Fotor
―矢萩さんは現在、教育・アート・ジャーナリズムの主に3つの領域を中心にさまざまなお仕事をされていますが、多数の仕事を同時にこなすコツなどはありますか?

IMG_6078_Fotor_Fotor
矢萩邦彦さん(以下、矢萩さん)
仕事の切り口を揃えることだと思います。そうすることでキャリアがパラレルではなく、スパイラル化するんです。

どういうことか簡単に説明しましょう。

僕の場合、教育にせよアートにせよジャーナリズムにせよ、全て「伝える」という切り口で統合しています。

たとえば、僕は2012ロンドン・2014ソチパラリンピックをジャーナリストとして取材しました。

現地で選手たちの活躍を追うことはもちろん、国際大会で起こるさまざまな問題や開催国の現状を目の当たりにしたのですが、それをネットメディアや紙媒体で記事として執筆・配信することはもちろん、テレビ番組や講演などでもお話しさせて戴きました。

また塾や予備校では社会科の授業の一環として、イギリスやロシアを題材に歴史や時事と結びつけた講義やワークショップをしたり、さらに撮影した写真を作品として発表したり、現地で得たインスピレーションを元に作詞作曲をしたり、俳句の素材として使用したり。

はたまた町づくりのアイディアに活かしたりしたりと他領域でも活かしています。

またメディアの技法を授業に持ち込んだり、逆に教育の手法をメディアに持ち込んだり相互に乗り入れる事でスパイラル化が加速していきます。

さまざまな領域で仕事をしているというと、一見普通の人の何倍もの仕事量をやっているように見えるかもしれませんが、実は活用法やアウトプットあるいは見え方が違うだけで、仕事自体は共通している部分も多いんです。

―なるほど、パラレルキャリアをする上で仕事を結合することはとても重要になるんですね。

IMG_6078_Fotor_Fotor
矢萩さん
その通りです。結合が上手に出来て回せるようになれば、パラレルキャリアはどんどんおもしろくなるし可能性も広がります。

また、例えば同じ現場でも教育者として取材するのとジャーナリストとして取材するのでは見え方がまるで違ってきます。

さまざまなフィルターを使い分けてインプットし、多様な切り口でアウトプットをする。

それを目的や場に合わせて使いこなすことこそ越境者ならではの価値ではないかなと思います。

ただ、反対に編集や結合が苦手な人、仕事を「切ったり貼ったり」することが苦手な人にはパラレルキャリアは向かないと思います。

―例えばどんな人ですか?

IMG_6078_Fotor_Fotor
矢萩さん
1つのことでないと集中できない人だったり「この仕事が終わるまでは次に進めない、他のことはできない」といったように、仕事が秩序立っていないと気がすまない人にはあまりおすすめできません。

仕事を結合するためには、編集的に頭を使う必要があります。

「これとこれをくっつけたらおもしろいんじゃないか? もっと価値を生み出せるんじゃないか?」といった問いが常に自分の中にある人、常識や先入観に縛られず、その場に応じて臨機応変に動ける人は向いていると思います。

ただし前編でもお話しましたが、どちらの人がいいとか悪いとかではありません。

この記事を読んでくださっている皆さんには、自分の向き不向き、そして何より自分がどうしたいのかという目的に合わせてキャリアを選んでもらえればと思います。

自分の経験と知見を、教育の場で活かす。講師業がパラレルキャリアに向く2つの理由

IMG_6084_Fotor

―20年以上もパラレルキャリアを実践されている矢萩さんから見て、パラレルキャリアにしやすい仕事ってなんだと思いますか?

IMG_6078_Fotor_Fotor
矢萩さん
パラレルキャリアにしやすい仕事という点では、まず講師業でしょうか。

というのも、パラレルキャリアにとって重要なポイントは、2つあると考えています。1つは、それら複数の仕事を遂行することが物理的に可能かということ。そしてもう1つは「それら複数の仕事を両立することにどんな意味があるのか」を自分で説明できることです。

その2点を満たしやすい職業として講師業が挙げられると思います。

―1点目から解説していただけますでしょうか?

IMG_6078_Fotor_Fotor
矢萩さん
まず物理的に仕事の両立が可能かという点は非常に重要です。

時間帯という観点で見れば、講師業のメインとなる時間帯は夕方から夜にかけて。塾は学校が終わってから行くものですし、一般的な社会人のアフター5と重なります。

学習塾に限らず、社会人向けのセミナーや教室なども17時以降に設定されているものが多いですね。なので、副業規定などの制約がなければ、サラリーマンでも可能です。

―仕事と仕事の時間がかぶってしまうと両立は難しいですもんね。

IMG_6078_Fotor_Fotor
矢萩さん
そしてもう1点は、なぜ複数の仕事を両立しているのか、そのメリットは何なのかを自分の口で話せるということ。

昔に比べてパラレルキャリアという言葉を聞くようになってきたものの、まだまだ一般に浸透している働き方とは言えません。

それどころか、ほかの働き方と比べて社会的な外圧が強いんです。スペシャリストがみなプロフェッショナルであるかどうかは甚だ疑問ですが、一般的には専業の方が信用を得やすいものです。

色々な事をやっているというと、それだけで厳しい目を向けられることもあります。その外圧を跳ね返すためには、まず自分の中でちゃんと理由付けができないといけない。

そして、パラレルキャリアの自分だからこそできる仕事だということをクライアントに納得して貰えなければ、専業にはかないません。

そのためには、それぞれの仕事を続けてキャリアを積む事が必要です。それができるようになるまでは、「周りが何と言っても、自分はこの働き方を実践していくんだ」という意志が必要なんです。

―たしかにまだまだ一般的ではありませんよね。

IMG_6078_Fotor_Fotor
矢萩さん
だから講師業はパラレルキャリアに向いていると僕は思うんです。

教えるのと同時に、自分がしている仕事や自分がやってきた経験も伝えることができる。

例えば現代において、家族と先生以外の社会人と学生が触れ合う機会ってあまりないんですよね。

特に日本は教育以外の仕事を経験している教員は5%にも満たない。多くの場合、社会経験が狭い大人が進路指導を担当してしまっているんです。

だからこそ、パラレルキャリアの講師には社会的な意義があると考えます。

自分も普段社会に揉まれながら、何かしらの勉強をしながら講師として教壇にも立つ。そうしたインプットとアウトプットのバランスが上手な先生は、やっぱり魅力的ですしいい仕事をします。

―つまり、そこに自分の働き方の意義を見い出せるんですね。

IMG_6078_Fotor_Fotor
矢萩さん
はい。自分の経験や知見を教育の現場で活かすことは、立派な社会貢献でもあると思います。

もしあなたがパラレルキャリアを実践するとして、何が社会に還元できるか。

つまり、あなたが2つ以上の仕事を持っていることが「それは社会的に意味があるよね」とみんなが納得した時に初めて、パラレルキャリアというものが受け入れられるようになると思うんです。

講師業以外の職をパラレルキャリアに選ぶ場合も、何かしらの意義付けができるとブレずにいられるのではないでしょうか。

大人だからこそ、自分の「想像と実感」にもっと正直に生きてほしい。

IMG_6104_Fotor
―では、これからパラレルキャリアを始めようとする方は、何から手を付ければいいのでしょうか?

IMG_6078_Fotor_Fotor
矢萩さん
まずは個人の趣味をたくさんやる、くらいでいいと思いますよ。パラレルキャリアというのは、自分の好きなことを始めるところからでいいんですから。

先程お話した2つのポイントはとても大事なことではありますが、最初から重く考え過ぎてしまうと一向に前に進みません。

自分の好きなことで現状できていないもの、それをまずは実行に移してみてください。

―自分の好きなことを仕事にするということが、ピンときていない会社員の方も多くいらっしゃるかと思います。そうした方が自分の好きなことを見つけるにはどうしたらよいのでしょうか?

IMG_6078_Fotor_Fotor
矢萩さん
自分の好きなことを見つけるためには、2つのパターンに大別できると考えています。

1つ目が知識や過去の経験などから「自分はこういうことが好きなんじゃないか」という想像をすること、そしてもう1つはたまたま実際に経験してみて「あ、これは好きだな」と実感すること。

つまり「必然的想像」と「偶然的実感」でしか、自分の好きなことを見つけることはできないんです。

例えば僕の塾にも「うちの子の好きなことが何なのか分からないから、見つけてほしい」という保護者さんが多数いらっしゃいます。

では教育の現場において、子どもたちに好きなことを見つけてもらうために何ができるかというと、とにかく好奇心のタネを蒔き続けることなんです。

とにかく「これは好き? これはどう?」といったように、子どもたちに対して常にさまざまなキーワードを投げかけていきます。その中で「この子はこういうことが好きそうだ」という手応えを感じたら、そのキーワードに付随する情報を持ってきて触れさせてみる。

そうした地道な作業を繰り返して、子どもの興味の幅を徐々に広げていきます。結局のところ、知らなければ興味の持ちようがないので。

―しかし、大人はなかなか塾に通う機会がありませんよね。

IMG_6078_Fotor_Fotor
矢萩さん
はい、この問題が厄介なところはまさにそこだと思います。子どものうちは学校であれ塾であれ、教育というフェーズで多くのことを学ぶチャンスがあるのですが、大人になるとそもそも教育の場に行くまでが大変なんですよね。

生活のパターンや日々の問題解決のアルゴリズムがある程度完成されていて、そのループの中で「自分の好きなことはなんだろう」と考えても堂々巡りになってしまうのは当然だと思います。

―どうすればいいのでしょうか?

IMG_6078_Fotor_Fotor
矢萩さん
自分で意識してインプットの量を増やすことですね。あとは偶然の確率を上げる。どちらにしても活動を増やすことです。

自力で自分の好きなことを探すには想像と実感しかありません。

とりあえず手探りでも今まで手にとったことのないテーマの本を読んでみるとか、イベントに足を運んでみるとか課外活動を増やしてみるとか、自分の好きなことを想像してみる機会を増やす。

そして自分自身でやってみて、実際に好きかどうか確認する。

子どもと違って社会人の難しいところは、自分の好きなことを見つけてくれる”大人”が、周りにいないこと。

であれば自分がその”大人”になって、自分の好きなことを見つけてあげればいいんです。

―最後に、これからパラレルキャリアを始めようとする人に何かアドバイスをください。

IMG_6078_Fotor_Fotor
矢萩さん
先程の話にも関係してくるのですが、パラレルキャリアという生き方を選ぶなら、自分の好きなことでないとなかなか続きません。なので自分の内側に対して常にアンテナを張っていてほしいと思います。

「あ、これおもしろいかも!」「興味あるな」みたいな、自分の些細な心の変化に気付けるようになると、見える世界が変わってくるかもしれません。

この記事が気に入ったらいいね!しよう。

最新記事をお届けします

おすすめの最新記事

準備をしてきたお店や事務所などを開業することは大きな喜びです。

開業により個人事業主になるときには、事業内容や開業場所を記載した「個人事業の開業届」(以下、開業届)を税務署に提出します。

開業届の提出の前に、提出期限や税金、事業税に関わる開業届との違いなどを確認しておきましょう。

開業届とは

新たに個人事業主として事業を開始したとき、納税地を所轄する税務署長に開業届を提出します。

提出する開業届の様式は、最寄りの税務署に行くともらえますし、国税庁のホームページからもダウンロード可能です。

開業届には、屋号や職業、事業の概要や所得の種類、開業日や従業員数、住所や氏名などを記入しましょう。

屋号とは個人事業の名称であり、会社でいえば社名です。開業届の詳しい書き方については国税庁のホームページなどが参考になります。

開業届を記入したら、税務署へ開業届を提出してください。

提出先の税務署の所在地は国税庁ホームページで確認できます。

開業届は直接持参でも郵送でも受け付けてもらえるので、自分の都合に合わせて提出しましょう。

開業した証明となるのが開業届なので、開業届を提出することで金融機関に融資を申請したり、国や地方公共団体に補助金や助成金などを申請できるようになります。

なお、開業届を提出したら、毎年の確定申告が必要となります。

開業届は新たに事業を開始したとき以外に、店舗を移転・増設したとき、事業を廃止したときにも提出することになります。

開業届の提出期限について

開業届は、事業の開始などの事実があった日から1カ月以内に税務署へ提出することになっています。

例えば4月1日に個人事業主となった方は4月末までが提出期限です。

開業時は忙しいので提出を忘れることもあるかもしれません。

その場合は、気づいたときに速やかに提出しましょう。

確定申告で青色申告を利用するときは、開業届を提出する際に、「青色申告承認申請書」の提出もあわせて行います。

「青色申告承認申請書」は、1月1日~15日までに事業を開始した場合はその年の3月15日までに、1月16日以降に事業を開始した場合は事業を開始した日から2カ月以内に提出しなければなりません。

「青色申告承認申請書」の提出により、新たに事業を開始した年から青色申告をすることができます。

開業届も「青色申告承認申請書」のいずれも期限までの提出が必要です。詳しくは最寄りの税務署で確認しましょう。

都道府県に提出する個人事業税に関わる開業届もある

個人事業を始める際には、開業届と「青色申告承認申請書」を税務署に提出することに加え、都道府県にも開業届を提出する必要があります。

例えば東京都で開業した場合には都税事務所に提出となります。

個人事業での所得税と消費税は国に納め、個人事業税は都道府県に納めるからです。

なお、個人事業税を納める必要があるのは、法律で定められた3種の事業、70の業種に該当する場合です。

ほとんどの事業がこの70業種のいずれかに当てはまり、個人事業税の課税対象となります。

個人事業税に関わる開業届の提出を忘れてしまうと、ある日突然、納税するよう督促が来て驚くとともに、納税資金の準備ができておらず慌てることになるかもしれないので忘れないようにしましょう。

業種によって税率が異なる個人事業税

個人事業税は、個人が行う事業のうち、法律で定められた3種の事業、70種類の業種に対して課せられる税金であり、事業や業種により税率が異なるのが特徴です。

第1種事業は、飲食店業・保険業・物品運搬業などの37業種があり、税率は5%です。

第2種事業は 薪炭製造業・水産業・畜産業の3業種で税率は4%です。

第3種事業は士業・美容業・コンサルタント業など30業種で税率は5%です。

なお、第3種事業のうち、あんま・マッサージ・指圧・はり・きゅう・柔道整復とその他の医業に類する事業は税率が3%となっています。

開業した事業が70業種のどれにあたるかは、開業届の記載内容ではなく実際の事業内容で判断されます。

音楽家など芸術系の職種や動画制作による広告業などの比較的新しい職種は、分類が追いつかないなどの理由で個人事業税の対象外であることもあるので、開業した事業が課税対象かどうかは都道府県へ確認しておきましょう。

なお、個人事業税には、一律年間290万円の事業主控除があるため、1年間の事業所得の金額が290万円以下の場合には個人事業税を納める必要はありません。

まとめ

開業届を提出することで事業者として認めてもらえることになります。

また、青色申告ができるなど税制面での優遇も受けられますので、開業したときは開業届を提出しておきましょう。

なお、開業届提出者の現在の職業は問われないため、会社員でも専業主婦でも提出することができます。

副業として開業届を提出する際には、会社の就業規則などで副業が許可されているかも確認しておきましょう。

PROFILE

ファイナンシャルプランナー 杉浦 詔子

働く人たちの夢をかたちにする」会社員とそのご家族などへのキャリアプラン(生活)とライフプラン(家計)の相談と講義、執筆を行っている。また、女性のキャリアと家族や恋愛などコミュニケーションに関する相談、FPなど資格取得支援にも力を入れている。

2018年5月25日

フランチャイズ事業での独立を成功させるには、正しい方法で道筋を描き、その計画からずれないように進行をすることが大切です。

今回の記事では、フランチャイズ事業の始め方と流れについて説明します。

フランチャイズ事業の始め方 その1:参入する業界を決める

フランチャイズ事業を成功させるためには、まず自分に一番合った業界・業種を選ぶことが重要です。

自分に一番合った業界を決める上で大切なことは、できるだけ多くの側面から決めることです。

「好き! 」「興味がある! 」ということもとても大切ですが、長期継続するための十分な理由ではありません。

では、どのような選択基準で考えれば良いのでしょうか。1つの例として下記のような基準を参考にしましょう。

基準1:熱意と共感

ビジネスオーナーになることは、特に初期段階においては、そのビジネスに対して高い熱意と共感を持っていることが大切です。

「儲かるらしいから」といった理由でフランチャイズ事業を始めることも悪いことではありませんが、自分のやっているビジネスが好きになれない場合、毎日苦痛を味わうことになります。

自分の価値観に適した熱意と共感ができる分野でフランチャイズ事業を始めることができれば、より力を入れてビジネスを進めることができるでしょう。

基準2:働き方とライフスタイル

いくら情熱があるとしても、自分にとって望ましいライフスタイルから離れすぎているビジネスでは長期継続は困難です。

毎日朝から夕方までの仕事をしていた人が、いきなりBARなど夜に運営をするビジネスを初めても、自分のライフスタイルに合わない場合があります。

そのフランチャイズ事業で働いている自分をイメージし、毎日幸せでいられるか、苦痛ではないかについて考えましょう。

基準3:必要資金

事業を始めるからには長期間続けたいと思うでしょうが、調達できる資金によってフランチャイズ事業を始められる分野が限られてしまうことがあります。

よりビジネスを大きく、そして儲かるものにしたいのは人間の性ですが、まずはスモールビジネスから始めるなど、手の届くものだけに集中した方がより賢明な判断ができます。

基準4:市場規模と成長のポテンシャル

長期でビジネスを行う上で、ある程度の市場規模や成長の可能性を求めるべきです。

自分が好きなものをビジネスにすることも、モチベーション維持の観点から大切ですが、将来的に必要とされないビジネスを始めたとしても、結果につながりにくいケースが存在します。

フランチャイズ事業の始め方 その2:加入するフランチャイズチェーンを決める

参入する業界の次に決めなければいけないことは、どのフランチャイズチェーンに加盟するかということです。

成長のポテンシャルがある魅力的な市場であれば、複数の会社が競争しているはずです。

一方で、目新しい分野で、まだ誰もポテンシャルに気づいていないものを除き、激しい競争がなければ、むしろその業界は衰退する可能性があることも覚えておいた方が良いかもしれません。

競争の存在は、市場を魅力的に見せるだけのものではなく、業界の健全な成長や発展のためにも良い機会を与えてくれます。

ただし、すべての競争が良いとは限りません。

サービスレベルの向上や商品開発を重視しない単なる価格競争だと、すべてのプレイヤーが次々と潰れていきます。

そのような競争環境で一番損をするのが加盟店となるので、単なる価格競争はできるだけ避けるべきです。

では、自分が参入を検討している業界において、健全な競争環境の中で複数のフランチャイズチェーンが存在しているということを前提に、加盟するフランチャイズチェーンをどのような選択基準で考えれば良いのでしょうか。

1つの例として下記のような基準を参考にしていただければと思います。

基準1:業界のトップレベルであり、健全な財力があること

特に消費者をターゲットとしているビジネスにおいては、リーディングカンパニーであることはとても大事です。

自動車会社や消費財メーカーの例を見ますと、1~2%の市場シェア獲得のために大きな競争があり、それが会社の生き残りにつながっていることが分かります。

なぜなら、商品開発やほかの投資のための必要資源がそこから生まれるからです。

また、健全な財力がなければ会社が長生きできず、買収され消えてしまう可能性もあります。

投資家関連情報も読みながら会社の立ち位置について考えましょう。

基準2:高いブランド力を持つこと

フランチャイズ事業に加盟することで最も期待されていることの1つは高い知名度による顧客獲得です。

そのため、加盟を考えているフランチャイズチェーンに関して高いブランド力を求める必要があります。

基準3:加盟条件やプロセスが透明であり、加盟後の運営サポートが優れていること
大切な資金と時間を投資するのですから、加盟プロセスに関してできるだけ透明な開示を求めないといけません。

どのような手順を踏むのかが分かった上で最大限の準備をしておく必要があります。

フランチャイズチェーンの参加を検討する際に、事前説明会はちゃんと行われているのか?

資料に過不足はないのか?

質問に対して真摯に回答をしてくれているのか?

こういった部分で、加入後にどれくらいの運営サポートが期待できるのかを予測することができます。

基準4:フランチャイズオーナーの数が多いこと

フランチャイズ事業へ加盟後、どのような将来を描けるのかが分からない場合も多いと思います。

そのようなときには、フランチャイズオーナーの意見がとても参考になります。

できるだけ多くのオーナーに会い「自分もそうなりたいかどうか」を確認することが加盟のための参考となります。

また、ライバルともなるフランチャイズオーナーですが、そのライバルがどれくらい存在するのかも参考の1つになります。

フランチャイズオーナーが多いということは、それほど多くの人たちがそのフランチャイズ事業に加盟することに対してメリットを感じているということになります。

フランチャイズ事業の始め方 その3:契約を結ぶ

加盟するフランチャイズ事業を決めたら、いよいよ契約を結びます。

契約内容に関しては各フランチャイズ本部にて細かく異なります。

自分にどのような責任と義務が生じるかよく理解した上で契約を結びましょう。

また、分からないものはそのまま放置せずに、必ずフランチャイズ本部や第三者の専門家に確認しましょう。

フランチャイズ事業の始め方 その4:開業準備を行う

フランチャイズ事業を成功させるためには、まず自分の理想を追い過ぎるのではなく、完全にフランチャイズ本部の開業プロセスを遵守した開業準備が必要となります。

フランチャイズチェーンの指導どおりの準備を行い、あとで何か問題が起きたときに対処できるように、行った準備をすべて記録しておきましょう。

フランチャイズ事業の始め方 その5:オープン

新しいビジネスの開始は、未来の成功にも多大な影響を与えるものです。

オープニングイベント、SNSでの呼び込みなど、告知やプロモーション活動を惜しまずに行うことが事業を軌道に乗せていくためにも必要でしょう。

まとめ

フランチャイズ事業を始めるには、上記のような流れが存在します。

各フェーズおいて注意する点は多くあるため、それぞれにおいて自分が確認すべき事項・自分が行うべき事項を確認しつつ、フランチャイズ事業での独立の準備を進めましょう。

今回の記事で紹介した流れに沿って行動を起こせば、より健全で収益性のあるフランチャイズ事業を構築できる確率が上がるでしょう。

PROFILE

経営コンサルタント バシャラ セルダル

トルコ・イスタンブールのボアジチ大学にてエンジニアリングを専攻し、トルコホンダ工場の立ち上げに携わる。
その後、来日し国際大学にて MBA を取得。ゴールドマン・サックス、ほかの企業での勤務後、外資系転職コンサルタント・経営コンサルタントとして独立。
幅広いジャンルにてビジネス拡大のコンサルティングを行っている。

2018年5月24日

Line
Line
Line

月間アクセスランキング

カテゴリー

注目のキーワード

アントレnet

独立、開業、起業をご検討のみなさまへ
アントレnetは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。

会員登録はコチラ

アントレnet公式ページ