カテゴリー

税理士ドットコム

独立

独立・起業をする上で、多くの人が必ずチェックするであろう、先輩からのアドバイス。 資金面や経営に関することを中心に、その道の先輩に話を聞いているという方も多いのではないでしょうか? 今回お話を伺ったのは、荻窪の「Cafe&Bar Kichi」のオーナーを務める、坂梨公亮さん。 (さらに…)
独立・起業の形は人それぞれ。 これまでのキャリアで培ってきたスキルを使って独立する人もいれば、全くの異業種に転向する人も。 また昨今では人が起こした事業を引き継ぐ、事業承継という選択をする人も増えてきています。 今回、お話を伺った笹谷ゆうやさんもその1人。 (さらに…)
個人事業主として1人で独立するか、法人を立ち上げ起業するか。 業種によっても異なりますが、開業そのものにお金がかからないこと、従業員を雇うことでの固定費が発生しないことから、まずは試しに1人で開業する人も少なくありません。 今回お話を伺った荒木雄志さんもその1人。荒木さんは株式会社ミライトオンの代表取締役で、主にVTuberのプロデュース業や楽曲制作などを手掛けています。 (さらに…)
決断。 人間は常に決めることから逃れられません。今日の晩ごはんから明日のスケジュール、1年後の自分のキャリアまで、全ては自分の決断の連続です。 特に独立、起業、転職といった決断をするには、より大きな決断力が必要なのかもしれません。 今回お話を伺ったのは、脚本家の梶本恵美さん。 (さらに…)
一流のトッププロと仕事をする、ということ。 独立・起業を考えている方の中には、自身も何かの「プロ」として、様々なその道の「プロ」と一緒に仕事をしたい、と考えている方もいらっしゃるはず。 ビジネスの世界においても、スポーツや芸術の世界においても、一流のプロと仕事できるのは、自分もまた一流でなくてはなりません。 今回お話を伺ったのは、スリープトレーナーのヒラノマリさん。スリープトレーナーとはいわば「睡眠専門のパーソナルトレーナー」。 (さらに…)
独立・起業にとって「はじめどき」は永遠の課題かもしれません。 ノウハウ、資金面といった準備はもちろん、人との縁、そして自身の年齢や家族の状況…。 様々なことを考慮した上で「はじめ」なければなりません。 今回お話を伺ったのは、Sayakaさん。 Sayakaさんはプロバスケットボールチームのチアリーダーとして活躍後、引退し現在はチアリーダーのディレクターを務めています。 (さらに…)
質と量。 商品・サービスにおいて、一定の質を担保できなければ顧客は離れていってしまいます。 しかしどれだけ素晴らしいクオリティでも一定の量もなければ、そもそも稼ぐことができなくなってしまう。 ビジネスの世界で質を取るのか量を取るのかは、永遠の課題なのかもしれません。 (さらに…)
独立・起業に必要なものとは、何でしょうか。 高い営業力、そして高い技術力。 特に一芸に秀でてその道で活躍するために、独立・起業を選択される方。その方々にとって「誰にも負けない自分の腕・技術力」はずっと追求するべき課題なのかもしれません。 今回お話を伺ったのは、エステティシャンの三谷麗奈さん。 (さらに…)
独立・起業における成功の定義とは、なんでしょう。 常に安定した売り上げを立てること。誰かの役に立つ仕事をすること。独立・起業をする際に決めた目的を初志貫徹すること。 その答えは、人の数だけ定義が存在するのではないでしょうか。 今回お話を伺ったのは、梅北要さん。梅北さんはプロバスケットボールの試合を始めとするMC業をされている傍ら、ドッグカフェ「Munch's」を経営しています。 (さらに…)
アイドルグループ『でんぱ組.inc』の夢眠ねむがファンだと公言するファッションブランド『途中でやめる』。 そのブランドデザイナーの山下陽光さんは、リサイクルショップで仕入れた古着をリメイクし、オンラインのショップや直売会を通して販売している。 山下さんの服は大好評で、サイトに商品が掲載されるとほぼ同時に完売してしまうという。 (さらに…)
人生設計、という言葉があります。 どんな仕事をして、いつまでに結婚し、いつまでにどれくらい稼いでいくのか。 その目標を達成させるための選択肢として、独立・起業を検討される方も多いのではないでしょうか。 今回お話を伺ったのは、歌手のmiccoさん。 (さらに…)

2019年12月31日

「収入を増やすための方法」と聞いて、あなたは何を思い浮かべますか? 会社員の方であれば、昇給や会社の売り上げに貢献し、ボーナスをたくさんもらうなどといった方法が思いつくのではないでしょうか。 一方で、もっとシンプルに収入を増やす方法があります。それは収入口そのものを増やすこと。 今回お話を伺ったのは、経済評論家の横川楓さん。 (さらに…)

2019年12月26日

人間の生活に欠かせない睡眠。 1日の3分の1程度の睡眠時間が必要と言われていますが、仕事や家事・育児・介護など様々な問題が原因で十分な睡眠時間が取れていないという人も多いのではないでしょうか。 今回お話を伺ったのは、眠りとお風呂の専門家である、小林麻利子さん。 (さらに…)
仕事を選ぶ時に「何をやるか」より「誰とやるか」を重視する人が増えているように思われる。商いは「人」で成り立つものだから、的外れな意見ではないはずだ。 今回インタビューする大坪がくさんは、バンド・テレフォンアポイント・建物管理業務・銭湯の店主と様々な職を転々とし、現在は銭湯経営のかたわら、八百屋の経営にも関わっている。 大坪さんが仕事を選ぶ時の選択基準はまさしく「人」。「人と人との繋がり」を大切にしていたら、このようなキャリアを歩むことになったという。 (さらに…)

2019年10月23日

「貨幣経済」ではなく「信用経済」。 いつしか生まれたこの言葉は、貨幣一辺倒だった経済のあり方を変化させている。経済活動はもともと「与信」を根本に据えているが、SNSやテクノロジーの発展により「信用」は可視化されるようになった。 今ではクラウドファンディングやマイクロファンディングなど「信用」や「人間関係」を担保にした資金調達も一般的になっている。 元・ファンドマネジャーで現・切り絵師という異色のキャリアを持つ小西光治さんは、クリエイターを応援するコミュニティを作るためにクラウドファンディングを行った。結果は当初の目標金額の2倍となり、プロジェクトは大成功を収めている。 (さらに…)
自分の武器を見つけて、上手く活かす。 自分だけの武器があることは独立・起業を考える上で、とても大きな強みになりますし、その武器をどう使うかで明暗を分けるといっても過言ではないでしょう。 今回お話を伺ったのは、開業医の中村康宏さん。 (さらに…)
今の仕事を続けるか、それとも新しいことにチャレンジするか。 キャリアの分岐点に立ったときに取り組む自己分析。つい今の自分に「やれること」「やれないこと」という軸で考えてしまいがちです。 しかし、こどものときに無邪気に夢中になっていたことを思い出してみると、そこに自分の適性や、やりたいことのヒントが隠れているかもしれません。 生き物の描写を通じて自然の摂理を描いた絵本『うみがめぐり』の著者、かわさきしゅんいちさんは、法学部卒業後に商社での勤務を経て、絵本作家に転身したという珍しいキャリアの持ち主。 (さらに…)
「内定ブルー」という言葉がある。 大学の卒業を控えた学生が、卒業後に入社する予定の会社に対して抱く迷いのことだ。 「自分は本当にこの会社でいいのだろうか?」「社会人となってうまく会社でやっていけるだろうか?」と、そんな迷いや不安に押しつぶされそうになる。 一過性で過ぎれば良いのだが、入社してからもその迷いや不安を、引きずり続ける人も少なくないだろう。 今回お話を伺った、はちるさんもその1人だ。 (さらに…)
次の20件を表示 
1 2 6
税理士ドットコム
税理士ドットコム
Line

月間アクセスランキング

カテゴリー

注目のキーワード

アントレ

独立、開業、起業をご検討のみなさまへ
アントレは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。

会員登録はコチラ

アントレ公式ページ