スタイルのある生き方へシフトしたいビジネスパーソンのためのニュース・コラムサイト。
検索
独立ノウハウ・お役立ち

ネイルサロンをフランチャイズで開業するとどうなる?

ネイルサロンをフランチャイズで開業するとどうなる?

自分でネイルサロンを開きたいと思っているネイリストさんは、開業にあたりフランチャイズへの加盟を視野に入れてみても良いかもしれません。フランチャイズ本部が持っている経営ノウハウやブランド力を利用してネイルサロンの運営ができるので、経営経験のないネイリストさんにはフランチャイズへの加盟はぴったりです。フランチャイズでネイルサロンを開業する際のメリットやデメリット、どんなチェーン店があるのかをまとめてお伝えしていきます。

ネイルサロンでの独立・開業とは

ネイルサロンをフランチャイズで開業する場合には、ほとんどの場合「店舗型」で運営します。中には自宅で経営できるフランチャイズもありますが、個人宅での集客は難易度が高いことやプライベートな保つためにも、店舗用の物件を用意し運営するのが一般的です。この場合、物件の取得費は本部ではなく自身で負担するケースがほとんどです。集客力の高い物件の選定や費用を抑えた店舗設計方法などフランチャイズ本部のサポートやノウハウ提供を受けることもできますが、自身で店舗用の物件を用意するため、初期費用がかさみます。予算をきちんと立てていくらであれば現実的に支払えそうなのかを見定める必要があります。

また、フランチャイズのネイルサロンは、お客さまのネイルを装飾するいわゆるネイルサロンのほか、他の美容サービスを合わせて提供できる店舗運営が特徴です。提供しているサービスはそれぞれのフランチャイズで異なるため、どんなサービス内容を提供しているお店にするのか、比較検討が必要です。

ネイルサロンのフランチャイズに加盟するメリット

ネイルサロンを開業するにあたり、フランチャイズに加盟するとどのようなメリットがあるのでしょうか。先にメリットを3点お伝えしていきます。

メリット1:高い集客力が期待できる

ネイルサロンに限らず、美容業界ではネイルバリューでお店を選ぶお客さまは少なくありません。フランチャイズでネイルサロンを開業すれば、最初からある程度の知名度がある店舗を構えることができます。フランチャイズに加盟するとブランド力を利用できるので、集客時に強い武器となるでしょう。

集客は、ブランド力に加え、物件の選定も鍵となります。その点、加盟するフランチャイズの選び方次第では市場調査についてもアドバイスがもらえることがあります。昼夜の人口動向など物件選定前の事前調査が楽になるでしょう。

また、フランチャイズ本部の中には、本部が販促活動を行ってくれるケースもあります。ブランド力のある本部が宣伝をすることで、クチコミも広まりやすくなり、より有利な集客ができるようになるでしょう。

メリット2:経営初心者でもオーナーになれる

ネイリストとしての技術は高くても、経営のノウハウがないという方も多いでしょう。しかし、フランチャイズであれば経営が初心者でもノウハウを教えてもらえるので、安心してネイルサロンの運営ができるでしょう。

研修制度が用意されているフランチャイズを選べば、より深い知識を得られるのでフランチャイズで独立した後に自力での独立を目指しているという方にとっても大きなメリットと言えるのではないでしょうか。

メリット3:接客/オーナー業に専念できる

フランチャイズのネイルサロンであれば運営に必要な資材やその仕入れ先を本部が用意してくれたり、開業にあたりアドバイスをくれたりするところもあります。また、フランチャイズ本部によっては、採用についてのサポートが受けられたり、スタッフ育成の研修があったりしります。頼れるスタッフがいれば、自身がネイリストの場合は、目の前の接客に専念できますし、資格がない場合でも、経営に専念できます。これは大きなメリットのひとつでしょう。

特に初めてのネイルサロン開業は不安だらけで「とにかく目の前のことをきちんとこなしたい」と感じているオーナーにとっては、接客に専念できるのは嬉しいポイントでしょう。早い段階から経営に携わることで、課題や改善点も見つけやすくなります。自分らしいお店作りを目指すにも専念できる環境はメリットとなるでしょう。

ネイルサロンのフランチャイズに加盟するデメリット

ネイルサロンのフランチャイズに加盟するのには、メリットだけでなくデメリットもあります。

デメリット1:初期費用が高額になる場合がある

フランチャイズのネイルサロンは、開業するにあたり、加盟金、保証金、準備金などの初期費用が発生します。加盟金や保証金がかからないフランチャイズもありますが、物件の取得費用、内装工事費が必要になるケースは少なくありません。これらすべてを合計すると、初期費用だけでも1,000万円ほどかかることもあります。

物件選定の相談ができるか、開業後の集客力があるかなど、初期費用に見合うメリットが得られそうかきちんと判断してフランチャイズ本部を決めるようにしましょう。

デメリット2:ロイヤリティを支払わなくてはいけないケースも

ロイヤリティとはフランチャイズの本部に対して毎月支払うものです。支出となりますので、必ず加盟前に確認するようにしましょう。

ただし、中には毎月のロイヤリティは不要というフランチャイズもあるようです。サービスやサポートを見比べる必要はありますが、このようなフランチャイズを選んでみるのも良いかもしれません。

デメリット3:自由な経営はできない

フランチャイズに加盟すると、フランチャイズ本部の作成したマニュアルに沿って経営をしなくてはいけません。店舗の内外装はもちろん、接客方法なども本部から指示があるケースがほとんどです。成功ノウハウを提供してくれているのですが、その代わり、オリジナリティは出せない場合もあるので、特別こだわりのある方はフランチャイズよりも自分で一から進めるのがよいでしょう。

フランチャイズのネイルサロンを成功させるためのポイント

ネイルサロンのフランチャイズに加盟するメリット・デメリットまとめ!主要なチェーンとは?

フランチャイズでネイルサロンを成功させるためにはどのようなポイントを抑えるべきなのでしょうか。フランチャイズのネイルサロンを成功させるためのポイントを紹介します。

需要があるエリアに店舗を構える

ネイルサロンの需要があるエリアに店舗を構えられるかどうかが、売り上げを大きく左右します。需要のないエリアにネイルサロンを開業しても、お客さまが来ないのはもちろん、不便な場所だとせっかくお客さまが来てくれてもリピーターになってもらえなくなってしまいます。

フランチャイズのネイルサロンを開業する場合には、どんなターゲット層を取りにいきたいのか意識して立地選びをしなくてはいけません。

効果的に販促活動をする

安定した客足を獲得するためには、販促活動が必要不可欠です。しかし、販促活動をするのにも広告宣伝費がかかります。そのため、効率良く、無理のない範囲で広告宣伝費を使って販促活動をしなくてはいけません。

効率よく集客ができるツールとして代表的なのがSNSです。毎日ネイルデザインを発信するなど情報発信することで、低コストで高い宣伝効果を得られます。店舗の雰囲気やネイリスト紹介などもできるので、まずはSNSを使った販促活動から始めてみると良いでしょう。

内装デザインにもこだわる

ネイルケアの時間は美容のメンテナンス・手入れの時間でもあります。そのため、「特別な空間」や「安らぐ空間」であった方がお客様に良い精神状態でネイルケアを受けてもらえるでしょう。ゆったりとした空間を演出するためにも、内外装にもこだわりを持って店舗を作るようにしてみてください。

ネイルサロンのフランチャイズチェーン3選

次に、主要なネイルサロンのフランチャイズチェーンを3つ紹介していきます。

A社

サロン経営未経験でも始められ、女性一人での開業も可能です。さらに、今の時代ならではの遠隔経営も実現しています。また、小規模出店や自宅でひとりでの開業や独立もできるので、比較的気軽に開業できます。

B社

開業資金0円で始められるネイルサロンのフランチャイズです。希望エリアの美容室、エステサロン、まつ毛エクステサロンなどの一角を間借りして開業します。インショップ開業は、家賃は固定ではなく売り上げに応じた歩合での支払いになるため、開業して間もなくで売り上げが安定しない時期でも安心して運営できます。

C社

ネイルメーカーが手がけるC社は、各国のファッション雑誌でも取り上げられるようなブランド力を誇ります。また、C社の親会社は東証JASDAQ上場企業になります。経営母体が安定しているので、開業して間もなくでも安心して経営ができるでしょう。

ネイルサロンの今後

女性のおしゃれというイメージのあるネイルケアですが、近年では男性利用者も増えてきています。そのため、ネイルサロンの需要は増えており、現在も成長市場と言われているほどです。

数多くのネイルサロンが存在するも、サロンごとに得意としている技術が異なります。それに加えニーズの細分化により、サロンにファンがつきやすくなっているのも現状です。

成長が見込めるネイルサロンをフランチャイズで開業し、独立を目指そう

ネイルサロンをフランチャイズで始めると、経営ノウハウをサポートしてくれたり、販促活動を代わりに行ってくれたりするため個人でサロンを開くよりも経営に専念できるでしょう。

アントレではネイルサロンやエステなど美容系のフランチャイズ情報も掲載しています。ぜひチェックしてみてください。
https://entrenet.jp/

PROFILE

ちはる

大手IT商社でプロダクトプロモーション担当を経て、 WEBコンテンツ制作会社に転職し、ライターとして所属。その後、独立し、現在はビジネス・不動産関連の記事を主に執筆。

RELATION あわせて読みたい関連記事

アントレ 独立、開業、起業をご検討のみなさまへ

アントレは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。