カテゴリー

税理士ドットコム

家族が望んだ仕事じゃないかもしれない。それでも私が絵描きになった理由【河地りん】

家族が望んだ仕事じゃないかもしれない。それでも私が絵描きになった理由【河地りん】

自分の仕事を選択する上で、大きな決断の要因となるのが、環境。

医者のこどもは医者に。学生時代、教師に憧れを抱いた人は教師に。スポーツや音楽に夢中になったことがある人は、その道のプロに。

もちろん全ての人が、というわけではないですが、人間は良くも悪くも自分の育ってきた環境や経験、身近な人によって大きく左右されます。

今回お話を伺ったのは、イラストレーターの河地りんさん。

河地さんは、あの「ミライアカリ」を始めとするバーチャルYouTuberのイラストなどを担当されています。

そんな河地さんですが、イラストの世界とはかけ離れた金融一家という環境で育ってきたと言います。

河地さんはなぜイラストレーターになったのでしょうか。その理由は、絵に対する並々ならぬ想いにありました。

<プロフィール>
河地りんさん
イラストレーター・デザイナー

学生時代から絵を描き始める。大学在学中に複数の企業でインターンシップを経験した後、就職ではなく、フリーランスとしてイラスト・デザインの仕事を始める。

現在はイラスト制作やバーチャルYouTuber(以下、VTuber)のサムネイル画像制作、グッズデザインを手掛けている。

https://twitter.com/gingatrain814

インターンシップを経て、フリーランスへ。河地さんがイラストレーターになった経緯

―現在に至るまでの経緯を教えてください。河地さんはいつごろから絵を描き始めたんですか?

河地さん
物心がつく前から、何かしらの絵を描いてました。おえかきボードが家にあって、それを使ってひたすら絵を描いていたことを覚えています。

小学校3年生の時に『Axis powers ヘタリア』や『家庭教師ヒットマンREBORN!』などを見て、明確にオタクに目覚めるようになって(笑)。

そこからは主に人物やアニメキャラなどのイラストを描くようになり、中高生時代はマンガ研究会に所属していました。

―その頃から絵を仕事にする、みたいな目標はあったんですか?

河地さん
どうでしょうか…?

当時は、ただ絵を描くことが好きなだけだったので「絵で食べていく!」という明確な目標があったわけではないと思います。

それに家がもともと金融一家で、祖父母や両親、今は姉2人も割とお堅い仕事に就いていて。「絵で食べていく」といってもまず理解されないような環境で育ってきたので、仮に絵を仕事にしたいと思っても口に出せるような雰囲気じゃなかったんですよね。

一方で、マンガ研究会の先輩に学生ながらいろいろなところでイラストを描いて、バリバリお金を稼いでいた先輩がいたんです。

その先輩は主にギャルゲーに出てくるような美少女の絵を描いていて、私もその人の影響で美少女を描き始めました。

実家のそういった仕事観がある傍ら、学校には学生ながらでも絵で稼いでいる人がいたので、そのギャップに驚きましたね。


―大学は総合大学に進学されたんですよね。

河地さん
はい。本当は美大に行きたかったのですが、家族からの反対もあり、結局総合大学に進学しました。

それにちょうど大学進学を考えている頃、中高のマンガ研究会で流行っていた作風と、自分の描きたいタッチの作風との間にギャップがあり、なんとなく絵を描くことに疲れてしまって。

今思えば、周りと関係なく自分の好きな作品を描けばいいんでしょうけど(笑)。当時は学生特有の「周りに合わせないと」みたいな精神が働いてしまったんですよね。

そういった背景があり、大学に進学してからはヨットのサークルに入りました。毎週葉山に行ってヨットに乗る生活が続き、次第に絵から離れていってしまったんです。

―そうだったんですね。そこからまた絵を描き始めるようになったきっかけは?

河地さん
大学3年生の時ですね。就職活動も迫っている中で、インターンシップに参加するようになり、様々な仕事を経験させてもらう中で、自分のやりたいことが明確になっていたんです。

―インターンシップではどんな仕事をされていたのでしょう?

河地さん
会社によって違いますが、1社目ではデザイン関連の業務からスタートしました。Web広告用のバナーデザインなどを考えて作ったり。自分の絵のスキルを活かせる仕事へ方向転換をしたのは2社目からですね。

―なぜ2社目から絵の仕事をしたいと思うようになったんでしょう?

河地さん
インターンシップやその先にある就職活動について、ぼんやり考えた時に「一体私はどうやって働いていきたいんだろう?」という疑問が生まれました。

ちょうどその頃、インターンシップやヨットのサークルと並行して、大学のマンガ研究会に顔を出すようになったんです。入った時は「もうしばらく絵なんて描いてないし、その道でやっていくのは厳しいかもな」と思っていました。

しかしそのマンガ研究会で、今お仕事を頂いているVTuberのプロデュースの会社を運営している代表(当時は学生)と出会っていろいろ話していくうちに、なんだかんだやっぱり絵が好きなんだなってことに気がついたんです。

2社目では、女性向け恋愛ゲームのアドベンチャーパートのスクリプトを組んだり、イラストの発注指示書を書いてイラストレーターさんに仕事をお願いする業務を行うなど、徐々に絵にシフトしていき、3社目ではイラストの制作や、VTuberの「ミライアカリちゃん」(※)のイラストを描かせていただくなど、絵を描くことが業務の中心となっていきました。

そんなインターンシップ生活の流れから、就職ではなく会社から仕事を依頼されて業務を行う、フリーランスという形でお仕事をいただくようになっていったんです。


※ミライアカリ
日本のバーチャルYouTuber。所属事務所はENTUM、運営会社はZIZAI。2017年10月27日よりYouTubeeにて「ミライアカリプロジェクト」として活動を開始。河地さんは「ミライアカリ」の作画をいくつかの媒体で担当している。

「家族が望んだ仕事ではないかもしれないけど、私は私の仕事を一生懸命やっているんだよ」ということが、少しでも伝わればいい

―現在はどのような仕事をされているのでしょう?

河地さん
今は2社から業務委託として仕事をいただいていて、イラスト制作やVTuberのサムネイル制作、関連グッズのデザインなどが主な業務となっています。

2社の仕事は曜日で分けるようにしていて、会社には極力出社するようにしています。

―何か理由があるのでしょうか?

河地さん
実は2社とも、何かしらの紹介やこれまでのつながりでお仕事をいただいているんですよね。

以前インターンシップをさせていただいた3社も、誰かしらの紹介で参加させていただくことが多くて。

それに、社内でのコミュニケーションを密に取ることで仕事上のトラブルを回避できたり、新しい仕事を任せてもらえたりする機会が増えたりしますから。

―たしかに、コミュニケーションが密に取れる人とは仕事がしやすいですよね。

河地さん
これはインターンシップを経験して分かったことなんです。今はクリエイター寄りの仕事をしていますが、もともとインターンシップでは、どちらかというとビジネスサイド寄りの仕事をしていました。

ビジネスサイド側の立場に立った時に、やっぱりコミュニケーションが気軽に取れるクリエイターの方が一緒に仕事がしやすいよなと。その経験は今の仕事で活きていますね。

―河地さんが就職という選択ではなく、インターンシップを経てそのままフリーランスになった理由が分かった気がします。しかしその選択は、ご家族からはあまり賛成されなかったのではないでしょうか…?

河地さん
そうですね、揉めましたね(笑)。美大ではなく総合大学に進学するよう言われる家ですから。

―それをどう説得したのでしょうか?

河地さん
説得、というよりは自分の中ではもう絵の道でやっていく、という目標ができていましたし、昔と違って自分もある程度大人になりましたから。家族の意見がどうというより、自分の意思を優先したら現在に至った、という流れです。

―家族の反対を押し切る程、絵への思いが強くなったんですね。

河地さん
これまでの人生で、私はいろいろ失敗ばかりしてきたんです。勉強や小さい頃に習っていた剣道や大学時代に挑戦したヨットといったスポーツなど、たくさん上手くいかないことや失敗をして、挫折を繰り返してきました。

もちろん絵に関してもいろいろありました。絵を描いていない時期もありましたが、自分のやりたいことを改めて考えた結果、それでも残ったのが絵だったんです。

そう気づいた時に、絵だけは絶対にもう折れたくないなと思いました。そうなってからはたとえ周りの誰に理解されなくても自分のやりたいことに正直に生きたいと思うようになったんです。

家族も最初は反対していたんですが、私の熱量を感じたのか、あまり口を挟まなくなっていきました。

―現在のご活躍を、ご家族の方はご存知なのでしょうか?

河地さん
やっぱり理解、とまではいきませんが、今では「仕事をがんばっているんだな」とは思ってくれているみたいです。

河地さん
以前、雑誌の巻末に「ミライアカリ」ちゃんのグラビアが載る、という企画でそのイラストを担当させていただいたことがありました。それをなんとなく「こんなのやってるんだよね」と見せた時は喜んでくれました。

「家族が望んだ仕事ではないかもしれないけれど、私は私の仕事で一生懸命がんばっているんだよ」ということがそういうところで伝わったのは嬉しかったですね。

「就職」や「独立」という軸ではなく、「働く」という視野で仕事を選ぶ

―河地さんのこれからの展望を教えてください。

河地さん
今後は絵の仕事の割合をもっと高めていきたいですね。また、先程話したとおり、私は主に美少女系の絵が好きでよく描いているので、ギャルゲーの絵も描いてみたいです。

今のギャルゲー業界はここ数年市場が横ばいなので、何かしらの起爆剤を作って盛り上げる手伝いができたらと思います。

―最後に、読者の方へメッセージをお願い致します。

河地さん
私は、就職や転職、独立はあくまで結果論でしかないんじゃないかなと思っています。

どこかの会社に入るにせよ、自分で事業を立ち上げたり起業するにせよ、そもそもの根本的な問題は「自分が何をして働きたいか」だと思うんです。

私の場合、インターンシップを通してやっぱり絵を描きたいと思うようになったんですよね。そこから、絵を描いて仕事をする方法を考えて行動・発信して、今の環境に出合うことができました。

―自分がどう働くか、その答えを見つけて逆算する、ということですね。

河地さん
はい。仮に答えが見つかっても、その仕事にどうやって就けばいいのか分からない、という人も多くいらっしゃると思います。私もよく友人や後輩に「イラストレーターやデザイナーって、美大を出ていないとなれないんでしょ?」と聞かれます。

結論から言えば、そんなことはありません。現に私は総合大学出身ですし、絵について専門機関で習ったわけではありませんから。

「絵描き」と一口に言っても、画家になりたいのか、Webを始めとするイラストの仕事がしたいのか、マンガを描きたいのかで選択肢は変わってきます。なので、自分が目指したい方向で活躍している先輩について調べることは非常に効果的だと思います。

転職、独立を考えるなら、まずは自分が何をして働くかを考える。そしてその目的を達成するための手段を考える。この2つの答えを自分の中で見つけられると良いのではないでしょうか。

取材・文・撮影=内藤 祐介

PICKUP!

この記事に興味のある人が見ている独立開業プラン

この記事が気に入ったらいいね!しよう。

最新記事をお届けします

あわせて読みたい関連記事

おすすめの最新記事

独立・起業における成功の定義とは、なんでしょう。

常に安定した売り上げを立てること。誰かの役に立つ仕事をすること。独立・起業をする際に決めた目的を初志貫徹すること。

その答えは、人の数だけ定義が存在するのではないでしょうか。

今回お話を伺ったのは、梅北要さん。梅北さんはプロバスケットボールの試合を始めとするMC業をされている傍ら、ドッグカフェ「Munch's」を経営しています。
(さらに…)

2020年2月20日

独立開業して事業が順調に拡大していくにつれて、関わるメンバーが増えていきます。ただ多種多様な人材が集まると、メンバーそれぞれに生産性の違いが見られるようになります。

そのため、チームの生産性を最大限に発揮するための「チームマネジメント」が欠かせません。

チームリーダーが理解しておきたい、チームマネジメントの手法と求められる能力について、以下ご紹介していきましょう。

業務効率化を実現する「チームマネジメント」

チームマネジメントとは、チームメンバーが持つ知識や能力を最大限に発揮させるためのマネジメント手法で、チームを率いるリーダーにとって重要な職務の一つです。

企業は、業務効率化を行いながら今まで以上に売上を拡大することで、事業を成長させようとします。しかし、以前のような「良いものを大量に作れば売れる」という時代はすでに終わり、カスタマーのニーズが多様化する中、新しいサービスの開発やイノベーションの創出が求められています。

一方、企業は人口高齢化による生産年齢人口の減少により働き手となる人材の確保が難しくなってきています。また昨今では長時間労働の規制も厳しくなっているため、今までよりも少人数かつ短期間で、今までよりも同様かそれ以上の成果を挙げることも求められています。

このように新たな価値の創出だけでなく、業務の効率化やスピード化も求められる中、「チームマネジメント」が有効であると注目を集めています。

特に大切なのは「目標設定」と「場の雰囲気づくり」

チームマネジメントの目的である「チーム生産性を最大限の向上」を実現するために、ネット上をはじめ世の中にはいろいろな手法が紹介されていますが、今回はその中でも特に大切な「適切な目標設定」と、「建設的な雰囲気をつくる」の2点についてご紹介します。

適切な目標を設定する

チームが一丸となって達成を目指すためには、まず適切な目標を設定する必要があります。目標が実現不可能なものであったり曖昧であったりすると、チームの存在意義が失われかねません。

設定する目標は、簡単に達成できてしまうレベルだとメンバーが頑張らなくなりますし、逆に高すぎるとメンバーが最初からあきらめてしまい、目標が形骸化してしまいます。個々のメンバーに「頑張ったら達成できる」くらいのレベルを見極めて、具体的な数値等で明確に目標を設定するようにします。

チームには多種多様の考えを持ったメンバーが在籍しています。そのため、リーダーは個々のメンバーの多様性を重視しつつ、メンバーひとり一人としっかりと情報共有を行い、メンバーが「その目標を達成したいと思えるか」「目標達成のイメージが描けるか」といったことを確認しながら設定していきます。

またゴールに向けて予定通りに進行しているかどうかを随時チェックすることも重要です。

建設的な雰囲気をつくる

メンバーを統率し、一つの目標に向かってチーム力を発揮するためには、チームの雰囲気作りが欠かせません。

時にはチーム内に批判や衝突が起きることもあると思います。それを皆で受け入れ、建設的な議論になるよう、メンバー間の信頼関係を構築することが重要です。

個々のメンバーの多様性を認め、ひとり一人が必ず発言できる機会を与え、コミュニケーションを活性化させます。誰もが自分の考えを発言し、意見を言い合える「場の空気」をつくりましょう。

成功するチームは、メンバーが批判や争いを恐れず、互いの脆弱性を認め「全員がチームに対する責任と権利」を持っています。その状態が実現できれば、メンバーがそれぞれのリーダーシップを発揮して、互いの弱みをカバーし、強みを活かすことを自然に求めるようになるでしょう。メンバーがモチベーションを維持し、目的と自主性を持って仕事に向かうからこそ生産性は高まるのです。

チームマネジメントに求められる4能力

チームマネジメントを行うリーダーに求められる能力は、大きく以下の①~④になります。

① 目標設定能力

リーダーに求められる能力の一つが、目標設定能力です。チームマネジメントにおける目標設定は、チームメンバー全員が納得できるものでなければなりません。ひとりでも目標に納得できないメンバーがいた場合、その時点で目標達成が困難なものとなります。

そのため、リーダーは設定した目標について、その目的や理由、理念も含めてメンバーに共有し、メンバーの目標に対する納得感を醸成することが求められます。

また達成難易度をギリギリ達成できるレベルに設定することで、チームメンバーのモチベーションや士気を高めます。

さらに中間目標を設定することで、チームやメンバーの進捗管理をしやすくなり、達成確率も高まります。

② コーチング能力

コーチング能力とは、メンバーの強みや長所というポジティブな面を見つけ出し、部下の成長を促し、達成感を与える能力です。

チームで目標を達成するには、各メンバーが自己の能力を最大限に向上させ、発揮することでチームに貢献してもらうことが重要です。そのため、チームリーダーにはメンバーの長所や強みを見つけ出し、それを活かすためのコーチングが求められるのです。

③ コミュニケーション能力

チームリーダーは、チームの目標や業務の目的を設定する段階で、メンバー全員が納得できる説明を行なわなければいけません。また、チームとして目標を達成するために、メンバーに的確な指示やアドバイスを伝える必要があります。

そのためには、リーダーにはメンバー間のコミュニケーションを密に行い距離感を近づけていくコミュニケーション能力が必要です。

コミュニケーション能力を発揮できると、メンバーに言われなくても察知できるほどにメンバーのことをよく知っておくことや、自分の判断が間違っていないと自信をもって言える「信頼関係の構築」も可能になります。

④ 業務遂行能力(スケジュール管理・課題解決能力)

チーム目標を達成するためには、適切にスケジュールを管理し、チームメンバーが予定通り業務遂行できるように補佐し、メンバーそれぞれに的確な指示やアドバイスを行なう必要があります。

チームが直面する課題や問題の中には、チームメンバーはもちろん、リーダーひとりだけでは解決できないものもあります。そのため、チームマネジメントで求められる課題解決能力は、チームメンバーを巻き込んで、適切に解決を促すファシリテーター(組織において、中立的な立場からチーム活動を支援する役割を持つ人材)能力に似たものとなります。

個々の能力をうまく引き出し、生産性向上を実現しよう

今後さらなる事業成長やイノベーション創出が求められる中、チームマネジメントはますますその必要性を増していきます。

しかし、チームマネジメントは合理的にメンバーや業務を管理していくだけでは生産性を向上させることは難しく、ひとり一人と納得した目標設定を行い、彼らの強みや長所を伸ばし、メンバーが一丸となって取り組むような雰囲気を醸成して目標達成していくことが求められます。リーダーはチームマネジメントに必要な能力や習得方法を適切に理解して最適なチームマネジメントを行うことで、チームの生産性向上を実現していきましょう。

PROFILE

HIDE

元大手広告会社で人事部長を経験。新卒・中途の採用から人事制度設計、労務管理まで人事業務全般を手がける。現在はその前職での経験を活かし、各種就職・転職セミナーの企画運営から企業の採用広報の企画設計等、幅広く活動中。

2020年2月18日

税理士ドットコム
税理士ドットコム
Line

月間アクセスランキング

カテゴリー

注目のキーワード

アントレ

独立、開業、起業をご検討のみなさまへ
アントレは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。