スタイルのある生き方へシフトしたいビジネスパーソンのためのニュース・コラムサイト。
検索
フランチャイズとは

フランチャイズの加盟店側と本部側のメリット・デメリットについて

フランチャイズの加盟店側と本部側のメリット・デメリットについて

フランチャイズに加盟してコンビニエンスストアや飲食店、クリーニング店や塾などを独立・開業する方法があります。自力で独立・開業して経営することに比べて、フランチャイズ本部からのサポートを受けられたり、すでに確立されたブランドを利用できたりと、多くのメリットがあります。しかし、フランチャイズ本部によっては経営の自由度が低いケースがあることや、ロイヤリティ(対価)を支払わなくてはいけない場合もあるなど、自力で独立・開業するケースと比べるとデメリットも存在します。

フランチャイズによる店舗経営には具体的にどんなメリットとデメリットがあるのでしょうか。この記事では主に加盟店側にとってのメリットとデメリットを中心に、本部側にとってのメリットとデメリットについても紹介します。

フランチャイズとは

フランチャイズとは、フランチャイズビジネスを展開する本部(フランチャイザー)とフランチャイズ加盟店(フランチャイジー)が一定の条件で契約を結ぶことで、フランチャイズ加盟店がフランチャイズ本部の保有するブランド名を利用して営業を行うビジネスシステムのことです。「フランチャイズ・チェーン」の頭文字をとって「FC」と表現されることもあります。

フランチャイズ加盟店は、加盟する際に支払う加盟金や毎月の売上から算出しするなど規定に沿った金額のロイヤリティ(対価)などをフランチャイズ本部に支払うことで、フランチャイズ本部のブランド名や商品・サービスを使用してビジネスを行えます。

そのため「新たに独立・開業したいものの、事業の経験も知識も何もない」という方でも、フランチャイズへ加盟することで効率的に開業準備から出店まで、フランチャイズ本部からのサポートを受けながら行うことができます。

さまざまな業種でフランチャイズ経営が可能

フランチャイズビジネスを展開する本部には、コンビエンスストア飲食店・クリーニングといった街なかの店舗として想像しやすいものから、整体・理美容・介護・学習塾・リペアといった専門の資格や技術が必要なものまで多種多様な業種があります。

携帯電話ショップや買取販売なども、フランチャイズ店舗による運営であることもあります。またコインランドリーやコインパーキングなど、24時間営業で店員のいない店舗もフランチャイズ経営によって成り立っていることが多いです。

さまざまなフランチャイズオーナーが活躍

もともと自営業だった方がビジネスの拡大を求めてフランチャイズに加盟したり、会社員の方が会社を辞めてフランチャイズで開業したりするケースなど、あらゆるバックグラウンドを持っている方がフランチャイズ経営に挑戦されています。

ある業種に専門的な経験を持っている方でも、未経験の方でも、どんな方でもフランチャイズオーナーとして成功する可能性を秘めているのです。

こちらの記事もおススメ!
フランチャイズについてもっと知りたい方は、こちらの記事もぜひ読んでみてください。

フランチャイズ(FC)とは?意味や仕組みを分かりやすく初心者向けに解説
https://entrenet.jp/magazine/25755/

フランチャイズの加盟店側のメリット

フランチャイズ加盟店として店舗経営していくメリットは多くあります。具体的に加盟店となった場合のメリットを紹介します。

すでに認知されたブランドを利用できる

フランチャイズ加盟店は、すでに一般的に知られている知名度のある本部のブランド名称やロゴマークを利用して、フランチャイズ本部が開発した商品・サービスを顧客に提供できるため、顧客からの信頼をスムーズに得やすいメリットがあります。

飲食店の開業を例にすると、「どんなメニューがあるのかまったく知らない」「価格が高いか安いかどうかもわからない」「美味しいのかわからない」というお店よりも、テレビCMや口コミなどですでに知っている名前のお店やメニューならば安心感がありますよね。自宅や職場の近くに新しくオープンすると知り、「食事をしに行こう」と考える人も多いはずです。

フランチャイズ経営は、本部が持つブランド力や知名度を活かして集客をすることができます。個人で独立・開業して新しいオリジナルのお店を開業するよりも収益化に成功する可能性が高いと考えられます。

フランチャイズ本部のマニュアルを活用できる

フランチャイズ加盟店側はフランチャイズ本部の実績と経験に基づいた店舗運営マニュアルを共有してもらえるため、事業経験のない分野での開業が可能であることが大きなメリットです。

フランチャイズ本部から、人材育成や税務・会計などの経営ノウハウを共有してもらうことで、加盟店は営業に注力する時間ができ、売上につなげることができます。

販促活動の面でも新商品またはサービスの開発や改善案、顧客から飽きられることのないキャンペーン立案など、マーケティング戦略のマニュアル化や実行はフランチャイズ本部が行います。

このように、未経験でもフランチャイズに加盟すると、開業時だけでなく開業後も継続してフランチャイズ本部からのサポートを受けられるので、安心して経営できるというメリットがあります。

商品の仕入れコストを下げられる

フランチャイズ加盟店は、商品の仕入れコストを下げられるメリットも期待できます。店舗の経営ノウハウを教えてもらえたり運営サポートを受けられたりするように、商品の仕入れや流通経路においてもフランチャイズ本部の持つコネクションを利用できます。

1人の経営者として仕入れルートを新規開拓して、少量の仕入れをするのではなく、フランチャイズ本部の加盟店全体で仕入れるため、割安で効率的になります。スケールメリットを享受できるのです。

商品の仕入れコストを下げられるメリットは、原価のコントロールが死活問題ともなる飲食業や小売業では特に大きなメリットとなるでしょう。

収益を拡大できる可能性がある

フランチャイズ加盟店はそれぞれが事業主となるため、自身の店舗の売り上げが上がれば収益も上がります。売上に応じてフランチャイズ本部へのロイヤリティを支払う必要はありますが、その分、事業としての利益も増やしていけます。

フランチャイズオーナーは「店長」や「スーパーバイザー」などの役職で本部の社員として働くのではありません。一人の経営者として働くことになるので、やりがいがあり、経営がうまくいけば大きな収入につなげられる可能性もあります。

また1店舗だけではなく複数店舗や違う業種のフランチャイズにも挑戦するなど、さらなる事業拡大を目指すフランチャイズ加盟店の方もいます。

遊休地を活用できる

もし所有しているものの活用できていない遊休地があるならば、フランチャイズビジネスに活用して収益化することもできます。所有している土地を活かして、ノウハウがなくても効率的にビジネスを始められることもフランチャイズのメリットです。

遊休地を活用したフランチャイズ経営を例にすると、コインランドリー、コインパーキング、貸倉庫などです。これらは運営時の人件費はあまりかかりませんが、開業時に土地の取得費用や賃貸料がかかるタイプのビジネスです。すでに土地があるのであれば初期コストを抑えて開業することができます。

フランチャイズ本部が運営するWebサイトなどでも集客をしてもらえるほか、フランチャイズ本部のブランド力やネットワークを活かして個人で開業するよりも安定して経営できます。

店舗経営のために必要な機材なども、フランチャイズ本部から直接購入・レンタルしたり、仕入れ先やレンタル会社などを紹介してもらえることもあります。

フランチャイズ本部側のメリット

フランチャイズ加盟店側のメリットだけではなく、フランチャイズ本部が加盟店を募集してフランチャイズビジネスを展開するメリットも大いにあります。

フランチャイズ本部と加盟店の双方にメリットがあるからこそ、フランチャイズシステムがビジネスモデルとしてうまく機能できます。

本部は開業時のコストを削減できる

フランチャイズ本部側が加盟店を募集する大きな目的は、コスト削減です。

例えば本部がフランチャイズではなく「直営店」として店舗をオープンするためには、土地の取得代や店の建設費、人件費などの全ての費用を本部が出資する必要があります。

フランチャイズの場合は、開業時にかかる店舗開設費の一部を、加盟金や保証金、開業準備金、内装工事費用などの名目でフランチャイズ加盟店側が負担します。

またフランチャイズオーナー側が所有する土地を活用できることもあります。そのため本部側が出資する初期費用を安く抑えられるメリットがあります。

フランチャイズ本部はコストを削減しつつ、加盟金やロイヤリティを加盟店側から受け取ります。フランチャイズ本部だけでなく加盟店側にもコストや出店リスクが分散される上に収益が見込めるということは、本部側として最も大きなメリットであるといえます。

本部は店舗数拡大により経営を効率化できる

また単純な開業コストの削減だけではなく、店舗数の拡大により売上を増大させながら経営を効率化するメリットもあります。

店舗が複数あることで原材料を大量に買い付け、商品を大量に生産できます。仕入れや製造のコストが削減でき、さらに店舗数が増えると流通コストも削減することが可能となるメリットがあります。

本部が目指しているのは「成長と存続」です。効率的な経営を継続していきたいフランチャイズ本部にとって、フランチャイズ加盟店の協力を得ながら事業を拡大成長させることは、十分なメリットになるのです。

フランチャイズ加盟店側のデメリット

ここまでフランチャイズ加盟店側と本部側のメリットについて紹介してきましたが、もちろんデメリットも存在します。まずは個人で経営する場合と比べた加盟店側のデメリットについて紹介します。

加盟金や保証金を支払う必要がある

フランチャイズ加盟店のオーナーになるためには、開業準備から開業時にかけて、まとまった費用が必要となります。一般的にフランチャイズ契約時に、フランチャイズ本部に加盟金や保証金を支払います。

加盟金は基本的に返金されるものではなく、保証金は契約が完了した際に返納される前提のものです。それぞれの金額はフランチャイズ本部・事業によって異なりますが、加盟金が個人で独立・開業するのと同じくらい費用がかかる場合もありますし、反対に0円という本部も珍しくはありません。加盟検討をする際はよく確認してみるようにしましょう。

ロイヤリティを支払う必要がある

開業したのちに店舗経営に励み大きく売上を上げたとしても、利益の一部をロイヤリティとしてフランチャイズ本部に納めなくてはいけないケースがあります。

ロイヤリティは毎月固定で〇〇円と決まっているものもあれば、売上の〇〇%、利益の〇〇%などそれぞれフランチャイズ本部との契約や規約によって定められています。経営が赤字になった場合にも支払う必要となるものもあります。

フランチャイズに加盟するということは、すべての収益を自分の手元に残せないほか、経営の赤字リスクも背負うデメリットがあるのです。ただ、ロイヤリティは、フランチャイズ本部のブランドや商品・サービス・経営ノウハウをもらう対価です。どこまでが自分にとって必要なものなのか、加盟後のフォローなども含めて検討すると良いでしょう。

自由に経営できない可能性がある

すべてのフランチャイズ本部には経営方針があり、開業時や運営時のマニュアルも統一されています。つまりフランチャイズ加盟店の自己判断で商品やサービスの販売価格を変更したり、取扱商品を増やしたり、独自のルートで仕入れたりなどはできません。

中にはフランチャイズ加盟店の自由な裁量に任せるフランチャイズ本部もありますが、どこまでがマニュアルとなっているのかは、本部によって異なるので、これだけは自分で決めたい!というものがある場合は事前にしっかりと確認し、自分の目指す店舗経営と方針が沿っているフランチャイズ本部を選ぶことをおすすめします。

契約期間後にも制限されることもある

フランチャイズ本部との契約期間が終わり、該当店舗を一度閉店した後でも加盟時の契約によって「同じ業種で一定期間は新規出店できない」などの制限が設けられていることもあります。

詳細な内容はフランチャイズ本部によって異なりますが、一度、加盟したフランチャイズ本部のノウハウやマニュアルをそのまま利用して、個人で開業することは、基本的にはできないと考えたほうがよいでしょう。

フランチャイズ契約を満了した後、同業種のビジネスを個人で独立・開業していく計画がある方は事前に注意が必要です。

フランチャイズ本部側のデメリット

フランチャイズ加盟店側だけではなく、本部側にもデメリットは存在します。メリットと対になって考えられることですが、フランチャイズ本部側もリスクを負って展開していることがわかります。

直営店に比べて利益が減額される

フランチャイズ本部のノウハウやブランド力を活かして利益が生み出されたとしても、直営店に比べフランチャイズ加盟店から受け取れる利益は減額されるのです。

フランチャイズ加盟店はそれぞれが個人事業主または別法人で、フランチャイズ本部とフランチャイズ加盟店はビジネスパートナーという位置づけです。

加盟店が売上を大きく増やしても、本部側はその一部をロイヤリティとして受け取れはしますが、全額が本部の利益になるのではないという点においてデメリットと考えられます。

サービスの質や内容に差が生じる

フランチャイズ本部はマニュアルを加盟店に展開し、マニュアル通りの店舗運営を促しているものの、加盟店の裁量によってサービスの質や内容に差が生じやすくなることもデメリットの1つです。

例えば数多くある加盟店のうち、たった1つの店舗で不適切な労働管理や食品衛生上好ましくない行動があることで、本部全体のブランドイメージを失ってしまい、重大な経営リスクとなってしまう可能性もあります。

Twitterなど拡散されやすいソーシャルメディアによって、近年そのような事例も発生しています。加盟店すべてのアルバイトを含む従業員のマネジメントを徹底していくことで、フランチャイズ本部のブランドイメージや顧客との信頼関係を守っていく必要があるのです。本部はブランドイメージを保つため、こういうケースに対応できるよう、法務部や顧問を設置するなど個人での経営とは異なり、リスクマネジメントをしっかりしていることが多いです。

直営店とフランチャイズ加盟店の違い

フランチャイズ本部が経営する店舗には、直営店とフランチャイズ加盟店の2つのタイプがあります。

直営店とはフランチャイズ本部が土地の取得や建設費などすべての開業時のコストを出資して開業した店舗であり、一般的に店舗の運営は本部の社員が責任をもって行います。

直営店のメリットとデメリット

フランチャイズ本部の多くは、まず直営店を展開して店舗運営のノウハウを蓄積していきます。ブランドイメージの醸成や、商品・サービスの開発や改善を行い、経営方針などをマニュアル化してから、フランチャイズ加盟店を増やしていきます。

直営店のメリットは、店舗の収益が全て会社の収益となることや、店舗で働く方が本部の社員であるためマネジメントが徹底できることなどです。

その一方で直営店のデメリットは、本部が出店のために資金準備が必要となること、社員を店舗に配置するため人件費が必要となることなどです。直営店には多くの資金面の負担があり、早期に店舗を増やしていくことが難しいことです。

フランチャイズ加盟店のメリットは大きい

フランチャイズ本部にとっても加盟店にとっても、双方の持つ課題解決を行いビジネスを加速させていくためにはフランチャイズシステムのメリットは大きいといえるのです。

まとめ

フランチャイズ加盟による店舗経営は、本部の持つノウハウやマニュアル、ブランド力をうまく利用して短期間で開業できるシステムです。店舗経営が未経験の方でも本部からのサポートを受けながら安心して独立できるなどメリットは多くあります。

本部側にも加盟店側にもメリットがある分、その対として考えられるデメリットも存在します。加盟する業種やフランチャイズ本部によってメリットやデメリットも変わるため、パートナーとなるフランチャイズ本部を比較して自分にあったフランチャイズ本部を見つけてみてください。

実際に案件を確認してみたい方はこちらのページもご覧ください。
独立開業を支援する『アントレ』では、全国規模のフランチャイズ案件を調べることができます。

独立開業・フランチャイズ・代理店ならアントレ<毎週金曜更新!>
https://entrenet.jp/dokuritsu/Y1100/

RELATION あわせて読みたい関連記事

アントレ 独立、開業、起業をご検討のみなさまへ

アントレは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。