カテゴリー

税理士ドットコム

経営者に必要な「着眼点」の鍛え方 第70回・帽子じゃなくて小屋だった

経営者に必要な「着眼点」の鍛え方 第70回・帽子じゃなくて小屋だった

起業家、経営者にとって大事なのは、世の中を見抜く力です。1つの事象をどう捉えるかで、ものの見え方も、そこから得られる情報も大きく変わります。そうした「着眼点」、実はトレーニングによって鍛えることができるのです。累計20万部を超えるベストセラーとなった『戦略思考トレーニング』シリーズでおなじみの経営コンサルタント・鈴木貴博氏に解説してもらいましょう。

いきなりですが、クイズです!

自動車用品を販売している「イエローハット」が、人気ピザチェーン「ピザハット」に、Twitter上で一緒にあることをやろうと声をかけたのだそうです。最終的に実現はしなかったのですが、さて、どのような理由から、何のために声をかけたのでしょうか。

クイズの答えの中に、着眼点を鍛えるポイントがある

最近はTwitterなどのSNSを活用して、個人と企業(の担当者)がやりとりするようなことが増えてきました。

それだけではなく、企業同士で連絡を取り合って、何か新しいことを始めるような動きがあったりもします。

今回のクイズの話は、実際に実現はしなかったものの、企業どうしのTwitter上でのやりとりを多くの人たちが見届け、話題になった話です。

それでは解説します!

イエローハットとピザハット。そう、どちらも社名に「ハット」が入っていますよね。

イエローハットは、毎年8月10日を「ハットの日」と称して、いろいろなキャンペーンを実施していました。同じくピザハットも、8月10日ではないのですが「ハットの日」というキャンペーンを実施していました。

それに気づいたイエローハット側が、ピザハットに「8月10日のハットの日に一緒に何かしませんか?」とTwitter上で声をかけたのです。

ピザハット側も即座に反応し、帽子を使ったロゴを作ったり、8月10日を記念日として制定するために動き始めたのですが、ここで思わぬ展開になりました。

イエローハットのハットは「hat(帽子)」ですが、ピザハットのハットは「hut(小屋)」だと判明したのです。

結局、コラボの話はそこで中止となり、イエローハット単体で8月10日を「イエローハット(黄色い帽子)の日」と制定するにとどまったのだそうです。

Twitter上で応援していた人たちからしたら残念な結果になりました。しかし皮肉にも、この一連のやりとりが知れ渡ったことで、それぞれの社名の意味や由来が多くの人に知られることになったのです。

コラボがきっかけで一日だけ社名変更した例も

このような、社名や商品名を使ったダジャレのような企画・コラボは、実はいろいろなところで実施されています。名前を覚えてもらいやすかったり、拡散すれば話題にもなりやすいことから、意外と効果があるのです。

もっとも有名かもしれないのが、前アメリカ大統領の「オバマ氏」と福井県「小浜市」の話です。同じ名前ということで「オバマを勝手に応援する会」を結成した小浜市に、オバマ氏から手紙が届くなど、ニュースでも盛んに取り上げられました。結果として小浜市としては大きなPRになったことでしょう。

これはリクルート関係者から聞いた話ですが、「リクルート住まいカンパニー」が知名度アップのために、「おやつカンパニー」に「『スーツカンパニー』も誘って、日本三大カンパニーを名乗りましょう」と声をかけたことがあるとか、ないとか。これはまさに「ハット」の話と同じですね。

それ以外にも、自社の商品ですが「マルちゃん 赤いきつね」と「マルちゃん 緑のたぬき」は、「赤緑合戦」と称して、どっちの商品が好きかを投票してもらう企画を行ったりしています。

同様のパターンとして、「きのこの山」と「たけのこの里」も人気投票を行っていました。

変わり種としては、「天空の城ラピュタ」が放送されるたびにSNS上で滅びの呪文である「バルス」を発言することが定番化していますが、株式会社タニタがそれに対抗した話題もありました。

同じタイミングで「タニタ」とつぶやくというもので、「タニタの投稿数がバルスに負けたら、社名を1日だけ株式会社バルスにする」というものでしたが、結果は惨敗。実際に社名変更したそうです。

バカっぽくても、バカにできない効果がある

こうしたコラボ企画は、一見バカっぽいものも多いですが、だからこそ消費者が食いつきやすいのも事実です。今のSNSの時代には、うまく活用すればバズらせることができるかもしれませんね。

そして何より、みんなに社名や商品名を覚えてもらういい宣伝になるのは間違いありません。バルスとタニタのように、名前がなんとなく似ているだけでも何かが生まれるわけですから、シャレのつもりで皆さんも考えてみたら面白いかもしれませんね。

最後に、もうお分かりだと思いますが、冒頭のクイズの答えは「同じハットが社名に付く会社同士でコラボの企画を提案した」でした。ちなみに、赤いきつねと緑のたぬきの「赤緑合戦」は、この1月末まで行われており、赤が勝てば「もっと赤いたぬき天うどん」が、緑が勝てば「やっと緑のきつねそば」が実際に商品化されるのだとか。コラボ企画、うまく活用すればいろんなことができそうですね。


PROFILE
プロフィール写真

経営戦略コンサルタント
百年コンサルティング株式会社
代表取締役
鈴木貴博

東京大学工学部卒業後、ボストン・コンサルティング・グループに入社し、数々の大企業の戦略立案プロジェクトに従事。1999年にはネットイヤーグループの創業に取締役として参加。2003年に独立し、百年コンサルティングを創業する。大手企業の経営コンサルティング経験を元に2013年に出版した『戦略思考トレーニングシリーズ』(日本経済新聞出版社)が累計20万部を超えるベストセラーに。現在はビジネスをエンタメクイズ化する経済エンタテナーとしても活動中。『パネルクイズ アタック25』(優勝)、『カルトQ』などのクイズ番組出演経験も豊富。近著に『戦略思考トレーニング 最強経済クイズ[精選版]』(日本経済新聞出版社)、『「AI失業」前夜―これから5年、職場で起きること』(PHPビジネス新書)、『令和を君はどう生きるか』(悟空出版)。

PICKUP!

この記事に興味のある人が見ている独立開業プラン

この記事が気に入ったらいいね!しよう。

最新記事をお届けします

あわせて読みたい関連記事

おすすめの最新記事

独立開業し事業が軌道に乗り始めると、さらなる拡大を目指して新たなメンバーの採用を考えると思います。

ただ、昨今では採用環境が厳しくなっているうえ、たとえ採用できたとしても「思っていた仕事と違った」とすぐに離職されてしまうリスクもあります。将来の事業拡大を目指してお金と時間をかけて採用するのですから、すぐ辞められることがないよう、長く活躍してくれる人材を採用したいですよね。

ここでは、起業後にはじめて採用活動する際、何に注意したらよいのかご紹介します。

(さらに…)

2020年7月10日

新聞やニュースでフランチャイズという言葉をよく聞きます。

コンビニエンスストアなどの「フランチャイズ開業オーナー募集!」というような広告を目にする方も多いでしょう。

しかし、意外に詳しいことはわからないというのが正直なところではないでしょうか。

今回はフランチャイズについて解説していきます。

(さらに…)

2020年7月9日

PROFILE

蟹江幸子さん(57歳)

手作り工房MY mama/名古屋市南区
専業主婦だった約30年前、長女の誕生を機に手芸を始める。やがてネットオークションで売り始め、2008年には楽天市場に出店、今では従業員を30名抱える。ボタンなど約1万点の手芸材料を扱う。18年には「楽天ショップ・オブ・ザ・イヤー」を受賞。
(さらに…)

2020年7月8日

税理士ドットコム
税理士ドットコム
Line

月間アクセスランキング

カテゴリー

注目のキーワード

アントレ

独立、開業、起業をご検討のみなさまへ
アントレは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。

会員登録はコチラ

アントレ公式ページ