スタイルのある生き方へシフトしたいビジネスパーソンのためのニュース・コラムサイト。
検索
起業家・先輩から学ぶ

挑戦に“根性論”はいらない。奥西亮賀さんに聞く、新規事業に必要なたった1つのこと

挑戦に“根性論”はいらない。奥西亮賀さんに聞く、新規事業に必要なたった1つのこと

挑戦に必要なこととは、なんでしょうか?

根性、気合い、勇気――。そのいずれも「一番重要なものではない」、そう語るのは今回お話を伺った、奥西亮賀さん。

奥西さんの運営する株式会社Peoplyticsでは、月に1回のペースで新しいプロダクトを創出しています。

前職のリクルート時代、新規事業の立ち上げに多く携わった奥西さんは、新規事業を成功させる上で必要な“あること”に気づいたと言います。

今回は奥西さんのこれまでのキャリアを振り返るとともに、なぜ月1回必ず新しいプロダクトを生み出すのかを伺いました。

奥西さんが気づいた“あること”、そして根性論ではない挑戦の仕方とは、一体なんでしょうか?

<プロフィール>
奥西亮賀さん
株式会社Peoplytics代表取締役

大学時代にプログラミングと出合い、アプリ開発に情熱を注ぐ。

2015年に同志社大学大学院理工学研究科を卒業後、 リクルートホールディングスにUI/UXディレクターとして入社。

保険サイトやECサイトの新規立ち上げから、運用・改善に従事する。その後プロダクトマネジャーとして事業全体の戦略、マーケティングなどに携わる。

2019年7月に株式会社Peoplyticsを起業。
電話自動応答サービス「IVRy」や、気温に合わせた服装コーディネートを検索できるサイト「snapu!」といった、新規プロダクトのリリースに力を入れている。

「0から1を作るワクワク感」を、仲間と一緒に。奥西さんが起業を決めた理由

――株式会社Peoplyticsの代表として、数々のプロダクトを創出されている奥西さん。まずは現在に至るまでの経緯を聞かせていただきたいのですが、プログラミングはいつ頃から経験をされていたのでしょう?

奥西さん
本格的に勉強を始めたのは、大学院1年生の頃ですね。

大学4年生から研究室に入るのですが、まだ配属されたての頃は「サーバーってなんですか?」というレベルで(笑)。

その後猛勉強を重ねて、大学院1年生の時には、1日15時間くらいはプログラミングをやっているような生活を送っていました。

当時、学生がiOSやAndroidのアプリ開発をするのが流行っていて、よく仲間と一緒にアプリを作っていたんです。

例えば僕は京都の大学に通っていたので、観光名所を検索できるアプリや、集合写真を撮る時に、全員がカメラを見たタイミングでシャッターが切れるようなアプリを開発したり。

「こういうの、あったらいいよね。便利だよね」と思えるシステムを、みんなでワイワイと案を出し合って、一緒に試行錯誤しながら形にしていく。

その「0から1を作るワクワク感」が、とっても楽しかったんですよね。でもその一方で、ある課題を感じていて。

――課題、ですか?

奥西さん
シンプルに、お金の稼ぎ方が分からなかったんです。

せっかくがんばってアプリを作ったはいいけれど、それを使ってお金を稼ぐことができなければ、サービスを続けることはできません。

「作りたいものを形にする」ことは、大学院時代にある程度できるようになったので、今度はお金の稼ぎ方や生み出し方、ビジネスのことを学ぼうと思って就職を決意しました。

研究室の縁からリクルートにインターンする機会があり、そのまま就職したんです。

――リクルート時代はどのようなお仕事を?

奥西さん
UI(※)/UX(※)ディレクターとして新規事業、主に保険比較サイトやECサイトの立ち上げやWebサイトの設計といった業務を行っていました。

僕自身がもともとサイトを作る側の人間だったので「自分でも作れるし、戦略も考えられる」、プロダクトを作る人と戦略を考えるマーケターの、中間のような役割を担っていたんです。

マーケターの仕事は、ただ「作るだけ」だった学生時代とは違った意味での難しさがある仕事でした。

そのおかげで、入社前の目標にしていたお金の生み出し方やビジネスについては、経験とともにかなり理解が深まっていきましたね。

※1……ユーザーインターフェースの略。インターフェースとは接点のことで、人とモノをつなぐ間のもの。例えばWebサイトなら、デザインやフォントといった、ユーザーの目の触れる全ての情報のこと

※2……ユーザーエクスペリエンスの略。ユーザーがサービスを通して得られる体験、経験のこと。例えばWebサイトなら、「デザインが美しい」「フォントが見やすい」といったユーザーが感じる全てのこと


――起業までの経緯について教えてください。

奥西さん
もともと入社前から、ずっと起業したいと思っていました。

僕にとって、学生の時に味わった「0から1を作るワクワク感」の体験が、忘れられなかったんですよね。

もちろん会社員としても「0から1を作る」ことはやっていたんですが、それは「会社ルールの中で」という前提条件が必ずついてまわります。

例えば会社には人事というものがありますから、自分が好きな人とだけ仕事をすることはできません。それに「会社のやりたい方向性に反する、自分のやりたいこと」を実現するのは、至難の業です。

それに年齢を重ねてから、起業で大失敗をして会社員に戻るよりは、早めに起業を経験して失敗するなら失敗をして会社員に戻った方が、ダメージが少ないなと(笑)。

そんなことを考えていた会社員4年目に、会社の仕事とは別にある大手企業からシステム開発の依頼がありました。

その仕事を受注するためには法人登記が必要、ということとなり、あれよあれよと会社を立ち上げることになりました。

そして2019年7月に、株式会社Peoplyticsが生まれたんです。

“守り”を固めて、打席に立ち続ける。挑戦のために必要な、仕組み作り

――株式会社Peoplyticsの事業について教えてください。

奥西さん
起業当初はシステム開発が中心だったのですが、2019年末ごろから自社プロダクトの立ち上げにも注力し始めました。

今は月に1回のペースで新しいサービスを立ち上げています。軌道に乗りつつあるのは、2020年7月にリリースした「IVRy」(アイブリー)ですね。


https://ivry.jp

奥西さん
例えば大きい会社さんに電話をすると、だいたい最初は自動応答になるじゃないですか。「商品の修理は1番、その他のお問い合わせは2番」といった具合に。

実はあの仕組みを導入するのって、結構お金がかかるんですよ。

サービスにもよりますが、最初にかかるイニシャルコストで数十万、月々かかるランニングコストで数万円くらいはします。

大きくて資金力のある会社さんはともかく、個人経営のお店や小さい企業さんにとっては、なかなか導入しづらい金額です。

だから仕方なく電話を取るけれど、かかってくる電話の中には、営業電話など重要性・緊急性の低い要件もあったりして。

そこで電話自動応答サービスを、月3000円程度から導入できるよう設計して立ち上げたのが、この「IVRy」なんです。

――このサービスを立ち上げようと思ったきっかけなどはありますか?

奥西さん
実は僕も起業当初、同じことに悩まされていたんです。

電話が鳴ったと思ったら売り込みだったりと、集中して業務にあたりたいのに重要性・緊急性の低い電話のせいで仕事が遮られてしまうことが、多々ありました。

だから思い切って、電話に出るのを全くやめていた時期があって。

そんな感じで全く電話に出ずにいたら、なんと融資を申し込んでいた銀行からの連絡までも、無視してしまっていたんです(笑)。

銀行からの連絡にずっと出なかったのですから、融資の審査は当然、落ちてしまいました。

今だから笑って話せることですけど、もし当時会社の経営状況がひっ迫していたとしたら、倒産につながってしまってもおかしくないくらい致命的ですよね。

僕の肌感覚ですが、だいたい10回の電話中1から2回くらいは、重要性・緊急性の高い電話がかかってきます。

その電話をどうにかして拾えないかと試行錯誤した結果「IVRy」が生まれた、というわけです。


――「IVRy」以外にもさまざまなサービスを展開されていますが、なぜ毎月新しいプロダクトをリリースし続けるのでしょうか?

奥西さん
リクルートでの経験で学んだのは「新規事業が成功する確率は、良くて10%ほど」ということでした。

つまり新しいものを生み出してリリースするための、“打席”に立ち続けていれば、必ずヒットする日がやってくる。

だから毎月何か1つでも、新しいものを作っているんです。

そしてその1回のヒットを生み出すには、安定して新しいものを生み出していくだけの土壌を作らなければなりません。

なのでもちろん、現状はシステム開発の受注も引き続き行っています。

――“守り”を固めつつ、毎月必ず継続的に打席に立つ。新規事業を立ち上げる上で非常に重要な考え方ですね。

奥西さん
新しいものを作ることは好きではありますが、だからといって「いつ潰れるか分からないような状態」になっている状態で、新しいものを作り続けたいかと言われると、決してそんなことはありません(笑)。

ちゃんと食べるに困らないだけの稼ぎがあって、その上でリスクを取っていろんなことにチャレンジしていくことが経営上、重要なことだと考えています。

挑戦に必要なことって、気合いとか根性とかそういうものではなく、挑戦をし続けてもちゃんと回っていける、持続可能な組織の仕組み作りなんじゃないかと思うんですよね。

リスクの最小化して“根性論”ではない、独立・起業を!

――奥西さんの今後の展望を教えてください。

奥西さん
3〜5年後を目処に上場を目指しているのですが、それはマイルストーンのひとつのようなイメージです。

「時価総額◯◯億円! ◯兆円!」のような会社にしたいと思っていますが、一番大切にしていることは、自分たちが作るプロダクトが、世の中でちゃんと役に立っていて欲しいということです。

「IVRy」もそうですが、WebやAIの力で、人間の負担を減らしていけるようなプロダクトをこれからも作っていきたいです。

もともとこの会社は、僕がメンバーのみんなと楽しく仕事をしながら、社会に価値提供するために作りました。

その状態を半永久的に続けていくために、これからもきっちりと売り上げを立てて、より安定した組織を築いていけたらと思っています。

――最後に、読者の方へメッセージをお願いします。

奥西さん
個人的に、安定志向の方でも独立・起業って難しくないと思うんです。

というのもここまで話してきた通り、僕はかなり安定志向です。

新しいことに挑戦できるのも、不安な要素を潰して、ピンチをちゃんと回避できる仕組みを作っているから。

安定志向だからこそ、リスクを最小化して精神的にもいいチャレンジができると思うんです。

新しいことを始める時、最初は不安が大きいものです。

でも成功する確率が五分五分なら、やってみたほうがいい。リスクを最小化していれば失敗も「いい経験」で済むはずですし、何より成功も失敗も自分にとっての財産となります。

迷っているならぜひ、“根性論”ではない方法で、挑戦をしてみてください。

取材・文・撮影=内藤 祐介

PICK UP この記事に興味のある人が見ている独立開業プラン

アントレ 独立、開業、起業をご検討のみなさまへ

アントレは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。