カテゴリー

税理士ドットコム

人生に疲れてしまった時の対処法を、占い師“自己防衛おじさん”に聞いた

人生に疲れてしまった時の対処法を、占い師“自己防衛おじさん”に聞いた

「お金いっぱい欲しいんだったらさぁ。年金あてにしちゃダメじゃない? 自己防衛。投資。海外移住...日本脱出だよね」。

これはあるTVニュースで、年金問題について街頭インタビューが行われた際の、やり取りの一節です。このインタビューに答えていたのが今回お話を伺った鉄平さん。

そのインタビューでの発言と、雰囲気や表情などがSNSで話題となり、通称“自己防衛おじさん”の愛称で一躍時の人となった鉄平さん。

鉄平さんの本業は、なんと占い師。

なぜ占い稼業をすることになったのでしょうか。今回は“自己防衛おじさん”誕生の裏側をお聞きするとともに、鉄平さんのキャリアから考える、自分らしく楽しく生きるためのコツを伺いました。

<プロフィール>
鉄平さん
占い師

大学在学中にロサンゼルスへと渡り、10年間海外で過ごす。
2010年に帰国。
帰国後、職を探すために占いに行ったところ、占い師になるよう勧められる。
以降、占い師として活動し始める。

新橋駅前SL広場で応えた、年金問題に関する街頭インタビューが「正論すぎる」と、ネットで大きな話題となり、一躍時の人になる。

その街頭インタビューでのフレーズから“自己防衛おじさん”の愛称で親しまれる。

実は18年前に「日本脱出」をしていた? “自己防衛おじさん”こと鉄平さんが、占い師になった理由

―“自己防衛おじさん”の愛称で親しまれる鉄平さん。本職は占い師をされているんですね。

鉄平さん
はい。かれこれ10年前から占い師として活動しています。

―なぜ占い師として活動されるようになったのですか?

鉄平さん
なぜ…?

それは成り行きとしか言えないですね(笑)。

―…ではその成り行きを教えてもらってもいいですか(笑)?

鉄平さん
分かりました。

話は遡ること大学時代。若気の至りから六本木でよく飲んでたんですが、そこである外国人と仲良くなったんです。

その人がアメリカから来ていた大手テーマパークの社員の人で、浦安にある夢の国が開園する前の立ち上げに携わっていて。

最初はただの飲み友達だったのですが、その人に通訳を頼まれたことがきっかけで、ロサンゼルスに行くことになりました。

以来10年間、アメリカで生活していたんです。

―2001年には既に「日本脱出」していたんですね。アメリカではどのような生活をしていたんですか?

鉄平さん
向こうの大学に編入して、2年間大学に行ってました。

残りの8年は…。人生を謳歌していました(笑)。アメリカで出会った人に助けられながら、その時その時でいろいろな「経験」をさせてもらっていました。

それで30歳になる前に「そろそろちゃんとしなきゃな」と思って帰国したんです。

―帰国後はどのような仕事を?

鉄平さん
特に日本で働いていたわけでもなかったので、何をしたらいいかなと。日本の社会の中に居場所がなかったんですよね。

それで横浜のベイシュラトンホテルの近くにある占いに行って、どんな仕事をしたらいいか聞いてみたんです。

すると話を聞いてくれた占い師に「あなたは占い師に向いている。占いをやってみたら?」と言われて。

安易かもしれませんが、なりゆきで占いの世界に入ったんです。

―占いとの出合いは、まさかの占い師からの勧めだったんですね!

鉄平さん
ええ(笑)。

最初は勧めてくれた先生から占いを教えてもらいつつ、自分でも占いの勉強をして経験を積んでいきました。

まぁ占いの仕事だけで食べていくのもなかなか難しいので、コールセンターでバイトをしたり、深夜の倉庫で荷物の仕分け作業をしたり…。

そんな感じで今に至ります。

あの日、新橋を歩いていた意外な理由? “自己防衛おじさん”誕生の裏側

―そして鉄平さんといえば、なんと言っても「自己防衛」のフレーズで話題となりました。あの一連のバズの経緯を教えてください。

鉄平さん
あれは本当に偶然の出来事で。

あの日、僕は新橋の病院に注射を打ちに行ったんです。30代も中頃を迎え、何かと体のことを気をつけなければいけないなと思って。

その後フラフラと新橋を歩いていたら、インタビュアーさんに声をかけられたんです。

―仕事ではなく病院に注射を打ちに、新橋に行っていたんですね(笑)。

鉄平さん
はい(笑)。だから本当に偶然で。

冷静に考えて、僕ってめちゃくちゃ「場違い」な人間だったと思うんです。

新橋のSL広場でのインタビューって、背広を着た会社員の方にお話を聞く、というのがセオリーですよね。

おそらく普通の会社員の方のインタビューの撮れ高もあったはずなんですよ。

にもかかわらず、あのインタビュアーさんは僕に声をかけて、放送にまで使った。

今振り返っても、不思議な出来事だなと思います。

―そしてそれがSNSを通じて、大きなバズとなったわけですね。鉄平さんは“自己防衛おじさん”として親しまれ、その発言・雰囲気・表情からたくさんのコラ画像などが作られていますが…。

鉄平さん
なんでしょうね。見てくださった方にとって、あのインタビューがトータルパッケージで面白かったんですかね。

「世間は僕に一体何を求めているんだろう…?」と疑問に思ったりはしますが、コラ画像などに対して怒ったりはしていませんよ(笑)。

いじってくれる人から、そんなに悪意があるとは感じませんし。

人生は、運と縁とタイミングの融合。「べき論」に振り回されず、自分のペースで生きる

―ロサンゼルスの話や占い師になった話、新橋の話などを聞いていて、鉄平さんは人から何かきっかけやヒントをもらって、チャンスを掴むというパターンが多いなと感じました。

鉄平さん
それはきっと、僕自身が流れに身を任せて生きるのが得意だからかもしれません。

占いには「陰と陽」といった考え方がありますが、自分がどういった人間で、何を得意とし何を苦手とするのかをよく知ることって、とても大切なんです。

例えばフリーランスでも、独立してガンガン営業して仕事を取ってくるのが得意なタイプもいれば、僕のように人からのご縁で仕事をいただくのが得意なタイプとさまざまなんですよね。

ちなみに僕みたいな人がたまたまネットでちょっと有名になったからって、自分発信であれこれ仕掛けるなんてことをしたら、あっという間に人は離れていくと思うんですよ(笑)。

「アントレ」の取材も、お誘いがあったから「じゃあ、ぜひ」という感じでお受けしたので。

―お忙しい中ありがとうございます…。

鉄平さん
いえいえ(笑)。

自分からグイグイ営業するのが得意な人は、SNSなんかも積極的に使うべきでしょうし、仕事も自分から仕掛けていった方が上手くいく。

自分の得意なことや性質を見極めて、自分のペースで生きた方が幸せなんじゃないかと思います。

―SNSを使って発信するべき、独立・起業をするなら自分から仕掛けるべき、といった「べき論」に疲れてしまった現代人に、とても刺さる言葉だと思います。

鉄平さん
ありがとうございます(笑)。

それこそお客さんでいらっしゃる経営者の方や、独立・起業を考えている方によくお話しするのですが、人生は「運と縁とタイミング」の融合だと思っています。

実力が十分でもなぜか上手くいかない時もあれば、実力が足りなくてもさまざまな要因の引き立てがあって、上手くいくこともある。

では、その「運と縁とタイミング」を見分けるにはどうしたらいいのか。

それこそ占いでもいいですし、親しい人からの客観的なアドバイスも参考になりますが、最後に決めるのは自分の直感や感性なんじゃないかなと思っています。

―野生の勘、みたいなものですか?

鉄平さん
まぁそんなところですね。

「勘」というと、非科学的だなと思われる方もいらっしゃるでしょうが、勘は自分の無意識下からのサインでもありますから、案外バカにできないと思います。

例えば昔の人は、雲の流れを見て、温度や湿度を肌で感じて天気を予報していたと言います。特に生命に関わる「危機意識」における勘は、生きていく上でとても重要です。

その勘は都会にいると鈍ってしまいます。都会での生活は、人間が古来から行ってきた生活からかけ離れたものがありますから。

健全に楽しく生きるためにも、疲れを感じたら今いる環境や状況を、見直す必要もあるでしょう。

人によってはそれこそ「日本脱出」ないしは「都会脱出」や「田舎脱出」もあるかもしれません(笑)。

まずは自分を知ること。そして「運と縁とタイミング」が味方してくれるような自分でいられることが、独立・起業をする上で大切なことではないでしょうか。

取材・文=内藤 祐介
撮影=鈴木 雅矩

PICKUP!

この記事に興味のある人が見ている独立開業プラン

この記事が気に入ったらいいね!しよう。

最新記事をお届けします

あわせて読みたい関連記事

おすすめの最新記事

確定申告のシーズンが近づいてきました。

「今年こそは慌てず事前に準備しよう」と思っていたのに、気が付いたらもう1月…。

多くのフリーランスの方が頭を悩ます「確定申告」。

令和2年からはスマートフォンでの申告が可能になったりと、納税者にとって徐々に便利になってきても、年に1回のイベントということで未だに慣れない、という方も多くいるでしょう。
(さらに…)

2020年1月24日

会社はほとんどの場合、借金をした状態で経営をしています。多くの利益を出している会社でも借金があることが多いです。借金に対してのイメージが悪く「借金がある状態では会社買収をできない」と思う方もいるかもしれませんが、会社の買収や売却は、会社に負債(借金)がある状態でも行うことが可能です。
(さらに…)

2020年1月23日

独立開業して事業経営をしていく際、継続的成長のために従業員を採用し増やしていく機会があると思います。そのときに重要になるのが、従業員の「育成」です。

一般的に、従業員の育成方法には次の3つがあると言われています。
①OJT
②Off-JT
③自己啓発
前回は「OJT」についてお伝えしましたが、今回は「Off-JT」について、その特性、OJTとの違いについてご紹介していきます。

実際の仕事から離れて行われるOff-JT

Off-JTとは「Off-the-Job Training」の略称で、職場から離れた場所で業務遂行に必要な基本となる知識・スキルを体系的に学習するために行う教育訓練のことを言います。前回お伝えしたOJTは仕事を通じた人材育成でしたが、Off-JTは実際の仕事から離れた、座学や集合研修を通じた人材育成と言えるでしょう。

Off-JTのメリット

Off-JTは、現場の状況に左右されず、均一な知識習得の機会を提供できる点がメリットです。OJTのように業務状況によって途切れ途切れの研修になることはなく、また外部機関の専門の講師が担当しますので、研修の質にバラツキが出ることもありません。実際の仕事から離れて行われるので、日々の業務に追われてなかなか勉強できない最先端技術やノウハウなどを、職場環境に左右されず集中的に習得することができます。

また受講者の知識の習得度合のばらつきを防止できます。Off-JTは個別ではなく集団研修となることがほとんどですから、専門知識を座学等で均一に行うことができます。受講者に対して同時に研修・訓練を行うことで、個々への「研修の濃淡」が起こりづらくなります。

そのほか、会社主体で行うため確実に研修を実施できるほか、受講者のプライベートの時間を削らなくてもすむため、受講者の負担が少なく、研修に集中できるというメリットもあります。

Off-JTのデメリット

一方、Off-JTは「習得内容を業務に反映しにくい」という点がデメリットです。その企業の実務から離れ普段取得できないものを学ぶため、実務的というよりは理論に偏っている場合もあり、うまく活用できない、あるいは活用するにしても応用が必要な場合があります。外部機関に研修を依頼または委託する場合も、その外部機関に研修成果の実務への落とし込みまで委ねることは難しく、受講者が自ら実務への落とし込みを考えなければならない場合も少なくありません。

また、外部機関に依頼または委託すれば、その分費用が発生しますし、社外施設で実施した場合は、会場費も発生します。

Off-JTの必要性

OJTで通常の業務をしながら十分な指導をすることは、簡単なことではありません。教える側は通常業務と指導の両方を兼ねる必要があり、場合によっては指導に集中できないこともありえます。また教える側は指導の専門家ではないため、人によって教え方や内容に差が出ることも想定できます。

仕事をステップアップするために必要な知識もあり、それらは都度仕事で覚えるよりも、Off-JTを利用して徹底的に学ぶやり方が適している場合もあります。

企業が従業員の成長を支援するためには、OJTとともにOff-JTも必要なのです。

Off-JTとOJTをうまく使い分け、効果的・効率的な研修を実現しよう

グローバル化や職種の垣根を超えた産業の活発化が進み、人材もそれに適した人が求められるようになりました。それにより、企業が行うべき研修も広範囲にわたっています。

実務を離れたところで、外部機関も活用しながら最先端技術やノウハウを幅広く吸収し、それを現場の実務に応用し実践する、というOff-JTとOJTを連動させた研修体系の整備が、今後はより求められてくると思います。

Off-JTをOJTと上手く使い分け、それぞれに適した内容の研修を行うことで、自社の教育研修をより効果的・効率的に実施していきましょう。

PROFILE

HIDE

元大手広告会社で人事部長を経験。新卒・中途の採用から人事制度設計、労務管理まで人事業務全般を手がける。現在はその前職での経験を活かし、各種就職・転職セミナーの企画運営から企業の採用広報の企画設計等、幅広く活動中。

2020年1月23日

税理士ドットコム
税理士ドットコム
Line

月間アクセスランキング

カテゴリー

注目のキーワード

アントレ

独立、開業、起業をご検討のみなさまへ
アントレは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。

会員登録はコチラ

アントレ公式ページ