カテゴリー

Line

やりたかった「システム開発」にだけ専念する。花輪恒平がたどり着いた「自分らしい働き方」

「システム開発で、世の中をもっと便利にしていきたい」

そんな熱い想いを持って就職したが、
いつの頃からか、開発の仕事はメンバーにお願いし、
自分はメンバーの仕事を進捗管理することになり、
「オレはこの先、このままでいいのか」と、ひとり悶々と悩む。
そんなエンジニアも多いのではないでしょうか。

今回お話を伺ったのは、花輪恒平さん。

40歳で会社を立ち上げ、企業のシステム開発に携わっています。

なぜ40歳というタイミングで会社を辞め、ひとりで起業することを選んだのか。お話をお聞きしました。

<プロフィール>

花輪 恒平さん
株式会社アンカレイジ
代表取締役社長

日本大学生産工学部機械工学科を卒業後、IT系のシステム開発会社に就職。
以降、システム開発のエンジニアとして、大手旅行代理店や金融系、通信系サービスの基幹システムの開発等に携わる。
2017年8月、40歳のタイミングで、株式会社アンカレイジを設立。

就職氷河期の影響で飛び込んだ、システム開発の世界

-現在に至るまでの経緯を教えてください。

花輪さん

大学は理系でした。専攻が機械工学だったこともあり、将来はクルマの開発がしたいと考え、教授から自動車系の部品メーカーの推薦をもらっていました。

ところが7月にその会社が業績不振で翌年の新卒採用をストップしてしまったのです。

-それで就職はどうされたんですか?

花輪さん

私が就職活動をしていた時は「就職氷河期」と言われていて、とても厳しい年でした。しかも時期はすでに7月。

私は教授に、他に就職できる会社がないか聞き、IT系のシステム開発会社を勧められて、なんとかその会社に就職することができました。

-なんとか無事に就職先が決まったんですね。その後は?

花輪さん

ただ就職できたといっても、IT系の会社は想定外。当時はパソコンも使えなかったので、慌てて自分で購入し、WordやExcelの練習をしていたのを覚えています。

そして翌年4月に入社。3カ月間の社内研修を受け、まずシステムのプログラム作成の仕事に取り組みました。特に不満もなかったんですが、実は2年目で辞めてしまいました。

-せっかく苦労して就職できたのに、2年で辞めてしまったのですか?

花輪さん

実は最初の会社ではプログラミング作業が多く、お客さまと直接やりとりする機会が少なかったので、キャリアアップを目指して上場企業に転職することにしたのです。その結果、上流工程に従事する機会が多くなり、証券会社の基幹システムや放送局の番組情報など、開発予算10億円以上の大規模開発を数多く経験することができました。

クライアントと直接打ち合わせする機会も増え、徐々に「システム開発で、お客さんのやりたいことを実現していきたい」と思いが強くなっていきました。

キャリアアップするにつれて増えていった、管理の仕事

-自分自身の目指す姿が見えてきたんですね。

花輪さん

ただ、エンジニアとしてキャリアを積むうちに、いつしか会社の中でのポジションが変化していきました。自分で開発に携わるよりもメンバーにシステム開発を任せて、自分はその進捗管理をすることが増えていきました。

自分がやりたいシステム開発の仕事から遠ざかっていく現状に「このままでいいのか」と悶々とする日々を過ごすようになりました。

-そして、どうされたのですか?

花輪さん

実は以前から、40歳になったら、それまでとは違う新しいことに取り組みたい、といろいろ考えていました。そのひとつに「自分で会社を立ち上げてみたい」という思いがありました。

「システム開発だけに専念できる会社を、自分ひとりで作りたい」。

ある日、社長に思い切って相談してみました。社長からは「いいと思うよ。応援するよ」と言っていただき、2017年8月に、株式会社アンカレイジを設立しました。

ひとりで会社設立。「やりたいことだけ」に専念できる幸せ

-自分で会社を立ち上げて、何が変わりましたか?

花輪さん

この8月で設立から2年がたちましたが、煩わしいことは一切なくなって楽になった、というのが最も大きな変化です。自分がやりたい「システム開発」の仕事だけに専念できるようになりました。もちろん、ひとりになったことでたいへんなこともいろいろ起こりますが苦にならず、むしろ頑張って乗り越えられます。

実は、会社は私ひとりで立ち上げたのですが、現在もうひとり社員がいます。SE兼プログラマーとして取引先の開発ベンダーに常駐してもらっています。

-社員を採用されたのには、何か特別な理由があるのですか?

花輪さん

私は、日本はプログラマーに対する評価が外国に比べると低い傾向にあると思っており、「優秀なプログラマーには正当な評価をしてあげたい」と常々考えていました。そこで若干27歳の彼に出会った際、とても優秀なプログラマーだったので、通常よりも破格の待遇で入社してもらうことにしたのです。

ただ今後は、これ以上社員を増やすことは考えていません。

-なるほど、そんな思いがあったんですね。他に変わったことはありますか?

花輪さん

自分で会社を立ち上げてみてとても感じるのが「人の繋がりは、仕事に繋がる」ということです。

たとえば会社を立ち上げた際、最初に旅行系のシステム開発の仕事をいただいたのは、以前にシステム開発で画面のデザインをお願いしていた会社の方でした。また前の会社でお付き合いのあった会社に独立のご挨拶に伺ったところ、「そういえば、ひとつお願いしたい仕事があるな」と新たなシステム開発の案件を依頼いただきました。

「人の繋がり」のありがたさ、大切さを、独立してひしひしと感じています。

-最後に、読者へのメッセージをいただけますか?

花輪さん

私は40歳で「システム開発に専念したい」と思い独立しましたが、以前の私と同じように会社の中でやりたいことが実現できず悶々としていて、腕に自信がある人であれば、今すぐにでも独立をお勧めします。人との繋がりを大切にしていけば、きっと道は開けると思います。

PICKUP!

この記事に興味のある人が見ている独立開業プラン

この記事が気に入ったらいいね!しよう。

最新記事をお届けします

あわせて読みたい関連記事

おすすめの最新記事

せっかくの人生です。自分のやりたい仕事をしてみませんか。
会社員は安泰という時代だったのは過去のこと。独立開業をして失敗するかもしれないリスクと、勤めている会社がどうなるかわからないリスク、どちらもリスクがあるなら“自分で決める”方が、どのような結果となっても、納得はできるかもしれないですね。 (さらに…)

2019年9月18日

Line
Line
Line

月間アクセスランキング

カテゴリー

注目のキーワード

アントレ

独立、開業、起業をご検討のみなさまへ
アントレは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。

会員登録はコチラ

アントレ公式ページ