カテゴリー

Line

「子どもの存在が起業を後押ししてくれた。」美容業界に新風を巻き起こす女性の戦略とは!

私たちは1人1人異なる肌の色や瞳の色を持ち、それぞれにふさわしい「パーソナルカラー」があります。そして1人1人に似合う色があるように、その人がもっとも輝ける仕事があります。

「自分ならではの仕事がしたい」

今回お話を伺った三輪詩織さんは、そんな気持ちを抱きながら会社で働き、自分にできることは何かを探し続けていました。

結婚や出産を経験してもその思いが止むことはなく、ようやく見つけた自分ならではの仕事、それがパーソナルカラーを扱う、イメージコンサルタントでした。

三輪さんの目標は、美容とITの融合で新たな領域を開拓すること。これまでのキャリアで培った知識や知見を活かし、パーソナルカラーの認知を広めるために躍進を続けています。

プロフィール:三輪詩織さん

新卒で大手人材広告会社に就職。3年間法人営業に従事したのち、IT企業に転職して広報職を務める。その後、結婚・出産を経験。産休中、姉の仕事をきっかけにパーソナルカラーに興味を持ち、カラー診断技術やメイク技術を習得する。

仕事復帰後、関連企業の取締役に抜擢され、育児と仕事の両立に奮闘。仕事の傍でイメージコンサルタントの活動を開始し、2017年7月に株式会社Style Worksを設立。

もともと、美容業界に興味があったわけではないんです。働きながら見つけた、自分ならではの仕事

tenokoukirei_Fotor

——まずは、三輪さんがイメージコンサルタントとしてお仕事を始めるに至った経緯を教えてください。

_99A9454_Fotor
三輪さん
新卒で人材広告会社に就職し、営業の仕事を3年ほど経験した後、インターネットの知識を深めたくてIT企業の広報に転職しました。

しばらくして産休をいただくことになったのですが、その時イメージコンサルティングという仕事に出合いました。

——もともと美容関係のお仕事をされていたわけではないんですね。

_99A9454_Fotor
三輪さん
はい。プライベートではそれなりに美容にも関心はありましたが、仕事は全くの異業種でした。

そんな私がイメージコンサルティングの仕事に興味を持ったきっかけは、個人のお客さまに対してパーソナルカラー診断をベースにファッションアドバイスをしていた姉でした。

忙しい日々から一転して産休に入り、なんとなく物寂しさを感じていた部分もあったので、ほんの軽い気持ちで姉の仕事を見学させてもらうことにしたんです。

——実際に見てすぐさま、パーソナルカラーに可能性を感じたのでしょうか?

_99A9454_Fotor
三輪さん
そうですね。ただ、以前からパーソナルカラーの話自体はよく聞いていましたが、実をいうと当初はあまり興味をもてませんでした。

「その服はパーソナルカラーと合っていないよ」と姉から言われるたびに、「いちいちうるさいな~着たいもの着てるんだからほっといてよ。」と思っていたんです(笑)。

でも、実際に姉の仕事ぶりを見たとき、パーソナルカラーによって魅力的に変わっていくお客さまの姿に衝撃を受けました。身につける色を変えるだけで、こんなにも人の印象は変わるのかと驚いた記憶があります。

その時、「これだ!」とひらめきました。

——パーソナルカラーを使ったイメージコンサルティングが、仕事になると確信したんですね。

_99A9454_Fotor
三輪さん
はい。まだまだ一般的にはあまり認知されていない仕事ですが、やり方次第ではもっとスケールしうる領域なのではと感じました。

そんな想いからまずは会社員の傍らイメージコンサルタントとしての活動を始めました。

メイクレッスンの様子を大公開

_99A9429

——今日は実際に、三輪さんが普段やっているパーソナルカラー診断・メイクレッスンの様子を見せていただきますが、そもそも「パーソナルカラー」とはどんなものなのでしょうか?

_99A9454_Fotor
三輪さん
「パーソナルカラー」とは、一言でいうと、1人1人に似合う“色味”のことを言います。

例えば、赤と言っても世の中にはいろいろな赤がありますよね。

たくさんの種類がある中で、その人にとってどんな色味が似合うのか。その人の生まれ持った肌や髪、瞳、唇の色などから1番似合うものを見極めていきます。

パーソナルカラーの種類は、その色味の特徴から、大きく分けると「春」「秋」「夏」「冬」の4つに分類されます。

——自身のパーソナルカラーを知ることで、どのようなメリットがありますか

_99A9454_Fotor
三輪さん
まずは、膨大な情報に惑わされることなく、自分に最適な色の洋服やコスメを選べるようになります。

テレビや雑誌、SNSなど様々なメディアでは、あらゆる情報が氾濫していますよね。

その中で、自分に似合うものを見極める視点を持つというのは、実生活にとても役立ち、無駄な買い物を防ぐことにも繋がります。

そして何より、その人の魅力がもっとも引き立つカラーを身にまとうようになるので、簡単に、でも格段に、印象のアップにつながります。

——なるほど。それでは早速、メイクレッスンを実演していただきましょう。

イメージコンサルティングサロン “Style Works”さん(@style_works_)がシェアした投稿 -

三輪さんが運営するサロン”Style Works”の大人気メニュー「2時間で圧倒的に垢抜けるメイクレッスン」。

Instagramにアップされたレッスン受講者のBefore/Afterが話題となっており、現在は予約開始と同時に、数百人以上の予約申し込みが殺到する。フォロワーは1万人を超えています(2017年7月現在)。今回は、特別にそのレッスンの様子を覗かせていただきました。

少し緊張した面持ちのお客さまに対して、レッスンはカウンセリングから始まりました。メイクや服選びの悩み、好きな色・苦手な色、お客さまのなりたいイメージなどを丁寧に聞いていきます。

次にパーソナルカラーの解説。色見本や写真を使いながら4つのシーズンについて説明し、それぞれの色味や特徴について理解を深めます。
_99A9511

その後、パーソナルカラーの診断に移ります。お客さまの髪や肌、瞳などのパーツの特徴をチェックしたあと、トーンが異なる各色の布をどんどん当てながら、どんな色味がふさわしいか、お客さまと一緒に顔映りをチェックしていきます。

いつのまにかリラックスした表情になったお客さまも、「全然違いますね!」と驚きを見せ、パーソナルカラーの効果にすでに納得したご様子。

診断が終わると、いよいよメイクレッスンに入ります。お客さまのパーソナルカラーにあったコスメの色選びはもちろん、お顔バランスや理想イメージを考慮して、使う道具や綺麗に仕上げるコツまで、ベースメイクから1つ1つアドバイスされていました。
BA

じっくり2時間かけて、カウンセリングから診断、メイク実践まで無事に終了。こちらがレッスンを受けたお客さまのBefore写真左/After写真右です。

「イメージ」を扱う職業としてのこだわりと戦略

——三輪さんが仕事をする上で、何かこだわっているアイテムはありますか?

_99A9454_Fotor
三輪さん
仕事柄、メイクアイテムにはこだわっています。それぞれのパーソナルカラーにあったコスメは季節ごとに厳選していて、定番ものはもちろん最新コスメのチェックも欠かせません。

またこうしたメイク道具はもちろんのこと、仕事をする上で持ち歩くもの全てになるべく気を使うようにしています。

例えば、自分のコーディネートは当然パーソナルカラーを意識していますし、細かいところではお客さまにお渡しするペン1本でもこだわりを持つようにしています。

_99A9598_Fotor

_99A9454_Fotor
三輪さん
ヘアメイクやファッション、話し方や所作、果ては香りや表情に至るまで、その人に付随する全てがイメージを形成する要素になります。

そうした人の「イメージ」を戦略的に打ち出していくテクニックをお伝えするのが私の仕事ですので、まずは私自身がお客さまに信用してもらえるように、行動、言動から持ち物に至るまで、なるべく意識するように心がけています。

——そうした細部にまでのこだわりの甲斐あってか、現在ではレッスンの予約が数ヶ月先まで取れないほど人気なのだとか。三輪さんはどのような戦略をとって、今の人気を築いてきたのでしょう?

_99A9454_Fotor
三輪さん
ありがとうございます。もちろんまだまだ反省や改善点も多くありますので、あまり偉そうなことは言えませんが、当初から意識していることは「差別化」と「PR」です。

まず、この仕事は国家資格ではないので比較的参入障壁が低く、同業の方も多数存在します。そこで、何かに特化して強みを打ち出し、差別化することが重要だと考えました。

また、なんとなくコンサルティングというと、何をやっているのか実態が見えない、といったイメージを持たれがちですよね。しかもそれがイメージコンサルティングとなると認知が低いためなおさらです。

そのため、コンサルを受けていただくと、どういうメリットがお客さまにあり、どんな変化を提供できるのか、そこが明確に伝わるようなメニュー内容をまずは重視しました。

そこで注目したのが「メイク」でした。

メイクってほぼ毎日しなければならないのに、人生できちんと教わる機会って一度もないんですよね。にも拘わらず、メイクは見た目を構成する重要な要素で、人のイメージに直結します。

メイクに興味はあるけれど、やり方に悩みを抱える女性は多く存在するので、パーソナルカラーがそのお悩み解決の1つであることを伝えられたら、きっと自然と認知されるだろうと考えました。

そのために、BeforeAfter事例をどんどん打ち出し、信用と実績をつむことに注力しました。

またPRについては、これまでの仕事で得た人脈も武器になっています。

情報感度の高い広報職の女性たちへのコンサルティングは想像以上に拡散力が高く、さらに彼女たち経由で、その企業の男性経営層からの診断依頼も多く頂くようになりました。

というのも、経営陣は取材や登壇など露出機会が多いので、その際の着こなしにもパーソナルカラーが有効だからです。

私自身も以前は広報職に従事していたため、実際どういうシチュエーションがあるのかイメージできますので、より具体的なアドバイスをさせていただけることも強みです。

このように、SNSとリアル双方からアプローチしてお客さまの獲得につなげています。

独立起業は、いつだって遅くない。

_99A9454

——法人化する際、決め手となったものは何ですか。

_99A9454_Fotor
三輪さん
ありがたいことに、最近は本当にたくさんの診断依頼をいただけて、今後の見通しが立ったこともありますが、決断に大きく影響したのは子どもの存在でした。

以前は、時短勤務で周りに気を使うことも多く、毎日育児と仕事の両立にくたくたで、自分にも子どもにも余裕がなく心身のバランスを崩すこともよくありました。

なかなか思うような成果が出せず、ある日家で落ち込んでいると、まだ2歳にもならない子どもが「ママだいじょうぶ?」と心配そうな顔で声をかけてくれたこともありました。
その時はなんて情けない母親なんだろうと、かっこ悪い自分が悔しくて涙が出ました。

そこで、そんな自分を変えたくて、この子にとってかっこいいママになれるように本気でこの仕事で頑張ってみようと思い、起業を決意しました。

——子育てをしながら仕事をこなすのは大変だと思います。

_99A9454_Fotor
三輪さん
そうですね、正直毎日電池切れです(笑)。

今は日々のレッスン、お客さまへのアフターフォロー、新規の方の問い合わせ対応や、SNS運営、HP制作などの裏側の整理などを全て並行してやっているので、毎日本当に息つく暇もありません。

子どもと遊んだり寝かしつけをしている時にも、頭の片隅では常にto doがよぎります。

でも、起業はそれなりにエネルギーを使いますが、考え方によっては全てを自分で決められるということでもあります。働き方や働く仲間も自分で選択でき、子どもとの過ごし方もゆとりをもてるようになります。

もちろんその分全責任が自分にかかっているのでプレッシャーもありますが、私は会社員だったときよりも、今のほうが格段に楽しく、充実した日々を送れていると思います。

——最後に、今後の展望をお聞かせください。

_99A9454_Fotor
三輪さん
これまでの仕事で培ってきたITの知識を活かして、イメージコンサルティングの世界に新しい風を吹き込みたいと考えています。

具体的には、美容関連のメディアの立ち上げを計画しています。どうせやるなら、国内有数の唯一無二のメディアを目指す意気込みです。

同時に、もちろんパーソナルカラーという概念やイメージコンサルタントという仕事の認知を広げていくことも目標です。さすがに1人では限界があるので、人員の拡充も進めています。

また「美ンバウンド」という言葉にもあるように、日本の美容は世界からも注目されていますので、語学力も生かして今後は外国人の方の対応も着手していけたらと考えています。

まだまだ始まったばかりで失敗と挑戦の毎日ですが、やっと見つけた自分ならではの仕事ですので、お客さまに求めていただける限り、一生懸命がんばっていきたいと思います。

PICKUP!

この記事に興味のある人が見ている独立開業プラン

この記事が気に入ったらいいね!しよう。

最新記事をお届けします

あわせて読みたい関連記事

おすすめの最新記事

「会社も副業OKになったから副業したい」と思ったものの何をしたら良いのかわからないという方、「独立開業したい」と真剣にお考えの方は、ぜひ、成功ノウハウを持ったフランチャイズへの加盟を検討してみませんか。アントレが主催する“アントレフェア”では、フランチャイズ本部・代理店や専門家による無料相談コーナー、著名人や専門家による講演も行います。11/23(土)は初めての大阪開催です。ふるってご参加ください。フランチャイズ本部・代理店や専門家による無料相談コーナーや、ここでしか聞けない著名人・専門家による講演も! (さらに…)

2019年11月13日

見ている人を「あっ!」と驚かせることができる、マジック。

トランプやコイン、輪ゴムなど身近にある道具を使って披露した経験のある人もいるのではないでしょうか。

巧みな話術やテクニックで成功させれば、観客を魅了し、たちまち人気者になれるのがマジックの良さ。

(さらに…)

2019年11月12日

Line
Line
Line

月間アクセスランキング

カテゴリー

注目のキーワード

アントレ

独立、開業、起業をご検討のみなさまへ
アントレは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。

会員登録はコチラ

アントレ公式ページ