カテゴリー

税理士ドットコム

稼ぐことが目的じゃない。親の離婚後のこどもの笑顔を守る、面会交流支援の在り方

稼ぐことが目的じゃない。親の離婚後のこどもの笑顔を守る、面会交流支援の在り方

独立・起業を考える際に切っても切れないのは「この仕事で継続的に稼いでいけるか?」という視点ではないでしょうか。

仕事と生活は密接に結びついており、生活をする以上、仕事できちんとお金を稼いでいかなければなりません。

今回お話を伺ったのは、面会交流代理人で「面会交流支援 OMI VISITS」(以下、OMI VISITS)の理事を務める、山川直明さん。

山川さんは20年勤めた会社を退職した後「OMI VISITS」を立ち上げました。しかしそれはお金を稼ぐために立ち上げたわけではないと語ります。

なぜ山川さんは「OMI VISITS」を立ち上げようと思ったのでしょうか?

<プロフィール>
山川直明さん
面会交流代理人/面会交流支援OMIVISITS 理事

京都市内のタクシー会社で20年ドライバーを務めた後、「面会交流支援OMI VISITS」を立ち上げる。

滋賀県長浜市を拠点に、離婚した家庭のこどもと非親権者の面会の支援を積極的に行う。

面会交流とは:離婚後又は別居中にこどもを養育・監護していない方の親がこどもと面会等を行うこと
出典:裁判所より

3組に1組が離婚する時代の需要。タクシードライバーから面会交流代理人へ転身した理由

―山川さんが「面会交流支援OMI VISITS」を立ち上げられるまでの経緯を教えてください。

山川さん
大学を卒業していくつかの職を転々とした後、京都市内でタクシーの運転手として20年ほど勤務していました。

大学では西洋経済史を専攻しており、卒業後はヨーロッパへ旅をしていました。そのため英語の他にフランス語、ドイツ語なども話せるので、訪日外国人を中心に観光ガイドを担当していました。

京都の街をタクシーで1日周り、観光名所にまつわるエピソードなどを紹介しながら案内していました。

―タクシードライバーだった山川さんがなぜ、面会交流支援を?

山川さん
きっかけは妻からの相談でした。

私の妻は滋賀県彦根市で弁護士をしているのですが、女性の弁護士ということで、離婚問題を扱うことが多かったんです。

離婚の問題は離婚調停が終結すれば、問題そのものが終わるわけではありません。

特に問題になりやすいのが、こどもと親権者ではない「非親権者」と面会する、面会交流だったんです。

―なぜ面会交流が問題になりやすいのでしょう?

山川さん
通常、面会交流では当事者(親権者と非親権者)たちの話し合いによって、面会の可否や頻度、日時や場所などが決定します。

ですが、そもそも当事者たちの関係が良好ではない場合、話し合いをすることそのものが困難になってしまいます。

そのため面会交流に立ち会い、当事者たちの間を取り持つ信頼できる第三者が必要になるのです。

昔と比べて離婚率は上昇し、現在は実に3組に1組の夫婦が離婚すると言われている中、面会交流の需要は確実に高まっています。

需要はあるものの、面会交流を支援してくれる団体がないと妻から相談を受け、一念発起して立ち上げたのが「面会交流支援OMI VISITS」(以下、OMI VISITS)だったんです。

こどもを笑顔にするために。ビジネスにしない面会交流支援の在り方

―離婚にも様々な理由がありますが、当事者の仲が悪い場合、親権者の精神的なコミュニケーションコストがかかってしまいますからね。

山川さん
そうですね。特に配偶者へのDVが原因で離婚した夫婦ですと、メールや電話でコミュニケーションを取ることすら恐怖を感じてしまうケースもあります。

また私たち面会交流代理人が最も危惧しているのは非親権者による、こどもの「連れ去り」です。

普通の誘拐事件とは異なり、こどもの親ですからね。このあたりは特に気を使っています。

―たしかに離婚しているとはいえ、自分の親ならついて行ってしまいそうですね。こどもが幼いなら特に。

山川さん
ええ。だから私たちは大きく4つの支援を行っています。

1つ目は、連絡支援。先程お話した通り、当事者たちの間に入り連絡を取りもちます。

2つ目は、受け渡し支援。これは親権者の代わりにこどもを非親権者との面会に連れていき、時間になったらこどもを非親権者から預かります。

3つ目は同行支援、4つ目は施設提供支援です。面会中、同じ空間に私たちが同行し、面会のための施設を提供します。

同行支援と施設利用支援は「連れ去り」の防止のための手段でもありますが、同時に円滑な面会をアレンジするための方法でもあります。

―どういうことでしょうか?

山川さん
「面会」と聞くと、味気ない部屋に非親権者とこどもを会わせ、私たちがその様子を見守るという、どこか窮屈な印象があるかもしれません。

普段会っていない親子が、いきなり第三者の前で会っても、手持ち無沙汰になってしまいがちですが「OMI VISITS」では施設を貸し出しており、こどもと非親権者が一緒に取り組めるようなイベントがあります

例えば、シーカヤックやバイオリン、ギター作りなど、親子が一緒に楽しめるプログラムを用意しています。

―たしかに親子で「何かを一緒に作る」というのは、手持ち無沙汰解消につながるだけでなく、自然な形で絆を深めることもできますよね。一方で面会交流支援では、どのようなマネタイズ方法を採っているのでしょう?

山川さん
基本的には1回の面会あたりでいくら、という形でお金をいただいているのですが、スタッフの給与を含め、コストと収益はだいたい同じくらいですね。

ビジネス、というよりほぼ慈善事業のようなスタイルです。ただ、サスティナブルな活動にするために様々な工夫を施しています。

例えば、施設は使われていなかった空き家を改装したものですし、空き家の近くには山もあり畑もある。

都会のように居住費もかかりませんし、食費もそこまでかかりません。

またスタッフも理念に賛同したボランティア有志が集まっているので、人件費もそこまで多くかからない。

通常、面会交流支援を受けるためには、1時間で1〜2万円ほどかかるのですが、こうした工夫で相場の6割程度に料金を抑えることができています。

―営利を目的としていないのはなぜですか?

山川さん
お金をたくさん稼ぎたくてこの仕事をしているわけではありませんし、都会と違って、長浜で面会交流支援をする分には、そんなにたくさんのお金が必要なわけではないんです。

何より両親が離婚して傷ついているのは、やっぱりこどもです。親のためというよりは、こどもを笑顔にするためになるべく親の負担は減らしつつ、親と会う機会を増やしてあげたいんです。

お金を稼ぐことが全てではない。自分の事業の目的をもう一度考える

―山川さんの今後の目標はなんでしょう?

山川さん
現在は長浜で活動をしていますが、今後は名古屋や京都、大阪など都市部にも進出していきたいと思っています。

やはり人が多ければ多いほど離婚の発生件数も多くなり、それだけ両親の離婚を経験するこどもが増えますから。

しかしそのためには、都市部でもきちんと機能し継続できる仕組み作りが必要です。「OMI VISITS」の理念や良いところは活かしつつ、どれだけカスタマイズできるかが課題ですね。

―ありがとうございます。最後に読者にアドバイスをいただけますか?

山川さん
なんのために事業を立ち上げるのか、という動機ははっきりさせたほうがいいかもしれません。

私の場合は、妻から聞いた離婚した後の問題、面会交流支援の重要性、そしてこどもの笑顔を守ることでした。

正直、お金儲けのことは全然考えていませんでした(笑)。

とはいえ継続的に続けていくためにはどこにお金をかけ、どこを削れるかを考え、今のようなスタイルになりました。

自分の目的に沿った事業の在り方、規模感を想定することはとても大切です。ただ漠然と利益追求を目的にすると、なんのためにやっているのか分からなくなってしまいますからね。

自分はなんのために独立・起業をするのか。そこをもう一度よく考えてみると良いかもしれません。

PICKUP!

この記事に興味のある人が見ている独立開業プラン

この記事が気に入ったらいいね!しよう。

最新記事をお届けします

あわせて読みたい関連記事

おすすめの最新記事

新型コロナウイルスの感染拡大やAIの急速な進化など、最近では事前に予測できない社会変化が多く発生しています。この状況を表すキーワードとして「VUCA」という言葉が最近よく使われています。

今後独立開業をしていく際には、この「VUCA」の特性を把握したうえで事業運営していくことが求められます。

では「VUCA」とは何なのか、今後どう対応していく必要があるのか、ご紹介していきましょう。

「VUCA」のルーツは軍事造語

「VUCA」とは、Volatility(変動性)、Uncertainty(不確実性)、Complexity(複雑性)、Ambiguity(曖昧性)の頭文字を取った造語です。

もともとは、冷戦終結によって従来の核兵器ありきの戦略から不透明な戦略へと変わった1990年代の状態を表す軍事造語でした。その後2010年代に入り、変化が激しく不確実な社会情勢を指して、「VUCA」という言葉が転用されるようになりました。現在では、これまでの常識が大きく変わる「ニューノーマル時代」の到来を象徴する言葉としても使われています。

「VUCA]に含まれる言葉の意味は、以下になります。

【V】Volatility(変動性)

VUCAの「V」はVolatilityで、「変動性」という意味です。

IT技術が急速に発展している今の時代は、顧客ニーズの変動が顕著です。たとえば、2013年頃に一世を風靡したソーシャルゲーム業界が、今ではピーク時と比べ売上高が半減しています。新しいビジネスモデルを作り出しても、環境の変動によってわずか数年で衰退してしまうのが現状で、市場は以前よりも短期間で大きく変動し、予測不能な状態になっています。

【U】Uncertainty(不確実性)

VUCAの「U」はUncertaintyで、「不確実性」という意味です。

今やビジネスにおいて、「確実なもの」「安定しているもの」はありません。時代の変化はもちろん、政治経済や市場の変化は目まぐるしく、日々グローバル化も進んでいます。また今年でいうと感染拡大した新型コロナウイルスが日本経済にどのような影響を与えるのか、渦中では予測不可能です。突発的な疫病や、激化していく台風や地震などの災害、少子高齢化・過疎化などの不確実な要因が、現代には複数存在します。そして不確実性が大きい状況では、売上計画などビジネス上の見通しを立てるのが難しくなります。

【C】Complexity(複雑性)

VUCAの「C」はComplexityで、「複雑性」という意味です。

急速なビジネスのグローバル化が進んだことで、今日さまざまな分野で国境を越えるイノベーションが起こっています。そのような状況でビジネスを成功させるためには、世界の「複雑性」を十分に理解しておくことが必要です。特に日本と海外ではビジネスの習慣やルール、基本的な価値観などが異なる場合が多く、また新しいビジネスやルールが次々に生まれるため、法律面を含めた環境整備が追いついていないというのが現状です。

たとえばタクシーの配車アプリであるUberのように、本国であるアメリカと日本で異なった仕組みで運営されていたり、全世界的に広がっているキャッシュレス化も、日本では店舗側がコスト負担の問題や現金信仰という独自の文化観によってなかなか広がらないという、世界各国とは異なる結果が生じていたりします。

現在では新しいサービスが登場するたびに、複雑性にどのように対処するか、という課題が生まれています。

【A】Ambiguity(曖昧性)

VUCAの「A」はAmbiguityで、「曖昧性」という意味です。

現在、ビジネスを取り巻く環境が目まぐるしく変化しているため、少し先のこともどうなるか予測が難しく、問題に対する絶対的な解決策が見つからない曖昧な状況になっています。

たとえばベンチャーキャピタル(投資会社)のように、投資先企業の精査をしても今後の環境変化が見立てきれず、曖昧な状況の中で投資するかどうかという経営の意思決定が求められるケースも増えています。

このような曖昧な案件に対しては、少しの変化も逃さず素早く最新情報を捉えて意思決定し、対応していくことが求められます。

「VUCA」の時代に求められる3つのポイント

「VUCA」の時代が進むと、変化(Volatility)が激しいため先が見通しづらく(Uncertainty)、複雑(Complexity)で曖昧(Ambiguity)な世の中になっていきます。そのため、従来のように準備に長い時間をかけていては、市場構造やユーザーの興味は移り変わってしまいます。

そのような「VUCA」の時代に対応したビジネスを展開していくためには、事業として以下の3つのポイントが必要になります。

① ビジョンを明確に持つ

「VUCA」の時代は将来の社会環境がどのように変化するか予測しづらく、かつその変化のスピードも速くなっています。企業がその変化に柔軟に対応するためには、今後何を目指していくか、自社のビジョン、経営方針を明確に持つことが求められます。

この自社のビジョン・経営方針が明確でないと、社会変化に対応するたびに自社の経営戦略のベクトルが変わることになりかねず、事業を継続的に運営していくことが困難になってしまいます。

自社のビジョン・経営方針を明確にしておけば、ビジョン実現のためにとるべき行動や経営判断が明確になり、環境変化に振り回されたりその場しのぎの判断をしたりすることを回避できます。

② 素早く情報収集し予測・検証する

「VUCA」の時代では、自社のビジネス環境が急速に変化していきますが、どのような変化が起こっているのかを把握しなければ、その後の対応もできません。

そのため、自社のビジョン・経営方針を明確にしたうえで、できる限りの情報を素早く集め、変化の状況を正確に把握することが必要です。

情報を集める際は、用途によって情報ソースを使い分け短期間で収集します。インターネットのニュースサイトやアプリは、時事ニュースなど広く浅い情報を集めるのに有効です。一方、自社ビジネスに直結する深く狭い専門的な情報は、専門的なサイトやSNS上の専門家のアカウントをフォローすることで入手します。執筆した書籍や実際に現場の人間に会って生きた情報を得るなど、情報ソースをバランスよく配分しましょう。

そして集めた情報から現状を打開するアイデアを生み出し、仮説を素早く立て、即実行して検証することが大切です。「VUCA」の時代では、石橋を叩くようにアイデアを検証している間にも、どんどん状況が変化していきます。小さいアイデアから試し、結果を検証しながらアイデアを大きくしていきましょう。失敗を恐れず、動きながら考えることが「VUCA」時代では求められます。

③ 結果が出るまでやりきる

情報を収集して分析検討し将来を予測したとしても、その予測が正しいかどうかは誰にも判断できません。情報収集をある程度実施してビジネスに関する予測をした後は、予測が当たるかどうか一喜一憂するのではなく「やりきる力」が必要です。選択の大枠となる部分を決めたら、結果が出るまでは強い意志を持って決めたことに集中し、やりきりましょう。

変化が激しい「VUCA」の時代には、ビジョンに基づいて選択した対応策を、まわりの変化に振り回されずに一貫してやりきることが求められます。「柔軟に対応しているつもりだったが、実は状況に流されているだけだった」という事態を避けるためにも、判断した後は一定期間その選択に集中してやりきりましょう。

意思決定のスピードを上げ、「VUCA」に素早く対応を

ここまで、今後の「VUCA」の時代にどう対応していく必要があるか、ご紹介してきました。

環境変化の先行きが見通しづらい中、事業を継続的に成長させていくためには、企業としての意思決定のスピードをどう上げていくかが重要になります。そのためには、先ほどもご説明したように、自社のビジョン・経営方針を明確にしたうえで情報収集と仮説検証を素早く行うことが求められます。そして意思決定したら、結果が出るまでやりきることです。

企業の意思決定スピードを高めることで、今後の「VUCA」の時代に対応していきましょう。

PROFILE

HIDE

元大手広告会社で人事部長を経験。新卒・中途の採用から人事制度設計、労務管理まで人事業務全般を手がける。現在はその前職での経験を活かし、各種就職・転職セミナーの企画運営から企業の採用広報の企画設計等、幅広く活動中。

2020年10月26日

アントレプレナーという言葉は、独立を目指している方であれば、一度は聞いたことがあるでしょう。アントレプレナーは起業家という意味ですが、それだけでは言い表せない要素を含んでいます。

0から1を作り出す起業家には、どのような能力が必要なのか?アントレプレナーという言葉に含まれる意味合いを説明し、どんな人がアントレプレナーに向いているのかを解説していきます。

これから事業を起こそうとしている方、自分の進路に迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください。アントレプレナーについて理解を深めることは、これからの指針になるでしょう。 (さらに…)

2020年10月23日

税理士ドットコム
税理士ドットコム
Line

月間アクセスランキング

注目先輩レポート一覧

カテゴリー

注目のキーワード

アントレ

独立、開業、起業をご検討のみなさまへ
アントレは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。

会員登録はコチラ

アントレ公式ページ