カテゴリー

Line

問題の解決より、解決すべき問題を見つける。高級豚肉のプロデューサーが語る、戦略的独立論

『イシューからはじめよ―知的生産の「シンプルな本質」』という本を知っていますか?

かつて世界有数のコンサルティング会社、マッキンゼー・アンド・カンパニーに勤めていた著者が、仕事における「本当に向き合うべき問題」を見極めることの重要性を説いた、ビジネス書の名著です。

今回お話を伺った株式会社みやじ豚を経営する宮治勇輔さんは、まさにイシューを的確に見抜き、自社の豚肉「みやじ豚」を見事に高級ブランドへとのし上げました。

宮治さんは先代から後を継いで会社をどのように経営していったのか。そして高級ブランド「みやじ豚」はどのようにして生まれたのでしょうか。

その答えには独立を考えているすべての方に役立つ、成功するためのヒントがたくさん詰まっていました。

プロフィール:宮治勇輔さん
株式会社みやじ豚 代表取締役社長
特定非営利活動法人農家のこせがれネットワーク 代表理事

2001年慶應義塾大学総合政策学部卒業後、大手人材紹介会社に入社。
営業・企画・新規プロジェクトの立ち上げ、大阪勤務などを経て2005年6月に退職。

実家の養豚業を継ぎ、2006年9月に株式会社みやじ豚を設立し代表取締役に就任。

生産は弟、自身はプロデュースを担当し、兄弟の二人三脚と独自のバーベキューマーケティングにより2年で神奈川県のトップブランドに押し上げる。

おいしいのに評価されない?大学時代の原体験がきっかけで見えてきた、農業のふたつの問題点

IMG_7118_Fotor
―宮治さんが株式会社みやじ豚の代表になるまでの経緯を教えてください。

IMG_7129_Fotor_Fotor
宮治さん
もともと子どもの頃から歴史が好きだったので、「男に生まれたからには、一国一城の主になる」という野望を漠然と抱いていました。

当然今の世の中では城は持てないので、現代でいう一国一城の主、すなわち会社の社長になりたいと思って大学では経営を学び、卒業後は大手人材系の会社に新卒で入社しました。

―そのときはまだ今の仕事をやろうとは思っていなかったのですか?

IMG_7129_Fotor_Fotor
宮治さん
そうですね。私の父がもともと養豚場を営んでいましたが、農業には全く興味がありませんでした。当時はまだどんな仕事で起業をしたらいいのか、よくわかっていませんでした。

新卒で入社後は、半年スパンで部署が変わっていたので本当にさまざまな仕事を経験することができました。しかし、普通に仕事をしているだけじゃ社長にはなれないと思い、毎朝早く起きて勉強を始めました。

ビジネス書を読んだり、好きな歴史小説を読んだりと、自分の興味のあることから勉強を広げていったら、自然と農業に行き着いたんです。

―農業へ興味が湧いてきた理由はなんでしょう?

IMG_7129_Fotor_Fotor
宮治さん
ずっと心の中に大学時代の自分の原体験があって、その後、いろいろな勉強をしていく中で農業に関するふたつの問題点が自分の中で浮き彫りになってきたからですね。

―大学時代の原体験とは?

IMG_7129_Fotor_Fotor
宮治さん
私が大学生のとき、父が育てた豚肉を使って友だちとバーベキューをしたんです。そのときに「この豚肉本当においしいね!どこで買えるの?」と友人に聞かれたのですが、当時の私は自分の父の豚肉をどこで買えるかなんて知らなかったんです。

父に聞いてみると、流通の過程でどの農場の肉も一緒くたにされてしまい、店頭に並んでいてもどの肉がうちの豚なのかわからないそうでした。

そのとき、うちの豚がこんなにもおいしいと気づくきっかけであったと同時に、せっかくおいしい豚肉を作っていても適切な評価をされていないんじゃないか?と疑問に思ったんですね。

―ずっと心の中にその原体験をしまったまま、働きながら勉強を続けたわけですね。その結果、浮き彫りになった農業に関するふたつの問題点とはなんでしょうか?

IMG_7129_Fotor_Fotor
宮治さん
ひとつ目が、農家に価格の決定権がないこと。

普通、農家は育てた作物を収穫後、市場に持っていってそこで全量買い上げてもらいます。もちろん例外はありますが、今でも日本ではそういった流通がメインになっています。

そうした仕組みは価格が安定していればうまく機能するのですが、今は全体的に相場が下がっています。つまり、農家は質の良い作物を作ることは得意ですが、売るのは苦手なんです。構造上、どうしても市場任せになっているので。

そしてふたつ目は、作物の生産者の名前が消されて流通していること。

誰がこの作物を作ったのかが明らかになっていないので、消費者はどんな人がこの作物を作っているのかがわからないし、作り手もどんな人が買ってくれているのかを知る術がありません。

例えば「◯◯県産の豚肉」といったように、産地で一緒くたにされてしまいがちなんです。

これでは適切な評価を受けづらいですよね。同じ産地でも、良いものと悪いものとで違いが少なからずあるわけですから。

そんなふたつの問題をどうにかしたい。そしてうちの豚肉をもっとたくさんの人に知ってほしい。そんな想いから、父の農場を継ぐことを考え始めました。

お客さんからの「おいしい!」が1番のやりがい。バーベキューが証明した、高級ブランドへの活路

DSC_0126_Fotor

―そしていよいよ、株式会社みやじ豚の代表になるんですね。

IMG_7129_Fotor_Fotor
宮治さん
いえ、そこからが大変だったんですよ!

まず私よりも先に弟が「親父の農場を継ぎたい」と家に帰ってきました。困惑した父は「こんな小さな農場に跡継ぎはふたりもいらない!」となってしまって。

そこで私は父に、弟は生産を専門に、私は販売やブランディングといったプロデューサー的なポジションを担うと提案しました。当然、父は納得していなかったですけど(笑)。

「生産からお客さんの口に届けるまでを一貫してプロデュースする」をコンセプトに、私はうちの豚肉を使ったバーベキューイベントの開催を始めました。

プロデュースするにあたり、まずは「宮治さんのところの豚肉はおいしい」ということをいろんな人に知ってもらう必要があったのです。

私がそれまで培ってきた友人知人のリストを作って、うちの豚肉を使ったバーベキューをする旨をメールしました。すると参加者が30人ほど集まり、第1回のバーベキューを開催することができたんです。

―バーベキューという場を通して、みやじ豚のおいしさを知ってもらう機会を作ったんですね。評判はどうでしたか?

IMG_7129_Fotor_Fotor
宮治さん
来てくれたお客さんからは「豚肉、とってもおいしい!」「バーベキューに呼んでくれてありがとう!」といった嬉しい声をたくさんいただき、その様子を見ていた父もとても嬉しそうにしていました。

父が一生懸命作った豚肉を喜んで食べてくれる人がいる。その光景を目の前で見ることができたら、生産者として1番のやりがいを感じられると思っていましたから。

そんな父の笑顔を見たとき、私がやってきたことは間違いではなかったんだなと確信しました。

2005年にみやじ豚バーベキューを開始し、当初は30名程度でしたが開催するごとに参加者は増えていきました。すると、翌年には父も「いつ、法人化するんだ?」なんて具合でした。

みやじ豚バーベキューをはじめて1年後、父の個人事業だった養豚事業を法人化して、株式会社みやじ豚を発足するに至ったのです。

それからバーベキューはほぼ毎月欠かさずに実施して、動員数も30人から60人、今では150人以上集まるなど、定員をオーバーすることも少なくありません。

あなたの商売はどこにフォーカスする?みやじ豚を高級ブランドにのし上げた立役者の戦略

2
出典:みやじ豚.comより
http://miyajibuta.com/

―みやじ豚はスーパーなどに卸さず、ネットでのみ注文を受け付けるなど購入するルートが非常に限られています。先程のバーベキューイベントの開催もそうですが、こうしたマーケティング戦略を採用した理由を教えてください。

IMG_7129_Fotor_Fotor
宮治さん
さまざまな理由から現在の販売手法を取っていますが、やはり1番の理由は、みやじ豚のブランディングによるものです。

みやじ豚は、月に100頭しか出荷できません。価格設定もそれなりでないと採算がとれません。大げさに言えば高級ブランドに育てるしか生き残る道がないのです。

だから販売ルートは絞らなければなりません。どこでも買えるし、特売がかかるようでは、扱ってくださる飲食店もがっかりしてしまいます。

ネットでの販売価格はもちろん、提携しているレストランや唯一うちの肉を店頭で販売している銀座の松屋さんに卸している価格も私が決めています。

さらにネットではみやじ豚.com(http://miyajibuta.com/)でなければ購入できませんし、先程のバーベキューを月1〜2回ほど開催しています。

生産者の顔が見えるようになっていますし、その気になれば直接話ができます。

―月に100頭とは言わず、もっと生産量を増やしていけばさらに収益見込めると思うのですが、そういった生産性を拡充する戦略は取られないのでしょうか?

IMG_7129_Fotor_Fotor
宮治さん
今後、みやじ豚の生産量を上げていこうとは考えていません。

たしかに、今の品質のまま生産量を増やしていけば収益は増えるかもしれませんが、売上げと規模拡大だけが成長ではありません。少ない頭数を丁寧に育てて品質を徹底的に高めることで、ブランド価値を高めることがみやじ豚の成長です。

私は「どこにフォーカスして商売をするか」という視点が、とても重要だと考えています。

さまざまな選択肢がある中で、どの選択肢を選んでどこに集中して力を注いで、どこで結果を出すのか。

私が父の後を継いで、みやじ豚を立ち上げたときに考えていたのもその視点でした。限られた経営資源の中で、いかに成果を上げるか。

そのためにはまず、今ある強みにフォーカスすること。味がとにかくおいしいこと、希少性が高いことを軸に据える。その強みを活かすためには、直販できる仕組みを作ることと、みやじ豚を知ってもらう取り組みが必要になります。

結果として、みやじ豚は高級ブランドという路線で、生産量を抑えていても収益が出るようなモデルを確立することができたというわけです。

―非常に周到に練られた戦略ですね。これから独立を考えている人にとって、とても参考になりそうなお話です。

IMG_7129_Fotor_Fotor
宮治さん
私も会社を辞めて父の養豚場を継ぐことを考えていたときに、毎日毎日どの問題にフォーカスするかを考えていました。

問題の本質をとにかく一生懸命考えることが重要だと思います。

独立するときにどうしても「食べていけるだろうか?」「成功できるかな?」と不安になります。その後の「事業計画」に考えを巡らせても大したプランは思い浮かばず堂々巡りになってしまうだけです。

独立前にできることは、解決すべき問題をきちんと見抜くこと。そしてその問題を解決することを事業化したら、それが生涯の仕事と思えるかどうかを考え抜く。素晴らしい事業計画を考えるよりも、自分はこれからどの分野の専門家として生きていくのかを決めることが重要なんです。

自分の方向性が定まれば、後はその問題解決に全力を注ぐだけ。やるべきことにフォーカスできていれば、自ずと道は開けてくるのです。

この記事が気に入ったらいいね!しよう。

最新記事をお届けします

おすすめの最新記事

開業時には、様々な手続きやパソコンをはじめ備品購入など、多くの費用がかかります。これは、資金に乏しいスタートアップ企業にとって、決して軽くない負担です。

開業にかかった費用は、経理上“開業費”として処理しますが、 “開業費”は、どこまで認められるのでしょうか。また、“開業費”を算出するための開業日はいつになるのでしょうか。 (さらに…)

2018年4月27日

自分の身体を大事にしていますか?

「ブラック企業」という言葉がニュースでよく取り上げられ、膨大な残業時間や出勤日数などが問題視されることが多い、現代社会。
自分の身を削ってまで仕事をして、過労死してしまうというケースを耳にすることも。

今回お話を伺ったのは、沖知子(おき・さとこ)さん。

沖さんは、働いている人たちの身体と心を健康にしたいと考え、企業などにヨガの体験を提供する、株式会社ブレストランを立ち上げました。

沖さん自らが足を運び、提供するヨガの体験は、大手有名企業からも支持されています。

身体だけの健康では意味がない、と語る沖さん。

様々な健康法がある中でヨガを用いる理由は、身体だけでなく「心」をケアすることにあるそうです。

その真意を、伺いました。

<プロフィール>
沖知子(おき・さとこ)28歳

株式会社ブレストラン 代表取締役/初代「ミス・ヨガ」(2016)

日本人で所有しているのは35人しかいない、ヨガ発祥の地・インドの政府が公認する、プロフェッショナルヨガ検定の所有者。

その他にも多くの資格を所有し、自らが積み上げた知識と経験を元に、様々な企業にヨガのサービスを提供する。

健康でいることは当たり前じゃない。父の死を乗り越えて、選んだ道

ー現在はヨガのインストラクターとして活動されている沖さん。これまでの経歴を教えてください。

沖さん
大学卒業後に、大阪でオーダーメイドの枕を取り扱う企業の営業職に就きました。もともと大学で人間福祉に関することを学んでいたので、人の健康に携わりたいと思っていました。

また社会人になってから、仕事終わりに運動の一環としてヨガ教室に通っていました。

人の健康に携わる仕事をする者として、まずは自分自身が健康になるべきだと考えていたので。

ー沖さんがヨガと出合ったのは、社会人になってからだったんですね。健康を保つために、様々な手段があったと思うのですが、なぜヨガだったのですか?

沖さん
最初は社会人でも手っ取り早く始められる健康法として、ヨガスクールが近くにあったので通い始めたんです。

ヨガについて深く勉強していく中で、健康とは、身体だけでなく「心」にも深く関係していることを学びました。

そして就職してから1年半ほど経った頃、父が病気で亡くなりました。

ー突然だったのですか?

沖さん
はい。最初は本当に驚きましたし、全く実感が湧きませんでした。

しかし、徐々にその現実を受け入れ始めた時に、大きな悲しみに襲われたんです。

ーそれはおつらかったですよね…。沖さんは、お父さまの死とどう向き合い、そしてどう乗り越えたのでしょう?

沖さん
自分も家族も悲しみに暮れる中で、光を灯してくれたのが、ヨガの存在だったんです。

父が亡くなってからも、ヨガは日課として続けていましたし、瞑想をしている時はどこか心が落ち着いたんです。

そしてより深くヨガについて学ぶようになりました。

ーどのようなことを学んだのでしょう?

沖さん
ヨガは身体はもちろん「心」の健康を保っていくために、様々な教えが存在します。

その中に「健康や愛する人など、今その人の身の回りにある物事は、かけがえのないものである。それらに感謝をして満足することが真の幸福への近道だ」という教えがありました。

自分にとっての身近な人、父の死によって、よりヨガの教えを実感しましたし、救われたんです。

そこから少しずつ父の死を受け入れて、前を向いて生きていこうと思ったんです。

そして、勤めていた会社を退職して、ヨガのインストラクターの道を志しました。

ーなぜ、ヨガのインストラクターになろうと思ったのでしょう?

沖さん
私と家族がとてもつらい思いをした時に、ヨガが近くにあったから立ち直ることができました。

健康で生活できることは当たり前ではない。当たり前のようにそこにある健康の大切さを伝えていくために、今度は私が、ヨガを教える側になりたいと思ったんです。

働く人の健康レベルを底上げする。株式会社ブレストランを発足させたワケ


ーヨガのインストラクターになるにあたり、周囲からはどのような反応があったのでしょうか?

沖さん
私は両親とは離れて暮らしていたのですが、残された母からすると、私には実家に戻ってきてほしかったんじゃないかなと思います。

そんな母の気持ちを察しながらも、私自身、自分の限りある人生をどう生きるかを考えたんです。

そして「自分がやりたいことをやる」という道を選びました。

母には申し訳ないことをしましたが、その分「絶対に結果を出さなきゃ」という思いが強くなりました。

ー相当な覚悟で独立を決めたんですね。最初はどのようにインストラクターとして活動されたのでしょうか。

沖さん
ヨガの指導をするには資格が必要なので、すぐに資格を取得しました。

その後はヨガのスクールやスタジオなどでアルバイトを始め、クラスを受け持って指導実績を積んでいきました。

個人で活動を始めてしばらくしたある時、ヨガインストラクターの知人から「ミス・ワールド」の出場を勧められました。

ー「ミス・ワールド」とは、なんでしょう?

沖さん
「ミス・ワールド」というのは、「ミス・ユニバース」や「ミス・インターナショナル」と並んで世界3大ミスコンと呼ばれています。

その中でも「ミス・ワールド」の評価基準には、美貌とは別の、「Beauty of The Purpose(=目的のある美)」という尺度があります。

すなわち美しさだけでなく、その人ならではの活動や個性も評価され、総合的にもっとも優れている女性を選ぶんです。

そこで私は、ヨガインストラクターとしての活動を評価してもらう良い機会だと思い、出場してみることにしました。

ー結果は、いかがだったのでしょう?

沖さん
残念ながらグランプリに輝くことはできませんでしたが、特別賞を受賞しました。そしてその特別賞の名は、私の活動にちなんで「ミス・ヨガ」というタイトルでした。

私のヨガインストラクターとしての活動が評価され、特別賞をいただけたことは、本当に嬉しかったです。

ー「ミス・ヨガ」に選ばれて、何か変わったことはありましたか?

沖さん
「ヨガを広めたい」という私の想いを、いろいろな方に肯定されたような気がして、大きな自信につながりました。

また、改めて自分の活動をより効果的に広めていくためにどうしたらいいのかを考えるきっかけにもなったのです。

ーその問いの答えが、株式会社ブレストランを立ち上げることに繋がるのですね?

沖さん
そうですね。

スクールやスタジオでヨガを教えていて、ある事実に気づきました。

それは「自らヨガを習いにくる人」は、概ね健康に対する意識が高い人である、ということです。

私が真に健康の大切さを伝えていきたいのは、既に健康に対しての意識が高い人ではなく、どちらかというと自分の健康にあまり興味がないという人です。

ーたしかに、自分の健康に興味のない人にこそ、ヨガを広めていく価値はありそうですね。

沖さん
そうなんです。

そこで、私が新たにお客さま像として選んだのは、企業に務める会社員の方たちでした。

働いていると忙しくて、自分の健康に気を遣いたくても時間がなくてできない、という人が多いですから。

「働く人へヨガの体験を提供し、日本の健康レベルの底上げをする」。

それが、株式会社ブレストランの事業理念です。

身体だけの健康では意味がない。こどもも大人も身につけるべき「心のケア」

ー具体的には、どのようなサービスを提供しているのですか?

沖さん
依頼があった企業さまへ直接出向き、そこで働く社員の方を対象にヨガを教えます。

先程お話したヨガの心構えや坐法(ポーズ)、呼吸法など、ビジネスパーソンがすぐに実践できるものを中心にお教えしています。

しかし、ヨガは1回やっただけですぐに大きな変化が現れるものではないので、定期的にオフィスへ伺い、社員みんなでヨガをやる習慣を作っています。

ーどのように営業活動をしたのでしょうか?

沖さん
広報を担当してくれている知人からの紹介や、私のヨガレッスンを受けてくださった、企業さま同士の口コミなどですね。

ありがたいことに、徐々にではありますがいろいろな企業さまにお声をかけていただいております。

また最近では、食に関する事業も始めています。

ヨガで体を動かしたら、次に大切なのは食です。ヨガを体験していただいた後に、オーガニックで身体に優しいご飯を一緒に摂るといったイベントの開催も行っています。

ー他にも考えていますか?

沖さん
ヨガや食といったキーワードを元に、会社だけでなく学校など教育の現場にも広めていきたいなと考えています。

実は海外で、ヨガを教育の現場で既に実践しているところもあるんですよ。

ヨガの優れているところは、健康な身体を作ることだけでなく、健康な心を作るところにあると思っています。

ケガをしたら傷口を洗って消毒して絆創膏を貼る、ということは学校でも教えてくれますが、とても悲しいことが起こった時、心がケガをした時の傷の治し方は学校では教えてくれません。

だからこそ、小さい頃からヨガに触れて、心のケアの仕方を身に着けてほしいんです。

ーそれは学校教育の現場だけでなく、心のケアの仕方を知らない大人たちにも言えることですよね?

沖さん
その通りです。身体だけの健康では意味がありません。

だからこそ私は、企業へ足を運んでヨガを広めています。

こどもも大人も関係なく、日本における身体と心の健康レベルの底上げに、これからも尽力していきたいですね。

2018年4月25日

Line
Line
Line

月間アクセスランキング

カテゴリー

注目のキーワード

アントレnet

独立、開業、起業をご検討のみなさまへ
アントレnetは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。

会員登録はコチラ

アントレnet公式ページ