スタイルのある生き方へシフトしたいビジネスパーソンのためのニュース・コラムサイト。
検索
独立ノウハウ・お役立ち

【保存版】フランチャイズ3種類の特徴と主な業種ー自力独立との違いを解説

【保存版】フランチャイズ3種類の特徴と主な業種ー自力独立との違いを解説

【この記事でわかること】
・フランチャイズビジネスの種類
・フランチャイズで開業できる業種
・自力独立との違い
・フランチャイズ開業で成功した事例

自力で開業するためには、仕事に必要な知識やスキルを独学で身につけたり、すべての手続きを自分で進めたりする必要があり、少しハードルが高いと感じる人も少ないでしょう。

フランチャイズであれば、本部のサポートを受けながら開業・事業運営ができるので、未経験でもスムーズに開業できます。

しかし自分がどの業種でフランチャイズに加盟するか決めるには、さまざまな観点でフランチャイズの種類を見極めていく必要があります。

本記事では、フランチャイズの種類やチェーン展開されている業界や店舗の種類について解説します。実際にフランチャイズ開業で成功した事例も併せて紹介します。

フランチャイズ開業に興味を持ったら、まずはココに無料登録!

フランチャイズメディア26年の信頼と実績があり、業界最大数の会員数36万人以上が登録しているアントレの会員になって、フランチャイズをさらに深ぼってみませんか?

  1. ほぼ毎日起業、フランチャイズの情報が届く
  2. 144本以上の動画をはじめ、会員限定の無料コンテンツが豊富
  3. もし迷ったり、悩んだときにはプロに相談可能

250を超える独立プランの紹介や、先輩オーナーの声、実際の年収例等を紹介しています。フランチャイズに精通した資金、法律、キャリアのプロ相談員が実際にあなたの疑問・相談にも乗っています。

まずは会員特典内容をご覧ください。

全て無料の特典付会員になる

フランチャイズビジネス3つの種類

フランチャイズビジネスには、大きく分けると3つの種類があると考えられています。


・ビジネス・フォーマット型
・ターンキー型
・コンバーション型

一般的なのは、フランチャイズ本部が加盟店に対して開業に必要なノウハウやマニュアルを共有するビジネス・フォーマット型と呼ばれるものです。

ビジネス・フォーマット型の他、フランチャイズ本部が開業準備をすべて行い開業時には店舗の鍵を渡すだけにしておくだけの状態にしておいてもらえるターンキー型、すでに経営されている店舗を加盟店に転換させてフランチャイズ本部の持つブランド力を活かしていくコンバーション型があります。

フランチャイズ本部がどこまで開業準備を行うのかで、種類が区分されます。

【一般的】本部からノウハウを提供するビジネス・フォーマット型

フランチャイズ・システムのうち最も一般的なのはビジネス・フォーマット型フランチャイズです。

これは、フランチャイズ本部が加盟店に対して店舗経営上必要なビジネス・フォーマットを伝授し、加盟者がそのビジネス・フォーマットに沿ってそれぞれの事業を行うシステムのことを指します。

グローバルビジネスにおいて仕様を意味するフォーマットという言葉がよく使われるのは、特にテレビやラジオ番組のエンターテインメント分野であるとされています。

例えば、欧州のある国で人気を集めるクイズ番組を、米国のテレビ局が自国の文化や視聴者の好みに合わせた形で自国版を製作した場合、米国のテレビ局は使用権を持つ欧州のテレビ会社にロイヤリティを払う必要があります。

ここで使用の権利対象となるのは、タイトルやロゴだけではなく、テレビ番組の進め方や番組内容の放映順などの構成や実施計画です。

このように、多くの商品やサービス・販売においても、進め方や実施計画がとても重要となります。ビジネス・フォーマット型フランチャイズにおいても、確率された仕入れルートや経営ノウハウなどを引き継げることが大きなメリットとなります。

すでに実績があるビジネスのフォーマットを活用できる

店舗経営にまつわるフォーマットがパッケージ化されたフランチャイズ・システムのことをビジネス・フォーマット型フランチャイズと区分します。

ビジネス・フォーマット型フランチャイズの一番のメリットは、フランチャイズ本部で検証済みのビジネスノウハウを学ぶことができるため、より確実に経営を進められるということです。

また、初期に膨大な資源を必要とする商品開発やブランド構築などについて深く悩む必要がなく、すでにターゲットとしている顧客層に認められているものを使える点もビジネス・フォーマット型フランチャイズの魅力です。

フォーマットをもとに加盟店が判断することもある

もちろん、ビジネス・フォーマット型フランチャイズが、いくらフォーマットのあるフランチャイズだとしても、店舗の加盟から開業までに越えないといけない壁はいくつかあります。

例えば店舗探し、店舗の内外装、そして商品やサービスの品揃えや準備などです。それぞれ加盟したオーナーが責任を持って判断します。

「ビジネスの進め方について不安があるので、より確実なモデルを活用したいが、自分の理想もできるだけ反映させたい」と思っている方には、ビジネス・フォーマット型フランチャイズの加盟を検討することを、おすすめします。

主な業種

ビジネス・フォーマット型のフランチャイズの主な業種には次のようなものがあります。

・飲食業
・小売業
・サービス業
・教育系
・介護福祉事業

なお、ビジネス・フォーマット型の小売業では、本部が店舗を用意する契約タイプのコンビニエンスストアを除きます。

これらの業種は従来からフランチャイズ展開するチェーンが多くありましたが、最近では次のような業種のフランチャイズも増えています。

・買取販売業
・レンタルサービス
・シェアリングサービス
・高齢者宅配サービス
・ハウスクリーニング

高齢者の一人暮らし世帯や共働き世帯の増加など、社会の変化によりこれらのビジネスへのニーズが高まり、フランチャイズも増えました。レンタルサービスやシェアリングサービスは地球環境への関心の高まりに加え、「物を購入するのではなく必要なときのみ利用したい」「本当に気に入ったものだけを所有し、心豊かに暮らしたい」という価値観が浸透したことで普及したビジネスといえます。

【鍵を回すだけ】本部が開業準備するターンキー型

【保存版】フランチャイズの3つの種類や業種について解説

ここまで紹介したビジネス・フォーマット型フランチャイズにおける「開店前の店舗準備が大変だ」という悩みを解決するフランチャイズの種類として、ターンキー型フランチャイズがあげられます。

“ターンキー”とは英語のTurn-keyが語源で、鍵を回して扉を開けるだけという手軽なニュアンスで、すぐに店舗を使用できる準備が整っているという意味です。

ターンキー型フランチャイズとは、フランチャイズ本部の事業者が加盟希望者のために店舗や事業所にまつわるすべての決定をし、開業できる状態に店舗を用意するものです。

”加盟者が鍵さえ受け取り、店舗のドアを開ければ、その日からでもすぐ事業が始められる”という、開業準備はフランチャイズ本部にお任せのニュアンスを持ったフランチャイズ・システムです。

開業までの初期設定がより確実にできる

ターンキー型フランチャイズのメリットは、開業準備の手軽さだけではありません。高度な専門知識を必要としているビジネスにおいて、より確実な初期設定ができるというメリットもあります。

コンビニエンスストアの例でいうと、多くの売り上げや人流予想のデータを使って品揃えや在庫数などを割り出す必要があります。

小売り流通の初心者が在庫や発注管理、売上予測を実行しようとすれば、うまくいかない危険性もあります。

そのような専門的知識が必要な業種においては、ターンキー型フランチャイズを選択する人も多いです。

業界への知識が乏しい場合でも、店舗経営していくにあたって、慣れながらビジネスの感覚を育てることができるため安心感が得られるでしょう。

ロイヤリティが高くなっている可能性もある

ただしターンキー型フランチャイズの場合、フランチャイズ本部が店舗を用意するという役務がフランチャイズ本部にとっては大きなコストとなっています。

当然その開業までの手厚い店舗準備という役務に関する代金が、開業時のフランチャイズ加盟金や、加盟後ロイヤリティとして加算されていくということも覚悟しましょう。

加盟店は業界やビジネスの理解を深めていく必要がある

また他にも、ターンキー型フランチャイズはフランチャイズ本部が開業までの準備をすることで、加盟店が業界や店舗経営の仕組みに関しての理解を深めることが難しいというデメリットも存在しています。

開業準備についてはフランチャイズ本部に任せしつつも、研修やセミナーを利用して業界やビジネスについての理解を深めていくようにしましょう。

結果として店舗の売り上げアップや、ビジネスを長く続けるコツの習得につながっていくはずです。

主な業種

ターンキー型フランチャイズの代表例ともいえるのが、本部が店舗を用意する契約タイプのコンビニエンスストアです。店舗用の土地や建物の用意はもちろん、立地も本部が選んでくれるケースが多いです。

加盟オーナーは立地選びに頭を悩ませることなく開業できます。

本部が立地を決める場合でも、オーナーの承諾を得てから決定するのが一般的です。

本部から複数の候補地を提示してもらい、オーナーがその中から選ぶという流れです。

【既存事業の成長拡大に】コンバージョン型

フランチャイズの種類として3つある選択肢のうち、最後に紹介するのは、コンバージョン型フランチャイズです。

コンバージョンとは英語のConversionに由来し、”転換、変化”という意味です。そのためコンバージョン型フランチャイズを、転換型フランチャイズと表現することもあります。

コンバージョン型フランチャイズは、フランチャイズ本部がビジネスの販路拡大のため、同業者を加盟の対象とするフランチャイズ・システムです。同業者が自らの姿を変え、フランチャイズの加盟店として事業を続けます。

不動産仲介会社や町の小売り販売店が、それぞれ不動産仲介ネットワークやコンビニエンスストアのフランチャイズに加盟するのが、コンバージョン型フランチャイズの代表例です。

コンバージョン型フランチャイズのメリット

コンバージョン型フランチャイズの主なメリットは、以下のようなものがあります。

・フランチャイズ本部の持つブランド力で来客数を増やせる
・共同購買システムの利用で必要資材や商品を安く仕入れられる
・最新の営業ノウハウを手にすることができる
・フランチャイズ本部が持つ管理システムを利用できる
・販売促進などのマーケティング活動を代行してもらえる

かつてはビジネス上のライバルであった同業者と協力し情報交換ができることも、コンバージョン型フランチャイズの魅力の1つです。

安定的かつ長期的に継続できる可能性も

コンバージョン型フランチャイズはこれまで経営してきた個人店の独自性の一部を失うというデメリットはあります。

しかしフランチャイズ本部の持つブランド力を活用して、安定的かつ長期的にビジネスを継続することを目指すのならば、参加した方が良い場合が多いです。

コンバージョン型フランチャイズ・システムは、基本的にすでに同業のビジネスに取り組んでいる人に適しています。

かし、そうではない初心者にとっても同業者にとって評判が高いなら、きっと加盟を検討する価値があるといえるでしょう。

加盟店となる際の判断材料として、コンバージョン型フランチャイズを選択しているフランチャイズ本部が、その業界でどこまで評価を得ているのか調べてみる価値はあります。

主な業種

【保存版】フランチャイズの3つの種類や業種について解説

コンバージョン型フランチャイズの主な例として、次のような業種があげられます。

・ホテル業
・不動産業
・建築やリフォーム業など

これらの業種では動く金額が大きく、信頼やイメージが重要です。事業を起こしたり続けたりするために必要な金額も大きく、経営難でもなかなか廃業できない業種といえるでしょう。

「今のままでは事業を続けられないが、自社の力だけで状況を打破できるとは思えない」ときは、コンバージョン型フランチャイズのシステムを活用することで、事業を存続できるかもしれません。

フランチャイズが導入される主な業種と自力独立との違い

ここまではビジネス・フォーマット型、ターンキー型、コンバージョン型という、フランチャイズ本部と加盟店が、どこまでの開業準備を進めるかという違いによって、3つのフランチャイズの型を紹介してきました。

この他にも「どのような事業で経営を行っていくか」という、フランチャイズ経営できる業種についても理解しておきましょう。

フランチャイズ経営としてイメージしやすいコンビニエンスストアや飲食店の他にも、さまざまな業種があります。

【業態は多種多様】飲食業

・ファストフード
・弁当
・シニア向け宅配食
・ラーメン
・カフェ、コーヒーショップ
・キッチンカー など

加工・調理した飲食品を提供する事業が飲食業です。レストランやカフェ、ラーメン屋などの外食産業から弁当屋や総菜屋などの中食産業まで、さまざまな業態があります。コロナ禍を機に、キッチンカーのような移動販売も人気になりました。

開業資金の目安は低くて数百万円、高くて3,000万円ほどで、店舗の規模や立地に大きく影響されます。店舗を構えずに開業できるシニア向け宅配食やキッチンカーは、初期費用を抑えやすいでしょう。

最近ではオリジナルメニューを開発したり、数百種類のレシピから自由にメニューを選んだりと、自分らしいお店づくりができるフランチャイズも多いです。飲食オーナー未経験でもやってみたいという人はもちろん、飲食業での経験を活かしたいシェフにもおすすめできます。

飲食店・デリバリー・テイクアウトに関する独立、開業、フランチャイズ情報を探す

自力独立との違い

飲食業のFC開業と自力独立との大きな違いは「メニューや価格を自由に設定できるか、仕入れルートが確立しているか」です。

前述のとおり、オリジナルメニューを作ったりできる本部も一部ありますが、多くの飲食業FCではメニューや価格を統一しています。“独自のメニューを開発したい”と思っている人にとっては、大きなハードルとなるでしょう。

一方、フランチャイズ本部によって仕入れルートが確立していることも多く、これは開業時の仕入れルート開拓や、不作時の対応に大きく影響します。

【未経験者おすすめ】小売・販売業

・コンビニエンスストア
・ドラッグストア
・質屋、リサイクルショップ
・アパレル、専門店 など

メーカーが製造した商品を仕入れ、一般消費者に販売する事業です。

中でもコンビニエンスストアは、主に24時間・年中無休で営業しており、小規模な店舗において食品や日用雑貨などの多数の品種を扱っています。ニーズが高く社会に広く浸透していること、フランチャイズの代名詞ともいうべき業態であることから、コンビニエンスストアのフランチャイズ加盟を考える人は多いでしょう。

最近ではメーカーではなく消費者から中古品を仕入れる質屋やリサイクルショップ、買取サービスなどのフランチャイズも増えました。

特に買取サービスでは、消費者から買い取った商品を店舗で販売するのではなく、本部に売却するビジネスモデルが人気を集めています。このタイプは在庫を抱えるリスクも保管するスペースも必要なく、従来的なリサイクルショップよりも安心して開業できるでしょう。

開業資金は加盟するフランチャイズ本部や契約プランによってばらつきがあります。各チェーンの加盟金やロイヤリティ、これらの対価として提供されるサポートを比較し、自分にとって安心できる本部を見極めましょう。

経験の有無はあまり関係ない業種で、全く関係のない業界から独立する人も多いのが特徴です。

自力独立との違い

小売・販売業のFC開業と自力独立との大きな違いは「管理システムを活用できるかどうか」です。

コンビニエンスストアの場合、ほとんどのフランチャイズ本部で独自の商品の仕入れ・会計システムを用意しています。買取販売業の場合は、買取査定や顧客管理システムを提供しているところも多いです。

もちろん、その分のシステム手数料も発生しますが、自力ですべてを対応する労力と比べて考えましょう。

小売・コンビニに関する独立、開業、フランチャイズ情報を探す

【人と接するのが好きな方◎】サービス業

・エステサロン
・美容院、理容店
・クリーニング
・ハウスクリーニング、家事代行
・コインランドリー
・マッサージ店 など

日常生活を送るうえで必要なサービスや個人の嗜好に合わせたサービスを提供する事業です。エステサロンや美容院・理容院のような専門的な技術や知識を必要とする業種でも、人材の採用や必要な機器の購入をサポートしてくれるフランチャイズが多く、自力での開業よりもスムーズに開業できることが多いです。

ハウスクリーニングや家事代行などの業種は、店舗や事務所要の建物を構える必要がないため、コストを抑えて開業できます。

開業資金はサービス内容や店舗の有無によってばらつきがあり、安くて数十万円、高くて数千万円かかることも。かかるコストや活かせる経験、土地や建物などの活用できる資産の有無などを踏まえて業種を選ぶといいでしょう。たとえば所有している土地を有効活用したいなら、コインランドリーや駐車場経営もおすすめです。

人と接するのが苦ではない人、相手の意向を汲み取ったり引き出せたりするコミュニケーション能力がある人に向いています。

自力独立との違い

サービス業でのFC開業と自力独立との大きな違いは「ブランド力を使った集客ができるかどうか」です。

エステサロンやハウスクリーニングなど、フランチャイズ本部が持つブランド力・集客力で認知度を広げられるかどうかが、開業直後の営業利益に直結します。

各種サービスに関する独立、開業、フランチャイズ情報を探す

【経験者おすすめ】不動産業

・賃貸住宅仲介業
・空き家活用 など

土地や建物などの不動産に関する事業です。マンション・アパートや借家などの賃貸住宅を仲介したり、空き家を飲食店や宿泊施設として活用したりといったビジネスモデルです。空き家問題が深刻な現代では、空き家管理を行うビジネスモデルもあります。

開業資金として1,000万円ほどの自己資金が必要になることが多く、専門的な知識も求められます。ビジネス立ち上げのハードルはやや高いかもしれません。前職の経験を活かしたり、副業や経営者の副事業として開業したりするケースが多いです。

不動産・住宅に関する独立、開業、フランチャイズ情報を探す

自力独立との違い

不動産業のFC開業と自力独立との大きな違いは「商圏の選定からサポートが得られるかどうか」です。

不動産業を開業する際に最も重要な要素は、「商圏と出店地の選定」です。

この業界は成約報酬ビジネスであり、物件価格によって収入が決まるため、安定的な住宅需要と高い賃貸・売買価格のエリアが重要です。フランチャイズ本部は豊富な情報を持ち、エリアの中長期的な動向も把握しています。選定段階では本部のデータとサポートを活用することが不可欠です。

【脱サラ、主婦オーナーも】スクール事業

【保存版】フランチャイズの3つの種類や業種について解説

・学習塾
・プログラミング教室
・各種習い事
・フィットネスクラブ
・オンラインスクール など

生徒に対し、学習や進学に関する指導を行う事業です。義務教育または高等教育以上の児童・生徒を対象とするものと、社会人・シニアを対象とした事業があります。最近は生涯学習や、人材としての価値を高めるために新しいスキルを身につけるリスキリングなどの考え方が広まり、社会人・シニア向けのスクール事業に対するニーズが高まりました。

開業資金の目安は1,000万円前後ですが、店舗不要のオンラインスクールなら費用を抑えられるでしょう。

カリキュラムや教材を用意し、時代の変化に合わせて更新し続けなければならないスクール事業は、開業のハードルが高いビジネスモデルです。フランチャイズなら本部がこれらを用意してくれるため、未経験でも開業しやすいでしょう。

前職が教育系やIT系の人も多いですが、未経験者も多く、脱サラや主婦のオーナーも珍しくありません。学習塾では顧客と生徒が違う場合が多く、両者からの信頼が得なければならないのが特徴です。人柄や人脈を活かして開業するのもいいでしょう。

塾・スクールに関する独立、開業、フランチャイズ情報を探す

自力独立との違い

スクール事業のFC開業と自力独立の大きな違いは「ブランド力を使った集客ができるかどうか」です。

特に子供を相手にしたスクール事業の場合、受講するのは生徒であっても、料金を支払うのはその「両親」です。

実際の受講者ではない両親から信頼を勝ち取るためには、魅力的な学習プログラムと口コミが欠かせません。

【仕事を通して社会貢献】介護福祉事業

・デイケア
・グループホーム
・就労支援施設
・放課後等デイサービス など

高齢者や障がいをもつ人への支援、保育園をはじめとする教育準備段階の子どもとその親へのサポートを提供する事業です。

利用者と行政の両方から料金を受け取るのが特徴で、社会に欠かせないサービスでもあります。少子高齢化や障がいへの理解、療育への関心の高まりなどの追い風となる要素も多く、収益が安定しやすいでしょう。

開業資金の目安は1,000万円前後です。フランチャイズ本部によっては、個人経営よりも費用を抑えて開業できることもあります。福祉事業は開業までの手続きが煩雑なこともあり、資金や手続きなどのサポートを受けられるフランチャイズに加盟するメリットは大きいです。

福祉事業は利用者との関係性が深く、世のため人のためになるビジネスです。「とにかく稼ぎたい」というよりも、「仕事を通して社会貢献がしたい」という人に向いています。

介護・福祉・就労支援に関する独立、開業、フランチャイズ情報を探す

自力独立との違い

介護支援事業のFC開業と自力独立との大きな違いは「政府・自治体への申請や監査に対するサポートがあるかどうか」です。

多くの介護福祉事業は、国からお金をもらう「社会保険事業」のため、複雑な申請や定期的な監査への対応などが必要です。

そうした対応に関するノウハウを持ったフランチャイズ本部にサポートしてもらうことで、安定した運営ができるようになるでしょう。

フランチャイズ加盟で成功した先輩事例5選

自分に合うフランチャイズ本部を選んだり、そもそも自分にはフランチャイズでの開業が合っているのかを考えたりするには、フランチャイズ加盟で成功した先輩オーナーの事例が参考になります。フランチャイズ加盟で成功した先輩の事例を紹介します。

一度は失敗。その後、ニーズが高い低リスクな業態で再起した事例

西 雄介さんは飲食フランチャイズで独立するも2年で廃業した経験があります。その後は会社員として温浴施設で10年働きますが、「もう一度個人で」という想いはなくなりませんでした。

そんな西オーナーは過去の失敗経験から、ニーズが高くリスクの低い業態としてリラクゼーションサロンを選びます。会社員として勤めていた温浴施設内のマッサージ店には常にお客さまがいて、ニーズが高い印象があったとのこと。しかも仕入れや在庫は不要、スタッフも直接雇用ではないため固定費がかからず、赤字のリスクが低いと考えました。

ちょうど子どもが生まれた時期だった西オーナーにとって、リスクや開業費を抑えることは重要だったのでしょう。自己資金100万円で開業できるチェーンを選び、開業5年で3店舗を運営、年商6,300万円のオーナーになりました。

西 雄介さんの事例詳細を読む方はコチラ

会社員を経験し、未経験分野で成功した事例

足立 眞太郎さんは新卒から8年間、会社員として投資営業に従事してきました。

足立さんははじめ、知識のある投資で独立しようと考えていたといいます。しかし、現在加盟しているフランチャイズの説明会に参加したことで考えが一変し、方向転換しました。

足立さんには不動産の知識はありませんでしたが、フランチャイズには不動産ビジネスのノウハウが明確に確立され、サポート体制も充実していました。競合他社ともシビアに比較しながらも、圧倒的なサポート力を理由に最初に検討したフランチャイズへの加盟を決めたといいます。

足立 眞太郎さんの事例詳細を読む方はコチラ

独立後、一度は停滞するも方向転換で成功した事例

水江 信夫さんは高齢者向けの配達弁当サービスで開業しました。創業時からただお弁当を配達するのではなく、安否確認などの付加価値を乗せてサービスを提供していたフランチャイズに加盟しました。

「効率重視で目の前の小さな利益を求めるのではなく、高齢社会の課題解決に本気で取り組んでいる姿にほれ込んだ」といいます。

水江さんは、開業後の自分はワンマン経営だったと振り返ります。しばらくは着々と売り上げが上がっていたものの、開業5~7年目あたりに売り上げは頭打ち、スタッフも定着しませんでした。

悩んだ末にワンマン経営をやめてみると、スタッフが主体的に動くようになり事故やトラブルが激減し、売り上げも増加したといいます。

フランチャイズだからといって、すべての加盟店が同じ運営をしているわけではありません。水江さんのように方向転換することで事業拡大に成功するケースもあります。

水江 信夫さんの事例詳細を読む方はコチラ

事業拡大にFCを活用した事例

外壁塗装業を経て、建築業の営業をしていたときに独立を志し、外壁塗装の会社を起業した中川さんは、2022年7月に便利屋業のFCに加盟し自宅で開業しました。

外壁塗装業のみを営んでいた時に感じたのは、無名の塗装会社にお客さまからの問い合わせは来ないということ。

しかし便利屋のFCに加盟した後は、初月からチラシだけで20件の問い合わせがあったそうです。

また、本部からの紹介案件もあり、開業初月では想定外な数の依頼を受けたことでした。

現在も便利屋業をメインに塗装業も営み、順調な経営を実現しているそうです。

中川 友紀也さんの事例詳細を読む方はコチラ

子育てとビジネスを両立している女性起業家の実例

大堀 蘭子さんは子育てしながらできるビジネスをしたいと、在宅でできる結婚相談事業をフランチャイズに加盟して始めました。「いちばん落ち着ける快適なオフィスは、私の家のリビングルーム」と、仕事と子育てを両立しながら自分らしく働いています。

加藤さんは困っている人を助けたい世話好きな性格だといいます。人柄を活かせるうえに在宅でも働けると、オンラインでできる結婚相談所に興味を持ちました。

1ヵ月でプロポーズしたら、相手に冗談だと思われてしまった男性会員など、いろいろな会員に出会えるのが面白い仕事なのだといいます。

大堀 蘭子さんの事例詳細を読む方はコチラ

フランチャイズの選び方と検討方法

どのフランチャイズに加盟したら良いか迷った際には、フランチャイズ比較サイトを参考にすることをおすすめします。

フランチャイズ比較サイトではさまざまな本部が加盟店を募集しています。業種だけでなくエリアや働き方などさまざまな条件でフランチャイズを検索できるので、自分に合うフランチャイズを探しやすいです。各フランチャイズのビジョンや理念、ビジネスモデルなどを読んでいるだけでも、開業のイメージがわくでしょう。

独立・開業に関するコラムやお役立ちコンテンツがあるサイトも多く、学びを深めることもできます。イベントやセミナーを実施していることもあります。

募集サイトでさまざまな本部があることに触れてみるのが第一歩です。

下記リンクからは自分にはどんな職種が合うのか診断できます。まずは自分が仕事で大事にしていることを知ることで、自分に合う本部が見つかりやすくなるでしょう。

アントレ流働き方診断

まとめ:フランチャイズじゃない方法が向いていることもある

フランチャイズビジネスには、主に3つの形態があります。一般的なのはビジネス・フォーマット型で、フランチャイズ本部が加盟店にノウハウやマニュアルを提供します。他には、本部が準備を全て行い「開業時に鍵を渡すだけ」といわれるターンキー型、既存店舗をブランド力を活かして転換するコンバーション型があります。フランチャイズ本部による開業準備の程度でこれらが区別されます。

フランチャイズに加盟すれば、経験や知識の不足を補いスムーズに開業できるでしょう。

しかし、そもそもフランチャイズ加盟が向いていないこともあります。フランチャイズにはルールやマニュアルがあり、完全に自由に事業を進めることはできません。自分の経験や知識、アイデアをフルに活かしたいなら、個人経営の方が向いているかもしれません。

募集サイトでさまざまな本部があることに触れてみるのが第一歩と先述しましたが、自分がフランチャイズ加盟に向いているかどうかも含めて調べて検討することが、本当の第一歩なのです。

フランチャイズや起業を少しでも検討しはじめたあなたへ

36万人が登録している独立・起業サイト「アントレ」で、無料の会員サービスを活用した情報収集がおすすめです。

  1. 230社を超える独立プランの紹介
  2. 500人以上の先輩オーナー事例と年収例
  3. 資金調達方法など具体的な起業準備マニュアル
  4. 自分に合った働き方を知れる「働き方診断」 など

様々な情報提供であなたの独立検討をサポートしています。

登録は完全無料、30秒で終わります。まずは登録して情報を受取ってみましょう!

【30秒で登録完了】
起業のノウハウメールを受け取る

PROFILE

赤塚元基

ライターを主とし、Webディレクター、オンラインサロン運営、代理店ビジネスなどで幅広く活躍中。自身の脱サラ経験を活かし、自分らしい生き方・働き方を目指す人の背中を押すような記事を書くことを心がけている。

アントレ 独立、開業、起業をご検討のみなさまへ

アントレは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。