カテゴリー

税理士ドットコム

個人事業主にとっての資本金である元入金って何?

個人事業主にとっての資本金である元入金って何?

元入金とは、個人事業を開始するときの資本金のようなものです。

法人では資本金と言いますが、個人事業主では元入金と言います。

それでは、資本金と元入金にどのような違いがあるのでしょうか。

今回は、個人事業主の元入金についてご紹介いたします。

資本金とは

資本金とは、法人の設立時に会社が所有している資金で、事業運営の基礎となる資金のことを言います。

事業を行うときには資金が必要となります。

借り入れにより用意した資金を負債と言い、自らまたは出資等により用意した資金を資本金と言います。

資本金は誰にも返済する必要のない会社のお金ですから、資本金が大きいほど、会社としての信用が増します。

個人事業主は資本金ではなく元入金?

元入金とは、法人の資本金にあたる資金のことを言います。

個人事業主として事業を始めるとき、事業主自身が資金を準備します。

これを“元入金”または“事業主借”と言います。

“事業主借”とは元入金と同じように、売り上げではなく、事業主から振り込まれた事業用資金のことを言います。

一方、事業用資金を事業主の生活費のために貸す場合、“事業主貸”と言います。

これらは個人事業主のみが使う勘定科目です。

元入金と資本金の違いは、決算時の利益(または損失)の処理方法が異なります。

個人事業の場合、事業年度内の期首および期末において元入金の金額は同じですが、決算時に利益(または損失)が出た場合、翌期の元入金に繰り入れます。

ですから、元入金は毎年変動します。

一方、資本金は利益(または損失)により変動することはありません。

決算時に利益(または損失)が出た場合、資本金とは別に計上され、資本金の金額は変わりません。

資本金は増資または減資を行った場合に限り変動します。

また、元入金はマイナスになることがありますが、資本金がマイナスになることはありません。

元入金はマイナスでもいいのか

元入金がマイナスになることがありますが、会計上問題はありません。

例えば、元入金の額を超えて損失が出た場合や、利益は出ているが事業用資金をプライベートで使いすぎてしまった場合など、元入金がマイナスになります。

具体的には、元入金が300万円あり、当期の利益が100万円あったが、事業主が事業用資金から500万円を個人的な用途で使用した場合、元入金300万円+当期利益100万円-事業主貸500万円=-100万円となります。

翌期の元入金はマイナスとなりますが、事業主自身のお金を事業用口座に入金する(事業主借)か、利益を出すことによって、元入金のマイナスを解消できます。

元入金がマイナスであっても問題はないものの、金融機関から融資を受ける際や、新たな取り引きを行うときなど、信用力が低下してしまうので、元入金は少しずつ増えていく方がよいでしょう。

元入金の仕訳について

開業時、元入金を事業用口座に入金した場合の仕訳は、借り方に“現金・預金”、貸し方に“元入金”とし処理します。

事業用として10万円未満のパソコンを購入した場合は、借り方に“消耗品”、貸し方に“元入金”とし処理します。

元入金の仕訳を行うのは、事業を開始したときとなります。

また、入金した事業用資金を元入金とせず、“事業主借”としても問題ありません。

その際の仕訳は、借り方に“現金・預金”、貸し方に“事業主借”とし処理します。

事業を開始した後、事業用として振り込んだ資金は“事業主借”として経理処理します。

なお、事業用資金を生活費など、プライベートで使った場合は“事業主貸”となり、借り方に“事業主貸”、貸し方に“現金・預金”として経理処理します。

翌事業年度は、当期にあった事業主借や事業主貸を0円にし、元入金を変更します。

翌期の元入金の計算方法は次の通りです。

翌期の元入金=当期の元入金+青色申告特別控除前所得金額+事業主借-事業主貸

なお、当期において元入金は期首と期末で金額は同じです。

まとめ

今回は、個人事業主にとって資本金となる元入金についてご紹介しました。

元入金とは、個人事業主のみが使う勘定科目で、資本金と異なり、毎年変動します。

元入金が毎年増加していく方が経営として望ましいものですが、マイナスになってしまっても、会計上は問題ありません。

ただし、会社のお金を事業主が使いすぎているように見えてしまいますので、マイナスになってしまった時は事業主が事業用資金を入金するなど、改善を図った方がよいでしょう。

PROFILE

ファイナンシャルプランナー 富田浩司

ゴールドマン・サックス証券などの勤務を経て2007年に富田FP事務所を設立。主に、子育て世帯のマネープランをテーマに、講演、執筆活動などを行い、金融リテラシー向上に努める一方、FP相談では本音で話し、本気でサポートするFPとして、多数の顧客から支持を得ている。

<コンサルティングの得意分野>
ライフプラン(マネープラン)、子育て・教育資金、長期分散投資、保険新規見直し、不動産購入・不動産投資、節約経費削減、法人税金対策

PICKUP!

この記事に興味のある人が見ている独立開業プラン

この記事が気に入ったらいいね!しよう。

最新記事をお届けします

あわせて読みたい関連記事

おすすめの最新記事

アントレプレナーという言葉は、独立を目指している方であれば、一度は聞いたことがあるでしょう。アントレプレナーは起業家という意味ですが、それだけでは言い表せない要素を含んでいます。

0から1を作り出す起業家には、どのような能力が必要なのか?アントレプレナーという言葉に含まれる意味合いを説明し、どんな人がアントレプレナーに向いているのかを解説していきます。

これから事業を起こそうとしている方、自分の進路に迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください。アントレプレナーについて理解を深めることは、これからの指針になるでしょう。 (さらに…)

2020年10月23日

静岡市のビルの一角に店を構える『3(san)洋装店(さんようそうてん)』。やわらかい日差しが差し込む店内に足を踏み入れると、そこには大量のコートやシャツが陳列されています。ひとつひとつの服はどことなく温かみがあり、一着ワードローブに迎えてみたくなる佇まいです。

店主の三枝学さんに話を聞くと、これらの服は約100年前につくられたビンテージの服だといいます。主にヨーロッパから仕入れたもので、自ら修繕して販売しているそうです。
(さらに…)

2020年10月22日

税理士ドットコム
税理士ドットコム
Line

月間アクセスランキング

注目先輩レポート一覧

カテゴリー

注目のキーワード

アントレ

独立、開業、起業をご検討のみなさまへ
アントレは、これから独立を目指している方に、フランチャイズや代理店の募集情報をはじめ、
さまざまな情報と機会を提供する日本最大級の独立・開業・起業・フランチャイズ・代理店募集情報サイトです。

会員登録はコチラ

アントレ公式ページ