カテゴリー

税理士ドットコム

家族が望んだ仕事じゃないかもしれない。それでも私が絵描きになった理由【河地りん】

家族が望んだ仕事じゃないかもしれない。それでも私が絵描きになった理由【河地りん】

自分の仕事を選択する上で、大きな決断の要因となるのが、環境。

医者のこどもは医者に。学生時代、教師に憧れを抱いた人は教師に。スポーツや音楽に夢中になったことがある人は、その道のプロに。

もちろん全ての人が、というわけではないですが、人間は良くも悪くも自分の育ってきた環境や経験、身近な人によって大きく左右されます。

今回お話を伺ったのは、イラストレーターの河地りんさん。

河地さんは、あの「ミライアカリ」を始めとするバーチャルYouTuberのイラストなどを担当されています。

そんな河地さんですが、イラストの世界とはかけ離れた金融一家という環境で育ってきたと言います。

河地さんはなぜイラストレーターになったのでしょうか。その理由は、絵に対する並々ならぬ想いにありました。

<プロフィール>
河地りんさん
イラストレーター・デザイナー

学生時代から絵を描き始める。大学在学中に複数の企業でインターンシップを経験した後、就職ではなく、フリーランスとしてイラスト・デザインの仕事を始める。

現在はイラスト制作やバーチャルYouTuber(以下、VTuber)のサムネイル画像制作、グッズデザインを手掛けている。

https://twitter.com/gingatrain814

インターンシップを経て、フリーランスへ。河地さんがイラストレーターになった経緯

―現在に至るまでの経緯を教えてください。河地さんはいつごろから絵を描き始めたんですか?

河地さん
物心がつく前から、何かしらの絵を描いてました。おえかきボードが家にあって、それを使ってひたすら絵を描いていたことを覚えています。

小学校3年生の時に『Axis powers ヘタリア』や『家庭教師ヒットマンREBORN!』などを見て、明確にオタクに目覚めるようになって(笑)。

そこからは主に人物やアニメキャラなどのイラストを描くようになり、中高生時代はマンガ研究会に所属していました。

―その頃から絵を仕事にする、みたいな目標はあったんですか?

河地さん
どうでしょうか…?

当時は、ただ絵を描くことが好きなだけだったので「絵で食べていく!」という明確な目標があったわけではないと思います。

それに家がもともと金融一家で、祖父母や両親、今は姉2人も割とお堅い仕事に就いていて。「絵で食べていく」といってもまず理解されないような環境で育ってきたので、仮に絵を仕事にしたいと思っても口に出せるような雰囲気じゃなかったんですよね。

一方で、マンガ研究会の先輩に学生ながらいろいろなところでイラストを描いて、バリバリお金を稼いでいた先輩がいたんです。

その先輩は主にギャルゲーに出てくるような美少女の絵を描いていて、私もその人の影響で美少女を描き始めました。

実家のそういった仕事観がある傍ら、学校には学生ながらでも絵で稼いでいる人がいたので、そのギャップに驚きましたね。


―大学は総合大学に進学されたんですよね。

河地さん
はい。本当は美大に行きたかったのですが、家族からの反対もあり、結局総合大学に進学しました。

それにちょうど大学進学を考えている頃、中高のマンガ研究会で流行っていた作風と、自分の描きたいタッチの作風との間にギャップがあり、なんとなく絵を描くことに疲れてしまって。

今思えば、周りと関係なく自分の好きな作品を描けばいいんでしょうけど(笑)。当時は学生特有の「周りに合わせないと」みたいな精神が働いてしまったんですよね。

そういった背景があり、大学に進学してからはヨットのサークルに入りました。毎週葉山に行ってヨットに乗る生活が続き、次第に絵から離れていってしまったんです。

―そうだったんですね。そこからまた絵を描き始めるようになったきっかけは?

河地さん
大学3年生の時ですね。就職活動も迫っている中で、インターンシップに参加するようになり、様々な仕事を経験させてもらう中で、自分のやりたいことが明確になっていたんです。

―インターンシップではどんな仕事をされていたのでしょう?

河地さん
会社によって違いますが、1社目ではデザイン関連の業務からスタートしました。Web広告用のバナーデザインなどを考えて作ったり。自分の絵のスキルを活かせる仕事へ方向転換をしたのは2社目からですね。

―なぜ2社目から絵の仕事をしたいと思うようになったんでしょう?

河地さん
インターンシップやその先にある就職活動について、ぼんやり考えた時に「一体私はどうやって働いていきたいんだろう?」という疑問が生まれました。

ちょうどその頃、インターンシップやヨットのサークルと並行して、大学のマンガ研究会に顔を出すようになったんです。入った時は「もうしばらく絵なんて描いてないし、その道でやっていくのは厳しいかもな」と思っていました。

しかしそのマンガ研究会で、今お仕事を頂いているVTuberのプロデュースの会社を運営している代表(当時は学生)と出会っていろいろ話していくうちに、なんだかんだやっぱり絵が好きなんだなってことに気がついたんです。

2社目では、女性向け恋愛ゲームのアドベンチャーパートのスクリプトを組んだり、イラストの発注指示書を書いてイラストレーターさんに仕事をお願いする業務を行うなど、徐々に絵にシフトしていき、3社目ではイラストの制作や、VTuberの「ミライアカリちゃん」(※)のイラストを描かせていただくなど、絵を描くことが業務の中心となっていきました。

そんなインターンシップ生活の流れから、就職ではなく会社から仕事を依頼されて業務を行う、フリーランスという形でお仕事をいただくようになっていったんです。


※ミライアカリ
日本のバーチャルYouTuber。所属事務所はENTUM、運営会社はZIZAI。2017年10月27日よりYouTubeeにて「ミライアカリプロジェクト」として活動を開始。河地さんは「ミライアカリ」の作画をいくつかの媒体で担当している。

「家族が望んだ仕事ではないかもしれないけど、私は私の仕事を一生懸命やっているんだよ」ということが、少しでも伝わればいい

―現在はどのような仕事をされているのでしょう?

河地さん
今は2社から業務委託として仕事をいただいていて、イラスト制作やVTuberのサムネイル制作、関連グッズのデザインなどが主な業務となっています。

2社の仕事は曜日で分けるようにしていて、会社には極力出社するようにしています。

―何か理由があるのでしょうか?

河地さん
実は2社とも、何かしらの紹介やこれまでのつながりでお仕事をいただいているんですよね。

以前インターンシップをさせていただいた3社も、誰かしらの紹介で参加させていただくことが多くて。

それに、社内でのコミュニケーションを密に取ることで仕事上のトラブルを回避できたり、新しい仕事を任せてもらえたりする機会が増えたりしますから。

―たしかに、コミュニケーションが密に取れる人とは仕事がしやすいですよね。

河地さん
これはインターンシップを経験して分かったことなんです。今はクリエイター寄りの仕事をしていますが、もともとインターンシップでは、どちらかというとビジネスサイド寄りの仕事をしていました。

ビジネスサイド側の立場に立った時に、やっぱりコミュニケーションが気軽に取れるクリエイターの方が一緒に仕事がしやすいよなと。その経験は今の仕事で活きていますね。

―河地さんが就職という選択ではなく、インターンシップを経てそのままフリーランスになった理由が分かった気がします。しかしその選択は、ご家族からはあまり賛成されなかったのではないでしょうか…?

河地さん
そうですね、揉めましたね(笑)。美大ではなく総合大学に進学するよう言われる家ですから。

―それをどう説得したのでしょうか?

河地さん
説得、というよりは自分の中ではもう絵の道でやっていく、という目標ができていましたし、昔と違って自分もある程度大人になりましたから。家族の意見がどうというより、自分の意思を優先したら現在に至った、という流れです。

―家族の反対を押し切る程、絵への思いが強くなったんですね。

河地さん
これまでの人生で、私はいろいろ失敗ばかりしてきたんです。勉強や小さい頃に習っていた剣道や大学時代に挑戦したヨットといったスポーツなど、たくさん上手くいかないことや失敗をして、挫折を繰り返してきました。

もちろん絵に関してもいろいろありました。絵を描いていない時期もありましたが、自分のやりたいことを改めて考えた結果、それでも残ったのが絵だったんです。

そう気づいた時に、絵だけは絶対にもう折れたくないなと思いました。そうなってからはたとえ周りの誰に理解されなくても自分のやりたいことに正直に生きたいと思うようになったんです。

家族も最初は反対していたんですが、私の熱量を感じたのか、あまり口を挟まなくなっていきました。

―現在のご活躍を、ご家族の方はご存知なのでしょうか?

河地さん
やっぱり理解、とまではいきませんが、今では「仕事をがんばっているんだな」とは思ってくれているみたいです。

河地さん
以前、雑誌の巻末に「ミライアカリ」ちゃんのグラビアが載る、という企画でそのイラストを担当させていただいたことがありました。それをなんとなく「こんなのやってるんだよね」と見せた時は喜んでくれました。

「家族が望んだ仕事ではないかもしれないけれど、私は私の仕事で一生懸命がんばっているんだよ」ということがそういうところで伝わったのは嬉しかったですね。

「就職」や「独立」という軸ではなく、「働く」という視野で仕事を選ぶ

―河地さんのこれからの展望を教えてください。

河地さん
今後は絵の仕事の割合をもっと高めていきたいですね。また、先程話したとおり、私は主に美少女系の絵が好きでよく描いているので、ギャルゲーの絵も描いてみたいです。

今のギャルゲー業界はここ数年市場が横ばいなので、何かしらの起爆剤を作って盛り上げる手伝いができたらと思います。

―最後に、読者の方へメッセージをお願い致します。

河地さん
私は、就職や転職、独立はあくまで結果論でしかないんじゃないかなと思っています。

どこかの会社に入るにせよ、自分で事業を立ち上げたり起業するにせよ、そもそもの根本的な問題は「自分が何をして働きたいか」だと思うんです。

私の場合、インターンシップを通してやっぱり絵を描きたいと思うようになったんですよね。そこから、絵を描いて仕事をする方法を考えて行動・発信して、今の環境に出合うことができました。

―自分がどう働くか、その答えを見つけて逆算する、ということですね。

河地さん
はい。仮に答えが見つかっても、その仕事にどうやって就けばいいのか分からない、という人も多くいらっしゃると思います。私もよく友人や後輩に「イラストレーターやデザイナーって、美大を出ていないとなれないんでしょ?」と聞かれます。

結論から言えば、そんなことはありません。現に私は総合大学出身ですし、絵について専門機関で習ったわけではありませんから。

「絵描き」と一口に言っても、画家になりたいのか、Webを始めとするイラストの仕事がしたいのか、マンガを描きたいのかで選択肢は変わってきます。なので、自分が目指したい方向で活躍している先輩について調べることは非常に効果的だと思います。

転職、独立を考えるなら、まずは自分が何をして働くかを考える。そしてその目的を達成するための手段を考える。この2つの答えを自分の中で見つけられると良いのではないでしょうか。

取材・文・撮影=内藤 祐介

PICKUP!

この記事に興味のある人が見ている独立開業プラン

この記事が気に入ったらいいね!しよう。

最新記事をお届けします

あわせて読みたい関連記事

おすすめの最新記事

PLOFILE

豊田 淳さん(29歳)

東京都杉並区
大学卒業後、大手広告会社に就職。トップクラスの営業成績を叩き出し、新人賞を獲得。東京に転勤後、ピエロの養成学校に通うべく脱サラ。現在はフリーランスのピエロとして、結婚式などのイベントでのパフォーマンスや、飲食店に飛び込んでの「流し」も行う。
(さらに…)

2020年3月31日

皆さんは、夢を叶えるためにどんな目標設定をしていますか?

誰しも「有名になりたい」「幸せになりたい」、あるいは「お金持ちになりたい」など、それぞれ思い描く理想像はあるでしょう。

しかし、成し遂げたい目標を明確にしなければ、いずれ進むべき道を見失い立ち止まってしまうと、今回お話を伺ったプロゲーマーのふ〜どさんは話します。

(さらに…)

2020年3月30日

事業買収はM&A(企業の買収や合併を行うこと)の手法の一つであり、買い手企業が売り手企業から事業を買い取ることを意味します。

逆に売り手企業からみると、買い手企業に事業を売却することになります。

事業買収は、事業規模や商圏の拡大、新規事業や多角化経営を推進する目的などで行われ、買い手企業にとって数々のメリットがある一方でリスクも存在します。

今回はリスクの部分にスポットライトを当て、解説しながら、リスク回避法(リスクマネジメント)について説明します。

(さらに…)

2020年3月27日

税理士ドットコム
税理士ドットコム
Line

月間アクセスランキング

カテゴリー

注目のキーワード

アントレ

独立、開業、起業をご検討のみなさまへ
アントレは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。